「箱舟の聖母」バックナンバー
2004年2月8日号No.190

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2004年2月8日号 No.190

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記


----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第50章 】

 既存の修道会において、志願期、修練期は長い修道生活の中で最も厳しい
試練のときです。特に修練期はそうです。やめていく人のほとんどが、この
修練期の最中に断念して去ってゆきます。これらの期間、志願者・修練者は、
自己愛を捨て去って、イエズスとマリア様への愛のみになるよう必死に努力
します。この山場を乗り越えて初誓願を立てるときは、感涙にむせぶほど
うれしいものです。しかしよっぽど気をつけていないと、この瞬間から自己
愛への逆戻りが気づかぬうちに起こるのです。共同体も同じです。共同体に
入いるまでが全てを捨てて来ることの大変さのため、最大の山場といえるで
しょう。そして共同体の中に住めるようになったときの喜び! しかしこの
瞬間からやはり気づかぬうちに自己愛への逆戻りが起こるのです。

 マリア様が次のようにおっしゃっています。「......神への奉仕に聖別さ
れた多くの人々の中に、ヨゼフのように、この世ですべてに納得して、すべ
てを放棄して、すべてを耐え忍んで、すべてを率直に、明るく、変わらない
心で神に仕える人がいるでしょうか。いいえ、そのような人は本当に少ない
のです。......」(1)

 自己愛に逆戻りすると、神様からさらなる犠牲を求められると「いいえ。
もう十分にあなたに尽くしました。いったいどこまで私に求めるつもりです
か」と不機嫌になります。こうならないためには、「私はもう十分あなたに
尽くしました」ではなく、「私はまだあなたのために何もしていません」と
いう自己否定と、「いったいどこまで私に求めるつもりですか?」ではなく、
「どこまでもあなたに尽くしたい!」という仕える心の際限なさが決め手で
す。「もう嫌だ。こればっかりは我慢できない」と人は言いがちです。あな
たはそこで前進をやめるなら、神に「もうあなたを愛するのはやめて、自分
を愛します」と言うことになるのです。前進しない人は立ち止まっているつ
もりでしょうが、そうではなく後戻りしてしまっているのです。ですから
少しずつでも、毎日前進することを決意してください。悪魔が巧妙に仕掛け
る自己愛の罠から逃れられるように、自己愛を決して持たなかった聖ヨゼフ
に保護を祈りましょう。

(1)「聖母マリアの詩(上)」あかし書房 マリア・ワルトルタ著
   P221



----------------------------------------------------------------
2.聖母がリトル・ペブルにお与えになったメッセージ
 − No.91 1986年6月13日 聖アントニオの祝日 −
----------------------------------------------------------------
リトル・ペブル:
 私には聖母が見えます。今こちらの方に向かって来られます。非常に、非
常に白い雲から歩み出そうとしておられます。聖母は今日、奇すしきバラの
聖母のお姿でいらっしゃいます。胸の上にバラの花が3つあります。聖母は
微笑まれ、まわり、つまり私のいる所を見まわされます。この参詣所の上方
約10フィート(3m強)のところにおられます。今、聖母の左側にやって
来られたのは聖アントニオです。聖アントニオは手に、つまり御腕に幼な子
イエズスを抱いておられます。聖アントニオはカソック(茶色の法衣)を着
ておられます。ここにおられる何人かの方々が着ているものと同じもののよ
うに見えます。フランシスコ会の服装ですから。それから、聖母の右側には、
今、聖シャーベル、聖ピオ神父、聖ヨゼフがおられます。彼らは、永遠なる
御父へ捧げられるあなたがたの祈りの中で、あなたがたと一致するために
ここへ来られたのです。聖母は今、右手にロザリオを持っておられます。美
しいロザリオです。真珠でできていて、とてもとても明るく輝いています。
とても美しいです。聖母はロザリオをこのようにして、高く掲げられます。
私たちと世界じゅうがロザリオを祈るように願っておられます。今、聖母は
聖なるロザリオで、父と子と聖霊の御名によって私たち全員を祝福されます。
アーメン。

