「箱舟の聖母」バックナンバー
2003年12月21日号No.183

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2003年12月21日号 No.183

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記


----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第43章 】

 聖ヨゼフは人口調査の命令により、身重のマリア様を連れてベトレヘムに
行かなければならないと知り、大きな心配にとらわれました。しかし彼は
すぐマリア様に、その心配を打ち明けます。マリア様に約束させたように、
自分も心配、悩みを何でもマリア様に打ち明けるのです。彼はマリア様を
どんなに信頼し、マリア様に対して心を開いていたことか! 私たちも聖ヨ
ゼフにならってそうすべきです。

 すべての恵みの仲介者・マリア様に自分を結びつけることとは、聖ヨゼフ
がなさっていたようにマリア様に聞き、マリア様に導かれることです。希望
の徳を強める恵みをマリア様の胎内にいるイエズスから注がれ、超楽観主義
者になる道を歩み始めた聖ヨゼフは、マリア様に聞き、マリア様に導かれて
悪魔的悲観主義を捨て、完成に向かって進んでいきます。二人の会話を聞い
てください。

ヨゼフ:「しかし、旅に出るには……、多くの混雑が? ……よい宿が見つ
    かるか? 間に合うように帰れるか? それとも……、そこで母と
    なったら、どうしよう? そこには、私たちの家もなく、もう誰も
    知っている人がいない……」

マリア:「心配しないで。すべてうまく運ぶでしょう。神は、子を産む動物
    にも避難所を見つけさせてくださる。ご自分のメシアのために、そ
    れを見つけさせないことがあるでしょうか? 私たちは神を信頼し
    ています。そうでしょう? 試練が大きいほど、私たちは信頼し、
    二人の子供のように、私たちの手を父の御手のうちにおけば、神は、
    私たちを導いてくださる。今までどれほどの愛をもって、私たちを
    ここまで導いたかをごらんなさい。一番よい父でも、これ以上の
    思いやりはできなかったでしょう。私たちは主の子供であり僕です。
    私たちがその思し召しを行うかぎり、何の悪いことも起こるはずは
    ありません。……おお、恐れないで、ヨゼフ。道が安全でなく、
    群衆で混雑して旅が困難でも、天使たちが私たちを守ってくれるで
    しょう。私たちのためではなく、自分たちの王に避難所が見つから
    ないなら、彼らの翼は私たちの幕屋となるでしょう。悪いことは何
    も起こらないでしょう。神が、私たちとともにおられるから……」

ヨゼフ:「私の心の太陽、祝されよ! あなたを満たしている聖寵を通して、
    すべてが見られる、あなたは祝されよ!」(1)

 ところで共同体の中に生きながら、つまり、すべての恵みの仲介者である
マリア様とともにいながら、彼女に自分を結びつけることができない人が
大多数です。その原因は、祈りの質にあります。その人たちの祈りは、打ち
明けない祈り、相談しない祈り、独り言のような祈り、自己完結してしまう
祈りであって、マリア様に聞いていません。導かせていません。祈りの基礎
は、子供のように自分の言葉でマリア様とお話しすることができるようにな
ることです。マリア様の言葉はインスピレーションの形で心の奥底に置かれ
るのですが、ちゃんと答えてくださっています。それは何らかのかたちで
後でわかります。ですから会話なのです。その人たちは会話をしていません。
良くない、間違った基礎の置き方をしてしまったのです。決まり文句を唱え、
言いたいこと、願い事だけを述べ、心には生き生きとした愛情を起こさない、
そんなやり方で最初から始めてしまった人です。これが大多数の人なのです
から、皆さんは自分の祈り方を反省し、聖ヨゼフのようにマリア様に聞き、
マリア様に導かせ、マリア様にひとつに結ばれるように、基礎づくりから
どうかやり直してください。

