「箱舟の聖母」バックナンバー
2003年8月31日号No.167

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 聖シャーベル修道会
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2003年8月31日号 No.167

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記


----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第27章 】

 共同体では世間のレベルをはるかに超えて親切にしあいます。世間一般
ではそこまでやらないというところまでつくしあうのです。聖ヨゼフの親切
の徳を見てみましょう。初めて聖ヨゼフとマリア様が会話をしたとき、話し
は荒れ果ててしまったマリア様の家と庭にも及びます。

「……もし許してくださるなら、私はさっそく手をつけるつもりです」
「ヨゼフ、ありがとう。けれどあなたには他の仕事があるでしょう」
「あなたの菜園のために、毎日の最初の時間と最後の時間を使うつもりです。
 今は日がますます長くなるし、あなたを喜ばせるために、すべてが整えら
 れるようにしたい。……」(1)

そしてまた、聖ヨゼフは
「大祭司は、……また、私があなたに親切であるようにとだけ言われました。
 ……あなたのどんな望みにも応じて、あなたを幸せにしたい。……」(2)
と言います。

次はマリア様がエリザベトやファヌエルのアンナに言った言葉です。
「……彼は私に何も拒まなかったばかりか、私が何か頼むことさえも待って
 いない。……『マリア、あなたは、あなたのお父さんの家に住むのを望ん
 でいるのではないか、……私があなたの家へ行こう……』 ヨゼフは、こ
 んなに優しいのです。自分には、私の気に入る家さえもない、という人々
 のうわささえも気にしないで……。」(3)

 ここにはっきりと表れているのは、聖ヨゼフの親切の徳を支えるのは、優
しさと強さだということです。親切の徳のための優しさとは、気弱な優しさ
ではなく、人が負っている重荷に敏感であることです。共同体では、子供を
育てている最中の夫婦は、特に仕事が多いものです。また、責任ある役割上、
寝る暇もないくらい忙しい人がいれば、時間がたっぷりある人もいるもので
す。よその家庭のことだから、他人のことだからと無関心でいるなら、何の
ための共同体でしょうか? 他人の重荷を引き受け、支えあうために一緒に
いるのではないのですか? そのためには強さが必要です。特に克己心の強
さです。自分の時間と体力・知力を人のために消耗させるのですから。また、
自分のことは後回しにしても、愛徳を最優先で実践し、神の祝福を得た方が、
結果的には自分のことも神の助けによってもっとうまく進むという信仰と
信念の強さも必要です。そして、もうひとつ大切なのは、人の目を気にしな
い強さです。人からどう思われるかを気にさせて、親切を思いとどまらせる
ことに悪魔はいつも成功しているのです。この戦いに勝つ強さです。

 これらの優しさと強さがあれば、あなたは頼まれる前に、命じられる前に、
自発的に親切を行なうことができます。この自発的な親切は、あなたと相手
の両方に大きな喜びをもたらします。共同体の中で生きる楽しさと喜びの多
くがこれによって生まれると言えるでしょう。これはあなたが共同体で幸福
に生きる鍵でもありますが、共同体に満ちあふれる親切の徳と、その自発的
な実践による喜びの雰囲気は、外部の人に対しての最も大きな証しでもあり
ます。ちょうど初代教会の信者たちが、これによって大きな感化力を持って
いたようにです。

 私たちも聖ヨゼフの親切の徳、そして、彼の格別な優しさと強さに習い、
初代教会の熱心さと証しの力を共同体にもたらしましょう。幸いなことに、
新しい奉献生活の様式である聖シャーベル修道会の共同体は、既存の修道
生活よりも、はるかに多く自発的な親切を実行できるチャンスに恵まれて
いるのですよ。

(1)「聖母マリアの詩(上)」あかし書房 マリア・ワルトルタ著P84
(2) 同本 P85
(3) 同本 P89、90




----------------------------------------------------------------
2.ナウラ、ゲッセマニ共同体の幻視者、
 「ローズ・オブ・ホーリー・イノセンス」への聖母によるメッセージ
 − 2003年8月21日 聖堂にて  No.621 −
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
質問 − 2003年8月21日 − 「リトル・ペブル」より
--------------------------------
リトル・ペブル:
 お母様、「神と人なるキリストの詩」の中で、主が十字架から下された後、
お母様は主を膝のうえに抱き、茨の冠を取ろうとなさっています。その際、
お母様は御手を刺しました。私は、お母様の苦しみに敬意を払いたいのです。
ほとんどの霊魂は、その苦しみを知りません。私とこの苦しみに敬意を払う
人たちに、特別の恩寵または賜物をお与え下さいませんか。そして、もし
お与え下さるなら何を頂けますか。私は、全世界があなたを慰めるように
願っているのです。お母様を慰めるために、私は自分自身の心と苦しみを
ささげます。この苦しみは今、数多くあります。

