「箱舟の聖母」バックナンバー
2004年1月18日号No.187

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2004年1月18日号 No.187

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.編集後記


----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
 毎週日曜日、午前10時頃〜午後2時頃まで、名古屋の繁華街「栄」で
路傍伝道をしています。下記地図のあたりを巡回していますので、私たちに
会いたい方、また私たちの路傍伝道に参加したい方は、気軽に声をかけて
くださいね。(雨天は中止です)

http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/
rosario.htm#マリア様の戦士の使徒職



----------------------------------------------------------------
2. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第47章 】

 聖書には書かれていませんが、イエズスがお生まれになった後も、マリア
様と聖ヨゼフがベトレヘムにとどまったのは、しばらくして祭司ザカリアが
訪ねてきて、お二人にそうするように勧めたからです。マリア・ワルトルタ
へ天から与えられた啓示の中でザカリアはこう言います。皆さんはどう思い
ますか?

「……ユダヤ人たちが、ナザレトの人々をどのように評価しているかはご存
じでしょう。将来、自分の民の救い主となるはずの王が、軽蔑されている地
から来るとしたら、その軽蔑が王にまで及ぶ恐れがあります。衆議会はどん
なに理屈っぽいか、それを構成する主なる三つの階級の人々は、他の人を
どんな目で見ているか、ご存じでしょう。……この子がこれほどの使命を託
されていることを考えれば、この子が勝負に容易に勝つために、準備を整え
て世間に登場すべきであることを忘れてはいけない。もちろん彼は上智を有
するでしょう。しかし一人の祭司がその先生であったということだけでも、
気難しいファリサイ人と律法学者とを納得させ、その使命の道が、より安ら
かになるでしょう」(1)

 彼の意見はもっともだと日本人の皆さんは思うでしょう。ところがマリア
様と聖ヨゼフはそのような考えをまったく持っていませんでしたし、そう
勧められても、その考え方は拒み、ただ祭司に対する従順のためにナザレト
へ帰らなかっただけです。ザカリアの考え方は、救い主にはハクをつけるべ
きだ、それらしい外観が必要だ、という主張です。しかしマリア様と聖ヨゼ
フの考え方は逆です。マリア様はベトレヘムへの出発前に聖ヨゼフに念を
押しています。

「“私たち”の子供たちのために。ヨゼフ、よく覚えておいてください。
“世間の目”では、彼はそうあるべきです。御父はその到来を奥義のヴェー
ルで隠し、私たちは、そのヴェールをはずしてはいけない。彼イエズスは、
その時が来たら、そうするでしょう」(2)

 これは、それらしい外観はむしろ“その時”が来るまでいらないという
主張です。お二人はわかっています。当面、“私たち”の子に必要なのは、
ご自分に注がれる愛とまわりの人々の互いの愛だけだと。

 マリア様のミッションに参加している日本人が共同体にまず欲しがるもの
は、ザカリアの重要視するものと同じです。新設の段階から、伝統的な修道
生活に近い日課のプログラムの実施を主張します。典礼の荘厳さ、苦業や
祈りの信心業を求めます。そして中にいる人も、見学に来た人も、それがな
いと納得しません。「これではダメだ」と言います。この反応は、イエズス
がナザレト人の大工だと知り、軽蔑するファリサイ人と律法学者と全く変わ
りません。もし日本人の皆さんが望む通りに共同体を運営するなら、それは
聖シャーベル修道会の共同体とは違うものになってしまいます。そこでは会
の発展のためという大義に、修道生活はもちろん、信者の生活にも慣れてい
ない会員たちは、互いを思いやるゆとりさえなくし、ストレスでとげとげし
くなりながら、隣人に努力が足りないと不満を持ちながら、青息吐息で無理
を重ねていることでしょう。聖シャーベル修道会の共同体とは、そこに生き
ている人の一人一人、難しい性格、弱さ、心理的傷、病気、老齢などを背負っ
た人が皆、尊重され、愛され、本人もそれを実感できるよう、柔軟に配慮す
る共同体です。外観はむちゃくちゃでも、その中の人が最も効率よく神に仕
えることができ、心が安らかでいられるなら、それがその共同体の採用する
プログラムになり、個人に与える特例になり、それでちっとも構わないので
す。それが各自を尊重すること、愛することです。

