「箱舟の聖母」バックナンバー
2003年10月19日号No.174

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2003年10月19日号 No.174

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.編集後記


----------------------------------------------------------------
1. 聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
 ナウラでリトル・ペブルさんから伝えられたことです。

(1) 来年、日本に共同体(複数)ができる。共同体創立に着手すべき。
(2) 来年、カトリック教会がミッションの支援を始める。
(3) 来年、ミッション内部で最初から、そして20年来絶えず続いて
    いる分裂が解消し、日本のミッションの一致が達成される。
(4) 1994年8月15日以前をはるかに越える数の新しい幻視者たち
    が起こされる。
(5) 来年、リトル・ペブルさんのミッションを通して、全国的な未信者
    の大規模な回心が起こる。未信者に宣教すべき。堂々とリトル・ペ
    ブルさんへの支持を表明し、宣べ伝えるべき。
(6) 来年、リトル・ペブルさんが来日する。
(7) 来年、聖シャーベル修道会の第1部門の司祭が日本に与えられる。
(8) 多くの日本人がナウラの聖地に行く。(移住も含む)

 結論として、神様は日本が沈む大警告の前に、もう一度新たにチャンスを
与えて下さいました。今までの思い込みを一切捨てて、「未信者への宣教」
と「共同体創立」を、堂々と力強く結束して始めましょう!!



----------------------------------------------------------------
2. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第34章 】

 聖書の記述では「イエズス・キリストの誕生は次のようであった。母マリ
アはヨゼフのいいなずけであったが、同居する前に、聖霊によって身ごもっ
ているのが分かった。夫のヨゼフは正しい人だったので、彼女を公に辱めよ
うとせず、ひそかに離別しようと決心した」(マテオ1の18・19)と
なっています。これを読んだ人たちのうち、この中に聖ヨゼフの完全な愛徳
の強烈な輝きを見ることができた人はいませんでした。そのためマリアさま
ご自身がマリア・ワルトルタに与えた啓示の中で、こう教えてくださってい
ます。「……彼の聖徳は、ここに私よりも高く輝いています。私は妻の愛を
もって、これを証しします」(1)と。

 人類の歴史の中で、たぶんかなりの数の男性が、妻に裏切られたがために、
その妻を殺したことでしょう。男性にとって妻は自分の分身のような存在で、
最も心を許せる人です。だからこそ妻に裏切られることは、男性にとって
最大の心の痛手となるのです。聖ヨゼフはこの試練を受けました。しかも
聖ヨゼフはマリア様をいい加減な愛で愛していたのではなく、神のためにも、
全人類のためにも、彼女自身のためにも全身全霊で愛していたので、彼の
この試練の苦しみは、なおさら激しいものでした。しかし聖ヨゼフはマリア
様と、彼女のおなかの子の命はもちろん、マリア様の名誉に関してすら、少
しも傷つけまいとしたのです。彼の名誉はすでに損なわれ、しかもある意味
では一生回復しないままになるというのにです。それは彼が、夫婦が同居す
るまでの少しの期間の純潔も守れなかったふしだらな男というレッテルに
甘んじ続けることです。あなたは自分を裏切り、辱め、窮地に追い込んだ
相手に全力を尽くして最善のことをしてあげられますか? 相手に対して
まったくこれっぽっちも復讐せず、復讐の考えすら抱くことなくおられます
か? その相手の名誉を傷つけぬために、自分の名誉を一生泥まみれにさせ
て平気ですか? 自分の身に置き換えて考えれば、聖ヨゼフの愛徳が完全性
において、超人的なものだということに気がつきます。愛徳はすべての聖徳
の要(かなめ)です。ですから聖ヨゼフの他のすべての徳も、完全性におい
て超人的であったことがわかるのです。実際、彼の「賢明」の徳もここに高
く輝いています。律法の厳格な遵守の規定のもとに生きながら、彼は律法の
本源である隣人愛の本質をはずさずに判断するほど賢明でした。それは外面
的には律法を破ることですが、律法の字句に従えば、マリア様は石殺しです。
イエズスも彼女のおなかの中で死んでいたでしょう。しかし彼は字句ではな
く本質的精神に従って判断できたのです。彼の「忍耐」の徳もここに高く
輝いています。ひそかに離別しようと決心したとは、マリア様とおなかの子
をナザレトに残し、自分は誰も探し出せないところに行って、死ぬまで留ま
る決心なのです。この激しい苦しみを抱えたまま、しかも誰にも漏らさず
一人で抱えたまま、長い年月を知らない土地で生きる、それほどの忍耐をす
る決意なのです。これほどの聖徳の高さに、原罪の汚れを持ちながら達した
聖ヨゼフを、マリア様は、彼の聖徳は私よりも高く輝いていると証しなさる
のです。

