「箱舟の聖母」バックナンバー
2003年9月21日号No.170

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 聖シャーベル修道会
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2003年9月21日号 No.170

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%9%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記


----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第30章 】

 聖ヨゼフにとって純潔は、唯一の配偶者である神へのささげものでした。
彼は体と心と霊魂の純潔を、肉の欲望と根気強く戦いぬくことで最高度に
高めていました。その聖ヨゼフの純潔の徳は、マリア様と出会い、彼女の
言葉を聞くことによって、別の新たな価値と意味をおびることになりました。
それは彼の純潔の徳が、神への愛のささげものだけではなく、全人類への愛
のささげものともなったことです。初めての会話のとき、マリア様は聖ヨゼ
フに次のようにご自分の「一生涯純潔を守る」誓願を説明します。「私は
幼いときから、自分のことを主にささげました。このようなことはイスラエ
ルでは行われていないと知っていますが、メシアの到来のために愛の生贄
(いけにえ)として、私の処女性を望んでいる声を、私の中に感じていたの
です。……」(1)

 その後、このマリア様の言葉について黙想し続けた聖ヨゼフは、聖霊の
照らしによって、ソロモンの雅歌の預言的象徴がマリア様をあらわすことを
悟りました。そして結婚式の日、彼は次のようにマリア様に言います。
「……私は最も貴重な果物のある香り高い庭園の番人となります。その庭園
からやさしく生きる水がほとばしる。これは……女としてのあなたのささげ
ものによって、救い主を与えたいと願う世界のための愛です。……」(2)

 聖ヨゼフが純潔の徳の生涯にわたる完全な実践によって、マリア様に一致
し、ともに協力して救い主を全人類に与えようとすることは、全人類を救う
救い主の協力者に、マリア様とともになることでした。そしてその救い主が、
人間が不従順によって神から奪ったものをご自分の従順によって神に与え、
神への負債を払い、全人類を贖うことにも協力することだったのです。彼は
その純潔の生贄を、全人類への愛のために贖い主イエズスと、ともに贖うも
のであるマリア様の生贄にあわせて捧げたのです。イエズスも、それを確認
して次のようにおっしゃっています。「……節制によって肉欲に打ち勝った。
その肉欲は、この世の始まりに、人間に対しての神の権利を汚して打ち勝っ
たが、今度は神に、人間に対しての権利を戻し、人間に再び聖寵を与えるた
めにヨゼフは、永久のその純潔をもって、すべての人間的感情に勝ったので
ある。ゴルゴダにヨゼフはいなかったので、贖いの協力者ではないと思うの
か。まことに言うが、ヨゼフこそは神の最初の協力者であり、そのために神
のみ前に偉大である。その犠牲、忍耐、根気と信仰とのために偉大なもので
ある。メシアの奇跡を見ないで信じた。これ以上の大きな信仰があろうか。
私の養父をたたえたい。彼こそ、あなたたちに最も不足しているもの、純潔、
忠実、完全な愛の模範である。上智に聖寵の奥義を理解することを教えられ、
封印の書を読むことができたあの素晴らしい読者、またすべての敵の罠に対
して、世界の『救い』を守るために選ばれたヨゼフは賛美してよい」(3)

 共同体の中に生きる人は、修道者は貞潔の誓願を、信徒は貞潔の修道信徒
誓願を立てるのですが、それをイエズスとマリア様の救いと贖いの目的に
一致させるなら、私たちも聖ヨゼフと同様、純潔の徳に、神と全人類への愛
としての価値と意味を持たせることができます。そして私たちもイエズスと
マリア様と聖ヨゼフに一致して、全人類の救いと贖いに協力できるのです。
これはなんと素晴らしいことでしょう。このことを喜びましょう。純潔の徳
と貞潔の誓願・修道信徒誓願に、これほどの価値があることを心に刻み、こ
の徳の実践に励みましょう。そして聖ヨゼフには、私たち皆のために救いと
贖いの生贄になってくださったことを感謝しましょう。なぜならばこのこと
は2千年間誰からも気づかれず、感謝されないままになっているのですから。
せめて共同体の中に生きる人は恩知らずになることなく、聖ヨゼフに感謝す
べきです。感謝する人には、また、新たな恵みが与えられます。その恵みが
さらに私たちを聖ヨゼフに似た純潔なものにしてくれるのです。

