「箱舟の聖母」バックナンバー
2003年8月24日号No.166

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 聖シャーベル修道会
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2003年8月24日号 No.166

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.編集後記


----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース 
----------------------------------------------------------------
 リトル・ペブルの裁判について、お祈りありがとうございました。8月
4日から行われた裁判で、原告側の書類の提出の遅れということで、審議の
継続は11月まで延期されました。リトル・ペブルと彼のミッションを信じ
る全ての人々の嫌疑をはらすため、どうぞ引き続きお祈りください。


----------------------------------------------------------------
2. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第26章 】

 聖ヨゼフは自分の召命を突然に悟ることになりました。神ご自身が彼の分
の枯れた枝に花を咲かせ、マリア様との結婚相手であることをお示しになっ
たのです。私たちにとって本当に驚きですが、彼は直ちに心から承諾し、そ
れを自分自身の望みとしました。神の意志を自分の意志とすることにおける、
この速さと完全さは、聖ヨゼフがそれまでも、神に仕えたいという熱望を
持っていて、自分に出来る限りのことを実践して生きてきたことをあらわし
ています。聖ヨゼフが、まだマリア様に引き会わされないうちに、大祭司に
言った言葉を聞いてみましょう。「私はすべての力を尽くして彼女に奉仕し
ます。彼女のためにどんな犠牲も重くはないでしょう。それだけは安心して
ください」(1)(マリア・ワルトルタへの啓示による) これは聖ヨゼフ
が召命(マリア様との結婚)を自発的に自分の意志としたことの表明であり、
その上、神に仕えるために、すべての力を尽くして人(マリア様)に仕える
という決意の表明です。

 共同体に入いることは、修道会に入いることですから、入会を望む人には
完徳を目指すためという動機が欠けてはいけません。修道会は完徳を目指す
修練の場なのですから。忘れてはならないのは、それに加えて神に使えたい
という熱望と、人に仕えたいという熱望が、両方ともなければならないとい
うことです。完徳への道では、神に仕えることと、人に仕えることとはひと
つになります。神に仕える意欲は満々で、人には仕えず、冷淡で、不親切で、
奉仕するより奉仕されるなら、人に仕えることを通してご自分に仕えてほし
い神様に仕えないことになるからです。

 あなたが神に仕えたいという望みを持つとき、それは隣人に、またすべて
の人に仕えたいという望みとひとつになっているでしょうか? 人に仕える
ことを通して神に仕えたいと望んでいるでしょうか? 共同体では、全人類
にゆるしとあわれみを取り次ぐため、自分をいけにえにし、イエズスのいけ
にえに合わせることで全人類に仕え、隣人には実際の奉仕をもって仕え、仕
え尽くす、与え尽くす生き方を自分の生き方にします。これが共同体に入い
りたい人が持つべき基本的徳です。神と人への奉仕に燃える熱心が与えられ
るよう聖ヨゼフに祈ってください。聖ヨゼフはあなたに共同体に入いるとい
う召命に応える正しい動機を心の中に準備してくださいます。

(1)「聖母マリアの詩(上)」あかし書房 マリア・ワルトルタ著 P82



----------------------------------------------------------------
3.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
  − No.025、026 −
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
No.025 1985年1月22日
--------------------------------
聖母:
 子よ、私は、我が尊い息子のもとから、父と子と聖霊の御名によって平安
をあなたに送ります。アーメン。子よ、謙遜な息子よ、あなたの母であり、
無原罪の聖マリアである私は、今日、人類に忠告を与えるために来ました。
子よ、心安らかにしていなさい。我が愛のリトル・ペブルよ、そして世界中
の子らよ、私は今一度、あなたがたを父と子と聖霊との御名によって祝福し
ます。アーメン。

 子よ、あなたが、私の願いどおり断食しているのでとてもうれしく思って
います。この償いの行いを通して、多くの霊魂が救われました。ああ、子ら
よ、もっと多くの子らが断食さえしてくれたら、地獄の火、破滅に向ってい
る多くの霊魂を救えるのです。この偉大な祈り、断食という折りを実行する
子らは、ほんとうに少ないのです。断食することによって、子よ、あなたは
悪魔を飢死させることになります。我が愛する息子イエズスが、断食の力に
ついて、この世では罪びとの多くが悪魔にとりつかれているが、断食がいか
に罪びとからルシフェルと悪魔を追い出すことができるか、ということを話
さなかったでしょうか? 子らよ、断食しなさい。天のためにこれを実行す
る子らには、大いなるむくいが用意されています。子よ、断食をしてくれて
いることと、あなたの犠性を、アメリカの幻視者で私の愛する娘であるアン・
ベネットと一致させてささげてくれていることに対し、感謝し、もう一度あ
なたを祝福します。子らよ、今日私は、聖なる幼な子たちのための、祈りの
特別な日を設けるようお願いします。人間は、ただちに堕胎をやめなければ
なりません。この犯罪の罰は、死と地獄です。子らよ、こんな残虐行為を犯
しているかわいそうな罪びとのために祈りなさい。人間がこの重い罪を痛悔
しないならば、世に対して下される罰は恐ろしいものとなります。

