「箱舟の聖母」バックナンバー
2003年12月14日号No.182

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2003年12月14日号 No.182

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記


----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第42章 】

 特権的恵みを受けた人は、その瞬間から傲慢になる誘惑に厳しく試されま
す。これに耐えるための特殊な謙遜があります。それは自己顕示欲を徹底的
に捨て去った謙遜です。イエズスは治した病人たちに黙っているようにと
言ったのに、彼らは黙っていることができませんでした。大恩人の命令なの
になぜ従えなかったのでしょう。それは喜びのあまり……だけでしょうか。
偉大な恵みを受けたことは、自身の誉れでもあります。(本当は神のあわれ
みであって、そうではないのですが……) 人間は自分を価値あるものと
考えたいものですが、それだけにとどまらず、自分を価値あるものと、人に
見てもらいたいものなのです。誰にでもあるいわば自然な心理です。しかし、
この心理を自然のままに放っておいている人は、まだ謙遜の深い部分には
至っていない人で、試されると傲慢になる人です。

 聖ヨゼフは自分が神の養父になったという特権的恵みを受けたことを知っ
たとき、へりくだってマリア様に謝罪した後で、彼女とともに喜びのあまり
泣きました。しかし喜びのあまり人に言うことは決してしませんでした。彼
は自己顕示欲という欲望を克服ずみだったのです。

 この特殊な謙遜は、隣人をねたみの罪に陥ることから守ります。隣人が
劣等感をだくことも防ぎます。そして何と言っても神の御計画を壊しません。
神が特権的恵みを与える人は、ますます謙遜になってゆくことを条件にそれ
を与えられるのです。それで傲慢になる誘惑に厳しく試されるのです。その
人が自分の自己顕示欲を、試されることで認識し、ますますへりくだって
試みに勝ち、謙遜を深めるのが神の第一のご計画です。この神の第一の御計
画に沿うことで、神の第二、第三の御計画も壊されずに実現するのです。

 聖ヨゼフが影と沈黙の中に自分を置き続けたことで、探りを入れていた
サタンたちには、贖いの瞬間までイエズスが贖い主であると確信できず、神
の御計画をぶちこわしたかったのにそれができませんでした。メシアの事を
ダビデ王のような現世的王、イスラエルの国に全世界を支配させる征服者と
して考えていた人々の目からも、メシアを隠すことで、彼らが自分勝手な
ことをメシアに押しつけることを防ぎました。本当に聖ヨゼフのこの特殊な
謙遜は、神の御計画の実現に不可欠だったのです。

 共同体の中に生きる人で、神秘的体験をする人は、過去の神秘家の修道者
たちが、何十年もまわりの人からそれを気づかれず、死後はじめてあらわれ
た真実に仲間たちが仰天するほどに「自分を目立たせない徳」を行ないぬい
たものだということを知ってください。あなたが特権的恵みを受けるかどう
かにかかわらず、ただ謙遜の深い部分に達するために、あなたも聖ヨゼフ
からこの特殊な謙遜と「自分を目立たせない徳」を習いましょう。



----------------------------------------------------------------
2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
  − No.56、66 −
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
No.56 1986年3月23日(日曜日)
枝の主日
--------------------------------
聖母:
 かわいい我が子よ、そして愛する子どもたちよ、私は至聖なるイエズスの
聖心より、父と子と聖霊の御名によって、あなたがた全員を祝福いたします。
アーメン。

 我が愛のリトル・ペブルよ……(ことばがとぎれている)……神の民に、
我が愛と平和と一致のメッセージを広めている、全世界への旅です。あなた
をとおして全世界で私が広めているメッセージは、多くの実を結んでおりま
す。たくさんの霊魂が救われ、大勢が真実へと回心しているのですよ。わた
しはあなたに感謝し、あなたの勇気を祝福いたします。