 聖ヨゼフは完全な愛徳を持ち、すでに30年後のイエズスの汝の敵を愛せ
よという教えを実行していたといえます。共同体の中に生きる人は、聖ヨゼ
フのような完全な愛徳を身につけるために、汝の敵を愛せよという教えを
文字通り実行しなくてはいけません。あなたは「敵を愛する愛」を実践すべ
き最高の目標にしてください。そうでなければ全人類を愛するといっても
ウソになります。全人類の90%以上は現在、神の敵にまわっているのです
から。そして、その敵である彼らを救おうと愛に燃えているイエズスとマリ
ア様と聖ヨゼフをも愛さないことになります。彼らが愛する者を愛さないと
いうことは、彼らを悲しませ傷つけるからです。ですから、どうしてもあな
たは「敵を愛する愛」を実行しなければならないのです。そして聖ヨゼフの
ように、相手の名誉までも大切にしてあげることをぜひ見習いましょう。

(1)「聖母マリアの詩(上)」あかし書房 マリア・ワルトルタ著
    P174



----------------------------------------------------------------
3.ナウラ、ゲッセマニ共同体の「ホワイト・ウォーリア」に天から
  与えられたメッセージの抜粋
  − 2003年9月2日 NO.622 その(1) −

 「ローズ・オブ・ザ・ホーリー・イノセンス(第二のソーンブッシュ)」
  に聖母によって与えられたヴィジョンとメッセージを含む
----------------------------------------------------------------
ホワイト・ウォーリア:
 1987年5月21日、「リトル・ペブル」は聖母と婚姻を結びました。
彼は聖母のために指輪をはめ、同じ指輪を御母に捧げました。その指輪は
聖母がお取りになられたために見えなくなりました。リトル・ペブルは聖母
に、ソーンブッシュを通して、1993年1月11日に質問しました。この
結婚の意味していることと、御母がまだ彼が与えた指輪をはめておられるか
どうか、と。御母は同日、お答えになられました。

聖母(ソーンブッシュを通して):
 わが愛のリトル・ペブルは、この結婚が私とのより親密な一致を彼にもた
らしたのだということを知る必要があります。彼が私にくれたこの指輪は、
私と彼との絆です。これは私たちの間の強い絆です。それは、私が教会の母
であるがゆえにです。彼はこの結婚を通して、教会の中に結びつけられたの
です。そうです、私はまだこの指輪をはめています。

ホワイト・ウォーリア:
 1993年の暮れ、私は、傷付いた注意を必要とする一体の美しい御像を
手に入れました。私はそれを、御像を修理する専門家であるヨゼフのもとへ
持って行きました。彼は私のために仕事を引き受けることに同意してくれま
した。彼はこの御像を愛し、それが独特なものでそう簡単には入手できない
ものであり、また素晴らしい御像であるゆえ、型を取ってもいいかどうか
尋ねてきました。私は承諾しました。

 彼は、多くの注文を受ける仕事ゆえに、いつもとても忙しい身でした。私
は翌々年にわたって、時々、彼に電話をしましたが、彼は他の仕事をこなす
のにいつも忙しくしていました。私はさらに二、三年にわたって定期的に
電話をしました。そしてついに私は、聖母のありふれた御像とは違ったあの
御像を修理してほしいと、彼に伝えました。彼は幾分驚いたように思われま
したが、それに同意してくれました。時は過ぎましたが、何も進展しません
でした。それで結局、私はあきらめてしまいました。