 地上の子らよ、あなたたちはどうなったのですか? 自分たちがどこから
来たのかを忘れてしまったのですか? 天にまします永遠なる御父からで
しょう! この地上で死なずに永遠に生きるとでも思っているのですか? 
永遠なる御父がいのちと死の鍵を持っておられるのです。あなたがたの身体
はいつかは死にますが、魂は生き続けます。愛する子らよ、今日の人間のよ
うに悔い改めずに罪のうちにとどまるならば、霊魂はどこへ行くのか考えて
みたことがありますか? 地獄、永遠に地獄へ行くのですよ。子らよ、地上
での生活がほんとうに短かく、そのあとには永遠があるということを考えな
さい。これがあなたがたの望んでいることなのですか? 自分の自由意志で
望まない限り、誰も地獄へは落ちません。誰一人として、清くない者は天国
へ入れませんし、人間の夢と想像をはるかに超える喜びと幸福が存在する
天国で、永遠なる御父と御子と聖霊と共に永遠に生きるよう強制される者も
一人として居ません。子らよ、地上では時間を有効に使いなさい。愛が鍵と
なります。人間の幸福の為に、モーゼに手渡された十戒を守りなさい。子ら
よ、今こそ祈りに十分な時間を捧げなさい。時は、人間が思っているよりは
ずっと少ないのです。

 太陽と、月と、星の動きに気をつけていなさい。それらの内に大いなる印
が現われて、人間に「その時」を知らせるでしょう。すぐに、我が尊い息子
イエズスの、地上への再臨を告げ知らせる大きい星が、人間の前に現われる
でしょう。子らよ、準備はできていますか。我が尊い息子を本当に愛し従う
者なら、いつでも準備は整っているでしょうから、何も恐れることはありま
せん。

 子よ、今私は、リンディー・チャンバーレインに特別な祝福を送りたいと
思います。子よ、彼女に彼女の天の母、無原罪の聖マリア、天地万物の王
イエズスの母が、天の愛と祝福を送ります、と伝えて下さい。彼女は父と子
と聖霊の御名によってすぐに解放され、大きな喜びが彼女の霊魂を満たすで
あろう、と彼女に伝えて下さい。アーメン。

 我が尊い息子イエズス・キリストの、最も謙兼そんな使徒、我が愛のリト
ル・ペブルよ、天からの使命のうちに、歩みつづけなさい。すべての子らが
今、大警告の前に、ロザリオ15連を唱えるようお願いします。ロザリオ
全玄義を唱える者は、すべて彼らの家族を救える、ということを約束します。
子らよ、覚えていなさい。私は、すべての人間の母であり、天にいる私たち
は、子らを大変愛しています。

 子よ、私はもう一度、父と子と聖霊との御名によってあなたを祝福します。
アーメン。世界中の私たちの代弁者たちを一致させる使命を続けなさい。あ
なたと一致している代弁者たち、つまりノラ・アーサーズ、ジュネヴィエー
ヴ、フランツ、マイケル、M.A.(T)、アン・ベネット、マリアンヌ、
ベランジャー、小さき魂のマルゲリーテ、ゴッビ神父、ジョルジェット・
ハーブ(ジョルジーナ)、それにもうすぐ天の元后の小さき霊魂の軍勢に加
わるはずの代弁者たちに、特別な祝福を送ります。子よ、父と子と聖霊との
御名によって祈りを続けなさい。アーメン。子よ、感謝します。天はあなた
と、あなたの偉大な使命についてほんとうに喜んでいます。私は、地上のす
べての働き手たちと、子らを、父と子と聖霊との御名によって祝福します。
アーメン。

リトル・ペブル:
 最近、私たちとの一致のうちに、新しく出現地が加えられました。アメリ
カ・ウィスコンシン州のネセダという所です。みなさん、これらの聖地と
メッセージを世に広めて下さい。


--------------------------------
メッセージの続き。
1985年1月25日(金曜日)
--------------------------------
聖母:
 我が愛する子よ、私、無原罪の聖マリアは、今週初めにあなたに伝えた
忠告の続きを述べるために、今日来ました。心安らかにしていなさい。私は
永遠なる御父のもとから父と子と聖霊との御名によってあなたを祝福します。
アーメン。

 子よ、私はこの冷淡な世界を、その眠りから目覚めさせるために来ました。
なぜなら、子らがもっと多くの祈りをしないならば、世界は犯した罪のため
に自滅への道を歩むことになるからです。子よ、今年の初めにあなたに言っ
たように、現代は聖霊の時代です。多くの人たちが幻を見、夢を見、そして
偉大なすばらしいものを見るでしょう。子らよ、聖霊、つまり父と子の霊の
時代が地上に訪れました。それは、神の光で人類を照らすため、そして人間
に、我が尊い息子イエズス・キリストの再臨、つまり2つの汚れなき聖心 
− イエズスの聖心と聖マリアの汚れなき御心 − の王国に備えさせるた
めなのです。子らよ、悔い改めなさい。そしてこの偉大なる歴史的出来事の
ために準備しなさい。

