「箱舟の聖母」バックナンバー
2003年8月10日号No.164

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 聖シャーベル修道会
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2003年8月10日号 No.164

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記


----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合 
----------------------------------------------------------------
【 第24章 】

 聖ヨゼフと幼きイエズスの聖テレジアの霊性に基づいて、完徳に至るため
の方法を説明し、徳の家の建て方の設計図を描いてきました。これを書き上
げるための最後のひとふでは、またも基本であり、全ての徳の土台である
「超楽観主義者」であることの必要性に戻ることになりました。というのは、
ほとんどの人が「あらゆる苦しみを苦しませてください」と神に懇願するの
を恐れているからです。また、戦いと試練の激しさに恐れをなして逆戻りす
るからです。「誰をも、何をも恐れてはいけない」 それを思いだしてくだ
さい。「どしゃ降りの雨も、いつかは必ずやみます」 これは幼きイエズス
の聖テレジアの言葉です。この言葉は、地上のどんな苦しみも有限であるこ
とを説明しています。彼女は死がなかなか来ないとき、「まだ苦しめるのを
喜んでいます」と言いました。この言葉は、苦しみたいという望みは無限に
大きくできることを説明しています。全き善である神様は、有限の試練を私
たちの上にお許しになりますが、その試練ごとに、その戦いの苦しみを上回
る、「苦しみに対する望み」を私たちに起こさせます。苦しみたいという望
みは完徳の土台で、私たちが起こすべきものですが、それを無限に増大させ
るのは神様の恵みで、そのために神様は、私たちのその意向だけで十分なの
です。試練のたびに神様は、その望みを大きくして、望みというよりは、苦
しみに対する愛にかえてくださいます。聖ヨゼフと幼きイエズスの聖テレジ
アに特に際立つ超人的な根気のわけは、神様の助けが必ずあることを、これ
ぽっちも疑わない、二人の特に強い希望の徳です。神様は、ご自分に希望す
る人を裏切ることは決してないので、二人は苦しむために尽きることのない
根気のたまものをいただき、苦しみを望みつづけ、愛し続けました。それで、
どうか日本人の皆さん、徹頭徹尾、土台から完成に至るまで、希望の徳を強
めることで超楽観主義者であり続けてください。そして修徳上でつまずいた
時、困難にぶち当たって進めなくなったとき、何らかの恐れを抱いたとき、
常に「超楽観主義者であること」という基本に立ち返り、自分の徳の建物が
設計図通りに建てられてきたかを点検し、修正してください。

 聖ヨゼフも、幼きイエズスの聖テレジアも、ともにわずか十数年間で希望
の徳を強められるという恵みを受けてから完徳に至り、永遠の冠を受けるま
での道のりを巨人のように走りました。私たちに残された時は短いのですが、
二人に習えば時は十分にあると言えます。希望を強めて、そして希望の徳を
強めて、さあ! とりかかりましょう!



----------------------------------------------------------------
2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
  − No.14、21 −
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
No.14 1984年7月15日
(奇すしきバラの花の聖母)ローザ・ミスティカの日に
--------------------------------
リトル・ペブル:
 聖母が私共と共にいらっしゃいます。聖母は私達と共に、たくさんの天使
や聖人が今ここにいらっしゃると、おっしゃっています。

聖母マリア:
 我が光の子らよ、私は、父と子と聖霊の御名によって、あなた方すべての
者を祝福します、アーメン。我が愛する子らよ、私はあなた方を深く愛して
おり、光の王国にいらっしゃる永遠の御父の御もと、天国からあいさついた
します。我が汚れなき御心のもとへ、よく来てくれました。愛をもってあな
た方を抱ようします。私は三位一体より出づる祝福を父と子と聖霊の御名に
よってあなた方に送ります、アーメン。

 愛する世の子らよ、私がきょう来たのは、いばらのトゲだらけの道を歩い
ているあなた方を支え、導き、助けるためであり、慰めとみちびきをもたら
すためです。愛する子らよ、絶えず祈らなければなりません。そして絶えず
犠牲しなければなりません。永遠の御父は、まもなく人間を罰されるのです。
人間に与えられている時間は本当に残り少ないのです。人間は、その時間が
あるうちに、今こそ神に立ち返らねばなりません。子らよ、私はもう一度あ
なた方を、父と子と聖霊の御名によって祝福します、アーメン。この使命を
続けるにあたり、神のめぐみが必要だからです。

