「箱舟の聖母」バックナンバー
2003年7月6日号No.159

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 聖シャーベル修道会
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2003年7月6日号 No.159

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%7%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 4.メッセージによせて
 5.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 6.編集後記


----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース 
----------------------------------------------------------------
◆ リトル・ペブルの裁判が8月4日〜22日にかけて行われます。リトル・
ペブルは、彼と彼のミッションを信じる全ての人々の嫌疑をはらすため、
この裁判を通してのマリア様の勝利のために、2003年7月16日から
40日間のノベナを求めています。どうぞお祈りください。


◆ 箱舟の聖母社から次の4冊の本を発行しました。

 「153本の聖ヨゼフの百合」 …… A5判 316頁 3000円
 「153本のマリアさまのバラ」 … A5判 170頁 2000円
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」……A5判 143頁 2000円
 「メッセージ集」       …… A5判 233頁 3000円

 送料は、各一冊につき全国一律500円、4冊セットで、または各種あわ
せて4冊以上お申込みの場合は無料です。

 お申込みは、現金書留か郵便振替にて、下記までお願いします。ご送金は
おつりのないようにお願いします。ご入金を確認後、発送します。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社

  郵便振替 00840−3−132438



----------------------------------------------------------------
2. 153本の聖ヨゼフの百合 
----------------------------------------------------------------
【 第19章 】

 超自然徳のレベルで徳を身につけようと励んでいる人であっても、修徳上
の欠陥があらわれ、それに自分で気がつくか、人に指摘されたなら、その
部分だけを修正しようとしても、うまく行きはしません。やはり、すべての
徳の土台である「希望の徳による超楽観主義者」になるところ、つまり基本
にもう一度立ち返ってやり直さなければ、その問題は決して解決しません。

 ところで悪魔的悲観主義は、「すべてが神様の御手のうちにあり、私たち
の善になるよう、出来事すべてはコントロールされている」という真理に反
し、「何か悪いことが起こるに違いない」と考えさせ、恐れさせます。です
から悲観主義者はまた、臆病者でもあるのです。長崎の原子爆弾で放射能を
浴びた人々が、外傷がなくても、その後次々に髪の毛が抜け、おう吐し、
原爆症特有の症状を示し、死に始めました。この症状が伝染していくように
見えたので、人々は自分に伝染するのが怖くなり、症状が出た父、母、子、
兄弟という肉親を山に運んで行き、「置いて行かないで!」と願う声にも耳
をかさず、置き去りにし、死なせてしまいました。原爆自体よりもむごいこ
とでした。それをした人々は先祖代々のカトリック信者で、善い信者、信仰
深い人々でした。このあわれみの欠如は、憶病からのものでした。このマリ
ア様のミッションに参加している日本人が、一度離れた人を、戻ってきても
二度と受け入れないのも、「伝染する」、つまり悪い影響を受けると考え、
怖がっているからではないでしょうか。このあわれみの欠如も臆病からに思
えます。そして多分世界一悲観主義が根深く、恐れにとらわれやすい日本人
は、皆が皆そうなので、これがイエズスやマリア様や聖人たちの教えや手本
に反していることにさえ気がつかないのでしょう。

 こういう日本人ですから、たとえこのマリア様のミッションに長く参加し
ている人でも、洗礼を受けて長い人でも、人生を長く生きてきた人でも、も
う一度基本から、聖ヨゼフと幼きイエズスの聖テレジアの霊性に沿って修徳
をやり直すべきです。



----------------------------------------------------------------
3.聖ヨハネ・ボスコの祝日、全出現の聖堂で与えられたメッセージ
  − No.535 1997年1月31日 その(1) −
----------------------------------------------------------------
リトル・ペブル:
 ブロサード神父が聖櫃の戸を開くと、大いなる光が輝き、聖櫃の入り口か
ら天井にかけてダイヤモンドの形をとりました。そして巨大な白い十字架が
この光の上に現れました。聖サクラメッスグスがまず聖櫃の左に、そして聖
メノロウティスが聖櫃の右に出現なさいました。お二方とも「しるし」を
お持ちです。

