「箱舟の聖母」バックナンバー
2004年2月22日号No.192

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2004年2月22日号 No.192

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.モデレーター、ウィリアム・カムの教え
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.編集後記


----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
◆ ブラザー・ジャン・マリー(オーストラリア・ナウラのゲッセマニ共
同体所属、第2部門、荘厳誓願宣立2003年10月1日)は、来る5月
18日(箱舟の聖母の祝日)に、オーストラリア・ナウラで司祭に叙階さ
れます。叙階後は第1部門の会員となり、ナウラ・ゲッセマニ共同体所属
のまま、6月に再び日本に派遣されます。

 洗礼を受けたい方は、申し出てください。



----------------------------------------------------------------
2. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第52章 】

 共同体の中で生きる人は、永遠のもの、永遠の報いだけを求めて旅をして
います。目的が純粋でなければなりません。地上のものを目的としてはいけ
ません。わざわざこう釘をさすのは、人間は弱く、神のために、イエズスと
マリア様のためにと思いながら始めても、いつの間にか自分の利益に対する
欲、自分の名誉に対する欲の満足を求めてしまうからです。そうならない
ように自分で自分を戒めなければなりません。それで「神よ、あなたにのみ
栄光と賛美がありますように! 私には、ただ恥じと辱めがありますよう
に!」というような短い祈りが、神のために働く人々の間では伝統的に用い
られてきています。この言葉のままに行なったのは、なんと言っても聖ヨゼ
フです。特に聖ヨゼフが三人の博士たちの礼拝の時にみせた態度に、その
完全な模範があります。マリア・ワルトルタへの啓示の中で、イエズスが
説明してくださっているのを聞きましょう。「……まず“自分に委託された
役割”にとどまるヨゼフの態度である。ヨゼフは“純潔”と“成聖”の守護
者、また後見人としてそこにいるけれども、何も横取りしない。お辞儀と
尊敬の言葉を受けるのは、イエズスとマリアである。ヨゼフは、彼女のため
に喜び、自分がわき役に置かれていることを気にしない。ヨゼフは“義人
そのもの”である。そして、今もその態度をとる。決してあの謁見の香の煙
に酔うことはない。彼はいつまでも謙遜で正しい人である。その贈り物を
喜ぶが、自分のためではない。それは、自分の浄配と、か弱い幼な子の生活
を、もう少し楽にできると考えるからである。ヨゼフには何の欲もない。
自分は労働者として労働を続ける。しかし、自分の愛である“その二人”に
いくらかの安楽と慰めのあることを喜ぶ。……」(1)

 共同体が良い実りをつけ、その信仰がたたえられ、事業が成功するとき、
この聖ヨゼフの模範がどれほど重要になることでしょう。地上での成功は、
人々のための真理の証しにはなってくれますが、私たちのための報いと考え
るべきではありません。報いは天でいただけばよいのです。「ヨゼフには何
の欲もない」、これが重要な鍵です。地上のものに対する欲と執着が、目的
の純粋さを汚すのです。ですから私たちは、聖ヨゼフの無欲と執着のなさを
ぜひとも見習いましょう。

(1)「聖母マリアの詩(上)」あかし書房 マリア・ワルトルタ著
    P249



----------------------------------------------------------------
3.モデレーター、ウィリアム・カムの教え

  − 2004年2月1日 −
----------------------------------------------------------------

 アシジの聖フランシスコは言っています。「完全な喜びは、知識やさまざ
まな事物にあるのではなく、神の意志をなすことにある。神への愛のゆえに
苦しみや悲しみを忍耐強く苦しむことができることにある。」

 人が犯した罪への懲罰を苦しむ時、それは清算されなければならない負債
の解消にすぎません。しかし、罪を犯すことなく、そして善良であり続けて
きたのに、苦しみがあなたに与えられることがあります。それは神の目にお
いて輝く大いなる恩寵です。

 多くの人々は、マリアは原罪を持っておらず、恩寵に満ちていたのだから、
罪を犯すことはできなかったと信じています。これはそうではありません。
なぜならアダムとイブも完全であり、恩寵に満ちていましたがそれでもなお
罪を犯したからです。そのことは、私たちにとっても罪を犯す理由という
ものはないということを意味します。

 私たちは洗礼の時から恩寵に満ちていることができます。なぜ私たちは
そうではないのでしょうか。神は、私たちは常に神をお喜ばせするために
十分な恩寵を持っているとおっしゃらなかったでしょうか。なぜなら神は、
私たちの能力を超えて私たちが誘惑されたり試みられたりすることを決して
お許しにはならないのですから。

