「箱舟の聖母」バックナンバー
2003年10月26日号No.175

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2003年10月26日号 No.175

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記


----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第35章 】

 神は人類の贖いと救いのために、聖ヨゼフを必要としました。聖ヨゼフの
命、聖徳、苦しみを必要としました。聖ヨゼフという方の存在の理由につい
て、皆さんにはっきりとわかってほしいのです。聖ヨゼフは永遠の昔から神
のご計画のうちに、イエズスとマリア様にひとつに結ばれた方で、贖いと
救いが彼の協力を持って始まるよう定められた方です。幼年を過ぎ、理性の
働きがしっかりと確立し、聖ヨゼフの修徳の努力の自発的な歩みが始まった
とき、人類は、贖い主の協力者を持ったのです。その時から、イエズスと
マリア様のために自らを使い果たして亡くなるまで、聖ヨゼフのすべてが、
贖いと救いの協力の業として神に受けおさめられました。ですから聖ヨゼフ
は実に特別な存在で、イエズスとマリア様とは切り離すことができません。
イエズス・マリア・ヨゼフの一致は天の三位一体を映す、地上の三位一体で
す。それは御父への一体となった生贄で、この三人だけが御父の聖心にかな
う天的清さを地上でもったのです。聖ヨゼフは誰も味わったことのない大き
な苦しみで人類の負債を代わって払い、誰も達しえない完全な聖徳で御父を
なだめ、救い主を二度も救うことで人類の救いを救ったのです。マリア様の
言葉を聞いてみましょう。「……彼は贖いの奥義と関係がないと思っては
いけません。彼こそは、自分の命と聖徳にかけて皆のために救い主を助け、
その贖いのために非常に苦しんだ人です。……ヨゼフは聖人でした。彼の
清い心は、神に生き、彼の中に愛は強く燃えていました。その愛徳のため
に、彼が私を長老たちに訴えなかった時、また、イエズスをエジプトに避難
させた時と、二度もあなたたちの救いを助けたのです。ヨゼフの受難の三日
は、日数としては少ないが、濃さとしては恐ろしいものでした。……」(1)

 人類の歴史の中で最も重要な出来事の協力者として聖ヨゼフは存在させら
れました。共同体の中に生きる人の存在の理由は、聖ヨゼフと同じだといえ
ます。初代教会の信者が生き生きとした信仰のうちに、あれほど強く願い、
待ちわびた主の再臨が今、間近に迫っています。再臨とはイエズスが再び来
られ、人類に罪も、苦しみもない世界を与えてくださることです。再び人類
は、非常に重要な時を迎えようとしています。全人類のために、今度も神様
は、わずかな人々を協力者として用いられているのです。そして、その私た
ちへのご要求も、命、聖徳、苦しみです。そしてまた、私たちも聖ヨゼフの
ようにイエズスとマリア様とひとつに結ばれるように、天が選んだ共同体に
入いるのです。そして、これも聖ヨゼフと同様、私たちも、全人類が罪から
解放されるためなら、この身を使い果たしたいと願うのです。共同体の中に
生きる人には、「生贄」の意識が絶対に必要です。それを聖ヨゼフがくださ
るよう彼にお願いしましょう。そして彼のように清い生贄になれるように
励みましょう。

(1)「聖母マリアの詩(上)」あかし書房 マリア・ワルトルタ著
   P174



----------------------------------------------------------------
2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
  − No.036 1985年8月15日 聖母の被昇天 −
----------------------------------------------------------------
聖母:
 無原罪のマリア、神の母であり人類の母なる私が、この聖地において再び
あなた方のところへまいりました。愛する子らよ、私はあなた方に勇気と力
を与え、あなた方を祝福するために我が息子と共に来たのです。

 私はあなた方のお祈りを心から喜んでおります。あなた方は数少いですが、
天の目から見ると、心は真実を語り、そしてその心は又、私達を愛している
故に、それは、大勢でしていることになるのです。ですから私は、息子イエ
ズスによって聖霊と、父なる神のうちに、あなた方を父と子と聖霊の御名に
よって祝福いたします。アーメン。