 イエズスがゆっくりとダイヤモンド型の光の中に御出現なさいました。主
は白の御召し物で赤い帯を肩にかけられ、聖櫃の上方にお立ちになっていま
す。御頭の上方には光の三角形があります。主の御胸に聖心を見ることがで
きます。今、聖ヨハネ・ボスコが主の右に、聖フランシスコが主の左に出現
なさいました。そして尊者カタリナ・エンメリックが聖フランシスコの左に、
教皇パウロ6世が聖ヨハネ・ボスコの右に出現なさいました。主は微笑まれ、
再び私に挨拶なさり、十字の印をなさり、仰せられました。

主:
 私はあなたに挨拶する、わが聖なる息子よ。

リトル・ペブル:
 私は主の御胸に「しるし」を見ることができます。そして、私に見えるこ
れらの方々全ての上に天井から虹の光が降りて来ているのが見えます。イエ
ズスは主がこの手紙の口述をする間、それを書き取り続けるように仰せられ
ました。

主:
 父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 私はあなたに挨拶する、わが愛する黙示録の「白い石」よ、地上における
わが家の未来の代理者よ、「三重の契約」の預言者、甘美なる「リトル・ア
ブラハム」、使徒たちの君としてのわが使徒 − まもなく「終わりの時」
の教皇ペトロ2世として知られるようになるであろう、「リトル・ペトロ」
よ。私はあなたとわが手によって選ばれた全てのわが羊たち、小さき牧者た
ちに挨拶する。私はあなたがたをわが永遠の愛の炎の懐から祝福する。

 私は理由があってこのように「小さき岩」に向けて語る。なぜなら、彼と
多くのわが子らは「選ばれし者」と選ばれた霊魂たちの間で起こっている続
けざまの分裂 − それは地上の神秘的教会を何度も傷つけ、小さき霊魂た
ちを不必要に散らしている − によって心を乱されていることを私は知っ
ているからである。それゆえ、私は知ることを求めている、霊魂たち、私と
わが言葉における真理を愛し仕えることを求めている霊魂たちに明晰性と
理解とをもたらすために来たのである。

 ただ単に、ある者達が神の奥義のある種の部分を受け入れないとか、容赦
しないとか、理解しないとかいうだけの理由で、選ばれた霊魂たちが互いに
反対して働くことを見ることは神の意志ではない。選ばれた道具たちは真理
に従うことを学ばなければならない。一致のために働く助けを求めることを、
明晰化を求めることを、理解を求めることを、悪意なく、脅しなく、敵意な
く、そして理性や論理さえもなく、愛徳のうちに……。

 ただ一つの真理、唯一の聖なる使徒継承の教会と教義がある。しかしなが
ら、全ては旧約および新約における神の御言葉の光のもとに、教会博士たち
の光によって見られなければならない。あまりにも多くの選ばれし者たちが、
教会の教えやわが選ばれた道具たちに与えられてきたメッセージに対する
自分自身の理解や解釈の故に分裂することを選んでいる。

リトル・ペブル:
 「しるし」はまだ主と共に、そして主と共におられる全ての方々とともに
あります。

主:
 それ故「選ばれし者」の間におけるこの不一致が止むことは絶対必要であ
り、彼らの目は真理と聖にして母なる教会の真の教えの上に堅く据えられな
ければならない。単に自分の理解に合うようにその教えのいくつかの部分を
選び出すのではなく。それゆえ私は再びわが言葉を宣言する。実にそれは
不可謬である。

 わが息子、永遠の真理の「小さき岩」よ。私が教会を建てたのはペトロ、
「岩」の上にであった。そして私はお前の上に「小さきペトロ」の上に地上
におけるわが教会を更新し、清め、栄光をもたらすだろう。お前にとって代
わる者は誰もいないし、いなかったし、これからもいないであろう。これは
何世紀にも渡って、とりわけ現代の地上における無数の選ばれた道具たちを
通じて啓示されてきた神的真理である。

