「箱舟の聖母」バックナンバー
2003年5月25日号No.153

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 聖シャーベル修道会
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2003年5月25日号 No.153

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%5%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 3.メッセージによせて
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.編集後記

----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合 
----------------------------------------------------------------
【第13章】

 友情、話しあい、公平な愛という、マリア様の望まれる一致の基礎となる
自然徳を、あなたが身につけるのを妨げる悪徳、つまり、この三つの自然徳
に対立する悪徳は、主なものだけですら、すぐにこれだけ挙げることができ、
すべてを列挙すれば、大変な数になるに違いありません。徳とは、繰り返し
て実践することではじめて身につくものなので、時間をかけて、日々戦い続
けることが必要ではありますが、聖ヨゼフと幼きイエズスの聖テレジアのよ
うに、あなたが、まず、神の全き善さを限りなく信頼する超楽観主義者にな
り、誰をも何をも恐れずに、人を信じ、心を開き、反感を決して抱かぬよう
理性と意志と行為と感覚を変え、友情、話し合い、公平な愛の三つを重んじ、
その獲得に力を注げば、この3つの徳は必ず強くなってゆきます。この3つ
の徳が強くなってゆくということは、実は反対に、列挙した悪徳が弱まって
ゆくことなのです。なぜならば、徳と、それを身につけるのを妨げる悪徳、
つまり対立する悪徳とは、一方が強くなってゆけば、他方は弱くなってゆき、
一方が弱くなってゆけば、他方が強くなってゆくという関係にあるからです。

 聖ヨゼフと幼きイエズスの聖テレジアが成功したのですから、二人のやり
方で、あなたも「信頼の道」「幼な子の道」を通って完徳に至り、聖人にな
れないはずはありません。その可能性は誰にでも開かれていて、神様も全て
の人を完徳に呼んでいらっしゃいます。呼びかけに応える人には必ずその助
けを与えてくださいます。しかし、日本人でマリア様のミッションに参加し
ている人の間では、最初から今に至るまで友情、話し合い、公平な愛という
3つの徳は無視され、軽んぜられてきています。否定されているといっても
よいでしょう。その結果、日本のミッション全体としては、まったく一致す
ることができず、各個人のレベルでは、徳の道に進むことができずにいます。
マリア様からのメッセージを長年にわたり大量に読みながらも、こういった
ありさまなのは、各自が土台として持っている「悪魔的悲観主義」に、まず
治療のメスを入れなくてはならないことに気がついていないのが一番の理由
です。二番目の理由は、一致の基礎である友情、話し合い、公平な愛という
自然徳を強めようとは決してしてこなかったために、この三つの自然徳に
対立する大変な数の諸悪徳が、先に説明した通り弱まることなく存在し続け
ているからです。

 各自は確かに、自分の目についた悪徳を、一つ一つ消してゆこうと努力は
しているのですが、結果であるこの日本のミッションのありさまが証明する
ように、その方法では誰も成功できないのです。その方法と、聖ヨゼフと幼
きイエズスの聖テレジアの方法の二つには、決定的な違いがあります。それ
を今までとは別の観点から少し説明しましょう。



----------------------------------------------------------------
2.大晦日に全出現聖堂の聖シャーベルの祈りの家
  聖母と聖主からリトル・ペブルに与えられたメッセージ
  − No.504 1995年12月31日 その(3) −
----------------------------------------------------------------

 …… 前号の続き ……

--------------------------------
1995年12月7日
ソーンブッシュのメッセージの抜粋
--------------------------------
聖母:
 ……このことについてしばしば黙想しなさい。小さき子らよ、私は全ての
甘美なる子らを、理解するために祈るように招きます。私はまた、来たる
何週かと何カ月かに向けて心の準備をするように招きます。信仰の試練が間
もなく降りかかるからです。甘美なる子らよ、あなたたちはこの試練をしの
ぐために本当に準備できてはいないのです。けれども、汚れなき御心があな
たたちのためにいつもそこにあるということを覚えておきなさい。この時期
に心に疑いを入れないように注意しなさい。勇気を持ち、真理を信じなさい。

