「箱舟の聖母」バックナンバー
2004年2月29日号No.193

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2004年2月29日号 No.193

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.編集後記


----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
◆ ブラザー・ジャン・マリー(オーストラリア・ナウラのゲッセマニ共
同体所属、第2部門、荘厳誓願宣立2003年10月1日)は、来る5月
18日(箱舟の聖母の祝日)に、オーストラリア・ナウラで司祭に叙階され
ます。叙階後は第1部門の会員となり、
ナウラ・ゲッセマニ共同体所属の
まま、6月に再び日本に派遣されます。

 洗礼を受けたい方は、申し出てください。

 ローマ・カトリック使徒教会の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の
異端を決して受け入れないこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。
この固い決心があるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本を
全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。


「153本の聖ヨゼフの百合」「153本のマリアさまのバラ」
「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

 ■箱舟の聖母社
  〒540-0004
  大阪市中央区玉造1-4-14
  郵便振替 00840-3-132438


マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会った
人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の前日」
「復活」 の10冊、それぞれ3000円前後です。

 ■あかし書房
  〒166
  東京都杉並区成田西3-9-22
  電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
  郵便振替:00110-6-111231



----------------------------------------------------------------
2. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第53章 】

 イエズスは聖書にも登場する偉大な律法学者ガマリエルに、「人はへり
くだるとき偉大である」と教えたことがあります。神の目に偉大な人とは、
人々が「偉大なる誰それ」と呼ぶ人ではありません。自らを常に低くして
いる人がそうなのです。しかし誰かが神から特別な恵みを受けると、人々は
その人を「偉大なる誰それ」と呼びかねません。これは危険極まりないこと
です。

 もしあなたが共同体の中に生きていて、もしあなたの霊魂が神から特別に
恵まれているなら、あなたは共同体の共同生活のうちに完全に隠れるように
努めて下さい。それは聖ヨゼフのように謙遜と沈黙のうちに日常の義務の中
に皆と同じように自然に生きることです。東方の三博士の礼拝の時、聖ヨゼ
フは何のほめ言葉も受けずにすみました。彼は何と自然に養父としてその場
にいながら、黒子のように自分を彼らに意識させず、僕のように仕えたかを
見てください。イエズスもこうおっしゃいます。

「ヨゼフは、イエズスと神の母の守護者であるにもかかわらず、どんなに
謙遜か、神の、あの僕たちのあぶみを支えたほどである。ヨゼフは、人の
暴力によってダビドの子孫として、そのすべての財産を奪われたので、貧し
い大工にすぎないが、いつまでも王の子孫で、王的な気品のある方である。
彼について、実際に“偉大なる者であったので謙遜であった”と言われるの
である」(1)

 聖ヨゼフのように行なって、霊魂を危険から守ることができます。でも
これは皆が見習うべきことなのです。皆もそうすることで、謙遜のうちに
偉大で徳の高いものに、沈黙のうちに雄弁に神の御前に取り次ぐものとなる
のですから。

(1)「聖母マリアの詩(上)」あかし書房 マリア・ワルトルタ著
   P250



----------------------------------------------------------------
3.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
  − No.96 1986年7月26日
        聖アンナと聖ヨアキムの祝日 −
----------------------------------------------------------------
リトル・ぺブル:
 聖母はすでにここにいらっしゃっています。聖母は「はこ舟の聖母、我ら
が御母聖マリア、キリスト信者の助け」の御名のお姿をしておられます。こ
の参詣所の上方、ほんの10フィート(3m強)の空中に浮かんでおられま
す。手に、右手にロザリオを持っておられます。今回は、はこ舟(それは、
とてもとても美しいものです。)の代わりに、左腕に幼子イエズスを抱き、
私たちを見回しておられます。頭をめぐらせて私たち一人一人をとてもやさ
しく見つめてくださっています。幼子イエズスは微笑んでおられます。今、
幼子イエズスは十字架のしるしをされます。父と子と聖霊との御名によって、
アーメン。

