「箱舟の聖母」バックナンバー
2004年2月1日号No.189

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2004年2月1日号 No.189

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記


----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第49章 】

 マリア様がご自分に比べて聖ヨゼフがいかにハンディキャップを負って
いたかを説明してくださるのを聞いてください。

「…ヨゼフは、全き人間でした。というのは、その心の唯一の助けは、自分
の聖徳だけでした。“無原罪”のものとしての私には、神のすべての賜物が
与えられていました。でも私は汚れのない者であることを知りませんでした。
それでも、その賜物が私の心の中に活発に働いて、霊的な力を与えていまし
た。けれどもヨゼフは、無原罪ではありませんでした。人間性は、そのすべ
ての重さを持ってのしかかって、彼は完徳に達するため、神に嘉されるもの
となるために、すべての能力をもって苦労して、その重荷の上に絶えず立っ
ていなければなりませんでした。……」(1)

 この内的なハンディキャップに加えて、聖ヨゼフは外的なもの、つまり
世俗で生き、世俗のことに携わるというハンディキャップも負っていました。
マリア様のように神殿で育ったのでもなく、洗者聖ヨハネのように人里離れ
た荒野で幼いころから一人で生きたのでもなく、誰か聖人や預言者の弟子の
集団に加わっていたのでもありません。本当に世俗の中でのみ生きたのです。
しかし聖ヨゼフは世俗で生き、世俗のことをしながら誰よりも聖でした。

 私たちは聖ヨゼフの聖徳の完全さを、ひとつひとつ見るべきです。しかし
それだけでは聖ヨゼフが聖であるということの意味を十分にとらえることが
できません。そのためには私たちは聖ヨゼフの精神が聖であることをも見る
べきです。多くの人が共同体、修道会、神学校、教会の中で生き、聖なる
ことを勤めとしながらも俗です。聖なる精神の対極にあるのが世間的精神、
俗っぽい精神です。聖ヨゼフの精神には、世間的精神が混ざっていません。
これは驚くべきことです。彼の判断と行動を支配する精神は、人間の論理、
人間の常識を用いず、神の論理、神の常識を用います。 判断においては
「神の御旨ならば、なんでも実現可能だ」とし、行動においては「正直に
ぶつかってゆく」だけです。世間的精神を用いる人は「それは不可能だ」と
判断し、「うまくやらなければ」といろいろな手を使います。聖なる精神を
持つ人には神がともに働いてくださるので、超自然的な実りがつきます。
世間的精神の人には、人間の働きだけですので、人間的な実りだけがつき
ます。この実りの差は無限といえるほどに開きます。

 共同体に入いってくる人は、世間の精神を皆、最初は持ち込むものです。
共同体に持ち込まれた世間の精神は、共同体のつける実りを小さな、人間的
なものにしてしまう害悪です。世間の精神は自分で自分の心から吐き出して
しまわなければ出ていってくれません。そして世間の精神が出ていかないと、
聖なる精神は生じないのです。ですから個人のためにも、共同体のためにも、
早く自分で世間の精神を吐き出してしまい、聖ヨゼフにならって聖なる精神
で心を満たしましょう。

 共同体の中に生きる人が世間の精神で何かを試み、神の助けでそれに成功
したなら、結果は自分の才能・努力に対する自己満足とうぬぼれです。最悪
ですね。だったら失敗する方が、その人にとってはよっぽど良いではありま
せんか。聖なる精神で何かを試み、神の助けによって成功すれば、結果は
感謝と希望の徳のさらなる強化です。神の御旨と合わないために失敗しても、
結果は謙遜と委託の徳の強化です。どちらにしても神の御前に良いことしか
生じません。ですから聖徳だけでなく、聖なる精神も大切だということを
忘れず、自分の精神を世間の精神から聖なる精神に変えていきましょう。