 子らよ、すべての出現地におけるメッセージを広めるために全力をあげて
下さい。そして、私の特別な恩寵の地、アメリカのネセダのことを世に知ら
せてくれるよう特にお願いします。聖地ネセダを支持してくれている子らよ、
失望しないで下さい。私がなお母なる公教会の祝日に聖地に出現し、そして
まもなく多くの人たちが、その地で再び、驚くべきことを目のあたりにする
であろうと、世の子らに告げなさい。そうです、子らよ、謙遜な幻視者メア
リー・ヴァン・フーフは天国に召されましたが、それでもなお引き続き私は
そこに出現します。子らよ、あなたがたの心を上げ、ネセダでのメッセージ
を広めなさい。メッセージはあなたがたが読まなければなりません。

 子らよ、ほかの出現地と、そこでのメッセージも人類みんなに知らせなけ
ればなりません。我が愛する娘、「アメリカの聖母のご出現」のシスター・
ミルドレッド・メアリーに告げた祝福されたメッセージも述べ伝えなければ
なりません。また、アメリカの聖母のメダイも、世界中の子らに配布しなけ
ればなりません。もっと多くの人がこれらのメッセージ(アメリカ、オハイ
オ洲フォストリア)のことを知る必要があります。また、子らよ、私は、愛
する子、ベトナムのホー・ゴック・アン(ステファン)に特別な祝福を与え
ます。子よ、私はあなたと共にいますよ。子らよ、私がファチマの聖母の名
によってベトナムの人たちに与えたメッセージを広めなさい。アジアのすべ
ての子らよ、聖堂へ来なさい。そうすれば多くの人々がいやされ、回心する
でしょう。(聖堂の所在地は、南ベトナムのビン・ロイ)

 さて、子よ、X神父を神に立ち返らせるために、あなたがどのように協力
できるかについてですが、このことは、ほんの数日前、あなたを通じて彼に
与えた指示の中に示されています。X神父はただちにこの指示に従わなけれ
ばなりません。さもないと彼の使命は失われるでしょう。子らよ、彼のため
にさらに多くの祈りが必要です。

 子よ、アメリカのレズリー・ガレイに関してですが、彼は聖霊から霊感を
受けています。しかし、カリスマ的要素に気をつけるよう、彼に警告しなけ
ればなりません。子らよ、再生運動または聖霊降臨運動とか、カリスマ運動
は、神からのものではありません。悪魔ルシフェルがあなたがたを暗闇へ引
き込もうと、光の天使を装い、この運動を始めさせたのです。この運動に加
わっている人たちは善い人たちですが、子よ、彼らは、まちがった方向へと
導かれているのです。子らよ、使徒行録を読みなさい。そうすれば、カリス
マを持つとはどういう意味なのかが、すっかり理解できるでしょう。子らよ、
確かに多くの人達がこの運動を支持しています。しかし、これは聖霊からの
ものではない、ということを知っておきなさい。時が来れば、人間はこれを
悟るでしょう。この類の事がらに関しては、母なる公教会の教えを読みとら
ねばなりません。もっとたくさんの折りが、すべての子らによって唱えられ
なければなりません。そうすれば教会及び世界をおおっている、この大混乱
が一掃されます。このことは、まぢかにせまった我が汚れなき御心の勝利と
共に起こります。

 子らよ、もっとしばしばロザリオの祈りを唱えなさい。もっとひんぱんに
御聖体の我が尊い息子を受けなさい。啓示が与えられるように聖霊に祈りな
さい。そうすれば道が示されるでしょう。子よ、感謝します。償いの祈りを
続けて行なって下さい。そしてあなたの天の母を信頼しなさい。子よ、ルシ
フェルはあなたと、あなたが私から受けた偉大な使命を滅ぼそうとしていま
す。しかし、子よ、彼にはどちらも滅ぼすことはできません。子よ、私があ
なたに与えるこの使命を通して、あなたは聖別され、試練と苦しみの長い道
のりの終点で私、汚れなき聖マリアは、我が小さき子らと共に独裁者の頭を
永遠に踏みくだき、ルシフェルは二度と人間を誘惑できないように、底のな
い永遠の死の地獄へ投げ込まれるのです。子らよ、私はあなたがたを父と子
と聖霊との御名によって祝福します。アーメン。

 ユーゴスラビアのメジュゴリエの幻視者たちのために祈りなさい。彼らは
我が汚れなき御心のために、大きな試練を受けています。他のすべての天の
代弁者と同じように、私は彼らを祝福します。一致しなさい。子らよ、一致
しなさい。私は、アメリカの聖母の聖なる布教団の小さき白鳩、我が子ミル
ドレッド・メアリーを祝福します。今私は、父と子と聖霊との御名によって
すべての者を祝福します。アーメン。聖霊の光に照らされて前進しなさい。
子よ、感謝します。


--------------------------------
聖母のご要請が成就される。
1984年5月13日(日曜日)
ファチマの聖母の初めてのご出現の祝日
--------------------------------
 我が子、リトル・ペブルよ、もう一度教皇ヨハネ・パウロ2世に手紙を書
いて下さい。彼に告げなさい。「私は、すべての使徒の元后、司祭たちの
元后、すべての人類の元后として、今こそ、私の忠告に従うよう命令します」

 子よ、リトル・ペブルよ、手紙には、次の言葉を書いて下さい。

「我が愛する教皇ヨハネ・パウロ2世、我が御心の息子、光の王国にましま
す永遠なる御父に選ばれた者、地上においては我が息子の家の教皇、我が愛
する子よ、私は、次のことを、特別に私のために行ってくれるようにお願い
します。まず、世界中のすべての司教に、今年の12月8日ローマに集まる
よう命令を出しなさい。すべての司教達に、世界、とりわけロシアを我が汚
れなき御心に奉献するよう命じなさい。聖体拝領はひざまずいて、舌の上で
だけ受けるように命じなさい。」