聖母:
 愛する子よ、我が愛のリトル・ペブルよ、そして世界じゅうの我が子らよ、
私は今日、我が愛する聖アントニオの祝日に世界がもっと祈るように、もっ
と犠牲を捧げるようにお願いするためにやってきました。そうです、愛する
子らよ、あなたがたの多くの人たちは自分自身の救いと、世界じゅうの霊魂
の救いのために、肉体的な病気で大いに苦しむことでしょう。子らよ、私た
ちはその犠牲を必要としています。なぜならば悪魔は世界じゅうを俳徊して
我が子らに大混乱をもたらしているからです。悪魔は我が子らに破滅をもた
らしつつあります。これは、祈りを捧げ、私と我が尊い息子イエズスが世界
に与えたメッセージに耳を傾ける子らがほとんどいないからなのです。今ま
で私は何度も言いましたが、時はほんとうにわずかしか残されていないので
す。もう一度、私は人類全てに呼びかけます。祈り、償いをし、聖なるロザ
リオを唱えなさい。今や時はほんとうにわずかしか残っていませんから。
時計は12時を告げました。

リトル・ペブル:
 今、私の左手には、とても大きな時計があり、振り子が12時を打ちまし
た。ベルの音が聞こえます。鳴りひびいています。らっぱの音が聞こえます。
一位の天使が吹く、とてもとても大きならっぱです。

聖母:
 子よ、彼は黙示録に出てくる天使の一人です。子らよ、神の御言葉を読み
なさい。特に聖ヨハネの黙示録 − 啓示の書 − を読みなさい。あなた
がたは今、その時代に生きているからです。天使が角笛を吹き鳴らす、とは
どういう意味かを読みとりなさい。そうすれば、人間にとっていかに残され
た時間が少ないかが理解できるでしょう。私と我が尊い息子は、今、すべて
の国、すべての市、すべての町と村へ、我々の羊の群れを集めて、はこ舟、
つまり我が汚れなき御心のはこ舟に入れるために出かけて行きます。それは、
我が子らの救いの為、悪魔から、そして世界に起こる破滅から彼らを守る為
なのです。さあ、子よ、よく見なさい。そして見たとおりを言いなさい。ま
もなくこの地上に起こるであろうことを。

リトル・ペブル:
 聖母は今、左の方へ移動され、今ちょうどここの上に地球が見えます。今、
世界の上、ある国々の上に私は登ってきました。アメリカ合衆国が見えます。
そしてアメリカに大きな、大きな、大きな火が、今地球から出てくるのが見
えます。アメリカは地震のようにゆれています。海岸線に沿って、とても
とても巨大な波が見えます。約50フィート(17メートル)くらいの高さ
はあるでしょう。波は西海岸におおいかぶさっていきます。今、一つの州の
輪郭が見えます。カリフォルニア州です。そこで強力な地震が起こり、地す
べりが起きています。州全体にわたっています。州全体がアメリカから分離
され、海中に沈んでいきます。さて、東海岸のある町、ニューヨークにやっ
て来ました。地はふるえ、ビルディングが揺れて、くずれ落ちてゆきます。
火事があちこちで起こり、人々は金切り声をあげて、あわれみを求めていま
す。しかし、天におられる御父なる神は、両手で耳をおさえておられるのが
見えます。そして聖母はこう言われます。