 人間的論理を脇へ置いて超自然的な論理に生きることが大切です。それは
あなたたちに示されることでしょう、甘美なる子らよ。今日はあなたたちを
非常に特別な仕方で祝福します。聖父と聖子と私のうちに住まわれる聖霊の
御名によりて。アーメン。


--------------------------------
1995年12月28日
ソーンブッシュを通してリトル・ペブルの聖母への質問
--------------------------------
リトル・ペブル:
 お母様、ソーンブッシュの12月7日のメッセージの中で、あなたは大い
なる試練について語っておられます。私が質問した後に、あなたがソーン
ブッシュに語られたこれら全てのことは、既に過去にあったことと同じ試練
であるように見えます。なぜ、1996年においてそれらがより大いなる試
練となるのですか。人類はこの試練に既に直面しているのに?

 また、あなたはほとんどの者は準備ができていないともおっしゃいました。
しかし、私たちがこの試練に既に遭っているのであれば、何が新しいので
しょうか? 教皇がペトロの座から取り除かれるため、信仰の大いなる試練
が起こるであろうということなのでしょうか、そしてそれが真の試練となる
であろうということなのですか? ありがとうございます、お母様。

あなたの息子リトル・ペブル

聖母:
 (ソーンブッシュを通して)あなたに挨拶します、甘美なる「神的愛の天
使」よ。私はこれらの質問について既に多くのことをあなたに明かしました。
従順な子よ。あなたは次のことを知らなければなりません。大いなる試練は
教会内部の分裂によって起こるでしょう。それはマリア信心と私の神なる
息子の再臨に関するものです。また反教皇は、愛する巡礼の教皇を追い出そ
うとしている司教たちとともに、非常に懸命に活動しています。

 私が信仰の試練について語ったとき、愛する小さき「白き岩」よ、私が
語ったのはこのことなのです。私は従順な選ばれた道具たちにより多くのこ
とを啓示し続けるでしょう。あなたを祝福します、甘美なる「黙示録の白き
岩」よ†。私は優しき「受難の花」にして「バラ」、ソーンブッシュを祝福
します。†。


--------------------------------
1995年12月27日
「黙示録の聖母」からソーンブッシュに与えられたメッセージ
--------------------------------
ソーンブッシュ:
 最後の祝福の間、ブレ神父が私たちを祝福なさっている時、私は御降誕の
情景の周りに美しい白い光を見ました。幼きイエズスは私たちをご覧になり、
同時に私たちをブレ神父と共に祝福なさいました。そして、かいば桶の前に、
御降誕の情景の真上に聖シャーベル修道会の修道服を着たリトル・ペブルと
ブロウサード神父がバイロケーションで現れました。その更に上には4位の
大天使がおられました。彼らは今もおられます。

 美しい光のうちに聖母が「黙示録の女性」として御出現になりました。
聖母の御足の下には月があり、聖母のマンティラは太陽のように明るく輝い
ていました。聖ヨゼフと福音史家聖ヨハネが聖母に同伴しておられました。
聖ヨハネは金のくちばしを持つ美しい白い鷲を横に従えておられました。聖
ヨハネは幼きイエズスの御前に行かれ平伏なさいました。聖母と聖ヨゼフは
主の両側に行かれ平伏なさり、跪いておられます。(最後の祝福の後、ブレ
神父は聖ウリエルによって聖ヨハネの方へ連れて行かれました) そして
4人の方々がとても深く主に − かいば桶に横になっておられる幼きイエ
ズスに平伏なさいました。(聖ヨハネ、「小さきヨハネ」ブレ神父、そして
バイロケーションで来ているリトル・ペブルとブロウサード神父です)。そ
の後、聖ヨハネは彼らのそばを離れて説教壇の方へ行かれました。(司祭が
福音を読む場所です)。聖ヨハネはブレ神父から本と特別な羽ペンを取り出
され、それを説教壇の上に置かれました。私は放射する様々な色の光の爆発
を見ました。本は説教壇の中に入り、羽ペンも白い鷲の足下の所に置かれま
した。(これが聖ヨゼフ聖堂に留まるべき物なのかどうか私ははっきりと知
りません。内的には、これは将来の修道院のためのものであり、しかるべき
時が来れば移されるであろうと私は感じました)。そして聖ヨハネは御降誕
の情景の前に戻られました。聖母は血の涙を流しておられます。聖家族の
皆様もです。お母様は青いクリスタルの珠で造られた美しい15連のロザリ
オを持って来られました。聖母は非常な愛と優しさをもって私たちをご覧に
なりました。聖母の御心と聖ヨゼフの清き御心は一つのものとして鼓動して
いました。聖母は母の眼差しを通して私に御悲しみをお示しになりました。
私は「印」を求めそれは与えられました。それから聖母は私たちをご覧にな
り短いメッセージを語られました。

