「箱舟の聖母」バックナンバー
2003年10月12日号No.173

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2003年10月12日号 No.173

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.編集後記


----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
◆ Jean−Marieは10月1日に聖シャーベル修道会初のブラザー
 (修道士)として荘厳誓願宣立しました。聖シャーベル修道会はえぬきの
 第2部門のブラザーとしては第1号です。そして、日本のミッション全体
 への奉仕のために、司祭叙階が予定されています。どうぞ彼のためにお祈
 りください。



----------------------------------------------------------------
2. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第33章 】

 マリア・ワルトルタに与えられた啓示の中で、マリア様は聖ヨゼフの祈り
の生活について語ってくださっています。「……どんな時でも、まず祈りを
第一にすることに、あなたと読む人の注意を促したいのです。……ヨゼフも
祈る時に、神との一致を感じていました。私たちの祈りは礼拝によって全身
を溶かし、抱擁する全霊の礼拝だったからです。……サタンの武器である
世間の悪意、肉欲と傲慢も、祈りにぶつかると、その激しさを失います。
祈りの武器を絶対に手離さないで。これによって天が開かれ、多くの恵みと
祝福が天下るのです。神の罰を招くもろもろの罪の清めのために、この世は
祈りに浸される必要があります。しかし祈る人々は少ないので、この少数の
人は、祈らない多くの人々の分も祈るべきです。"生きた祈り"を、恵みを
得るに必要なだけ続けるべきです。生きた祈りとは、本当の愛と犠牲を伴う
ものであります。……」(1)

 共同体の中に生きる人は皆、このようにすべきです。そして特に私たちが
祈りによりすがらなければいけないのは、共同体の中で、隣人の欠点を指摘
する場合です。どうかその前に何年も何十年もその人のために祈ってから
そうして下さい。または、その人に指摘した後で、何年も何十年も必ずその
人のために祈ってください。何事も祈ってから始めるべきですし、祈りは
原爆よりも強力なので、どんなに固い岩のような悪習でも砕くことができま
す。ただ、すぐにそうなるのではないのです。自分の身に置き換えて考えて
みれば分かるでしょう? 根深い欠点を数年で直せますか? 何十年かの
単位で直していくのではありませんか? だからあなたが他人の欠点に気が
ついたらすぐに、その人のために、その人がその欠点を克服できるようにと
祈り始めてください。何年も何十年も祈り続けてください。それが本当の愛
と犠牲であり、完徳を目指しているはずの共同体の中に生きる人皆が行なっ
て当たり前のことなのです。その時、祈りは生きた祈りとなり、このような
生きた祈りを続ける人の祈りの生活は、神との一致に高められてゆき、やが
て聖ヨゼフのように礼拝によって全身を溶かし、抱擁する全霊の礼拝の祈り
をするようになります。

 あなたの嘆かわしい、誰の目にも明らかな欠点のために、もし共同体の多
くの人が、黙って長期間祈ってくれているなら……、そして同様の祈りあい
が、共同体の皆の間で沈黙のうちに盛んに行なわれているなら、あなたも
共同体の皆も、どれほど聖徳の道に進むことができるでしょうか! ぜひ
そのような共同体にしてくださいね。

(1)「聖母マリアの詩(上)」あかし書房 マリア・ワルトルタ著
   P134



----------------------------------------------------------------
3.リトル・ペブルの自宅で行われた、聖シャーベルに捧げる祈りの集い
 − つまり聖シャーベルの祈りと平和、一致と和解の家 − にて
 − No.034 1985年8月3日(初土曜日) −
----------------------------------------------------------------
聖母:
 我が子、愛のリトル・ベブルと、愛する子らよ、今日は、私について来て
下さった我が尊い息子イエズス、聖ヨゼフ、聖シャーベル、天使、聖人達と
共に、あなたがたを、父と子と聖霊の御名によって祝福します。アーメン。
愛する子よ、あなたに約束したとおり、私は聖シャーベルの祈りの家に行き
ます。しかし、現在すでに、私は全世界の聖シャーベルの祈りの集会の中に
在ります。子らよ、私はあなたがたと、そして我が尊い息子イエズス、聖ヨ
ゼフ、聖シャーベル、天使、聖人たちと共におります。私たちはあなたがた
の祈りを聴き、あなたがたの願いを永遠なる御父のもとへ持っていくために、
ここへやって来ました。今晩は、全世界でこの集会を開いている人たちに
たくさんのお恵みを与えましょう。我が子、愛のリトル・ペブルよ、そして
全世界の子らよ、あなたがたに平和と幸福、安心と愛を与えるために、父と
子と聖霊の御名によって祝福します。アーメン。

