「箱舟の聖母」バックナンバー
2003年8月3日号No.163

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 聖シャーベル修道会
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2003年8月3日号 No.163

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記


----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合 
----------------------------------------------------------------
【 第23章 】

 幼きイエズスの聖テレジアが、あらゆる時代のすべての殉教者の殉教と、
その苦しみを受けたいと望んだのを、彼女が好きな人ならよく知っていると
思います。そして彼女が、全く霊的に慰めのない状態に置かれ、神の存在
さえ疑わせる信仰の試練に会い、自分のまわりに毒を置かないように願った
ほど、つまり自殺に心ひかれるほどの霊肉ともの苦しみの病床を過ごし、
最期には窒息の苦しみに神を呪いそうになるほど極限まで苦しみぬいたこと
も知っているでしょう。

 完徳の土台は、あらゆる苦しみを苦しみたいと望むことです。そして神様
は、実際にその人が英雄的に徳を実践できるように、その人の上に試練が
下るのをお許しになります。聖人たちは皆、英雄的に徳を実践した人である
と同時に、大きな試練を英雄的に苦しんだ人でもあります。

 完徳のレベルとは、英雄的な徳の実践を長い期間、それが霊魂の習慣とし
て定着するまで繰り返すレベルであるのです。一度や二度の英雄的行為は、
完徳のレベルに達していなくてもできる人がいます。しかし長い間、絶えず
繰り返し行なうのは、このレベルに達した人でなければできはしません。
この超人的な根気は一体どういうわけなのでしょう。なぜイヤにならないの
でしょう。聖ヨゼフにおいては、特にこの根気強さが、その咲き誇る諸徳の
中でも際立っています。彼の内的生活は、堕落へと引きずりおろそうとする
原罪の汚れの影響力に反して、高く登ろうと自分を絶えず持ち上げる不断の
戦いでした。どんなに聖なる人でも、日に七度は罪を犯すというのに、彼は
罪を全く犯さない、あたかも天使のような霊魂の清さに至り、それを長年、
死ぬまで保ち、成長させたのです。人目には分からない、隠れた家庭生活の
中で、悪や誘惑に負けないための、意志の絶えざる緊張と戦いを、誰よりも
完全にやり続け、最後までやり抜いたのです。なぜそんなことが、人間に
可能なのでしょう。



----------------------------------------------------------------
2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
  − No.7、10、11 −
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
No.7 1984年3月19日(月) 聖ヨゼフの祝日
--------------------------------
聖ヨゼフ:
 我が最愛の息子よ、安心せよ。わたし聖ヨゼフが、我らの心の内にましま
す元后である無原罪の聖マリア、いと高き者の御母からつかわされて、おま
えに助言を与えるため、天国より来たのである。母なる公教会の守護者であ
る、わたし、聖ヨゼフは、ちょうどファチマでかつてそうしたように、おま
えと世界中の子どもたちを祝福するために来たのだ。

 我が子よ、天国への道は、いばらのとげだらけであることはわかっている。
しかしこの道の最後で、おまえはバラが咲きみだれるまことの幸福と愛ある
ところ、すなわち宇宙の王である天の御父を見出すのである。

 息子よ、天の愛するリトル・ぺブルよ、勇気を出し、主のすばらしさを
公言せよ。天の母が与えるメッセージを公言せよ。多くの者、しかもおまえ
の友と自ら言う者までもが、おまえを迫害するだろうが、恐れるな。

 預言者というものは、いつでも母国で尊敬されたことがなかったからであ
る。子よ、しかし、いとも愛するべき全人類の御母である無原罪の聖マリア、
すなわちすべての御恵の代願者、あがない主の共贖者、神の御母のメッセー
ジは、地上のあらゆるところで多くの者に受け入れるであろう。

 我が子よ、そして地上のすべての子らよ。大事件が起きようとしている。
新たに公会議が開かれようとしているのだ。ああ、いかなる悲劇が起きるこ
とだろう!