(1)「聖母マリアの詩(上)」あかし書房 マリア・ワルトルタ著
    P220、221



----------------------------------------------------------------
2.聖母がリトル・ペブルにお与えになったメッセージ
 − No.88 1986年6月1日 キリストの御体と御血の祝日−
----------------------------------------------------------------
リトル・ペブル:
 参詣所の後方、空中高くにイエズス様のまっ白で、非常に大きなご聖体が
あり、そこからこちらに向かっているのは十字架、それも白い十字架です。
十字架の上には肉体をまとったイエズス様がおられ、その御傷からは御血が
多量に流れています。御血は私達の方へ近づいてきます。今は私達の上に
流れ落ちてきています。今、主イエズス様の右側に、汚れなき聖母マリア様
が来られます。きょうは、はこ舟の聖母のお召し物ではなく、ブルーのガウ
ンをはおっていらっしゃり、今、御姿の上にたくさんの星があり、又美しい
天使達もそのまわりにいます。今、聖母は、御子にもっと近づくようにおり
て来られます。聖母は又、泣いておられます。しかし御涙だけでなく、目か
ら血を、血の御涙を流しておられます。そして御子と一緒に激しく泣いてお
られます。お二人のすぐ頭上に「SACRlFlCE」(いけにえ)の文字
が見えます。今、十字架から、というよりは、キリスト御自身から至聖なる
聖心がこちらに近づいて来られ、又聖母の御体からは汚れなき御心が近づい
て来られます。この2つのみ心は参詣所のすぐ上にとどまっておられます。
ふたつのみ心ともいばらの冠で一緒につながれ、多量の御血が私達皆の上に
ふり注がれています。今、聖母は右腕にかかっているロザリオを手に持たれ、
そして私達の上に、父と子と聖霊との御名によりて十字架のしるしをなさい
ます。アーメン。

聖母:
 かわいい我が子よ、そして地上のかわいい子どもたちよ、あなたがたが今
見ているものは、私達の汚れのないみ心の苦しみです。それは世の罪のため、
そしてそれ以上に、私達を愛し、私達に仕えていると主張している者たちの
罪のための苦しみなのです。私達の心を剣で貫いているのは、大勢の私達の
子らなのです。だから私達は非常に悲しみ、嘆いているのです。今、私達が
見るものは、私達を愛していると主張している子らの間で次々と起きている
分裂に継ぐ分裂の他にありません。私はすべての子らに一致するようにと
呼びかけて来ました。これは代々、何世紀にもわたっての「我が呼びかけ」
でした。

 あなたがたは皆が一致し、お祈りで、共通の敵なるルシフェルと戦わなけ
ればなりません。ルシフェルは今、地獄から解き放たれ、地獄中の悪魔が
子どもたちを、人類を、又世界を分裂させようと地上に出てきているのです。
おお、世の子どもたちよ、それがわからないのですか? あなたがたはそれ
ほど盲目で、ごうまんなのですか? 我が子イエズスを新たに十字架につけ
ようと思っているのですか? イエズスが地上のご聖櫃の中のご聖体のうち
にましまし、あなたがたの愛と慰めを求めておられるのに、なぜイエズスを
見捨てるのですか? かわいい子らよ、この苦しみの原因はあなたがたなの
ですよ。あなたがたが悪魔に耳を傾けたからです。悪魔を公教会から追い出
しなさい! あなたがたの心の中から、また、この世から追い出しなさい!
そして、いるべき地獄へつなぎなさい! あのルシフェルをです!

 息子イエズスの永遠の聖心は、あなたがたのために泣いておられます。私
が全世界につかわしているメッセージを聞こうとしないからですよ。永遠の
御父より御めぐみを受けて、真実を見たり、知ったりしてきている幻視者達、
すなわち特別な恩恵を与えられた息子や娘達を、いったい私はどうしたら
よいのですか? あなたがたのうち、大勢の者は分裂しているのです。私は
分裂ではなく、一致をもたらすために我が愛のリトル・ペブルを全世界につ
かわしてきました。なぜ分裂しているのですか? あなたがたは自分が、リ
トル・ペブルや、世界中にいる幻視者たちよりも偉いと思っているのですか?
あなたがたは神様の目には皆同じです。あなたがたの働きも、皆の働きも、
一致して、聖にして母なる公教会の子どもたちを一致させることなのですか
ら。

 愛する我が子よ、このオーストラリアの子どもたちが分裂に分裂を重ねて
いる知らせを受けて深く悲しんでいることはわかっております。特に、我が
小さき息子ポールのことですが、彼はそのことをもっとよく知らなければな
りません。我が子よ、ポールについては大変ないつわりがあります。彼は天
からたくさんの警告を受けております。しかし、それらを全く無視している
のです。今日私は、この息子に最後の警告を与えます。彼は霊を試し、一致
するために、イエズスからのこの警告に心を留めなければなりません。