 息子よ、あなたの十字架は大変重くなってきたことを、私はわかっていま
すよ。この十字架をイエズスと一緒に、カルワリオまで担い続けてください。
十字架は聖金曜日後、軽くなるでしょう。ですからすべての人々に、我が愛
と平和のメッセージを伝えるために、前進し続けてください。今年の御復活
節に、全世界のすべての子どもたちのために祈ってください。もし、来たる
聖週間中に祈りも償いもしなければ、今年の御復活節中に警告が世に与えら
れるでしょう。この警告は、私が話している大警告のことではなく、小さな
ものです。ですからあなたがたいかんにかかっているのですよ。もし、祈っ
て償いをするならば、この罰は先へ延ばされるでしょうが、全世界で十分な
お祈りが捧げられなければ、この罰は御復活節中にくだるでしょう。ですか
ら光の子らよ、祈って償いを捧げなさい。私が汚れなきマリアであることを
知りなさい。あなたがたを見守り、我がマントをかぶせて包んでいるのです
よ。私を愛し、全世界をつうじて私が与えているメッセージを信じている
子どもたちを、特別に見守り、マントで包んでいるのです。

 愛する我が子と子どもたちよ、今、世界中で大勢の幻視者が迫害されて
非常に苦しんでおります。かなり以前に私が予言したように、我が子よ、あ
なたも又、教会の内側から迫害されております。今や教会の最高位職からで
さえ迫害されております。カザローリ枢機卿が言うことに耳を貸す必要はあ
りません。彼は、いつわりを語っているので、あなたに反する声明について
は苦い水を飲むことでしょう。私は以前、永遠の御父の前でカザローリ枢機
卿に警告しましたが、今再びいたします。彼は、悔い改めなければ底なしの
地獄に投げられるでしょう。(注:神様が、私達の祈りによって時を遅らせ
てくださらなかったならば、カザローリが反教皇になっていたところでした
が、彼は死に、別の者が反教皇として用意されています)

 そうです。愛する子よ、私は考えがあって、あなたが教皇様を訪問するの
を遅らせております。まもなく教皇様に会うために、あなたは又、ローマへ
呼ばれ、教皇様から祝福していただけるでしょう。世界中の幻視者、幻聴者
を悪く言う者には災いあれ! 私のメッセージを横に放っておく者には災い
あれ! ああ人類よ、神の御前にあなた方の時間は少ないのです。まもなく
メッセージはなくなるでしょう。もうすぐ、そこに時の終りの時が来ている
からです。ここの聖地をはじめ、世界中の聖地で与えられている全ての予言
は、文字どおりに成就されます。愛する子どもたちよ、今、神に立ちもどり
なさい。時間がまだ残っているうちに。

 さて、私は全世界の数人の幻視者へ、私自身から話しましたが、もし十分
なお祈りが彼らのためになされなかったなら、倒れてしまうかもしれないの
です。愛するアメリカの娘たち、ジェネヴィエーヴとアン・ベネットよ、あ
なたたちは霊を試されるために、数回我が平和の道具によって警告されまし
た。(〔注1〕あなた方のメッセージには、悪魔がはいりこんでしまいまし
た) 今すぐに追い出しなさい。そしてよく注意しなさい。前にも警告しま
したでしょう。子どもたちよ、この二人の最近のメッセージは、我が汚れな
き御心から来たものではありません。それは子どもたちの間に分裂と混乱を
引き起こしました。ですから私から来たはずのものではありません。あなた
方はこのような幻視者のために祈らなければなりません。もし十分な祈りが
なされなければ、彼らは倒れてしまうからです。ここでもう一度くり返しま
す。地上の全ての幻視者に警告します。あなた方が一致して、天のもとに
一つとならなければ、倒れてしまうのですよ。

〔注1〕
 参考 − マリア様がここで言っておられるメッセージは、次の通り。
    ジェネヴィエーヴ:1986年2月1日付・第3巻・No.1と
    アン・ベネット :にせ教皇に関して − ローマにおける大い
             なるあざむき。

 さて愛する子よ、あなたはオランダのエリザベスに手紙を書いて、この
警告を我が汚れなき御心からだと伝えてください。〔注2〕2月9日(19
86年)以来、彼女が受けたメッセージは、私から来たものではなく、我が
幻視者達にもっと混乱を引き起こさせようとする悪魔からのものです。彼女
は霊を試さなければならないと伝えてください。もし彼女が我が汚れなき
御心からのものに耳を傾けなければ、自分が倒れるのです。この警告は全て
の天に不従順な幻視者にあてはまることです。

