「箱舟の聖母」バックナンバー
2004年1月25日号No.188

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2004年1月25日号 No.188

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.編集後記


----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
 2003年12月29日から2004年1月3日にかけて、ナウラの母院
で「既婚の司祭」の叙階式が行なわれ、4人の司祭と1人の助祭が叙階され
ました。このことによって、聖シャーベル修道会は新たな発展の段階を迎え
ることになります。詳細は下記URL(英語)を参照してください。

http://www.shoal.net.au/~mwoa/osc/events/
ordinations_3january2004.html



----------------------------------------------------------------
2. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第48章 】

 御降誕後、聖ヨゼフとマリア様はベトレヘムに長くとどまらず、ナザレト
へ帰るつもりでした。生まれた子のために用意した全てがそこにあるのです。
お告げの家も、菜園も、聖ヨゼフの仕事もそこにあるのです。ベトレヘムに
とどまるように勧める祭司ザカリアへのマリア様の言葉を聞いてください。

「でも、どうしましょう? ナザレトにすべてを置いてきました。ヨゼフは
苦労もお金も節約せずに、私のイエズスのためにすべてを備えました。昼、
他人のために働けるように、夜なべをして、一番美しい木、一番柔らかい毛、
一番白い麻を買うために、勤勉に働いてお金を作りました。蜜蜂の巣箱も
作り、家を整えるために、左官屋の仕事さえもしました」(1)

 そうです。すべてが無駄になり、一からやり直しになってしまうのです。
あれほどの苦労をしたというのに! なぜあらかじめ全てをご存じの神様は
聖ヨゼフに「あとで無駄になるから、それはしなくてよい」と言わなかった
のでしょうか?

 共同体創立に参加した人は、多くの場合、類似の経験をしています。柱と
なる人物がリトル・ペブルさんに不忠実になって自分勝手な道を行き始め
ると、そこにすべてを残して去らざるを得なくなったりします。生活基盤
の放棄は大変な試練です。そのあと生活を立て直すまでの極端な貧しさ! 
この失敗、無駄足、一からのやり直しを、あらかじめご存じの神様は、なぜ
前もって教えてくださらないのでしょう? 聖ヨゼフはナザレトの顧客を
放棄し、ベトレヘムで一からやり直し、それをまた放棄してエジプトに行き、
一からやり直し、それをまた放棄してナザレトに帰ったのですから、三度
も放棄という大変な目にあったのです。何という無駄を強いられたことか。
そう思いませんか? しかし……。

 神様は良い目的があるので、ある出来事が起こるのを許されるのです。
聖ヨゼフの苦労も、共同体創立に参加した人の苦労も、良い目的のためと
いうなら、それはいったい何でしょう。共同体の創立は一見、人間の努力で
なされているようですが、そうではありません。人間の努力だと、悪魔の
妨害によって何もできはしないでしょう。共同体はささげる功徳によって
建設されるのです。そしてまた、共同体自体が、守られて楽に暮らす場所
ではなく、世間よりも苦労を多く背負うことで功徳をささげる場です。その
ささげられた功徳によって世界中の霊魂に救いの恵みが下るのです。神様の
良い目的とはこれです。ですから人間的には無駄に見える苦労も価値ある
ことなのです。

 日本地図を見てください。その中で共同体のたった数軒の家がいったい何
になるのでしょう。点でさえありません。一億数千万の国民にどんな係わり
を持てますか。しかし神の恩寵の世界では、その数軒の家で、数人の人が
ささげる功徳は空のように日本中を覆い尽くすこともできるのです。これは
救い主への協力の使命だからこそ、救い主イエズスの無限の功徳に合わされ
ることによって可能なのです。神への愛ゆえにささげた苦労が、人間的には
無駄になるという矛盾の苦しさに満ちた聖ヨゼフのご一生は、救い主の協力
者の使命の道とは、救い主の使命の道と同じで、一生を通じて苦労すること、
人間的には矛盾したことを受け入れる苦しみをささげる道だと教えてくれて
います。

 私たちは常に人間的に考えて間違いを犯すものですから、聖ヨゼフに祈っ
て、成功失敗という結果ではなく、プロセスにおいてささげられる功徳が
神様にとっては全てなのだという真理を得心できるよう助けていただきま
しょう。

(1)「聖母マリアの詩(上)」あかし書房 マリア・ワルトルタ著
    P218



----------------------------------------------------------------
3.聖母がリトル・ペブルにお与えになったメッセージ
  − No.77 1984年9月22日 −
----------------------------------------------------------------

