「箱舟の聖母」バックナンバー
2004年3月7日号No.194

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2004年3月7日号 No.194

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.編集後記


----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
◆ マリア !

 愛する皆様、自著「153本の聖ヨゼフの百合」の販売中止をお知らせ
いたします。

 第118章(P181)から第132章(P214)までの全文を、全面的に
撤回いたします。

 その中で、日本のプロモーターや幻視者、ミッションに関係する人々に
対する、誤解と思い込みによる非難、中傷、裁きをしました。傷つけた方々
に対して、大きな罪を犯したことを謝り、許しを願い求めます。

 Br. Jean-Marie



◆ ブラザー・ジャン・マリー(オーストラリア・ナウラのゲッセマニ共
同体所属、第2部門、荘厳誓願宣立2003年10月1日)は、来る5月
18日(箱舟の聖母の祝日)に、オーストラリア・ナウラで司祭に叙階され
ます。叙階後は第1部門の会員となり、
ナウラ・ゲッセマニ共同体所属の
まま、6月に再び日本に派遣されます。

 洗礼を受けたい方は、申し出てください。

 ローマ・カトリック使徒教会の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の
異端を決して受け入れないこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。
この固い決心があるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの3冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本を
全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。


「153本のマリアさまのバラ」「聖シャーベル修道会の会則会憲」
「メッセージ集」

 ■箱舟の聖母社
  〒540-0004
  大阪市中央区玉造1-4-14
  郵便振替 00840-3-132438


マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会った
人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の前日」
「復活」 の10冊、それぞれ3000円前後です。

 ■あかし書房
  〒166
  東京都杉並区成田西3-9-22
  電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
  郵便振替:00110-6-111231



----------------------------------------------------------------
2. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第54章 】

 共同体への召命はふるさとの放棄を意味します。ちょうど聖ヨゼフに天使
が「子供と、その母を連れてエジプトへ逃げよ」と命じたのによく似ていま
す。召命に伴う困難の種類は、聖ヨゼフのような外国での亡命生活ほどでは
なくとも、やはり同じようなものでしょう。逃亡の支度をしながら、彼は
マリア様を慰めて次のように言います。

「私もイエズスさえいれば、何ヶ月か前まで懐かしく思っていた故郷を持つ
と同じです。私には神がおられる。ごらんの通り、私にとってかけがえのな
いないもの一つも失わない。イエズスさえ救えば“すべて”が私たちに残る。
今から、もうこの空、この田舎、それにもまして、懐かしいガリラヤの地を
再び見られないにしても、彼と一緒なら、すべてを持っていると同じです。
さあマリア、いらっしゃい。暁はもう始まる。女主人に挨拶して、荷物を
載せましょう。すべて、うまくいくでしょう」(1)

 子供のころは環境の変化はそれほどの苦しみとはなりません。しかし年を
とるとともに、それは大きな苦しみとなります。不慣れということ自体が
苦しみですし、郷愁もそうです。一から生活基盤を築きなおす苦労は言うま
でもありません。しかし私たちはそれらの苦しみを補ってあまりある喜びを、
聖ヨゼフのように本質的なものに見いだして、心の平安と幸福を増してゆく
べきです。聖ヨゼフにとってそれはイエズスです。彼は実際にイエズスを
持っていましたね。私たちにとってもそれはイエズスです。でも、ご聖体
拝領によって実際のイエズスを持つことを今は言いたいのではなく、徳を持
つこと、特に愛徳を持つことによってイエズスを持つことを言いたいのです。
共同体の中で隣人愛を実践するとき、その意味がわかってきます。なぜなら
自分ではなく、自分の中のイエズスが隣人を愛していると感じるからです。
世間のレベルをはるかに超えて愛するとき、また、愛しにくい相手に愛を与
えるとき、あなたは自分の中にイエズスを見るでしょう。そして大きな喜び
が生じることでしょう。

 また、聖ヨゼフがこの言葉でマリア様を慰めたように、これ以後も、死ぬ
までいつもマリア様を慰めたことに注目してください。マリア様は聖ヨゼフ
という慰め手を神からいただきました。「すべて、うまく行くでしょう」と
いう言葉のように、彼の与える慰めは、彼の強い「希望の徳」の発露です。
共同体の中で特別な苦労を負って生きる私たちの慰めは、自分自身の「希望
の徳」を強めることで神から与えられます。気を紛らわすものでも、気休め
でもなく、本当に確実な慰めなので、私たちの慰めであるばかりでなく、私
たちの回りに生き、同じ苦労している人にも感化を及ぼし、私たちは聖ヨゼ
フのように彼らの慰め手ともなるのです。