“会の発展のために”と日本人が考える時、特に大間違いが起こります。神
は隣人を愛することを通して愛されるのを望んでおられます。中身より包み
紙にお金をかけるのが日本人ですが、神のまなざしは包み紙を見ません。
中身の愛だけを見ます。まず愛してください。心の中でさえ裁くことをやめ、
批判を決して口にせず、弱い人が心の安らかさを保てるところにしてくださ
い。そうするなら、その共同体は、時がくればふさわしい外観も与えられる
ことでしょう。

(1)「聖母マリアの詩(上)」あかし書房 マリア・ワルトルタ著
   P217、218
(2) 同本 P185、186



----------------------------------------------------------------
3.聖母がリトル・ペブルにお与えになったメッセージ
  − No.76 1984年9月15日 −
----------------------------------------------------------------
聖母:
 我が最愛の子、可愛い息子、愛のリトル・ペブルよ、あなたはきょう私の
言葉を話し、我が子らによく指導し、助言を与えてくれましたね。我が息子
よ、あなたに伝えたそう昔ではない私の言葉を思い出しなさい。あなたの中
に生きており、あなたを通して我が子らに話しているのは私なのです。愛す
る我が息子ウィリアムよ、あなたは愛とは何か、と尋ねましたね。我が聖な
る息子イエズスは、私があなた方を愛したように互いに愛し合いなさい、と
おっしゃっておられますでしょう。このことが愛の本質です.愛には限界が
なく、決して終わりがありません。これが真実の愛です。愛は忍耐強く、
寛容であり、理解することです。愛は苦しみと犠牲です。しかし我が愛する
子らよ、何よりもあなた方は互いに信頼しなければなりません。天の御父に
対して確信をもち、従順でなければならないのです。我が聖なる息子イエズ
スがあなた方を愛したように愛しなさい。イエズスはどれほどあなたがたを
愛していることでしょう。メンバー一人一人の愛や感謝や理解の欠如が原因
であるひどい不和のために、イエズスの聖心は引き裂かれています。聖なる
息子、イエズスの聖心をもって愛しなさい。あなた方の聖母である私をご覧
なさい。あなた方を愛する我が御心をご覧なさい。私は我が子らに全てを与
えますが、あなた方は私に全てを与えますか。あなた方の心は良いので、天
で最も喜ばれるのです。しかし、あなた方がそれほど互いに裁き合っている
ことに対して注意し、我が母の心で警告を与えます。

 愛しい子らよ、我が汚れなき御心のこの仕事を新しく始めようとする人の
ためのノヴェナに関してですが、このノヴェナをすることは、天で受け入れ
られましたよ。我がリトル・ペブルに、あなた方が祈る人々のために印を与
えましょう。本当に新しくやって来る人達のために皆で祈りなさい。ああ
我が子らよ、あなた方のために準備されているミッションはとても大きいの
で、全ての天使たちが畏敬のうちに立っています。このミッションに関わる
ことがどういうことであるのかを、あなた方が判ったなら! どれほどよい
でしょう。可愛い子らよ、教会を救うことは小さなことではありません。大
きな信仰と愛とを要します。私は愛の子らを祝福します。無原罪の聖マリア
なる、あなた方の母に信頼を持ちなさい。子らよ、永遠の御父が愛の心で
一人一人を抱擁するために今やって来られました。どうかひれ伏して下さい。