 我が子リトル・ペブルよ、私は「聖ヨゼフの油」の質問について、あなた
に申しました。あなたに与えた答で、ポールは混乱しました。そのために、
リトル・ペブルよ、彼がだまされたことを取り消さなければなりません。
ポールに、人間をあざむくことはできても、神にはできないと伝えてくださ
い。彼はたくさんの御めぐみをいただいたのですが、今は天に不従順のため、
御めぐみのたまものを失い、脱落の道を歩んでおります。

 私は全ての幻視者、幻聴者、そして特別なお恵みを与えられた霊魂達を
ひとつに呼び集めておりますが、それは同じ目的で、「一致」の一言に尽き
ます。以前、ブラザー・ジョゼフ・フランシスに話したとおり、全世界のい
かなる幻視者も、オーストラリアのここの出現地と一致しなければ倒れてし
まうのです。その幻視者がどれほど偉大であってもです。なぜなら私と息子
イエズスは、聖にして母なる公教会の中で、すべての者が一致するようにと
呼びかけているからです。孤立した島になることはできません。このことは、
現在聖地にいる選ばれた全ての霊魂達、又、今後オーストラリアに出るであ
ろう者達についても同じことが言えます。

 我が小さき息子、愛のリトル・ペブルとずっと一致していなさい。そうで
なければ倒れてしまうのです! この件に関して子どもたちに与えるのは、
今はこの忠告だけです。もう一度、かかわっている者達皆に、我が祝福を与
えます。

りトル・ペブル:
 聖母は再びロザリオを持った右手を上げられます。父と子と聖霊との御名
によりて。アーメン。

 ああ、おかあさま、どうかイエズス様があわれみ深くていらっしゃるよう
にお願いしてください。特にほんの数週間前に息子さんを亡くされたポーラ
ンドのビェルナッキーをかえりみて下さいますように。どうぞ彼を助けてく
ださい。悪魔は大破壊を行っているからです。今、聖母は、抱きしめるかの
ように御腕を開いておられ、話されます。

聖母:
 かわいい子よ、愛する息子、ポーランドのビェルナッキーが経験している
試練のことはわかっております。しかしルシフェルは絶対に彼を打ち負かす
ことはできないこと、そしてルシフェルはいつかポーランドから、又、すべ
ての国から追い出されることを伝えてください。ビェルナッキーの苦しみを
とおして、ポーランドをはじめ、世界中の大勢の子どもたちが救われるので
す。彼の息子は私と一緒に天国におりますが、それは犠牲が必要だったから
です。息子よ、私が彼を愛していると伝えてください。我がマントを彼の上
にかけております。彼に又、聖シャーベルのスカプラリオを使うようにと伝
えてください。これで、地獄からの猛攻撃から身を守ることができるでしょ
う。彼と彼の働きを祝福しましょう。彼は私の特別な息子だからです。父と
子と聖霊との御名によりて。アーメン。

リトル・ペブル:
 イエズス様は、もう十字架上にはおられません。濃い赤い色のローブを
お召しになり、聖母の横に立っておられます。とても威厳があります。なぜ、
イエズス様がすべての者の王であるかがわかります。その聖心は御胸にあり、
今はもう血を流されていません。大いなる喜びと愛で燃えています。今、同
様に聖母の汚れなき御心も、あふれるはかりの喜びで燃えております。そう
して、二つのみ心から無数の光が出ており、又、光の小さな流れが出ており
ます。それが私達の上にふり注がれておりますが、聖母がそれは御めぐみだ
とおっしゃっておられます。御恵みが私達の上に注がれているのです。愛す
るイエズス様、マリア様、感謝いたします。

聖母:
 かわいい愛のリトル・ペブルよ、あなたを祝福いたしましょう。同様に
偉大な使徒たち、すなわちポーランドのビェルナッキー、ドマンスキー、ベ
ルギーのアンドレ、カナダのブラザー・ジョゼフ・フランシスたちを祝福い
たします。愛する子どもたちよ、あなたがたはまことに息子イエズスの兵士
たちです。光のうちに進みなさい。イエズスの愛を世に広めなさい。恐れる
ことはありません。誰も恐れてはなりません。あなたがた皆を祝福いたしま
す。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

リトル・ペブル:
 十字架は今、イエズス様のうしろにありますが、その白い十字架がとても
とても輝いてきました。目をあけていられないほどの輝きです。とてもすば
らしい。聖母はほほえんでおられ、話を続けられます。