黙示録の聖母:
 かいば桶にいる私の神なる息子イエズス、愛する浄配聖ゼフと一致して、
黙示録の聖なる使徒聖ヨハネと共に、私は今日、非常に特別な仕方で挨拶し
ます。選ばれた愛する司祭なる息子「リトル・ヨハネ」 − 黙示録の子よ、
私はあなたに挨拶します。「リトル・ペトロ」 − 神なる息子の地上の家
の未来の選ばれた教皇よ、私はあなたに挨拶します。そして選ばれた司祭な
る息子「リトル・バルトロメオ」よ − 聖なる小さき花とバラの子よ、私
はあなたに挨拶します。そして甘美なる小さきバラ「ソーンブッシュ」よ、
汚れなき御心の全ての大切な真の信仰の戦士達よ、あなたたちに挨拶します。

 私はあなたたちに今の時期において、聖にして母なる教会のための多くの
祈りと犠牲を献げるように招きます。大いなる諸問題が、とりわけ愛する
巡礼の教皇ヨハネ・パウロ2世に関して持ち上がっているからです。

 愛する子らよ。彼のために絶えず祈りなさい。そして私はもっぱら教皇の
意向のためだけに、毎木曜日に15連の祈りを献げることを望みます。あな
たたちにとって、なぜ教皇が神なる息子の降誕の聖なる平和の祭日の深夜に、
ミサ聖祭を立てることができなかったのかという真の理由を理解し気づくこ
とは重要なことです。

 愛する巡礼の教皇の病気は単なる偶然ではありません。それは計画されて
引き起こされているからです。再び彼の生命は危険にさらされていました。
けれども、あの聖なる夜、愛するペトロをペトロの座から取り除こうとして
様々な策略を試みた敵対者たちから、特別な仕方で彼は守られました。

 あなたたちは真の信仰の戦士として堅固で真実であるように、心と魂を
準備する必要があります。そしてまた、愛する巡礼の教皇が深夜にミサ聖祭
を祝うことを妨げられたために、世界は非常に厳しい懲罰を受け、神の真の
正義を示すために世界中で数多くの災害が起こるということを知る必要があ
ります。

 愛するペトロが聖なる深夜ミサを祝う主要な理由の一つは、ミサ聖祭が世
を危険から守る平和の印となるようにするためでした。今、愛する巡礼の
教皇は、躊躇なく彼を支援している選ばれた司祭なる息子たちの堅固な支援
に頼っています。祈りなさい、祈りなさい、祈りなさい、親愛なる愛する子
らよ、闇の時はますます近づいているからです。私のペトロ、教皇のために
ミサ聖祭のノベナを献げ続けなさい。

 真の信仰を聖なるローマ・カトリック教会のうちに常に守り続けなさい。
信仰は絶えず弱まっていくことを知らなければなりません。しかし、わずか
に信仰が増し、ある水準に到達する一時期があるでしょう。そして、それは
短い時間の間留まり、その後信仰は非常に低い水準にまで、これまでよりも
ずっと低い水準にまで落ち込むでしょう。教会は死んだとさえ思われるよう
になるでしょう。けれども、教会は死ぬことはないでしょう。深遠なる希望
の霊と真の信仰のきらめきは常に残り続けるからです。