 では、なぜ私たちは罪を犯すのでしょうか。

 単に外面的・形式的な礼拝を実践するだけであるならば、その人は真の
カトリックでもなければ真のクリスチャンでもありません。法の完遂に呼ば
れているときに愛徳のうちに善徳を実践しようと求めないならば。罪を犯さ
ないために、私たちは、有徳な生活を実践しなければなりません。そして
私たちの共同体は、有徳に生活するために奮闘しているように思われます。

 現在悪魔は勝利を収めています。世においてのみならず私たちの共同体に
おいても。なぜでしょうか。なぜなら私たちは彼が私たちの生活に入ること
を許し、私たちの信仰を妥協させてしまったからです。

 私たちの霊魂のためのこの終わりのない戦いには解決があるのでしょうか。
はい、あります。私たちの「はい」を「はい」、「いいえ」を「いいえ」と
しましょう!

 正直さ、神への誠実、そしてお互いへの誠実。神の意志を理解することは
簡単です。それは潜心のうちに見いだされます。神の真理に従うことができ
るようになることは、真摯であることです。なぜなら真摯さは、私たちの
目標への私たちの道を照らす光だからです。イエズスとマリアそして彼に
従う者たちの主要な特徴は真摯さでした。それがあなたがたの「はい」を
「はい」、あなたがたの「いいえ」を「いいえ」としなければならない理由
なのです。

 それゆえだれもうそつきにならないようにしましょう。虚偽は、らい病の
ようであるからです。真摯さは、幸福への鍵です。なぜならあなたが真摯な
心を持つならば、それは常に正直なものであるからです。それは決して嘘の
背後に隠れることはありません。それゆえ常に信頼されることができます。
真摯さは信頼と誠実です。それゆえ、あなたの隣人に対して慈悲深くあって
下さい、そして赦してください。

 ここに皆さんが毎日実践すべき善徳があります。そしてあなたがたがこの
完全性を達成するのを助けるために、対応する天使たちがおられます。


【 善徳と、対応する天使たち 】

信仰:
 それは実践されなければなりません。それは私たちの魂と知性に植えられ
た賜物であるだけではありません。それは持続性、強さ、知性を伴った信仰
の行いや祈り、霊的読書によって養われなければならないのです。

希望:
 それは信仰を補足します。それはまた神のお約束により頼みます。信仰と
希望は、私たちを天国へと挙げる鳥の二つの翼のようです。

愛:
 愛は「諸徳の女王」です。それは他のすべての善徳に生命を与えます。聖
パウロは言っています。「もし私が天使の雄弁を持ち、教え歌うことができ、
あらゆる種類のことをなしても、それを愛なしでなすならば、それは空しい
音にすぎない。響くシンバルのように、単なる騒音にすぎない。それでは愛
とは何であるか。親切、忍耐、謙遜、ねたまず、嫉妬せず、敵意を抱かない」

賢明:
 それは直接に私たちの意志、理解、知性に関係しています。皆さんに一つ
の例を示しましょう。例えば、スピードを出しすぎること! 賢明は、あら
ゆる理性を支配します。それは従順さ、理にかなっていること、賢さ、慎重
さ、注意を含んでいます。情念は、賢明を妨害します。そして、無秩序な
悲しみ、度を過ぎた喜び、行動における軽率さ、首尾一貫性のなさ、性急な
判断がその結果です。

正義:
 それは神と人への愛の行使です。正義は感謝を表明する正直さです。

剛毅:
 理性に適合していること。怒らないこと。忍耐、謙遜。

節制:
 あらゆる自然的欲求を規制すること。情念を表現しないことによってなだ
めること。言葉と行動における慎み。常に理にかなった行い、そしてあらゆ
ることにおいて神の栄光のための行い。食べること、寝ること、話すこと、
聞くこと、望むことにおいて。


【 罪に対してこれらの善徳を助け守る天使たち 】

聖レチティエル:天使位階のプリンス。偉大なる慰め手。彼はゲッセマネの
  園にいました。 落胆に対抗する天使です。

聖オリフィエル:やはりこれらの天使の一位です。

聖オルファー:麻薬中毒に対する天使。夜の天使。

聖ミカエル:自尊心、傲慢に対抗します。

聖ガブリエル:マモンに対抗します。強欲、貪欲の悪霊たちに。

聖ラファエル:神の医薬! 彼は、肉欲、みだらな行い、荒々しさ、放蕩、
 愚痴(無駄な言葉)、怒りの言葉に対抗します。あまりにも多くの酒は、
 肉欲に導きます。

聖ウリエル:神の火! 怒り、憎しみ、忍耐のなさに対抗します。

聖ジェフディエル:ねたみ、嫉妬に対抗します。

聖シールティエル:神の祈り! 貪食、酩酊に対抗します。

聖バラキエル:神の祝福! 怠惰、無関心、不熱心さに対抗します。

 いとも聖なるイエズスはおっしゃいました。「私の父の家には多くの部屋
がある」 しかしそれらのうちのひとつを占めるには、ひとつの特徴が要求
されます。それは愛徳です。人は、天国における彼の場所を、次のような
ものであり続けることによって所有するでしょう。

