「箱舟の聖母」バックナンバー
2003年12月28日号No.184

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2003年12月28日号 No.184

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記


----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第44章 】

 夫が妻の話に真剣に耳をかし、喜んでよい意見をそこから汲み取るという
姿を日本では見かけません。「お前は黙っていろ!」とか「何を言っている
んだ」と言わんばかりの妻をばかにした様子を見せるのを見かけはします
が……。妻の話しを夫がきかないために会話がなくなってしまった夫婦も
たくさんいますね。

 聖ヨゼフが自分の半分の年しかいかない、15歳以上も年下の妻のマリア
様を、どんなに信頼しているかに注目してください。それは、ベトレヘム
への旅の前のように、マリア様にいつも心配と悩みを打ち明けることにも
あらわれていますが、また、その時のようにいつもマリア様の言葉に注意
深く耳を傾け、その考えを取り入れることにいっそうよくあらわれています。
聖ヨゼフは信頼を、人に対しても神に対してと同様に実行したのです。なぜ
なら彼はあらゆる面で謙遜だったからです。

 人を信頼しないのは傲慢な人の特徴です。人を信頼しないのは、人を見下
しての上の判断だからです。「隣人は自分よりも劣る、無能な、悪い人間ば
かりだ」という判断です。人を信頼しない人は、自己評価において思いあ
がった判断をしています。「自分だけで正しい判断ができる、自分だけで何
でもやれる」というふうに。

 共同体においては、人に対する信頼は特別な重要性を持っています。それ
は、人に対する信頼は、謙遜の徳の程度のバロメーターにもなるので、互い
の信頼が深まることは、それぞれの謙遜が深まることでもあるからという
こともありますが、もっと重大なのは、人を信頼しないということは、相手
に「自分だけでいい、お前はいらない」というのと同じメッセージを送る
ことになることだからです。こんなメッセージを送りあえば、共同体は一つ
の体として成り立たなくなってしまいます。コリント人へ送った聖パウロの
言葉を知っていますか? 「肢体は多いが体は一つである。だから目は手に
向かって『お前はいらぬ』とは言えないし、頭は足に向かって『お前はいら
ぬ』とはいえない。体の中で最も弱く見える肢体はかえって必要である」
(コリント人への第一の手紙12・20−22)

 人を信頼しない人は、共同体の中にいても自ら異分子で留まります。そう
いう人が多い共同体は、ひとつの体とはいえないしろものです。自分のやっ
ていることには最高の価値があり、隣人のやっていることは無駄な暇つぶし
だと互いに考えている集まりに過ぎません。あなたは「神は信頼するが、
人間は信頼しない」と言っていませんか? 聖ヨゼフがそんなことを言った
でしょうか。謙遜な彼が言うはずがありません。

 共同体にとって人を信頼することの大切さがわかりましたか? 聖パウロ
の言葉をもう少し聞いて納得してくださいね。「神は劣ったところに、こと
に尊さを与えるように人の体をつくり上げられた。体のうちに切れ目がなく、
肢体が互いに相助けるためである。一つの肢体が苦しめばすべての肢体は
ともに苦しみ、一つの肢体が尊ばれれば、すべての肢体が共に喜ぶ。さて、
あなたたちはキリストの体であって、各人はその一つの肢体である」(コリ
ント人への第一の手紙12・24−27)



----------------------------------------------------------------
2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
  − No.73 −
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
No.73 1984年2月11日(ルルドの聖母の祝日)
午後3時にリトル・ペブルの自宅にて聖母が彼にお与えになったメッセージ
--------------------------------
聖母:
 我が子ウィリアムよ、そして子どもたちよ、あなたがたを祝福いたします。
父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 愛する我が子ウィリアムよ、そして「インナーサークル」の子どもたちよ、
私はきょう、ルルドで、小さなベルナデッタに出現したこの大いなる祝日に
参りましたが、同様に、指導と助言のメッセージを与えるために、息子の
あなたのところへ来ているのです。

 あなたがたを今日呼び集めたわけは、天国に関することのためです。「イ
ンナーサークル」の光の子らよ、イエズスがあなたがたにお与えになってい
る十字架が重いことは、私にはわかっております。しかし信仰と愛をもって、
この十字架を受けなければ、御恵みがいただけないのですよ。それは天国へ
の道はトゲやアザミだらけの狭い道だからですが、その道にはたくさんの
御恵みと愛があり、その報いは光と愛なる永遠の御父のまします王国での、
終わりなき光なのです。

 愛する息子ウィリアムよ、あなたが病気のことを心配していることも、多
くの子どもたちの病気のこともわかっております。しかし心配せずに、忍耐
をもって十字架を担って<ださい。神様の御旨は、神様の決められた時に
行われるのですから。……