永遠の御父:
 私は在るものである。永遠の神なる私が、光の子らを祝福しよう。父と子
と聖霊との御名によりて。アーメン。

 可愛い愛の子らよ、マリアと我が聖なる息子イエズス・キリストを表すよ
うにおまえたちを選んだ我が娘、無原罪のマリアの言うことを聞きなさい。
マリアの言葉を聞いて従うのだ。おまえたち皆を愛の胸である我が心で抱き
しめよう。私はおまえたちに聖なる息子イエズス・キリストの賜物である
我らの愛の霊、すなわち聖霊を遣わそう。しばしば祈り、苦行し、犠牲を献
げよ。お前たちは我が娘の弟子として選ばれたのだ。反キリストとその手下
どもに対し、世界の子らを一致させよ。子らよ、我が娘は大変おまえたちを
愛しているので、彼女に従い、彼女の言う言葉を聞け。話す前に気を付けな
がら、よく考えて話しなさい。誤って考えるならば、それは、人間の心から
来るものであるからだ。このことを忘れてはならない。悪い考えを起こすの
なら、それは人間の心から湧き起るのである。そしてそのことで、全ての心
の元后である我が娘が、どれほど傷つくであろうか。だから指示によく従え。
わたしはいつもおまえたちと一緒にいるからだ。我が聖なる息子イエズス・
キリストが偉大な勝利と栄光のうちに地上に再臨した時の平和の統治の時代
のために、我が汚れなきマリアを通してわたしはおまえたちを準備している
のである。聖霊の偉大な賜物を、あなたがた皆が受けるであろう。子らよ、
従順であれ。では愛しい我が娘、無原罪のマリアの息子たちと娘たちを抱き
締め、力強い祝福で祝福しよう。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 可愛い愛の子らよ、平和のうちに行け。わたしは世界のために泣いている。
彼らは我が娘の言うことに耳を傾けようとしないし、自分たちの神の言うこ
とを聞かぬであろうからだ。子らよ、全ての者を一致させるために、わたし
は何をしなければならぬのか。我が息子を十字架にはりつけにするため、も
う一度遣わさねばならぬのか。わたしは、おまえたちをとても愛している。
もうこれ以上わたしを傷つけず、「全ての心の元后」に従順であれ。ありが
とう。愛のリトル・ペブルと子らよ。おまえたちを祝福する。父と子と聖霊
との御名によりて。アーメン。愛しい子らよ、もう身を起こしてよい。

聖母:
 無原罪のマリアである私は、世界のために嘆願するよう、永遠の御父の
御元に天の諸天使、諸聖人と共に戻ります。子らよ、どうか一致して下さい。
永遠なる御父は、世界中の子らが耳を傾けようとしないので、泣いておられ
ます。至聖なる三位一体に栄光を帰して、めでたし3回と栄唱3回を唱えて
下さい。ではあなた方を祝福いたしましょう。父と子と聖霊との御名により
て。アーメン。

 ありがとう、小さき者たちよ。では祝福を与えます。父と子と聖霊との
御名によりて。アーメン。


--------------------------------

次の夢は11月11日にリトル・ペブルが見たものである。

 わたしは大きい野原におり、背景が山脈である夢を見ました。十字架に
はりつけにされるという殉教のために、山へと縦列で進まされている私も含
めて300人ほどの人々がいました。わたしは彼等の真中におり、列の最後
に行くようにと言って下さった、フランシスコ会の司祭が側におりました。
わたしは神父様に告白を聞いて下さるかどうかを尋ねました。わたしたちが
山に近づくと、わたしは急に連れられて、気がつくとカテドラルの中のよう
な大ホールで、ヨハネ・パウロ2世教皇様の前におりました。教皇様は、赤
い教皇のガウンを着ておられました。

 ヨハネ・パウロ2世教皇様の前に立っている間、気が付くとわたしが教皇
のガウンを着ており、教皇様はこちらへやって来て、わたしの頭の上に教皇
の3重冠を置かれました。他の高位聖職者もおりました。教皇様が、わたし
とそこにおられる他の人々に次のようにおっしゃいました。「彼はとても
若いね。だが彼を通して教会は浄化され、変わるのだ。」 それからすべて
が消えました。


