「箱舟の聖母」バックナンバー
2004年1月4日号No.185

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2004年1月4日号 No.185

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記


----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第45章 】

 教会の各聖堂では、聖なるものに対して一番不敬な態度をとるのは、往々
にして香部屋係です。若者の中で、聖なるものに対して一番不敬な態度を
とるのは、往々にして神学生です。聖なるものにいつも接していると、聖な
るものへの畏敬の感覚を失うのですね。これは「すれてしまう」という現象
です。慣れっこになり、何でもなくなってしまうのです。

 共同体の中に生きる人にも、この危険は確かにあります。心しておかねば
なりません。受けている特権にも、聖なるもの、ミサ、聖体、祈りなどにも、
残念ながら感謝、敬まいの心をなくしていくのが自然のなりゆきであると
いうことを知っていてください。ですからその反対を心がければよいのです。
ますます感謝と敬まいの心を日々大きくするのです。

 聖なるものに「すれてしまう」と、外的なことにもはっきりと現れます。
それは初心者や神経質な人を非常につまずかせます。外的なことの例として
ひとつ挙げましょう。皆さんは父も子も聖霊も、そして救いの象徴である
聖なる十字架も、愛し敬っていないことを宣言するかのような十字のきり方
をしています。聖なる十字架のしるしを天の方々が、非常にゆっくりと丁寧
になさるのを知っていますか。公的ご出現で、祝福をくださるとき、一位
一位のペルソナに対して深い愛をこめてゆかれるのがよくわかります。私は
皆さんにぜひお願いします。天の方々と全く同じようにしてください。そし
て加えてほしいのは、「御名によって」と言いつつ右肩に触れるとき、心の
中でマリア様に深い愛を起こして、「アーメン」と言って両手のひらを合わ
せるとき、心の中で聖ヨゼフに深い愛を起こしてください。天の三位一体
(父と子と聖霊)と地上の三位一体(イエズス・マリア・ヨゼフ)とを愛す
ることが私たちの永遠の定めではありませんか? 究極の使命ではありませ
んか? ではこの世においてもそれを実行するのはふさわしく正しい務め
です。実態はどうでしょう。特に父、聖霊、聖ヨゼフは地上の人から愛を
受けることのいかに少ないことか! 祈りのたび、その前後に、この愛の
直接の行ないを実行してください。そうすれば、あなたの愛は見違えるほど
深まりますよ。

 内的な例をひとつ。愛を心に起こさずに祈りはじめ、愛のかけらも捧げな
いまま祈り終わるというのが皆さんの祈りの実態です。祈りの間、心に愛を
かき起こし、心を愛で満たしてください。祈りはそれによってはじめて聖と
なるのです。神様は言葉ではなく、こめられた愛をご覧になるのですから。

 聖ヨゼフに聖なるものへの畏敬のたまものを願いましょう。イエズスが
お生まれになったときの彼の姿を見てください。マリア様からイエズスを
抱くように頼まれると、「私? 私に? おお、そんなこと! 私は不肖で、
主を抱くに耐えない!」(1)と言いました。畏敬の心を保つためには、
自分の無価値さを意識してへりくだることを神の御前で行ない続けることが
必要なのです。これも聖ヨゼフに見習いましょう。