 愛する子らよ、母なる公教会がき然として、この重い十字架をになうこと
ができるように、一生懸命祈りなさい。多くの偉大な聖人達がついているの
だから。神なる救い主、イエズス・キリストの次のことばを思い出すのだ。
「公教会が必ず地獄に勝つ」 我が光の子らよ、あなた方は一生懸命祈らな
ければならない。なぜなら暗闇はまもなく克服され、平和と愛の新しい時代
が、この罪にうちひしがれた世に来るからである。

 我が愛する浄配である、あなた方の天の母に絶えず祈りなさい。聖母は、
その子らを非常に愛しておられるからである。子らよ、わたしにも又祈りな
さい。わたしは母なる公教会の保護者であり、守護の聖人だからである。

 ロザリオの祈りをよく唱えよ。そして御聖体拝領をたびたびして、いと高
き神の御子である、命のパンにあづかりなさい。

 いま、特にイエズスの御受難をよく思いおこしなさい。地上のキリストの
代理者、ヨハネ・パウロ2世教皇のために祈りなさい。あなた方の司教、
司祭達が天からのメッセージを受け入れるようにと祈りなさい。

 天にいる我々は、地上にいる子どもたちを本当に深く愛しており、すべて
の子らが救われるように願っている。しかし多くの者は、天のメッセージを
拒否するのである。子らよ、わたしは父と子と聖霊の御名によってあなた方
を祝福する。アーメン。

 恩恵の玉座なるあなた方の愛すべき御母、罪人のよりどころなる原罪なき
聖マリアのもとへ来なさい。マリアはあなた方を御子イエズスヘと導くため
に、手を広げて待っておられる。

 我が子よ、天からの使命を続けなさい。そしておまえを迫害する者のため
に祈りなさい。わたしは、おまえと世界中のすべての子らを愛し、父と子と
聖霊の御名によってあなた方を祝福する。アーメン。



--------------------------------
No.10 1984年5月13日 日曜日
ファチマのマリア様の最初のご出現の祝日
--------------------------------
聖母:
 我が子よ、子どもたちよ、私はあなた方を父と子と聖霊の御名によって
祝福いたします。アーメン。

 我が愛する子、リトル・ペブルよ、私がきょう来たのは、ファチマでの
我が出現の祝日であるこの日にあたり、地上の子どもたちに祈りと償いをす
るように今、再びお願いするためです。宇宙万物の元后であり、すべての人
の心の元后である私は、地上のすべての子ら、特に地上でのイエズスの教会
における教皇である我が愛するヨハネ・パウロ2世を、父と子と聖霊の御名
によって祝福いたします。アーメン。

 世界のすべての我が子どもたちよ、神の御母聖マリア、無原罪の御宿りで
あり、人類の母なる私は、子らの救霊を切に望むため、再び地上に来たので
す。子らよ、あなた方の神に立ち返りなさい。あなた方の罪の償いのために
悔い改め、犠性を捧げなさい。ファチマでの我がメッセージを読みなさい!
ラ・サレットのメッセージを読みなさい! このファチマとラ・サレットの
メッセージが一番大事なメッセージなのです。このメッセージの成就される
のは、今、現在の時代なのです! 子らよ、人類のゆくすえを考えなさい。
誰も祈りを捧げないために、日々地獄に落ちていく霊魂のために、我が御心
はどれほど傷ついていることでしょう! 世界中の我が子どもたちよ、私の
嘆願を聞いて下さい。私はあなた方の母として懇願しているのです。ファチ
マとラ・サレットのメッセージは、この今の時代にあって、本当に重要なの
です。預言の成就は今の時代であり、近い将来に起こるのです。我が地上の
子どもたちよ、私はあなた方をまことに愛しております。どうか私の切なる
願いに耳を傾けて下さい。世界中の子らよ、そして「はこ舟の聖母マリア、
我らが御母聖マリア、キリスト信者の助け」の御名をもつ、私のために働い
てくれている大好きな子どもたちよ、私はあなた方すべてを、父と子と聖霊
の御名によって祝福します。アーメン。

