「箱舟の聖母」バックナンバー
2003年9月28日号No.171

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2003年9月28日号 No.171

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%9%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記


----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第31章 】

 聖ヨゼフがマリア様の妊娠に気づいてからの3日間の苦しみの激しさに、
世界は今までほとんど注意を払ってきませんでした。しかも、この苦しみを
黙想の対象としたわずかの人にも全く知られていない苦しみが、この3日間
の苦しみには含まれていたのです。2千年もの間、全く知られなかったその
苦しみとは、聖ヨゼフの「忠実さ」という徳の偉大さが原因となったもので
す。彼は聖霊の照らしによって、マリア様の純潔の守り手としての自分の
義務をはっきりと理解していました。神から特にゆだねられたこの義務を、
忠実なものである聖ヨゼフは自分のすべてをかけて果たそうと努めていたの
です。たとえ千人の武器を持った男が相手でも、マリア様の純潔を守るため
なら彼は立ち向かってゆくでしょう。はっきりしたマリア様の妊娠が、暴行
されたことによるものだったらと考えた聖ヨゼフは、神の僕として己の義務
に不忠実であったかもしれない……神のご期待を裏切ってしまったのだとし
たら……という考えに、どんな人間も感じたことのないほどの苦しみを味わ
いました。「忠実さ」の徳は、聖ヨゼフの苦しみによくあらわれているよう
に、責任感の強さとしてあらわれます。この責任感の強さは、大切なもの、
つまらないもの、大きなこと、小さなことの区別なく、神から、または人か
らゆだねられたことを完全に果たさせます。ですから、ある人間が本当に
忠実であるかどうか分かるのは、むしろつまらないもの、小さなことを任せ
られたときです。イエズスも「小事に忠実な者は、大事にも忠実な者であり、
小事に不忠実な者は、大事にも不忠実である」(ルカ16・10)と教えて
くださっています。

 共同体の中に生きる人にとっては、人間的に見て大切なつとめ、重要でな
いつとめが日常混ざり合っているのですが、愛という観点からは、神への愛
のためにそれらを同じように忠実に果たせば、神のみ前には同じ尊い価値を
持つものにすることができます。愛による忠実さは、日常の最もつまらない
ことさえ、神の御前に偉大な価値をもたせる力を持ちます。これを用いて
私たちは、共同体に生きる一日を、神のため、そして全人類のために偉大な
価値ある一日とするようにしましょう。聖ヨゼフに願うなら、彼の「愛によ
る忠実さ」を必ず私たちにも譲ってくださいます。彼の知られざる苦しみを
崇敬する人にこの恵みを与えようと聖ヨゼフが待ち構えているのですから。



----------------------------------------------------------------
2.聖母からリトル・ペブルに、ナウラの聖堂で与えられたメッセージ
 − 2003年7月27日 償いの日 No.620 その(2) −
  同じく聖母から他の幻視者に与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------

 …… 前号からの続き ……

聖母:
 私はあなたに挨拶します。私の最愛の娘、「私のゴールデンロット」よ!
私はもう一度あなたに挨拶します。私の最愛の神秘的浄配、「私の天使的愛
のリトル・ペブル」よ! 私はあなたに挨拶します。私の司教である息子
マルコムよ。そして私はすべての私の息子たち − 私の長上たちと私の
「聖シャーベル修道会において、既婚の司祭となることを熱望する、既婚の
候補者たち」よ。そして私は、ここと世界中いたるところにいるすべての私
の子らに挨拶します。

 私の甘美なる子らよ。私は本当に悲しみの御母です! 本当に私の心はと
ても悲しいのです! 甘美な子らよ、それはただ単に、この世界の状況のせ
いによるだけではありません。それは私の忠実な者たち − そして特に私
の最愛の小さき浄配、「リトル・アブラハム」への悲しみでもあります。

 私の甘美な子らよ。あなたたちは苦しみの一年を過ごしました − 激し
い苦しみでした! 当局者があなたの戸口に来て以来、一年が過ぎました!
しかし、私の甘美な子らよ、私の忠実な子らによって、日夜わかたずささげ
られ、天に昇っていっている絶え間のない祈りによって、私はずっと慰めら
れてきました。祈りのうちに一致して、私の忠実な子らは、私とともに寝ず
の番を続けてくれました。そして私を慰め、私を楽にしてくれました。そし
て私の暗黒の光になってくれました。悲しむ心にとってのちょうど鎮痛剤の
ように。

 私の甘美な子らよ。長年にわたってあなたたちは預言について思いめぐら
してきました。あなたたちはメッセージを読み返し、そしてあなたたちは天
から啓示されたこれらのことの実現を遠いことだと思ってきました。私の
甘美な子らよ。これらのことのすべてがもはや地平線のかなた、あなたたち
の視界の外ではなくなりました。− それらはまさにあなたたちの戸口に
きており、今やあなたたちにきています。あなたたちは長年準備されました
− そして多くの霊魂たちが刈り込まれ、完徳に近づき、高く上りました。
それゆえ彼らは、彼らに対する神の御旨を成し遂げることができます。今は
厳しい刈り込みが行われている時です。甘美な子らよ − 今は一致のうち
に協力し合い、もうじきやって来る春へと前進しつつ、失った恩寵を再び
取り戻すための時、徳において前進するための時です。教会のこの春はずっ
と先ではありません。しかし今、枝々は取り除かれて、切り落とされつつあ
り − そして実を結ばない、そして価値のない枝は捨てられつつあります。

