「箱舟の聖母」バックナンバー
2004年1月11日号No.186

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2004年1月11日号 No.186

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記


----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第46章 】

 マリア・ワルトルタに天から与えられた啓示によると、御降誕後、聖ヨゼ
フが最初に行なったことは、お生まれになったイエズスを御父にささげ、
その御子とともに自分をも御父に捧げることでした。マリア様が彼を導き、
そうさせました。いただいたばかりのものを、直ちにお返しする、それは
アダムとエバが、御父からいただかなかったものを自分のものにしてしまっ
たことを逆に行なうことでの贖いの業でした。マリア様はこのように聖ヨゼ
フを贖いの業により深く結び、彼をより高い聖徳へ連れてゆきました。聖書
には書かれていないこのことは、聖ヨゼフの天使のような清い御心は、マリ
ア様の最高傑作であることを教えてくれます。マリア様は神の最高傑作です。
そのマリア様が毎日24時間、30年近く丹精を込めた最高傑作として聖ヨ
ゼフをとらえてみてください。聖ヨゼフに肩を並べる聖人が他にいないのは
当たり前だとつくづく思いますよね。

 自分を贖いの業に結ぶこと、マリア様に導かれるままになること、これは
天が選んだ共同体の生き方ではありませんか! そうです。聖ヨゼフの生き
方は、共同体の生き方のモデルそのものです。共同体から過去の偉大な聖人
たちを超える最高の聖人が出ると天は告げていますが、この預言はきっと
実現します。マリア様が聖ヨゼフのために、彼に代わって唱えた奉献の言葉
に、そのための鍵を見いだすことができます。聞いてください。

「神よ、私はここにいます。あなたの思し召しを行うために」

「この子と一緒に、私マリアと私の夫ヨゼフはあなたの思し召しを行なう
 ために尽くします。主よ、私たちはあなたの召使いです。あなたの栄光の
 ために、あなたの愛のために、どんな時でも、どんなことがあっても、
 私たちはあなたの思し召しを行います」(1)

 今、ただちに行なってほしいことを天は今、世界中の恵みの霊魂を通して
日々伝えてくださっていますが、その思し召しを行なっているのは実にリト
ル・ペブルさんと一致した、天が選んだ共同体だけです。過去においては
聖家族の家においてだけ、神の思し召しは、あらわされるその同じ時に果た
されてゆきました。さまざまの修道会、信心団体の共同体がありましたが、
思し召しに完全に即応する場ではあり得ませんでした。今、天が選ばれた
共同体は、聖家族の家の再来として存在しています。そこでは刻々と神の
思し召しがあらわされてゆき、リアルタイムで実行することが可能なのです。
もちろん修道生活においては素人の、弱く、悪く、徳もまだ身についていな
い人の集まりですから、私たちのゆえにその実行は不完全で、完璧からは
程遠いのですが、それでも教会内ではここだけが、それが可能な場なのです。

 共同体の中に生きる人は、聖家族の家に住む人です。聖ヨゼフのように、
神の最高傑作であるマリア様にできるだけ完全に身をゆだね、全人類のため
の贖いのいけにえになりましょう。何の妥協も、遅滞もなく思し召しを行え
る特権を存分に利用しましょう。そして恵みに応え、大聖人たちを超える
大聖人になることを目指しましょう。

(1)「聖母マリアの詩(上)」あかし書房 マリア・ワルトルタ著
    P198



----------------------------------------------------------------
2.カナダの幻視者「サンフラワー」(2003年10月31日)、および、オース
  トラリア、ナウラの神秘家「ローズ・オブ・ホーリー・イノセンス」
  (2003年11月7日)に対する聖母のメッセージ
  − No.625 −
----------------------------------------------------------------

サンフラワー:
 しるしは非常に明瞭で、聖堂にあるイエズスの像の真上に現れています。
私はロザリオを祈っており、金色の鎧を着て剣を手にした聖ミカエルが、今
ここに現存しています。聖ミカエルの翼は非常に大きく、とても広く伸びて
おり、そして、聖ミカエルは空中に静止しています。聖ミカエルの上に一羽
の美しい白い鳩が現れました。その翼は同じく、広く伸びています。