〔注2〕
  マリア様はベルリクム(オランダ)のエリザベスのことをおっしゃっ
  ておられる。

 私は我がすべての幻視者を、本当に愛しておりますが、あなた方は霊を試
さなければなりません。これは私が以前から口ぐせのように言ってきたこと
です。今私は、私と息子イエズスがすべての幻視者達に課している至難の旅
を行く上での助けとして、勇気と力を、父と子と聖霊の御名によって与えま
す。アーメン。

 地上にいるかわいい子どもたちよ、あなたがたは天の愛する息子、ポーラ
ンドのドマンスキーのために祈らなければなりません。彼は私のメッセージ
を公言したために投獄されているからです。全世界の子らは、彼の釈放のた
めに祈らなければなりません。わかるでしょう? 子どもたちよ、あなた方
がどれほど立ち上がって真理のために戦わなければならないことかを。あな
た方のうちの大勢も、真理のために投獄されることでしょう。命をかけても、
私の神なる息子イエズスを守らなければなりません。自分の十字架を担わな
ければならないために、今や世界中のキリスト信者の裁判が増えてきており
ます。あなたがたはこの地上で、休日のために生きているのではなく、息子
イエズスと共に、自分の十字架を担うためにいるのです。

 愛する我が子よ、子どもたちよ、ポーランドの幻視者達のために祈ってく
ださい。現在激しい迫害を受けているからです。我が子よ、教皇様に手紙を
書いてください。そうすればこのポーランドの幻視者達のことを知って、助
けてくださるでしょう。私はこの愛する息子と、すべてのポーランドの幻視
者達に勇気と御めぐみを与えるために、父と子と聖霊の御名によって祝福い
たします。アーメン。

 我が子よ、子どもたちよ、償いのお祈りを続けてください。祈りは今や
世界中の、天の子らを救うために必要だからです。愛する子よ、あなたは
たくさんの霊魂を救うために、全世界にメッセージを広め続けてください。
あなたを祝福しましょう。あなたは私の特別な愛し子だからです。あなたに
は、光のうちに前進する大きな力と勇気があります。私のことばに耳を傾け
るように、世の子どもたちに呼びかけてください。私はあなたを父と子と
聖霊の御名によって祝福します。アーメン。

 愛するこのオーストラリアの子どもたちよ、私はあなたがたの母です。私
はあなた方のよりどころであり、力となりましょう。私のもとへいらっしゃ
い。恐れることはありません。あなたがたを深く愛しているのです。地上の
子どもたちよ、一致して、全世界で唯一の力強い聖なるローマ・カトリック
信仰者となってください。他の人達への模範となるのです。そうすればあな
た方のお祈りと苦しみによって、全人類を救うことができるのです。

 もはや私は天罰を止めることはできません。聖なるロザリオをよく唱え、
しばしば御ミサにあずかって、息子イエズスがましますご聖体を拝領してく
ださい。力を得るために、イエズスの御体と御血を拝領しなければならない
からです。私は今ここにいるすべての人々、及びオーストラリアと全世界の
人々を、父と子と聖霊の御名によって祝福いたします。アーメン。

 カメラをもっている子どもたちよ、今、写真を撮ってください。小さな
参詣所の上の方を撮りなさい。私が祝福しているあいだに2枚とりなさい。
この写真を父と子と聖霊の御名によって祝福いたします。アーメン。

 多くの子どもたちが“しるし”を受けるでしょう。まもなくねむっている
子らを起こすために、この聖地に大いなるしるしが与えられるでしょう。私
はかわいい娘、ジョーゼット・ハーブを祝福いたします。娘よ、聖シャーベ
ルの愛の使命を続けてください。神の母があなたと共にいます。父と子と
聖霊の御名によって。アーメン。

 我が子よ、償いの祈りを続けてください。私はいつもあなたと共におりま
す。あなたが我が愛する息子、ブラザー・ジョゼフ・フランシスに思いを
馳せているのを知っております。彼はあなたの心の兄弟です。あなたは心と
霊魂で彼と一致しているからです。私は父と子と聖霊の御名によって彼を
祝福いたします。アーメン。