(1)「聖母マリアの詩(上)」あかし書房 マリア・ワルトルタ著
    P198



----------------------------------------------------------------
2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
  − No.74 −
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
No.74 1984年3月4日 日曜日
午後4時半にナウラで聖母がリトル・ペブルにお与えになったメッセージ
--------------------------------
聖母:
 愛する息子ウィリアムよ、そして子どもたちよ、あなた方に感謝し、祝福
いたします。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 最愛の子らよ、私に敬意を表するため、またあなた方が受けたすべての
恵みに対して、御子イエズスと私に感謝するために、きょうここに来てくだ
さったことに感謝いたします。私は光の我が子たちに忠告を与えるため、天
から再び参りました。おお、最愛の子らよ、私はあなた方をどれほど愛して
いることでしょう。あなた方の問題のために、私は幾度永遠の御父の御前に
行くのでしょうか。永遠の御父は、聖霊の交わりの中で御子と共に、あなた
方を祝福なさいます。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 愛する子らよ、光であり続け、苦しみの道を歩み続けてください。それが
困難であることは、分かっております。しかし、あなた方の苦しみや犠牲や
お祈りで、たくさんの霊魂が天の道に連れ戻されるのです。この道が険しく
とも、あなた方の使命においてくじけてはなりません。私が皆の上にマント
をかけ、我が汚れなき御心であなた方を抱きしめるのですから。きょう、こ
こにいるあなた方が自分の生命を天の御父と天の母に委ねているのを見て、
天使たちも喜んでおります。新しくメンバーとなった者たちを祝福し、歓迎
したいと思います。あなた方は私の呼びかけを聴いてくれたのですから。あ
なた方皆を祝福いたします。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 愛しい光の子らよ、あなた方の天の母に強い信頼を持ちなさい。恐れる
ことはありません。あなた方に必要なことは私には分かっているからです。
このミッションにおいては、苦しみが大きいことはわかっています。しかし、
何も恐れることはありません。天は、このミッションに必要なこととは何で
あるかを知っているのです。いつも私を信頼し、確信を持ってください。
やがてこのミッションは完成するのですから。おお、子どもたちよ、私は
どれほどあなた方を愛していることでしょう! 私のそばにあなた方をおい
て置きたいと切望しております。いつかあなた方は皆、私の姿を見ることで
しょう。その時はすばらしい日であり、皆にとって喜ばしい日となるでしょ
う。さあ子らよ、光のうちに続けてください。働き、祈り、犠牲をささげな
さい。天はあなた方を深く愛しており、我が謙遜なリトル・ペブルを通して
あなた方をずっと導くからです。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 息子ウィリアムよ、我が光と愛の子よ、天はあなたの働きを、非常に喜ん
でおります。あなたが大いなる苦しみの道を歩んでいることを私は分かって
おりますが、いつもあなたのそばにおります。あなたが言ったように、あな
たは私の奴隷です。しかし息子よ、私が持っているものは、皆あなたのもの
なのですよ。いつも私を信頼してください。そして、天の母に確信を持ちな
さい。将来、大勢の者があなたを迫害するからです。しかし私によりすがっ
ていなさい。そうすれば、何もかもうまく行きます。息子よ、今から世界の
人々に向けてメッセージを与えましょう。ウィリアムよ、子どもたちよ、あ
なた方を祝福いたします。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

(ここで、オーストラリアと全世界に向けての第四回目の公的メッセージが
与えられる。1984年3月4日のメッセージ参照のこと)

 ではお祈りと聖歌を続けてください。私たちは聖歌を聴くと、とても嬉し
いからです。我が小さき者よ、あなたを愛しています。では続けてください。


--------------------------------

次の夢は1981年のことであった

 私は開放された展示場のような、ある修道院を通り過ぎていました。大勢
の司祭たちが裸で、床や机に鎖で縛りつけられておりました。皆、とても悲
しそうにしておられました。歩き続けて行くと、とある高いビルに入りまし
た。そして、袋状のようなぼろにくるまった一人の幼い子がいる部屋に出ま
した。私がぼろを持ち上げると、その子は泣きわめき、神を冒涜し出したの
です。私は、わめき散らすままにさせろと私に頼みながら金切り声を上げる
悪魔どもが、その子の口から出てくる様子を見ました。それから悪魔どもは、
私を呪いだしました。私は悪魔を祓うために自分の「十字架」を使いました。
悪魔は、私には力がないと言いました。私はイエズスの御名とその十字架に
よってこの少年から去れと言うと、彼らは去りました。その後、その少年は
輝きだし、彼の心は喜びで満ちあふれました。少年は私を抱擁して感謝しま
した。私は彼を祝福して、その建物から出て聖母行列に加わりました。