 地上にいる愛する子らよ、あなた方のうちの多くの者が、ガラバンダルで
の私のメッセージにあった大奇蹟のことで、いろいろと私に聞いております。
多くの者は、何年も昔に私が言った大奇蹟は、ガラバンダルにだけ起こると
思っています。しかし子らよ、これはまちがいです。愛する子らよ、ガラバ
ンダルでも奇蹟がありますが、その奇蹟は、世界中で私が出現したすべての
場所で同時に起こるのです。聖化された各場所は、神からの印を受け、各々
少しずつの違いがあるにしろ、「大奇蹟」があるでしょう。愛する子、我が
リトル・ペブルよ。同様に、この奇蹟は、今私が立っているこの「聖なる地」
でも起こるのです。我が子よ、そしてその他の子らよ、私は、父と子と聖霊
の御名によってあなた方を祝福します、アーメン。

 子らよ、以前私が言ったように、大いなる不思議が、このような「聖地」
のあるこの国にもあるでしょう。多くの子らがいやされ、多くの霊魂が改心
するでしょう。この賜物を私が人間に贈るのは、それによって人間が愛の
永遠なる王国へと救われるためです。

 私は地上にいるすべての子どもたちを、又、現在私が現われているすべて
の地点を、そして世界中のすべての幻視者と、彼らを奨励する者すべてを
父と子と聖霊の御名によって祝福します、アーメン。

 愛する我が子、リトル・ペブルよ、あなたは「神さまから命じられた仕事」
に着手しているのです。続けて祈りと犠牲を行いなさい。すべての我が子た
ちは祈り、かつ犠牲しなければなりません。我が光の子らよ、たびたび秘蹟
にあづかりなさい。秘蹟は聖にして母なる公教会、そしてまたこの地上にい
た我が子イエズス・キリストによって、神が与え給うた贈物であり、悪魔と
戦うにあたって、あなた方の助けとなり、力となるからです。子らよ、覚え
ておきなさい。悪魔は祈るあなた方を恐れるのです。祈りで悪魔を追い払え
るからです。

 地上にいる子らよ、あなた方を愛し、我が汚れなき御心をあなた方に差し
のべております。世のすべての子らよ、私のもとへ来なさい。そうすれば
あなた方を助けます。三位一体である光の王国にまします永遠の御父と、天
の御子と聖霊が、父と子と聖霊の御名によってあなた方を祝福します、アー
メン。

 我が愛する子、そしてすべての我がいとしい子らよ、私は、我が子イエズ
ス・キリストの来臨と、世の終りと時の終について明確にしたいと思います。
多くの我が子たちは、ラ・サレットでの私のメッセージについて、我が息子
の来臨が成されるとき、ルシフェルが再び現れるなどと誤解しておりますが、
子らよ、これはまちがいです。多くの私達の子供達は聖書の、或る御ことば
の奥義を誤解しております。特にヨハネによる福音書ですが、これは一つの
ことがらが次々と展開していく話のようにして、一ぺージずつ書かれたの
ではありません。そうです。愛する子らよ、生命と愛の本である聖書は、そ
して特に時の終りと息子イエズスの来臨について書いてある黙示録は、奥義
であり、あなた方の、そして私の神なる聖霊の導きによって、多くの祈りと
犠牲によってこの黙示録の奥義が明らかにされるのです。ラ・サレットの
預言で明かされたことも同じことです。我が息子がこの地上に再臨すると 
− それは、まもなくですが − ルシフェルは永久に地獄につながれ、再
び人間を誘惑することはありません。このことを、私は数えきれないほどの
出現地で何回も申しましたのに、人間は今だに私のことばを誤解しているの
です。ああ、ルシフェル! ルシフェルにはもう時間がごくわずかなのです。
与えられた100年間が終わるのは、もうすぐです。私は、我が愛する子ら
よ、このことをあなた方に、はっきり言ったはずです。ルシフェルがあばれ、
人間を再び誘惑する前に人間が与えられた約25年間の平和の期間のことを
ラ・サレットの預言で申しましたが、愛する子よ、すべての子らよ、その時
とは、今のこの時代なのです。ルシフェルが、1940年に地獄から解き放
たれたのですと私は言ったはずです。

