「箱舟の聖母」バックナンバー
2003年6月22日号No.157

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 聖シャーベル修道会
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2003年6月22日号 No.157

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%6%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.リトル・ペブルからの手紙
 3.メッセージによせて
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.編集後記



----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合 
----------------------------------------------------------------
【 第17章 】

 超自然徳の説明を、マリア様が望んでおられる「一致」という観点からし
ていきましょう。

 超自然徳の土台である「痛悔」は、自分が悪党であることを自覚させます。
すなわち、自分が神殺しの下手人、反逆者、裏切り者、恩知らず、冷血漢で
あり、大いなる罪人だと認めさせます。このことは、同じ罪人たちへの思い
やりを、その心と霊魂に生じさせます。これは、その人の愛を「自然的な愛」
から「超自然的な愛」へと変化させます。つまり、許しの愛、あらゆる霊魂
への愛、自分の敵、および神の敵への愛へと変化させます。この愛は特に
聖ヨゼフのいと清き御心においては二重に豊かに満ち満ちています。まず、
贖い主イエズスと、彼とともに贖う者であるマリア様の御心と完全に一致し
た聖ヨゼフのいと清き御心は、お二人のみ心に燃えさかっている罪人への
愛熱の炎と同じ炎に燃えさかっています。それに加えて、贖いが成し遂げら
れる以前、贖いの後よりも原罪の結果が深刻だったときに、他のいかなる人
も及ばない苦労をして戦い続け、あらゆる聖人の中で最も高いところにまで
登った聖ヨゼフは、同じ罪人である私たちの「体験的理解者」だからです。
ですから聖ヨゼフのいと清き御心の私たち罪人への愛は独特で、特別でもあ
り、聖化のために修徳の戦いを戦っている私たちへの聖ヨゼフの思いやりは、
本当の父のように愛情にあふれるもの、そしてこまやかなものなのです。そ
して神から離れている人、敵である人に対してもそうなのです。聖ヨゼフと
同じ聖徳、同じ霊性に生きた幼きイエズスの聖テレジアも、罪人との一致を
強く意識し、自分を罪人の代表者として、神に取り次ぎの祈りと苦しみを
ささげる方でした。その罪人との一致という独特な霊性を、幼きイエズスの
聖テレジアは「罪人の食卓からパンを食べる」という彼女しか使わない表現
で言い表しています。これも、まことの痛悔によって得た、自分の罪深さの
認識が、同じ罪人たちへの思いやりを生じ、許しの愛、あらゆる霊魂への愛、
敵への愛へ彼女を押し進め、その超自然的な愛が愛するものとの、すなわち
罪人との一致の感覚を持つに至るまでに完全になったのです。この聖ヨゼフ
と幼きイエズスの聖テレジアの愛の発展が、私たちの超自然的徳のレベルで
の進歩のモデルです。



----------------------------------------------------------------
2.リトル・ペブルからの手紙
----------------------------------------------------------------
すべての信仰の子供たちへの手紙
1996年11月13日

 私と天にとって大変悲しい出来事が起きてきたことをお知らせしなければ
なりません。地上の神秘的教会に新たな分裂が生じました。多くの人がして
きたように「聖寵の経路」が直接乱されたのです。

 今日まで私はブレ神父と一致してきました。彼は終末の使徒の一人「小さ
きヨハネ」で「柱」の一人であり、カナダにある終末の修道会「汚れなき
御心と聖ルイ・マリー・ド・モンフォール会」の創立者です。

 この深刻な分裂には多くの原因がありますが、ブレ神父は、私が重大な誤
りを犯しており、公に謝罪しない限り、私とは一致できないという最後通牒
を伝えてきました。

 そのことは私にとって神の御前で動じることではありませんでしたが、
兄弟との不一致を生むことになりました。この不幸な決裂は今は説明できな
い多くのことを示唆していますが、私はただ良き聖なる司祭であるブレ神父
は間違った決断をなさったということだけを言っておきます。

 皆様がブレ神父に従うのも自由です。特別な霊魂であるソーンブッシュの
メッセージや、ラヴニールの御出現地、またもしお望みなら汚れなき御心の
修道会に人々が入会することや、カナダの公の聖母出現地を訪問することに
も私は何ら反対していません。私の不満はブレ神父に対してだけだからです。

 同じく、私は汚れなき御心の修道会の会員が聖シャーベル修道会に入会し
たり、訪問したりすることを、ためらいなく受け入れます。

 この状況によって、私の心とブレ神父の心も深く傷ついたと言いたいと思
います。私は真に天の指示に従っていると信じています。このことは世界中
の多くの幻視者に問い合わせて確認されています。神の完全なる御計画の光
のうちに、一致が建てなおされますように、どうかお祈りください。それは
そうならなければなりません。

 どうかブレ神父、アストリッド修女、ソーンブッシュのためにお祈りくだ
さい。彼らに神の祝福を願います。彼らから力強い支援をいただいていたこ
とを公に感謝致します。

 私のためにもお祈りください。皆様の祈り深き御支援にも感謝しておりま
す。私は神の謙遜で従順な僕、神秘的教会の小さき牧者として留まっていま
す。

 神の祝福を。

ザ・リトル・ペブル


追伸:
 メッセージNo.529(1996.11.13)をご覧ください。


--------------------------------
資料:
 以下は「アンナ・カタリナ・エンメリックの生涯」第2巻299頁からの
引用です。ブレ神父との分裂に関して示唆すること大です。