聖母:
 愛するリトル・ペブルよ、まもなくこの大きな十字架は人類に見えるよう
に、この聖地で輝くでしょう。最近はほんの数人しかこの聖地に巡礼に来て
いないので、あなたがどれほど失望しているかはわかっていますよ。でも、
この人々は私を愛してくれている人々ですし、まもなく、ここに何千人もの
子どもたちを呼び寄せます。なぜなら、私とイエズスが、この国の救いのた
めに、天で大いなる「しるし」や不思議なことを子どもたちに見えるように
するからです。ですから平安にしていなさい。そして、息子イエズスの愛の
うちに前進しなさい。あなたを祝福すると同時に、イエズスの聖心の御めぐ
みのうちにある、ここにいる皆を祝福いたします。父と子と聖霊との御名に
よりて。アーメン。

リトル・ペブル:
 イエズス様とマリア様は、今昇られ、空に帰っていかれます。今、お二人
より少し高い所と回りに、たくさんの天使達がおります。だいぶ以前にいた
のですが、行ってしまっていたのです。今、天使達は帰ってきました。イエ
ズス様とマリア様がおられるところには、いつでも天使達がいます。実際、
何千という天使達がおります。九階級の天使達です。九階級の一群が上空に
いるのです。とても美しい。そして小さいケルビムたちがおります。まるで
小さな赤子のようです。その天使達が、今、イエズス様とマリア様のまわり
にいます。全くすばらしいの一言に尽きます。

聖母:
 いつか、今あなたが見ているものを、大勢の子らが見ることでしょう。私
はこの聖地で、子どもたちにたくさんの御めぐみを与えるからです。さあ、
お祈りを続けてください。愛する子よ、そして子どもたちよ、教皇様のため
にロザリオを唱えてください。教皇様はローマで非常に苦しんでおられ、地
上の子どもたちの救霊のために祈っておられるからです。

 あなたがたを愛しております。そして息子イエズスの聖心と我が汚れなき
御心よりあなたがたを祝福いたします。父と子と聖霊との御名によりて。
アーメン。

リトル・ペブル:
 聖母が十字を切られると、ただちに御手より光のすじが流れ出ました。全
くすばらしい光景です。

(ここでファチマの聖母の聖歌が歌われる)

 私達が歌っている間、聖母はより高く空にのぼられ、その輝きはますます
増し、御心から三すじの光が流れて、それぞれアンソニーとフィリップと
ノーマンに届きました。それからたくさんの光が見えます。それは汚れなき
御心からの白い光です。聖母は、これは愛の光であって、ニュー・カレドニ
アから来た人々への特別な祝福だとおっしゃり、又、その人達がその愛を
ニュー・カレドニアの人々に広めなければならないとおっしゃっておられま
す。

聖母:
 では、子どもたちよ、お祈りを続けてください。

リトル・ペブル:
 聖母が御子と共に今、もっと天高くのぼっていかれます。そして今、私達
を愛していますと、ささやかれました。それから、今、ロザリオを高く上げ
られ、それを指さされるかのように、「さあ、祈り続けてください」とおっ
しゃいました。


--------------------------------

以下は、スペインのご出現地の白い十字架で、主がロザリオ・アレニラスに
お与えになったメッセージである。このメッセージは、オーストラリアの
幻視者リトル・ペブルがこの聖地訪問の際の、1986年5月10日に与え
られたものである。

幻視者:
 おとうさま、おとうさま、もう少しこちらにおりてきて下さい。あなたの
お声がほとんど聞こえません。

主:
 子どもたちよ、兄弟よ、今この時、人間たちが愛し合ってほしい。なぜな
らわたしはこの聖地へ、非常に重要な人物をつかわしたからだ。人間にはわ
からないだろうが、いつかこの息子が、御父のみ旨によってつかわされたと
いうことに気がつくであろう。彼はずっと、地球上の多くの場所につかわさ
れてきたのだ。(リトル・ペブルのことを指しておられる)

幻視者:
 彼を見たことがあります。たしかにあります。狂ってなんかいません! 
何度も、彼のそばにいた自分を見たのです! でも世はぶちこわしている…。

 主は、いつの日か御父に献げるための「良い種」を選びながら、「飛ぶ鳥」
のように来られます。おとうさま、彼のそばへつれていってください。彼の
目は、私の目だからです。