 我が愛する子よ、私は今、バラとスカプラリオと、全部の準秘蹟に病いの
いやしと改心の力を与えるために、父と子と聖霊の御名によって祝別いたし
ます。アーメン。

 愛する息子、リトル・ペブルよ、今一度頼みます。我が愛する教皇様、
ヨハネ・パウロ2世に手紙を書いて下さい。私は、使徒の元后として、司祭
の元后として、全人類の元后として、教皇様に伝えます。今、ただちに我が
助言に従うように、命令するのです! 息子よ、愛する我がリトル・ペブル
よ、あなたは次にのべる我が言葉を手紙に書かなければなりません。

『我が最愛のキリストの代理者であるヨハネ・パウロ2世教皇よ、我が御心
にかなった息子よ。光の王国にまします永遠の御父より選はれたる地上にお
ける我が息子の教会の代理者よ、我が愛する子よ、次にのべることを、私の
ためにしてくださるよう頼みます。

(1)まず第一に、世界中の全司教に今年の12月8日、ローマに来なさい
   と、命令しなければなりません。

(2)全司教に、全世界を、特にロシアを我が汚れなき御心に奉献せよと、
   命令しなければなりません。

(3)御聖体を、必ず、ひざまずきながら、口でいただくようにと命令しな
   ければなりません。

(4)ノブス・オルド・ミサ(現在の御ミサ)が、ピオ5世教皇の御ミサ
  (トリエント典礼)と平行して捧げられるように命じなければなりませ
   ん。第2バチカン公会議以前の御ミサにあづかりたいと思っている
   人々に、その自由を与えるため、この二つの御ミサは、平行して捧げ
   られなければなりません。

【 教皇様へ 】
 息子よ、あなたの天の母のため、どうかこの頼みを聞いて下さい。子よ、
 このことによって、あなたが聖にして母なる公教会に、再び力をもたらす
 ことになるのです。愛する子よ、あなたがこのような発表を公にすること
 を心の奥底で大変恐れていることはわかっています。あなたに関する過去
 の預言、すなわち、聖にして母なる公教会の大分裂が起こるということが
 あなたにはわかっているからです。しかし、恐れてはなりません。我が
 息子よ、今までいつもそうしてきたように、立って私のために戦って下さ
 い。そしてこの12月8日にファチマのルチアをローマに招き、ヤシンタ
 とフランシスコと、愛する息子パードレ・ピオ(ピオ神父)を列聖するの
 です。我が子よ、このことは、(聖にして)母なる公教会にとって最も
 大切なことです。まもなく公教会は、十字架につけられるほどの苦しみを
 受ける最終の段階に入ることでしょう。そして、息子よ、あなたも教会と
 共に十字架につけられるでしょう。我が子よ、あなたが世界中の司教達に、
 我が汚れなき御心への奉献を呼びかけて努力していることはわかっていま
 す。しかし子よ、いったい何人の司教があなたのいうことに耳を傾けたと
 いうのでしょうか? ほとんどおりません。私の愛する子としてのルドル
 フ・グルバー司教のような者は、ほとんどいないのです。もし、グルバー
 司教のような司教が大勢いたならば、公教会は今日のようにはならなかっ
 たでしょうに…。息子よ、あなたの権限を完全に駆使するのです。(聖に
 して)母なる公教会の教えに従わない司教達など破門してしまいなさい。
 愛する子よ、我が息子イエズスの聖心が、どれほどあなたを愛しているこ
 とでしょう! 私達は毎日、あなたを見守っているのです。あなたは地上
 でのキリストの代理者であり、御父のまことの息子だからです。どうか、
 このけんそんな幻視者、リトル・ペブルをとおしての私の悲願を聞き入れ
 て下さい。息子よ、このリトル・ペブルも又、あなたのために苦しんでい
 るのです。恐れずに進み出て公教会の内部にいる敵を追い出すのです。
 公教会はフリーメーソンや偽善者などの悪党の果となっています。このよ
 うな者どもを、今すぐ追いだしなさい! 御ミサの時にはこのような悪魔
 を追い出すために、聖ミカエルの祈りを必ずするように命令しなさい! 
 キリストの代理者、ヨハネ・パウロ2世教皇よ、私達はあなたを愛してい
 ます。あなたが我が汚れなき御心の頼みを実行してくれる、ということは
 わかっております。我が光の子、ヨハネ・パウロ2世教皇よ、永遠なる
 御父とその御独子と至聖なる聖霊があなたに祝福と愛を送ります。私も父
 と子と聖霊の御名によってあなたを祝福します。アーメン 』