 そして美しい青い雲の上に、聖母と御子イエズスがご出現になられました。
マリア様と
イエズスは、白色のローブをお召しになっており、金色のサッシュ
を腰に締められています。お二人の御頭の上には光輪が見えます。その光輪は
回転し、あらゆる所に金色の光を放射しています。

 聖センチミンタリウスと聖エデンボリウスが着かれました。彼らの翼は非常
に大きく盾のように互いに巻き付いています。祝されし御母とイエズスの御前
に下りて止まると、彼らは翼を広げ、最敬礼をします。すると彼らの翼の中か
ら、ペトロ二世が姿を見せられます。ペトロ二世も白色のローブをお召しにな
り、金色のサッシュを締められています。また、聖ミカエルのように、手には
金色の剣を持っています。今イエズスの御足元にその剣を埋めて、祝されし
御母とイエズスの御前に跪きます。全員の上にいる鳩から、金色の光がペトロ
二世の上に降りてきます。その光は非常に強く純粋で、清めのようにペトロ
二世の身体全体に降り注いでいます。祝されし御母とイエズスのように、今、
ペトロ二世は地から少し上げられました。今、3人は皆の上方に、鳩のすぐ
下方におられます。

 イエズスが御手の剣を御頭の上に揚げられます。すると、あたり一面に光が
放射されました。イエズスはその剣を下され、ペトロ二世の肩に、そしてその
後、頭の上にそれを置かれます。見ると、イエズスが剣を置かれた所に傷が現
れました。ペトロ二世は痛みを感じていますが、大変な喜びを表しています。
というのは、皆に対して微笑まれているからです。

 すると、鳩が永遠の御父となるのが見えます。御父はペトロ二世に触れ、持
ち上げて、御腕に彼を抱擁なさいます。祝されし御母とイエズスは、永遠の
御父の両側に立たれています。御母とイエズスは、その御腕を永遠の御父と
ペトロ二世に回しておられます。聖ミカエルは、その右側、すぐ上にいて、剣
を立てています。聖ミカエルは澄んだ声で皆に対して言います。「選ばれし者
の真の一致を見よ」。

 祝されし御母は移動されて、お話になります。

聖母:
 わが子、私の小さき「サンフラワー」よ、これが母、浄配、御父、御子、そ
して子らとの間の真の一致なのです。私のペトロ二世の模範から学びなさい。
その行動を手本としなさい。彼が愛するように愛し、彼が耐えるように耐え、
彼が許すように許しなさい。というのは、彼自身がわが子、あなたたちの救い
主を手本としているからです。ペトロ二世は勝利を得ます。天の私たちがその
ように考えているからです。この勝利のために祈りなさい。それがさらに多く
のことの始まりとなるからです。忠実にそして一致していなさい。真の一致に
よって、すべてが勝利となるのですから。

サンフラー:
 祝されし御母はペトロ二世を抱擁なさり、優しく接吻します。今ビジョンは
終わり、私はロザリオの祈りを続けます。


--------------------------------
「ローズ・オブ・ホーリー・イノセンス」に対する聖母のメッセージ
 − 2003年11月7日、金曜日
--------------------------------
ローズ・オブ・ホーリー・イノセンス:
 ミサの前に祈りをささげている間、私も「サンフラワー」のヴィジョンを
マリア様の御前に置き、この美しいヴィジョンの意味を説明してくださるよう、
マリア様にお願いしました。

 ミサの後、私は聖堂に残り、祈っていました。ロザリオを祈っていると、
「神の愛のリトル・ぺブルの浄配である聖母」が私の前にご出現なされました。
聖母はとても幸せそうで、その御心は大きな優しさを発しています。