 子らよ、霊魂を救うために、煉獄の霊魂を助け、母なる公教会を救うため
に、又世界の罪のため、そしてあなたがたの罪を償うための償いの祈りを
今こそ広めなさい。なぜならば、試練はもうすぐとてもきびしくなり、教会
は十字架を負わされることになるからです。さあ、子らよ、あなたがたの償
いの祈りを続けて下さい。私と我が尊い息子、聖人たちと天使らは、あなた
がたと永遠なる御父、光と愛の霊と共に祈ります。

(この時、1985年7月13日に聖母様が要求された祈りが唱えられる。)

 子らよ、父と子と聖霊の御名によってあなたがたを祝福します。アーメン。
子らよ、今夜のあなたがたの祈りと、全世界の子らの祈りのおかげで多くの
霊魂が救われました。また子らよ、実に百万人以上の霊魂が煉獄から解放さ
れるでしょう。子らよ、これで、祈りがどれほど力強いものかわかったで
しょう。全世界の子らよ、祈りは天国の武器なのです。祈りによって全世界
を救うことができます。それなのに祈る人はほんのわずかなのです。世界中
の不正を計る天秤は、子らがどれだけたくさん祈ってくれるかによって傾き
方がかわります。たくさん祈りが唱えられれば、それだけ犯される罪の数は
少なくなります。しかし、子らよ、ごらんなさい。こんなに祈る人が少ない
から、世界中に山ほどたくさんの罪が存在するのです。

 我が愛する子よ、もうじきあなたは、私と聖シャーベルの為に長い旅に出
なければなりません。子よ、私があなたをすべての危険と危害から守ってあ
げます。聖シャーベルを通じてあなたを派遣するこのミッションは、時が来
ればわかることですが、あなただけでなく、世界じゅうの子らにとっても
大変重要なものです。子よ、長期間旅に出なければならないことで、あなた
は心の中でがっかりしていますね。しかし、覚えていて下さい。私たちも
あなたと一緒に旅をするのですよ。我らの愛する教皇ヨハネ・パウロ2世の
ように。彼は、世界と教会に平和と一致をもたらすために、世界各地へ派遣
されています。同じように、我が愛するリトル・ペブルよ、あなたも平和と
一致をもたらすために、世界各地へ派遣されるのです。理由を永遠なる御父
に尋ねてはなりません。御父は、あなたと世界にとって何が一番よいことか
をご存知だからです。子らよ、わかるでしょう? 天がいかに地上の一人
一人のために使命があるかを。

 すべての物事は慎重に評価されます。味方か敵か。すべての祈りは書き
しるされます。すべての罪は書きとめられて、人間の為の、時間を計る巨大
なものさしの上に置かれます。だから子よ、心安らかにしていなさい。そし
て永遠なる御父が、目的をもってあなたをこの特別な仕事に遣わされたこと
を知っておきなさい。子よ、私たちはあなたを愛しています。聖シャーベル
を思い出しなさい。彼は、あなたの使命において導き手となる、あなたの
霊的指導者です。愛する子よ、私たちは時には、あなたにむちを加えねばな
りません。あなたが感じているように、それは彼があなたを愛しているから
なのです。だから心をいためないように。そして、すべては永遠なる御父の
み旨により、理由あって行なわれているということを知っておきなさい。