 地上における魂の支配者であること。ある人は、弟子であることによって。
ある人は、苦しみによって。ある人は知恵によって。ある人は説教によって。
ある人は隠れた生活によって。またある人々は世の中にとどまりながら良い
市民、子供、夫、父たちであることによって。また一方で、ある人々は修道
生活への召命のためにすべてのものを放棄することによって。

 しかしながら、神の家に住むすべての人々は、子供であろうが老人であろ
うが、金持ちであろうが貧しい人であろうが、学識ある人であろうが無学な
人であろうが、ひとつの特徴を持っていなければなりません。それは愛徳で
す。それは、「忍耐強く、慈悲深く、ねたまず、おごらず、党派的でなく、
利己的でない。」 隣人において自分自身の兄弟を愛する愛徳、そして自分
自身について望まないことを他の人々にしない愛徳です。

 愛は情欲を抑制します。信仰を強めます。希望を保ちます。そして力強い
木のように、その幹から、数多くの枝を生み出します。それらは剛毅、正義、
賢明、節制、謙遜、従順、真摯さです。それによってそれを持つ人は天の
エルサレムに入るでしょう。そこからは、臆病者、(憶病あるいは卑しい
精神の)不信仰者、忌まわしい者、殺人者、姦通者、悪意に満ちた者、偶像
崇拝者、うそつきは排除されるでしょう。そして、その中には不浄なものは
何も入らないでしょう。

 最後に、わが霊魂たちよ、愛は、それだけで、悪魔を逃走させます。なぜ
なら、愛は光であり、そして悪魔は闇を好むからです。愛は知恵であり、サ
タンの欺く言葉は、知恵によって暴かれるからです。愛は真理であり、邪悪
な者はそれを嫌うからです。そして愛は神であり、その方を見ることにサタ
ンは耐えられないからです。敵対者が、過去の落ち度を思い出させたり現在
の誘惑を示唆することによって作り出すあらゆる混乱は、愛によってなくな
ります。そして愛は慈悲深く、それを愛する被造物たちの功徳と望みを超え
ます。邪悪な者と彼の混乱を引き起こす行動からの解放に加えて、謙遜で愛
に満ちた被造物が、祈りによって得ることをあえて望むこともないものさえ
も与えつつ。



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1994年12月8日
リトル・ペブルに(抜粋)

 いとしい娘、リトル・グレイン、心を悩ませてはなりません。私たちの
「バラ」は私達とともに、ここにいます。彼女はある理由のために取り去ら
れたのです。(ここで私的な情報が与えられる)。クロアチアの子供達は祈
らなければなりません。習慣を変え、神に立ち返らねばなりません。クリス
マスの時だけではなく、クロアチアの子供達に残されたすべての年々を通し
てです。霊魂を清めるために告解に行かなければなりません。

 わが祝されし息子イエズスが戻るまで、もう地上に平和はないでしょう。
子供達よ、今は時の中の時なのです。邪悪な者が子供達を攻撃しています。
ですから、多くの者が私達の愛する特別の息子、リトル・ペブルのミッショ
ンを疑い始めています。リトル・ペブルの言葉を聞きなさい。

 平和でありなさい、子供達よ、平和でありなさい! あなたたち皆、一人
ひとりを祝福します。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。あなたた
ちの愛する母、汚れなきマリア、無原罪の宿り。



----------------------------------------------------------------
5.編集後記
----------------------------------------------------------------
 街頭配布用のリーフレット(A3サイズ・両面印刷・4つ折り)を作りま
した。街頭での配布、ポスティングのために、そしてあなたの友人・知人に
マリア様のメッセージを伝えるためにお使いください。

http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/
hakobune_index.htm#リーフレット

 枚 数  ご寄付(送料込)
  50枚  1500円
 100枚  2500円
1000枚 20000円

 お申込みは、現金書留か郵便振替にて、下記までお願いします。ご送金を
確認後、発送します。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社

  郵便振替 00840−3−132438

--------------------------------

「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は2月29日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Br.Jean-Marie  Kolbe-Marie
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%




[HOME] [戻る]