聖母:
 彼らは天の代弁者の声を聞こうとせず、今、破滅を目のあたりにしていま
す。子らよ、まだ時は残されています。

リトル・ペブル:
 さて地球はまわり、今、私は大陸が、つまりヨーロッパの形と長靴(イタ
リア)が見えます。そこでも地はふるえています。ローマからさほど遠くな
いところ、ずっと山脈に沿って大きな地震が起こっています。今、イタリア
の多くの町がのみこまれるのが見えます。聖母は『すぐに』とおっしゃり、
今私たちはさらに進みます。今、オランダに向かい、ドイツに向かい、そし
て見えます。どうやって見ているのかは自分ではわかりませんが、とても
とても巨大な波がオランダ、それもオランダ北部全域におおいかぶさって来
ようとしています。それは、ほんとうに、ほんとうに巨大な波です。アムス
テルダム市に襲いかかります。市全体が水面下になってしまったようです。
人々は町を逃げ出し、あらゆる方面へ逃げ出しています。彼らは恐れていま
す。地も震えていました。さて地球は少し動いて、今、オーストラリアが見
えます。アデレイド、アデレイド市が見えます。街をとり囲むようにして、
たくさんの火事が見えます。そして地も震え始めています。ビルが崩壊し、
人々は道で悲鳴をあげています。さて、聖母は移動され、私にパースの町を
見せて下さいます。そしてまた、とてもとても大きな波が、ほんとうに大き
な波がいくつか見えます。どれくらいの高さかわかりませんが、50から
60フィート(17〜20メートル)の高さに盛り上がっているように見え
ます。町は今、巨大な地震で揺れ動いています。十字架が町の上空に現われ
ました。それは町への警告として、全体が光り輝き、そして波は今、パース
の街をのみこもうとしています。さて、私たちは故郷に近づいて来ました。
ウォロンゴングヘ、ナウラヘ、そしてシドニーへ。すると、大きな波が海岸
全域で激しく打ちつけるのが見えます。大あらしです。水が持ち上がり、高
く高くなって、街じゅうに押し寄せています。今、シドニーのハーバー・ブ
リッジも見えます。今にもくずれ落ちそうにぐらぐらしています。今、聖母
は私にもっとむこうの海岸も見せて下さいます。さあ、ウォロンゴングとナ
ウラ地区にやって来ました。地が震えています。人々は街の中へ走り込みま
すが、地震は非常に、非常に強いものです。強い地震です。多くのビルは震
えています。そして聖母はこう言われます。『これは、これらの地域に対す
る第1の警告です。もっといろいろなことが起こるでしょう』

聖母:
 子らよ、わかりましたか? 御父なる神は、大変あわれみ深いおん方では
あるけれども、同時に、いかに正義のおん方であるか。神は、御自分の愛す
る子らに懲罰をお与えになりますが、しかし、あなたがたはロザリオと祈り
でこれらの破滅を防ぐことができるのです。私たちは、もう何年にもわたっ
てあなたがたにお願いしてきましたが、あなたがたは私たちのメッセージを
打ち捨ててしまう以外にどうしましたか? 人間に与えられるはずのこれら
の警告は、まもなく起こりますが、これは、彼らの目を覚まさせる為なので
す。もし、人間がそれでもなお、罪深い生活に固執するのなら、世界に起こ
ることを今、あなたがたに見せてあげましょう。

リトル・ペブル:
 今、景色は変化しています。空が開きつつあります。今、ロケットが見え
ます。アメリカ合衆国とオーストラリアとヨーロッパに向かって飛んでいる
ロケットです。マリア様、これらはミサイルの弾頭ですね。聖母はうなづい
て「そうです」とおっしゃいました。爆弾が1つ見えます。原子爆弾です。
どういうものか私にはわからないが、それはシドニーの上に落ちてゆきます。
弾頭は6つあって、シドニーはなくなってしまいました。ただシドニーが
あったところには、非常に大きな穴があいています。私には幅80マイルほ
どもあるように見えます。地面に穴があいているのです。まるで噴火口のよ
うに見えます。

 さて、その爆弾がヨーロッパにも見えます。原子爆弾がヨーロッパ全域と
アメリカにも落ちています。そして今、たいへん大きな、赤い燃えている字
で、空にこう書かれています。「第3次世界大戦はまもなく起こる」 どう
いうわけか、教皇ヨハネ・パウロ2世が見えます。あの文字の右側に立って
泣いておられます。顔に両手をあてて泣いておられます。そして教皇ヨハネ・
パウロ2世は実際にこう言われます。『彼らはファチマのメッセージを聞こ
うとしない。彼らは今日のメッセージを聞こうとしない。だから、これが
その結果なのだ』。