三位一体の神様を讃えて栄唱が三回唱えられる。

聖母:
 ありがとう、子どもたち。天国からあなたがたを祝福します。父と子と
聖霊との御名によりて。アーメン。

 地上にいる最愛の子らよ、そしてこのへやにいるかわいい子どもたちよ。
今夜は我が汚れなき御心よりあなたがたに助言と指導を与えるために、会い
に参りました。あなたがたを永遠の御父と御子と聖霊より祝福いたします。
父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 子どもたちよ、あなたがたのお祈りは私が聞いておりますよ。大勢の者が
心配しているようですが、恐れることはありません。天は確かにあなたがた
の祈りを聞き、その全部に対して答えるのですが、いつでも自分の思うとお
りに答えが返ってくるのではありません。勇気を出して、心静かにしていな
さい。

 愛するかわいい子どもたちよ、天の仕事がはかどっているので、私はとて
も喜んでおります。天が終始導きますから、恐れずに勇気をもちなさい。あ
なたがたを深く愛しているのですから。私は聖地に出現しますが、ここも
聖地と呼ばれます。私がすでに光の王国にまします永遠の御父より、ここを
祝福し、今また祝福するからです。あなたがたに約束しますが、私はあなた
がたと共におり、今後も常にともにいるでしょう。父と子と聖霊との御名に
よりて。アーメン。

 このへやにいる最愛の子らは、天の母が各々の生活の一瞬一瞬を見守って
いるということを知っているでしょう。我が汚れなき御心の勝利はすでに
始まっているのです。また全世界の「私の出現地」の一致も始まりました。
ルシフェルは踏みにじられ、永遠に地獄へ落とされます。汚れなき御心の
勝利は世界中に鳴り響くでしょう。世界中の子らが失われないために、この
勝利が早く来るように祈ってください。愛する地上の子どもたちよ、この
へやにいる「インナーサークル」の子どもたちよ、あなたがたを祝福いたし
ます。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 愛する息子よ、もう一つだけジェイムズ(働き手の一人)のことについて
言っておきたいのです。彼に、我が汚れなき御心は喜びにあふれていると伝
えてください。聖マリアの汚れなき御心は、彼を愛していること、そして彼
の働き手について、天は非常に喜んでいることを伝えてください。彼を祝福
すると同時に、「インナーサークルの子どもたち」をも、永遠の御父より
祝福いたします。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 最愛の子よ、あなたの十字架で、十字架のしるしをしながら、子どもたち
を祝福してください。聖バラキエルが救いとイエズス・キリストの贖いの
しるしとして、彼らを祝福いたします。ありがとう、我が光の息子よ。天か
らの使命を続けてください。あなたがたが私に捧げてくれた犠牲に感謝いた
します。子どもたちよ、あなたがたを愛しております。我が御心で抱きしめ、
それぞれの額と、心に愛の接吻をいたします。父と子と聖霊との御名により
て。アーメン。

 ありがとう、息子よ。お祈りを続けてください。


--------------------------------
★1983年の新たな夢★
《3月13日》

 今夜、私は夢を見て、すぐこれを書いています。私はレーガン大統領と
一緒に、ある群衆の中にいる夢を見ました。レーガン大統領が私のところへ
来て、アメリカ政府をはじめ、世界に陰謀があるとおっしゃいました。
「霊感を持っていると主張している団体」が原因でした。私は大統領にその
ことは知っておりますと言うと、「その団体には注意しなさい」と言われま
した。それからベイサイドのことを聞いたことがあるかとお尋ねしたところ、
聞いたことがないと答えられました。私はベイサイドにいらっしゃるように
言ってから、ベイサイドの新聞をわたしました。それから私は数枚のポラロ
イドの写真を撮りました。全部不思議な写真となり、一枚はレーガン大統領
の上に白い十字架が現れていました。


《より詳細に》

 1983年の間、聖母はすべての幻視者グループに伝えるために、リトル・
ペブルへ40ものメッセージをお与えになった。このメッセージで聖母が彼
に託された使命の全詳細が次第に明らかにされていった。基本的にそのメッ
セージの主な要点は、次のとおりであった。

・公教会の一致
・暗闇のさ中にあって公教会を導く。
・御子の再臨にあたり、人類に準備させるため、世界中の幻視者とご出現地
 とマリア様のために働く全ての人々を一致させる。

 聖母はリトル・ペブルに、将来についてたくさんの秘密を打ち明けられ、
多くのことに関して指導なさった。聖母が、聖地に関することについてお知
らせになったのは、この時期であった。その中で最も重要なことは、聖泉に
ついてであった。聖母はいつかこの泉で多くの者がいやされるでしょう、と
おっしゃった。すでに、文書で証明されたいやしが報告されている。又実際
その地はルルドと同じような地になる、むしろオーストラリアのルルドにな
るでしょうとお知らせになったのだった。


《誓いは破られ、迫害が激しくなる》

 前にも述べたように聖母はこの幻視者に、「リトル・ペブル」という名前
をつけられた。この幻視者を個人的に知っており、ミッシヨンに関係してい
た者達は、天の依頼により、神に幻視者の本当の身元を漏らさないように
誓いを立てねばならなかった。ところが、初期にこの運動を離れた者たちが
この誓いを破り、幻視者の身元を公に、マスコミや世間に暴露したのである。
この結果、多くの問題が起きてしまった。