 甘美な子らよ。自分自身をよく準備しなさい。自分の心、自分の霊魂を
準備しなさい。なぜならば、緑の、そして美しい、青々とした、清い、向こ
う側につくには、まずあなたたちは、苦しいこの谷を旅して通過しなければ
ならないからです。それははるか遠くではありません。でもあなたたちは
まず清められ、きれいにならなければなりません。そしてその時、あなたた
ちは歓喜し、美しいところで喜ぶでしょう。私の小さき浄配とともにしっか
りと立ちなさい。なぜなら、この十字架は重いからです。そしてあなたたち
は彼を、あなたたちの祈りによって、あなたたちの連帯によって、あなたた
ちの援護によって、そしてあなたたちの愛によって助けなければなりません。
これがあなたたちに私が望むことです。これが私が頼んでいることです。
− というのは、あなたたちもまた、「預言者の報い」を受け、歓喜するで
しょうから。

 別の道を行ってしまっている私の子らよ、私はあなたたちにへりくだりと
愛をもって言います。あなたたちの心とあなたたちの霊魂を清めなさい。闇
の領域から離れなさい。なぜならそこには多くの落とし戸があり − そし
て何度もそれらがあなたたちを待ち受けているのですから! この世界は
あなたたちにとって無価値です。甘美な子らよ、なぜなら、もうすぐあなた
たちはこの世界で、あなたたちが決して見るとは思わなかったことを見、あ
なたたちが決して聞くとは思わなかったことを聞くのですから。この世界か
ら身を引きなさい! 私の聖所に、私の祈りの聖所に来なさい。あなたたち
の心と霊魂を清め、そして祈って、祈って、祈るのですよ。

 遠くから来た私の息子たちよ。私はあなたたちに私の愛と、あなたたちの
全ての努力において助けるという、私の約束を与えます。私の心の清らかな
小さな息子たちよ、私の小さな単純な霊魂たちよ、信仰においてあなたたち
はぐんぐん歩いてきました。− 信仰と信頼を持って − そしてあなたた
ちは報われました。私の息子についてくるようにと望まれ、ただし彼の財産
をすべて施し、そしてついてくるようにと求められたあの富める男のようで
あってはなりませんよ。彼はそれをすることができなかったのです! そし
て私の小さなマタイのようでありなさい − 彼の罪のいっさいと、彼の
欠点のすべてをもって、事務机からさっと立ち上がり、私の神なる息子の招
きに従ったのです。神の愛とあわれみに対する信仰と信頼において、私の
マタイのようであってくださいね。今、前進しなさい。そして恐れてはいけ
ません。覚えておきなさい。あなたたちと、あなたたちの家族が受け取って
いるのは偉大な、偉大な恩寵などだということを。

 私の「聖シャーベル修道会おいて、既婚の司祭となることを熱望する、
既婚の候補者たち」の妻である甘美な娘たちよ。喜び、そして感謝に満ちて
いてください。なぜならあなたたちの夫とあなたたちは聖なる婚姻のきずな
のもとで一つのものだからです。あなたたちはまるでひとつのものです。そ
してあなたたちは頭から心を通って、子らにまで至る偉大な恩寵を共有して
います。感謝に満ちていなさい。あなたたちがこの素晴らしい恩寵に参与し
ていることをうれしく思いなさい。そしていにしえの使徒たちが、ちょうど
聖なる女性たちによって支えられたように、あなたたちの愛する夫の支えと
なり、共に、この道のない荒れ地でさまよっている人々を贖うために前進し
なさい。

 遠くからきた私の甘美な子らよ。私はあなたたちの忠実さと熱心さに、そ
して、あなたたちが私の小さき浄配にずっと与えてきた支援に感謝します。
あなたたちは私の小さき弟子たちであり、私はあなたたちを私の心の中に
大切にとっておきます。忠実な子らよ。あなたたちの母はあなたたちを愛し
ており、いつもあなたたちとともにいますよ。

 今日、私はもう一度あなたたちを、私の母としての心から − 私の心か
らあなたたちの心へ − 一人の母がその子供へと祝福を与えます。父と子
と聖霊との御名によって、アーメン。


--------------------------------
「ローズ・オブ・ホーリー・イノセンス」に与えられた幻視の一部
 − ご出現の間に病気で寝ていた家のベッドで −
--------------------------------
ローズ・オブ・ホーリー・イノセンス:
 下記は、今日の午後、ロザリオをささげている間に、私に示されたことで
す。