 愛する子よ、子どもたちよ、ルシフェルが再び戻ってくるとしたら、私が、
世の終わりや、反キリストの支配のことを話すでしょうか? 私と私の息子
は、イエズスの再臨の時、あなた方の肉体と霊魂は共に永遠の生命の贈物を
与えられるという大いなる約束を、あなた方にいたします。あなた方の霊魂
は、すでに不滅だからです。我が息子の再臨の時、もはや罪も苦しみも涙も
なくなります。それから平和の時代が来るのです。我が息子が三度目の来臨
により人間を完全に裁くまで、この平和は何年間も続くでしょう。我が息子
が、その大いなる権限をもって再臨にあたり、帰ってくる時、すべての人間
がそれをまのあたりにし、ただちに全人類が裁かれるのだということを知る
でしょう。その後、天はアダムとイヴに与え給うた楽園を、再び人類へゆず
りわたされるでしょう。あなた方は、彼らに与えられていた超自然的めぐみ
を受けるでしょう。我が息子の再臨の後であるこの間、地上でのあなた方の
生活は、この上なく大きな喜びであり、幸福であり、平和のうちにあるで
しょう。あなた方の母である私と、我が息子イエズスが、「平和統治」のも
とに、この世で人間と共に住むようになるからです。人間には大いなるめぐ
みが与えられるでしょう。

 我が子どもたちよ、今やあなた方は霊的戦いの最終の段階に来ているので
す。多くの者がくずれおちるでしょう。我が子らよ、反キリストの全面的
支配は、今年中の内に成されるでしょう。非常に大きな苦しみが、聖にして
母なる公教会と世界全体をおそうでしょう。旧約の偉大なる2人の預言者、
エノクとエリアは、『大警告』のあとに現われるでしょう。我が愛する子よ。
私はあなたに言っておきますが、この偉大なる2人の預言者こそが『ガラバ
ンダルの奇蹟』の一部分なのです。我が子よ、このことに関しては、もっと
あとになってわかるでしょう。この旧約の偉大なる預言者がこの地上にも
どって来ると、我が子イエズス・キリストのメッセージを全世界に告げ知ら
せるでしょう。

 このため、その後、人類は恐しい試練と苦難をなめつくさねばならないで
しょう。それから時の終わりが来るのです。しかしこれは、世の終わりでは
ありません。子らよ、聖書で言われている一千年間の統治とは、今現在のこ
とです。我が息子キリストがカルワリオの十字架につけられた時、我が子の
統治は始まったのです。我が子らよ、私のいうことがわかりましたか? そ
してルシフェルはその間、地獄へつながれていたのですが、人間を誘惑する
ために解き放たれたのが1940年だったのです。しかしそれは短期間です。
なぜなら、我が子イエズスが、サタンを、永久に永遠の地獄の火の中へ征服
するために、世に戻ってくるからです。

 我が子よ、そして世の愛する全ての子らよ、私は愛と光の王国から父と子
と聖霊の御名によって、あなた方を祝福いたします、アーメン。

 愛する子らよ、絶えず祈りなさい。あなた方の天の御父である神が垂れ給
う大いなる御めぐみがわからないのですか? そうです、我がいとしい子ら
よ、我が息子が世に再臨し、この地上を統一する時、それはこの世に唯一の
聖なる普遍の(カトリック)教会のみが存在し、全世界が一つの牧者、一つ
の群れとなる時なのです。なぜなら我が息子がいったんこの地上に戻ってき
たならば、もはや罪もなく、病も死もありえないのです。罪に対する罰が
死だからです。子らよ、ちがいますか? そうです。我が愛する子らよ、こ
れこそが神の人間に与え給う大いなるめぐみなのです。人間が『平和の統治』
のうちに生きることなのです。そしてこの平和がファチマで、そして他のい
ろいろな所で私が伝えた平和のことなのです。全世界のいとしい子らよ、神
はあなた方をこの上なく愛しておられます。天にいる私達はあなた方を慰め、
導くために何度もあなた方に現れているのです。愛する子らよ、私のメッ
セージを読みなさい。『天国』のメッセージを特に読みなさい。この私が与
えている二文字の中にこそあなた方は、現代についてを理解するでしょう。
我がいとしい愛の子らよ、私は父と子と聖霊の御名によってあなた方を祝福
します、アーメン。