 今日ここに来てくれている子らよ、私はあなたがたを父と子と聖霊の御名
によって祝福します。アーメン。子よ、祭壇に花を飾ってくれたあなたの
良き妻、アンに感謝します。我がみ心を喜ばせてくれました。子らよ、愛を
もって行えば、すべての事は神様の御前で大きなお恵みをいただけるのです。
愛のない行動をするくらいなら、何もしない方がましです。子らよ、天の母
がどれほど深くあなたがたを愛しているか、わからないのですか? 私は今、
この家と、世界各地の多くの家に来て、あなたがたを慰め、また我が尊い
息子イエズスからの恩寵を持ってきました。私は尊い息子イエズスを、あな
たがたの心の中へ連れて来るのです。子らよ、もうこれからは罪を犯さない
で下さい。聖なる愛のロザリオをたびたび唱えなさい。誰も祈る人がいない
というだけの原因で、この世には多くの子らが迷っており、私達は彼らを
救いたいと願っているのです。

 子らよ、今こそ、世界各地の戦争で引き裂かれた国々、特に我が愛する国
レバノンの為に祈って下さい。レバノンのキリスト信者たちは、信仰のため
の殉教者です。ポーランドの為に祈って下さい。我が愛するこの国に大革命
が勃発するでしょう。フランスの為に祈って下さい。我が汚れなきみ心に
捧げられたこの国に、もうすぐ革命が起こります。そして、かわいそうな、
ああ、かわいそうなイタリアよ、お前はどうなるのでしょう。私が愛する国、
教皇様の座しておられる国でありながら、教皇様を暗殺しようと企んでいる。
子らよ、ドイツの為に祈って下さい。東西ドイツ間でもうすぐ戦争が始まる
でしょう。子らよ、人類に平和が訪れるように、世界のすべての国々の為に
祈って下さい。子らよ、世界の罪を償うために、初土曜日に償いの聖体拝領
にあずかりなさい。ロシアの回心の為に祈りなさい。子らよ、世界を自滅
から救うために祈りなさい。時間は経過し、人間は過去を忘れて未来の事は
おかまいなしです。人間は現在だけに生きていますが、それもありとあらゆ
る罪と不正の中に生きています。こんな風に生きていくと人間はどうなるの
でしょう? この道は、永遠の地獄と永遠の滅びへと続いているのです。
全世界の子らにお願いします。祈って下さい。そしてあわれみ深きおん方、
神へ立ち返って下さい。時間がないのです。もう何度も、世界に残された
時間がわずかであることを言いましたが、聴いてくれる人がほとんどおりま
せん。あなたがたが知っているとおり、永遠なる御父、神は私に世界の終焉
について明らかにされましたので、我が汚れなきみ心は世界のために血を
流しています。しかし、今夜、この場所と、世界各地の祈りの家で、あなた
がたが一つの聖なる家族として、一緒に祈っているのを見て、私は大きな
喜びを得ました。私と我が息子イエズス、我が愛する浄配ヨゼフ、そして
天使のような聖人シャーベルは今、天に到る道を歩むあなたがたに力と忍耐
を与えるために、父と子と聖霊の御名によってあなたがたを祝福します。
アーメン。

 子よ、私は今、すべての準秘跡を祝福します。そして子よ、我が愛する娘
マリアンヌのために十字架に口づけします。マリアンヌよ、私はあなたを愛
しています。私は、我が尊い息子イエズスの十字架像の上に私の愛情を置き
ます。この十字架像で、あなたは霊魂を救うのです。私は父と子と聖霊の
御名によってすべての準秘跡を祝福します。アーメン。ここにおおぜいの
聖職者を目のあたりにして、私はほんとうに喜んでいます。我がみ心の娘な
る修道女たちよ、私はあなたがたと共にいます。恐れることはありません。
私は、アメリカにいる「我が巡礼者の霊魂」に特別な祝福を与えます。彼女
は「原罪なき御宿りの祈りのチャプレット」の我が愛の言葉を世界じゅうに
広めなければなりません。これが彼女の霊的指導者にしるしとなりますよう
に。父と子と聖霊の御名によって。アーメン。

 愛する子らよ、今こそ天の愛する教皇ヨハネ・パウロ2世の為に、懸命に
祈らなければなりません。敵は永遠の都ローマで、彼をつけねらい、今年の
公会議が始まるまでに、教皇の座からおろそうとしています。おお、悪者
ども、私はおまえたちの心の内はわかっています。地獄に落とされる前に、
おまえたちの内からルシフェルを追い出しなさい。子よ、あなたは教皇に
手紙を書いて、彼を聖ペテロの座から降ろそうとする陰謀が進められている、
と警告しなさい。子よ、教皇に、食事を共にする者たちに気をつけるように、
と言いなさい。彼は、側近の者たちをもっと識別する目を持ち、天の戦士
聖ミカエルに指導を仰がねばなりません。子よ、彼に警告しなさい。私は
教皇ヨハネ・パウロ2世を、父と聖子と聖霊の御名によって祝福します。
アーメン。