 あなたが内的に今、召命を感じているなら、ぜひ、このエジプトへ出発し
ようとする聖ヨゼフのことをよく黙想して下さいね。きっと大きな励ましと
なりますよ。

(1)「聖母マリアの詩(上)」あかし書房 マリア・ワルトルタ著
 P256



----------------------------------------------------------------
3.はこ舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の扶けなるマリア様
  の事務所にて与えられたメッセージ
  − No.98 1986年7月23日 −
----------------------------------------------------------------
リトル・ペブル:
 皆様に申し上げたとおり、天使達が、聖母のご到来に備えて、すでにここ
へ来ておりました。左側 − 私の左側と、聖母が右側には私達と、聖母
マリア様へあいさつするために天使がおります。聖母はすでにここにおられ
ます。空中の15フィート(約4.5m)ぐらい、というよりもっと − 
そうですね20フィート(6m)はあるでしょうが、ここからあまり遠くな
いところにおられます。

 聖母はきょうは白い長い衣を着ておられますが、肩に黒いケープをかけて
いらっしゃいます。今、右側から珠のロザリオを取り出されました。そして
ここにいる一人一人のメンバーを見ておられます。ゆっくりと頭を動かされ
て、ほほえんでおられ、御心より皆様にあいさつしておられます。聖母は
今度は私の方へ向き通られましたが、本当にとても悲しそうにしておられま
す。お美しいのですが、とても悲しそうなのです。

 今、聖母のうしろから大勢の天使達が来ました。まるで聖母のうしろに虹
ができたようです。まったく美しい光景です。そこはまぶしくて輝いていま
す。それを見ていると私の目は、何かとても激しい痛みを覚えています。今
聖母の右側に、一人の美しい婦人が来られました。この方は、今まで見たこ
とがありません。18世紀ぐらい昔の(そのように見えるのですが。もっと
前かもしれません) 長い衣を着ておられます。髪は金髪のようです。とて
も、とてもかわいらしいかたです。手に、小さな教会を持っておられます。
どこかの御絵で見たことがあると思います。そう、聖ビルジッタだと思いま
す − 聖母がうなづかれました。

 聖母は今、ご自分のロザリオを見せてくださいます。きょうのロザリオは
黒い珠です。黒い珠のロザリオを持っていらっしゃるのは、今まで見たこと
がありません。それがどういう意味なのかわかりません。聖母は「世界中で、
このロザリオの祈りがまだ充分唱えられておりません」とおっしゃいました。
今、ロザリオを持ち、御腕を上げて十字架のしるしをなさり、私達を祝福さ
れます。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。
「甘美なるおかあさま……」

聖母:
 我が子よ、愛するリトル・ペブルよ、そしてここに集まっている子どもた
ちよ、又全世界の子どもたちよ、あなたがたにあいさついたします。

 きょう私はとても悲しい、涙にみちた知らせを持って参りました。我が
御心は悲嘆にくれています。それは、この教区をはじめ、全世界の子らのう
ち、ほんの少数の者だけしか、私の声に耳を傾けていないからです。

リトル・ペブル:
 今聖母の御心が見えます。御心は傷ついています。七つの短剣が御心に突
き刺さっています。聖母は頭を低く垂れ、とても悲しそうにしておられます。

聖母:
 息子よ、子どもたちよ、いくつの剣がこの御心を刺し貫いていることがわ
かりますか? これは私が全世界につかわして来た幻視者たちをとおしての、
私の声に子どもたちが耳を傾けないからです。神の御子の聖心は裂けていま
す。とても深く傷ついております。子どもたちが、自分たちの母のことば、
御子の母のことばに耳を傾けようとしないからです。ああ地上の子どもたち
よ、天に向かって、全能なる神があなたがたのためにしてくださったすべて
のことに対して、声を上げて賛美の歌を歌ってください。声を上げてロザリ
オの祈りを唱えてください。そうすればいろいろの天罰が世にくだる前に、
たくさんの霊魂が救われるのです。