 マリア様の御足元に紫色のビロードの袋があるのに気づきました。マリア様
はその袋を開けられ、非常に大きな金の十字架を取り出されました。その十字
架には5つのルビーの原石が埋め込まれているのが見えます。十字架の後ろに
は、次のようなものが見えます。十字架の横木の中央には「ペトロ二世」と
刻印がされており、この名前の両側にマリア様の汚れなき御心と「リトル・
ぺブル」の心が見えます。十字架の上には、鳩の形をした聖霊が見えます。
「ペトロ二世」の名の下には、一本の剣が十字架に彫刻されています。剣の柄
の上にはアルファとオメガの文字が見えます。「リトル・ぺブル」のスタッフ
からの花々を組み合わせた冠が、剣の柄の上に掛かっています。

聖母:
 私の「小さき希望の花(Little Blossom of Hope)」、「小さきローズ・
オブ・ホーリー・イノセンス」よ、あなたに挨拶します。わが小さき者よ、私
の「リトル・ペトロ」の心を照らすために来ました。

 わが汚れなき御心の「小さき天使的牧者」よ、私の大切な娘である「サンフ
ラワー」に示した美しいヴィジョンは、私の大切な浄配であるあなたに天の
御父が与えた三つの部分からなる契約について、その第二部の成就を表してい
ます。

 この来るべき勝利の後には、特にこのミッションと聖シャーベル修道会に
とって、祝いと再生と進展の時があるでしょう。巡礼者が再び聖地にあふれ、
私の大切な浄配であるあなたの名前と、わが御心の聖なるミッションが再び
世界中に鳴り響きます。

 私の浄配よ、あなたの勝利のすべてが成就した後には、受難の苦しみが増す
のです。私の神なる息子の御傷が、間もなく開きます。一連の超自然的な事態
が、深遠な転換を見せるでしょう。私の甘美な浄配よ、あなたの心を準備しな
さい。来るべき教皇職に対してあなたを準備するために、多くのことが明らか
になるからです。私の「小さき岩」よ、覚えておきなさい。あなたは、永遠の
御父があなたのために準備した道の大半を歩き終えたのです。私の浄配よ、
約束されてきたことの全ては間もなく実現するでしょう。

 恵まれた子らの多くが、未だ成就してない契約のこの部分について、多くの
事を明らかにしています。これらのわが御心の貴重な霊魂たちは離れ、別の道
を歩みましたが、今は、わが幻視者たちと恵まれた子らの一致を取り戻すとき
です。彼らのすべてが、私の「小さき岩」であるあなたと一致しなければなり
ません。もはや真理に背を向けることはできないのです。

 永遠なる御父は、あなたが真に選ばれし預言者であることを示すしるしを、
彼らの一人ひとりにお与えになります。そのしるしは心の奥深くに渡されるの
で、彼らはそれを脇に置いておくことはできません。もし別の道を歩き続ける
ことを選ぶならば、大きな責任を負うことになるのです。彼らは忘れています。
永遠の御父が、その完全なる御旨を実現するため、一人ひとりを立てられた
ことを。一人ひとりがこの地上における神の大切なメッセンジャーなのです。
自尊心と利己主義が自らの心に入るのを許すならば、その者が天の御父のため
に果たさなかったことを成就するために、他の者が立てられるでしょう。

 私の「リトル・ペトロ」よ、私の汚れなき御心から、あなたに特別の祝福を
送ります。私の言葉に希望をおきなさい、わが浄配よ。また、特に試練のとき
に強めるために、この祝福を、わが恵まれた霊魂たちの全てに与えます。なぜ
なら、恵まれた霊魂たちはあなたの側で、神の栄光を増すために果たすべき
多くのことがあるからです。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 わが娘「サンフラワー」にも私の愛を送り、その優しい心に接吻します。
サンフラワーは私の光輝の花(Blossom of Sunshine)、そして笑顔です。
彼女の心は、神の完全なる御旨を実現するための愛に満ちています。教皇座に
至る道のりにおいて私の「リトル・ペトロ」を助けるために、彼女が果たす
べき多くのことを、永遠の御父はご準備なさっています。

 私の小さき娘のミッションは、開花し多くの実を結ぶでしょう。また「サン
フラワー」も、恵まれた霊魂たちの一致を回復する助けとなるでしょう。私の
娘と、私の娘が愛する全ての人々を祝福します。父と子と聖霊との御名により
て。アーメン。

