「箱舟の聖母」バックナンバー
2004年2月15日号No.191

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2004年2月15日号 No.191

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.編集後記


----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
◆「最後の教皇」出版プロジェクト - ご寄付のお願い -

 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
リトル・ペブルさんからいただきました。どんな天のメッセージにも版権は
ありませんが、リトル・ペブルさん自身の著述に関しては版権があります。
(契約については、下記をご覧ください) 現在、第2巻の4章まで翻訳は
進んでおり、第1巻の校正をしているところです。しかし、この重要な本を
世に送り出すための出版費用が私たちには全くありません。そこで、皆さま
にお願いです。どうか皆さまのご寄付によって、このマリア様のお仕事を
支えていただけないでしょうか。利益の10%はリトル・ペブルさんにもど
り、彼のミッションを支えます。ご寄付は、「「最後の教皇」出版のための
寄付」と明記して、現金書留か郵便振替にて、下記までお願いします。

〒540−0004
大阪市中央区玉造1−4−14
箱舟の聖母社


【リトル・ペブルさんとの契約の内容】

送信者: "mwoa" <mwoa@shoal.net.au>
宛先: "charbeljapan" <charbeljapan@nifty.ne.jp>
送信日時: 2001年11月17日
件名: RE: We would like to translate and publish all volumes of
Little Pebble's Book .

Dear Jean-Marie and Kolbe,

Greetings. You have my permission to translate and print the
Books with our copyright -- with the condition of 10% royalties
coming back to the Little Pebble.

God Bless,

The Little Pebble


-----Original Message-----
From: charbeljapan [mailto:charbeljapan@nifty.ne.jp]
Sent: Wednesday, November 14, 2001 11:12 PM
To: Fr. M. Broussard
Subject: We would like to translate and publish all volumes of
Little Pebble's Book .

Maria !

Dear Little Pebble and Father Broussard,

We would like to translate and publish all volumes of Little
Pebble's Book (I, II, III). Could you give us the permission of
translate them? Could you give us the copyright of Japanese
version of them?

What do you think about our plan?

God bless you !

14th Nov. 2001
Jean-Marie
Kolbe



----------------------------------------------------------------
2. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第51章 】

 日本では共同体の中に生きる人々は、それまで教会に行ったことがなかっ
た人が大多数になるのではないでしょうか。その人たちは司祭に恩を受けた
ことがなく、司祭たちの腐敗をメッセージによって知っているため、彼らに
対して警戒心と反感が先に立ってしまうと思います。ですから皆さんには特
に聖ヨゼフの司祭に対する尊敬の徳を見習ってほしいのです。腐敗した司祭
たちをどうやって尊敬するのですか?と言いたいところでしょうね。自然の
愛で尊敬できなくても、超自然の愛徳で尊敬するのです。つまり、すべての
司祭をイエズス・キリストとして見、イエズス・キリストのように扱うので
す。

 日本ではマリア様のメッセージを信じ、リトル・ペブルさんに従ったのは
カトリック信者ではない人の方でした。共同体に彼らが入いり、そこで良い
証しを立てることによって、カトリック信者もマリア様のメッセージを信じ、
リトル・ペブルさんに従うことが神様のご計画です。しかし、もし彼らカト
リック信者として子供の時から育った人が、共同体の中に生きる人が司祭を
軽蔑し、悪口を言うのを見たらどうなると思いますか? 子供のころから
彼らは司祭への尊敬を教えこまれてきているのです。こんなふうに習ってき
ているのですよ。「一人の神父様と一位の天使が前から並んでやってきまし
た。どちらの方に先にご挨拶をするのでしょう? 神父様に先にご挨拶しな
ければなりませんよ。それは神父様がパンとぶどう酒をご聖体にすることが
できるお方だからです。天使にはそれができません。それほど神父様は尊い
のですよ」

 ですから、彼らが司祭が軽蔑され、悪口されるのを見たら、「この共同体
も、このマリア様のメッセージも、神からのものであるはずがない」と判断
するに決まっています。そのことを知らないでいてはいけません。神様の
ご期待を裏切り、人をつまずかせ、救霊の可能性さえつぶしてしまうほどの
悪影響が出るのですから。