 我が愛する子よ、私はきょう、あなたとここに共に集っている私が選んだ
子どもたちに、天国のすばらしい奥義を明かしたいと思います。公教会の父、
教皇達は、このことについて何百年もの昔から語り続けておりますが、つま
り私の浄配である聖ヨゼフと、私の両親の被昇天のことについてです。我が
子たちよ、彼らも天国で、肉体と霊魂を共有しているのです。いつの日か
公教会は、このことを大いなる真実と、奥義として、世に公言するでしょう。
子よ、覚えていると思いますが、ヴェロニカは彼女が受けた私の出現で、今
述べた者達の肉体を見ていましたが、彼女がパードレ・ピオや聖テレジアを
見た時は、その霊魂しか見ませんでした。そうです。我が子らよ、これこそ
が、大いなる奥義なのですが、いつの日か我がすべての子どもたちもこの
奥義にあづかることができるということも、重要なことです。

 私は今、あなたと世の愛する子らと、すべての愛するマリアのために働く
者達を、父と子と聖霊の御名によって祝福します、アーメン。

 愛する子よ、子どもたちよ、ここで私は人間に聞きたいことがあります。
悪の頭であるルシフェルは十字を切ることができると思いますか? 子らよ、
この答はあなた方に委ねます。これは、あなた方に、多くの豊かなめぐみと、
世界中で与えられたすべてのメッセージを理解する力を与えるでしょう。我
が子リトル・ペブルよ、あなたを祝福します。この使命にひきつづきたずさ
わって下さい。恐れることはありません。立って神のために戦いなさい。神
があなたと共にいらっしゃるからです。子よ、世の我が子達よ、あなた方を
祝福します。

 償いの祈りを続けなさい。「主の日」がくるまでには、人間の犠牲と償い
が必要です。愛する子らよ、ロザリオを唱えなさい。これは最も強力な祈り
だからです。スカプラリオをはじめ準秘蹟を身につけ、家にある御絵(聖人
の御絵)や、御像を大事にしなさい。又、聖水を常備しておきなさい。いと
しい子らよ、自分で、自分達の準備をしておくのです。今一度申しますが、
もうすぐ来たるべき『大警告』に備えて、自分で自分の準備をしておきなさ
い。祈りつづけなさい、我が愛する世の子らよ、そして我が子よ、私は今ひ
とたび父と子と聖霊の御名によってあなた方を祝福します、アーメン。

リトル・ペブル:
 聖母は、我らが救い主であるイエズスが今到来されたとおっしゃいました。

聖母:
 愛する子らよ、どうかひれ伏すように。

主:
 愛する子らよ、わたし、イエズス・キリスト、すなわち宇宙の王、そして
人類の王は、永遠の御父と共に光と愛の霊より、あなた方を、父と子と聖霊
の名によって祝福する、アーメン。

 あなた方の愛の祈りを続け、我が母のロザリオを祈りなさい。祈りが本当
に必要だからである。我が母の汚れなき御心は人間の罪によって、引き裂か
れている。我が愛する子らよ、我が母の御心をつくろってはくれまいか? 
母はさまざまの場所で涙を流している。その涙は、全世界にわたっていると
いうのに、誰がいったい止めてくれるというのだ?

 神の御怒りは、まもなく来る。わたしは人間が我が母に苦痛を与えるのを
許し、放任しておくことなどできない。もし人間が母のメッセージに耳をか
さないならば、全世界に災いがあるだろう。わたしがこの地上に今、こうし
て来たのは、もう一度あなた方に警告するためである。すなわち祈り、犠牲
と償いをし、我が母のメッセージの切なる願いを聞き入れることである。こ
れはあなた方にとって、光の王国にまします永遠の御父からの最後の忠告の
内の一つである。