 ありがとう。かわいい我が子よ、愛する子どもたちよ、お祈りを続けてく
ださい。愛する子よ、ではあなたに小さな声で話します。(ここで個人的な
メッセージが与えられる)

 そうです。彼はポーランドのために犠牲となった愛すべき息子である司祭
です。いつか彼はポーランドの偉大な殉教者として、母なる公教会において
掲げられるでしょう。愛する子どもたちよ、彼にしばしば取次を祈りなさい。
私はこの写真〔注3〕で多くの御めぐみが与えられるように、父と子と聖霊
の御名によって祝福いたします。アーメン。

リトル・ペブル:
 聖母様はまだそこにおられます。もう一つ聖歌を歌いましょう。聖母様は
きょう、この聖地で私達と一緒にいることができて、とても嬉しいそうです。
拘置されているポーランドのドマンスキーをはじめ、その他の幻視者たちの
ために祈りましょう。聖母様が仲におはいりになって、彼らを解放してくだ
さるように、又彼らのために教皇様が、一日も早くなんとかしてくださるよ
うにお願いいたしましょう。その次に、又私達と共にいてくださっている
聖母様を讃えて、あと一つ聖歌を歌いましょう。ところできょうは、聖母様
のとなりに何人かの預言者がおられました。一人は福音史家聖ヨハネです。
又、旧約聖書の預言者エノクとエリヤ、それからグラント・ダフィも一緒に
祈っておりましたし、その他に大勢の天使達もおりました。ご出現時の聖母
様は青と白の服をお召しになっていらっしゃいました。そして皆様に御愛を
おくられます。皆様をとても深く愛しておられ、今は強くならなければなり
ません。強くなって御子イエズス様に従ってください、とおっしゃっておら
れます。皆、自分の十字架をとって、イエズス様に従わなければならないの
です。新聞の聖地に反対する宣伝文句のことなど気にしないでください。
ただ神の御母に耳を傾けて、ひたすら祈り続けてください。マリア様はすで
にこの聖地や、全世界で出現されておられるのですから、ご自身で、いつか
この聖地で語られているメッセージを証明なさるでしょう。

 このロザリオの一連の祈りのあと、又聖歌を歌ってから、きょうは枝の
主日ですから、丘の上まで十字架の道行のロザリオを唱えて参りましょう。
そしてこの祈りを全世界のご出現地とすべての幻視者のため、特に聖母様が
おっしゃった力と勇気を与えて、倒れないように支えなければならない幻視
者達のために捧げましょう。それからまた聖父、ヨハネ・パウロ2世教皇様
のためにも、特にお祈りいたします。またウォロンゴングの司教とシドニー
のレバノン系司教のためにも。そして、聖母様のメッセージを信じることが
できるように、神がオーストラリアのすべての司教、司祭に光を与えてくだ
さるように、お祈りいたします。愛する皆様、きょうは皆様のお祈りや犠牲
をお捧げするためにここに来てくださって、ありがとうございました。また
私が不在の間も、お祈りいただき感謝しております。

〔注3〕かかげられた写真は1984年に殉教したポーランドのジェルズィ・
    ポピェルズコ神父のもの。


--------------------------------
ジェルズィ・ポピェルズコ神父について
--------------------------------
 彼は1947年9月14日、ポーランドのオコピーという小さな村に生ま
れた。18才でワルシャワの神学校に入学後、1年で軍隊に召集され、2年
間兵役に服した。この時代にしはしば軍に反抗して迫害され、一度などロザ
リオを踏みつけるのを拒否したため、残虐に殴られ、投獄された。

 1972年5月28日、彼はポーランドの主席司教であるステファノ・
ヴィジンスキー枢機卿により叙階された。ワルシャワ近郊の教会を転々とし
た後、1980年5月、聖スタニスラウ・コスツカ教会の司祭となった。
ジェルズィ神父が労働者と手をつなぐようになったのは1980年8月、
自由貿易連合(ソリダリティ − 連帯 −)ができてからであった。彼は
ストライキをしている労働者達のためにミサを捧げ、告解を聴いて助けるこ
とに同意した。このような介入が彼をまもなく殉教に至らしめることになっ
たのである。