 あなたがたの愛と犠牲の仕事を毎日続けてください。また日々神様の望み
を果たせば、あなたがたは他人の霊魂を救うことができるのだ、ということ
を覚えておきなさい。くじけずに、人間の罪の償いのため、いけにえとなっ
て、日々神様に自分の命を捧げながら、償いの祈りを続けてください。

 愛するウィリアムよ、今からきょうの私の祝日に世界へ向けて又、もう
1つのメッセージを与えたいと思います。

(ここでオーストラリアをはじめ、全世界に向けての第二回目のメッセージ
が与えられる。1984年2月11日のメッセージを参照のこと。このメッ
セージの間、ルシフェルが防害しようとした。テープがレコーダーの中で
からまり、レコーダーを分解してからやっと元どおりになったのだった)

 ウィリアム、心配することはありません.ルシフェルは時々私の働きを
防害するのです。恐れる必要はありません。今からこのメッセージを、また
続けます。ルシフェルが私のことばを止めさせようと挑んでいるからです。

 では息子よ、続けてください。恐れないで。私があなたと一緒にいるの
ですから。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 愛する息子ウィリアムよ、感謝いたします。以前に起ったことについて
心配することはありません。すぐに愛の仕事を続けなさい。信仰をもって。

 この前私はあなたが、「大いなるメッセージ」まであまりたくさんメッ
セージは受けないでしょうと申しましたが、子どもたちを救うために、あな
たの助けが必要です。では子どもたちよ、続けてください。父と子と聖霊
との御名によりて。アーメン。


--------------------------------

★ 熱心を快復する ★

〈 1979年 〉

 ウィリアムが信仰を取り戻したのは1979年だった。主なきっかけは、
その年の10月に起こったことである。10月6日、彼はベイサイドで聖母
から一片のばらのはなびらを受けたのだった。

 又、同じ10月にウィリアムは次のような夢を見た。

 私は緑の平地を見ており、その中に二軒の家が建っていました。向かって
右側の家の中では、大勢の人が楽しんでいました。左側の家は黒い煙突の他
は皆、地に焼け落ちていました。私は木の十字架を持って、焼け跡に行って
みました。私が着くと突然太く低い声が聞こえ、もう一軒の家にいる人々は
自分のものだから立ち去れと私に言うサタンの顔を見たのです。私はサタン
に決して立ち去らないと言い、イエズス様の御名によって悪魔払いを始め、
地獄に行けと命じました。こう言っている間に、大地震が起こり、気味の悪
いサタンの叫び声はまったくぞっとするものでした。次の瞬間に、私はもっ
と高い平地におり、そこでずっと空高い雲の中にいらっしゃるイエズス様と
マリア様と聖ミカエルを見たのです。私は巨大な木の十字架を担っており、
私の守護の天使がとなりにおりました。私の後ろには何千人もの人がいまし
た。そして最も力強い声が、私に叫ぶのが聞こえました。「おまえのうしろ
にいる人々は、おまえの苦しみによって救われた者たちである。子よ、だか
らおまえは苦しんでいるのだよ」それからすべてのものが消え去りました。


〈 ベイサイド 〉

 11月に、聖母はウィリアムにローキューション(内的語らい)によって
30回話された。毎回同じメッセージで、「ベイサイドへ行きなさい」と
おっしゃた。

 12月28日に彼はベイサイドに着いた。働き手の一人から、一輪のばら
の花をもらったのは、実際に「フラッシングズ・メドウ」の場所であった。
聖母は、そのばらの花は特別に彼のためにあげたものだとおっしゃった。
ウィリアムは数週間ベイサイドにおり、この間ベイサイドの働きと深くかか
わった。


〈メッセージを広める − 1980年〉

 全般的に何事も、幸先よく行くようであった。ウィリアムはシドニーに
1980年が明けてまもなく戻り、直ちにベイサイドのメッセージを広め始
めた。この初期の段階で、ウィリアムはベイサイドのメッセージについて
何千人もの大勢の人々と話をすることができた。しかし良いことのあとには
悪いことが来るものである。この場合、それは迫害であった。それは雪だる
まのようにふくれ上がり、みるみるうちに来た。その頃の十字架はとても
重いものであった。


〈ゴッビ神父〉

 1980年10月、ウィリアムはシドニーにおけるゴッビ神父のチェナク
ルムに出席した。ゴッビ神父は、あるグループの人々に話しかけていたのだ
が、突然聖母から導かれてその人々のところからウィリアムのところへ来て、
特別な祝福を与えたのだった。