 聖ヨゼフは司祭への尊敬のために、御降誕後、訪ねてきてベトレヘムに
留まるように勧める祭司ザカリアに従いました。一家を養う責任のある彼に
とって、どれほど困難を抱えることになるか判っていながらです。そのこと
を考えたら、どんな司祭をも敬うこと、口が裂けても悪口を言わないことを
皆さんが実行することは、何ともないはずです。司祭の尊敬のために、彼は
その何百倍の犠牲を払ったのですから。マリア様もこのことを強調なさって
います。聞いてください。「……それに司祭に対しての尊敬は、いつもキリ
スト的な良い心のしるしです。イエズスが言われた通り、使徒的熱心さを
失う司祭たちにろくなことはない! けれども同じように、彼らを軽蔑して
もよいと考える人々も、ただではすまないでしょう。司祭たちは天から下る
まことのパンを聖別し、分配するからです。そのパンにさわることによって、
彼らは自ら聖なる者でなくても、聖別された杯のように、聖とされるからで
す。しかし、言うまでもなく彼らは、神の御前に、それだけの責任を負って
います。あなたたちは、彼らをそのように見なし、これ以上のことを気にし
てはなりません。彼らの言葉によって天から下り、その彼らの手に挙げられ
るわれらの主イエズス・キリストよりも厳しくしてはいけない。そういう
司祭が、盲目で耳も聞こえず、心が麻痺し、考えが病気で、自分たちの使命
とあまりにも対立する罪のらい病に冒されて、墓の中のラザロのようであっ
ても、彼らを治してよみがえらせるように、イエズスを呼びなさい」(1)

 誰かが司祭を軽べつし、悪口を言えば、それをイエズス・キリストに対し
て直接なされたものとして天は受け止めます。天は不快になり、喜ぶのは
悪魔の方です。ではどうしたらよいのでしょう。救霊の愛に燃え、天国にい
るその司祭の実の母親であるかのように祈るのです。マリア様の勧めは以下
の通りです。「なお、いけにえとなっている霊魂たちよ、あなたたちの祈り
と苦しみをもってイエズスを呼びなさい。一人の霊魂を救うことは、前もっ
て自分の霊魂を救うことですが、一人の司祭の霊魂を救うことは、多くの
霊魂たちを救うに等しいのです。なぜなら"聖"であるすべての司祭は、霊魂
たちを神へと引く網だからです。一人の司祭を救うことは、その人を“新た
に聖別すること”で、今、言った神秘的な網をつくることです。その網に
かかる獲物は、すべてあなたたちの永遠の冠に加えられる光です。平和にい
きなさい」(2)

 確かにイエズスとマリア様を最も苦しませているのは、司祭と修道者なの
です。極悪人でもサタニストでもなく、み心のまわりに最も近く置かれた
彼らが、お二人のみ心を最も痛々しく突き刺している刺なのです。あなたが
イエズスとマリア様の苦しみを和らげてさしあげたいなら、その刺を抜いて
さしあげるのが一番効果ある方法です。すなわち司祭、修道者たちのために
祈り、彼らを救うことなのです。聖ヨゼフに一致して、イエズスとマリア様
に対するこの慰めのわざを行なってください。

(1)「聖母マリアの詩(上)」あかし書房 マリア・ワルトルタ著
    P223
(2) 同本 P223、224



----------------------------------------------------------------
3.聖母がリトル・ペブルにお与えになったメッセージ
 − No.87 1986年5月24日土曜日
      キリスト信者の助けなる聖マリアの祝日−
----------------------------------------------------------------
リトル・ペブル:
 この家のちょうどま上で、聖母マリアはほほ笑みつつ、御母の子供達を
見回しておいでになります。地球の上に作りものではなく実際に立っておい
でになります。オーストラリアの地図の上に立ち、キリスト信者の助けなる
聖マリアとして来ていらっしゃるのです。赤ちゃんのイエズス様を抱かれ、
イエズス様は大変よろこんでおられます。赤ちゃんのイエズス様は今、父と
子と聖霊の御名によって私達を祝福して下さっています。聖母マリアの遠く
左方に竜がいます。その竜は全くぞっとするように恐ろしく見えます。父と
子と聖霊の御名によって、アーメン。