 我が子らよ、わたしのもとへ来なさい。我が聖心は打ち破られているけれ
ども、あなた方に開かれているのである。わたしは世を救うために、母を
送ったのだ。すべての母達のうちでも、最も愛された我が母は、あなた方の
霊魂の罪をあがなうため、その御心を、あなた方にさしだしておられるので
ある。母があなた方に与え給うた茶色のスカプラリオや、緑のスカプラリオ、
その他さまざまのスカプラリオを身につけよ。世が我が母の嘆願を聞き入れ
なければ、災いがあるだろう。いとしい子らよ、わたしはあなた方を愛して
いるのだ。あなた方のために、十字架上で死んだのである。わたしは、永遠
の御父と、光と愛の霊のうちにある我が聖心により、あなた方を抱ようする。
我が子らよ、わたしは父と子と聖霊の名によってあなた方すべてを祝福する、
アーメン。子らよ、どうかわたしを神としてあがめよ。わたしはあなた方の
神である。(聖母御自身、ひざまずいておられ、地にひれ伏しておられる。
それは、彼女の神でもある我らの神をあがめておられるからだ。) 我が子
よ、そして他の子らよ、見なさい。我が母でさえも、いかに御自分の息子で
あるわたしをあがめておられることか! しかも母は、すべての天使と人類
の上に上げられた方なのである。子らよ、あなた方を祝福しよう。あなた方
の愛といつくしみである使命を続けるように。愛のメッセージをもって、
人間が救われるために、地上における我がすべての子らに届くようにせよ。
我がリトル・ペブルよ、わたしの天使よ。おまえを祝福する。おまえを『我
がモセレクス(天使の名前)』と呼ぼう。

 愛する子、そしてすべての子らよ、わたしは父と子と聖霊の名によって、
あなた方を祝福する、アーメン。

リトル・ペブル:
 マリア様とイエズス様は今からすべての準秘蹟と、すべてのばらを祝別さ
れます。からだからとったり、かばんから出す必要はありません。イエズス
様とマリア様が、父と子と聖霊の御名によって、それらを祝別されるのです。
アーメン。大天使聖ミカエルもここにいらっしゃり、話があるそうです。

聖ミカエル:
 神と等しい者など誰がいよう? 災い! 災い! 災い! 地上に住む者
は災い! わたし、聖ミカエルは天軍の勇士であり、聖にして母なる公教会
の守護者として、悔い改めよ! と人間に警告する。あなた方の時間は残り
少ないからである。あなた方の神、及び原罪なくして宿り給いし神の御母
聖マリアの切なる願いを聞き入れよ。我が子らよ、わたしに向かって祈りな
さい。『悪魔払いの祈り』(注:レオ13世教皇のお作りになった「聖会の
ための祈り」の後の方にあります。)を祈りなさい。『償いの日々』(注:
毎月の13日)にあたり、各祈りをしたあと、略式でないこの『悪魔払いの
祈り』を必ず付けなければならない。今やルシフェルが、恐しい復しゅうと
嫌悪感をもって、すべての幻視者を迫害しているからである。この祈りに
よって、サタンを追放することができるのである。愛する子らよ、あなた方
を愛し、我が剣で守っているのだ。愛する子、リトル・ペブルよ。わたしは
あなたを祝福する。あなたの守護の天使も祝福を送っている。我が息子よ、
子どもたちよ。あなた方の守護の天使に、よく祈りなさい。しばしば祈らな
ければならない。あなた方を導き、守ってくれるからである。

 今、あなた方には二位の守護の天使がいる。聖母のために働いている者
各々には、この聖なる使命を果たすための援助として、二位ついているので
ある。我が愛する子らよ、わたしは天の永遠なる御方より、父と子と聖霊の
御名によって、あなた方すべてを祝福する、アーメン。

リトル・ペブル:
 聖母は,我々が引き続き祈りをするようにとおっしゃっておられます。主
は、私達に歌うようにと頼んでおられます。ベネディクションにおいて、
私達がオ・サルタリスやタントゥム・エルゴを歌っている間、天使達は王の
王である主を礼拝しています。イエズスとマリアと聖ミカエルが今あなた方
を父と子と聖霊のみ名によって、祝福されました。マリア様は、私達がする
償いの祈りによって、今日多くの霊魂が救われたので、この祈りを続けるよ
うにとおっしゃっています。

聖母:
 ありがとう、我が子よ、子どもたちよ。あなた方に、私の愛と祝福を送り
ます。つぐのいを続けなさい。父と子と聖霊の御名によって、アーメン。

(ここで『我らつつしみて御身を讃え奉る』(アドロ・テ)を、集っている
 全員が歌う。)

 我が子らよ、愛であるわたしのしごとを助けてくれる、新しい者を、わた
しは祝福します。心をつくし、思いをつくし、力を尽くし、魂をつくし、す
べての愛をつくしてあなた方の神を愛しなさい。子らよ、私は父と子と聖霊
の御名によってあなた方すべてを祝福します、アーメン。ありがとう、我が
子よ。

リトル・ペブル:
 聖母は、まだ留っていらっしゃいますが、メッセージは終わったようです。
私が以前申しましたように、聖母はいつでもこの場所におられますが、聖母
の祝日である毎月の13日には、特別にこの場所におられます。