【記事1】
ザ・カトリック・ウィークリー1985年1月30日号
教皇、特別会議を召集

 特別会議は、今年11月25日から12月8日までローマで行われる。

【記事2】
ザ・ウィークエンド・オーストラリアン紙1985年2月23日
教皇の、時代逆行に教会は危惧の念。

 ローマ教会は、両形色による聖体拝領と、手で聖体拝領することを禁じた。


--------------------------------
聖母は言われた。「我が息子の体を手で受けてはなりません」
--------------------------------
敬虔なる聖体拝領

 手で聖体拝領することは、初代教会の時代以来認められていない。これに
ついては、教皇聖ユティキアン(在位275〜283年)、聖大バジル司教
(在職330〜379年)、ルーエン会議(650年)が文書を残している。
御聖体は叙階された司祭だけが、ひざまずいた信者の舌の上にのせて与える
ことができる、ということが、トリエント公会議(1545〜1563年
S13、C8)で再確認され、またこれは、第2バチカン公会議でも変更は
なかった。最近では、教皇ヨハネ・パウロ2世は、全司教に送付した同文
通達(Inaestimable Donum、1980年4月17日付)
の中で、「ご聖体は、最大の敬意を払い、かつ伝統的な方法で、準備され、
与えられ、受けなければならない、」と述べている。「信者自身が、奉献さ
れたパンと聖なるカリスを手でとり上げることは許されていないし、まして
や信者同志で、ご聖体を手渡すなどはもってのほかである。」

 さらに平信者の奉仕者の役割についても言及している。「ご聖体について
だけ特別に承認を受けた聖職者は、司祭が一人も居ない場合に限り、ご聖体
を与えることができる」 また、聖体拝領の方法に関しては、教会は信者に、
敬意と敬虔さを求めている。「信者は、ひざまずくか立ったままで聖体拝領
することができる。信者が、ひざまずいて聖体拝領するなら、ひざまずくこ
と自体、崇敬を表しているので、それ以上、聖体に対する敬虔さを表すしる
しはする必要はない」 ご聖体のイエズスを拝領する際、「信者は、ミサ中、
またはミサ終了後も、できればしばらくの間、後方で祈って、感謝をささげ
ることが望ましい。」

 聖パウロによる、時代を超越した次の言葉を黙想しましょう。
「だから、ふさわしい心を持たずに主のパンを食べ、そのさかずきを飲む者
は、主のおんからだとおん血を犯す。だから、そのパンを食べ、そのさかず
きを飲むごとに、おのおの自分をしらべなければならない。主のおん体をわ
きまえずに飲食する者は、自分自身への裁きを飲食することである」
(コリント人への前の手紙11章27〜29節)

 全ての人が罪を赦されてから、敬けんな態度でイエズス様のご聖体を拝領
するよう祈りなさい。



--------------------------------
No.026
1985年3月31日(日曜日)
枝の主日
--------------------------------
聖母:
 愛する子らよ、私は父と子と聖霊の御名によってあなたがたを祝福します。
アーメン。

 子らよ、今日、私と我が尊い息子は、祝福とさらに癒しと回心の恵みをあ
なたがたに与えようと、この聖なる地にやって来ました。子らよ、愛と光の
道を歩みつづけなさい。十字架の道を歩みつづけなさい。子らよ、自分の
十字架をとって、カルワリオまで我が尊い息子のあとに従いなさい。こうす
ることによって、あなたがたは救われるのです。今一度、私は我が尊い息子
と共に、父と子と聖霊の御名によって、あなたがたを祝福します。アーメン。

 愛する子、我が愛のリトル・ペブルよ、私は今日、世界に忠告を与えに来
ました。子らよ、世界は変わっていません。破滅へ向かっているのです。
人間は痛悔しようとしません。子らよ、ご聖体にまします我が尊い息子へ立
ち帰りなさい。多くの霊魂が破滅への道を歩んでいますが、これは彼らの為
に祈る人がほとんどいないからなのです。愛する子らよ、我が息子のことを
考えなさい。特に聖週間の間は、イエズスの御受難を黙想しなさい。我が子
らよ、我が尊い息子が、あなたがたのために、どれほど苦しまれたかを思い
出しなさい。世界が犯している罪は、御聖体にまします我が尊い息子を、ま
だ十字架にはりつけ続けているのです。いつになったら人間は、自分たちが
我が尊い息子を、どれほど苦しめているかを悟るのでしょうか。いつになっ
たら、罪を犯し、自分たちの神を攻撃するのをやめるのでしょうか。

 子らよ、わかっていますか? 我が尊い息子が、あなたたちをどれほど愛
しているか。彼があなたがたのために、ご自分の命を捨てられたということ
を。それなのに、いったいどれくらいの人達が今週、ご受難のイエズスの
神秘体のことを思い出すのでしょうか。そして、誰がキリストの奇しき御か
らだである教会を思い、毎日苦しんでいるローマ教皇のために祈るのでしょ
うか。子らよ、教皇の為に祈りなさい。彼の地上での命は、もうあとわずか
の日数しか残されていないのです。もうじき彼も、カルワリオで十字架につ
けられるでしょう。私は父と子と聖霊の御名によって、我が無原罪のみ心よ
り、ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世に祝福を送ります。アーメン。