 あなたが、わが至聖なる御母の神秘的浄配として選ばれたのは偶然ではな
い。なぜならこの聖寵は始めの時からこれまで霊魂に与えられたことはなかっ
たからだ。終りまでないであろう。別のことを言っている者は、わが言葉を
よく再考させよ。

 全ての時代を通じてただ一人の霊魂が「リトル・アブラハム」となるべく
選ばれ、自らのうちに「命の杖」を持つべく選ばれ、聖なるニューエラにお
ける来るべき全ての諸世代をもたらし、わが民を約束の地に導くべく選ばれ
たのは偶然ではない。私が全能によって最後の大いなる預言者を選び、彼と
三重の契約を結んだのは偶然ではない。そう、わが子らよ、それは神にして
彼の霊魂の創造主である私の意志によるものである。それ故、甘美なる子ら
よ、何年にも渡って私が啓示してきたことをよく読みなさい。

 選ばれた子らの多くは、彼らの嫉妬、自らが有していると信じている知識
についての傲慢のために、この「石」に対して中傷を投げつけている。愚か
にも彼らは自分自身を欺き、そして他の多くの者を欺いている。真理と正義
の見せかけのもとに、教会の教えを彼らの目的を正当化するための梃(てこ)
として利用している。

リトル・ペブル:
 私は再び「しるし」をお持ちになったイエズス様を見ています。

主:
 それ故、正義がなされるために、今日私は多くのことを明確にしようと
思う。

 わが子らよ、私は私を喜ばせたいというあなたがたの望みを、真実である
もの全てに従いたいというあなたがたの望みを本当に理解している。しかし、
自分の心を奥深く覗いて見なさい。そうすれば「小さき白き岩」が単純で、
しかし従順で、聖なる人間であり、決して自分自身を求めず、他の人々を
喜ばせることを、更に一層神とその聖なる御母を喜ばせることだけを求める
人間であるということを知るだろう。

 わが息子が傲慢で欺瞞的で人を真に誤った方向に導き、多くの霊魂たちを
真理から逸れさせているなどということを、自分自身に対して正直ないかな
る霊魂がいかにして信じ得るであろうか。さほど以前のことではないが、わ
が清き御母は「ソーンブッシュヘのメッセージを通して」 時の始め以来、
聖化の道を歩む人々は非常に少なかったし、これからも少ないであろうこと
を語らなかったか。私があなたがたの神として、大切な「真理の岩」が誤っ
た方向に導かれ、あるいは他の者たちを誤った方向に導くなどということを
許すと本当に信じているのか。私は何年にも渡って、無数の選ばれた霊魂た
ちを通じて、子らに「リトル・ペブル」に従うよう、彼はあなたがたを約束
の地に導くべく選ばれたからだと告げてきたというのに、私は自分自身に
矛盾するようなことをするであろうか?

 そう、子らよ、私がわが息子を指導するやり方によって、時々あなたがた
が困惑することを私は知っている。彼もまた困惑しているのだ。しかし、あ
なたがたは彼よりも偉大な信仰を見たことがあるか。彼は真に選ばれた息子
であり、私と御父と私たちの霊は彼に対して非常に喜んでいる。彼の心は
謙遜にして勇敢であり、愛深い。彼は全てをわが御国のために差し出した。

 そう、甘美なる子らよ、約5年前、「岩」に啓示し始めたように、今私は
次第に展開しつつある深遠なる奥義を説明しようとしている。彼は来るべき
新しい諸世代の「命のもたらし手」とならなければならなかった。すなわち、
聖なるニューエラのために更新されたダビデの王家を誕生させなければなら
なかった。このことは選ばれしクイーン、プリンセス、バロネスたちを通じ
て達成されるであろう。