 今、空高い所から下ってくるのが見えます。それは一人の男性と、一人の
女性です。その2人は旧約時代の人々のような姿をしています。それは聖ヨ
アキムと聖アンナです。今2人は聖母のかたわらに来られます。聖ヨアキム
は聖母の右側に、聖アンナは左側にです。三人とも、とてもうれしそうです。
聖母とイエズス様と聖人達のちょうど後方には、多くの天使達がいて、天使
達のすぐ後ろには大天使聖ミカエルがいます。大天使聖ミカエルは大空全体
を占めています。彼はすばらしい戦士、母なる公教会のすばらしい戦士です。
この時、大天使聖ミカエルの声がとどろきます。とても大きな声でこう言い
ます。「誰が神に等しい者か?」 私が大天使聖ミカエルを見るのは、そう
度々あることではありません。彼は天秤を持っています。はかりのようです。
天秤は大きく、大きく傾いています。彼はこれを左手に持っており、右手
には剣が握られ、このように振りおろさんばかりに上げられています。この
剣から偉大な光が放たれているのが見えます。彼が言います。『大天使聖ミ
カエルと、汚れなきみ心の戦士たち。この名は、永遠なる御父に喜ばれる。
そう啓示されたのだ。』 今、大天使聖ミカエルは……彼の両翼は大空に
大きく広げられ、まるで今ここに居る人達全員を守ってくれるかのようです。
聖母は今、私に聞くように身ぶりで示されます。聖母はこの上もなく美しく、
聖母の御胸から光が流れているのが見えます。この光はすべて私達の上に
ふりそそいでいます。美しいお恵みです。それは聖マリアの汚れなき御心か
らのお恵みです。

聖母:
 子よ、我が愛のリトル・ペブルよ、そしてここにいる愛する子らよ、また
世界中の子らよ、私は父と子と聖霊との御名によって、あなたがたを祝福し
ます。アーメン。子らよ、私は今日、世界中の子らにとって非常に重要な
メッセージを与えるためにやって来ました。今こそ私の言葉に耳を傾けて、
言うことを聞かねばなりません。子よ、私が7月13日にあなたに見せた
光景は、大寒波の直前に世界で起きるでしょう。子らよ、昨日、ここオース
トラリアであなたがたは、非常に近い将来やってくる寒波のほんの一部を感
じましたね。しかし、大寒波が、この国と世界の上におそいかかる時には、
気温は零下30℃まで下がるでしょう。

 だから、世界の子らよ、準備していなさい。私たちはあなたがたを、ほん
とうに愛しているのです。あなたがたが、来たるべき大艱難の日々に備えが
できるように、私たちは地上に来るのです。世界じゅうの多くの子らは、私
たちのメッセージを信じず、多くの人は、そんな事が起こるはずがないと考
えてあざ笑い、捨ててしまいます。しかし、世界の愛する子らよ、私はあな
たがたに言っておきます。準備ができていない人たちは、時が到来した時
には非常に苦しむことになります。それは、あなたがたが天に従わず、世界
じゅうで私たちが、天の代弁者を通して与えたメッセージに耳を貸さなかっ
たからです。今私はもう一度警告と忠告をあなたがたに与えます。

 時は、2つの核爆発が起こった後、世界に大寒波が到来する時に訪れます。
そしてこれは、まもなく起こることなのです。愛する子らよ、核爆発による
放射性物質が世界じゅう、各国、川にも海にもあなたがたの食物の上にも
降下してくる時、注意して聞きなさい。あなたがたは水で洗ってからでなけ
れば食べてはいけません。洗う水の中に、聖水を一滴落としなさい。これで
放射能汚染はとり除かれて清められます。このことを聞かずに、従わないな
らば、体じゅういろいろな病気に犯されます。

 私の言うことを理解する人は、私の言葉に耳を傾けなさい。灌木について、
サンザシの低木に関してですが、理解する人は、その低木を十分に育てて、
葉を乾燥させなさい。このことは世界じゅうの多くの子らに必要です。とい
うのも、偉大ないやしの力がこの葉にあるからです。子らよ、この大艱難は、
もうすぐ世界で起こるでしょう! 世界中の多くの子らは、今、あざ笑って
いますが、その時には、もう笑わないでしょう。その時には多くの者にとっ
ては、手遅れになるからです。しかし、私が約束したように、天のメッセー
ジを信じて、天から与えられた命令に従う人は救われて、すべての災害から
守られるでしょう。私が時代を超えてあなたがたに与えてきた準秘蹟、特に
聖ベネディクトのメダイを使いなさい。また、このメダイを水の中に入れて
おきなさい。そうすればその水からすべての害が除かれます。料理をする
人たちは、油を使う時に、その油の中に聖シャーベルの聖油を一滴落としな
さい。そうすればすべての人々が守られるでしょう。

 子らよ、私の言葉をよく聞きなさい。人間に残された時間はもうわずかな
のです。私たちが人間に与える警告はたいへん短い間のものですが、それか
ら懲罰がやってくるのです。愛する子らよ、私たちはあなたがたを愛してい
ます。だから、あなたがたに準備をさせようと、ここへやって来るのです。
恐怖におののく必要は全くありません。あなたがたが永遠なる御父と御子と
聖霊を信じ、また我が汚れなきみ心を信じているならば、何も恐れるものは
ないからです。これらの警告は、すでに恩寵の中にいる人々の為に与えられ
るのではなく、恩寵の中にいない人々、永遠なる御父から遠く離れている
人々に与えられるものです。これらの警告は、羊を囲いの中に集めるためな
のです。世界の愛する子らよ、私はあなたがたを祝福し、我が汚れなきみ心
で抱きしめます。そして、どうか、私たちの愛と希望の警告に耳を傾けてく
れるようにお願いします。私はあなたがた皆を、父と子と聖霊との御名に
よって祝福します。アーメン。