 健康を害していたにもかかわらず、彼はストライキの間中、労働者達と
日夜を共にし、危険、かつ衝動的行動について警告していた。労働者の裁判
に出廷し、刑務所を訪れて、監禁されている者のために祈り、その家族の
世話をして、食物や着物など物質的援助も行った。彼は、司祭は第一の義務
として、良きにつけ悪しきにつけ、人々と共にいることであると信じていた。
彼の声は人民の声となり、「善をもって悪に打ち勝て」とのことばにより、
ポーランド人に希望をもたらしたのであった。

 1983年後半、政府は彼に反対するキャンペーンを開始し、活動を中止
せよとの命令をくだした。彼は監禁され、数回その命をねらわれた。
1984年10月19日、北ポーランドで特別ミサを捧げてワルシャワヘの
帰途中に誘拐された。11日後、貯水池でめった打ちにされ、むごたらしく
拷問にかけられた彼のからだがみつかった。彼は1984年11月3日、
ワルシャワの聖スタニスラウ・コスツカ教会の墓地に葬られた。こうして
全人類の、輝ける愛と希望の模範者となった。

〈参考〉カナダのモントリオール市、聖マルタ・スーレ・ラックにある、
奇すしきバラの花の聖母像の涙は偽物。マリア様は、この涙をながすご像は
偽物であると、ブラザー・ジョゼフ・フランシス(カナダの幻視者)に明か
された。このことは又、今年の4月、マリア様がリトル・ペブルにもおっ
しゃったことである。リトル・ペブルヘのメッセージは次のとおり。「あれ
は偽物です。カナダにおける本物の涙を流すファチアの私の像、つまり、
我が愛する息子ブラザー・ジョゼフ・フランシスが持っている像の涙に疑い
をもたせるために、サタンがしかけたことです。」



--------------------------------
No.66 1983年10月7日、
聖母様がリトル・ペブルにお与えになったメッセージ。
--------------------------------
 聖母様は、1983年から85年までの間に「内輪の働き手たち」に個人
的に与えたメッセージを、今、発表してもよいとおっしゃいました。しかし
メッセージの中で、個人的な内容のものはある程度まで省かれております。

聖母:
 愛する息子よ、驚かないように。私は神の母、無原罪の聖マリアです。
きょうは昨夜と同じ『ロザリオの聖母』の名で来ました。この愛のメッセー
ジを、すべての子どもたちに伝えるようにお願いします。きっと子どもたち
の心に、大きな喜びをもたらすことになることでしょうから。

 息子よ、あなたはずっと前から、何度も、オーストラリアに、ルルドや
ベイサイドのようなところができるかとたずねてきましたね。永遠の御父は
その無限なる御計画のうちに、天の恵みがこのオーストラリアの上にくだる
ように、すでに場所を選ばれております。人間がいやされ、救いの道をたど
るように助けられるその地はナウラなのですよ。この御計画を明らかにする
時は、たった今来ました。天があなたにもっと以前に明かしていたなら、
あなたはひどく混乱し、不安になっていたでしょう。なぜならあなたの肩に
かかった『使命』は、今ほんの第一歩を踏み出したにすぎないからです。

 息子よ、泉と洞窟で崇敬されるようにと私が望んでいる御名について、あ
なたが思いめぐらしていたことは天使によって啓示されました。我が子よ、
そして子どもたちよ、その御名を今、明らかにいたします。それは『はこ舟
の聖母、我らの聖母マリア、キリスト信者の扶け」です。御絵のデザインは、
天も満足しております。あなたに出現している私をよく描いてくれています。

 さて泉に関してですが、昨夜申しましたように、肉体と霊魂のいやしのた
めに、あの水は永遠の御父によって祝福されております。この水を少し飲ん
で、十字架のしるしをします。また患部にはこの水をつけながら、「はこ舟
の聖母、我等の聖母マリア、キリスト信者の扶け」の御名と、至聖なる父と
子と聖霊の御名によって祈りなさい。