 竜は十字架の印によって、急いで這いながら逃げて行きますが、竜は口か
ら火炎を出しながら、聖母マリアと赤ちゃんのイエズス様に向ってシューと
いう音をたてています。これは多くの御出現の場でサタンがしている事だと
マリア様はおっしゃっています。竜は御出現の場所で、彼のサタンと共に、
信仰厚い神の子達の中に交じって、分裂と不和をもたらそうと周囲を取り巻
いています。

 マリア様の右に大変大きな白い十字架が有ります。十字架は光り輝き、そ
のすべての光線は私達の上に下り、そして特別に、或る瞬間、1つの光線が
ルシフェルを刺し、彼の胸をつらぬき、その時彼は苦痛の身もだえをして大
きな苦しみの中にいます。マリア様は「御子は世の救い主であります。そし
て十字架を通して世は救われます」とおっしゃいました。

マリア様:
 私は父と子と聖霊の御名によって、私の愛するリトル・ペブルと優しい
子供達を祝します。オーストラリアの私の優しい子供と、子供達、そして世
の人々に忠告を与えるべく、今日私は来ています。私の愛する世の子供達よ、
神の御子イエズスのもとに来て、あなた方の罪を痛悔しなさい。人類よ、わ
ざわいなるかな。神の声を伝える者達に聞き従おうとしない人達は。間もな
く私は神の御子イエズスの温情からのメッセージをすべての世に伝えるべく、
もっと多くの神の声を伝える人達を遣わすでしょう。そして彼らは私と私の
神の御子が、世に送る最後の神の声を伝える人達となるでしょう。私の愛す
るリトル・ペブルよ。これらの人達は、大変速やかに母なる教会のうちに、
あなたとの一致をもたらすでしょう。

 私の愛する世の子供達よ、あなた方の世は大変短かくなっていますから、
今天の声に聞き入らねばなりません。間もなく人類に与えられるメッセージ
は停止するでしょう。そして大きな天罰が人類の上に下るでしょう。過去に
おいてあなた方は多くの執行猶予が与えられてきています。しかしながら、
もうありません。神の御あわれみが人類の上に伸ばされたのに、人類は神を
拒絶し、御子イエズス・キリストを拒絶し、御母を拒絶し、更に又神の声を
伝えるすべての人々を拒絶し、そして私達が世に送っている預言者達をもで
す。おお世の人々、あなた方はどうなってしまったのですか。そしてこれか
らどうなるのでしょう! もしあなた方がメッセージを拒み続けるのなら?
たった一つの答があるのみです。人類の破滅という! ルシフェルと共に
地獄の火の中に落ちてゆく人類を見るのは、おお何と私の汚れなき御心を悲
しませる事か。

リトル・ペブル:
 聖母は大変すすり泣いていらっしゃいます。あまりにも悲しく泣いておら
れます。私の上にも又、すべての人々の上にも、その御涙が流れ落ちていま
す。私はその御涙を感じています。幼きイエズス様はご自分の御目を拭いて
いらっしゃいます。「おお優しい御母よ、私の心をとってください。いくら
かでも御母をお慰めできますように。私達をあわれみ給わん事を。私達すべ
てが優しい御母を強くお愛しします」

マリア様:
 私の愛する子供リトル・ペブルよ、あなたの愛のささげものをありがとう。
それはまことに私の汚れなき御心を慰めてくれます。そしてファティマで話
した様に、あなたとブラザー・ジョセフ・フランシス、あなた方2人の心を
もって私の汚れなき御心に大きな慰めをもたらします。そしていつの日か、
あなた方2人に私の汚れなき御心をもって王冠を授けるでしょう。

リトル・ペブル:
 今、……マリア様の御心によって……いつもは聖母マリアが出現される時
には御心は目には見えませんが、しかし今回は御心が見えます。そしてその
御心から非常に多くの光線が現れ、美しい色で至る所に来ています。

