「箱舟の聖母」バックナンバー
2003年6月1日号No.154

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 聖シャーベル修道会
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2003年6月1日号 No.154

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%6%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.リトル・ペブルからの手紙
 3.メッセージによせて
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.編集後記

----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合 
----------------------------------------------------------------
【第14章】

 一般に私たちは、人に対してや、出来事に対しての恐れをもっています。
しかし、この他に、もっと根元的な恐れをもっています。それは罰せられる
ことに対しての恐れ、つまりキリスト教的に言うと、神の正義に対しての
恐怖です。

 私たちは、自分自身の悪さ、弱さ、不完全さを意識すると、それらが自分
の上に、神の罰を招くのではないかという恐れを、無意識のうちに持ってし
まいます。自分の目についた自分自身の悪徳をしらみつぶしにひとつひとつ
なくしてゆこうとする、そういう方法をとる人の心の底には、意識できなく
ても、ほとんどの場合、神に罰せられるのではないかという恐れが巣くって
いて、良い人間にならなければ神に愛してはもらえないという考え方をして
います。良い子にならないと親に愛してはもらえないのではないかという恐
れを多くの子供たちが持っていますが、それと共通の心理です。そういう
子供たちが、良い子を演じ続ける過度のプレッシャーにさらされて、親と安
らかにくつろぐことができない、つまり本当の愛着と信頼が親との間に決し
て育たないのと似たことが、神様と、こういった霊魂たちとの間に起こって
います。

 しかし、聖ヨゼフと幼きイエズスの聖テレジアの場合はまったく逆です。
この二人にとっては、自分自身の弱さ、悪さ、不完全さは何の恐れも生じさ
せないばかりか、逆に、ますます勇気を与えるものでした。二人にとって神
とは、弱く、悪く、不完全であればあるほど厳しく罰するお方ではなく、弱
く、悪く、不完全であればあるほど優しく身をかがめ、あわれみと恵みで満
たして下さるお方だからです。神の、この真の認識が、自分自身が弱く、悪
く、不完全なものだという認識と常に共存しているのが二人の特徴で、自分
自身が弱く、悪く、不完全だという認識は持てても、二人のような神のまこ
との認識が伴わないのが、ほとんどの日本人の特徴です。ここが決定的に違
うのです。希望の徳による超楽観主義者は、神の全き善さを決して疑わない
と説明してきましたが、これはとりもなおさず、あわれみ深いものである神
のまことの認識を持っているということなのです。

 日本人の選んでいる方法は、「神の前の自分の弱さ、悪さ、不完全さを恐
れる」方法で、いつまでもそのままの自分に絶望してやめてしまうか、ファ
リサイ人のように自分を完全視し、安心を得るかわりに傲慢になるかのどち
らかが結果として待っています。聖ヨゼフと幼きイエズスの聖テレジアの
方法は、「神の前の自分の弱さ、悪さ、不完全さを好む」やり方で、日本人
の方法とはここが決定的に違います。自分の至らなさを思い知るのが喜びと
なっているのですから、大胆に、地獄の底までへりくだることをいといませ
ん。この徹底的にへりくだって自分を認識することが、真の痛悔へとつなが
ります。日本人の方法では、真の痛悔に至ることができず、自分の弱さ、悪
さ、不完全さの認識は、表面的なままにとどまります。このことが自然徳か
ら超自然徳への移行に重大にかかわってくることを説明しましょう。



----------------------------------------------------------------
2.リトル・ペブルからの手紙
----------------------------------------------------------------
神の選ばれた人々へ
1996年2月22日

 私はこの短い手紙を皆様にお送りしたいと思っています。それは第一に、
皆様が困難にくじけずやり通せるよう勇気づけるためです。第二に、常に神
の完全な御旨に従いついて行く重要さを理解するよう助けるためです。特に
私たちが理解しようとなかろうと、神の完全な御旨がはっきり示された場合
です。

 私たちは非常に弱いことを思いだしてください。私たちへの召し出しがど
んなに偉大でも試みを受けるのです。それ故、兄弟姉妹の皆さん、私が明ら
かにしようとする光りの中で、落胆したり、一人よがりになったりしないで
ください。神は憐れみ深く正しいのですから。

 これから迎える時は、最も困難な時で、神の助けにより、私たちがこの狭
い道に踏み留まるために自分の力のすべてを必要としています。それ故、も
しあなたが疑問を持ち始めたら、質問を始めるか、人間的論理を通して理解
しようとし、それから天の御母マリアの元へ駆けつけてください。そのまま
(疑問を持ったまま)に留まっていてはいけません。祈りを通して神と神の
母に助けて頂けるよう呼び続けてください。