(1)「聖母マリアの詩(上)」あかし書房 マリア・ワルトルタ著P84
(2) 同本 P91
(3) 同本 P95、96



----------------------------------------------------------------
2.聖母からリトル・ペブルに、ナウラの聖堂で与えられたメッセージ
 − 2003年7月27日 償いの日 No.620 その(1) −
  同じく聖母から他の幻視者に与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
リトル・ペブル:
 ロザリオの初めから白い十字架がずっと見えています。それと同時間、そ
の白い十字架の右に聖ミカエルがずっと立っています。いつものように、彼
はとても大きいです。彼はとても美しい剣を持っていて、それを彼は、今に
も使うかのようにとても高く振り上げています。ロザリオの何連かの間に、
空に2つの他の十字架が形作られました。 − 白い十字架の両側にひとつ
ずつで、それらは暗やみの中にあります。アザミとサンザシの潅木で形づく
られた一本の広い道が、白い十字架からちょうど聖堂の中まで降りてきまし
た。その潅木自体は約3メートルの高さです。

 私は聖ミカエルの正面上方に印を見ます。彼は今、白い十字架の背後に動
き、白い十字架よりも一部高く立っています。彼とともに、彼の両側に三位
ずつの大天使が立っています − そして今、聖ミカエルが同じく「秤」を
手に持つと、その6位の大天使はトランペットを手に持ち、それを今、彼ら
は吹き、そして私はその音が地球に向かってくるにつれ、その音の振動を感
じることができます。

 今、白い十字架が横木の中央のところで大きく開き、その開口部から光の
美しい膜がサンザシの潅木とアザミのとげの上に流れ下ってきて − まる
でクッションのようです。今、私は白い十字架から天使たちが出てくるのが
見えます。そして、その天使たち − 彼らは大勢います − の後ろに、
美しいピンクがかった雲の上に立っていらっしゃる処女マリアが見えます。
マリア様の後ろにはさらに多くの天使たちがいて、パステルカラーの服を着
ています。これらの天使たちは皆、4枚の翼を持っていて、各天使は彼の頭
の上に小さな星があります。彼らは長い道に沿って、私たちの聖なる母の
儀仗兵を形成するために、素早く進み出てきます。

 今、マリア様は非常に速くおいでになり、聖母がその上に立っていらっ
しゃるピンクの雲はきらめく光の粒を放っています。− それらは、花火か
ら出る火花に似ています。− そしてそれらは、形作られつつある雲のクッ
ションの上に落ちてゆきます。私たちの聖なる母は今、聖堂の中に入ってこ
られ、聖櫃の少し右の上方に立たれます。この度は、聖母は黒いお召しもの
で、とても濃い青のビロードのように見えるベールが、聖母の頭から足の
指先までに達しています。私はマリア様の足の指が見えます。なぜなら、そ
れらはこの雲の上にありますから。私たちの祝された母は、それぞれ異なる
色の12のバラが両足のまわりにあります。マリア様の右手には笏があり 
− それは先端に十字架があります − そして左手には、黒いビーズで
できており、天にますますの珠が金のロザリオがあります。ロザリオの磔刑
像自体、金製で、まるで生きているように見えます。

 7位の大天使が、私たちの聖なる母の背後、とても近くに来ようと移動し
ます。今、そこには多くの天使がいて、私は彼らの大部分がわかります。
− 聖ラファエル、聖ガブリエル、聖ウリエルも含まれています。彼らは皆、
私たちの聖なる母のまわりに、一つの盾を形成するために、手と手をつない
でいます。聖母は微笑んでいらっしゃいます − 少し悲しそうなのですが。
1位の天使が、聖母とともにやってきた天使の一団を離れます。彼は約2
メートルくらいの背丈で、今、私の左、祭壇の土台にちょうど近いところに
ひざまずき、聖母の方を見ています。彼は、私が先に描写した通り、4枚の
非常に美しい翼を持っていって、それぞれの翼には天的性質のシンボルが、
私のわからない言語で書かれています。その天使が私の方を向き、微笑みま
す。そして彼は再び聖母の方に振り返り、聖母は今、彼にその笏を与えて、
聖なるロザリオを上にあげ、その磔刑像を手にとり、私たちの主にキスしま
す。