 さて、天空を音を立てて進んで来る物がある − その球は実に、天空全
体ほどにも大きい、巨大な球です。火です。それは巨大な球です。全体が赤
く、オレンジ色で、火花がはじけ出し、天空をとてつもない速さで突進して
きます。今、その一部が崩れ、離れて進んで行くようです。ニューヨークに
衝突し、その他の部分は海の中へ没しました。その他の部分は衰え、ちょう
どその時、空はまっ赤になりました。空にうかんだ非常に赤い雲 − ぶ厚
い血の雲です。さて、ちょうどこの場所の上方に、とても大きな十字架が見
えます。今、その十字架は黒い色をしています。すっかり暗くなっていきま
す。とても暗く! 聖母はおっしゃいます。

聖母:
 これらは来たるべき暗黒の3日間です。神が人間に与えられる最後の懲罰
です。子らよ、我が子(リトル・ペブル)に私が見せてあげている事を見な
さい。彼がここに、あなたがたの前でなおひざまずいているのは、ただ神の
恵みによるのです。というのも、このお恵みがなければ、彼は今目撃したこ
とで、恐怖のあまり死んでしまうでしょうから。だから我が愛の子らよ、私
たちが世界じゅうに送っている代弁者たちの言うことを聞きなさい。この地、
オーストラリアにおいては、私たちはあなたがたが天の道を歩むのを助ける
為に、2人の幻視者と神秘家を何人か遣わしました。彼らは我が言葉を話し
ていますから、彼らの言うことを聞きなさい。神のみことばを聞きなさい。
愛する子らよ、祈り、償いをして下さい。私たちは、あなたがたをとても愛
しています。

リトル・ペブル:
 今、聖母の左側にはとても大きなはこ舟があります。舟です。木でできて
いて、聖母が言われるには、信じる子らが救いの為にその中に入れられると
のことです。

聖母:
 まもなく私は、愛する娘テレサに語りかけます。ここにいる子らに言うべ
きことがもっとあるのです。子らは、天のみことばに耳を傾けなければなり
ません。あなたがたの救いの為に最も重要だからです。

リトル・ペブル:
 フランクはとてもよろこぶでしょう。マリエッタがちょうど今来ました。
彼女は、実際にフランクに手を振っています。

聖母:
 子よ、このことをフランクに確認して下さい。

リトル・ペブル:
 マリア様、ありがとうございます。マリア様、お願いです。この聖地であ
なたにいただいたメッセージを、この人々が信じますように、すぐに彼らに
しるしを与えて下さい。

聖母:
 子よ、私は、この聖地の上に偉大なしるしと、驚異と、奇跡を約束しませ
んでしたか? それらはまもなく起こるでしょう。子よ、このことを知って
おきなさい。あなたの兄弟、ヨゼフ・フランシス修道士が、あなたと共に祈
る為に、この聖地に来る時には一つのしるしを与えましょう。しかし、信仰
が足りないために、すべての人がそれを見るわけではありません。我が子ら
には、私の言うことが理解できるでしょう。子よ、あなたに一つお願いがあ
ります。「特別な償いをしてくれませんか?」

リトル・ペブル:
 マリア様、おっしゃることなら何でもいたします。はい、いたします。

聖母:
 子よ、この償いは、ポーランドのビェルナーキとドマンスキー、及びヨゼ
フ・フランシス修道士が、彼らを非常に激しく攻撃してくる悪魔と戦ってい
るのを助ける為なのです。子よ、あなたがこの償いを実行する度に、神の
栄光と霊魂の救済の為に、彼らは強められるでしょう。子よ、私はあなたと、
カナダのヨゼフ・フランシス修道士と、ポーランドのビェルナーキとドマン
スキーを祝福します。彼らは真に我が息子たちであり、あなたがた4名は、
今も、そしていつの時も我が汚れなき御心の中にいます。我が愛する子らよ、
父と子と聖霊の御名によって、あなたがたを祝福します。アーメン。