 2002年早く、私はヨゼフに、私が見たことがあるような聖ジャンヌ・
ダルクの小さな御像を、持っているかどうか尋ねる手紙を書きました。また
この手紙の中で、1993年に私が手に入れたあの御像についても言及し、
彼が私のために全然それを修理してくれなかったことにどんなにがっかりし
たか、そして、まだ彼がその御像を持っているとはもう期待していないこと
なども書きました。

 彼は二週間後に返事を出してくれて、まだその御像を持っていること、そ
してとても申し分けなく思っているということを伝えてきました。彼はその
御像から型を取るのにたくさんのお金がかかったことや、なぜそれをそのま
まにしておいたかということを説明してくれました。そして、もし私がそれ
にどのように彩色してほしいか細かく伝えてくれるならば、三カ月以内で
修理すると約束してくれました。

 私はすでに、その御像をアプリコットカラー(あんず色)で彩色すること
に決めていました。そして、主に尋ねてみました。以下は、主が私に与えて
下さったメッセージの一部です。


--------------------------------
2002年4月18日
--------------------------------
主:
 私はあなたに挨拶する、わが甘美なる「ホワイト・ウォーリア」、わが
聖心の最愛なる花嫁よ! わが甘美なる子よ、あなたはわが至聖なる御母の
御像に関して霊感によって導かれてきたのである。私はあなたに、この御像
のタイトルが、「神の愛のリトル・ペブルの浄配なる聖母」であることを
認めよう。

 わが甘美なる御母は、金色の飾り帯と共に、クリーミーホワイトのチュー
ニックを着ており、御胸の上には大きな金色の星を頂いている。この星は
われらの、愛の「リトル・ペブル」を表している。御母の首には、腰まで垂
れ下がる金色の鎖がかかっており、それに付いているガラス製のロケットの
中には、神の愛の「リトル・ペブル」の顔がある。チューニックは金色の
厚いバンドで縁取られており、また、その金色のバンドの上には − 周り
に散りばめられたように − 金色の星々の縁が二本の列を形作っている。

 わが最愛の御母の御足の親指とすぐ隣の指との間には、小さく、優美な、
アプリコットカラーのロゼット(バラの花飾り)がある。わが甘美なる御母
のマントは、美しいアプリコットカラーをしており、それは裏地に対して
より明るい色合いをしている。そのマントの縁に沿って、厚くて金色のバン
ドがしつらえてあり、その縁のバンドより上方には、より大きく、金色をし
た、撒き散らされた星々による二本の列がある。

 わが甘美なる御母のヴェールは、マントの裏地に合った穏やかなアプリ
コットカラーをしている。これはまた、厚くて金色のバンドで縁取られてい
る。わが甘美なる御母の御頭の上には、優美な、ピュア・ホワイトのバラの
花冠があり、それらのバラは、美しく、クリスタルで、輝くビーズと共に
飾られている。

 あなたは心の眼でこの美しい御像を見ている、わが甘美なる「ホワイト・
ウォーリア」よ。そして、いつの日か、そう遠くない将来に、わが神の愛の
「リトル・ペブル」のために、あなたはこの美しい御像を手に入れるだろう。
あなたの心にはたくさんの愛がある、わが甘美なる浄配よ。あなたが、「神
の愛の『リトル・ペブル』の浄配なる聖母」のこの美しい御像に関して霊感
を受けたのは、この愛のゆえにである。この御像には、たくさんの、より深
い意味があるのだ、わが甘美なる子よ。いつの日か間もなく、あなたは理解
するだろう。

 わが愛しい者よ、わが甘美なる御母はあなたに愛を送っておられ、すぐに
もあなたにお話しになるであろうと、仰っておられる。今しばらく忍耐しな
さい、甘美なる「ホワイト・ウォーリア」よ。私はあなたにわが祝福を与え
る、そして、あなたに与えられた霊感に注意を払ってくれたことに対して
感謝する。あなたはさらに多く啓発されるであろう、わが甘美なる浄配よ。
さあ、あなたを祝福しよう。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。