 今日、私は両親を連れて来ました。天にいる私たちも、地上のあなたがた
の多くと同様に、家族であることを、世に示すためです。私たちは、すべて
の子らが、この家族、つまり神の王国の家族に属することを望んでいます。
私の両親も、私のことで大いに迫害されて苦しまなければなりませんでした。
しかし、両親は忍耐して、大いなる恩寵を与えられ、今では、楽園の王国に
おられる天の永遠なる御父のもとにいます。同様に、子らよ、特に親となっ
ている人たちよ、信仰を自分の子供に教えなさい。永遠なる御父と母である
私が、どれほど深く彼らを愛しているかを教えなさい。恐れずに、いつでも
必要を感じた時に私たちのところに来るように言いなさい。そうすれば私た
ちが彼らを助けてあげます。私はここにいる家族と、世界じゅうの家族を
祝福し、多くの家族に来たるべき試練と艱難の日々に耐える勇気を与えます。
父と子と聖霊との御名によって、アーメン。

リトル・ペブル:
 聖母は今日はとても喜んでおられます。

聖母:
 そうです、子よ。なぜならば、人間によってあれほど嘲弄された我が尊い
息子イエズスを愛してくれている心が見えるからです。子らが我が尊い息子
を愛してくれているのを見るのは、ほんとうにうれしいのです。

リトル・ペブル:
 今、聖母のうしろにやって来るのは、私の親友グラントです。「やあ、グ
ラント」 彼は家族にあいさつを送っています。聖母が今日、彼をここに連
れて来られたのは、グラントに関して特別なメッセージがあるからなのです。

聖母:
 そうです、子よ。私はエデンの園からグラントを連れて来ました。そこで
彼は今、将来に関する我が尊い息子イエズスの教え、つまりグラントが復活
してここオーストラリアで、子らに我が尊い息子イエズスの愛について教え
る為にやって来る時と、旧約時代の偉大な預言者たちが反キリストと戦うた
めにこの世に戻って来る時のことを学んでいます。愛する子よ、今こそ注意
深く聞いて下さい。グラントの復活の時が来たならば、子よ、あなたは墓地
へ行きなさい。あなたは、我が息子の墓の前で祈ることができるでしょう。
子よ、あなたとあなたの祈りを通して、永遠なる御父である神は、全世界が
目撃するように、つまり、天の愛する息子グラントの復活を目撃するように、
偉大な奇跡を行われるでしょう。それは、世界中で信じられる為に、なされ
る神への賛美であり、出現地への賛美です。子よ、この時が来たら、すべて
の報道記者、司教、司祭、すべての人々を招き、神がこの国の救いの為に与
えられる、この偉大な奇跡をよく見るように来させなさい。子よ、このこと
は遠い将来のことではありません。私は彼の家族を祝福します。また、再び
彼らが息子を迎える時は近づいていますから、強く、勇気をもってほしいと
思います。私は彼の家族と、あなたがた皆を、父と子と聖霊との御名によっ
て祝福します。アーメン。

 愛する子らよ、今日は、私の両親に敬意を表し、神に忠誠を誓い、我が汚
れなきみ心に尊敬の意を表してくれるために、聖地へ来てくれたことを感謝
します。今日のあなたがたの祈りの多くは、天の声を聞くようにと、世界中
の多くの霊魂を助けました。祈りを続けて下さい。そして天にいる私たちが
あなたがたを愛していることをわかって下さい。あなたがたに私たちの心を
あげましょう。そしてあなたがた一人一人を祝福します。我が尊い息子イエ
ズスの光の中を前進し、すべての人々に愛のみことばを広めて下さい。私は
あなたがた皆を父と子と聖霊との御名によって祝福します。アーメン。

 我が愛する娘テレサにあいさつを送ります。あなたの使命は成長するで
しょう。多くの霊魂が助けを求めてあなたのところに来るでしょう。我が尊
い息子イエズスは、あなたに多くの霊魂をいやす為の恩寵と力を下さるで
しょう。そして、あなたの夫ピーターは……彼は何度も私に願っていますが、
しかし、我が息子よ、あなたが持っている賜物は、もうじきやってくる大懲
罰の後で使いなさい。核爆発が世界じゅうにもたらす病気から、多くの身体
をいやすためにあなたも旅行に出るのです。このことを知っておきなさい。
永遠なる御父、御子、聖霊はあなたを愛しておられます。もっとあとになっ
てから、あなたの将来の使命について知らされるでしょう。忍耐しなさい。
テレサとピーター、私は我が汚れなきみ心から、父と子と聖霊との御名に
よってあなたがたを祝福します。アーメン。子よ、世界の子らの為の、将来
の忠告を与えるために、月曜日にもう一度あなたのところへ来ましょう。
子らよ、私があなたがたに、我が汚れなきみ心をさし出している、というこ
とを知って下さい。私の言葉を信じて、信頼して下さい。そうすれば救われ
ます。私はあなたがた皆を祝福し、使命においてあなたがたを助けるために、
すべての準秘蹟を祝福します。父と子と聖霊との御名によって、アーメン。