リトル・ペブル:
 聖母は今、下って来られます。とても、とても近くまで来られます。今こ
こに。今ここにおられます。ちょうどそこにおられます。小さな雲の上に
立っておられます。すぐそこに! 聖母は司祭を見つめられ、今、ロザリオ
を持って、そのロザリオを彼の上に置かれます。そして彼を父と子と聖霊の
御名によって祝福されます。アーメン。

聖母:
 子らよ、私は我が汚れなき御心の聖職者に会えるとうれしいです。

リトル・ペブル:
 聖母は今、元の位置へ戻られました。ほんの一秒しかかかりませんでした。

聖母:
 愛する子よ、今、あなたに何人かの子らを、我が尊い息子イエズスがファ
チマとカナダにおいて何度か持っておられたあなたの十字架で祝福してほし
いと思います。この祝福は、これらの霊魂の為に我が尊い息子から来るもの
です。我が尊い息子はあなたを愛しておられます。子らよ、もう一度ロザリ
オを手に持って下さい。自分の十字架をとり、心から祈りなさい。そうすれ
ば、永遠なる父と子と聖霊があなたがたを愛しておられることがわかるで
しょう。我が尊い息子イエズスはあなたがたの為に十字架上で亡くなられた
のです。

リトル・ペブル:
 今、イエズス様は十字架上におられます。十字架上に、この場所のすぐ
上で。あまり高いところではありません。御傷から御血が流れ出ています。
聖母は今 − 泣いておられます。聖母は泣いておられます。私たちは「ア
ヴェ」を歌いましょう。この歌でおそらく聖母に微笑が戻ることでしょう。
(アヴェ・アヴェ・アヴェマリアが歌われる)。

 あなたがたが歌っている時に、マリエッタが歩いてきました。歩いたので
はなく − 実際はすべるように動きました。聖母のところへ行くと2位の
天使がおりました。また小さな天使もおりましたが、彼らは聖母に近寄り、
御涙をふいてあげました。聖母は今、ほほえんでいらっしゃいます。そして
今、私たちに、歩み続けねばならない道を歩む勇気を与えて下さるために、
最後の祝福をして下さっています。

聖母:
 子らよ、私は父と子と聖霊の御名によって、あなたがたを祝福します。
アーメン。

 娘よ、まもなく、私はあなたに話しましょう。

--------------------------------

 リトル・ペブルにそのメッセージが与えられた際、彼を助ける為に、イエ
ズスとマリアから使命を受けた祝された人が、いく人かそこにいた。その人
達のうちの一人は、リトル・ペブルの手伝をするイタリア人で、シドニーに
住んでいる婦人である。名前はテレサ・カラルコ。彼女は聖母がリトル・ペ
ブルに話された後、脱魂し、彼女も聖母からメッセージを受けた。

聖母:
 わが子テレサよ、あなたを信じる人々は、私と我が息子をも信じています。
今、私は世界の為に、そしてほんとうに真剣に私に祈る子らの為に祝福を与
えます。毎日、ロザリオを祈って下さい。もうこれ以上私に背かないで下さ
い。人々に祈り、愛するように伝えて下さい。聖書を読んで下さい。我が
息子は、あなたがたと共に聖書の中におられますから。求めなさい、そうす
れば受けるでしょう。たたきなさい。そうすれば戸は開かれます。私を呼ん
で下さい、そうすれば私はやって来ます。子よ、感謝します。あなたはいつ
の時も私と共にいます。あなたは、私と我が息子の為に苦しんでいます。子
らよ、私は父と子と聖霊の御名によってあなたがたを祝福します。アーメン。