〈第6話〉 1982年〜1983年

 ウィリアムが聖母から内的語らいによって最初のメッセージを受けたのは、
1982年3月7日であった。彼は、自宅でそれを受けた。彼はその時点で、
まだ何が起こっていたのかよくわからなかったので、聖母からそのメッセー
ジを受けた時、ひどく不安になった。このことは彼の霊を試すためだったの
で、彼はその声に向かって『私は無原罪の御宿りです』ということと、『十
字架の印』という言葉を言ってくれるように頼んだ。聖母は、すぐさまそれ
を実行なさった。

 そのメッセージの内容には、特別な印を願って聖母に祈っていた一人の
司祭のための印が、当然の結果として与えられたのであった。ウィリアムは
ある友人の助けにより、メッセージをその司祭のところへ持って行った。
最初その司祭はメッセージを信じたが、間もなく疑い出した。そして、とう
とうまったく信じなくなったのである。




 1982年にウィリアムは次の二つの夢を見た。

 私は、確か聖マリア教会でだったと思いますが、礼拝に出席していました。
教会の中には、人が詰めかけていましたが、私はただ傍観者のようでした。
祭壇の空所のところには、それぞれカトリックと聖公会とプロテスタントの
三人の司教様がおられるようでした。彼らは皆歌っており、十字架の印をす
る代わりに三角形の印をしていました。それを行っている間、彼らの頭の上
では、詠唱歌によって力が発生したかのように、火花が飛び散っていました。
司教様の他に、全部白い衣を着た他の司祭のような人々が40人おられまし
た。彼らもまた歌いながら、腕を回して彼らの信仰箇条が書かれたと思われ
るものを交換していました。私は、自分が見たもので気分をひどく害しまし
たが、部屋の隅にいた一人の年とった司祭も同じようでした。彼が私のとこ
ろへいらっしゃって、この儀式を中止させるためにマグニフィカトを歌って
くれませんでしょうか、と頼まれました。私は、やってみましょうと答えま
したが、もっていた聖歌集の中から見つけることができませんでした。私は
声高らかに歌おうとしましたが、その詠唱歌にはじき出されたようになった
自分に気がつきました。

 私は非常に重要な二つのことに気がつきました。一つは御聖櫃の中にあっ
たもので、目のある三角形です。それは、すべてのものを見ている目でした。
そして人々は、呪文にかかったようだったのです。

 私はアンに、ここから出なければならないと言いました。私がその教会の
扉から一歩踏み出したとき、私の目の前にとても大きな黒い蛇がおり、その
周りに巨大な黒い雲がかかっていました。蛇の頭の上にはあの司教達が祈っ
ていた間、私が気がついた時の火花と同じものがあったようでした。蛇は、
私たちの方へ向かって来ました。私は、手に「十字架」を持ち.蛇に向かっ
て悪魔祓いの祈りを唱えました。蛇は退き始めました。私はサタンに出て行
けと命じました。それからアンと私は隠れました。後に私は、どうなってい
るかを見るためにその教会に戻りました。彼らは、やはり同じことをしてお
りましたが、私が見ていると別の司教様が進み出て、このばかげたことはも
うたくさんだ!と叫び、鐘を鳴らしました。その鐘はとても大きく鳴り響い
たので、私たちの頭に大きく響きました。それから人々の上に深い沈黙が漂
い、その司教様が次の言葉をおっしゃいました。『これで終わった。』


証明

 次の1年間、聖母はウィリアムに、彼とのコミュニケーションに関して印
や証明を与えるために、たびたびいらっしゃった。一旦ウィリアムが充分な
証明を受け、霊的に強められると、聖母はご自分の彼に対する計画について
更に詳しくお話しになった。あるウィリアムの友人が、メッセージを信じて
いる別の幻視者を個人的に知っていた。この幻視者はその友人を通してウィ
リアムに、彼が受けていたメッセージが真のものであることを伝えた。