 我がリトル・ペブルよ、今まで言ったメッセージを私達の愛するキリスト
の代理者に伝えることを恐れてはなりません。息子よ、あなたはファチマの
シスター・ルチアに手紙を書き、この奉献を教皇様に、公にしていただくよ
うに手紙を書いて下さいと頼みなさい。大至急です! それから、ガラバン
ダルのコンチータに、私がここで祝別した3本のバラを送り、『時』は今だ、
ということを告げるのです。彼女にはその意味がわかるでしょう。私は永遠
の御父がまします光の王国より、そして又、父と子と聖霊の御名により、こ
の2人を祝福します。アーメン。

 愛する子よ、そしてアメリカのフランシスコ会在属であるX神父にも手紙
を書きなさい。子よ、彼はあなたに大きな慰めと力を与えてくれるでしょう。
彼が受けているメッセージはまことの天からのものだからです。私は光の
御国にまします永遠なる御父より、父と子と聖霊の御名によって彼を祝福し
ます。アーメン。

 我が子よ、そして子どもたちよ、つぐないの仕事をつづけなさい。本当に
必要だからです。祈りと犠性をしなさい。子らよ、準秘蹟を身につけなさい。
世界中の我が子たちが救われるように、ロザリオをたびたび唱えなさい。
オーストラリアにはまもなく最初の天罰がくだるでしょう。我が子たちよ、
よく祈りなさい。深い信仰をもち、「はこ舟の聖母、我らが御母聖マリア、
キリスト信者の助け」の御名をもつあなた方の天の母に、いつもより頼んで
いなさい。私はあなた方の避難所であり、力です。恐れずに、あなた方の神
を信頼しなさい。あなた方の母を信頼しなさい。地上の愛する子どもたちよ、
どうか一致団結しなさい! 祈り、犠性をしなさい。時間がないのです。今、
私はあなた方皆を、父と子と聖霊の御名によって祝福します。アーメン。

 愛する我が子よ、敵によって起こる遅延の問題などどうでもよろしい。
子よ、覚えておくのです。民間政府は、私が世界に大きな御恵をもたらすよ
うに働くことに対して邪魔をしておりますが、思うようにならないでしょう。
子よ、思い出しなさい。ファチマやルルドでも民間政府は、私の働きの邪魔
をしましたでしょう? あの時、彼らの思うようになりましたか? いいえ。
ですから天は、事がなかなかはかどらなくてもこのような困難を常に克服す
るのです。この聖地で私の働きを阻止しようとする、悪魔的協定にたずさ
わっている者達のために祈りなさい。私はフリーメーソンのメンバーたちの
ことを言っているのです。数知れぬ邪悪な者たちが天に敵対して働いており
ます。しかし心配しないように。子らよ、彼らが回心するように祈りなさい。
このような霊魂は一時的に迷っているだけで、あなた方の祈りにより、彼ら
も勝利の行列の仲間に入ることになるでしょう。そうです、子らよ、あのよ
うに邪悪な教派に従っているフリーメーソンたちのような者でも、中には、
あなた方と共に永遠の御父に祈る者もでてくるでしょう。我が子たちよ、私
のために、そして息子イエズスのためにあなた方を迫害したり、忌み嫌う者
たちのために祈りなさい。あなた方を忌み嫌い、さげすむ者達を愛し、彼ら
のために祈りなさい。彼らは地獄への道をたどっており、あなた方が祈らな
い限り本当に地獄に落ちてしまうからです。子らよ、どうか、私がファチマ
とラ・サレットで与えたメッセージを読んで下さい。そうすればあなた方は、
あの預言で言われた最終の段階に突入したことがわかるでしょう。