 愛する息子よ、そして子どもたちよ、数日前起きた航空機の大事故では、
ルシフェルのしわざにも拘ず、全員無事だったので、あなた方は安心したで
しょうね。あの事故は今、世界中で起きているものとはちがいました。しか
し、永遠の御父はすべてを御存知なのです。天は大勝利を賭けて戦い、そし
て勝ったのです。

 地上の子どもたちよ、あなた方を祝福いたします。償いの祈りを続けて下
さい。人類の救霊のためにこの祈りこそが必要なのですから。私は又、遠く
クィーンズランド州から来た子どもたちをも歓迎し、祝福いたします。神の
御母が、あなた方を歓迎し、我が汚れなき御心より、父と子と聖霊の御名に
よってあなた方を祝福するのです。アーメン。

 我が愛する息子と子どもたちよ、今から全世界の王であり宇宙の王、天と
地の王、人類の支配者なる息子イエズスヘ、讃美の聖歌を捧げて下さい。
我が息子があなた方を非常に愛しておられることを思いなさい。そして又、
あなた方のこの母も同じように愛しており、我がマントであなた方を包んで
いるのです。それは、あなた方が私達の愛の子らだからです。愛する子らよ、
信仰を守りなさい。真実のために戦い、強くなりなさい。まもなく霊的な
大暴風や大嵐が人類を試るでしょう。愛する子よ、そして子らよ、ですから
祈り続け、讃美の聖歌を歌い続けなさい。私達はその祈りや聖歌を、神の
永遠の玉座、すなわち光の国にまします永遠の御父のもとへとどけるために、
ここで待っているからです。

 愛する子よ、あとで、きょうここにいる人々に、あることを話します。
息子よ、そして子らよ、私は、父と子と聖霊の御名によって、あなた方を
祝福いたします。アーメン。


--------------------------------
奇跡的な旅 − 聖シャーベルと共に:
--------------------------------
 この使命は主にシドニーの幻視者であるジョージェット・ハーブ夫人に与
えられたが、リトル・ペブルにも部分的に与えられたものである。聖シャー
ベルは、リトル・ペブルが今年の4月、ローマでパパ様との掲見に際し、援
助された故、その感謝を表すためレバノンに行くように約束したことを思い
出させた。リトル・ペブルは、ジョージェット・ハーブ夫人とその夫と仲間
達とで、去る8月29日にレバノンへ発ったことにより、この約束を果たし
たのだった。この旅は当時、レバノンの状況が最も危険な状態にあったこと
から考えても、まったく思いがけないものであった。実際、彼らの生命の
危険性は充分あったのだが、まさにその出発の始めから、この旅は奇跡的で
あった。

 一行は一睡もせず、48時間もの長旅に疲れ切って、8月31日にレバノ
ンへ到着した。ジョージェットの主な使命は、レバノンの人々に勇気と
聖シャーベルの直接の助言を与えて、彼らを助けることにあった。これを
彼女は、大いなる愛と忍耐をもってやりとげた。レバノン中の人々が各地よ
り、聖シャーベルによる助けを求めて来た。レバノン滞在中、ベイルートで
は内乱がなおも激しく、難民達が聖シャーベルの翼のもとに安全を求めて、
山の方へ逃げていた。レバノンの状況は、最も不幸なものだが、人々の信仰
は厚いのである。

 ジョージェットが同志を助けている間、リトル・ベブルと一行は、山奥の
修道院にある聖シャーベルの墓参りをした。それは、この偉大な東方典礼の
聖人に敬意を払い、又ヨハネ・パウロ2世教皇との掲見のため、ローマヘの
旅が大成功を治めたことへの感謝を表わすためであった。1985年9月3
日火曜日、午後4時に聖シャーベルの墓の前で、リトル・ペブルが祈ってい
ると、『レバノンの聖母』の御名で、聖母のご出現を受けた。マリア様は、
レバノンのためにメッセージを与えられた。(旅の話は後ほど又続く。)


--------------------------------
1985年9月3日火曜日午後4時、
レバノンの聖シャーベルの基において、リトル・ペブルに与えられた
『レバノンの聖母』のメッセージ。
--------------------------------
聖母:
 我が息子、リトル・ペブルよ。そして愛する子らと息子よ、あなた方を
祝福いたします。(祝福が与えられる) 愛する子どもたちよ、私は、天の
愛する息子、聖シャーベルの墓において、あなた方に現れました。私だけで
なく息子、聖シャーベルもあなた方と共におります。私は『レバノンの聖母』
として来ております。