最初の崩壊

 1982年12月、リトル・ペブルは「祈りのグループ」の指導者たちを
呼び集め、次のことを明らかにした。

(1)聖母は、彼等に特別な使命がある。

(2)聖母はリトル・ペブルに特別な使命がある。それは、『彼に委ねられ
   た使命とは、全てのマリア様のために働く関係者と世界中のご出現地
   をつなぎ、天からのメッセージが同じように重要である、と言うこと
   を証明することにある。』ということである。

(3)聖母はリトル・ペブルにメッセージをお与えになっておられる。

 この結果、これらの指導者の何人かは信じず、結局離れて行った。残った
人達は多くの恵みを受けた。


最初の公の内的語らい

 1983年2月、聖母はリトル・ペブルを通して、残った支持者に最初の
公の内的語らいとメッセージをお与えになった。このメッセージは世界中の
人々のためではなく、残った者たちだけのためであった。実際のメッセージ
は聖地ナウラで与えられたが、それと共に奇跡と印が起こったので、その者
たちへの証明となった。リトル・ペブルの霊性はこの段階でロザリオを唱え、
他の信心を行うと共に、毎日の御ミサにあづかり、聖体拝領をすることに
よって成長していった。聖母は、彼に恩寵の中で成長する助けとなる多くの
ことをお教えになった。


他の夢

 1983年に、リトル・ペブルは次の夢を見た。

 3月8日、昨晩わたしが腕に「奇すしきばらの花」のご像をかかえ、そし
て聖母が声をたてて泣いておられる夢を見た。わたしはショックであった。
そして聖母は、まるでそこへ安らぎを求めるかのようにわたしの方に御頭を
動かされた。



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
イエズス様からの警告 1994年10月1日
リトル・ペブルに(抜粋)

 この国、オーストラリアは多くの試練をくぐるであろう。甘美なる子供た
ちよ、干ばつだけではなく、洪水、火災、嵐、そして地震さえもこの国を襲
うであろう! 多くの人々が失われるであろう。甘美なる子供たちよ、この
ことが来なければならない。その理由によって子供たちがまどろみから目覚
めるのである。地上におけるわが家では多くの者がわが第二の来臨はないと
さえ信じて眠りこけている。しかし見よ、私は夜の盗賊のように速やかに
来る! この世代が罪を悔い改め、神に立ち返るための時間はほんのわずか
しか残されていない。甘美なる子供たちよ、まもなく。あなたたちは水が毒
されていることを聞くであろう! このことを神が喜んでおられないことの
印としなさい。

 ローマのわが代理者のために祈りなさい。私たちは今、わが代理者に多く
のこと、教会を変え、教会のためによい「実」を生むことを求めているの
だから。わが代理者は反キリストのために働く多くの者に囲まれている! 
だから甘美なる子供たちよ、祈るのだ。私は地上におけるわが家に変化を
求めているのである。私が立てた新しい使徒たちのために祈りなさい。使徒
たちが一つに一致し、天に在します御父の栄光のために働くようにと。

 今日、わが愛する娘テレジアの祝日にあたり、テレジアの取りなしにより、
すべての子供たちに特別の恵みを与える。あなたたちはテレジアから一つの
バラを受けるであろう。そのバラはあなたたちが群れを集めるのを、特に道
に迷ってしまった者たちを集めるのを助ける。甘美なる子供たちよ、3つの
清らかな聖心 − 聖心、汚れなき御心、聖ヨゼフの清らかなる御心 − 
であなたたちを祝福する。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。



----------------------------------------------------------------
5.編集後記
----------------------------------------------------------------
 街頭配布用のリーフレット(A3サイズ・両面印刷・4つ折り)を作りま
した。街頭での配布、ポスティングのために、そしてあなたの友人・知人に
マリア様のメッセージを伝えるためにお使いください。

http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/
hakobune_index.htm#リーフレット

 枚 数  ご寄付(送料込)
  50枚  1500円
 100枚  2500円
1000枚 20000円

 お申込みは、現金書留か郵便振替にて、下記までお願いします。ご送金を
確認後、発送します。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社

  郵便振替 00840−3−132438

--------------------------------

「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は1月25日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Br.Jean-Marie  Kolbe-Marie
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%




[HOME] [戻る]