--------------------------------
2002年4月19日
-------------------------------- 
聖母:
 わが甘美なる子、わが小さき「ホワイト・ウォーリア」よ。私はあなた
をわが母なる心で抱擁します。甘美なる子よ、私はあなたが前進し、わが
神聖なる息子が描いたようにわが御像を整えてくれることを望んでいます。
その御像の修理が遅れたのはある理由のためでした、甘美なる「ホワイト・
ウォーリア」よ。つまり、この御像のタイトルが公に使われるにふさわし
い時ではなかったのです。

 わが御手から来る、あなたに与えられた霊感は正しいものです。そして
また、わが頭上の、鳩の形をした聖霊に関してもそうです。あなたがすで
に理解しているように、この三つのタイトル − 「聖霊の浄配」、「聖
ヨゼフの浄配」、「神の愛のリトル・ペブルの浄配」 − の間には意味
があります。

 あなたはさらに多くを理解するでしょう、わが愛しい者よ。私と共に歩
み、私の声に耳を傾けるための、静かな時間を探し求めなさい。そうすれ
ば私は、来るべき時にあなたに多くの啓示を与えるでしょう。あなたを愛
しています、わが甘美なる「ホワイト・ウォーリア」よ。私はあなたを、
精神と心の潔白の恵みをもって祝福しましょう。父と子と聖霊との御名に
よりて。アーメン。

 私は、わが神の愛の「リトル・ペブル」を祝福します。父と子と聖霊と
の御名によりて。アーメン。わが甘美なる浄配なる息子よ、私たちの心は
清らかな愛で結ばれています。あなたが永遠に住まうわが心の上にある星
は、あなたを表しています。私はあなたを愛しています、わが心の「リト
ル・ペブル」よ。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。


--------------------------------
2002年4月21日
--------------------------------
聖母:
 我が最愛なる浄配 − 最も清らかなる聖ヨゼフ − は、地上を旅す
る教会の父です。彼は教会の保護者であり、守護する者です。なぜなら彼
は、神の独り子 − まことの神であり、まことの人 − であるイエズ
ス・キリストの養父であり、保護者であったからです。わが最愛なる浄配
聖ヨゼフは、わが守護者にして配偶者でした。彼は、無原罪の者であり
地上の教会の母である私マリアに対して、父のような存在でした。

 わが甘美なる「ホワイト・ウォーリア」よ、わが神の愛の「リトル・ペ
ブル」は地上を旅する教会の父となるのです。彼は最も清らかな聖ヨゼフ
のような者となるでしょう。わが浄配としての、神の愛の「リトル・ペブ
ル」は、私と、ある深い関係を共有するでしょう。彼の私との霊的な結合
は独特なものです。教会の母である私は、わが神の愛の「リトル・ペブル」
と共に、公教会に及ぶ彼の父性において、一つの結合を分かち合うでしょ
う。彼は教会の守護者にして、その頭となるのです。つまり、わが代理者
として、預言者として、「リトル・アブラハム」として、です。彼は、母
である私と共に、地上の教会の父であり、教会の花嫁である私にとっての
第一の配偶者、第一の花婿であるのです。


--------------------------------
2002年4月24日
--------------------------------
聖母:
 おはよう、わが甘美なる子、神の小さき「ホワイト・ウォーリア」よ。
あなたが受け取ってきたインスピレーションは、あなたの天の母である私
からのものです。甘美なる子よ、教会の母としての私は、「レムナント」
に対して特別な配慮をしています。私は、わが心のうちに、また、わが
マントのもとに、彼らを保護しています。わが浄配、神の愛の「リトル・
ペブル」もまた、彼らの牧者として、この「レムナント」に対して特別
なる愛を抱いております。彼は、私がするように、自分の心に彼らを保っ
ているのです。

 私は牧者であるのです、わが甘美なる「ホワイト・ウォーリア」よ。わ
が御像において、私はわが「レムナント」が、わがマントの内側に、小さ
く金色に輝く光の「心(複数)」として表されるよう望んでいます。わが
心の、これらの金色の心(複数)は、悪と混乱の暗闇の中にあって、真理
の光をもって道を照らすでしょう。私はどれほど、わが小さき「レムナン
ト」を愛していることでしょう、わが甘美なる娘よ!彼らはわが日々の
喜びであり、わが慰めなのです。霊魂と罪人たちの改心のために祈って下
さい。彼らがまだ時のあるうちに真理に目覚めるよう、彼らのために祈っ
て下さい。