 私は、このレバノンの国のために祈るために来ているのです。私があなた
方をとこに連れて来たのは、あなた方の苦しみや祈りによって、この国が
持続するからです。この国が破滅と荒廃の中にあっても、私は我がレバノン
の子どもたちのために涙を流しております。彼らは、我が汚れなき御心に
避難所を求め、又、聖シャーベルの参詣所にも避難所を求めなければなりま
せん。

 愛する子らよ、そしてリトル・ペブルよ、あなた方の道はずっと困難な道
でした。我がリトル・ペブルも、ジョージェットも、又愛する友人・仲間達
も、大きく、重い十字架をずっとになわなければなりませんでした。この
十字架はレバノンのためでした。

 愛する子、リトル・ペブル、ジョージェットと同志の者達よ、私はあなた
方を祝福いたします。心配することはありません。私と聖シャーベルがあな
た方を守り、あなた方を家まで安全に導くからです。この大いなる信仰と
希望と愛の旅をして、ここまで来てくれたあなた方に私達は感謝いたします。
私は、レバノンと聖シャーベルの参詣所と、この我が愛する息子、聖シャー
ベルを愛する人々を、祝福いたします。

 かわいい子よ、以前約束したように、聖シャーベルの御取次により、大い
なる御恵とカをあなたに与えます。両手を前にさし出しなさい。(リトル・
ペブルは言われたとおりにさし出す。)永遠の御父は汚れなき童貞聖マリア
と聖シャーベルの取次により、あなたに和解といやしと奇跡を行うカ、それ
に永遠の御父からの大いなる知恵をお与えになります。私はあなたの両手と
額に接吻し、大きなカを与えます。あなたには、この永遠の神からの大いな
るカを、いつ使ったらよいのか指図いたします。私はこの両手を永遠なる父
と子と聖霊より祝福し、油を注いで清めます。そして、あなたを父と子と
聖霊の御名によって祝福いたします。アーメン。

 無原罪の御宿りなる聖マリアの汚れなき清き御心を通して、三位一体なる
神の力によりて、肉(ひと)となり給いし神の御言葉のカによりて、聖霊の
力によりて、永遠なる御父の力によりて、聖シャーベルの取次によりて、私
は永遠なる御者のみ旨により、いやすためにあなたを祝福いたします。額に
十字を切りなさい。それから頭の上に両手をのせなさい。聖シャーベルの油
を使い、額に十字を切りながらその油をつけるのです。それから大天使聖ミ
カエルのお祈りをして、天使祝詞を3回唱え、その後、もしできれば香を
たき、聖水をまきなさい。我が子よ、以上です。私と聖シャーベルがあなた
についていることを覚えておきなさい。父と子と聖霊の御名によって。
アーメン。

 私は又、ジョージェットと、あなたについて来ている人々を特別な御恵を
もって、父と子と聖霊の御名によって祝福いたします。アーメン。さあ、主
の平和のうちに行きなさい。汚れなきマリアより、あなた方を皆祝福いたし
ます。


--------------------------------

(旅の話の続き)

 そうこうしている間、我々は帰途につくため、飛行機の座席予約の再確認
をしなければならなかった。しかし、ベイルート内での砲撃や電線の破壊の
ためにそれはできなかった。戦争が激しくなるにつれて状況は危険になり、
恐怖とろうばいが皆を襲った。キプロス島に行く途中で、ジョージェットは
死にかけた。あとでわかったことだが、聖シャーベルは、皆が天の計画を
やりとげなかったため、お怒りになっておられたということである。ジョー
ジェットはその間、聖シャーベルの指導を失ったと思っていました。

 9月5日と6日、キプロス島でも座席がとれなかった。メッカの聖週間の
ため満席だったからである。皆は非常に心配し、6日、空港の座席予約事務
所からひき返してから、ホテルの部屋で午後3時に祈った。もし飛行機の便
がとれなければ、チケットは9月6日で無効になるのであった。その日の
午後3時半に、聖母がリトル・ペブルに、聖シャーベルがジョージェットに
ご出現になった。この二人の幻視者にメッセージが与えられたのだが、
聖シャーベルはジョージェットにレバノンヘもどるようにとの助言を与えた。
(続く)