「夜、私は教皇の幻視を見ました。私は聖フランシスコが教会を背負ってい
るのを見ました。そして、ユダヤ人のような顔をした小さな男が肩に聖ペト
ロのバジリカを背負っていました。それはとても危なかしげでした。マリア
がマントを広げて教会の北側の上に立っておられました。その小男はほとん
ど二つに折れそうでした。彼はまだ平信徒です。私は彼が誰だか知っていま
す。私がいつも見ていた新しい12使徒である12人の男たちは彼を助けて
いるべきです。けれど彼らが到着するのは遅過ぎました。彼が倒れんとする
時になって彼らは無数の天使たちと共に、彼を助けに走りよりました」



----------------------------------------------------------------
3.メッセージによせて
----------------------------------------------------------------
 イエズス様には12人の使徒がいましたが、イスカリオテのユダという
使徒は、イエズス様を裏切り、お金とひきかえに敵に売りました。ユダは
大変いやしい人間でした。自分がイエズス様のために働いているからには、
イエズス様から特別に恵みを受けるのが当然だと考えていました。イエズス
様がいつも決して強制することがなく、奉仕したいという人の自発的に与え
るものだけを受けていたというのに、ユダはイエズス様を不正だと責めてい
ました。もらって当然だと信じている特別な恵みをくれないからでした。
正義そのものである神様を不正だと責め、不満と反感をつのらせ、とうとう
イエズス様を憎み、敵になりました。いやしい人は、いつでも人に何かをす
ると、「お金!」と言って手を出すような、そういうたぐいのことをします。
反対に高潔な人は、「なすべきことをしたまでです」と言い、お礼や感謝、
ほめ言葉などを拒みます。

 世の中には高潔な人が、今の時代はほとんどいません。マリア様のメッ
セージを信じる人の中にも、ほとんどいないのです。それでユダのように、
ほとんどの人が最後にはマリア様を裏切り、敵になり、自発的にささげた
ものを、だまされたといって裁判で偽証して取りかえそうとまでするのです。
だまされたということだけは決してありません。マリア様は詐欺師ではあり
ません。その人の心のいやしさが、特別な恵みをあてこませ、あてがはずれ
たので、不正だといって責めているのです。確かにその人々は自発的にささ
げました。しかし、いやしい心の状態が、「見返り」のためにそうさせたの
です。

 あなたはどうか高潔な人間になってください。高潔さを獲得してください。
卑しい人はマリア様のために働き続け、堅忍することが決してできません。
この道は、この世的には損するだけなのですから。あなたがマリア様のため
に何をしても、本当はなすべきことをしたにすぎないのです。神様から、
霊魂を創造していただき、生まれさせていただき、この世の良いものをたく
さんいただいたばかりか、真理中の真理であるマリア様のメッセージを知る
恵みさえもいただきましたね。そして永遠の幸福を神様が備えてくださって
いるでしょう? 名誉、健康、地位、全財産をマリア様にささげ、失っても、
またこの世の生命をささげ、失っても、どんな活躍や奉仕をしても、それは
なすべきことをしたにすぎないのです。むしろ、なすべきことをさせてくだ
さった神様に感謝すべきであって、何かを誇ったり、何かの見返りを要求し
たりすることは、人間には決してできません。自分のいやしさについて深く
反省し、この罪を悔い改めましょう。マリア様の騎士(ナイト)、戦士
(ワリア)は高潔な心そのものをマリア様に差し出すものですよ。



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
永遠の御父からの警告 1994年2月16日
リトル・ペブルに(抜粋)

 いとしい子よ、そしていとしい子供たちよ、マリアに話したように、今
私はお前たち皆に話そう。今日は四旬節 − 苦業と罪の償いの時、来たる
べき時の準備をする時 − の始まりである。反キリストと反教皇の支配が
すぐにも来る。そして、天の御父が愛のリトル・ペブルを通して話して来た
ことがすべて真実であったことをお前たち全員が知るであろう。私は子供た
ち皆の創造主である。しかし、おお、お前たち人類は私を、この力をあざ
笑ってきた。お前たちは、お前たちを創造したお前たちの神を軽視してきた。
今やわが怒りが感じられるであろう。

 わが小さき者たちは恐れる必要はない。わが怒りが向けられるのはお前た
ちではなく、私を忘れ、自らの神を否定する者すべてに対してなのである。
(子よ、お前に感謝する)将来は多くの犠牲、苦しみ、そして祈りによって
変わりえる。犠牲、苦しみ、祈りは多くの懲罰を和らげるのである。甘美な
る子、そしていとしい子供たちよ、世界がこのまま続くことはない。なぜな
ら、お前たちは謙遜ではなく、特に神の位階制(ヒエラルキー)に対して
謙遜ではないからである。

 今は警告が発せられている。わが言葉によく気をつけよ。今、膝を屈し、
お前たちの神に立ち返れ。お前たちの時は短いのだから。わが子供たちに教
えよ。お前たちには羊飼いとしての仕事があるのだと。祈りをゆるがせにし
てはならない。われわれはお前たちを助ける。今地上におけるわが愛する
息子の教会に巣くっている邪悪な者と戦うのだ。子よ、これだけで十分であ
る。お前は疲れているのだ。お前とここにいる甘美なる子供たち、全世界の
甘美なる子供たちを祝福する。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。
私は在りて在る者、お前たちの神である。



----------------------------------------------------------------
5.編集後記
----------------------------------------------------------------
 今回の「リトル・ペブルからの手紙」にあります「リトル・ヨハネ」です
が、最近のメッセージで、この役割はブロサード司教様が担うことになりま
した。しかし、これはカナダのブレ神父様が落ちたという意味ではありませ
ん。エンメリックの幻視にありますように、いつか新12使徒の一人として
戻ってきます。どうぞ引き続き彼らのためにお祈りください。

「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は6月29日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Jean-Marie S.  Kolbe-Marie A.
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%




[HOME] [戻る]