 子らよ、あなたがたに一つ注意を払ってほしいことがあります。地上の子
らはほとんど誰も我が愛する夫、聖ヨゼフに向かって祈っておりません。彼
は母なる公教会で忘れられてしまっています。彼を前面に出しなさい。子ら
よ、そうすれば世界に平和が訪れるでしょう。我が愛する夫、聖ヨゼフヘの
信心がもっと必要です。子らよ、聖ヨゼフの連祷を祈りなさい。そうすれば
悪魔は逃げ出します。聖ヨゼフは、母なる公教会の守護聖人であり、また
保護者であるのに、彼に祈る人はほとんどいません。子らよ、私はあなたが
たを祝福します。天国への道は今たいへん困難で、近い将来には、さらに、
もっとむずかしくなるはずですから。まもなく、世界は大きな十字架を背負
わされるでしょう。しかし、それでも人間は悔い改めないのです。私はあな
たがた皆を、父と子と聖霊の御名によって祝福します。アーメン。

 子よ、我が愛のリトル・ペブルよ、苦しみと試練の道を歩みつづけなさい。
あなたの道は勝利へとつながっています。我が息子よ、私があなたを通して
語った言葉は、もうすぐローマに承諾され、世界中が驚くことでしょう。そ
うです、子よ、これが中心となって、一致が進められてゆくのです。すべて
の我が出現地と幻視者たちは、まもなくあなたと一致します。天があなたに
与える道を歩みつづけなさい。あなたが歩む道はいばらのとげだらけですか
ら、あなたに力と勇気を与えるため、私は父と子と聖霊の御名によってあな
たを祝福します。アーメン。

 子よ、あなたの力となる聖シャーベルを遣わします。彼はこのオーストラ
リアの聖母の仕事においても、あなたを導いてくれるでしょう。今迄通り続
けて彼を愛し、たびたび彼に祈りなさい。私はこれを全教会に対しても言い
ます。「我等の愛する聖シャーベルに祈りなさい。彼は平和の聖人です。我
が愛する国、レバノンが平和を望むなら、国民は聖シャーベルに祈らなけれ
ばなりません。街の中を彼のご像をかついで行列すれば、平和が訪れます。」
子よ、教皇ヨハネ・パウロ2世に手紙を書いて、愛する聖シャーベルに、レ
バノンと中東の守護聖人としての冠を授けるよう要望を出しなさい。もし
教皇がそれに従うならば、レバノン全体が平和になります。私は、我が汚れ
なきみ心の国としてのレバノンを、父と子と聖霊の御名によって祝福します。
アーメン。

 我が愛する子らよ、私はあらゆる国籍の人々をたくさん、この聖なる地に
つれて参りましょう。この聖なる地に子供たちをつれてくるために、私は多
くの人に現われます。もうすぐ我が子らよ、ここで語られた言葉が、神の母
からのものであることを、すべての人類に証明するために、私は聖なる地で
偉大なる奇跡を行いましょう。子らよ、平安であれ。信仰のために闘いつづ
けなさい。立ち上がり、「神に数えられる者」となりなさい。あなたがたは、
まさに最終の時代、時のおわりに生きています。もうすぐ我が尊い息子の手
は、悔い改めないこの時代の人々の上に下ります。懲罰が国々の上に下され
る時、多くの人が泣くでしょう。しかし、このことが起こる前に、神は、す
べての人間を、その邪悪と罪から救うために、あわれんで下さいます。子ら
よ、時間のある今のうちに神に立ち帰りなさい! あなたがたは、その時ま
でにいくつの枝の主日が残っていると思いますか? 御聖体にまします我が
尊い息子に立ち帰りなさい。イエズスはとても寂しがっておられ、あなたが
たの愛を望んでおられます。あなたがたの母として、私はどれほどあなたが
たを愛していることか! あなたがたの上に私のマントをかけてあげましょ
う。あなたがたをとても愛しています。これ以上、私の息子を傷つけないで
下さい。あなたがたの兄弟姉妹も、我が尊い息子のことを知るように、彼ら
の為に祈りなさい。分裂している信者たちの為に祈りなさい。未信者の為に
も、彼らが、神の御子、救い主、王の中の王、全宇宙の王、天のいと高きと
ころにまします、イエズス・キリストを信じるよう祈りなさい。地上の子ら
よ、あなたがたを愛しています。私は我が汚れなきみ心から、父と子と聖霊
の御名によってあなたがたを祝福します。アーメン。子よ、我が尊い息子
イエズスが、私と共におられ、あなたと我が子らに語られます。