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
イエズス様からの警告 1994年9月3日
リトル・ペブルに(抜粋)

 甘美なる子供たちよ、今この時あたかもすべてが失われたかのように見え
るが、そうではない。悪は今、全世界で勝利を納めている。邪悪な者たちは
自分たちが勝ったと信じている! ルチフェルとその軍団は全世界で暴れ回
り、多くの子供たち、光の子供たちでさえも闇と混乱とに追いやっている。
なぜならルチフェルは善い子供たちを噂、偽りの告発、誤解、誤解釈、妬み
嫉みでもって分断しているからである! これらはすべて邪悪な者の道具で
ある。邪悪な者は選ばれた者を弱めるためにこの道具を使っている。

 甘美なる子供たちよ、聖パウロの言葉と「使徒行録」を読みなさい。そう
すればわれらの霊、聖霊の徳と贈り物をもってどのように敵と戦わねばなら
ないか分かるであろう。甘美なる子供たちよ、準秘蹟は鎧として、また力と
してあなたたちに与えられている。だから準秘蹟を身につけなさい。準秘蹟
によって祈るのだ! 日々の生活において − 食べる時、飲む時、眠る時、
邪悪な者の力を寄せつけないためにもっと頻繁に聖水を使いなさい!

 甘美なる子供たち、至聖なる御母に従う全世界の者たちよ、あなたたちは
天に在します御父によって、予め「光」を運ぶ者として、神の道具として、
至聖なる御母の兵士として選ばれているのである。至聖なる御母は最高司令
官、聖ミカエルが将軍である。だから真理の軍隊よ、前進し最後までよく戦
いを戦うのだ。あなたたちの剣は真理の剣、至聖なるロザリオである。あな
たたちの力は聖体 − わが体、わが血、神性である。あなたたちの清さは
告解の秘蹟である。あなたたちがこれらの贈り物を心にいとしいものとする
ならば、甘美なる子供たちよ、あなたたちは道に迷うことはない。あなたた
ちは混乱し、あるいは誤解されるかもしれない。あなたたち自身、誤解する
こともあるかもしれない。しかし、それが真理の道なのである。キリストの
代理者、わが代理者 − 今はヨハネ・パウロ2世、後日にはペトロ2世に
しっかりとつかまっていなさい。そうすれば甘美なる子供たちよ、あなたた
ちは誤ることはないのだ。……

 ……聖なる代理者は病気であり、ペトロの王座にキリストの代理者として
留まることはできないとの噂に耳を貸してはならない。わが代理者が病気な
のは本当である。わが代理者はとても苦しんでいる。しかし、わが代理者は
至聖なる御母に強められており、「殉教」の時までペトロの王座に留まるで
あろう。多くの者がヨハネ・パウロ2世は引退すべきであると言うであろう。
しかし甘美なる子供たちはこのことを信じてはならない。ローマにいる多く
の者と全世界の多くの者は、われらの代理者を取り除き、誰か別の者をペト
ロの座に据えようと望んでいる。しかし、このことが起こった時、支配する
者は反教皇となるであろう!



----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------
◆ 箱舟の聖母社から次の4冊の本を発行しました。

 「153本の聖ヨゼフの百合」 …… A5判 316頁 3000円
 「153本のマリアさまのバラ」 … A5判 170頁 2000円
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」……A5判 143頁 2000円
 「メッセージ集」       …… A5判 233頁 3000円

 送料は、各一冊につき全国一律500円、4冊セットで、または各種あわ
せて4冊以上お申込みの場合は無料です。

 お申込みは、現金書留か郵便振替にて、下記までお願いします。ご送金は
おつりのないようにお願いします。ご入金を確認後、発送します。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社

  郵便振替 00840−3−132438

--------------------------------

「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は1月11日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Br.Jean-Marie  Kolbe-Marie
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%4%%




[HOME] [戻る]