 はじめ、私は、これらの霊魂たちがいかにして「生命の種」を受け取るの
かということに関するわが神的計画のごく一部だけを明らかにした。そのと
き、彼はただ単にそれを自然的次元でのみ理解した。このことは彼に大いな
る苦しみをもたらした。しかし、彼の信仰は岩のようであった。堅固で健全
であった。しかし、時とともに次第に進展する啓示を通して、自然的な道は
完全な道ではなく、超自然的な道が方法としてとられるということが彼に対
して説明されたのである。しかしながら、天はこれらの数年間において明る
みに出された全てのことを受け入れた。

 今、わが清き息子は彼に求められている全てのことをよく理解している。
なぜなら、新しい諸世代をもたらすための自然的な道は完了したからであり、
彼は天に留保なく従ったからである。しかし、この道は神が選ぶ者にとって
はなお道であり続けている。全ては神の計画と、いと高き者の御旨のうちに
成就されるからだ。とりわけ私たちの娘エーデルワイスに関してはそうだ。
彼女は彼の子らの自然的な母である。

 私は全ての子らに、私たちの道具にして「受難の花」「ソーンブッシュ」
を通じて、至聖なる母にして元后を通して私が語ったこの神の計画をわが霊
の光のうちによく理解することを望む。(1996年3月25日のソーン
ブッシュヘのメッセージ参照)

 あなたがたはよく理解しなければならない、わが子らよ、わが清き息子
ウィリアムは、彼の判断において誤ってはいないし、この件に関して誤った
方向に導かれてもいないし、わが神的意志を誤解してもいない。なぜなら、
神が命じた通りに彼は留保なく従っているからであり、これは純粋な信頼と
信仰における従順の英雄的な徳である。

 わが息子を裁き、彼が罪を犯し戒めを破ったと主張している者たちへ言う。
よく考えよ。あなたがたはわが教えを、真理を擁護するためにではなく、私
たちの息子の名前を傷つけるために用いてきた。あなたがたは事項をより
明晰に理解するために教会の教えの全体を用いてもいなかったし、受け入れ
てもいないからである。(聖トマス・アクイナス)それゆえ私は今わが子ら
に語られた全てのことについて真剣に考えるように告げる。なぜなら、わが
「リトル・ヨハネ」、− 彼もまた真理の使徒であるが − の教えや書き
ものの中には異常なものがあるからだ。それらは真理、そして使徒たちや
教会教父たちによって受け継がれてきた私の教え全体に照らして見た場合、
完全なる正確ではない。

 明かされてきたことによってつまづいている者たちに言う。わが言葉につ
いてよく考えよ。ペトロの否認やマグダレナの罪やパウロの迫害が、教会の
揺籃期につまづきをもたらしたか。そうではないだろう、甘美なる子らよ。
全ては弱さのうちになされたことだったからである。使徒たち弟子たちは、
私が個人的に言ったことも含めて語った全てのことを理解したか。否、彼ら
は理解しなかった。後になって初めて、死と復活と昇天において彼らは私の
言葉を理解したのだ。同じことが今あなたがたにも当てはまる。あなたがた
の心深くを覗きなさい。そして私が「清き岩」とその他の選ばれた霊魂たち
に彼に関して啓示してきた全てのことは同じままに留まっているということ
を知りなさい。

 不可謬性は同じままである。それは教皇に関するものであり、そして、こ
のことは常に同じままである。しかし、あなたがたはよく理解しなければな
らない。「小さきペトロ」は、彼が不可謬であるとは決して主張したことが
ない。それゆえ、なぜ何人もの霊魂たちは彼にこのことを要求するのか。彼
は真理におけるわが息子であり、そしてこの真理は彼のうちに留まる。たと
え全ての者が彼に反対しようとも。

 そうだ、彼はいくつかの誤りを犯した、しかしそれらは些細な事柄であっ
た。なぜあなたがたは、彼が大いなる闇のうちにいる子であるかのように彼
を中傷するのか。私は彼に誤りのないミッションを約束した。このことは彼
自身が誤りを犯し得ないということを意味したのではない。それゆえ、私と
至聖なる御母がメッセージを再読するようにとしばしば繰り返しているのは
理由のあることである。「清き岩」はいかなる他の者とも違う、真に「反対
を受けるしるし」である。それゆえ、私が彼と共に立ち、常に彼と共に留ま
るであろうことを知りなさい。