(1)「聖母マリアの詩(上)」あかし書房 マリア・ワルトルタ著
   P184、185



----------------------------------------------------------------
2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
  − No.67、72 −
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
No.67 1983年9月25日 日曜日
聖母がリトル・ペブルにお与えになったメッセージ。
--------------------------------
聖母:
 我が子ウィリアムよ、そして子どもたちよ、私は今回悲しい知らせをもっ
て、天から再び参りました。子どもたちに注意を与えるために来るのは、こ
れで4回目です。もう一度かかわっている者たちにはっきりさせておきます
が、神の母、至聖なるマリアである私は、一人一人のメンバーを各々名まえ
で選んだのです。彼らを選んだのはその愛と信仰と不屈の精神があるためで
す。どうか子どもたちよ、あなたがたに与えたメッセージを、もう一度読み
返してください。一つ一つのメッセージは、明確、かつ単刀直入です。私が
言っていることをなぜ理解できないのでしょうか? ですから今一度指図を
与え、一人一人のメンバーが読んで、祈って、私のことばに耳を傾けるよう
にお願いします。前にも申しましたように、この運動内には、無情という
ことばは禁物です。あなたがたはお互いに神に仕えるように、愛し合い、仕
え合わなければなりません。各々が毎日天から助けを請うために、毎日絶え
ず祈らなければならないのです。数人のメンバーに、はっきり言っておきま
すが、一人一人が天の仕事のために役に立つ才能を与えられているのです。
以前に言った私のことばを思い出しなさい……。

 「インナーサークル」の子どもたちに、天の母はその汚れなき御心で一人
一人をだきしめていることと、神様の愛と祝福のうちにしごとを続けなけれ
ばならず、愛と平和と平静をもって、この仕事にたずさわることにより、神
に仕えなければならないと伝えてください……。まもなく私はメンバーの
一人一人に、仰天するような大いなる恵みを与えましょう。これはあなた
がたに勇気を与えるためです。

 トラィアリングスとメノラウティスとバラキエル(守護の天使たち)が
あなたがたを抱きしめております。彼らによく祈りなさい。彼らはあの一つ
の計画も含めて、すべての計画の守護者たちだからです。

 ありがとう、息子ウィリアムよ、では主の平和のうちに行きなさい。お祈
りを唱えなさい。そうすれば今すぐに私があなたの祈りやすべての祈願を
永遠の御父の御前に運びますから。あなたがたを深く愛していますよ。神様
の光で、「インナーサークル」のすべての子どもたちを祝福いたします。
父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

リトル・ペブル:
 ありがとうございます、おかあさま、聖なるおかあさま、どうか私達に
あわれみ深くなさってください。あなたの汚れなき御心を傷つけるようなこ
とは、したくないのですから。

聖母:
 わかっておりますよ。ですから今日こうして来たのです。子どもたちが心
の奥深いところでは、私を愛してくれているとわかっているからです。息子
よ、私の御心を見てください。この御心は私のものであり、又あなたと子ど
もたちのものなのですよ。ありがとう、かわいい子よ。


--------------------------------
1983年9月22日のリトル・ペブルヘのメッセージ。
--------------------------------
聖母:
 愛する光の子たちよ、あいさついたします。いと高き御者のまします天よ
り、再び参りました。あなたがたを祝福いたしましょう。又、仕事がはか
どっているようですので感謝いたします。

 愛する光の子らよ、愛の子どもたちよ、私はもう何日もあなたがたと共に
おります。天使達はずっとよく活動しております。…… 天使トラィアリン
グスが何か言いたいそうです。

天使トラィアリングス:
 天の大天使トラィアリングスであるわたしは、汚れなき聖マリアの取り次
ぎにより、永遠の御父よりつかわされ、至聖なる三位一体のうちに、あなた
がたを祝福し、神の汚れなき聖心にあなたがたを奉献します。今あなたがた
は神に奉献された。御子とその御母に常に忠実でいなさい。心を平静にして、
物事が結局どのようになるのかなど心配してはいけない。わたしは天では
『平和の天使』、又『三位一体の天使』である。……では愛する三位一体の
子どもたちよ、あなたがたを祝福する。父と子と聖霊との御名によりて。
アーメン。

聖母:
 では愛する子どもたちよ、最後のお祈りを続けてください。そしていつも
するように聖歌を歌ってくださいね……子どもたちが永遠の御父なる全能の
神様に対して、自ら反抗して行くのを見て、私は泣いており、我が汚れなき
御心も悲しんでおります。どうかそのような哀れな者たちのために祈るよう
に、一人一人のインナーサークルのメンバーたちに伝えてください。我が
汚れなき御心から言っていることに耳を傾けない者たちのために、私はよく
涙を流しているのです。大勢の者が救われるようによく祈ってくださいね。

 ありがとう、ウィリアム。心静かにしていなさい。世の救い主、我が聖き
息子の御名によってあなたを祝福いたします。父と子と聖霊との御名により
て。アーメン。


--------------------------------

☆ 1970年〜1974年 ☆

 ウィリアムにとって、この5年間は何事もなかった。数回司祭になろうか
とも思ったが、断念した。次に掲げるのは、この期間に起こった、いくつか
の重大と思われるできごとである。

