「箱舟の聖母」バックナンバー
2003年12月7日号No.181

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2003年12月7日号 No.181

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記


----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第41章 】

 日本の子供たちの会話には「先生に言ってやろ!」「お母さんに言いつけ
てやる!」というような言葉がよく出ます。言われた方の子は黙ってしまい、
言い返せません。「言わないで!」と頼むしかできないでいます。「告げ口
は罪だぞ!」「卑怯者!」「フェアじゃないぞ!」と言い返す子はいません。
つまり日本人は告げ口を悪いことと考えない文化を持っているのです。だか
らもちろん大人になっても告げ口をし続けます。日本の組織はリーダーの
回りに取り巻きができやすいです。日本の社会は相互監視によって個人の良
い自由さが奪われている社会です。告げ口がもたらす結果といえるでしょう。
あなたは、この日本の文化を共同体の中に決して持ち込んではいけません。

 はっきりと言います。告げ口は大変悪いことであり、罪です。卑怯な行な
いです。誰かに取り入るための道具です。トラの威をかるための策略です。
競争相手の足を引っ張り、蹴落とす陰謀です。ずるい人間のすることです。
フェアじゃないのです。正しい人が決してしないことです。正しい人と呼ば
れる聖ヨゼフを見てください。聖ヨゼフが長老たちにマリア様のことを姦通
者だと告げ口しましたか。もししていたら、どれほど悪い結果になったこと
でしょう。マリア様は石打ちの刑で殺され、おなかの中のイエズスも死んで
しまったでしょうから。これほど告げ口という罪は、致命的な害をいつも
もたらします。

 共同体ではたった一つの告げ口が、一致と愛をこっぱみじんにすることが
できます。友情のない共同体に、つまり愛のない地獄のような共同体にする
のです。外観の一致は、ただ誰かの告げ口を恐れての対応でしかない相互
不信、相互監視の共同体に変えてしまうのです。ですからあなたは共同体の
皆のためにも絶対フェアでなければなりません。絶対にです!

 告げ口をしに来た子を、日本では先生も親もしかりません。告げ口はして
はいけないとたしなめません。かえって秘密の情報を喜ぶようです。この点
において日本人皆がフェアじゃありません。ですから、この告げ口の罪を
決して犯さないために、日本人である皆さんは特に、正しい人である聖ヨゼ
フによりすがって真剣に戦って下さい。「フェアである」という徳があるこ
とを彼から学び、その初めて知った徳を彼の助けで今からは重んじ、実践し、
身につけてください。

 大きな森をマッチ一本で燃やすことができるように、共同体の中に相互
不信、人間不信という致命的な病気が広まるには、あなたの一回の告げ口で
本当に十分なのです。取り巻きによって長上が盲目になった共同体、相互
監視システムの恐怖政治の共同体、そんな共同体にしないために、あなた
には告げ口の罪と習慣を捨て、二度と犯さない重大な責任があります。

 聖ヨゼフが彼の完全な愛徳のゆえに、マリア様の妊娠を長老たちに告げ口
しなかったことを忘れてはいけません。私は善意で、愛の動機で告げ口する
のだなどと、自分に言い訳してはいけません。賢明の徳は愛徳とひとつに
なっています。その賢明の徳は、たった一つの罪で世界を救えるように思え
る場合でも、その罪を犯さないという判断をさせる徳です。罪を犯すことは
常に不賢明であり、不賢明な愛というのは、偽りの愛徳なのです。

 ひとたび行なわれてしまったら、取り返しがつかないのが、この告げ口の
罪の結果の特徴ですから、口を酸っぱくして繰り返し言います。共同体に
入いり、まだ一度もこの罪を犯さないうちに、この罪への激しい憎しみを
持ってください。嫌悪してください。そうすればきっと予防できるはずです。
どうかお願いします。日本にはまだ実現できない一致と友情と愛をもたらす
ためにです! 信じあう喜びと幸福に生きるためにです!