 更にわが選ばれた司祭なる息子「リトル・ヨハネ」に明かされてきた全て
のことについて再考してもらうことが私の望みである。なぜなら、わが息子
よ、「リトル・ペブル」はあなたに対して不正であったことは決してないし、
害を加えたこともなく、常に平和のうちにともに働くことを求めてきたから
だ。あなたが霊魂たちをどのように扱っているかについてよく考えよ。なぜ
なら堅固で義なることはよいことであるが、謙遜と愛ある優しさ、そして時
として単純な交わりのうちに、より多くのことが成し遂げられるからだ。

 私たちの息子があなたと、そしてその他の何百という霊魂たちをどのよう
に扱ってきたかを見よ! これはあなただけに向けられた言葉ではなく、
将来の教皇に背を向けた全ての者たちに対する言葉である。今は一致の時で
ある。そして、それは実現されねばならない。私は全ての霊魂たちにこのた
めに奮闘するよう求める、至聖なる御母の勝利が実現されるように。教導権、
そして世界中で与えられたわが多くの言葉によって明されてきた真理を、
何者にも曲げさせてはならない。

 私はまたこのことを「小さきフランシス」にも言う。彼もまた正道を踏み
外した。私は彼が意味することはよく理解している。わが子「トランペッ
ター」や真理の道に従うことを求めている全ての者に言う。今、祈り反省し
なさい。昔の使徒が私を見捨てたように、私に選ばれた息子「白い岩」を
見捨ててはならない。祈り反省して私の父性的言葉を黙想しなさい。もし、
彼らが最後までそのままなら、完全に真理の道に戻ろうと探し求めている者
にとって道は最も困難なものであるからだ。

 わが神的愛の道具よ。あなたは私が示したように前進しなければならない。
平安の内に留まっていなさい。あなたの周囲で起る全てに混乱することなく、
全てに常に真理を求めなさい。真実を護り続けるべきである。全ての子らが
天が真に願っていることを理解するために、あなたは貴重な使徒である息子
「小さきバルトロメオ」に語りなさい。彼はあなたの使命を護り、過去に書
いてきた全てが私と聖トマス・アクイナスにより霊感されたものである。

 子らに書くべきことはたくさんある。それで彼らも神の計画を知り、教会
の教えを理解するだろう。純粋な真理の「白い岩」よ。あなた、私の娘たち、
クイーン、プリンセス、バロネスたちと共に成し遂げたことを知りなさい。
これは命ぜられたことであり、天に容認されたことを知るべきである。私の
霊を通して超自然的な道である私の計画を完全に今や推進する時だ。私の
受難を通してあなたの肉体の大いなる犠牲に備える時である。それは来る
年月の内に目に見えるものとなるだろう。そして、あなたは全ての子らと
教会にとって真に「しるし」となるだろう。

 恐れるな。私と聖母があなたと共にいて、引き続き指導するのだから。ま
た私の神秘的浄配「受難の花」ソーンブッシュに関する偉大な神秘も全ての
子らに知ってもらいたいのが私の願いだ。

 私の力により彼女の修道女としての、また私の浄配としての使命を取り消
すことにした。というのは彼女もまたダビド王家のクイーンなのだから。
彼女は現在、私の心に荘厳な誓いを立てた。彼女の偉大な信仰により、私は
彼女が休息のため横になっている間に肉身と霊魂に奇跡を起すであろう。

 彼女は処女の純潔のまま「小さきアブラハム」の杖で神の慰めの完全な
計画のしるしとして子を生むであろう。かくしてこの神秘に関する噂話しは
取り除かれ、地上の教会に祝福があるだろう。まもなく、私の「受難の花」
は天に挙げられ、全ての預言が成就するであろう。