リトル・ペブル:
 今、聖母は十字架の道行をするように、そしてその道行を教皇ヨハネ・パ
ウロ2世の為に捧げるようにおっしゃっています。聖母は今、あなたがたと、
今ここに私たちと共におられる御子と聖人たちと共に、煉獄の霊魂と、もち
ろん教皇様の為に、十字架の道行きのロザリオを祈るために来ておられると
おっしゃっています。今聖母は、ここに来ている全員と、準秘蹟、また病人
を、父と子と聖霊の御名によって祝福して下さいます。アーメン。

聖母:
 子らよ、感謝します。あなたがたの祈りを続けて下さい。そして私たちが
あなたがたを愛していること、そしていつもあなたがた、特に私たちのお願
いを聞いてくれている子らと共にいることを知っていて下さい。さあ、子ら
よあなたがたの祈りを続けて下さい。


--------------------------------

私は神にお願いした。高慢を取り去って下さい。神は言われた「否」。神
が取り去られるものではない、私が捨て去るものだ、と神は言われた。

私は神にお願いした。私の身体障害の子供を直して下さい。神は言われた
「否」。彼女の霊魂は健全である。身体の状態は一時的なものである、と神
は言われた。

私は神にお願いした。私に忍耐を与えて下さい。神は言われた「否」。忍耐
は試練の副産物であり、与えられるものではない。勝ち取るものだ、と神は
言われた。

私は神にお願いした。私に幸福を与えて下さい。神は言われた「否」。神は
祝福を与えられる、幸福は、あなた自身にかかっている。と神は言われた。

私は神にお願いした。私が苦しみに会わないようにして下さい。神は言われ
た「否」。苦しみはあなたを、この世の心配事から引き離し、私に近づける
ものだと神は答えられた。

私は神にお願いした。我が霊魂を成長させて下さい。神は言われた「否」。
私は自分の力で成長しなければならない。しかし私の霊魂を実り豊かなもの
にする為に、神が私を剪定して下さる、と言われた。

私は神に尋ねた。私を愛して下さいますか? 神は言われた「愛している」。
神は私のために死なれた、ひとり子を与えて下さり、私は信じた故に、いつ
の日か天国に入るでしょう。

私は神にお願いした。神が私を愛して下さっているのと同じくらいに、私が
他の人を愛せるように助けて下さい。すると神は言われた、「ああ、やっと
あなたはわかった」。

我らは一致して立ち、分裂すれば倒れる。



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
イエズス様からの警告 1994年11月20日
リトル・ペブルに(抜粋)

 甘美なる子供たちよ、あなたたちは今、理解しているように、世界の歴史
の最後の時に生きているのである。まもなく私は、わが右に至聖なる御母、
終末の時代の使徒と弟子を伴って栄光のうちに再臨し、世界に希望を、そし
てニューエラ − 私が来る前にあなたたちが堪え忍ばねばならない最大の
試練の間、私と至聖なる御母とに忠実である者にとっておかれる特別の時 
− をもたらすであろう。このために今、あなたたちに多くの恵みが与えら
れているのである。わが声によく耳を傾け、至聖なる御母と私が何年にも
渡って与えてきた全てのことに今、従いなさい。

 試練と苦難の時はあなたたちの上にある。反キリストの時はあなたたちの
上にある。だから自分自身をよく準備し、至聖なる御母の兵士でありなさい。
天においてだけではなく、この地上においてもあなたたちの報いは大きいの
だから。甘美なる子供たちよ、あなたたち皆を祝福し、われらの汚れなき
み心からの接吻を与える。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。



----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------
 街頭配布用のリーフレット(A3サイズ・両面印刷・4つ折り)を作りま
した。街頭での配布、ポスティングのために、そしてあなたの友人・知人に
マリア様のメッセージを伝えるためにお使いください。

http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/
hakobune_index.htm#リーフレット

 枚 数  ご寄付(送料込)
  50枚  1500円
 100枚  2500円
1000枚 20000円

 お申込みは、現金書留か郵便振替にて、下記までお願いします。ご送金を
確認後、発送します。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社

  郵便振替 00840−3−132438

--------------------------------

「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は2月15日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Br.Jean-Marie  Kolbe-Marie
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%




[HOME] [戻る]