--------------------------------
1985年9月6日金曜日午後3時30分、
キプロス島のホテルの部屋で聖母がリトル・ペブルに与えたメッセージ。
--------------------------------
聖母:
 平安あれ、汚れなきマリア、神の御母、全ての者の心なる汚れなき御母で
ある私が、大変困っているあなた方のもとへやって来ました。心配すること
はありません。私にも聖シャーベルにもあなた方の苦しい祈りと心が届きま
した。何も心配することはないのです。私達が見守っているのですから。あ
なた方が、自分達の罪と弱さを痛悔していることはわかっております。天の
元后と聖シャーベルの言うことをよく聞き、これに従いなさい。あなた方は、
皆根気よく言われたことを聞き、確認し、紙に書きとめて、祈らなければな
りません。あなた方は聖シャーベルの墓で祈りと償いを果たさなければなら
ない。私があなた方を見守らず、保護していないと思っているのですか? 
あなた方は、神様の時間と御計画において、あなたの目的につくでしょう。
聖シャーベルのおっしゃることをよく聞いて、それに従いなさい。

 我が娘ジョージェットはそのカを失うことはなく(……)、聖シャーベル
と(…中断…)あなた方が従わなかったので、聖シャーベルがお怒りになっ
たことは本当です。まだ反省がたりないようですね。先へ進んではいけませ
ん。私達にたずねない先に進んではいけません。何事においても的確にし、
祈って、祈りなさい。あなた方を見捨てるようなことはしません。私達は、
あなた方を最高に愛しているのですから。

 あなた方が行った犠牲も、わかっております。汚れなきマリア、神の御母、
人類の御母であり、あなた方の母である私と、聖シャーベルが導きます。あ
なた方の上に我がマントをかけているのですよ。私があなた方の祈りを、
聖シャーベルと永遠の御父のもとへ持って行きました。ですから、待たなけ
ればなりません。そして、もう恐れないことです。あなた方は赦されました。

 私は、我が息子イエズスの聖心と、聖シャーべルより、あなた方を祝福い
たします。ジョージェットは、聖シャーべルからメッセージを受けるでしょ
う。(このメッセージは同時に与えられていた)

 子どもたちよ。否、私達はあなた方を見捨てません。もっと熱心に祈って、
祈り続けなさい。天の時間と場所によって、すべてがうまくいくでしょう。
(ここでロザリオが唱えられた)

 かわいい我が子と愛する子どもたちよ、さきほども言いましたが、私達の
言うことをよく聞いて従いなさい。祈って、待ち、従いなさい。子らよ、あ
なた方にカと勇気を与えるために、祝福いたします。ですから、もう恐れる
ことはありません。私と聖シャーベルがついているのです。何も恐れること
はありません。辛抱して、主の平和のうちに行きなさい。私は、父と子と
聖霊の御名によって、あなた方を祝福いたします。アーメン。

(ジョージェット・ハーブも、同じようなメッセージを受けたが、その上、
又、聖シャーベルは、我々がこの旅においてイエズス様と共に苦しむために、
いばらの冠をかむらなければならないとおっしゃった。)


--------------------------------

(旅の話の続き)

 次の週、彼らは敵軍を背に航空券を再予約しなければならなかった。睡眠
不足や不安、食事の変化、それに高度が高いため全員が病気になってしまっ
た。彼らが帰途につく前の日、この時点において行き詰まっていると、
聖シャーベルが計画を啓示された。彼らはベイルート経由で帰らなければな
らず、それはとりもなおさす、戦争地域を通らなければならないことだった。

 9月13日(この日はオーストラリアのナウラにおける「償いの日」にあ
たっていた)の午前4時にホテルを出た彼らは、オーストラリア帰国のため
に、ベイルート空港へ向かった。護衛として4台のタクシーに守られて、
戦線をくぐりぬけて行ったのだった。彼らのすぐ前についていたタクシーは、
ゲリラ隊によって誘拐されたが、彼らが乗った車は、無事通過した。