リトル・ペブル:
 私はまだ主を見ていますし、印も見えます。

主:
 息子よ、これは今日のためでもあり、明日のためでもある。御父が世界に
お話しになる。勇気を出しなさい。私の貴重な岩よ。信仰のうちに進みなさ
い。わが聖心より祝福する。確信を保ちなさい。私の代理者は今全てを知っ
ている。彼はあなたに反対することは話さないだろう。私は「小さきバルト
ロメオ」を祝福する †。「小さきヨハネ」を祝福する †。「小さきヨハ
ネ」とソーンブッシュに祝福 †。世界中の大事な子らに祝福 †。 全て
の使徒、弟子、クイーン、バロネスに祝福 †。

 一つの心、魂、考えで前進しなさい。聖人たちがあなたを真理の道に導く
ように †。あなたの愛の救い主、イエズス・キリスト †。

リトル・ペブル:
 主は私を祝福され、聖人たちも私を祝福してくださいました。


 …… 次号に続く ……



----------------------------------------------------------------
4.メッセージによせて(最終回)
----------------------------------------------------------------
 狩りをするライオンやオオカミは、群れの中の弱いものに狙いを定めます。
悪魔もそれと同じことをします。マリア様の群れの弱い人に狙いを定め、え
じきにします。マリア様の群れで弱い人とは、病人や老人や子供ではありま
せん。自分一人でできると考えている人です。強い人とは自分一人では何も
できないと考えている人です。同一人物が、弱くなったり、強くなったりも
します。

 例えば幻視者ですが、最初は悪魔の力を知らなくて、自分一人でできると
考えているので弱いので、たくさんの卵たちが、人に知られることもなく、
悪魔のえじきになって消え去ります。その中で悪魔の強さ、自分の弱さに気
づき、自分一人では何もできないと考える人がわずかに残ります。マリア様
も彼らにリトル・ペブルさんと一致するように命じ、一致によって力を得る
のだと教えますから、リトル・ペブルさんと一致した当初は、自分一人では
何もできないという考えを保ちます。しかし、ほとんどの人は、まもなく
名前が公に知られ、人から尊敬の目で見られ始めると、自分一人でできると
思い上がりはじめます。そして半年もたたないうちに、悪魔のえじきになっ
て、リトル・ペブルさんとの一致から離れ、恵みを失い、悪魔方の幻視者に
なってしまうのです。

 自分一人でできるという人を悪魔は笑っています。悪魔にとって、そのよ
うな人を倒すのは、赤子の手をひねるようなものなのです。この熾烈な霊戦
において、あなたがたった一人でいったい何ができますか? あなたの罪の
あがない自体、イエズス様とマリア様の身代わりによっていただいた恵みで
すし、あなたが今受けている霊的な光は、多くの聖なる人たちの代願に免じ
て神様が与えてくださったものです。これからもあなた一人の力で何かでき
ることなど決してありません。諸聖人、諸天使、すべての煉獄とリンボの
義人たちの助け、そして今、地上に生き、マリア様とともに戦っている人の
功徳によって、悪魔が全力を注いでいるにもかかわらず、ひとつひとつの
前進が達成されていっているのです。

 あなたはリトル・ペブルさんを支持しているのですね。そしてマリア様の
望まれる祈りと償いを果たしているのですね。しかし、あなたが自分一人で
何かできると考えているなら、あなたは一致による力の外に立っています。
傲慢なあなたが、間もなく悪魔のえじきになるのは明らかです。あなたの
謙遜と一致を守るために、「自分一人では何一つできない」との考えを、心
にも口にも絶えず繰り返してください。そうするならマリア様のマントは
あなたを絶えずおおい、あなたはマリア様のマントの中の一致した子らの
一人として、マリア様の無敵の力に常に守られるでしょう。



----------------------------------------------------------------
5.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1994年2月16日
リトル・ペブルに(抜粋)