(聖歌アヴェ、アヴェ、アヴェ・マリアが歌われる。)」

リトル・ペブル:
 あなたがたが歌っていた時、天使たちが私たちに加わりました。聖母は
とても、とても喜んでおられます。



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1995年1月7日
リトル・ペブルに(抜粋)

 甘美なる子供たちよ、あなたたちには今年、そして来年、多くのことが
求められるでしょう。甘美なる子供たちよ、この2年間は、船すなわち教会
の方向転換によってとても厳しく、とても決定的な時です。私は教会の母
です。私はこの教会に、特に今のこの時、導きと力とを与えるために参りま
した。あなたたちはダニエルの昔に語られている苦難の時にいるからです。
甘美なる子供たちよ、何年も前に私がラサレットとファティマで教会に啓示
したことの故に、教会が滅びのうちにいます。私は教会と世界に、今教会に
入っている毒、すなわちルチフェルの誘惑の故に注意深くあるようにと警告
を与えました。

 私は地獄の力が今世紀に地上に放たれること、人類が堕ち、重荷の下に
押しつぶされることを教会と世界とに警告しました。甘美なる子供たちよ、
何年も前に、あなたたちは邪悪な者の力 − 肉によって人類に与えられる
自然の誘惑を通してではなく、むしろ知性の誘惑、神と等しいと考えたため
にルチフェルが堕ちた誘惑によって与えられる − について警告されてい
たのです。今日、全世界で多くの子供たちが様々な道で同じことを考えてい
ます。甘美なる子供たちよ、あなたたちが悪の力に勝つのは、謙遜の力に
よるしか方法がありません。高い地位にある多くの者は知性的ですが、純真
な子供の謙遜を欠いているので、神から遠く離れています。あなたたちは
子供のようにならなければ、わが御父の王国に入ることはできません。

 甘美なる子供達よ、悪魔は今、多くの霊魂を翼の下に抱えています。悪魔
は明敏で、とてもとても利口です。悪魔は多くの世紀を通じて、人間につい
て学び、今や地獄のすべてが地上にいるのです! 今どれほど多くの悪魔や
デーモンが地上を俳徊しているか、人間の基準では数えることができません。
しかし太陽が暗くなり、月が光を失うなら、その時あなたたちは、地上がど
れほど暗いかを見ることでしょう。このことは、子供たちの生活の中にいる
邪悪な者の力によって、今地上における闇がどれほど暗いかを表しています。
闇は地上を、そして神の家を、多くの子供たちの心を覆いました。混乱と
分裂が教会内を、そして全世界を支配しています。妬みと嫉妬が子供たちの
心を支配しています。これらすべては邪悪な者から来ています。邪悪な者は、
人間の時がとても残り少ないことを知っているからです。邪悪な者は、でき
ることなら地獄の門が閉じられる前に、すべての人間を自分と共に連れて
行きたいと望んでいるのです!

 甘美なる子供たちよ、今は預言者によって語られた時、超自然の戦いの時、
そしてその戦いは日々激しさを増しています。甘美なる子供たちよ、世界が
どれほど無法となってしまったか、自分の周りを見てご覧なさい。人類は、
罪が生き方の一つの道であり、もはや罪はないと信じています。神の家の多
くの子供たちでさえ、同じように信じています。人類は罪を正当化し、自ら
の良心を殺し、信仰箇条と信仰を妥協してしまったのです。



----------------------------------------------------------------
5.編集後記
----------------------------------------------------------------
 街頭配布用のリーフレット(A3サイズ・両面印刷・4つ折り)を作りま
した。街頭での配布、ポスティングのために、そしてあなたの友人・知人に
マリア様のメッセージを伝えるためにお使いください。

http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/
hakobune_index.htm#リーフレット

 枚 数  ご寄付(送料込)
  50枚  1500円
 100枚  2500円
1000枚 20000円

 お申込みは、現金書留か郵便振替にて、下記までお願いします。ご送金を
確認後、発送します。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社

  郵便振替 00840−3−132438

--------------------------------

「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は3月7日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Br.Jean-Marie  Kolbe-Marie
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%9%%




[HOME] [戻る]