聖母:
 父と子と聖霊との御名によって、アーメン。

 私はあなたに挨拶します。私の最愛の神秘的浄配、私の「リトル・アブ
ラハム」、「終わりの時」の最後の預言者よ! 私はあなたに挨拶します。
私の司教である息子、「リトル・ヨハネ」よ、そして生命のパンの内に隠れ
ていらっしゃる私の神なる息子イエズスの現存を前にして、私の前、ここに
集まったすべての私の最愛の子らよ! 今日、私は、あなたたちのもとに、
「神の光の御母」そして「希望の御母」として来ました。あなたたち皆に
前回話してから、しばらくたっています。あなたたちが神の王国のために
すべてをささげ尽くすことにおいて、私の大切な息子「私たちの神の愛の
リトル・ペブル」にずっと一致してきたことは、私の母なる御心を喜ばせま
す。あなたたちは大いなる試練の時にいます。カルワリオにあなたたちはい
ます。けれども私は十字架の下で私の神なる息子とともにいたのですから、
私が今もあなたたちとともにいる、特にあなた、私の特に愛している息子と
ともにいるあなたたちの母であると確信していなさい! あなたたちのはり
つけの刑は間近です。しかし、あなたたちにおける、そしてあなたたちを
通しての、そしてあなたたちとともにあずかる私の汚れなき御心の大勝利も
また間近です。なぜなら、神の約束は真実であり、神の御言葉のまさに文字
通りに成就するのですから。

 私の神なる息子の聖心と私の汚れなき御心に心を開いているこの世のすべ
ての私の子らは一つに一致しています。私の甘美な子らよ。あなたたちが
知っているように、世界に関しては残された日数はわずかしかなくなったと
いうことを、あなたたちはわかっているべきです。私の神なる息子イエズス
の神秘体 − 教会 − が、カルワリオの上にのぼらなければならないの
は、この理由のためです。そうすれば霊魂たちが、カルワリオに引き続いて
くる大勝利における神の栄光のために清められ完成されるからです。砂時計
の砂は、今やすべて落ちました。そして「ひと時と半時」という時の成就が
おこります。ですから甘美な子らよ、あなたたちは警戒し続け、堅忍し続け
なければなりません。それはその時、あなたたちの心を平和が支配し、ここ、
この国オーストラリアと世界中で、あなたたちの生活の中に起こるすべての
ことにも、あなたたちがかき乱されることがないようにです。真理の十字架
の大勝利が、神と神の教会に栄光をもたらすために現れるために、今や、す
べてが実現しなければなりません。腐ったものはすべて落ちなければなりま
せん。なぜなら生きているものが真に生き、神に栄光を与えるために、刈り
取るもの「エクスターミナートゥス」がこの世に来て、死んでいるこれらの
霊魂たちを取り去るでしょうから。

 たいへん大きな天罰が、甘美な子らよ、悔い改めない世代の上に降りかか
ろうと、そこに待ちかまえています。多くの多くの年月にわたって世界中に
届けられた私たちのメッセージは無視されるようになってしまいました。で
すから永遠の御父にとって、この世を清め、新たに始めるよりほかにないの
です。聖書の言葉が成就するのは、この理由によるのです。新しい天と新し
い地が存在することになります。

 喜びに喜びなさい。甘美な子らよ。そしてあなたたちがこれらの時に生き
ているという特権を得ていることを嬉しいと思いなさい。なぜなら過去の
聖人たちの多くが、できればこれらの時に生きたいと望んだのですから。
− というのは、あなたたちは功徳を積んで、あなたたちの祈り、あなたた
ちの犠牲、あなたたちのささげを大いに必要としている多くの霊魂たちに
救いをもたらすたくさんの機会を持っているからです。甘美な子らよ、今は
あなたたちが、自分の生活を秘蹟的生活によって深く満たさなければならな
い時、そして自分自身を私の神なる息子と私の汚れなき御心の言葉に没頭さ
せなければならない時です。というのは、多くの言葉があなたたちの霊魂と
心の食物としてあなたたちに届けられてきていて − そして、これらの
言葉が多くの人に慰めをもたらすでしょうから。