 いとしい子よ、そして、世界中のいとしい子供たちよ、あなたたちの天の
母である私は、神であるわが息子イエズスがあなたたちを愛しているように、
あなたたちが互いに愛し合うように願います。互いに落ち度を探しあっては
なりません。むしろ自分の落ち度を探しなさい。そうすれば自分の目の中に
木の屑を見出さないでしょうか。

 そうです、わが子よ、そしていとしい子供たちよ。世界にとって時はとて
も短いのです。そして人々は今なお聞こうとしません。今年、大いなる出来
事が到来します。それらの出来事は世に衝撃を与え、神に立ち返るのを早め
るでしょう。神に立ち返らない者もいるでしょう。そのような人々は大いな
る喜びを失ってしまうでしょう。甘美なる子供たちよ、手遅れになる前に
戻って来るようにと、そのような人々のために祈りなさい。あなたたちが祈
るならば、あなたたちの神にとって不可能なことは何もありません。

 まもなく聖シャーベル修道会は教皇によって認可され、あなたたちの心は
喜ぶでしょう。しかし、このことを知りなさい。それは、このことは迫害の
始まりに過ぎないのだということです。なぜなら反教皇が権力を手中にした
時、反教皇は、このミッションを止めようとするでしょうから。子供たちよ、
愛の岩、愛のリトル・ペブルが、われらの愛する息子ヨハネ・パウロ2世を
継ぐ真の代理者になることを常に思い起こしなさい。

 甘美なる子供たちよ、あなたたちの祈りはいつも聞かれています。すべて
の御出現の聖堂、そして、すべての共同体で捧げられる愛のロザリオと、わ
が愛する息子イエズスヘの礼拝は私たちに大きな慰めと愛を与えてくれてい
ます。今しているように続けなさい。そして、四旬節の祈りへと招くわが呼
びかけに応えてくれたことに感謝します。

 どの共同体にも入っていない全世界のすべての光の甘美なる子供たちよ、
恐れてはなりません。私たちはあなたたちの心を知っています。しかし、私
はこのことを頼みます。それは最近の私たちのメッセージで与えられる意向
のために、もっと多くのロザリオを祈ることです。時が来ればわが汚れなき
御心の勝利のためにあなたたちの霊魂と心とに大きな喜びがあるでしょう。
わが汚れなき御心の勝利はあなたたちの祈りによってのみ実現するのです。



----------------------------------------------------------------
6.編集後記
----------------------------------------------------------------
 約3年にわたって連載してきました、ジャン・マリー担当の「メッセージ
によせて」は今回で終了です。そして「153本のマリアさまのバラ」とし
て一冊の本にしました。メッセージを理解し、マリア様を知るための入門書
としてお使いください。
---------------------------------------
「153本のマリアさまのバラ」【 序 文 】
---------------------------------------
 この本はマリア様のことをまったく何も知らない人のために書きました。
しかし、まったく不思議なことに、マリア論の権威の神学者さえもが読むべ
き本に書きあがりました。

 マリア様のメッセージを正しく理解し、その本質をくみとることは、マリ
ア様自身を知らなければ不可能です。それでマリア様のメッセージを読む人
は、この本を読んで、理解するための基礎を身につけて下さい。そうして
はじめてそれらが可能になります。たとえあなたが何十年も天からのメッ
セージを読んでいても、マリア様に関する書物を多読してきていても、この
本を読めば、自分がマリア様のことをほとんど知らなかったのだと気がつき、
マリア様との関係を一から築きなおさなくてはと痛感するはずです。

 マリア様のことを初めて聞く人は、この本によって最初から正しい道を、
マリア様と共に歩きはじめ、信仰の正しい土台をすえ、マリア様の大聖人へ
の道を巨人のように進むことができます。この本はあなたのためだけではな
く、あなたが救いたい人のためにも救霊の道具として役立てるべき本です。
身近な人にプレゼントして渡すことで、マリア様のもとに多くの霊魂を連れ
ていって下さい。
--------------------------------

「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は7月13日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Jean-Marie S.  Kolbe-Marie A.
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%6%%




[HOME] [戻る]