----------------------------------------------------------------
2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
  − No.43、53 −
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
No.43 1985年12月1日 日曜日
アスプリー(ブリスベイン・クイーンズランド州、オーストラリア)
におけるメッセージ
--------------------------------
聖母:
 我が子よ、そして愛する子どもたちよ、私は父と子と聖霊の御名によって
あなた方を祝福いたします。アーメン。

 子どもたちよ、神の母、汚れなきマリアである私は、息子イエズスから、
いやしと回心と救いの恵みと祝福をもって、きょう、あなた方のところに
来ました。私は、あなた方に、力と信仰と神への信頼を与えるために、父と
子と聖霊の御名によってもう一度、あなた方を祝福いたします。アーメン。

 我が愛する子よ、私は、オーストラリアのこの愛する州にいる子どもたち
に話すことができるように、あなたをクィーンズランド州へ来させたのです。
クィーンズランド州の愛する子らよ、この州は、オーストラリアの中でも、
息子イエズスの信仰が強いので、あなた方は我が御心にはとても大切な子ど
もたちです。あなた方は、この国の光となって、神を崇め、心をつくし、思
いをつくし、力をつくし、信仰をつ<して神の味方となり、頑張りなさい。
私はあなた方が福音を実行するように力づけるために、イエズスのもとから
来たのです。

 愛する子どもたちよ、私はあなた方に我が御心を開いて、愛であなた方を
抱きしめます。私は人類の救いのため、これまで勧めつづけたロザリオと
茶色のスカプラリオを持って来たのです。

 愛するクィーズランド州の子どもたちよ、紛争の声に心を留めてはいけま
せん。オーストラリアから独立しようとの声に心を留めてはいけません。強
く、そして神に忠実でいなさい。あなた方の今の州知事は良い人間です。あ
なた方の祈りで彼をはじめ、この国や州の指導者達を支えなさい。

 愛する子らよ、今あなた方が生きている時代は、本当に短い間です。私は
人類のために、あわれみと、愛と希望と、あがないのメッセージをもって、
全世界のいろいろなところで出現しております。しかし、子らよ、人類に
与えられる平和は、祈りと犠牲をお捧げすること、償いをすることのみに
よって与えられるのです。

 イエズスを愛するかわいい子どもたちよ、あなた方は今、立ちあがって、
腐敗しきったこの国の悪を、全て取り除かなければならないのです。砂浜は、
特にこの州において、裸による罪であふれております。愛する子らよ、あな
た方はその罪の結果によって罰せられるのですよ。服を着なさい。みだらな
罪のために、大津波が海岸に押しよせ、この州でたくさんの町が消え去って
しまうでしょう。しかし、真実を知る我が子どもたちよ、あなたがたは行っ
て、息子イエズスの福音を述べ伝え、この国中の子どもたちに、償いをし、
犠牲を捧げ、ロザリオの祈りを唱えなければならないと、警告してください。

 以前私は、愛する息子ゴッビ神父を、あなたがたのもとへつかわしました
が、その時のメッセージも同じだったはずです。お祈りと償いをすることと、
ロザリオを唱えることでした。今私はあなた方に同じメッセージを与えるた
めに、愛するリトル・ペブルをつかわしております。しかし、誰が神の母の
言うことに心をとめるでしょうか?

 私は人類の罪の償いのために、すべての恵みの仲介者として現われており
ます。愛する子どもたちよ、それはとりもなおさず私が母として、あなた方
を愛しているからです。私はあなた方の母であり、私の御心の中には、オー
ストラリアの全ての子ら、そして全世界の子らのための場所があります。神
はただ一つの霊魂をさえほろびるのではなく、救われることをこそ望んでお
られるからです。ですから愛する子どもたちよ、私のもとへ来なさい。私は、
罪人のよりどころだからです。

 愛する子どもたちよ、司教・司祭・修道士・修道女たちのためにも祈って
ください。彼らはあなた方のお祈りと支えが必要なのです。絶えず祈りなさ
い。私達はあなた方の祈りを聞き入れるのですよ。愛する子どもたちよ、あ
なた方を愛しています。そして我が汚れなき御心より、あなた方を祝福し、
あなた方の愛と信心に感謝いたします。父と子と聖霊の御名によって。
アーメン。

 愛する子どもたちよ、教皇ヨハネ・パウロ2世のために祈ってください。
教皇様は、司教会議が終わると、非常に苦しまれるからです。

 全世界の子どもたちよ、よく注意していなさい。数多くの変化が教会に
起こるでしょうから。霊を識別し、息子イエズスの代理者である教皇ヨハネ・
パウロ2世に従いなさい。力をつくし、思いを尽して、教皇様に従いなさい。
教皇様に反対する者のいうことにはいかなる者であれ、耳を傾けてはなりま
せん。神の御摂理を信頼しなさい。神が母なる公教会のために、すばらしい
指導者をお与えになったからです。