 神が私達をいかに扱われるか、なぜこんなことをお選びになるのか、時刻、
日付、事柄、使命を啓示されるのかを理解できないということは多くの場合
真実です。神は神であり、私たちはちりにすぎません。しかし、もし神がそ
の限りなき全智により、あなたがたに使徒、弟子、女王、プリンセス、バロ
ネス(女男爵)、神秘家、幻視者、ビジョナリー、恵まれた霊魂となる恵み
を与えてくださったら、かかる特権と恵みをくださる神を賛美してください。
神は自由にお与えになり、自由に取り去ることができます。神の召し出しに
目覚めて注意深く、信仰の内に眠らず気を付けていて欲しいのです。

 さて、この手紙の理由です。

 数か月前、私は聖母に使徒について尋ねました。私自身質問し、またカナ
ダの神秘家で主の御傷を受けているソーンブッシュを通して質問しました。
使徒の使命は保証されているのでしょうか? 使徒も落ちることがあるので
しょうかと。聖母はお答になりました.「それは正しいです。選ばれた使徒
は落ちることはありません。」と。

 それから最近、選ばれた使徒の一人がリトル・ペブルのミッションを攻撃
しました。聖母はソーンブッシュを通して、その使徒が落ちたことを明らか
にされました。それで私は大層混乱しました。以前、聖母は使徒は落ちるこ
とがないと言われたからです。それで私は再び聖母に質問しました。しかし
今日は主イエズスがソーンブッシュを通してお答えになりました。どうか真
剣に主の御指示を受けとめて主の言われることに全て従ってください。あな
たがたを祝福します。私のために祈ってください。

神の祝福を

リトル・ペブル


--------------------------------
主がソーンブッシュを通してリトル・ペブルに与えられたもの
(ミサの前、ロザリオ二環目の間に、聖体顕示の前で与えられた主のお答)
--------------------------------
ソーンブッシュ:
 私は印を見ました。リトル・ペブルもバイロケーションで来ています。

主:
 わが白き岩よ、私は聖母の汚れなき御心を通して、わが聖心をもってあな
たに挨拶する。わが言葉を聞きなさい。

 わが神的、極まりなき憐れみは常に留まり、止むことなく、全ての子供に
注がれる。しかし、次のことを心に留めなさい。わが子「小さきペトロ」よ、
私は真の正義である。また、終末の時代の使徒の使命についての聖母の言葉
も正しい。

 即ち、降りかかる危険など存在しないという言葉の意味は、その使命の中
でこそ誤りないものである。そして、この場合はそうではなかったのだ。し
かし、彼らは聖寵の範囲内で忍耐できる聖寵を全て与えられている。自分の
好きなように進まないようにである。ここが違う。

 わが子(……氏名は伏せられる)は使徒としての使命を受けるべく多くの
機会が与えられていた。けれども、彼は「小さきペトロ2世」、とりわけ
「小さきアブラハム」としての「白い岩」の使命を否定し、彼自身に与えら
れた使命を真実に、また完全に受け入れることをしなかった。

 私は全ての子供が自由に決定できるようにしている。だから彼らは自分自
身の行為に責任がある。私は、自分への神の完全なる御旨を既に自覚してい
る者に無理強いすることはない。クイーン、プリンセス、バロネス、弟子の
使命は勿論のこと、全ての存在しているミッションは、教皇を除いて、無謬
ではない。

 「白き岩」よ、心騒がせるな。子らが聖徳のうちに使命を生きるなら、彼
らは安全に守られるのである。私はそのことを充分に説明してきたし、これ
からも母マリアと共に引き続きそうする。それで、わが子ら、特に選ばれた
光の子らは、わが御旨に沿って行動をするよう召し出されていることを引き
続き理解するだろう。わが御旨とは、天の御父の御旨である。我々は一つだ
からだ。天より与えられたものは、一つとして許しなく奪い去られることは
ない。

 わが子どもたちは、聖徳のうちに聖人になるために、自身の霊魂を聖化す
るために働くよう呼ばれている。選ばれた多くの者は、自分の使命は自分の
ものと信じたので、受動的になってしまった。彼らは世とその娯しみと情熱
によって自ら盲目となり生ぬるくなった。わが真の正義は多くの眼と心を開
くだろう、わが小さき子よ。

 「忠実な岩」よ、わが真の正義について、わが真の自由と解放について、
あなたの霊魂を教育しよう。あなたを祝福する。未来のペトロ2世よ。わが
母の汚れなき聖徳なる御心を通して、†、あなたの神なる王として、憐れみ
深き救い主として。