我らの主:
 あなたがたの主である神、全宇宙の王である私は、父と子と聖霊の御名に
よって、天の王国より、我が子、愛のリトル・ペブルと愛する子らを祝福す
る。アーメン。我が愛する子らよ、私は我が御母と共にここへ来たことをほ
んとうにうれしく思っている。我が母の居られるところには、私も居るので
ある。子らよ、あなたがたをほんとうに愛している。我が聖心は、あなたが
たへの愛のためにはげしく鼓動している。我が御母のもとへ来なさい。御母
もあなたがたを愛しておられる。子らよ、私たちは世界を、その自滅と邪悪
より救うためにやってきた。あなたがたが生きている時代が、大変深刻な
状況にある今こそ、一生懸命に祈らなければならない。我が息子愛のリトル・
ぺブルよ、選ばれた地上の子らよ、息子よ、ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世
に手紙を書き、来年を、祝された御母、我が愛する御母、無原罪の聖マリア
の為に聖年に定めるよう願いなさい。我が愛する御母を、すべての恩寵の
仲介者、キリストと共に罪をあがなって下さる御方としての地位につけ、こ
のことを今年の12月8日に信仰箇条として宣言するよう、そして今年の
12月8日に、ロシアと全世界を、我が御母の汚れなきみ心に奉献するよう
願いなさい。こうすることによって、子よ、我が教皇ヨハネ・パウロ2世よ、
あなたは世界を救って、我が御母の汚れなきみ心に勝利をもたらすことにな
るのである。また地上のすべての子らが自分を、我が御母の汚れなきみ心に
奉献するよう、私は願っている。我が子、我が愛のリトル・ペブルよ、私は
ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世、並びにあなたを、父と子と聖霊の御名に
よって祝福します。アーメン。

 子らよ、今こそ自分の十字架を背負って私について来なさい。この地上で
あなたがたが歩むべき道は、皆にとって大変困難なものであろうが、道の
終点は勝利である。到達点は永遠の栄光である。ルシフェルは永遠に地獄へ
投げ込まれて地獄に返され、それから約束された平和の王国が到来する。
子らよ、この平和のために祈りなさい。熱心に祈りなさい。そうすれば、あ
なたがたはまもなく神の栄光を見ることができる。

リトル・ペブル:
 イエズス様、お願いしたいことがございますが、よろしいでしょうか?

我らの主:
 もちろんだ。私はあなたの考えていることがわかっている。あなたの願い
どおり、我が御母の出現のミッションを世界中で広めている子ら、つまり
アメリカ合衆国のピーター・ランデル、カナダのナンシー・ノートン、イギ
リスのキャスリン・プリーン、日本のレオ・スタインバック神父、オランダ
のフランツ・ミュラー、インドのジョセフ神父を私は祝福します。子よ、こ
の人たちは、我が御母を大変愛している善き子供たちであるので、祝福する。
私は彼らを、父と子と聖霊の御名によって祝福します。アーメン。

 子よ「告白の祈り」を唱えて下さい。そして我が子ジェームズよ、ひざま
づいて下さい。ひざまづいたまま、じっとしていなさい。今から聖体の私自
身をあなたに与えよう。子らよ、さあ、「主の祈り」を歌いなさい。
(その場に居る全員が「主の祈り」を歌う)
子よ、栄唱を3回唱えなさい。(栄唱が3回唱えられる)ジェームズ、汝の
舌を前に出しなさい。「キリストの御からだ」。我が愛のリトル・ペブルよ、
汝の舌を前に出しなさい。(ああキリストよ、我御身をあがめ、愛し奉る。
御身は聖なる十字架により世をあがない給いたなればなり。)愛する子らよ、
私はあなたがたを祝福する。ここにいる者で聖体の我が身体と血、魂と神性
を受けたい者は、今黙って私に祈りなさい。そうすれば私は、霊的にあなた
がたのところへ来る。(「我ら汝をあがめ」が歌われる) 地上の子らよ、
我が愛のリトル・ペブルよ、並びに我が聖母のメッセージを広めるすべての
子らを、私は祝福します。私は父と子と聖霊の御名によって世界中のすべて
の幻視者たち、そして特別にオランダのエリザベスを祝福します。アーメン。

 愛する子らよ、あなたがたは続けて、この教区の司教の為に祈らなければ
なりません。彼は祝された処女聖マリア、我が御母からしるしが与えられた
にもかかわらず、それを受け入れません。神が与えようとされている恵みを、
彼が受け入れるよう祈りなさい。私は彼とウォロンゴング教区を父と子と
聖霊の御名によって祝福します。アーメン。

 子よ、今こそ「十字架の道行きのロザリオ」を唱えて前進しなさい。私と
我が御母、聖シャーベルと、聖ヨゼフと、天使があなたと共に居ます。子ら
よ、私はあなたがた皆を、父と子と聖霊の御名によって祝福します。アーメ
ン。子らよ、栄唱を3回唱えなさい。(栄唱が3回唱えられる)(十字架の
道行きのロザりオが唱えられる) あなたの神であり、主である私は、父と
子と聖霊の御名によってあなたがたを祝福します。アーメン。

 愛する子らよ、「十字架の道行」を祈ってくれたことに感謝します。多く
の子らが救われ、多くの霊魂が煉獄から解放されました。子らよ、「十字架
の道行き」の祈りをたびたび唱えなさい。この祈りは、ルシフェルに対して
大きなカを持っています。子らよ、償いの祈りを続けなさい。私と我が御母
は、いつもあなたがたと共に居る。子らよ、私は、我が聖心と、我が御母の
汚れなきみ心から、父と子と聖霊の御名によってあなたがたを祝福します。
アーメン。