 神の子らは世に属する事物から自らを引き離し、神に属する事物へと自ら
を結びつけるように奮闘しなければなりません。この時期において、サタン
とその軍勢の力をあなどってはなりません。それは、あなたたちが考えてい
るよりもはるかに強力です。小さき子らよ、小さくあり続けなさい。そして、
もっともっと有徳になるように努めなさい。

 甘美なる子らの多くは、彼らが思っているよりもずっと早く、愛する者た
ちや家族の一員を肉体の死によって失うでしょう。それは必ずしも霊魂の死
ではないですけれど。罪人の回心のために祈りなさい、愛する小さき子らよ。
そして、心を準備しなさい。来たる年に黙示録は展開し続けるでしょう。
順々に、しかし非常に素早く。

 私はあなたたちに、全ての愛する司祭なる息子たちのために非常に特別な
仕方で祈ることを望みます。なぜなら、多くの者が今非常に落胆しており、
弱くなっているからです。この深い落胆と憂うつのために、愛する司祭なる
息子たちの多くが、自らの命を絶つ誘惑に抵抗できなくなるということを知
ることは重要なことです! けれども、深いマリア信心を持ち、あるいはそ
れを育む者たちは、私が特別な仕方で守ります。そして、信仰が低下するゆ
えに、多くの者の心を打つ神の真の正義と正しい怒りとから、真の信仰を
保持するでしょう。

ソーンブッシュ:
 お母様はそれから、この終末の時代の三人の選ばれた使徒たちの方をご覧
になり、微笑まれました。聖母は再び語られました。

黙示録の聖母:
 終末の時代のために選ばれた甘美なる使徒たちよ。あなたたちは非常に親
密に協力し続けなければなりません。そして真の一致の絆はより強くなって
いくでしょう。この時期にあなたたちは、非常に具体的な仕方で愛する巡礼
の教皇を支援しているということを次第に理解するようになるでしょう。教
皇は不当に迫害されているからです。今かつてないほどに。私はあなたたち
を愛しています、愛する有徳の子らよ、私はあなたたちを必要としています。

ソーンブッシュ:
 私は聖母が白い水晶の二つの星をかいば桶の中の置かれたのを見ました 
− 主の足下にです − 三人の使徒の名前と共に。それからそれらは三つ
の美しい金の水晶のバラになりました。

黙示録の聖母:
 甘美なるバルトロメオは強められるでしょう。聖なる小さき花、聖テレジ
アは彼に霊感を与え強めるでしょう。彼が今大いなる必要のうちにある数多
くの霊魂を指導し勧告することが出来るようになるために、とりわけクイー
ン、プリンセス、バロネスたちを。

 汚れなき御心の内に住まわれる聖霊は、霊感を与え続けるでしょう。愛す
る小さき使徒たちよ、あなたたちを特別な仕方で祝福します†。再びあなた
たちの全ての仕事を祝福します、甘美なる小さき子らよ、そしてあなたたち
の献げた全てのものを。心のうち深くにある真の平和、一致、幸福を守りな
さい。

ソーンブッシュ:
 主は三人の使徒を通して私たちを祝福なさいました。†。聖母は私たちを
祝福なさいました†。聖ヨゼフ†、福音史家聖ヨハネがブレ神父を通して†、
聖ミカエル†、聖ガブリエル†、聖ラファエル†、聖アンゲリコルピウス†。
聖母は私に、クリスマスの日に5億人の霊魂が解放されたと説明なさいまし
た。そしてブレ神父は霊のうちに、教皇と同時に共同司式なさったと説明な
さいました。このミサは、もし教皇による深夜ミサが献げられていたら与え
られていた恩寵と同数の恩寵を世界中に広めました。

 皆様はかいば桶の中の主の御前に平伏なさいました。ブロウサード神父と
リトル・ペブルは、聖母と聖ヨゼフと共に消えられました。聖ヨハネはブレ
神父を通して消えられました。その前に、聖ヨハネは神父様の額にある白い
十字架に接吻なさいました。それから私は美しい白い鷲が白い十字架の上に
シルエットとなって現れるのを見ました。全ての大天使と天使は幼きイエズ
スを崇めるために残っておられます。神に感謝。