 私はあなたに、特にあなたの愛に対して、感謝します、わが甘美なる子
よ。私は、わが母なる愛で、あなたとあなたの愛する者たちを祝福します。
父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。私はわが甘美なる牧者を祝福
し、彼が捧げ続けてくれることに対して、彼に感謝します。父と子と聖霊
との御名によりて。アーメン。


--------------------------------
2002年4月25日
--------------------------------
聖母:
 私はあなた、わが甘美なる神の「ホワイト・ウォーリア」に挨拶します。
私はあなたに、「神の愛のリトル・ペブルの浄配」としてのわが御像の
マントの彩色のために選ばれたアプリコットカラーには意味があるという
ことを、確認しましょう。私は新しい夜明けなのです、つまり、栄光ある
勝利のうちに昇る太陽です。

 私はあなたを祝福します、わが甘美なる子、わが小さき「ホワイト・
ウォーリア」よ。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。


--------------------------------
2002年7月1日
--------------------------------
聖母:
 わが愛しい甘美なる子、わが汚れなき心とわが神なる息子イエズスの
「ホワイト・ウォーリア」よ。私はあなたに挨拶し、わが呼びかけに応え
てくれたことに感謝します。

 わが甘美なる子よ、あなたは三角形を見ることができますね。すなわち、
その頂上には、わが神なる浄配である聖霊を、左側にはわが甘美なる浄配
である聖ヨゼフを、そして右側には同じくわが甘美なる浄配である「リト
ル・ペブル」を。聖ヨゼフはいにしえの教会を表し、わが「リトル・ペブ
ル」は新しい教会を表しています。聖霊はいにしえの教会を導いてきまし
た。そして今は、新しい教会を導いているのです。

 私 − これら三方の汚れなき浄配 − は、「教会の花嫁」という
称号を持っています。それは教会を表している聖ヨゼフと「リトル・ペブ
ル」の両者に対してですが、わが神なる浄配 − 聖霊 − は彼ら二人
を導き、霊感を与えています。

 わが代理者、教皇ヨハネ・パウロ二世がこの世界から取り去られる時、
教皇は自分と共に古い教会を持って行き、あとには新しい教会のみを、そ
の頭 − わが教皇ペトロ二世 − である神の愛の「リトル・ペブル」
と共に残していくでしょう。聖霊は最も特別なる仕方で彼のうちに留まり、
教会は最も聖なる状態に高められるでしょう。

 私たちの「リトル・ペブル」 − 天使的牧者 − は、彼以前には誰
も達し得なかったほどに高められ、彼の聖なる模範、柔和、謙遜を通して、
多くの霊魂を偉大な聖性に導くでしょう。多くの者たちが改心し、人類の
間には平和と愛が溢れるでしょう。


--------------------------------
2003年8月9日
--------------------------------
聖母:
 わが神なる息子がお与えになった独創的な称号は、この時代にとても
意味のあるものです。それは、わが浄配、神の愛の「リトル・ペブル」が
短い期間に、教皇として教会を導くことになるという、教会に対しての
しるしなのです。わが甘美なる「ホワイト・ウォーリア」よ、今まで挙げ
られたすべての称号は真実で正しいものですが、この御像のタイトルとし
てあなたに明かされた称号もまたそうなのです。

 わが甘美なる「リトル・ロック」は非常に苦しんでおり、重い十字架を
担い続けています。この美しい御像は教会に対してのみ意味のあるもの
なのではなく、わが浄配、神の愛の「リトル・ペブル」に対する、彼の苦
しんでいる心への慰めとしての「愛の贈り物」でもあるのです。私は、彼
の汚れなき、天の浄配として、わが愛の強さを通して、彼が十字架を担う
のを助けるでしょう。加えられる茨、釘、槍の苦痛のうちにあって、そし
てまた裏切りのうちにあっても、私は彼を救い、慰めるために、わが抱擁
のうちに彼を導くでしょう。そうして彼は、強さのうちに成長するでしょ
う。