 あなた方の愛と償いの祈りを続けなさい。私は今、父と子と聖霊の御名に
よってあなた方皆を祝福します。アーメン。愛する子らよ、恐れることは
ありません。まもなくあなた方全員に、大いなる御恵があるでしょう。私は
この教区司教であるムレイ司教を、父と子と聖霊の御名によって祝福します。
アーメン。そして又、リトル・ペブル、あなたの保護者と霊的指導者の■■
司教及び■■神父をも父と子と聖霊の御名によって祝福します。アーメン。

 子らよ、さらに多くの霊魂を救うために、あなた方の償いの祈りを続けな
さい。それから我が息子■■がデザインしたスカプラリオとメダイを、父と
子と聖霊の御名によって祝別します。アーメン。我が子たちよ、祈りつづけ
なさい。天にいる私達はあなた方を深く愛し、私達の聖心であなた方を抱き
つつみます。神の、汚れなき母マリアである私は、このファチマの祝日に、
我が汚れなき御心であなた方を抱きつつみます。祈りと犠性を続けなさい。
愛する子らよ、あなた方を愛します。そして、私の愛と救いのことばを広め
てくれていることに感謝します。愛する子らよ、時間はもういくらもないの
です。我がすべての子らが天にまします私達の永遠の御父の御もとに帰るよ
うに、私のことばを広めなさい。父と子と聖霊の御名によって。アーメン。
ありがとう。我がリトル・ペブルよ。



--------------------------------
No.11 1984年5月18日(金)
「はこ舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の助け」である
マリア様の祝日
--------------------------------
聖母:
 我が最愛のいとしいリトル・ペブルよ、あなたの天の母であり、人類の母
である私が、きょう、一番大事な祝日に来ました。この祝日は、「はこ舟の
聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の助け」であるマリア様の祝日で
あり、今の時代にあって最も重要な祝日なのです。我が子よ、この御名は天
の御父が私にくださった名で最も象徴的なものです。これは黙示録的な名で
あり、人類への“しるし”なのです。我が子どもたちは、私がこの地上ヘ、
「はこ舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の助け」として、現わ
れているという象徴を黙想しなければなりません。なぜなら、この御名のう
ちにこの時代、すなわち時の終り(世の終りではありません)の鍵があるか
らです。

 我が子よ、このシンボルを見なさい。何が見えますか? あなたの母が
世界の元后として、虹の上に立っています。虹は、平和と神との契約を意味
しています。母は、神なる幼子イエズスを左の腕に抱き、御子は茶色のスカ
プラリオと聖なるロザリオをもっています。これは、あなたの聖母がかつて
聖ドミニコにいつか、「聖母マリアがロザリオと茶色のスカプラリオでこの
世を救う」と預言したように、この2つで、愛する子どもたちを救うという
ことを象徴しているのです。他に何が見えますか? 母は右手にノアのはこ
舟のような船を持っています。子よ、これは天罰がノアの時代とまったく同
じように、世界を再び襲い、ほんのわずかの者しか救われないことを表して
います。無原罪のマリアである私は、人類の避難所となるでしょう。そうで
す。子よ、この御名は今の時代にとって、重大な意味をもっているのです。
そして子よ、きょうはキリストの代理者、ヨハネ・パウロ2世教皇にとって
も特別な日なのです。教皇様は、ラ・サレットとファチマの預言が成就する
今の時代にあって、私達の特別な息子なのです。

 我が子よ、この聖なる教皇様が殉教者として亡くなる時、まことのイエズ
スの教会である公教会は、隠れ場所に隠れなければならないでしょう。私が
最も愛するこの息子の死後、ペトロの座はいっとき空でしょう。その後、
にせ教皇つまり、反教皇が選ばれてペトロの王座につきますが、これこそ
反キリストの予言者以外の何者でもありません。彼は、聖にして母なる公教
会を大破壊しますが、その支配は長くはなく、最後には天軍の総師である
大天使聖ミカエルに打ち破れるのです。この期間、公教会はなくなるのでは
ありません。隠れた場所で、至聖なるキリストの代理者が、苦しみのうちに
ある公教会をはぐくむからです。そうです、子よ、公教会はこの大試練の
時代に、まもなく入るでしょう。しかしこの時代の間、大いなる御恵が与え
られ、「終末の聖人達」が神の子らに、勇気と力を与えるために復活するで
しょう。