イエズス



----------------------------------------------------------------
3.メッセージによせて
----------------------------------------------------------------
 愛することと、悲しむことと、苦しむこととの関連がわからないなあ。ど
うして悲しむこと、苦しむことなしに愛することができないなどとマリア様
はおっしゃるのだろう? こんな疑問を持つことは、とても大切です。神様
は、人間が悲しむことも、苦しむこともなしに、愛することができるように
望み、その状態にアダムとエバを創造なさいました。アダムとエバは、神様
を愛するのも、お互い相手を愛するのも、悲しむことも苦しむこともなしに
できていたのです。しかし二人が神様に背き、罪人となり、神様が罪によっ
て侮辱されて後は、状況が一変しました。神様を愛すると、罪人である自分
と他の隣人によって神さまが無限の愛を罪によって裏切られ、はなはだしい
侮辱を受けていらっしゃることに悲しみを覚え、苦しみを感じずにはおられ
ないのです。他の隣人を愛すると、彼らは皆ことごとく罪人ですから、罪に
よって自分自身の霊魂を傷つけ、惨めな存在になっていることに対して同情
の悲しみと苦しみを抱かずにはおられないのです。こうしてこの世に罪が
入ってからは、神と隣人をまことの愛で愛することは、必ず悲しみと苦しみ
を伴うようになったのです。

 また、神様は人間の霊魂の中で、愛の徳と忍耐の徳を固く結びつけ、一致
させました。悲しみを忍ぶのも、苦しみを耐えるのも、忍耐の徳によって
できることです。結論としては、愛の量は、悲しみと苦しみの量と連動し、
その量は忍耐の徳の強さが許すところまででしかないのです。ですから愛し
たいなら、もっと悲しみを忍び、苦しみを耐え、忍耐の徳を強めるしか方法
がありません。あなたが神を愛していると言葉ではいくらでも言えるし、信
心業の見せかけで人をだますこともできれば、自分自身も錯覚に陥り、自他
ともに神を愛する人と認めるかもしれません。しかし、神様が苦しみを送っ
た時に真実が自他ともにわかります。忍耐の仕方でわかってしまうのです。
同じように隣人を愛しているかいないかも、隣人を通して神様が苦しみを与
えた時に、忍耐の仕方ではっきりとわかるのです。

 忍耐は愛のバロメーターだと分かりましたか。ではマリア様に申しあげま
しょう。「お母さん、神と隣人を愛したいのです。お母さんの手から苦しみ
をください。そして雄々しく耐え忍ばせてください。どんな苦しみもすべて
受け入れます」、こうマリア様に心から言うとき、あなたにまことの愛徳に
成長する道が開くのです。



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1994年2月13日
リトル・ペブルに(抜粋)

 甘美なる子供たち、あなたたちが照らされるのは祈りによってなのです。
論理的なことはもはや論理的ではなくなるでしょう。地上の子供たちにとっ
ては、もはや論理的ではないでしょう。神の道は人の道とは異なるのです。
このため私はあなたたちに言葉 − 至高なる光を持って来るのです。甘美
なる子供たち、この言葉を飲み、神の知恵を理解しなさい。人類は自分のこ
とで頭が一杯です。自分たちの神、真理、永遠の生命について考える時間を
持っていません。人類は自分が神であると信じています。天から堕ちる前の
ルチフェルと全く同じです。ルチフェルも「光の伝達者」、もしくは神の光
を運ぶ者と呼ばれていました。そして、それは本当です。しかし、神が与え
てくださった全ての恵みを失ったのです。そして、多くの愚かな天使たちが
うぬぼれと傲慢によって自分たちも同じようによくなれると信じてルチフェ
ルに従いました。

 今やこれは人類の運命なのです。人類は永遠の生命の存在、人のために
存在する永遠の報酬と永遠の罰を忘れ、神に勝るほどに自分を高めてしまい
ました。そのため、あなたたちが真理の中に入れるように、そして御自分が
創造されたすべての者に勝る栄光のうちに御父の右手に座しておられる三位
一体の神のうちにまします神である息子を愛することができるように私は光
を持って来るのです。

 世界はまもなく裁かれるでしょう。あなたたち一人ひとりは永遠の御父に
よって与えられる小規模の裁きの中で裁かれるでしょう。その裁きの中で
あなたたちは神である息子イエズスに対して、至聖なる御母に対して、真理
に対して、隣人に対してしたことを知るのです。多くの人々は、もし神の
御憐れみがなかったなら、すでに滅びたであろうと突然自覚するでしょう。



----------------------------------------------------------------
5.編集後記
----------------------------------------------------------------
「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は6月8日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Jean-Marie S.  Kolbe-Marie A.
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%




[HOME] [戻る]