 世間で過ごす時間をもっと短くしなさい。あなたたちはそれがわかってい
ますね。甘美な子らよ。なぜなら罪は通りに、そして多くの場所で「隆盛」
を極めているからです。そこであなたたちは、おろかにも何度も自分の霊魂
が誘惑されるのをあえて許しているのです。このようにしてあなたたちの心
と精神の中にサタンが居すわる機会を、あなたたちはサタンに与えているの
です。甘美な子らよ、罪の機会から自分自身を引き離しなさい。あなたたち
自身を、思いにおいて、言葉において、行ないにおいて清く保ちなさい。
− なぜなら、覚えておきなさい、神がすべてを見ているからです。なぜな
ら、彼に隠せるものなど何一つないからです。この時代は非常に邪悪です。
ノアの時よりもはるかに悪いです。その時、神は大洪水で世界を罰しました。
− あなたたちはどう思いますか。甘美な子らよ。もし、その時よりも悪い
としたら、今、この世界に何が起こるのでしょう。− にもかかわらず、そ
れでもまだあなたたちには時間があります。− 非常に短いけれども − 
あなたたちの生活を変えるための時間が。私の呼びかけに耳を開きなさい。
あなたたちの悲しんでいる、しかしいまだに希望に満ちた母としての呼びか
けに。あなたたちは暗闇の時にいます。それはちょうどカルワリオの丘の上
の暗闇です。しかし突然の目覚め − そして自分の良心の明瞭な判断の時
が近づいています。その時、どんな霊魂にも、もはや言い訳は許されないで
しょう。

 各瞬間、そして一日一日を永遠の御父からの祝福とみなしなさい。神が
あなたたちにもっと時間を与えてくださるようにと求めながら、神に不平を
言ったり、つぶやいたりすることを、あなたたちはしてはいけません。そう
ではなく、神が気づかって下さっており、あなたたちのためにただ善のみを
望んでいらっしゃるという知識のうちに、喜びに満ちていなさい。神があな
たたちにお与えになっている瞬間瞬間を当然のこととして受けとめてはなり
ません。なぜなら各瞬間というものは、神に向かって自分の心を内省する
一瞬であるべきだからです。そうすれば、あなたたちの行ないとあなたたち
の言葉は、あなたたちの生活の中で、あなたたちの神の存在の真実を反映す
ることでしょう。

 そして、あなた「私のリトル・ペトロ2世」 − 聖にして母なる教会の
最後の教皇よ。人類はこれらの神秘を悟ることができませんが、永遠の御父
はあなたに世界の十字架を与えてきました。しかし、あなたに約束したよう
に、勝利は近いのです。この十字架を担うのはもうあと2〜3歩ですよ。愛
する息子よ。− というのは、間もなく永遠の御父が、私たちの最愛の教皇
ヨハネ・パウロ2世をご自分の懐に連れて行き、そして、あなたに与えられ
た鍵による統治が、ちょうどずっと昔、ペトロにその鍵が与えられたように、
始まるのですから。あなたの番では、そう時、聖にして母なる教会の再建が
あり、教会はこんなにも多くの人々が待っている輝かしい平和の統治へと連
れてゆかれるのです。勇気を出しなさい。そして私と私の神なる息子イエズ
スが、いつもあなたとともにいるということを知っていてください。

 そして、ここと、キリスト教世界のいたるところにいる、すべての私の
最愛の子らよ。常に希望のうちにいきなさい。決して落胆してはいけません。
キリストがあなたたちのために、あなたたちが永遠の生命のうちに生まれる
ことができるように死んで下さったことと、私、あなたたちの母が、あなた
たちの心を慰めるために、いつもそこにいるということを忘れないでくださ
い。私は三位一体の神からくる私の母としてのキスとともに、あなたたち皆
を抱きしめます。父と子と聖霊との御名によって、アーメン。