--------------------------------
1995年12月30日
聖母の汚れなき御心からソーンブッシュに与えられたメッセージ
--------------------------------
ソーンブッシュ:
 4位の大天使がかいば桶の中に横になっておられる主を礼拝するためにま
だここにおられます。私は常に「印」を見ることができます。第3連の終わ
り − 第4連の始まり − に、聖母は汚れなき御心としての御召し物で
御出現になりました。私は「印」を求め、それは与えられました。聖母はま
だ血の涙を流して泣いておられました。私は燃える茶色の十字架を見ること
ができました。汚れなき御心からの御血のしずくが茶色の十字架に降りかか
り、それを深紅に変えました。

 聖母はまた十字架に向けても血の涙を流しておられます。聖母の汚れなき
御心は完全に燃えています。聖母は幼きイエズスが寝ておられるかいば桶の
前で礼拝し平伏なさいました。そして主は、やはり血の涙を流して泣いてお
られましたけれども微笑まれました。聖母は私たちの方をご覧になって、非
常に短いしかし深刻なメッセージを語られました。

マリアの汚れなき御心:
 私の神なる息子、王にして救い主と一致して私は再び挨拶します。愛する
選ばれた司祭なる息子「リトル・ヨハネ」、そして全ての甘美なる愛する真
の信仰の戦士たちよ。今日汚れなき御心をもって挨拶します。

 真の平和のために絶えず祈りなさい、祈りなさい、祈りなさい、小さき子
らよ。世界は人間がかつて知ることのなかった戦争や多くの災害によって脅
かされようとしているからです。もし、ロシアが汚れなき御心に完全に奉献
されないならば、そして、小さき子らが天からの真のメッセージに耳を閉ざ
し続けるならば、火が空から降るでしょう!

 従順な娘ルチア修道女に私が与えた第三の秘密は明かされてきており、こ
の秘密は黙示録の聖なる巻物の第7の封印の中に含まれています。この秘密
の大きな部分はカナダとロシアに関するものです。もし小さき子らが好きな
ように振る舞い続けるなら、分裂が起こるでしょう。そして今平和なこの国
は、テロリズムと共産主義によって捕らえられるでしょう。その後アメリカ
合衆国は非常に防衛的になり攻撃を始めるでしょう。

 幾つかの小さな戦争が起こり、大きな戦争へと発展するでしょう。それに
よって全国土が破壊されるでしょう。わが子らよ、来たる数カ月かの間にく
ぐり抜けなければならないことに備えて、心と霊魂を準備することができる
ように私は今このことを告げます。

 教会の中に血が流れるでしょう。祈りなさい、祈りなさい、祈りなさい、
小さき子らよ。多くの犠牲を献げなさい。時間を浪費してはなりません。
時間は最も貴重です。与えられた時間のうちから、私たちの分かたれざる
一致した御心の内に憩う時間を取りなさい。そして真理の強力な戦士となる
よう準備しなさい。私はあなたたちと共にいます。私たちはあなたたちの仕
事全てを特別な仕方で祝福します†。全てを献げ続けなさい。「受難のバラ」
を通して話すために、私が来年の最初の月の最初の日 − それは非常に速
く近づきつつあります − に戻って来る時に備えて心を準備しなさい。あ
なたたちのうちの多くの者の生活は来年に変化するでしょう。これは必要な
ことなのです。愛する巡礼の教皇ヨハネ・パウロ2世のために絶えず祈り続
けなさい。

 私はあなたたちを愛しています、甘美なる宝よ。私はかってない程にあな
たたちを必要としています! 霊魂を聖化するために働きなさい。あなたた
ちの十字架を献げなさい。神なる息子を崇め、小さき子供として主の無限の
御憐れみを嘆願しなさい。そして理解するために祈ってください。

ソーンブッシュ:
 聖母は沈黙なさいました。それから幾つかの質問に答えてくださいました。
主が私たちを祝福なさいました†。聖母が私たちを祝福なさいました†。そ
してお母様は消えて行かれました。