《十字架の道行のロザリオ》
 1970年から71年にかけてウィリアムはイエズスから最初の内的語ら
いを受けた。この語らいの中でイエズスは「十字架の道行のロザリオ」とい
う祈りのことを申された。彼がメキシコの幻視者、ポルタボーズに手紙を
書いて、自分がイエズスから受けたことが真実であるかどうか − つまり
幻視と十字架の道行のロザリオが、真のものであるか否かを聞いたのは
1973年のことであった。イエズスとマリアと聖ヨゼフはポルタボーズを
通じてお答えになり、ウィリアムに、その不思議な経験もお祈りも、真のも
のであると助言された。

《驚くべき出会い》
 1972年、フランシスコ会の第3会員として、ウィリアムは他の30人
の会員達と共に修道女を訪問のため、フランシスコ会女子修道院に行った。
この日彼は自分と同じぐらいの背丈の修道女に出会った。彼女は非常に美し
かったので、実際彼は彼女から目を離すことができなかった。彼女は他の
20人の修道女と一緒に、こうしのうしろに立っていた。

 ウィリアムは、順番に各修道女と個別に話した。その修道女の番が来た時、
『彼女』はその『両手』で彼の手をとり、自分の名まえはマリアであると告
げた。『彼女』はウィリアムに、彼のことと彼の神様のための仕事のことを
全て知っている、と言ったのだった。

 さてウィリアムは、この人がどうやって自分のことについて全部知り得た
のだろうかと思い始めた。『彼女』が彼に話しかけた時、その声は心に大き
な喜びをもたらした。彼は自分の回りにいた人々は皆互いに話し合うのに
夢中で、彼がその修道女と話をしていることに、誰も注意を払うものはいな
かったことに気がついた。彼は自分が天国にいるかのような気がした。

 修道院を去った後も、彼はやはりあの美しい修道女との出会いを忘れるこ
とができなかった。『彼女』のことと、あの経験が脳裏に焼きついて離れな
かった。結局、もう一度あの修道女に会わなければならないということに
なった。そこで彼は修道院に電話して、院長と話をした。院長はマリアとい
う名の修道女はいないと言った。ウィリアムはたった二日前に『彼女』を見
たと言い張ったが、やはりそんな名前の者はいないと言われたのだった。

 このことは13年間も、ウィリアムにとって謎であった。しかし1985
年に、聖シャーベルはジョーゼット・ハーブに話しかけられて、手を握られ
たのは肉体をまとった聖母様であったと、リトル・ペブル(ウィリアム)に
伝えるように話したのであった。(このことを知った時の、彼の喜びは想像
がつくであろう。)


--------------------------------
No.72 1984年2月2日
聖母がリトル・ペブルにお与えになったメッセージ
--------------------------------
聖母:
 愛する光の子どもたちよ、あなたがたにあいさつし、又祝福いたします。
父と子の聖霊との御名によりて。アーメン。

 無原罪の聖マリア、神の母、すべての恵みの仲介者なる私が今晩やって
参りました。最愛の子らよ、あなたがたを皆を愛にみちあふれた御心で祝福
いたします。この数週間というものが大きな苦しみや、悲しみでみちていた
ことはわかっておりますよ。しかしこれはいと高き御者、主なる神の大きな
御恵みと、喜びと勝利でもあったのです。愛する我がリトル・ペブル、我が
道具なるウィリアムよ、あなたを祝福いたします。父と子と聖霊との御名に
よりて。アーメン。

 今晩は助言や指導のため、あなたがたに言うことがたくさんあります。天
はあなたがた全員の行いを非常に喜んでおります。奮戦は絶えないでしょう。
悪魔のルシフェルは、私の地上での働きを破壊しようと侵入してきておりま
すが、彼が勝利を得るのではありません。私が彼の頭を踏み砕くからです。
ウィリアムよ、今晩は、まもなく着手しなければならない「償いの日」につ
いて指示したいと思います。

 すでに気がついていると思いますが、私の子どもたちはこの「償いの日」
には、私が頼んだとおりの服装をしなければなりません。この日には、女性
は常に床まで届く服装をしなければなりません。つまりカルメル会の修道女
のような服装を習慣づけてください。前とうしろには、身丈の大きさの大き
なスカプラリオを身につけることです。男性も前とうしろをおおって、カル
メル会の茶色のスカプラリオを身につけてください。これを胴のまわりに、
ロープで結ばなければなりません。以上のことは世界中の子らにとって象徴
的なものとなるでしょう。