リトル・ペブル:
 聖ビルジッタが近づいて来られます。本当にとても近いところに来られ今、
ここにおりて来られました。私からほんの3フィート(1m)ぐらいのとこ
ろにおられます。とても背の高い方です。聖ビルジッタは小冊子を私に見せ
ましたが、そこには『聖ビルジッタの祈り』と書かれており、15の祈りが
のっていました。そして私に、この15の祈りは神様の御前にとても力があ
るので、もっと多くの人がこの祈りを唱えるべきですと、知らせてくださっ
ています。今、聖ビルジッタは聖母のとなりに戻られました。聖母は私に耳
を傾けるようにと合図なさいました。

聖母:
 愛する子よ、そして全世界の子らよ、聖ビルジッタが人類に与えた息子
イエズスからのお祈りを、もっとしばしば唱えなければなりません。この
祈りを唱える者には、たくさんの御恵みが与えられるからです。イエズスも
その母である私も、天国へ入るためのたくさんの贈り物、御恵み、準秘蹟や
いろいろの方法を人間に与えてきましたのに、全世界のほとんどの子らが
それらを捨ててしまっているのです! 私達のことばに耳を傾けない子ども
たちに、いったいどうすればよいのですか? 私は大きな祝福をすべての人
に送りますが、この「聖ビルジッタの祈り」を唱える人には特別な祝福を送
ります。又、私たちが全世界につかわしてきている幻視者たちに耳を傾ける
者たちにも大いなる祝福を与えます。父と子と聖霊との御名によりて。
アーメン。

 愛する子よ、子どもたちよ、私がどれほどひんぱんに十字架のしるしを、
いかにゆっくりとするかをごらんなさい。全世界の子どもたちは、このこと
に注意せねばなりません。十字架は救いと真実の確かな印です。全世界の
子どもたちが一日に何回もこの十字架のしるしを、尊敬をもって、ゆっくり
としなければなりません。このすばらしい息子イエズスの十字架への信心を
行う全ての者に、たくさんの御恵みが与えられるでしょう。

 ところで、我が子よ、ウォロンゴング教区のために、又やがては公教会の
ために、重大なことを伝えたいと思います。このメッセージを伝えると、あ
なたはとてもひどく迫害されるでしょう。お願いですから愛する息子、ウォ
ロンゴングのウィリアム・マーリ司教に手紙を書いて、彼が18か月前に出
した声明を撤回する、これが最後の警告であることを伝えてください。彼は
心の中で自分がまちがっていることをわかっています。全世界でイエズスや
その御母の出現に反対している、他の司教たちの運命をも伝えてください。
全世界の出現を非難する司教達の前には、大いなる裁きがあるのです。永遠
の御父はあわれみ深く待っておられます。ウォロンゴングの司教に、今年中
に教会調査団を発足させ、以前に行った決定をくつがえすように伝えてくだ
さい。もしこれが行われなかったならば (リトル・ペブル:聖母は下を向
いて……とても悲しそうにしておられます。) 私が以前申したとおり、他
の司教達と同じような運命が、彼を待っているでしょうと言ってください。
これが何を意味するかを伝えてください。全世界のあらゆる出現に反対して
きた大勢の枢機卿、司教たちは今、地獄の火の中にいるのですよ! 今現在
も大勢の聖職者たちが破滅の道を辿っています。彼らが悔い改めて永遠の
御父に従わないならば、大勢の者が失われるでしょう。もしマーリ司教に
信仰があるならば、彼にしるしを与えましょう。彼がけんそんに、この聖地
へ来て祈るならば、求めている「しるし」を与えると伝えてください。しか
し、これは彼の信仰の条件次第です。

 今私は、ウォロンゴング教区の司祭達に自ら話したいと思います。我が子
よ、あなたは手紙で次のように書いて下さい。

『私、汚れなきマリアである神の母、又全世界の子らの母は、司祭達に償い
をし、このウォロンゴング教区に私がつかわした幻視者に耳を傾けるように
と呼びかけるけんそんな嘆願を持って参りました。私は悲しんでいる母です。
それは、息子である司祭達が天の声に耳を傾けないからです。天のメッセー
ジを捨てるのです。私がつかわしている者達を迫害しているのです。あなた
がたは羊の中の狼なのですか? ああ息子である司祭達よ、なぜあなたがた
は私を迫害するのですか? 私がつかわしている者達を迫害することは、私
を迫害していることになるのがわからないのですか? 