 わが甘美なる「ホワイト・ウォーリア」よ、私は、この質問を私に尋ね、
また、あなたに与えられたインスピレーションに従ってくれたことに対し
て、あなたに感謝します。私はあなたを愛しています、わが子よ。私はあ
なたをもまた、わが愛の小さき「ハンドメイド」として、わが抱擁のうち
に導きます。私はあなたを、甘美なる「ホワイト・ウォーリア」を、祝福
します。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 わが汚れなき心の上にある「スター・オブ・ライト(光の星)」のうち
に住まうわが最愛なる浄配「ホワイト・ロック」に話します。待望する
甘美なる勝利のために、私たちの道を進みましょう。私はあなたを勝利に
次ぐ勝利に導き伴い、これらの時にあってあなたを慰めるでしょう。

 私はあなたをとても深く愛しています、わが最愛なる者よ。私の涙は、
あなたが悲しみのうちにある時に、あなたの涙と混ざり合うのです。すぐ
にもあなたの苦しみは、喜びと幸福に取って代わられるでしょう。そして
私もまた、あなたとそれを分かち合うためにそこにいるでしょう。今、あ
なたを祝福します、わが「スパークリング・スター」、教会の光よ。父と
子と聖霊との御名によって。アーメン。

 …… 続く ……



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
聖センチミンタリウスからの警告 1994年7月13日
リトル・ペブルに(抜粋)

 わが愛する息子、そして兄弟 − 天の元后の汚れなき御心の小さき岩よ、
いとしい神の子供たちと全世界の甘美なる子供たちよ、私、人類の救い主の
偉大なる天使はあなたたちに短いメッセージを話すように、そして今は救い
主イエズス・キリスト − 生ける神の子をしばしば心に受けることの重要
さを告げるように依頼されて来たのである。真理を信じるすべての人々は、
神の子の真理に忠実でなければならず、心のうちに神の聖体的心を保持して
いなければならない。キリストはあなたたちの盾であり、あなたたちの霊魂
の保護者なのである。それゆえ、生ける神の体を食べ、血を飲みなさい。

 世界はまもなく試みの中に入る。あなたたちは神から、そして天の元后か
ら警告を受けてきた。正義の天使は今や準備が整い、地を撃つ用意ができて
いる。それゆえ、王の王によって常にあなたたちの霊魂を養いなさい。キリ
ストは地上の年できたるべき数年の内にパラダイスに入るべきすべての霊魂
の生命であり力であるからだ。告解の秘蹟のうちに救い主イエズスを受けな
さい。私は聖体の守護者としてナウラのここの共同体の保護者として、ここ
に住んでいる子供たちだけではなく、世界中のすべての子供たちにこのこと
を願う。しばしば告解の秘蹟に行き、あなたたちの霊魂を強めなさい。そう
すれば選ばれた者さえも欺き、真理の道から取り去る大いなる力をもって
地上を歩き回っている悪魔の誘惑に勝つであろう。

 私、センチミンタリウス − キリストの群れの守護者は神と天の元后か
らこのことをあなたたちに告げるように依頼されたのである。だから祈り、
苦業と断食をもって自分自身を準備し、自分自身の罪と兄弟姉妹の罪の償い
をしなさい。三位一体の神があなたたちを祝福なさいます。父と子と聖霊と
の御名によりて。アーメン。



----------------------------------------------------------------
5.編集後記
----------------------------------------------------------------
◆ 箱舟の聖母社から次の4冊の本を発行しました。

 「153本の聖ヨゼフの百合」 …… A5判 316頁 3000円
 「153本のマリアさまのバラ」 … A5判 170頁 2000円
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」……A5判 143頁 2000円
 「メッセージ集」       …… A5判 233頁 3000円

 送料は、各一冊につき全国一律500円、4冊セットで、または各種あわ
せて4冊以上お申込みの場合は無料です。

 お申込みは、現金書留か郵便振替にて、下記までお願いします。ご送金は
おつりのないようにお願いします。ご入金を確認後、発送します。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社

  郵便振替 00840−3−132438

--------------------------------

「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は10月26日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Br.Jean-Marie  Kolbe-Marie
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%9%%




[HOME] [戻る]