 子よ、私は、あなたと一致している愛する娘、ジョージェット・ハーブ
(ジョージナ)と愛する息子、カミーユ・ラトゥフに特別な祝福を与えます。
私は彼らと、彼らのミッションを祝福します。続けて聖シャーベルの愛の
言葉を世界中に広めなさい。彼のとりなしによって、実に多くの霊魂がいや
されているのですから。私はあなたがたを父と子と聖霊の御名によって祝福
します。アーメン。

 子らよ、あなたがたに感謝します。償いの祈りを続けなさい。それはとて
も必要です。光の中を前進しつづけなさい。私たちは、あなたがたの歩みの
一歩一歩を共にしている、ということを覚えていなさい。子らよ、父と子と
聖霊の御名によって、あなたがたの仕事を続けていきなさい。アーメン。

--------------------------------
1985年2月13日(水曜日)奇すしきバラの聖母の日
--------------------------------
リトル・ペブルに聖母が語られた言葉:
 ナウラの聖なる地へ聖母が訪問されることを信じなかった為に、ウォロン
ゴング教区は大きな懲罰を受けるでしょう。

--------------------------------
1985年3月13日(水曜日)奇すしきバラの聖母の日
--------------------------------
リトル・ペブルに聖母が語られた言葉:
 リトル・ペブルに語られた聖母のメッセージヘの信心が足りなければ、
ウォロンゴングの司教は大きな懲罰を受けるでしょう。



--------------------------------
「信仰の旅」:リトル・ペブル、ジョージェット・ハーブと
その夫マイケル、及びジェームズ・ダフィーによる、
1985年4月の教皇ヨハネ・パウロ2世との謁見を目的に
ローマを訪れた旅の記録。
--------------------------------
 これは天の元后、そして聖シャーベルの元后が、リトル・ペブルにお命じ
になり、幻視者ジョージェット・ハーブ(ジョージナ)とその夫マイケル、
並びにリトル・ペブルの代弁者としてジェームズ・ダフィが同行した旅で
ある。ローマ滞在中にリトル・ペブルに語られたメッセージも収録してある。

◆1985年4月13日(土曜日)午後1時30分 ローマ到着
 二人の天使がリトル・ペブルとジョージェットの肩を軽くたたいてあいさ
 つされた。私たちは、この天使のあいさつのことを、ローマ到着までに
 聖シャーベルから知らされていた。その日午後10時。この日の夜、聖母
 がホテルの私たちの部屋に来られた。ローマに滞在する一週間のあいだに、
 私たちが教皇様に謁見できるとおっしゃったが、どういう方法でそれがで
 きるのかは教えて下さらなかった。

◆1985年4月14日(日曜日)正午。
 聖ペトロ大聖堂で教皇様は2人の福者の列福式を行っておられた。聖母が
 おっしゃるには、教皇様は私たちがここにいることをご存知であった。
 聖シャーベルも同じことをジョージェットに告げ、天使たちはジェームズ・
 ダフィーに同じく教えてくれた。

◆1985年4月15日(月曜日)朝。
 主がリトル・ペブルに、「心配はいらない、すべてうまくゆく」とおおせ
 になった、また主は、私たちに300もの天使をつけて下さった。主と
 聖母と聖ヨゼフ、聖シャーベル及び天使たちが、私たちを祝福して下さっ
 た。この日の朝の聖母のメッセージは、「ルシフェルが私たちの、教皇様
 との謁見をやめさせようとたくらんでいるので、霊の闘いが行われている
 が、恐れることはない」ということであった。ルシフェルは確実に負ける。
 私達が個人的に教皇様にお目にかかるとなると、世界中が驚くであろう。

◆1985年4月16日(火曜日)。
 今朝、聖シャーベルは、絶えず祈っていなければならない、と私たちに言
 われた。

◆1985年4月17日(水曜日)。
 私たちは一般謁見で、教皇様にお目にかかった。教皇様は、リトル・ペブ
 ルのところまで来られたので、リトル・ペブルは教皇様にメモを手渡した。

◆1985年4月18日(木曜日)。
 今朝、聖シャーベルがジョージェット・ハーブに話しかけられ、できるこ
 とはすべてやったので、あとはすべてを神に任せなさい、と忠告された。
 また天では、私たちの努カに大変喜んでいる、とのことだ。今朝、聖母も
 リトル・ペブルのもとにおいでになり、こう言われた。「子よ、私はここ
 にいます。一日中あなたと共におります。子よ、ルシフェルが、あなたの
 母、無原罪の聖マリアに勝てるとでも思いますか? 子よ、光に従って
 歩みなさい。私はあなたと一緒にいます。息子よ、愛のリトル・ペブルよ、
 そしてジェームズ、ジョージェット、マイケル。私はあなたがたを父と子
 と聖霊の御名によって祝福します。アーメン。光の中を歩いて私について
 来なさい。神は勝利を収められます。信仰をもち、あなたの母に信頼しな
 さい。今日は、たびたび大天使聖ミカエルの祈りを唱えなければなりませ
 ん。」

 私たちは全員、この5日間、大きな試練を受けていた。今日は市外にある
 「トレ・フォンテーン」のご出現地にも行った。聖母がリトル・ペブルに
 おっしゃったところによれば、聖母がすべてのご出現地の元后であること
 を示すために、私たちをその場所につれて来られた。また、いつの日か、
 オーストラリアのナウラの聖なる地も母なる公教会によって、同じように
 承認されるであろう、ということである。