 しかし、まもなく、この聖にして母なる公教会のうちで、司教が司教に、
司祭が司祭に反して戦うという、大分裂や分派が起こるでしょう。ですから
愛する子どもたちよ、よく識別して、注意し、あなた方が知っている真理に
従いなさい。なぜなら真理は唯一つであり、もしあなた方が私達に祈るなら、
天にいる私達はあなた方を導くのですよ。私達は今、父と子と聖霊の御名に
よって、永遠の御父、御子、聖霊より、あなた方を祝福いたします。
アーメン。

 愛する我が子よ、あなたがここへ来て、人々に我が愛のメッセージを伝え
てくれたことを、大変嬉しく思っております。息子よ、ご聖体にまします
イエズスを愛し、決して見すてないように、彼らに伝えてください。イエズ
スはさびしがっておられるからです。

 我が子よ、あなたを愛しています。私があなたに決めた道を歩き続けてく
ださい。決して恐れることはありません。私がついているのですから。私は、
父と子と聖霊の御名によってあなたを祝福いたします。アーメン。さあ我が
子よ、そして子どもたちよ、祈り続けてください。人類の救霊のために、お
祈りこそ必要なのですから。愛する子よ、今私は父と子と聖霊の御名によっ
て、準秘蹟を全部祝別いたします。アーメン。ありがとう、かわいい子よ、
そして愛する子どもたちよ。



--------------------------------
No.53 1986年2月2日(日曜日)
主の奉献の祝日
--------------------------------
聖母:
 我が子よ、子どもたちよ、私は父と子と聖霊の御名によって、あなた方を
祝福いたします。アーメン。

 愛する子どもたちよ、きょう、あなた方は私たちの愛の小さなしるしを見
ましたでしょう。あなたがたが見た色彩は、我が汚れなき御心の色で、オー
ストラリア及び全世界への平和と喜びの色です。この色彩は、我が汚れなき
御心より放たれる光なのです。いつの日かあなたがた全員も、今、幻視者達
が私を見ているように、私を見ることでしょう。そうすればあなたがたの
霊魂は、大きな喜びで満たされるのです。

 あなたがたの目前にあるものは、我が息子イエズスの大きな十字架です。
この十字架こそが死と罪と堕落に打ち勝つ、救霊と勝利のシンボルなのです。
私の息子イエズスは、あなたがたを救うために死んでくださったのです。い
つか大天罰がくだる前、全世界の聖地に大いなる「しるし」が十字架の形と
して現われ、すべての人がイエズスを見るでしょう。十字架をあなたがたの
シンボルとし、行って人類の救霊のために、全世界の人々に福音をのべ伝え
なさい。私は、平和といやしと回心をもたらすために、すべての聖地と全世
界をつうじ、父と子と聖霊の御名によってあなたがた皆を祝福いたします。
アーメン。

 愛するオーストラリアの人たちよ、あなたがたは、自分の罪のつぐないと
犠牲とお祈りの力のうちに一致しなければなりません。以前から、もう何度
も申していますように、神の御前にひざまづかなければ、この国は非常に苦
しむからです。オーストラリア人はたくさんの御めぐみと財産を与えられて
おります。あなたがたには美しい国がありますが、お祈りによって「敵」か
ら守らなければなりません。祈らなければ、たくさんの人々が苦しむでしょ
う。世界情勢はお祈りいかんにかかわっているからです。

 私は世界中で口ぐせのように、聖なるロザリオを唱えるようにと、何度も
来て申しております。大勢の人たちがこのロザリオを捨てておりますが、こ
の祈りは神聖なる御ミサの次に力あるお祈りなのです。ですから愛する人た
ちよ、あなたがたを愛し、マントで包んでいる汚れなきマリアとして又、あ
なたがたの母として今一度、切にお願いします。ひざまづいて祈りなさい。
時間は、ないのです!