 9月13日午後6時、疲労こんぱいで精力を使いきった旅の後、彼らの
飛行機はレバノンから離陸した。かくて彼らがこの旅で天から与えられた
十字架を数えてみると、なんと全部で70個もあった。

 この旅で聖シャーベルは、数多くの奇跡を彼らにあらわされたので、危険
状態のさ中、彼らを助けられたこの偉大なる不思議な聖人に、全員が感謝し
ている。感謝といえば、特にジョージェットとマイケル・ハーブ夫妻に捧げ
られるべきであろう。彼らは大きな苦しみと努力によって、オーストラリア
ヘの切符を予約するために、三度も敵陣をとおりぬけなければならなかった
上、より早く帰国できるように、ペブルと他の仲間のために、自分達の切符
を犠牲にまでしたのであった。又、レバノンの人々の上にも、感謝は及んで
いる。彼らが助けを必要としている時、帰国のために結集して助けたからで
ある。

 神の祝福がレバノンと、レバノンの人々の上にあらんことを! そして
「レバノンの聖母」が純粋な人々をお護りくださり、偉大な聖シャーベルが
人々を苦しみから救ってくださらんことを! 勝利は常に神のものである。


--------------------------------
1985年10月9日(水)サース・コースト・レジスター新聞
〈 ナウラ住民の奇跡の旅 〉
--------------------------------
【 過日、友人達とレバノンへ行ったナウラのジェイムズ・ダフイ氏に
  よると旅行は奇跡的であったということである。】

 友人達というのは、リトル・ペブルとして知られているウォロンゴングの
幻視者、ウィリアム・カム氏、マティソン夫妻、レバノン系オーストラリア
人の幻視者ジョージェット・ハーブ夫人、その夫マイケルと3人の子どもた
ち、それに一人の友人であった。ダフィ氏は旅行について次のように述べた。

「我々は、8月29日に飛行機でシドニーを発ち、キプロス経由でレバノン
まで行き、9月15日に帰国しました。この旅行の目的は、偉大なレバノン
の聖人、聖シャーベルの墓への巡礼と、天からいやしと治癒、それに奇跡を
行う特別な力をいただくためだったのです。ジョージェットの使命は、特に
感謝と、大変な状態にあるレバノンの人々を助けるためでした。戦後10年、
レバノンは水や電気、通信といった公共事業もなく、荒廃しています。要す
るに軍用基地でしかないのです。人々は清潔で服装も良く、友好的で、よく
助けてくださったし、正直ですし、車などメルセデス・ベンツをよく見かけ
ました。1マイルごとに軍の検査所がありました。それから至るところに
破壊されたピルや車を見ました。

 我々は天から啓示を受けたのですが、シリア、トリポリ、ベイルート空港
には行かずに、北方の高さ約1300メートル級の山々がある安全地帯へ行
くようにということで、その理由は軍隊がキリスト教徒を襲い、アメリカ人
を殺し、荷物やパスポート、お金を盗むからだったのです。

 キリスト教徒に近づく唯一の方法は、良き交流を持つことですが、お金は
ボートでしか行けない、隣のキプロス島からしか手に入りません。

 私達がレバノンに着く15日前に、泊まっていたホテルから500発ほど
の砲弾が飛ぶのが聞こえていました。銃弾や砲弾の爆音は一日中うなってい
ました。」

【 御恵と賜物 】

「私達は聖シャーベルのお墓へ行きました。そこでリトル・ペブルは天から
の御恵と賜物を受け、又、治癒と、奇跡を行うためのいやし、そして永遠の
御父からの御恵を、より多く受けたのです。

 帰国の途についたのは、9月13日金曜日の午後4時で、4台の護街車が
ついてくれました。軍の菅治下の宿泊駐屯地まで行った私達は、それから
タクシーを3回も乗り換えなければなりませんでした。夜、10時50分に、
軍隊がしばらくの間だけ引きあげて、私達が通れるようにする、という空襲
解除のサイレンが鳴り響きました。私達はベイルート東部にある20フィー
トの狙撃防止用の土壁がある検査所を、5カ所通りました。このような危険
な旅の後、夜の11時45分に空港に着きましたが、水もトイレも食物も、
冷房もなかったのです。空港というのはきたなくて、砲弾によってほとんど
の窓がこわれていました。7時間も侍って、私達はようやくシドニーへ帰る
飛行機に乗れました。