主:
 彼が、自分の存在によってこの聖地を、御父のおられるところに変えるこ
とができるように、あなたの愛を注ぎなさい。……なぜなら……この聖地は、
人間によって冒とくされているからだ。

幻視者:
 私は彼と一致しなければならないということですか? それで、彼はどこ
にいるのですか?(主はロザリオに、リトル・ペブルが彼女から5メートル
ほどのところでひざまづいていたので、彼の方へ寄るようにと言われた。そ
こで彼女はひざまづきながらリトル・ペブルに近づいた。)

主:
 彼は理解されていないが、彼こそは公けに話す者である。リトル・ペブル
よ、あなたはなんとひどく誤解されていることか! リトル・ペプルよ……

 (ロザリオに)あなたはきょう話さなくてよい。彼が話すであろう。わた
しが、この聖地へ彼を招待したのだから。

幻視者:
 どうかおとうさま……おとうさま……このように罪人なる私が、いったい
あなたに何かお捧げすることができますでしょうか? あなたのために涙を
流したいのです。おとうさま、あなたはこの聖地をだめにすることはおでき
にならないと、私にはわかっておりました。あなたは私をだますようなこと
はなさらないと思っておりました。彼は、私が見たとおりの方です。まった
く、そのとおりの方です。私がこの場所を見た時、とても心配しました。
おとうさま、おとうさま……おとうさま、私はこの真理のために、私の持っ
ているものすべてをお捧げいたします。(ロザリオがリトル・ペブルを紹介
した。)

主:
 息子よ……小さな息子よ…! あなたは我が聖心の、なんと深い傷をいや
してくれたことだろう! あなたはわたしの命令を果たした。 あなたが
“わたしのことば”を伝える役目につくからだ。世の人々があなたを理解し
ないことはわかっている。しかし、いつの日か彼らは“わたしのことば”が
全面的に事実であることを認めるであろう。わたしは真理であり、命であり、
道であり、光である。わたしに従う者は命を得、御父のもとへ召される。今
の時代は、わたしにとって非常に重要である。あなたが勇敢であり、人間的
な関心を持たず、人間を恐れないことをわたしは知っている。敵が時々混乱
させるだろうが、続けて前進しなさい。決して敵に勝利を得させてはならな
い。地上には偽預言者が疫病の如くはびこるからである。しかし、わたしは
地上の人々の救霊のために、ひとにぎりの人間を選んだ。

 地球は燃えるであろう。あなたがたは準備をせねばならない。「ふるい」
は、あなたの頬のすぐそばにあるからだ。息子よ、一瞬たりとも手間どって
はならない。多くの者にとってそれは、笑みの原因にはならないだろうが、
我が母とわたしにとっては、以前から最も重要なことなのである。

 リトル・ペブル……リトル・ペブル……息子よ、人間によって冒とくされ
たこの聖地で、あなたに話してもらいたいのだ。

(主は、それから次のようにおっしゃりながら、リトル・ペブルのために、
幻視者ロザリオへ一輪のバラを与えられた。)

 そしてリトル・ペブルに、これをただの花として受けてはならない。これ
を、特別に重要なしるし、つまりあなたが勇気によって得たしるしだと思っ
て受けなさい。わたしに従いなさい。あなたは忠実な兵士である。わたしに
従わなければならない。しかし、沈黙する必要はない。声を出して話さなけ
ればならない。地上のすべての人間が『敵の憎しみ』のためにおびやかされ
ているからである。人間の間で、その「憎しみ」が消滅する時……そうすれ
ば、人間は目覚め、愛で満たされ、地球は異なったものになるだろう。なぜ
なら世は、特にスペインは……この、聖マリアのスペインは、大災害の危険
にさらされているからである。だから息子よ、(リトル・ペブルのこと)
わたしは、人間に準備させるためにあなたをこの聖地をはじめ、地上の多く
の聖地へ、つまり我が母と私が大いなる愛を持って来ている聖地へ、あなた
をつかわしているのである。なぜなら、地上のどんな人間でも完全ではない
からだ。あなたは、人々があなたに耳を傾けないと思っているだろう。しか
し……わたしは聴く。巣から出るハチのように花から花を回って最上のミツ
を取り、至聖なる我が母の御足元に運んできなさい。聖ペトロの座のために
祈りなさい。母なるロシアのためにはあわれみと祈りが必要である。母なる
ロシアはそのムチをふるい、あなたたちは皆その同じムチで打たれるからで
ある。祈りなさい、祈りなさい。いつの日か、ロシアが聖座の前に恥じいる
ようになるために。祈りが救霊の一部なのだから。祈れば必ず愛が生まれる。
愛がなければわたしもそこにいないのだ。