 メッセージと聖母信心を広めながら、ウィリアムの生活は普通に過ぎて
いった。


く夢>

 次の幻視は1985年5月に起きた。

 聖ミカエルが、自分の剣を私にくださり、この剣によって誰も私を打ち負
かすことはできないとおっしゃいました。このことが起こる前に、私は霊的
に悪魔どもから攻撃を受けておりました。それから爆発のような、ドーンと
いう音が部屋に起こったのです。そこら中まっ白でした。聖ミカエルが「誰
が神と等しい者か?」と言いながら轟くような音を立てていたのです。彼は
天使ケルビムと一緒でした。彼は剣で悪魔どもを突き刺し、その剣を私に
手わたしました。


 次の夢は1981年のものである。

 私は自分がジャングルの中にいて、軍服を着て、戦争で戦っているのを見
ました。空中にヘリコプターがあり、その中にパウロ6世教皇様が乗ってお
られました。ヘリコプターは、ゆっくりと降りて来ました。私が教皇様の方
へ走り寄ると、教皇様は出ていらして、私を引き上げてくださいました。
教皇様は深い笑みを浮かべておられました。そして私を引き寄せられ、抱き
しめてくださり、額に接吻なさってから、そこに十字架の印をなさいました。
それから又私を戦争の中に戻されてから、「戦い続けなさい」とおっしゃっ
たのです。



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
イエズス様からの警告 1994年9月3日
リトル・ペブルに(抜粋)

 天に在します御父はすでに悪を行なう者に対して、世に対して正義が遂行
されることを命じられた! なぜなら人類は今なお天のわれわれが話すこと
に耳を傾けないからである! 私はあなたたちにわが尊い血、わが生涯の聖
なる犠牲、そして、わが死と復活とを与えた。至聖なる御母の苦しみ、殉教
者の苦しみ、そして天と地の偉大な聖人たちを与えた。わが教会 − わが
「神秘体」の苦しみを与えた。それなのに今なお子供たちは聞くことを拒む
のである!

 すでに今全世界で子供たちは神の手が働いているのを見ている。神は戦争、
自然災害、全世界の気候周期の変化を通して懲罰が降るのを御許しになられ
たからである。しかし、いとしい子供たちよ、これらはほんの始まりに過ぎ
ない。これらの苦難は、プライドのために私から遠く離れている子供たちが、
神の前に膝を屈して罪深い生き方を悔い改める時まで増え続けるであろう。
言うまでもないが甘美なる子供たちよ、時はとてもとても残り少ないので
ある! 甘美なる子供たちよ、あなたたちの地上の時は今速く進んでいる。
あなたたちの多くの者はこのことに気づいている。そして、私が人類に送る
大警告の時が近づいているので、子供たちの苦難の時を縮めるために、時は
より一層速やかに進むことであろう。光の甘美なる子供たちよ、御父があな
たたちの生活と状況とのうちに御許しになられた多くの困難のために落胆し
ていることは分かっている。しかし平和に留まりなさい。大警告後に現れる
反キリストの力と対面しなければならない時に備えて、あなたたちに力を
与え準備させるため、あなたたちを清める目的ですべては許されているのだ
から。……

 ……いとしい子供たちよ、あなたたちが今戦っている戦争は霊戦 − 霊
と霊との戦いだけではなく、むしろ霊と肉との戦い − であることを覚え
ておきなさい。甘美なる子供たちよ、あなたたちの「小ささ」によってあな
たと私、そして至聖なる御母はルチフェルに勝利を収め、この勝利は大勝利
となるであろう。なぜなら、あなたたちの「小ささ」と肉の弱さの内に、あ
なたたちは闇の側の霊界の力ある者に対して勝利するであろうから! この
ため私たちはしばしば、そして今もあなたたちを強めるために話しているの
である。私たちはあなたたちに人類創造以来六千年の間に与えたよりも多く
の準秘蹟、祝福、恵みを与えている。それは最終のために「ハルマゲドン」
の戦い − 善と悪との最後の戦い − のために最良の兵士を選んだから
である。



----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------
◆ 箱舟の聖母社から次の4冊の本を発行しました。

 「153本の聖ヨゼフの百合」 …… A5判 316頁 3000円
 「153本のマリアさまのバラ」 … A5判 170頁 2000円
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」……A5判 143頁 2000円
 「メッセージ集」       …… A5判 233頁 3000円

 送料は、各一冊につき全国一律500円、4冊セットで、または各種あわ
せて4冊以上お申込みの場合は無料です。

 お申込みは、現金書留か郵便振替にて、下記までお願いします。ご送金は
おつりのないようにお願いします。ご入金を確認後、発送します。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社

  郵便振替 00840−3−132438

--------------------------------

「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は1月4日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Br.Jean-Marie  Kolbe-Marie
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%




[HOME] [戻る]