リトル・ペブル:
 私たちの聖なる御母か、または天のどなたかが、霊魂たちに話したいかも
しれませんから、私はしばらく黙っていましょう。

 …… 次号に続く ……



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1994年6月13日
リトル・ペブルに(抜粋)

 甘美なる子供たちよ、今日私は「世界の元后」として来ています。この
称号の下に来たのは、地上におけるすべてのわが民、そして天国、煉獄、
下界におけるすべてのわが民、悪魔とわが足下で失われたすべての者に対し
てさえも、私が統治者であることを示すためです。私は「黙示録の元后」、
「天地の元后」だからです。

 甘美なる子供たちよ、私が今日、小さき息子に見せたことはとても重大な
ことであることを理解しなければなりません。私が血の涙、子供たちに対す
るあわれみの涙を流す時、世界の回心の時はごくわずかしかないことを理解
すべきだからです! 永遠の御父はすでに人類に裁きが与えられるようにと
御命じになられました。あなたたちの母である私さえ、人類のためのこの裁
きを引き止めることはできません。しかし、甘美なる子供たちよ、あなたた
ちに残された時の間、あなたたちは私のマントの下に群れを集めるために私
を助けなければなりません。いったん永遠の御父の懲罰の御手が人類の上に
降されたなら、私はもはやあなたたちを助けることができません!

 神であるわが息子の「第二の来臨」の時は近いのです。このため私はこれ
ほど地上に来て、世界と残った教会にとってこの大いなる出来事に対して
甘美なる子供たちを準備しています。神であるわが息子の地上における家は、
教会の中に入り、多くのものを破壊し、多くの者を神であるわが息子から引
き離すサタンの重荷の下ですでに分裂し、砕かれてさえいます。私は聖ミカ
エルと共にまもなく来て、ルチフェルを教会から追い出し、もう一度聖にし
て母なる教会を強め、教会の栄光の復活とイエズスの世界への「第二の来臨」
に備えて教会で準備するでしょう。 …… 

 …… 私は今日あなたたちに、回心の恵み、堅忍の力を与える恵み、信仰、
信念、希望、信頼の恵みを持ってきました。ですからあなたたちは皆、最後
まで神であるわが息子に従うでしょう! 子供たちよ、あなたたちの内面を
準備しなさい。そうすればあなたたちの創り主である神の喜べる器となるで
しょう。反キリストの時は近いのです! 甘美なる子供たちよ、反キリスト
の完全な支配はほんの2〜3年の内に到来するでしょう。そして、その時
あなたたちは私と神であるわが息子イエズス、そして聖人たちと天使たちが
全世界の多くの子供たちに示して来たすべてのことを理解するでしょう。で
すから今サタンのくびきの下でひどく苦しんでおられるキリストの代理者の
ために祈りなさい。サタンは教会と自分が支配している人々を窒息させてい
ます。それ故、永遠の神、聖霊が最も光を必要としている人々を照らしてく
ださるよう、サタンに支配されている人々のために祈りなさい。甘美なる
子供たちよ、あなたたちを祝福し、あなたたちを愛しておられる三位一体の
神からの接吻を与えます。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。



----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------
◆ 箱舟の聖母社から次の4冊の本を発行しました。

 「153本の聖ヨゼフの百合」 …… A5判 316頁 3000円
 「153本のマリアさまのバラ」 … A5判 170頁 2000円
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」……A5判 143頁 2000円
 「メッセージ集」       …… A5判 233頁 3000円

 送料は、各一冊につき全国一律500円、4冊セットで、または各種あわ
せて4冊以上お申込みの場合は無料です。

 お申込みは、現金書留か郵便振替にて、下記までお願いします。ご送金は
おつりのないようにお願いします。ご入金を確認後、発送します。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社

  郵便振替 00840−3−132438

--------------------------------

「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は9月28日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Jean-Marie S.  Kolbe-Marie A.
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%




[HOME] [戻る]