 夕方ホテルへ帰る途中、天使達がジェームズ・ダフィーに、バチカンから
 のメッセージが入っているはずだと教えてくださった。その夜、ホテルに
 帰着して後、教皇様の秘書からリトル・ペブルに電話が入り、パパ様の
 金曜日の個人ミサと個人謁見に私たちを招待する、と言われた。

◆1985年4月19日(金曜日)
 今朝、私たちは教皇様の個人ミサにあずかり、個人謁見に行ってきた。す
 ばらしい一日だった。教皇様はリトル・ペブルに、聖母様が私たちをここ
 まで送り出されたことを知っている、と言われた。

◆1985年4月20日(土曜日)
 主が今朝語られた。教皇様は、聖母のメッセージを信じておられる。勝利
 は我らのもの。あとはすべてを神と、教皇様にお任せしなければならない。

◆1985年4月23日(火曜日)
 午前4時、ローマからの帰りの飛行機の中で、主が語られたみ言葉。
 「我が祝された子よ。あなたに祝福あれ。勝利はあなたのものである。
 ルシフェルは敗退した。あなたと同伴者のジョージェット、マイケル、
 ジェームズはあふれんばかりに恩寵を受け、ローマヘの仕事の間、大いな
 る実りを得た。大いなる実は、あなたがたの教皇ヨハネ・パウロ2世との
 謁見をもとに、ますます成長する。あなたがたは、我が愛する御母が勝利
 を収められる時、もう一度、教皇に会うであろう。愛する子らよ、勇敢に、
 十字架を背負ったあなたがたを、父と子と聖霊の御名によって祝福します。
 アーメン。」

◆1985年4月27日(土曜日)
 ジョージェット・ハーブを通じ、聖シャーベルは、「ローマヘの旅は成功
 であった。ローマは教皇を通じ、リトル・ペブルの仕事を助ける方向に
 動き始めており、すべてはうまくいくであろう。天は、今回の旅行で行な
 われたことについて喜んでいる。」と教えてくれた。

以上。



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1994年5月18日
リトル・ペブルに(抜粋)

 今回、私は子供たちに素晴らしい恵みの数々を与えるために参りました。
それはわが汚れなき御心の印を子供たちにつけることです。そうすればあな
たたちは救いの箱舟に入ることができるのです。子供たち、子供たちよ、こ
の箱舟とは私自身に他なりません。私はあなたたちを傷のない「新しい時代」
に連れて行くからです。しかし戦いはあります。天が今与えている時は、あ
なたたちを神であるわが息子、キリストの兵士として強める時なのですから。
贖いの印をつけられたすべての者は、生命の書に書かれた子供であり、ルチ
フェル、反キリスト、そして今地上を歩き回っているすべての悪霊と戦わな
ければなりません。甘美なる子供たちよ、あなたたちがこの印を受けていな
いなら、実に強力で邪悪な霊に打ち勝つことはできません。三位一体の神が
邪悪な霊に自由に歩き回ることを許しておられるからです。しかし、今のこ
の時、地上を覆うこの大いなる闇の只中にあってさえ、天は勝利することを
よく分かっていなさい。甘美なる子供たちよ、わが汚れなき御心をあなたた
ち皆にとっての「導きの光」としなさい。私は真に人類の母、罪人の拠り所、
人類のための救いの箱舟なのです。

 今日私は数えきれないほどの天使と共に参りました。この天使たちは山羊
から羊を選り分けるために全世界に行き、わが子供たちにわが印をつけるで
しょう。そして、神であるわが息子から来るわが光の中にいる者は皆理解し、
互いに知り合うでしょう。ですから光の子供たちは惑わされないでしょう。
今全世界で激しく続いている霊戦は、知性の戦いであり、「神秘的な」現象
の一つであって、子供たちには深い洞察力が必要なのです。そして聖霊とわ
が汚れなき御心に対する祈りだけが、あなたたち皆に対する神の御計画と
御旨を理解できるようにあなたたちを照らすでしょう。甘美なる子供たちよ、
論理的な思考は脇へ置いておかなければなりません。神はまもなく何世紀も
何世紀もの間隠されてきた「神秘」を明らかにされます。あなたたちは終末
の時と神であるわが息子を通して人類に与えられる「平和の統治」の準備が
できているからです。



----------------------------------------------------------------
5.編集後記
----------------------------------------------------------------
◆ 箱舟の聖母社から次の4冊の本を発行しました。

 「153本の聖ヨゼフの百合」 …… A5判 316頁 3000円
 「153本のマリアさまのバラ」 … A5判 170頁 2000円
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」……A5判 143頁 2000円
 「メッセージ集」       …… A5判 233頁 3000円

 送料は、各一冊につき全国一律500円、4冊セットで、または各種あわ
せて4冊以上お申込みの場合は無料です。

 お申込みは、現金書留か郵便振替にて、下記までお願いします。ご送金は
おつりのないようにお願いします。ご入金を確認後、発送します。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社

  郵便振替 00840−3−132438

--------------------------------

「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は9月7日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Jean-Marie S.  Kolbe-Marie A.
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%4%%




[HOME] [戻る]