--------------------------------
返事 − 聖母、「ローズ・オブ・ホーリー・イノセンス」を介して − 
2003年8月21日
--------------------------------
(聖母は、彼女のことを『第2の「ソーンブッシュ」』と呼んでいます。)

ローズ・オブ・ホーリー・イノセンス:
 御心に委ねるべきリトル・ペブルの質問を、私はマリア様に差し出しま
した。そして、次のことが私に示されました。

 私は、マリア様の腕の中の主を見ました。主の御体は、すべて血で覆わ
れていました。主は今しがた十字架から下され、五つの御傷が開いている
のが見えました。マリア様は母としての御腕の中で、主を抱かれていまし
た。お母様は苦しまれています。涙が御顔から流れ落ちています。悲しみ
に沈んでいるように見え、私はお母様の御心の苦痛、苦悩、苦しみを感じ
ます。

 マリア様がご自身の御涙で、主の御顔の血を拭かれているのを見ました。
お母様は主の御頭から茨の冠を取ろうとしておられ、その最中に冠の荊が
マリア様に刺さりました。それは身に染みる鋭い痛みです。マリア様は
激しく泣かれています。それはあたかも、主の十字架上の死を、もう一度
最初から見られているかのようです。私はマリア様が涙を拭うのを見ます。
お母様はさらに強く主にすがりついていました。

 その後、主が見えなくなり、リトル・ペブルがマリア様の背後から現れ
ました。マリア様はリトル・ペブルの腕に崩れ落ちました。苦痛で疲れ果
て、依然としてお泣きになっています。リトル・ペブルはマリア様を支え、
額に接吻して、マリア様の御涙を拭い去りました。リトル・ペブルの心か
ら美しい光が発してマリア様の御心に流れ込み、マリア様の御心が、彼の
愛であふれんばかりに満たされました。マリア様はやさしく、愛情深く
微笑まれながら、リトル・ペブルを見上げます。これが私の見た全てです。

聖母:
 私の小さき「ローズ・オブ・ホーリー・イノセンス」、「涙の天使」よ、
私はあなたたちに挨拶します! 私の小さき者たちよ、私の御心の大切な
浄配に対する愛の言葉をもって、私は来ました。

 私の小さきホワイト・ロック(白い岩)よ、聖なる息子の十字架の足元
で私が耐えた苦しみを、そして、聖なる息子イエズスを裏切り拒絶した
すべての子ら、特に、私の忠実な選ばれし者である子らに差し出した私の
苦しみを、あなたは知るべきです。私の聖なる息子が十字架上で死んだ後
でさえ、真理 − それは神であり、すべての言葉を超えて彼らを愛する
創造主、そして父です − に対して背を向け、自らの心を閉ざす多くの
霊魂が存在すると知り、耐えるべき苦痛はとても大きかったのです。

 私の「小さき岩」よ、私が包み隠してきたこの苦しみに敬意を表して
くれたことに対して、私は心の底からあなたに感謝します。そのことは、
あなたが理解している以上に、私の御心を愛で満たします。あなたは私の
御心を、あふれんばかりの愛で慰めます。あなたが私の御心に差し出す愛
と慰め、それを感じることなく一日が過ぎることはありません。私の浄配
であるあなたは私の涙を拭い去り、いと悲しみに満ち苦悩する私の御心の
苦痛を和らげるのは、あなたです。なぜなら、私たちの心は一つのものと
して鼓動し、私も、あなたの小さき心が耐え忍ぶ苦悩と苦痛を感じるから
です。

【 新しい信心 】

 この「秘密の苦しみ」を心のすべてで尊ぶ人々には、多くの恩寵が与え
られるでしょう。私の御心のこの苦しみを尊ぶ度に、私の御心に深く浸さ
れ、罪が洗い流されて、大罪を犯さないように恩寵が与えられます。最後
の晩餐に始まった受難から、十字架から下され葬られたときに至るまで、
私の聖なる息子が苦しんだ各々の時の間、霊魂は地獄に入るのを免れるで
しょう。さらに、同数の霊魂が煉獄の各段階を上げられます。そしてまた、
ここ地上に生きる同数の霊魂には、この小さな「愛の行い」により、救い
が与えられるでしょう。