 私の心には七つの剣が突き刺さっておりますが、そのうちの一つは息子た
る司祭達が刺したものです。あなたがたはこの地上で、イエズスを代表する
ために永遠の御父より選ばれたのです。それなのに、あなたがたは衣を汚し
ているのです。あなたがたは主イエズス・キリストの母である私が、あなた
がたを愛していることがわからないのですか? 私がこの地上に来るのは、
羊を集める以外に何のためだと思っているのですか? 彼らのうちの大勢の
者が堕落してしまい迷っています。なぜですか? それは羊たちに対するあ
なたがたの悪い模範のためなのです! 私はすべての羊を集めるために、又
特別な方法で、私がとても愛している息子である司祭のために、我がマント
を広げております。あなたがたは、天の子どもたちを真理に導くために選ば
れたのですよ。あなたがたのうちの多くの者は、子らを見捨ててしまいまし
た。まだ時間のあるうちに戻ってきなさい。小教区内で、もっとしばしば
ロザリオの祈りを捧げてください。こ聖体にましますイエズスに、もっと
信心を持つようにしなさい。神に対して償いをしてください。羊の群れを
イエズスの神殿に集め、償いの祈りを一緒に唱えなさい。

 羊飼いと羊の群れを目覚めさせるために、つかわしている者達を、あざけ
らないでください。羊飼いを目覚めさせるため、彼ら幻視者のために祈り、
聖霊の光を願いなさい。そうすれば神なる聖霊は光をくださり、あなたがた
はわかるようになるでしょう。私はこの『招き』を、ウォロンゴング教区の
司祭達をはじめ、世界中の全ての司祭に与えます。悪魔を追い出しなさい!
犠牲と祈りによって、すべての子らを呼び戻してください。御ミサをもっと
魂をこめて捧げ、イエズスのまことの信仰を教え、ヨハネ・パウロ2世教皇
様に従順でありなさい。大勢の司祭達が教皇様に対して不従順であるので、
教皇様はあなたがた一人一人のためにひどく苦しんでおられるのですから。
ウォロンゴング教区の全司祭をはじめ、世界中の司祭を祝福いたしましょう。
父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。』

 愛する我が子よ、このメッセージは、多くの司祭たちにはよくつうじない
でしょう。しかし人間に残されている時間は非常に短いので、伝えなければ
ならないのです。手遅れにならないうちに、私達の子らを救うために、私は
ムチを使わなければならないのです。

 今後はナウラ小教区の司祭たちに話したいと思います。

『愛する司祭たちよ、我が息子たちよ、いったいあなたがたは何をしている
のですか? なぜ羊を分散させているのですか? 私を信じて愛してくれて
いる者達を、なぜ迫害するのですか? 神に対する愛と奉献はどこへいった
のですか? 偽善者達よ、我が汚れなき御心への愛はどこにあるというので
すか? イエズスは福音書で偽善について何と言っておられますか? 彼ら
は神の掟に従わないので、イエズスは毒ヘビとして追い出してしまいました
でしょう。あなたがたは自分の行為によって、イエズスをだましているので
す。このようなことはやめて、イエズスがすべての弟子達に呼びかけられた
ような模範となってください。あなたがたは神の掌中の珠なのですよ。なぜ
神の御恵みの賜物を捨てるのですか? 耳を開き、目を開いて真実を語りな
さい! 償いをして罪深い状態を悔い改めなさい! 母であり、汚れなき
マリアである私は、あなたがたを愛しております。あなたがたをこらしめる
ために私はムチを持って参りました。あなたがたを愛するが故にです。私の
声に耳を傾けて、愛のメッセージを排斥しないでください。今、イエズスの
聖心よりあなたがたを祝福いたしましょう。父と子と聖霊との御名によりて。
アーメン。』

リトル・ペブル:
 神のおかあさま、私の心はひどく痛んでいます。

聖母:
 我が子よ、その痛みは今の私の痛みです。私が言うことを子どもたちは聞
かないからです。ですからきょう私は、世界中の司祭たち、特にこの教区の
司祭たちのために、この厳しいメッセージを伝えるために、来なければなら
なかったのです。

リトル・ペブル:
 聖母は − 泣いておられます。「神のおかあさま、私達はきょうここに
ほんの少ししか集っておりませんが、私達の心を取って、慰めにしてくださ
いませんか?」