 愛する子どもたちよ、南の方の地に起こった困難のことで心配する必要は
ありません。心に愛と剛毅と、強い力と希望を抱いて進んでいってください。
いかなることがあろうと天は勝利を得るのです。光の子らよ、恐れることは
ありません、天はあなたがたを深く愛しているからです。天があなたがたの
道の一歩一歩を導きます。ルシフェルは天のあらゆる働きを破壊しようと
思っております。彼の時間はなくなってきており、まもなく永遠に地の下に
埋められるでしょう。

 愛する息子ウィリアムよ、すでにわかっていることですが、今晩二つの
メッセージを与えます。最初のメッセージは「インナーサークル」のメン
バーのためだけのもので、二番目のはオーストラリアをはじめ、他の国々に
あなたと子どもたちが緊急に広めなければならないものです。光の子らよ、
あなたがたを祝福いたします。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 ウィリアムよ、恐れることはありません。天の御父があなたに課した道を
歩み続けて<ださい。私のことばのために、あなたは大勢の者から迫害を受
け、軽べつされるでしょう。しかしこれはイエズスが辿られた道と同じ道な
のです。この道は子どもたちにとって、「聖性への道」なのです。子らよ、
自分の十字架をとってイエズスに従いなさい……

 ……私の愛する息子、又あなたの愛するグラントはとても美しい所に私と
共におります。もう気づいているように、彼は死んだのではありません。深
い眠りに入っているのです。神様がその永遠の思いのうちに、神のその母、
至聖なる童貞マリアのより大いなる栄光のために、このことをお許しになっ
ておられるのです。

 グラントの表面上の死は、当然悲しむべきことです。私も息子イエズスが、
三日後に復活なさるとわかっておりましたが、十字架上にて亡くなられたの
を見た時、私は悲しみで胸をつらぬかれたのですから、あなたがたの悲しみ
はわかっております。しかし喜びに喜びなさい、グラントは後に偉大な人物
となるのですから。今、彼のからだは眠っておりますが、永遠の御父は、時
が来たら彼を起こし、彼は外自然的状態で、全部完全なからだになってあな
たがたのところへ戻ってくるでしょう。天は愛するグラントのために大いな
る計画があるのです。

 彼は今わかったように聖人であり、グラントのための神様の御計画は、彼
が復活し、彼をとおして神様が非常に特別な方法によって崇められ、敬われ
ることです。グラントは今、エデンの園、つまりパラダイスにおり、そこは
あなたがたにはまだわからないし、見ることもできないのですが、イエズス
がまもなくこの世に戻って来られる時、「平和の時代」が始まり、天国は
子どもたちに手渡されると、私が世界中のあらゆるところで約束したのでは
なかったですか? このことはイエズスの再臨を見るまで生きる子どもたち
のため、大きな報いなのです。グラントの復活は、世界中に知られ、それは
私のからだが天にあげられた被昇天以来証される、最も偉大な奇跡となるで
しょう。グラントは今、他の人々の霊魂と共にパラダイスにおります。

 旧約時代の預言者エノク、エリヤ、又福音史家ヨハネと一緒です。彼らは
グラントに近い将来起こるべきことを教えております。それは彼が他の人々
との再来と同時に、預言者としてこの世に戻ってくるからです。聖書や「神
の都会」を読みなさい。そうすれば私の言う意味がわかるでしょう。グラン
トの復活は、世の終わりに全ての者が復活することと同じものではありませ
ん。彼の肉身の復活は、人類が驚くように、まもなく起こるでしょう。彼と
息子ウィリアムは、「はこ舟の聖母、我らの聖母マリア、キリスト信者の
扶け」の御名のもとに、この国に出現している私の、この大陸における使者
になります。愛するジェイムズ、フランセス、又他の子どもたちよ、あなた
がたを祝福いたします。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。


--------------------------------

聖母:
 光の子どもたちよ、天がいかに子どもたちのことを考えているかわかるで
しょう。いつも天の母の指示に従い、私に確信をもち、恐れないようにしな
さい。あなたがたを祝福いたしましょう、父と子と聖霊との御名によりて。
アーメン。

 愛するウィリアムよ、そして子どもたちよ、では今からオーストラリアと
世界に向けてメッセージを与えます。息子よ、このメッセージが世に出る前
に、司教様に祝福されなければなりませんので、司教様にわたしてください。

リトル・ペブル:
 マリア様はすぐ続けられるそうです。

(ここでオーストラリアと世界に向けた最初の公なメッセージが与えられた。
 1984年2月2日のメッセージ参照のこと。)