 我が子よ、すべての子らに頼みます。よく祈り、ロザリオを唱え、しばし
ば御聖体拝領をして、愛する息子イエズスと一致しなさい。我が子よ、子ど
もたちよ、あなた方は又、ロナルド・レーガン大統領のためにも祈らなけれ
ばなりません。彼の命は大きな危険にさらされているからです。もし彼らが
− 敵が − この愛すべき子をアメリカから抹殺してしまうと、世界は
大試練と大苦難に陥るからです。

 我が子よ、子どもたちよ、「時の終り」がやってきたのです。今、あなた
方の神に立ち返りなさい。祈り、犠牲をし、準秘蹟を身につけ、愛の珠を
にぎって聖なるロザリオをよく唱えなさい。子らよ、あなた方の償いの使命
を続けて下さい。天は非常に喜んでいます。天の指導に従う子どもたちは、
何も恐れることはありません。

 神の御ひとり子、いと高き主イエズス・キリストは、まもなくこのつぐな
いをしない時代に帰り、ルシフェルと、その手下であるすべての悪を行って
いる悪魔どもを一掃するでしょう。悪魔どもは、すべて永遠に地獄の火に投
げこまれるでしょう。そのあと、大いなる平和の時代、つまり、イエズスの
聖心とマリアの汚れなき御心の時代がくるのです。その喜びと幸福は人間の
想像以上のものです。

 子らよ、このために立ち上がり、「誰が神に等しい者か?」と叫びつつ、
大戦争を戦いぬくことは、価値あることではありませんか? 子どもたちよ、
ですから、あなた方のつぐないの折りを、父と子と聖霊の御名によって、続
けて下さい。アーメン。子らよ、私の悲願に耳を傾けて下さい。

 私はすべての出現地で、私のためによく働いてくれている者達も、皆祝福
します。そして、すべての幻視者と息子イエズスのために働いてくれている
者達を祝福します。子らよ、あなた方の教皇、枢機卿、司教、司祭のために
祈りなさい。私は又、次のすべての聖地と幻聴者を祝福します。

【 聖地 】
   ・ はこ舟の聖母、我らが御母聖マリア、キリスト信者の助け。
   ・ ファチマ
   ・ ルルド
   ・ ラ・サ・レット
   ・ ルード・バック
   ・ ポントメイン
   ・ バンヌー(ベルギー)
   ・ ボーレーン
   ・ ヘーデ
   ・ サン・ダミアーノ
   ・ グアダルーペ(メキシコ)
   ・ ガラバンダル(スペイン)
   ・ ポルト・サン・ステファーノ
   ・ ベイサイド
   ・ マリアンフリード
   ・ アイゼンベルグ
   ・ サン・ジョバンニ・ロトンド
   ・ コロモト
   ・ モンティキャリ
   ・ トレ・フオンテーヌ
   ・ ネセダ(元どおりに聖地となりました。)
   ・ キャンベイ島

【 幻聴者 】
   @ メキシコ、ポルタボックスのバージル
   A オウルクス(イタリア)
   B ケリジネン
   C 我が愛するゴッビ神父
   D ジョン修道士(ブラザー・ジョン)
   E ジノ神父
   F 日本のアグネス
   G アメリカ(告解の)フランシスコ会のX神父
   H 我が小さき娘、アン・ベネット
   I 我が愛するフランツ
   J メジュゴリエの子どもたち(ユーゴスラビア)
   K そしてファチマのシスター・ルチアには祝福を。

 我が祝福は、これらすべての聖地と幻視者の上にあります。我が子よ、
一致団結しなさい! そして、世界にあなた方の聖母と神なる御子イエズス
のメッセージを世界中の人々に公言しなさい。