 地上の子らよ、もう一つ、最後に、世界各地の出現についてお話ししたい
と思います。子らよ、もし、その出現において、教皇ヨハネ・パウロ2世が
非難されることがあれば、神及び神の御母の出現ではないということを知り、
また、識別しなさい。子らよ、教皇ヨハネ・パウロ2世を非難するいくつか
の出現に、多くの子らが従っているので私はこのようなことを言うのです。
子らよ注意しなさい。そんな出現は神からのものではありません。愛の子ら
よ、感謝します。私は、全世界のあなたがた皆を、父と子と聖霊の御名に
よって祝福します。アーメン。子よ、祈りの家の、定められた行事予定を
続けて下さい。

(その時にフィリピンとクエートからの願いが聖母様の御前におかれる)

 子よ、私はこれらのあなたの心からの祈りを永遠なる御父のもとに持って
ゆきましょう。フィリピンの子らに伝えなさい。私、汚れなきマリア、神の
母、人類の母はこの国を抱擁します。彼らに、リパのメッセージを広めるよ
うに言いなさい。そうすればたくさんのお恵みが彼らに与えられます。そし
て、我が愛する小さな国クエートには、我が汚れなきみ心が、その地の子ら
をおおいます。私はこの国の人々に私の息子イエズス・キリストに祈りなが
ら、自分の命をささげるように伝えなさい。また聖シャーべルに対する特別
な信心を広めなさい。そうすればクエートに平和がきます。私はこの国々、
フィリピンとクエートを祝福します。なぜなら、子よ、あなたが助けを求め
たからです。父と子と聖霊の御名によって、アーメン。子らよ、あなたがた
の祈りに感謝します。あなたがたを我が汚れなきみ心で抱きしめます。そし
て、あなたがたの心と意志を、天国にまします我が御父であり、あなたがた
の御父であられるおん方のところへ持ってゆきます。



--------------------------------

 聖母様は今、リトル・ペブルに、彼の見た幻を公表する許可をお与えにな
りました。以下は、そのうちの2つの幻視の詳細です。

--------------------------------
1974年8月15日
--------------------------------
 この日、私はイタリアのサン・ダミアノの幻視者、ママ・ローザから一通
の手紙を受け取りました。この手紙の中には、赤いバラの花びらが一枚と、
手紙が入っていました。そのバラは聖母様に祝別されていました。以下は
聖母マリアが私リトル・ペブルに送られた言葉です。「天の母があなたに
祝福を送ります。」