 さらに、私の「小さきローズ・オブ・ホーリー・イノセンス」、あなたを
祝福します。すべてを愛をもって進め、あなたの心を満たす希望を決して捨て
去らないように。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

日付: 2003年11月10日

承認: マルコム L. ブロサード・ジュニア



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1994年9月13日
リトル・ペブルに(抜粋)

 甘美なる子供たちよ、神であるわが息子の「第二の来臨」に備えてあなた
たちを準備するため、何年にも渡って多くのことがあなたたちに啓示されて
きました。イエズスがわが汚れなき御心を通ってこの世に来られたのと同じ
ように、イエズスはわが汚れなき御心を通ってこの世に戻って来られるから
です。ですから、聖にして母なる教会の勝利はわが手の内にあるのです。こ
のために私は今、全世界で真理の軍隊を作っているのです。なぜなら、神で
あるわが息子の地上における家の多くの息子、娘たちは自らの弱さ、無気力、
罪の故に邪悪な者が神の家に入るのを許してしまったので、暗闇の内にいる
からです。

 教会内から、地上における神の家の懐から邪悪な者が追い出されるように、
わが子供たちは愛の珠を取り、邪悪な者と戦わなければなりません。甘美な
る子供たちよ、誤りが教会から去り、真理が勝利するのは、祈り、犠牲、償
いによってだけなのです。そうすれば今暗闇にいる人々が神の神的計画と
知恵とを理解する光を受けるからです。甘美なる子供たちよ、子供たちに
わが至聖なるロザリオを祈るようにと嘆願するために、私が何度地上に来た
ことかよく覚えておきなさい。私の願いは一般的には聞こえない耳、閉ざさ
れた心の上に蒔かれました。

 多くの人々が、私が母として子供たちの世話をするために地上に来ている
ことを信じないのです。このため、永遠の御父 − わが父であり、あなた
たちの父である御方 − は怒っておられるのです! 神の御怒りはすべて
の子供たちに感じられるでしょう。しかし、光の子供たちは彼らの信仰に
よって護られるでしょう。しかしながら、暗闇の中にいる子供たちばかりで
はなく、光の子供たちによっても多くのことが見られ、目撃されるでしょう。
人類にとって時はとても残り少ないのです。このことを何年にも渡りあなた
たちに告げてきました。子供たちが聞こうとしないので、私は子供たちのた
めに多くの涙を流しています。甘美なる子供たちよ、あなたたちが今生きて
いる生き方について考えるように頼むことの他に、あなたたちの母に何が
できましょうか。……

…… 子供たちよ、幻視者はあなたたちの祈りと強さとを必要としているの
です。幻視者たちは一人では一致することはできません。幻視者たちは皆、
重い十字架を担っているからです。子供たちよ、あなたたちは皆、十字架を
担っているのです。それは本当です! しかし、幻視者の十字架はあなたた
ちのよりも大きく、責任があるのです。そして幻視者たちは、あなたたちの
助けを必要としています。子供たちよ、幻視者も人間なのです。もし欠点を
見つけようとすれば、いつでも見つけられるでしょう。しかし、常によいと
ころを見るようにし、祈りなさい。優しさと愛をもってすべてに勝ちなさい。
天に在します御父が憐れみ深いように、わが小さき息子も憐れみ深いからで
す。子供たちよ、あなたたちは皆このことを知っていますね!



----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------
◆ 箱舟の聖母社から次の4冊の本を発行しました。

 「153本の聖ヨゼフの百合」 …… A5判 316頁 3000円
 「153本のマリアさまのバラ」 … A5判 170頁 2000円
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」……A5判 143頁 2000円
 「メッセージ集」       …… A5判 233頁 3000円

 送料は、各一冊につき全国一律500円、4冊セットで、または各種あわ
せて4冊以上お申込みの場合は無料です。

 お申込みは、現金書留か郵便振替にて、下記までお願いします。ご送金は
おつりのないようにお願いします。ご入金を確認後、発送します。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社

  郵便振替 00840−3−132438

--------------------------------

「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は1月18日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Br.Jean-Marie  Kolbe-Marie
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%




[HOME] [戻る]