聖母:
 愛する我が子よ、あなたの愛と、ここにいるかわいい子どもたちの与えて
くれる愛で、私は慰めを受けましたよ。

リトル・ペブル:
 聖ビルジッタはもう行ってしまわれました。二位の天使はまだそこにおり
ます。

聖母:
 愛する我が子よ、あなたにもっと話しがあります。メッセージが長くなり
ますが、あなたと話し合わなければならないことがたくさんあるからです。
愛する娘、ベロニカ・ルーケンに、彼女の働き手たちについて、一掃しなけ
ればならないと手紙を書かねばなりません。大勢の働き手たちが、彼女や
あなたの仕事に害を加えているからです。彼女に、公にあなたと一致するよ
うに伝えなさい。すでに霊的には一致しています。又、ベロニカの代弁者た
るフランク・アルバスにも手紙を書かなければなりません。彼に、心を清め
て時間のまだ残っている間に、真実を語るように伝えてください。彼はオー
ストラリアのこのミッションをはじめ、他の幻視者たちに対して、多くの
不正なことばを語っているからです。彼は口を閉じなければなりません。天
は怒っているからです。彼はただちに世界が真実を知るように、私がベロニ
カをとおしてあなたに示したメッセージの中で、自分が隠してきたところを
印刷しなければなりません。愛する息子フランクに、これをただちに行うよ
うに言ってください。さもないと、彼はベイサイドのミッションから排除さ
れます。我が子よ、恐れることはありません。あなたの手紙はベロニカの
手元に届きます。ベロニカとフランクに祝福を与えましょう。彼らが私のこ
とばを実行しますように。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 愛する子どもたちよ、答えていただきたい質問がいくつかありますね。そ
の答を小さき息子の心に植えつけますので、彼があとで言うことでしょう。
愛する娘ベラよ、我が汚れなき御心よりあなたを祝福いたします。私の使節
となって母国に帰ってから、ベルリカムの出現地へ行き、幻視者のエリザベ
スと話をしてください。クリスマスまでに我が息子リトル・ペブルについて
真実を語り、又彼と一致するようにと伝えて下さい。もし私が決めたとおり
の時までに、彼女が実行しなければ、彼女は倒れ、ミッションは失われるこ
とでしょう。我が子ベラよ、あなたが帰国する時、勇気と力を与えるために
祝福いたしましょう。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 それから娘トゥルーディにも、メジュゴルジェヘの使節として我が愛の
メッセージを伝え、又聖にして母なる公教会のために、私が望んでいる大い
なる一致として、そこの子どもたちはオーストラリアの我が愛するリトル・
ペブルと、皆で一致しなければならないと伝えねばなりません。小さき娘
トゥルーディを祝福いたしましょう。父と子と聖霊との御名によりて。
アーメン。

 そしてもうすぐ帰国するアニタにも特別な祝福を与えます。彼女は母国の
子らに「私のことば」を公言しなければなりません。彼女には神の母である
私がドイツの子らを愛し、救霊を望んでいるということを皆に告げるように
伝えてください。彼女をも祝福いたします。父と子と聖霊との御名によりて。
アーメン。

 愛する娘メアリーよ、私の小さき息子と、我が汚れなき御心のために書い
てくれているあなたの本について私は喜んでおります。あなたを助けてくだ
さるように、しばしば天使達に祈りなさい。この本によって、たくさんの
霊魂が救われ、多くの御恵みが世に与えられるでしょう。我が子よ、あなた
を祝福し、又もうすぐできるこの愛の本も祝福いたしましょう。父と子と
聖霊との御名によりて。アーメン。

 我が子よ、祝福するように頼んだすべての準秘蹟は、私の存在によって今
祝福されました。又、チリで聖ミカエルを見ている娘に特別な愛と祝福を与
えましょう。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 かわいい子どもたちよ、お祈りをよくしてくださり、又私の声をよく注意
して聞いてくださったことに感謝いたします。あなたがたをとても愛してい
るのですよ。我が汚れなき御心は、常にあなたがたの心に向かって開かれて
おります。あなたがたを祝福すると同時に、あなたがたの家族や愛している
人々のためにも祝福いたします。それから我が娘テレサにも特別な愛と祝福
を贈ります。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 我が子よ、そして子どもたちよ、さあロザリオを続けて、私が愛する小さ
き息子、リトル・ペブルをつうじて与えているメッセージを、この教区の
司教と司祭たちが受け容れるように、それを捧げなければなりません。では
あなたがた皆を祝福いたします。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