聖母:
 今、この時をとても嬉しく思っています。あなたがたがこの聖地へ来てく
れているからです。なぜなら……この聖地は、息子イエズスの聖心からわき
出る生命の水の発生の源のようだからです。

主:
 飲みなさい。この水を飲みなさい。時間はまだあるからだ。のどが渇いて
いなくても、飲みなさい。わたしがあなたがたに差し出しているのは、我が
聖心からの生命の水だからである。子らよ、遅れてはならない。急ぐのだ!

幻視者:
 さようなら、おとうさま! ああ、あなたの手はなんて冷たいこと!

主:
 (リトル・ペブルを指して)わたしは、この息子が愛の泉としてこの聖地
の中に浸るようになってほしい。なぜなら、あなたがたが与えるならは、彼
も与え、何も与えないのなら、彼は何も取っていかないのだから。彼には
よく理解できないことはわかっている。わたしは聖櫃の中で「雅歌」を口ず
さみ、嘆いている。人間のために涙を流しているのだ。人間がわたしの嘆き
を理解できたなら、皆どんなにか喜ぶだろうに。



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1994年11月5日
リトル・ペブルに(抜粋)

 親愛なる子供たちよ、変化に備えておきなさい。これらの変化があなた方
にショックを与えないように私はこのことを言っているのです。なぜなら、
これらの変化は非常に劇的なものとなるでしょうから。なぜなら、今日あな
た方が見ているような世界は、来たるべき数年においては異なったものとな
るでしょうから。反キリスト、「マイトレーヤ」の力が地上の多くの霊魂に
影響を及ぼし、そして、このことによって多くの苦しみが私たちの子供たち
に求められるでしょうから。

 なぜなら、彼らはモーゼの時代に奴隷であったヘブライの民のように、重
荷を負わせられるからです。わが子供たちは、私たちが試練は非常に厳しい
ものとなるでしょうと言う時、本当にそれを理解してはいません! わが
子供たちよ、それは何ゆえであるか、私はよく理解しています!

 私がこれほどしばしば世界に来るのはこのためなのです。なぜなら、あな
た方は皆、あなた方に何が訪れつつあるかを知らずに右往左往している、と
ても「小さな」子供たちのようだからです。私はあなた方の天の母として、
あなた方の命を助けようとしています。しかし、わが子供たちは私に耳を傾
けようとしないのです。それでは、あなた方の母として他に私には何ができ
るのですか? あまりにも多くの者たちが盲目です。

 あまりにも多くの者たちが、それが遅すぎる時になるまで理解しないで
しょう! あまりにもしばしば歴史は繰り返されます。彼らを大いなる変化
に備えさせるため、懲罰、奴隷化に備えさせるために、神の憐れみはどれほ
ど多く人類に差し伸べられたことでしょうか。しかしなお人類は、何事も語
られなかったかのように続けています。親愛なる子供たちよ、語られたこと
は「犠牲」です。あなた方が最も好む事物をあきらめることです。それは、
あなた方の生活から「自己」を取り除くことであり、私と共に「御旨がなさ
れますように、御父よ、御旨がなされますように。」と言うことです。

 私たちがあなた方に模範として多くの聖人たちを与えたのはこのためなの
です。なぜなら、彼らは自己の意志を忘れ、神の御意志に従ったからです。
彼らはすべてを犠牲にしました。そして、このことをあなた方もまたなさな
ければなりません、わが甘美なる子供たちよ。



----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------
 街頭配布用のリーフレット(A3サイズ・両面印刷・4つ折り)を作りま
した。街頭での配布、ポスティングのために、そしてあなたの友人・知人に
マリア様のメッセージを伝えるためにお使いください。

http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/
hakobune_index.htm#リーフレット

 枚 数  ご寄付(送料込)
  50枚  1500円
 100枚  2500円
1000枚 20000円

 お申込みは、現金書留か郵便振替にて、下記までお願いします。ご送金を
確認後、発送します。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社

  郵便振替 00840−3−132438

--------------------------------

「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は2月8日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Br.Jean-Marie  Kolbe-Marie
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%




[HOME] [戻る]