マリア様:
 私の子達よ、これらの光線は人類の為に、三位一体の神から来ている恵み
の光線です。人々は今、神の御子イエズスに立ち戻らねばなりません。私は
世を罰する御子の御腕を押える事が出来ませんから。何故なら時の中の時が
来ていますから。そして時は大変短くなっています。しかし、神の恵みは、
願えば頂けます。願いなさい。そうしたらあなたは受けるでしょう。求めな
さい。そうしたらあなたは見いだすでしょう。たたきなさい。そうしたら開
かれるでしょう。しかし信仰が必要です。私の子供達よ、あなた方の神……
私の神……の愛とあわれみに基ずいています。父と子と聖霊との御名によっ
て、私は今、あなた方すべてを祝福します。アーメン。

リトル・ペブル:
 今、背景が変って、巨大なノアの箱舟が見えます。箱舟は空一面を占めて
います。大変美しいものです。マリア様はもうそこにはいらっしゃいません
が、箱舟の頂上にお立ちになって、お姿が現われています。また、箱舟の
両側に、長さの異った2つの巨大な大理石の柱があります。左(マリア様の
右)にある柱の頂上には、祝された御聖体があります。それはイエズス様で
す。突然マリア様は箱舟から移動されて、向かい側の柱の上に立たれて、そ
して停泊させようと箱舟をこれら2つの柱に鎖で連結しておられます。

マリア様:
 私の愛する子供よ、あなたは今、幻しを見ています。御子と聖ドン・ボス
コが見た幻しです。

リトル・ペブル:
 今箱舟の上方に1988という数字があります。私は今、箱舟の上に立つ
教皇様を見ています。そして妙な事には教皇様のそばに、私自身がいます。
聖母マリア様、私は理解出来ません。何故なら、私はここ、下に居ますから。

マリア様:
 私の愛する子よ、あなたは後で分かります。永遠の御父があなたの為に
用意されている大きな神の恩恵を、全世界の人が知る事ができるようにこの
幻しを見たのです。何故なら、時が来ていますから。その時、教会の最も
暗黒の時の間中、あなたは教会を指導しなければなりません。

リトル・ペブル:
 教皇様が今、負傷されています。私は横で跪いて教皇様を抱き起し、教皇
様は何かおっしゃっていますが、何をおっしゃっているのか、私には分かり
ません。

マリア様:
 あなたは後で分かるでしょう。わが子よ、この時世は、分裂の意味する事
を分かるでしょう。しかし後にあなたにもっと知らせるでしょう。

リトル・ペブル:
 さて背景が再び変りました。マリア様は後退され、今小さい雲の上に立っ
ていらっしゃいます。マリア様は地球の上に立っていらっしゃいません。小
さい雲の上で移動なさっています。マリア様はお歩きになりません。非常に
非常に美しい方です。マリア様は今ほほえんでいらっしゃいます。そして
あなた方皆を御覧になっています。そして光の小さい光線が、御母の御心か
ら出て、ここに居る一人一人の上に届いています。

マリア様:
 私の愛する子供と子供達よ、私はあなた方をとてもとても愛している事を
知りなさい。私の汚れなき御心をあなた方に与えます。

リトル・ペブル:
 マリア様は今、汚れなき御心を御胸から取り出され、このようにして私達
に授けて下さっています。

マリア様:
 この私の御心を御覧なさい! 愛する子供達よ、人類の為に如何に苦しん
でいるか。私の汚れなき御心を慰めてくれませんか? 父と子と聖霊の御名
によって、私の神の御子の聖心で優しい子供達を祝します。アーメン。

 私の優しい子よ、あなたが直ぐにしなければならないある解決に関して、
私の息子のウィリアム・プライスがあなたに与えた撰択は、私にとって愉快
なものです。しかし私はもう一つのものを付け加えます。私の子よ、あなた
は私が意味するものを分かっています。私はワーカー(マリア様の為に働く
人々)のすべてのメンバーを喜んでいません。私の子供よ、何故なら、多数
の者は私の為に働いているのではありませんから。ある者達は裏切り者でさ
えあるのです。しかし、私の神の御子は彼等に御母をささげています。今
彼等に改心するようにお願いしなさい。悪人を追い出しなさい。