 世界での迫害は激しくなり出したが、それはメッセージが全部真実である
というしるしであった。迫害で多くの場合、リトル・ペブルは責め苦にさい
なまれ、自分は本当に天からのメッセージを受けているのか否か、との疑い
に苦しめられた。しかしこのような疑いを、聖母はすぐに取り払って安心さ
せてくださった。


《霊的指導と働き手たち》

 1983年も半ばの頃、聖母はリトル・ペブルに2人の霊的指導者をお付
けになった。一人はウォロンゴング教区外からの司教であり、もう一人は
ペブルの友人である司祭であった。聖母はこの段階で、堕落してしまった
メンバーを一新して、新しい働き手たちをお集めになった。聖母がお知らせ
になったところによると、総勢120人の働き手たちになったということで
ある。又同じ1983年に聖母は、ご希望として祈願する時の御名をリトル・
ペブルにお知らせになり、準秘蹟や「償いの日」についての詳細もお伝えに
なった。

 堕落してしまったメンバーたちからのオーストラリアでの迫害は、この
段階で本当に激しくなった。その結果ペブルのグループ内の従う者たちの間
の空気はひどく不安定な状態であった。聖母はご自分とリトル・ペブルを
手伝っていただくために、一人の司教と、3人の司祭を祈りのグループに
集められた。ペブルの霊的指導者達は、天からの使命の指図を彼に与えた。
彼らは聖母がお定めになったとおりの役割を受け容れる、という個人的な
メッセージを与えられていたのだが、それを信じた。又そのことの信憑性と
して、聖母から彼にしるしが与えられたのだった。



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1994年10月13日
リトル・ペブルに(抜粋)

 甘美なる子供たちよ、メディアは特に今、平和について多く語っています!
しかし平和は来ないでしょう。メディアが口にしている平和は神不在の平和
だからです。甘美なる子供たち、中東の「暴君」を警戒していなさい! 
甘美なる子供たちよ、中東の暴君はゲームをしています。まもなく、以前私
が話したように再ひ戦争が勃発するでしょう。エルサレムは攻撃を受け多く
の人が死ぬでしょう! このことが時の中の時が到来したことの印としなさ
い! それ故子供たちが回心を通して心に平和をもたらしていただけるよう、
神であるわが息子に祈り、祈りなさい。教会の指導者のため、国々の指導者
のために祈りなさい。指導者たちの心が照らされ、今世界で起きていること
を理解できるために。しかし甘美なる子供たちよ、すべては御言葉によって
成就されねばならないことをあなたたちは理解しなければなりません。です
が心に希望を持っていなさい。まもなく勝利は天と共にあるでしょうから。

 甘美なる子供たちよ、今のこの時も霊魂の間で、善と悪の間でゲームが
行なわれています。チェスのようです。そのゲームは神とルチフェルによっ
て行なわれているのです! 祈りはすべてを変えます。犠牲 − 自己を与
えること、そして損得を考えずに断固として真の「はい!」をもって神であ
るわが息子の御旨を果たすこともすべてを変えるのです。甘美なる子供たち
よ、報いは大きいのです。百倍よりも大きいのです。神が子供たちから受け
たことに豊かに報われないことはないのです。聖なる代理者ヨハネ・パウロ
2世のために祈ることを忘れないようにしなさい。ヨハネ・パウロ2世は
殉教が来る前に多くのことをしなければならないからです。

 甘美なる子供たちよ、あなたたちを愛しています。あなたたちが十字架を
担うのを助けるため、あなたたちの肩に置かれている重荷を絶えるために
三位一体の神から多くの恵みを持って来ます。今日わが汚れなき御心から来
た花々によって表された多くの特別な恵みを持って来ました。今日これらの
恵みはあなたたちに、全世界に与えられるでしょう。あなたたちの神、そし
て私の神であるわが息子、わがイエズスを愛することを忘れないように! 
甘美なる子供たちよ、あなたたち皆を祝福します。父と子と聖霊との御名に
よって。アーメン。



----------------------------------------------------------------
5.編集後記
----------------------------------------------------------------
 街頭配布用のリーフレット(A3サイズ・両面印刷・4つ折り)を作りま
した。街頭での配布、ポスティングのために、そしてあなたの友人・知人に
マリア様のメッセージを伝えるためにお使いください。

http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/
hakobune_index.htm#リーフレット

 枚 数  ご寄付(送料込)
  50枚  1500円
 100枚  2500円
1000枚 20000円

 お申込みは、現金書留か郵便振替にて、下記までお願いします。ご送金を
確認後、発送します。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社

  郵便振替 00840−3−132438

--------------------------------

「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は2月1日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Br.Jean-Marie  Kolbe-Marie
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%5%%




[HOME] [戻る]