 侵入され、迫害を受けている国々をごらんなさい。共産国の支配下と化し
た国々をごらんなさい。私の声を聴き容れないあなた方に対して、私はいっ
たいどうすればよいのでしょうか? 私を捨ててしまう子らに、お祈りや
犠牲の嘆願を続けることはできません。あなたがたの時間は、いったいどの
くらいあると思っているのですか? 今、神に立ち戻って祈りなさい。そう
すれば私達が助けてあげるのです。

 全世界の子どもたちよ、私は今、あなた方が、自分の十字架を担うだけの
力を与えるために祝福いたします。自分の十字架を担って、息子イエズスに
従い、天国への道を歩みなさい。私はあなたがた全員を、そして一致と平和
をもたらす全世界の幻視者を、又インドの人々のため、平和と信仰の旅をし
ておられる天的師父、ヨハネ・パウロ2世を祝福しましょう。今、父と子と
聖霊の御名によって。アーメン。

 愛する我が子よ、行って、以前私があなたに話した数人を祝福してくださ
い。それから子どもたちよ、ご聖体にましますイエズスヘの償いをお捧げす
るために、十字架の道行をしてください。ありがとう、愛する子らよ、あな
たがたを本当に愛していますよ。子よ、あなたのところへ来たあらゆる問い
合わせは、あなたの心の中へ答えがあるでしょう。さあ、つぐないの祈りを
つづけてください。それはまことに必要だからです。父と子と聖霊の御名に
よって。アーメン。



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1994年8月13日
リトル・ペブルに(抜粋)

 世界は今、全くの闇の内にあります。私たちのメッセージにおいて何度も
あなた方に言ってきたように。しかし、いったい何人が信じているのですか?
− 本当に信じているのですか − 私が語ったことを? あなた方は本当
に心から悔い改めようとしていますか、私たちが言ってきたように? 私は
そうは思いません、わが子供たちよ! そうであるとは私は思いません! 
あなた方の魂は清くなければなりません、わが子供たちよ! 完全に清く!

 あなた方は恨みをいだいていてはいけません。あなた方はこれ以上腹を立
ててはいけません。あなた方は怒りを起してはいけません。あなた方は、わ
がすべての子供たちに対して愛を持ち、優しくなければなりません。なぜな
ら、彼らは皆キリストの「神秘体」の一部だからです。あなた方は皆欠点を
持っています − あなた方皆一人ひとりが、自分自身の目にある「梁」を
見ずに、彼らをそしってはなりません! わが息子は聖なる書の御言葉の中
で、このことをあなた方に語ってきました − しかし、あなた方の多くは
このことを忘れ、他人の内に良いことではなく、悪いことのみを見ようとし
ます。

 気を付けなさい、気を付けなさい! 邪悪な霊たちが今の世界にいるので
す。わがリトル・グレインはこのことを経験し、彼女は自分が何を語ってい
るかを知っています。私たちは世界中の霊たちや悪魔たちが皆を攻撃してい
るということを、彼女に理解させたのです。親愛なる子よ、子供たちよ −
彼らは皆あなた方の周りにいます! 祈りなさい、祈りなさい、祈りなさい!
私はこのことを何度も求めてきました − そして、あまりにも多くの子供
たちが聞こうとしません。私はとても疲れてきています、わが子供たちよ。

 わが涙は世界の上に落ちています − 血の涙が! 私がわがリトル・グ
レインに与えたメッセージの中で、私はこのことを言いました − そうで
す、世界に! 人類よ、あなた方はわが愛する息子に対して何をしたのです
か? 彼はわが心との一致のうちに泣いています。永遠の御父はそれを喜ん
ではおられません。あなた方のために、これ以上、私は何をなしうるという
のですか、わが子供たちよ、私が既にしていないようなことを…? 私は
あなたがたにすべてを与えました!



----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------

◆ 箱舟の聖母社から次の4冊の本を発行しました。

 「153本の聖ヨゼフの百合」 …… A5判 316頁 3000円
 「153本のマリアさまのバラ」 … A5判 170頁 2000円
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」……A5判 143頁 2000円
 「メッセージ集」       …… A5判 233頁 3000円

 送料は、各一冊につき全国一律500円、4冊セットで、または各種あわ
せて4冊以上お申込みの場合は無料です。

 お申込みは、現金書留か郵便振替にて、下記までお願いします。ご送金は
おつりのないようにお願いします。ご入金を確認後、発送します。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社

  郵便振替 00840−3−132438

--------------------------------

「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は12月14日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Br.Jean-Marie  Kolbe-Marie
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%7%%




[HOME] [戻る]