 我が子よ、父と子と聖霊の御名によって、あなたを祝福します。アーメン。

 小さき子よ、あなたを本当に愛しています。この大いなる使命に恐れおの
のいてはなりません。あなたは天から、そして地の子どもたちから、大いな
る助力を受けるからです。



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1994年5月7日
リトル・ペブルに(抜粋)

 さて、わが甘美なる子らよ、私はわが汚れなき御心と三位一体の神にとっ
て大いなる関心事であることについて話したいと思います。世界は日毎に闇
の内に益々深く進みつつあり、彼らの神から離れ去りつつあるということを
私はあなた方に何度も話してきました。あなた方が今耳にしている南アフリ
カにおける勝利は短命なものになるでしょう。なぜなら、わが息子マンデラ
は暗殺されるからです。何年にもわたって多くの抑圧に苦しんで来たこの国
に、内戦と多くの流血をもたらすためです。私の息子であるこの人のために
祈りなさい。彼は真理と正義のために本当に戦っている善き人だからです。
しかしながら、彼もまた取り除かれるでしょう。邪悪な者たちがこの国と今
現在内戦と無秩序のうちに内輪で抗争しているアフリカの多くの国々を支配
できるようになるためです。あなた、わが甘美なる息子はこの息子に手紙を
書いて、もっと保護を求めるように警告しなければなりません。なぜなら、
この人が取り除かれることは天の望みではないからです。

 わが甘美なる子らよ、邪悪なるものは世界において非常に強力なのです。
まもなくあなた方はロシアと中国からもたらされる数多くの残虐行為を目撃
するでしょう。すべての指導者たちのために祈りなさい。神への信仰、真理
と正義への信仰へと立ち返らせるための聖霊からの光を彼らが受けることが
できるように。世は生活のあらゆる側面から神を取り除くことを望んでいま
す。しかし、彼らがそれを試みれば試みるほど、さらに神は世に対して彼が
神であるということをお示しになるでしょう。わが甘美なる子らよ、それゆ
え祈りなさい。そして世界が今大いなる危機のうちにあるということをよく
理解しなさい。戦争の危機、教会への大いなる懲罰の危機、世界中の多くの
国々の首都に於ける内戦、暴動、殺人の危機のうちにあるということを。苦
しむ無垢な子ら、世界中と教会のうちにおける忌まわしき行為の故に、三位
一体の神へ犠牲として捧げられる者たちのために祈りなさい。

 わが甘美なる子らよ、「昇る太陽」の国のために祈りなさい。そこにある
神秘的教会は大いなる混乱と誤りのうちにあるからです。ちょうど、わが神
なる息子の地上における家と同様に − それはキリストの代理者に不従順
なヒエラルキーによるものです。キリストの代理者は、より強力な声明を
教会に発するでしょう。わが甘美なる子らよ、よく理解しなさい。キリスト
の代理者は不可謬なのです。そして彼は不可謬である唯一の者なのです。
このことをよく覚えておきなさい。キリストの代理者の声明のために神の家
の内に分裂がもたらされるでしょう。あなた方の指導者、枢機卿、司教たち
のために祈りなさい。彼らのほとんどは今大いなる闇のうちにあり、聖霊の
光を必要としており、まもなく人類が自らを正道に立ち返らせるためには
手遅れになってしまうからです。



----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------
◆ 箱舟の聖母社から次の4冊の本を発行しました。

 「153本の聖ヨゼフの百合」 …… A5判 316頁 3000円
 「153本のマリアさまのバラ」 … A5判 170頁 2000円
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」……A5判 143頁 2000円
 「メッセージ集」       …… A5判 233頁 3000円

 送料は、各一冊につき全国一律500円、4冊セットで、または各種あわ
せて4冊以上お申込みの場合は無料です。

 お申込みは、現金書留か郵便振替にて、下記までお願いします。ご送金は
おつりのないようにお願いします。ご入金を確認後、発送します。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社

  郵便振替 00840−3−132438

--------------------------------

「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は8月10日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Jean-Marie S.  Kolbe-Marie A.
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%




[HOME] [戻る]