--------------------------------
ウルバノ8世教皇及び第2バチカン公会議に従い、かつ不当な方法によるも
のとして予想することなく、我々は、このメッセージに関し、聖であり母な
る公教会の判断を喜んで受け入れるものである。

--------------------------------
【参考】聖母のみ頭に輝ける13個の星について
--------------------------------
キリストにおける兄弟姉妹へ:
 我らの主、イエズス・キリストと、その汚れなき御母の御いつくしみと
平安があなた方にありますように。

 我らの御母、聖マリア、キリスト信者の助けであるはこ舟の聖母のメダイ
やスカプラリオについて、多くのご質問がありました。メダイについていく
つかの点を明確にするため、以下に、その説明を揚げます。

1.13個の星は天の意図を表すもので、毎月13日を、すべての人々によ
  る償いの日を強調するため。
2、毎月13日にあったファチマでのご出現及びメッセージとの密接な関係
  を強調するため。
3.あらゆるオカルトや悪魔的力による者が『13』という数字を反キリス
  ト的なものに使っていることを否定し、それらに対抗するため。

 以上、ご質問に対しての答として明確になるのではないかと思います。尚、
スカプラリオとメダイの製造と発送が遅れていることをお託び申し上げます。
資金が都合つき次第、なんとかなると思います。

キリストとその汚れなき御母において、
ジェイムズ・ダフイ
リトル・ペブルの代表者

(追伸:旧約のエステル書9章19〜24節、または16章に、月の13日
について書かれてありますので、ご一読ください。− ドゥーエイ・ライム
ズ版 − )



--------------------------------
No.21 1984年11月2日(金曜日)
死者の日
--------------------------------
 聖ミカエルの悪魔払いの祈りが全部唱えられた。(1984年10月26
日のメッセージの中で聖母が要求されたとおりに行われた。)

聖母:
 我が愛する子よ、我が子らよ、私、汚れなきマリア、神の母、すべての
恩寵の仲介者は、今日、あなたがたの救いのために、さらに忠告と指示を携
えて現れました。我が愛のリトル・ペブルよ、恐れずにあなたの愛の使命を
続けなさい。子よ、永遠なる御父であられる神から、あなたに託された使命
とあなたに対し、大きな迫害が開始されましたが、子よ、私に信頼しなさい。
そして恐れないで下さい。私はいつもあなたと共にいますから。そうです、
子よ、もっとよく知るべき子らが、あなたに背を向けるのは悲しいことです。
しかし、勇気を出しなさい。あなたに与えた私のメッセージが真実であると、
すべての子らが知るようになる日が来ます。

 子らよ、あなたがたの霊的指導者たちのために祈りなさい。彼らは、今、
サタンから誘惑を受けています。もうすぐ、彼らにも私の言葉の光が見える
ようになります。嵐が吹きつけて来る時に、立ち向かって行ける信仰と勇気
を持つよう、教区の司教のために祈りなさい。ムレイ司教に手紙を書き、天
の元后は、彼の教区での祈りと償いを求めておられる、と言いなさい。我が
息子よ、この国、オーストラリアへ私が出現していること、そして、はこ舟
の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の助けの聖地についての調査を
進めるよう彼に言いなさい。彼にこう言いなさい。私、汚れなきマリアは、
もし、彼がほんとうにそれを天にまします永遠の父なる神にお願いするなら
ば、彼に一つのしるしを示しましょう。しかし、それは、信仰から出た願い
でなければなりません。子らよ、私があなたがたに与えた指示に従って、働
きを続けなさい。世界の罪を償うために、償いの日を続行しなさい。

 第3次世界大戦は、今や目前に迫っています。祈りと、犠牲と、償いが
必要です。我がペブルよ。永遠の父なる神は、あなたを大変満足しておられ
ます。ですから光の中を歩みつづけなさい。

 子よ、きょう世界は、煉獄で苦しむ霊魂を記念しています。これらの霊魂
のことを忘れないで下さい。子らよ、たびたび彼らのために祈って下さい。
特に、御ミサに行くことと、ロザリオと、十字架の道行きの祈りを唱えて
祈って下さい。これらの祈りには、大いなる苦しみの場所、煉獄から霊魂を
救い出すための偉大な力があります。子らよ、覚えておきなさい。あなた
がたも、いつかは煉獄へ送られ、のどの渇きをいやすため、祈りを求めるよ
うになるかもしれないのです。