 来年(1984年)の4月15日から、洞窟と泉の巡礼を始めてもよろし
い。その日と、毎月の13日にする『償いと祈りと犠牲』のプログラムを
公表してください。泉は聖ヨゼフに奉献し、聖ヨゼフの御像をその近くに
置いてください。この泉を『聖ヨゼフのいやしの泉』と名づけなさい。洞窟
には、『はこ舟の聖母、我らの聖母マリア、キリスト信者の扶け』の御像を
置いてください。洞窟の近くの地面の上に、十字架の道行を立て、泉の近く
で終わるようにしなさい。

 『償いの日』は午前6時にお告げの祈りで始め、午後6時にお告げの祈り
で終わるようにしなさい。あとの一日にするお祈りは、あなたたちで決めな
さい。

 我が子ウィリアムよ、これで終わりです。私が、まもなく来る大きな警告
の前にあなたを呼ぶまで、何も大きなメッセージはないでしょう。我が子よ、
そして子どもたちよ、天からの使命のために、ずっと頑張って信仰を守り続
けなさい。あなたがたをとても愛していますよ。息子イエズスの聖心で祝福
いたしましょう。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。


--------------------------------
☆ 始まり ☆

 『リトル・ペブル』ことウィリアム・カム氏は聖年である1950年5月
16日に、西ドイツのケルンで生まれた。この年は聖母被昇天が信仰箇条と
して定められた年であった。早産だったため、「終油の秘蹟」が3回授けら
れなければならなかった。この早産のため、彼の幼年時代の健康状態は、お
もわしくなかった。

 1954年、カム一家はオーストラリアに移民した。だから彼はほとんど
オーストラリアで生活しているわけである。

 ウィリアムの信仰は、もっぱら母から教えられた。7才ぐらいで、簡単な
祈りの生活が始まった。幼年時代から十代まで、別に特別変わったことはな
かったが、いつも聖母様に傾いていた。いなかに住んでいたので、ミサには
時々しか行けなかった。どの教会も家からかなり離れていたからである。し
かし可能な時は、必ずあづかっていた。このような生活が14才まで続いた。

 15才の時、自分でカトリック信仰を学びはじめた。彼がファチマのこと
を聞いたのはこの頃だった。そしてファチマに対する興味は増していった。
彼の心の中の火は、ゆっくりと燃え上がっていたのではないかと思われる。
この頃、一家は田舎から都会に引越した。教会により近くなったので、ミサ
にあづかりたい望みは増していった。


☆ 最初の不思議な経験 ☆

 1968年ウィリアムが17才の時、最初の不思議な経験をした。それは
ご復活の主日の朝、ウォロンゴングのカテドラルでミサのあとに起こった。
ウィリアムは心から祈りを捧げていたが、突然強い命令をするような声を聞
いたのだった。その声は次のように言った。「その方は天の御父で、彼に
使命を委ねられる。ウィリアムは御子イエズスの再臨を見るまで生きるであ
ろう」 そして又こう言った。「そしてわたし(ウィリアム)は反キリスト
と戦い、ひどく迫害されるだろう」 突然、雲が現れるや否や、その声は
消えた。ウィリアムはこのことについてひどく不安になった。彼はまだこの
段階で、何が起こったのかを理解するほど十分な信仰についてわからなかっ
た。

 彼がこの経験について良き司祭に話す機会を得たのは、1年ほど後のこと
だった。よい司祭は、それはたぶんウィリアムが神に近いという意味だろう
と助言したが、二人ともその件をそのままにしておいた。

 翌年から、ウィリアムは教会の中でいろいろな会に参加して、積極的に
教会とかかわって行った。神に対する愛は、毎日ミサにあづかるというとこ
ろまで増していった。

 ウィリアムがシドニーのギルロイの枢機卿に会いに行って、1968年に
起こった経験のことを話したのは、1970年だった。ギルロイ枢機卿は、
このようなことは今の時代には持に起きることで、神に熱心に祈る必要があ
ること、又そのうちに神ご自身が、彼にその全部の意味を示してくださるだ
ろうと、おっしゃったのだった。