リトル・ペブル:
 マリア様が今おっしゃるインナー・サークルとは、アワー・ワーカース
(リトル・ペブルのために働いている人々)をさしています。

マリア様:
 あなたがたは永遠の御父から隠れる事は出来ません。ユダのような人で
あってはなりません。むしろ悔い改めなさい。そして私の神の御子イエズス
のあわれみを願いなさい。天の7位の大天使によって彼は大変守られていま
すから、私の愛するリトル・ペブルをあなたがたは害することは出来ません。
ですから、私は母としてあなた方に慈愛に満ちた警告を与えます。今、悔い
改めなさい。まだ時がある間に。インナー・サークルに関する私の愛する子
リトル・ペブルがする沢山の仕事があります。多くのメンバー達が今、ふる
いにかけられるでしょう。何故なら調整する時であり、そして、インナー・
サークルの中の一致と強さをもたらす時であるからです。ここオーストラリ
アのミッションは今促進するので、何万という霊魂が治癒される為に、そし
て神の恩恵を受ける為にこの聖地に来るでしょう。ですから私の愛する子と
子供達よ、インナー・サークルは清められねばなりません。覚えていなさい。
あなた方は私の汚れなき御心によって招かれました。あなた方に与えた信頼
を裏切らないように。私の神の御子イエズスは、愛するリトル・ペブルに
対抗して働く、これらの人々をゆるすでしょう。私の神の御子イエズスの愛
とあわれみの中に戻ってくるという機会を与える良い理由の為に、私は今
これを公けにします。

リトル・ペブル:
 ありがとうございます御母、あなた方は私の優しい御母を知っています。
私は私の愛の心で彼等のすべてをゆるします。

マリア様:
 私の子供よ、私は知っていますから、私達はあわれみとゆるしを与えて
いるのです。あなたの前途に、インナー・サークルを調整するという大きな
任務をあなたは持っています。あなたに私は物事を明らかにする光を与えま
す。そしてあなたがする解決は天でも認めています。インナー・サークルの
私の子供達は、リトル・ペブルに与えられたこの権能は、天から来たことが
分かるでしょう。私の神の御子イエズスの聖心により、私はインナー・サー
クルのすべての働き人達を祝福します。

リトル・ペブル:
 今、私はイエズスの聖心が見えます。それは非常に、非常に大きいのです。
全く壮麗です。そしてイエズスの聖心はあたかも私達すべてを包むかのよう
です。

マリア様:
 父と子と聖霊との御名によって私はあなた方すべてを祝福します。

リトル・ペプル:
 私はちょうどマリア様の後に聖シャーベルが前進して来るのが見えます。
彼もまた私達に祝福を与えようとしています。彼は私の霊的指導者であると、
マリア様がおっしゃったのを私は知っています。この時聖シャーベルは、私
がつけているのと同じスカプラリオを服のように着ています。何故なら、そ
れは聖シャーベルの修道会のものですから。彼はほほ笑み、そして私達すべ
てを、父と子と聖霊との御名によって祝福しています。アーメン。

マリア様:
 私の優しい子供と子供達よ、償いの祈りを続けて下さい。あなた方の国の
為の償いと、悔い改めの苦行をするため、ここに来ているあなた方すべてに
感謝します。あなた方の国は、本当に沢山の祈りが必要です。沢山の恐ろし
い事が間もなく来る事になっていますから。いくつもの大地震が間もなく
この国を揺るがすでしょう。そして何と悲しい事に、大変多くの人を失うの
を見るでしょう。それは私の御心を非常に悲しませます。愛する子供よ、し
かし永遠の御父は、子供達を御父のもとに呼び戻すために、この方法をお使
いにならねばなりません。ああ彼等が聞きさえしたならば。悲しい事です。
私のかわいい愛するリトル・ペブルよ、私はあなたを愛しています。あなた
は私の天の戦士ですから。

リトル・ペブル:
 今聖母マリアの後に聖ミカエルがいます。他の幻視者が彼を見た時……彼
は大変巨大です。彼は空全体を占め、途方もなく大きく、そしてすばらしい
のです。聖ミカエルもほほ笑み、巨大な剣を持っています。……この剣を彼
は一度私に持たせてくれました。そして彼はそのことを確認しました。