聖母様:
 ウィリアムよ、そして光の子らよ、今夜はこれで終わりです。あなたは
イエズスが地上へ再臨されるまで、たくさんのメッセージを受けるでしょう。
又、多くの助言も受けるでしょう。

 ありがとう、愛する子どもたち。ありがとうウィリアム。道は時々険しく、
困難になるでしょうが、強くなり、恐れることはありません。あなたが愛し
ている母が、いつも一緒にいるのですから。かわいい子たちよ、感謝いたし
ます。ではあなたがた全員を祝福いたします。父と子と聖霊との御名により
て。アーメン。


  神の至聖なるイエズスの聖心よ、
  我らの心を溶かし、
  聖心に注いでひとつに
  させ給え。



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1994年8月13日
リトル・ペブルに(抜粋)

 何年も前にトランペッターに与えられた幻視 − 子供たちはどのように
して信仰をもって歩まねばならないか − をよく覚えておきなさい。弱さ
のために今分裂している光の子供たちはどうなるでしょうか。彼らは神であ
るわが息子と私が与えた道に従うための信仰と真理のうちを歩んでいないの
です。あなたたちを導き、この道を歩むのを助けるために私たちは一人の
指導者を与えました。この指導者なしでは、あなたたちは分裂に至る道を
歩むことでしょう。キリストの代理者に従わない者たちにも同じことがいえ
ます。彼らもまた弱さの内に堕ちてしまったのです。そのために教会は全世
界で多くの部分に分裂してしまったのです。

 わが汚れなき御心の勝利が速やかに到来し、教会から、そして人類の心の
中からルチフェルを投げ出すようにと、わが至聖なるロザリオを祈ることは、
今地上にいるすべての善いカトリック信者の義務です。甘美なる子供たちよ、
懲罰は速やかに地上に到来しつつありますが、懲罰には物理的なものだけ
ではなく、霊的なものもあるのです。あなたたちの多くの者は地震、揺れ、
津波 − すべて自然の働きとして懲罰を考えていますが、甘美なる子供た
ちよ、そうではありません。その他多くのタイプの懲罰があるのです。

 そして、最悪のものは信仰の欠如、すなわち真理への忠実さの欠如です。
今や人間的考えの時ではありません。人間的考えは脇へ置かなければなりま
せん。甘美なる子供たちはアブラハムのように、あなたたちの天の母である
私が聖なる大天使ガブリエルに「なれかし」と言った時のように信仰を持ち
なさい。あなたたちも同じようにしなければなりません。

 信仰と真理のうちに歩み、神に忠実でありなさい。日本よ! 日本よ! 
わが汚れなき御心の国よ、真理への証しを与えるために私は世界のすべての
国々を超えて日本を選びました。ですからあなたたちが悪に打ち勝つように、
真理があなたたちの信仰の基盤となるように、聖なる殉教者の助けをもって
祈りなさい。あなたたちには多くのことが期待されているからです。特に今
は世界中の多くの子供たちが神であるわが息子イエズス、救い主にしてあら
ゆるものに勝る主を信じることが。

 甘美なる子供たちよ、人類にとって時はとても残り少なくなっています。
この国や全世界に来る懲罰について何年にも渡って話して来たことはすべて
文字通り成就することをよく覚えておきなさい。いとしい光の子供たちよ、
あなたたちを愛しています。あなたたちにわが汚れなき御心を与えます。そ
うすればあなたたち皆を甘美なる子供として集めることができます。あなた
たち皆に接吻し祝福します。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

(この警告の後半を理解するために、街頭配布用のリーフレットをホーム
 ページにアップしますので、お読みください。郵送版の方には一部同封
 します。 Br. Jean-Marie)



----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------
◆ 箱舟の聖母社から次の4冊の本を発行しました。

 「153本の聖ヨゼフの百合」 …… A5判 316頁 3000円
 「153本のマリアさまのバラ」 … A5判 170頁 2000円
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」……A5判 143頁 2000円
 「メッセージ集」       …… A5判 233頁 3000円

 送料は、各一冊につき全国一律500円、4冊セットで、または各種あわ
せて4冊以上お申込みの場合は無料です。

 お申込みは、現金書留か郵便振替にて、下記までお願いします。ご送金は
おつりのないようにお願いします。ご入金を確認後、発送します。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社

  郵便振替 00840−3−132438

--------------------------------

「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は12月28日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Br.Jean-Marie  Kolbe-Marie
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%




[HOME] [戻る]