「箱舟の聖母」バックナンバー
2003年9月14日号No.169

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 聖シャーベル修道会
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2003年9月14日号 No.169

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%9%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記


----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第29章 】

 聖ヨゼフは、マリア様の夫に指名されたとき、ナジルという身分で、一定
期間女性と交際しない誓願を守っている最中でした。彼がダビド族の独身者
への召集に対して、自分はナジルだから関係ないと判断して従わなかったら、
どうなっていたでしょうね。聖福音に書かれた聖ヨゼフの姿で、彼らしさと
いえる特徴は、何といっても彼の「従いやすさ」です。神様は、聖ヨゼフ
にはくどくど説明する必要はまったくありません。ご自身が語る必要もあり
ません。彼の夢の中に天使を使わして、一言指示しさえすれば、彼は直ちに
従うのです。マリア・ワルトルタに与えられた啓示でも、その彼らしさは
よくあらわれています。

 初めての会話のとき、マリア様に聖ヨゼフはこう言います。
「……私はナジルだからそんなことを希望してはいなかったが、結婚を望ん
 だのではなく、祭司の命令に従っただけです……」(1)

 この、希望してはいなかったが従っただけですという言葉が、彼の「従い
やすさ」という徳を、実によく浮き立たせています。聖ヨゼフが、天使や
祭司のような、神ご自身ではなく、その代理者からの、自分の希望ではない、
自分の判断ではない、自分の好みではない、しかもだしぬけに与えられる
指示に、いつもこれほど速やかに従うことには驚かざるを得ません。彼は
なぜこんなことが可能なのでしょう。

 聖ヨゼフが常人にはとても真似のできない「従いやすさ」を示すのは、彼
が従うこと自体を愛する人だからなのです。共同体では皆、神様の代理者で
あるそれぞれの長上に従いますが、人間は元来従うこと自体を愛しはしない
ものなので、これは大きな犠牲となります。なぜ従うこと自体を愛さないか
というと、命令や指示とは高い位の人が低い位の人に下すものなので、従う
という行為は、自分の位の低さを示すからです。人は自分が低められるのを
好みません。つまり従うこと自体を愛する人は、自分で自分を喜んで低くす
る人で、従うこと自体を愛さない人は、自分で自分を高くする人なのです。
どんな指示にもことごとく、直ちに従う身分とは、貧しい奴隷ですよね。
主人のただの持ち物にすぎない身分です。自分から自分を喜んでこの貧しい
身分にまで低める人が、イエズスがおっしゃった「心の貧しい人は幸いであ
る」(2)という御言葉にある「心の貧しい人」で、謙遜であると同時に
「従いやすさ」という徳を持つ人たちです。日本人が使う「心の貧しさ」と
いう表現とは、全然違う意味ですから気をつけてください。

 あなたが「心の貧しい人は幸いである」とイエズスがおっしゃった、そう
いう人になりたければ、あなたは聖ヨゼフを見習ってください。聖ヨゼフ
こそ「心の貧しい人」の典型で、最高の模範です。イエズスは続けておっ
しゃってくださいました。「天国は彼らのものである」と。共同体の中で生
きる特権もまた、聖ヨゼフにならって「心の貧しい人」になろうと務める
「幸いな人」たちのものとなるでしょう。聖ヨゼフに彼の「従いやすさ」の
徳とともに、彼の謙遜をくださるようにお願いしましょうね。

(1)「聖母マリアの詩(上)」あかし書房 マリア・ワルトルタ著P84
(2)マテオ5・3



----------------------------------------------------------------
2.全御出現聖堂(ナウラ)で、
  聖母からリトル・ペブルに与えられたメッセージ
 − 2000年5月18日 No.598 −
----------------------------------------------------------------
リトル・ペブル:
 聖ミカエルはロザリオの最後のあたりから、ここ聖堂の中の聖センチミン
タリウスの御絵の右に立ち、その足は祭壇の基底部に触れており、頭は天井
に届かんばかりです。私は聖ミカエルをこれほど間近に見るのは久しぶりで
す。彼は戦士として全身を鎧で固めており、片手には剣を握り、左手には
ひとつの天秤を持っています。彼は祭壇の上にそれらを置きます。

 七位の小さな天使たちが祭壇の周りに跪いています − 彼らの頭は祭壇
の上辺と同じ高さにあります − また、聖バラキエルもここにおり、いつ
ものようにしるしを携えています。