 私はマリア様がダークブルーのビロードの服をお召しになって、美しいき
らめく星の中に座っていらっしゃるのを見ました。この星にはもっと小さな
一つの星がくっついていて、この星の中に私は教皇ヨハネ・パウロ2世、福
者メアリー・マキロップ、そしてアンナ・カタリナ・エンメリックを見まし
た。彼らは皆、三つ又の部分がペトロ2世の教皇紋章になっている木製の珠
のロザリオを持っていました。彼らの後ろに私は落ちてゆくたくさんのきら
めいている星を見ました。しかし、それらが落ちてゆくと、それらはその
きらめきを失いはじめました。これらの星の内部に、人類にやがては下され
る多くの天罰がありました。

 ひとつの星の中に、洪水となったイタリアの多くの通りを私は見ました。
別の星の中にたくさんの赤ちゃんの棺を見ました。また他の星の中に、人々
が土を掘っているのを見ました。多くの死体が折り重なった共同墓地が発見
されました。また、別の星を通して私はインドの一つの地震がたくさんの
荒廃と死を引き起こしているのを見ました。私はまた、パプアニューギニア
での不穏な状態と暴動を見ました。また、私は一機の飛行機が山中に墜落し
たのを見、この同じ星の中に、ハリウッドの「名声の小道」が見え、この
小道に記されたスターたちの名のうちのひとつが消えたのを見ました。多く
の星が落ち続けました。

 マリア様がそのケープを開くと、その一方の側に、私は木の十字架 − 
茨の冠、釘と槍を見ました。ケープのもう一方の側に、私はペトロ2世の
教皇紋章がたくさんの光を発しているのを見ました。マリア様は、それか
ら、そのケープを閉じました。

 マリア様の星の背後から多くの美しい天使たちが、その両手に贈り物を
持って進み出てくるのを私は見ました。マリア様はうなずき、ほほえまれま
した。そして私は天使たちが行って、多くの霊魂たちにその贈り物を配るの
見ました。


2003年7月29日
† マルコム・L・ブロサード・ジュニア司教



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
イエズス様からの警告 1994年7月2日
リトル・ペブルに(抜粋)

 甘美なる子供たちよ、丘の他の斜面の草の方がよく茂っているというのか?
あなたたちは今、信仰 − 真の信頼と天に在しますわが御父の御旨に対す
る従順をもって至聖なるロザリオをしっかりと握り、わが御母にしっかりと
つかまって歩まなければならない。甘美なる子供たちよ、今は危険な時であ
る。私たちが自由を与えたので、邪悪な者はとても強力だからである! 甘
美なる子供たちよ、今は邪悪な者の時、暗闇の時、私がゲッセマネの園にい
た時のような時である。暗闇の時は世界の上に、そして地上におけるわが家
の内にある! 甘美なる子供たちよ、信仰だけである − 論理ではない。
理解することではない − 信仰だけである。甘美なる子供たちよ、今あな
たたちの上にあるこの暗闇の「時」を通り過ぎる力は、この信仰の内に、
真理の内にある。

 甘美なる子供たちよ、あなたたちの多くの者は重い荷を、重い十字架を
担っている。そして、この重みは増していくであろう。なぜなら子供たちは、
天に在しますわが御父の神的御旨は完全であり、人類は不完全であると理解
することを学ばなければならないからである。甘美なる子供たちよ、神の道
は人の道とは異なるのである。あなたたちは到来する多くの試練とともに
このことを理解するであろう。神の御旨を理解しようと努めず、信仰とわが
至聖なる御母の指示に信頼して前進しなさい。わが御母はあなたたちを安全
な所に導き、あなたたちの心に喜びをもたらされるであろう。あなたたちは
その時、あなたたちが自らの生活において至高なる御方の御旨を成就したこ
とを知るであろう。甘美なる子供たちよ、自我を脇へ置きなさい。自我は
あなたたちを天国へ連れて行かない。信仰と真理への真の忠実とのうちに、
わが御父の御旨に従順に従うことだけがあなたたちを天国へ連れて行くので
ある。甘美なる子供たちよ、神の御旨を愛することを学びなさい。神の御旨
を理解しようと努めてはならない。

 私が戻って来る前の来たるべき数年の内に、教会で世界で多くのことが変
わるからである。甘美なる子供たちよ、多くの律法が変わるであろう。聖霊
が自らの業を完成されるからである。そのため人間の論理を脇に置き、信仰
に生きなさい。甘美なる子供たちよ、疑ってはならない。ほんのわずかでも
疑うならあなたたちは弱くなる! だから、この時あなたたちに必要な力を
与えてくださるよう、天に在しますわが御父に祈り求めなさい。



----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------
◆ 箱舟の聖母社から次の4冊の本を発行しました。

 「153本の聖ヨゼフの百合」 …… A5判 316頁 3000円
 「153本のマリアさまのバラ」 … A5判 170頁 2000円
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」……A5判 143頁 2000円
 「メッセージ集」       …… A5判 233頁 3000円

 送料は、各一冊につき全国一律500円、4冊セットで、または各種あわ
せて4冊以上お申込みの場合は無料です。

 お申込みは、現金書留か郵便振替にて、下記までお願いします。ご送金は
おつりのないようにお願いします。ご入金を確認後、発送します。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社

  郵便振替 00840−3−132438

--------------------------------

「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は10月5日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Jean-Marie S.  Kolbe-Marie A.
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%




[HOME] [戻る]