 子らよ、教皇ヨハネ・パウロ2世のために祈りなさい。司教や司祭のため
に祈りなさい。人類すべてのために祈りなさい。今や世界は、大いなる試練
に立たされようとしています。子よ、あなたは霊的指導者である司教に、
信仰と祈りがあれば、癒しは与えられるであろう、ということを気づかせな
さい。

 子よ、あなたの祈りを続けなさい。私は父と子と聖霊の御名によって、光
のすべての子らを祝福します。アーメン。天の勝利に必要な一致を進めるた
めに、今や、あなたと一致しているすべての幻視者を祝福します。フランツ、
アン・マリー・ベネット、ジェネヴィエーヴ、シスター・ルーシー、M.A.
マリアンヌ、マイケル、ノラ・アーサーズ、そして後にあなたに加わる予定
の、さらに多くの幻視者を祝福します。私は、小さき霊魂のマルガリータに、
父と子と聖霊の御名によって、特別の祝福を与えます。アーメン。

 次回、あなたに会う日まで。私、光の元后、汚れなきマリアは、あなたを
父と子と聖霊の御名によって祝福します。アーメン。



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1994年5月13日
リトル・ペブルに(抜粋)

 今は子供たちにとって善と悪の大いなる試練の時です! 生命の書に印さ
れているすべての者は、最後まで保護されるでしょう。生ぬるくなってはな
りません。中途半端であってはなりません。あなたたちは冷たいか熱いか、
どちらかです。生ぬるい者は時の終わりに神であるわが息子が地上に戻って
来られる時に吐き出され、悪魔と共に地獄に投げ捨てられるのです! 人類
には片手で数えられる時しか残っていません。ですから甘美なる子供たち、
生活を正す時のあるうちに、どうか私に耳を傾けてください。この世の喜び
や楽しみのために生きてはなりません。

 注意していなさい。邪悪な者は時が残り少ないこと、邪悪な者の時は縮め
られ、永遠に地獄に投げ入れられることを知っているのです。邪悪な者は
このことを知っているので、わが汚れなき御心に捧げられたすべての霊魂を
道ずれにしようと望んでいます。私に捧げられていない一人の霊魂を手に入
れても、ルチフェルにとっては大した業績ではありません。ルチフェルはす
でに霊魂を手に入れていますから。しかし、私がすべての子供たちに保護を
約束したにも関わらず、私に奉献された一人の霊魂を手に入れることができ
るなら、それはルチフェルにとって大きな業績なのです。しかし、あなたた
ちには選ぶための自由意志があることをよくわきまえておきなさい。甘美な
る子供たちよ、私はあなたたちの自由意志に干渉することはできません。私
の言葉を信じるように無理強いすることも、天国へ入らせることも、新しい
時代へ入らせることも強制はできないのです。あなたたちが選ぶのです。

 私たちはあなたたちを助け、永遠の御父があなたたち一人ひとりに望んで
おられることをあなたたちが得るように支援するためにいるのです。永遠の
御父は地上の60億の人々が楽園に入り、一人も地獄へ行かないことを望ん
でおられるのです。甘美なる子供たちよ、このため私と神であるわが息子
イエズスは血の涙を流して泣いています。私たちは子供たちが弱く、とても
たやすくルチフェルに誘惑されることを知っています。ルチフェルは今地上
を、教会の中を歩いています。甘美なる子供たちよ、自分自身を準備しなさ
い。あなたたちの母としてこのことを何度言っても、それで十分ということ
はありません。



----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------
◆ 箱舟の聖母社から次の4冊の本を発行しました。

 「153本の聖ヨゼフの百合」 …… A5判 316頁 3000円
 「153本のマリアさまのバラ」 … A5判 170頁 2000円
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」……A5判 143頁 2000円
 「メッセージ集」       …… A5判 233頁 3000円

 送料は、各一冊につき全国一律500円、4冊セットで、または各種あわ
せて4冊以上お申込みの場合は無料です。

 お申込みは、現金書留か郵便振替にて、下記までお願いします。ご送金は
おつりのないようにお願いします。ご入金を確認後、発送します。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社

  郵便振替 00840−3−132438

--------------------------------

「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は8月17日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Jean-Marie S.  Kolbe-Marie A.
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%




[HOME] [戻る]