「人よ、よいことは何かを、主が何をあなたに求められるかを、主はあなた
に告げられた。それは、正しいことを行い、善意を愛し、あなたの神ととも
に、へりくだって歩むこと、これではないか?」ミカヤ書6章8節



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1994年8月13日
リトル・ペブルに(抜粋)

リトル・ペブル:
 聖なる御母は元后として冠を被られ、木々の間にとても威厳に満ちて立っ
ておられます。聖ミカエルも御母の護り手として立っています。この御出現
の間イエズス様も王の王として来られました。聖ペトロ、教皇ヨハネ・パウ
ロ2世も来られました。この方々はしばらくの間そこにおられました。そし
て明るみに出ることについて1時間程私に静かに話してくださいました。そ
して私に4つの鍵をくださいました。各々の方がそれぞれ一つずつください
ました。このことには、ある神秘が隠されています。……

聖母:
 ……今日私は神であるわが息子から多くの恵み − あなたたちの心を照
らす恵み、神が御自分の子供たちをどのように扱われるのかを理解する恵み、
愛と憐れみと思いやりの恵みを持ってきました。甘美なる子供たちよ、あな
たたちの多くが心の癒しを得るために、霊魂の混乱から抜け出るために来た
ことを知っています。あなたたちが真理の道を理解するのを助けるために
愛する息子、あなたたちの将来の代理者を遣わしたのはそのためなのです。
甘美なる子供たちよ、忠実と真理の旗印の下に一致し、霊があなたたちに語
ることを注意深く識別しなさい。今邪悪な者はとても強く、光の子供たちの
間により多くの混乱と分裂をもたらすことを望んでいるからです。

 あなたたちは神であるわが息子の教会のすべて混乱させることができる
からであり、また牧者たちの弱々しい指導力のために、そして聖にして母な
る教会の目に見える頭であるキリストの代理者に忠実でない司祭と修道者の
弱さのために、神の家は既に大混乱に陥っているからです。甘美なる子供た
ちよ、よく聞きなさい。今は世界の大分裂と大混乱の時代なのです。

 私たちの子供たちの中にさえルチフェルがいるからです。そのため、あな
たたちは、真理、正義、信仰、希望の武器であるわが至聖なるロザリオに繋
がっていなければなりません。祈りと犠牲によってしかこの混乱を避けるこ
とはできず、また聖霊の光があなたたちの上に降ることもないのです。甘美
なる子供たちは絶えず祈りなさい。今は教会と世界の暗闇の時なのです。今
はルチフェルの時です。ルチフェルはもうまもなく地上を支配する反キリス
トのために道を備えているに違いないからです。

 わか汚れなき御心に支配される地上の神秘的な教会は一致しなければなら
ず、分裂してはなりません。キリストの神秘体 − 地上におけるキリスト
の家 − がキリストの代理者によって支配されているように、子供たちよ、
わが神秘的教会もキリストの代理者によって支配されるのです。これらは
一つの同じ教会なのです。両者とも神にて在します天の御父、そして聖霊と
共におられる神であるわが息子イエズスの力のうちに、わが汚れなき御心に
よって支配されています。教会に勝利が到来するのは、私があなたたちに
話した、わがロザリオを通してなのです。祈りがなければあなたたちの多く
の者、あなたたちの内の者さえ盲目になるでしょう。



----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------

◆ 箱舟の聖母社から次の4冊の本を発行しました。

 「153本の聖ヨゼフの百合」 …… A5判 316頁 3000円
 「153本のマリアさまのバラ」 … A5判 170頁 2000円
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」……A5判 143頁 2000円
 「メッセージ集」       …… A5判 233頁 3000円

 送料は、各一冊につき全国一律500円、4冊セットで、または各種あわ
せて4冊以上お申込みの場合は無料です。

 お申込みは、現金書留か郵便振替にて、下記までお願いします。ご送金は
おつりのないようにお願いします。ご入金を確認後、発送します。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社

  郵便振替 00840−3−132438

--------------------------------

「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は12月14日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Br.Jean-Marie  Kolbe-Marie
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%4%%




[HOME] [戻る]