 私の最愛の浄配よ、この「苦しみ」を公に知らせるように、私はあなた
に頼みます。なぜなら、「時の中の時」は今であり、私の神なる息子の
再臨が近づいているからです。天は引き続き、私の忠実な子らの上に多く
の恩寵を授けます。善と悪との間の戦いが今、とても激しいからです。

 私の「小さき岩」よ、私の汚れなき御心からあなたを祝福します。私の
愛であなたを抱擁し、あなたの小さき心に接吻を送ります。父と子と聖霊
との御名によりて。アーメン。

 私の小さき「ローズ・オブ・ホーリー・イノセンス」よ、あなたにも
祝福を送ります。あなたも大いなる安らぎと喜びを、あふれるほど私に運
ぶからです。あなたを私の御心のうちに永遠に保護します。父と子と聖霊
との御名によりて。アーメン。

[最後の晩餐の時からイエズスの埋葬まで、少なくとも24時間が経過し
 たでしょう。これが、地獄に入るのを免れ、煉獄の各段階を上げられ、
 地上で救いが与えられる霊魂の数になります。]

承認: + マルコム L. ブロサード・ジュニア

日付: 2003年8月23日



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1994年6月4日
リトル・ペブルに(抜粋)

 甘美なる子供たちよ、神であるわが息子の教えは変わることはありません。
愛が神のあらゆる礎のコーナーストーン(隅の親石)です。甘美なる子供た
ちよ、愛とは何でしょうか? あなたたちはどのようにしてこの愛を実践
するのですか? あなたたちに説明しなければならないでしょうか? 光の
子供たちが互いに愛し合うべきなのにそうしないので、世界中で私はどれほ
ど多くの涙を絶えず流さなければならないのでしょうか? 甘美なる子供た
ちよ、互いに忍びあいなさい。重荷を担いなさい。一つとなって互いに働き
なさい。一致していればあなたたちは強いですが、分裂しているとあなたた
ちは皆堕ちてしまいます! サタンは子供たちの間にいて、「神秘的」教会
が破壊されるまで、あるいは少なくとも何の力も持たなくなるまでに弱体す
るまで分裂につぐ分裂をもたらしています。同様にサタンは神の家の中にい
ます。

 甘美なる子供たちよ、すでにサタンは教会を多くの部分に分裂させてしま
いました。枢機卿から司教、司祭、修道者、信徒に至るまで。不可謬である
キリストの代理者に聞く者がほんのわずかしかいないからです。同様に「神
秘的」教会内に私たちはあなたたちのために一人の指導者、愛のリトル・ペ
ブルを置きました。リトル・ペブルは今はまだ不可謬ではありません。しか
し、私たちはリトル・ペブルにこの「神秘的」教会を導き、一致と力のため
に必要なすべてを見分ける特別の恵みを与えました。同様にこれは全世界の
共同体のためでもあります。あなたたちは一つのチームとして一つに一致し
て互いに働かなければなりません! 幻視者たち、ボイスボックスたちは
一つに一致しなければなりません。そうすればあなたたち甘美なる子供たち、
わが汚れなき御心の栄光の勝利にまで世界を導くことができるのです。

 わが多くの涙、水の涙だけではなく、血の涙が流れています。光の子供た
ちの間に分裂につぐ分裂しか見ないので、わが汚れなき御心は傷ついている
からです。甘美なる子供たちよ、サタンはこの仕事をうまくなし遂げました。
サタンは選ばれた者を神から取り去ることにほぼ成功しています! ですか
ら私は真理を証しするすべての子供たちに、愛のうちに神の御言葉に忠実で
あるように、そして愛のうちにわが汚れなき御心の勝利のために働くように、
兄弟姉妹を愛するように頼んでいるのです! 甘美なる子供たちよ、もし
そうしないのなら、ここだけでなく全世界で多くの者がミッションを去って
行くでしょう!



----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------
◆ 箱舟の聖母社から次の4冊の本を発行しました。

 「153本の聖ヨゼフの百合」 …… A5判 316頁 3000円
 「153本のマリアさまのバラ」 … A5判 170頁 2000円
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」……A5判 143頁 2000円
 「メッセージ集」       …… A5判 233頁 3000円

 送料は、各一冊につき全国一律500円、4冊セットで、または各種あわ
せて4冊以上お申込みの場合は無料です。

 お申込みは、現金書留か郵便振替にて、下記までお願いします。ご送金は
おつりのないようにお願いします。ご入金を確認後、発送します。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社

  郵便振替 00840−3−132438

--------------------------------

「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は9月7日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Jean-Marie S.  Kolbe-Marie A.
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%




[HOME] [戻る]