 9月15日、日曜日の朝、懐しいオーストラリアに帰ってこられて、本当
にうれしかったです。旅行中は、たくさんお祈りをしました。私にとって
この旅行は、やはり奇跡的でした。」



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1994年7月13日
リトル・ペブルに(抜粋)

 わが愛する岩、わが汚れなき御心の岩、愛のリトル・ペブルよ、甘美なる
使徒、リトル・バルトロメオ、わがリトル・エーデルワイス、甘美なるモー
ニング・スター、いとしい弟子たちとわが汚れなき御心の子供たちよ、今日
私は教会の母として、また子供たちの救いのため、まもなく世に到来する
ニューエラに入る子供たちの指導のために全世界で創立されているすべての
共同体の元后として、あなたたちに挨拶します。いとしい子供たちよ、今日
は私の話すことをとても注意深く聞いて欲しいのです。多くの子供たちの
生活を変えてしまう多くの驚くべきことがまもなくあなたたちの上に到来す
るからです。それはあなたたちが知っているように、世界を混乱させる物理
的な、あるいは自然的な出来事だけではなく、霊的なものでもあるのです。

 甘美なる子供たちよ、あなたたちが今戦っている戦いは霊戦 − 善と悪
との戦いなのです。このため多くの光の子供たちが邪悪な者の誘惑を受けて
いるのです。邪悪な者は人類の弱点を知っており、自分の時がとても短い
ことが分かっているのです。そのため、邪悪な者は子供たちを真理と光の道
から引き離すためにできる限りのことをするのです。ですから甘美なる子供
たちよ、悪魔の罠に対しては用心し、注意深くありなさい。しばしば聖ミカ
エルと天使たちに照らしと保護を求めて祈りなさい。邪悪な者は今やわが
子供たち、選ばれた者さえも欺き、心と精神に疑いをおく力を持っている
からです。甘美なる子供たちよ、あなたたちが祈らず、真理に、そして神の
御言葉に対する真の忠実のうちに根ざして留まらないならば、神の真理の道
から離れてしまうでしょう。たとえ後に多くの者がこの光を受けるにしても、
今下す決断の弱さに対する償いをするには遅過ぎるので、多くの者はニュー
エラには入らないでしょう。このため、あなたたちはよく祈り、真理の道に
精励しなければなりません。

 何年にも渡り、神であるわが息子と私は反キリスト − マイトレーヤ 
− が世に来ることをあなたたちに知らせてきました。甘美なる子供たちよ、
反キリストはすでに世にいます。しかし、まだ霊としてだけですが、時が
来れば体を持って世界の各地に現れ、真理を求めているけれどもまだ見出し
ていない子供たちの間に混乱を巻き起こすことを許されます。甘美なる子供
たちよ、反キリストの力はとても大きいのです。あなたたちは反キリストが
どのようにして子供たちの上に自らの力を用いることができるのか分かって
いません。甘美なる子供たちよ、この力は地獄から来ます。天に在します
わが父、そして、あなたたちの父によって許されたのです。なぜなら、今は
暗闇の時だからです。全世界はサタンの暗闇に包まれています。清らかな光
のごく少数のローソクだけが今なお点滅しています。これらのローソクは
全世界のわが聖地です。そして、わが共同体はニューエラヘの道なのです。



----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------
◆ 箱舟の聖母社から次の4冊の本を発行しました。

 「153本の聖ヨゼフの百合」 …… A5判 316頁 3000円
 「153本のマリアさまのバラ」 … A5判 170頁 2000円
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」……A5判 143頁 2000円
 「メッセージ集」       …… A5判 233頁 3000円

 送料は、各一冊につき全国一律500円、4冊セットで、または各種あわ
せて4冊以上お申込みの場合は無料です。

 お申込みは、現金書留か郵便振替にて、下記までお願いします。ご送金は
おつりのないようにお願いします。ご入金を確認後、発送します。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社

  郵便振替 00840−3−132438

--------------------------------

「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は11月2日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Br.Jean-Marie  Kolbe-Marie
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%6%%




[HOME] [戻る]