 十字架は空の非常に深い所にあります、それはピンクを帯びた白色でそこ
から脈打つ光が発しています。その光は十字架とこことの間に、ある種の影
を生じさせています。その影の上には、たくさんのバラの花びらがあり −
それらは何マイルも続いています − とても美しく、様々な色をしており、
くっきりとした形をしています。

 十字架の交差した部分が開き、強い光線が放たれ、それが聖櫃に対して
放射されます。聖櫃の周りにはエネルギー、あるいはフォース・フィールド
(力の場)が生じ、非常に輝かしい光がそこから反射されます。

 小さき天使たちはまだ跪いており、彼らは今頭を垂れます。聖ミカエルも
また、祭壇へと続く階段の一段目に、祈りのうちに跪いています。さらに
たくさんの天使たちが十字架から出て来て、その翼の羽ばたきによって生じ
たそよ風でバラの花びらを巻き上げながら、私たちに向かってとても速く
舞い降りてきます。空中に巻き上げられたバラの花びらは、まるで一つの嵐
のようです。それはじつに素晴らしい。

 私たちの聖なる御母を先導している様々なタイプの天使たちがいます。
聖母は小さな箱船にお乗りであり、天使たちがそれを運んでいるのです。そ
れは若干、私が以前見たことのあるノアの箱船のように見えますが、それよ
りももっと小さなものです。聖母は箱船の上に浮いており、幼子イエズスを
抱いているのですが、彼女の右手には小さな箱船がありません。祝されし
御母の後方には、さらにたくさんの天使たちが見えます。本当に美しい眺め
です。

 箱船はちょうど建物の前で停止します。聖母は今、聖堂に向かって、小さ
な光の雲に乗って滑るように進んで来られます。聖堂は入口のように開き、
壁はまったく消えてしまいます。私たちの御母は、幼子イエズスを抱いた
まま、十字架が壁に掛かっている所に、お立ちになられます。

 御母は、「箱船の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の助け」です。
御母の右手には十二のバラがあり、幼子イエズスの御手にはさらに十二の
バラがあります。聖なる幼子は二歳くらいで、今日はクリーム色の美しい
チューニックを召しておられます。その御頭には、とても小さな王冠を頂い
ており、私は彼の至聖なる聖心だけでなく、聖母の汚れなき御心をも見るこ
とができます。その御母はファチマの冠を頂いており、それは私たちが知っ
ている馴染みの冠です。

 御母は美しい微笑みをもって、聖ミカエルをご覧になられます。聖ミカエ
ルは祭壇に対して頭を垂れ、それから再び頭をあげて、祈りに満ちて合わせ
ていた両手を、御母に向かって差し伸べます。御母は彼に十二のバラを手渡
されます。幼子イエズスは聖なる御母の御腕から束の間お離れになり、聖ミ
カエルの方へ移動して、彼の頭に接吻し、お持ちになられていた十二のバラ
をお与えになります。そしてまた、御母のもとへ御戻りになられます。

主と聖母:
 父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

聖母:
 私はあなたがたに挨拶致します、わが最愛の息子であるわが小さき「ホワ
イト・ロック」、わが司祭なる息子たち、そしてわが愛しいすべての子供た
ちよ。今日は聖にして母なる教会にとって、とても重要な日です。今日の私
の称号は、黙示録の称号です。私が「教会の母」であり、「契約の櫃」であ
るゆえ、またわが汚れなき御心のうちに子供たちの救いの箱船があるゆえに
です。

 私は、今や「聖霊の黄金時代」の夜明けが到来したゆえに − わが甘美
なる子供たちは短い間にその意味を理解し喜ぶでしょう − あなたたちの
神にして私の神、すなわち神聖なる息子イエズスを愛し仕える者たちが永遠
のいのちを有し、今より短い間にパラダイスの園へ入る特権を得るだろうこ
とを知る喜びのうちに、わが子供たちが自分の十字架を担い、互いの重荷を
支え合うように励ますこと以外には、長く話すつもりはありません。

 あなたたちが今日、その誕生日を祝った、私たちの聖なる代理者のために
祈りなさい。私は、わが母なる祝福を彼と、わが神聖なる息子イエズスの
未来の代理者である、私たちの小さき「ホワイト・ロック」に送ります。
父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 私の声を聞く他の者たちがいます。これはやがて記録されるでしょう。私
は、聖にして母なる公教会のために、あなたがたの祈りをわが神聖なる息子
の玉座へ持っていきましょう。私はわが甘美なる子供たちすべてを祝福しま
す。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