 翌朝、午前6時、私リトル・ペブルは大変不思議な幻を見ました。私は、
人々が輪になってすわり、議論している家に入りました。私が足をふみ入れ
たとたん、その部屋に平安がおとずれました。私はすわって、話を始めまし
た。聖母像が手入れされずに置いてあるのに気がつきました。誰一人聖母様
に関心がないようでした。私はとても心乱れる思いでした。そのとき、とて
も奇妙なことが起こりました。御像の腕につららができ始めたのです。そこ
で私は歩いていって御像をきれいにし、氷をとって、また坐りました。次に
私達はひざまづいて祈りました。すると、こんなことが起こったのです。
強烈な白い光が御像を包みました。御像は生身の人間のように現実的になり、
ながめているとほんとうに美しかったのです。今、おとめマリアは実際に
白い光に包まれておられるのです。聖母様はそれから動かれました。歩かれ
たわけではなく、私達の方に向かって雲の上をすべるように動かれました。
マリア様は輪になっている人達の一人一人のところで止まられ、各人が為す
べき仕事と使命をお教えになりました。マリア様は、それから私のところへ
来られました。立ち止まり、私にほほえみかけ、そして行ってしまわれまし
た。マリア様は私には何もおっしゃいませんでした。私以外の人がみんな
使命を受けたのに、私には何もないということに、少し不安になりました。
部屋には8人程いました。聖母様は一人一人のところへ行かれ、そして振り
返って私のところへ戻って来られました。ほんとうに美しいお方でした。
とても美しい微笑みでした。それからマリア様は私に話し始められましたが、
口もとは動きません。マリア様は、言葉を私の心の中へ送り込まれたのです。
しかし、他の人には口で話されました。これは、マリア様が私に伝えようと
される内容を、他の人たちに知られたくなかったからでした。マりア様の
お言葉はこうでした。「わが子よ、あなたは非常に高められるでしょう。」
私の魂にあふれた歓びは、言葉ではとても表現できません。マリア様は、そ
れから向き直って、御像のある部屋の隅へ、そして御像へ戻られました。
このあと私は立ち上がり、道に出て走りました。その時は夕暮れになってい
ました。私は教会へと走りました。今聞き、見たことをイエズス様とマリア
様に感謝したかったのです。教会には鍵がかかっていました。そこで私は
ただ、ひざまづいて祈りました。数分とたたないうちに教会の扉が奇跡的に
開き、美しい天国の音楽ともいうべきものがきこえました。そして祭壇の上
に、栄光につつまれて御聖体が見えましたが、そこから美しい光線が放たれ
ていました。私は起き上がり、唇はこうつぶやいていました。「マリア様、
聖母様、なんと美しいのでしょう。なんと美しいのでしょう」私は両腕を
大きく広げていました。


--------------------------------
1978年2月 − 幻
--------------------------------
 私には、与えられた巨大な十字架があり、もう一つの大きな十字架が私を
待っていました。気がつくと、私は深い地下牢におり、あたりはまっ暗でし
た。私はひどく泣いていました。その時、次のことが起こりました。長い
階段の上から4つの御聖体が、白い雲に包まれて下って来て、私の目の前で
空中に浮かびました。それから消えてしまいました。その時大いなる栄光と
尊厳に包まれて、聖母様が階段をおりて来られたのです。歩いてではなく、
雲に乗って、空中に浮かんだままでおりて来られ、マリア様は明るい光で輝
いておられました。カルメル山の聖母のような衣装でした。私のところへ来
られました。ああ何と美しい方でしょう。マリア様は両腕を広げ、そして私
の頭をみ心に押しあてるように抱き、私にこうおっしゃいました。「泣かな
いで。あなたを愛しています。万事うまく行くでしょう。」そして泣き出さ
れました。私はマリア様の御頭を私の腕に抱いて言いました。「聖母様、
お泣きになりませんように。私があなたにお仕えいたしますから。」マリア
様は泣きやまれ、空を指さされました。そこには、父なる神様が私たち二人
への大きな愛を示しておられるのが見えました。そしてマリア様は言われま
した。「恐れることはありません。神様があなたの面倒をみて下さいます。
大丈夫ですよ。」そこで幻は消えました。


--------------------------------
1985年7月27日にノラ・アーサーズ夫人
(イギリス)に与えられたメッセージの抜粋。
--------------------------------
聖母:
 ……残された時間はほんとうにわずかです。私はこのわずかな時間なのに
たくさんの祈りが必要です。私、祝されたあなたがたの母は、我が小さき
子らにグループで祈ってくれるようお願いしています。それも私が幾人かに
教えた祈りを。その祈りは、もっと多くの子らにも教えてあげましょう! 
子らよ、私には多くの愛する子ら、あなたがた同様、祈るためにやってきて、
主なる神様とあなたがたの母なる私を愛してくれる多くの子らがいる、とい
うことを悟らなければなりません! また、あなたがた一人に対して10人
の人たちは私の言葉を聞いていません。子らよ、なぜあなたがたの母がお願
いしまた、天がリトル・ペブルに伝えている「新しい計画」が全世界の我が
子ら全員、つまり私たちの言葉を聞いて祈ってくれている子らに知らさなけ
ればならないと強く主張しているのかわかりますか? 彼らが確かに我が子
であり、私の計画と永遠なる御父の御計画をよく聞く彼らの家族が救われる
為なのです! しかし、ほんとうにたくさんの、たくさんの子らは失なわれ
るでしょう。子らよ、知っていますか? あなたがたは涙を流す聖母像を見
たり聞いたりしたことがあるでしょう。母は、ほんとうに泣いているのです。
時には血が流れることもあります。あなたがた全員のために。我が息子が流
された血です。十字架上のとても悲しく苦しそうな我が息子の御像の多くか
ら、彼の祝された御眼から涙が流れるのを、あなたがたは見るでしょう。
子らよ、私たちがどれほど悲しんでいるかわかってくれるでしょう。子らよ、
お願いです。「どうか私たちを哀れに思って下さい」 あなたがたの天にま
します御父と、私マリア、あなたがたの母、そして子らよ思い出して下さい、
聖ヨゼフを。彼は私たちと共におります! 彼は私たちを慰めてくれます。
しかし、子らよ、言っておきますが、彼はすべての家族の為に語り、私は
家族が本来あるべき姿になるように、あなたがたと一緒に祈るのです。