 マリア様は今ほほ笑まれ、お祈りを続けるようにおっしゃって、父と子と
聖霊との御名によって皆に祝福を下さっています。アーメン。

マリア様:
 私の愛する子供よ、私の子供達の間で本当にあなたは祝福されています。

リトル・ペブル:
 ありがとうございます。優しい御母。

(ファティマの聖歌が歌われています。アヴェ、アヴェ、アヴェ・マリア)


--------------------------------
「二本の柱の夢」

 聖ドン・ボスコのいわゆる二本の柱の夢というものがあります。その預言
的な夢では、教会を示す教皇の指令艦と、これに従う他の船(教皇に従う
司教たちの船)が大変な嵐にあい、そのうえ敵の艦隊に攻撃されていました。
この攻撃が政治的なものでなく精神的なものであるというしるしに、その
武器として使われているのは、主として各種の書物と印刷物でした。つまり、
この攻撃は思想上の攻撃であることが示されているのです。夢では、教皇が
うち死にして、次の教皇が選ばれ、戦いがつづきます。そのうち二本の柱が
見えはじめましたが、一本の柱の上には無原罪のおんやどりの聖母のご像が
あって、その下に「キリスト信者の助け」と書かれていました。もう一本の
柱は、これよりもずっと大きく高くそびえていて、柱の上に大きなホスティ
アがあり、その下に「信じる者の救い」と書かれています。この二本の柱を
あおぎ見た教皇は、指令艦をその柱の間に導き入れ、両方の柱から出ている
鎖で自分の船を安定させました。これに他の司教たちの小さな船もならった
のです。すると、たちまち大混乱が起き、それまで教皇の艦隊に戦いをいど
んでいた敵の船が、たがいにぶつかり合いはじめました。こうして敵の船は
沈没し、そのあとには大なぎの静けさだけがありました。これは、教会を
その危機から救うものは、ご聖体と聖母信心であるというしるしなのです。



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1994年12月13日
リトル・ペブルに(抜粋)

 わが汚れなき御心の愛する岩よ、終末の時代の甘美なる小さき使徒達、リ
トル・グレイン、ここに、私の前に集まったすべての甘美なる子供達、そし
て全世界の甘美なる子供達よ、わが汚れなき御心をもってあなたたちに挨拶
します。今日、私は子供達に、特に、邪悪な者によって人類に与えられた
誘惑を通して、全世界の子供達に提供される多様性によって家族がばらばら
になっているこの時に、家族生活の大切さを教えるために参りました。

 甘美なる子供達よ、特に祈りにおいて一つの家族として一致している子供
達にとって、クリスマスは特別の時です! 人類にとって時はとても残り少
ないこと、邪悪な者がすべての善いもの、有益なもの、清らかで聖なるすべ
てのもの、特に家族の一致を破壊しようと望んでいることを理解しなければ
なりません。甘美なる子供達よ、聖にして母なる教会もまた、一つの家族、
神であるわが息子キリストの神秘体における一つの家族なのです。この体の
多くのメンバーは病気で腐敗していて、家族の一致を分裂させたように、神
の家を分裂させています。それゆえあなたたちに私達の愛、あわれみ、理解
とゆるしを与えるために、永遠の御父からの恵みを与えるために、聖なる
浄配聖ヨゼフ、甘美なるわが息子イエズス、そして私がともに来たのです。



----------------------------------------------------------------
5.編集後記
----------------------------------------------------------------
 街頭配布用のリーフレット(A3サイズ・両面印刷・4つ折り)を作りま
した。街頭での配布、ポスティングのために、そしてあなたの友人・知人に
マリア様のメッセージを伝えるためにお使いください。

http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/
hakobune_index.htm#リーフレット

 枚 数  ご寄付(送料込)
  50枚  1500円
 100枚  2500円
1000枚 20000円

 お申込みは、現金書留か郵便振替にて、下記までお願いします。ご送金を
確認後、発送します。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社

  郵便振替 00840−3−132438

--------------------------------

「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は2月22日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Br.Jean-Marie  Kolbe-Marie
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%5%%




[HOME] [戻る]