リトル・ペブル:
 御母は、二人の司祭に私たちを祝福するよう願われます。

二人の司祭:
 ベネディカト ヴォス、 オムニポテンス デウス: パテル エト フィ
リウス エト スピリトゥス サンクトゥクス。 アメン。
(全能の神、父と子と聖霊が汝らを祝福し給わんことを。アーメン。)
  
リトル・ペブル:
 幼子イエズスは聖母のもとを離れ、それぞれの霊魂を祝福し各々の心に何
かを置くために、聖堂の至る所へ素早く移動されます。それは、ここにいる
人たちだけでなく、私たちの主を愛するすべての人たちに対してです。私た
ちは今、ロザリオの残りの部分を続けることに致しましょう。



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
ヨハネ・パウロ2世からの警告 1994年6月4日
リトル・ペブルに(抜粋)

 愛する息子、われらの愛のリトル・ペブル、天が呼んでおられるように、
そして私の後継者よ、いとしい息子よ、あなたに挨拶する。すべての使徒、
聖にして母なる教会の新しい使徒たち、弟子たち、そして神の御母を信じ、
今のこの時、教会に対する御母のミッションを信じているすべての甘美なる
子供たちに挨拶する。いとしい息子たち、娘たちよ、教会のため、あなたた
ちの代理者である私のために祈るようあなたたち皆に願いたい。なぜなら
今のこの時、私は住む所、旅する所で多くの敵に囲まれ、重い荷を負ってい
るからである。天が私に依頼されたすべてのことを果たすことはとても困難
である。しかし、いとしい息子たち、娘たちよ、天が依頼されたすべての
ことは行なわれることをあなたたち皆に保証したい。キリストにおける兄弟
姉妹たちよ、私のために祈って欲しい。私が十字架を担うのを助けるために
犠牲と苦業を捧げて欲しい。そうすれば神が私に求められた宣言を出せるで
あろう。

 まもなく聖にして母なる教会に多くの変化が到来するであろう。いとしい
子供たちよ、神の御憐れみに信頼しなさい。天の御母の愛に信頼しなさい。
聖にして母なる教会に最終的に勝利がもたらされるのは御母を通してなの
だから。私の兄弟 − 枢機卿、司教、司祭のために祈りなさい。多くの者
が私を裏切り、神を裏切っている。いとしい息子、娘たちよ、今日、教会に
多くのユダがいる。あなたたちはこのことを信じなければならない。まもな
く全世界で司教たちが多くの会合を持つであろう。しかし、甘美なる子供た
ちよ、これらの会合が教会内に一致をもたらすことはない。なぜなら、司教
たちは自分たちの教区内で教皇のようになろうと望んでおり、自分たちは
不可謬であるとさえ信じている。いとしい息子たち、娘たちよ、あなたたち
が信じているように、キリストの代理者だけが不可謬なのである。そのこと
をよく理解しなさい。私が今後話す多くのことに司教たちは反論するであろ
うから。それ故あなたたちの代理者の声に耳を傾け、ローマから来るすべて
のものを識別するのだ。このことを理解することは、今とても重要である。
現在、聖にして母なる教会内にある乱用を正すため、世界と教会にとっては
最後の「時」であるが、私は来たるべき年に多くの宣言を発表する。しかし、
私の後を継ぐ者を助けるために、誤りは正されなければならない。なぜなら、
私の後を継ぐ者は教会の重荷をすべて受け取るからであり、終わりの時が今
ここに来ていて、反キリストがまもなくローマとエルサレムの権力の座に
自ら座するからである。甘美なる息子たち、娘たちよ、あなたたちにこのこ
とを知って欲しいのだ。あなたたちの代理者として私はあなたたちをとても
愛しており、あなたたち皆のために祈っている。キリストの代理者として
あなたたち皆を祝福する。(ラテン語で)父と子と聖霊との御名によりて。
アーメン。



----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------
◆ 箱舟の聖母社から次の4冊の本を発行しました。

 「153本の聖ヨゼフの百合」 …… A5判 316頁 3000円
 「153本のマリアさまのバラ」 … A5判 170頁 2000円
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」……A5判 143頁 2000円
 「メッセージ集」       …… A5判 233頁 3000円

 送料は、各一冊につき全国一律500円、4冊セットで、または各種あわ
せて4冊以上お申込みの場合は無料です。

 お申込みは、現金書留か郵便振替にて、下記までお願いします。ご送金は
おつりのないようにお願いします。ご入金を確認後、発送します。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社

  郵便振替 00840−3−132438

--------------------------------

「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は9月21日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Jean-Marie S.  Kolbe-Marie A.
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%4%%




[HOME] [戻る]