リトル・ペブル:
 今聖母様は空に戻られます。廊下のようなものが現われました。二つの
廊下に天使達があふれており、聖母がこの光の上をすべるようにして天へ帰
られる間、歌っています。

 私の左側の天使が持っている板には、「天のいと高きところには神に栄光」
と書いてあり、天使達は美しい聖歌を歌っています。実際それは私達が歌う
聖歌で、ファチマの聖歌です。全ての天使と、あの二位の天使は今、さらに
空の彼方に帰っていきました。「はい,おかあさま」 雲は今すべてのもの
をおおい、消えて見えなくなりました。



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1995年1月13日
リトル・ペブルに(抜粋)

 今後、キリストの代理者は教会を正すのに何が必要かを声を大にして説く
でしょう。教会は闇に覆われているからです。だからこそ子供たちよ、母な
る公教会の勝利が速やかに達成され、世界に浸透するように祈りなさい。神
はそのあわれみの聖心から地上を神の霊で満たし、子供たちを照らしてイエ
ズスが救い主、生ける神の御子であり、いずれは大いなる力と栄光の中に
再臨して、彼の遺産を受けるということを知らせたいと考えておられます。
今こそ世は回心し、一つの信仰と一人の牧者となる時です。

 人類は今後、自然界でも超自然界でも幾多の艱難に遭遇するでしょう。子
供たちの中には、艱難とは自然界の混乱だけだと考える人が多く、艱難の
意味を理解していません。子供たちよ、それだけでなく、艱難と試しは家庭
内や、善良な人々の分裂、神の家の中での分裂、権威の分裂、病気、精神の
疾病など自然界以外にも日常生活の中に起きるのです。人々の心を暗闇が襲
い、子供たちも真理から遠ざかったため、世界各地に苦難が多くあります。
人類は神を捨てたため、心や精神において分裂しています。子供たちも神が
地上の教会を通じて与えた掟に従おうとせず、法と十戒が多く破られていま
す。権威ある人も、その傲慢さから、わざわざ子供たちを誤って導き分裂さ
せています。これらは艱難です、子らよ。そして、まだまだあるのです。印
は、天にも地上にも地中にも、海にも山にも惑星にも、見るもの感じるもの
の中にもあります。世界がこのように混乱をきたしたのは、堕落した闇の
天使であるルシフェルがこの世の中に混乱と反目、誤解をもたらしたからで
す。子供たちの心から罪の意識が失われたからです。

 今ある苦難は、既に預言者によって預言されています。全世界に罰が降さ
れても、世界は艱難など全くなかったかのごとく続いていきます。また多く
の人々は、このような艱難が以前からもあったものだと考えています。それ
は本当ですが、現在のような量の艱難が今までに襲ったことはありません。
戦争、死、病気、偶発的でない事故などが世界では毎日起こっています。神
の御手が最大の力であなた方を打ちのめし、あなた方が痛悔して神の御前に
跪いて赦しを請うまでに、今後どれ程の艱難と罰をあなたたちは望んでいる
のですか。

 真理の道に従う霊魂はごく少数です。私が毎日世界中の多くの所に行きま
すが、心の「小さき」者だけが、私が与えた言葉に従っています。ですから
「心の柔和で貧しき者が地を受継ぐ」というのは本当です。甘美なる子らよ、
聖書に述べられたこの子供たちは、あなたたちのためです。あなたたち皆は、
来るべき新しい時代に、神が人類に与えると約束された全てを無償で相続す
るでしょう。ただし、人類が来たる新しい時代の喜びと平和を享受するため
には、今ここで地上の楽しみを捨てる選択をしなければなりません。



----------------------------------------------------------------
5.編集後記
----------------------------------------------------------------
 街頭配布用のリーフレット(A3サイズ・両面印刷・4つ折り)を作りま
した。街頭での配布、ポスティングのために、そしてあなたの友人・知人に
マリア様のメッセージを伝えるためにお使いください。

http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/
hakobune_index.htm#リーフレット

 枚 数  ご寄付(送料込)
  50枚  1500円
 100枚  2500円
1000枚 20000円

 お申込みは、現金書留か郵便振替にて、下記までお願いします。ご送金を
確認後、発送します。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社

  郵便振替 00840−3−132438

--------------------------------

「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は3月14日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Br.Jean-Marie  Kolbe-Marie
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%7%%




[HOME] [戻る]