「神の愛において」…



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1994年7月2日
リトル・ペブルに(抜粋)

 今日、私はプリンセスたち − わが甘美なる娘たちについて話すために
参りました。勇気を出しなさい! あなたたちは今戦わなければなりません。
邪悪な者と戦いなさい! なぜなら邪悪な者は永遠の御父があなたたちの上
におかれた道から引き離そうと多くの者を誘惑しているからです! 多くの
者は永遠の御父があなたたちにお与えになられた恵みを悟っていません。
あなたたちは神の御計画とその知恵とを十分には理解していないからです。
甘美なる子供たちよ、あなたたちの人間的なやり方で物事をなし遂げようと
しないようにしなさい。今、世にとって時はとても少なく、あなたたちの
大半が今理解できるよりもはるかに大きく物事が変化するからです。

 甘美なる子供たちよ、大警告の後で世界は変わるでしょう。時間それ自体
が今とは異なります。人類は今生きているように生きられないでしょう。そ
の時以降プリンセスたちの使命は重要なのです。あなたたちの生活は変わる
でしょう。そして、このことはプリンセスたちだけではなく、すべての子供
たちにもそうなるのです。甘美なる子供たちよ、生活は変わるでしょう。
反キリストの時、使徒であり偉大な預言者であり、神であるわが息子の弟子
の時代が到来するからです。彼らの多くは地上を再福音化するために全世界
に行くでしょう。プリンセスたちについては勇気を失わないようにし、堅く
信仰に留まり、わが汚れなき御心に信頼しなさい。

 甘美なる子供たちよ、私はあなたたちを迷わしているのではなく、母が
子供たちを集めるようにあなたたちをわがマントの下に集めています。それ
はこの時代だけではなく、来たるべき多くの年 − 神であるわが息子が
地上に戻って来られ、完壁に御自分の王国を地上に打ち建てられる時 − 
のためにあなたたちのために備えられた使命に備えて準備するためです。
この尊い宝石を投げ捨ててはなりません。この尊い贈り物は単に世のため、
肉と悪魔の誘惑のために永遠の御父があなたたちにお与えになったのでは
ありません。悪魔はこの道からあなたたちを引き離そうとしています。悪魔
はあなたたちが永遠の御父の御旨に従順であることの結果を知っています。
恐れてはなりません。あなたたちはペトロのようでなければなりません。そ
して、わが手につかまって信仰の水の上を歩かなければなりません。



----------------------------------------------------------------
5.編集後記
----------------------------------------------------------------
◆ 箱舟の聖母社から次の4冊の本を発行しました。

 「153本の聖ヨゼフの百合」 …… A5判 316頁 3000円
 「153本のマリアさまのバラ」 … A5判 170頁 2000円
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」……A5判 143頁 2000円
 「メッセージ集」       …… A5判 233頁 3000円

 送料は、各一冊につき全国一律500円、4冊セットで、または各種あわ
せて4冊以上お申込みの場合は無料です。

 お申込みは、現金書留か郵便振替にて、下記までお願いします。ご送金は
おつりのないようにお願いします。ご入金を確認後、発送します。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社

  郵便振替 00840−3−132438

--------------------------------

「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は10月19日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Br.Jean-Marie  Kolbe-Marie
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%




[HOME] [戻る]