--------------------------------
1996年1月2日
聖なるロザリオの間の幻視。全出現の聖堂で
--------------------------------
テレーズ「レバノンの白きバラ」と、
シスター・マリー・テレーズ「リトル・グレイン」:
 私達は地下牢に入れられる教皇を見ました。彼の護衛官は毒を盛り、教皇
は眠らされ引きずられていかれました。彼らは何らかの化学物質を使用しま
した。

 それからシスター・テレーズは教皇の十字架が挙げられるのを見ました。
聖母は教皇をマンティラの下に置かれました。教皇の霊魂は一時的に去りま
した。教皇は御自身の保護のために深く眠らされたのです。私たちは教皇に
ついて幾つかの新しいニュースをまもなく知ることになるでしょう。彼らは
教皇は死んだと言うつもりです。三日の後に教皇は回復なさるでしょうが、
なお閉じ込められたままになるでしょう。

 この前に、シスター・テレーズは丸い高い建物(ビサの斜塔)に立ってい
る人々を見ました。そして塔は倒れ始めました。叫び声が挙がりました。そ
れから私は半円のような建物の高いブロックが燃えているのを見ました。
(私は聖ペトロ大聖堂のドームのことを考えました)。私はまた教皇が連れ
て行かれる場所を見ました。教皇は謁見が行われる建物の下に連れ去られる
だろうとテレーズは言いました†。

リトル・グレイン・オブ・ダスト
 時は速まったとテレーズは告げられてきています。このことは、後1ヵ月
は起こらないと思われます。教皇が連れ去られる前に、私たちはローマの
荒廃を見るでしょう。(それは非常に近く遠い先のことではありません)。
反キリストは苛立っています。それ故に、より多くの災害が起こるでしょう。
神は子らを保護なさろうとしておられます。



----------------------------------------------------------------
3.メッセージによせて
----------------------------------------------------------------
 夜、寝る前に、寝ている間に今晩死ぬかもしれないと意識的に考えること
は、いつやって来るか分からない死の準備に役立つことです。自分の罪を思
い出し、罪深さを自覚して、「マリア様のあわれみによって救ってもらわな
ければ、きっと地獄に行ってしまう。マリア様、どうかあわれんでください」
と心から申し上げることができるでしょうから。それとは別に、時には、神
さまの裁きの場に出頭した時のことを考えることも大変役に立ちます。神様
は「私があなたに与えた恵みを、どのように用いたか?」と質問なさいます。
あなたは、どんな恵みを神様からいただいているのですか。「たいした恵み
はもらっていないなあ」と思う人は、いただいた恵みを善用していないこと
は確実です。いつも他人の物をうらやましく思い、他人をねたみ、満足する
ことを知らず、感謝することをせず、持っていない物を欲しがってばかりの
人生でしょう。でも実際に神様の御前に出たときは、誕生から死までの各瞬
間に神様からいただいたすべての恵みを思い出します。はっきりとわかるの
です。今、あなたの目は見え、耳は聞こえ、口は声が出せ、頭は考えること
ができ、体はきっと自由に動くでしょう。学校にも行け、多くの人から世話
してもらい、友達もいて、衣食住が満たされていて、遊びや趣味に使うお金
も時間もあり、全世界のほとんどの人がもらっていないものをもらっている
特権的な人間の一人です。今の時点でも、一般的な恵みだけでもこれほどい
ただいていることが、よく考えればわかります。それに加え、真理そのもの
の神様からくる、マリア様のメッセージを知る恵みまでもいただいています。
これらの恵みにつぐ恵み、十分すぎるほどの恵みを善用しなかったなら、
無駄にしたか、あるいは悪用したのです。それでは、まだ時間があるうちに、
自分の持っているものをマリア様のために使うことで、神様の裁きの場に出
る準備をしましょう。たくさんの時間と恵みが失われてしまったことは事実
ですが、これからの熱心な「マリア様への奉仕」は、それを十分償えます。
天の最も偉大な秘密は、神さまご自身が人となって、子としてマリア様に従
い、マリア様に奉仕したことによってあらわされました。すなわち、神はマ
リア様の前にへりくだり、しもべとして仕える人を最も高く上げ、マリア様
になされる奉仕を最も価値あるものとするということです。ですから、あな
たは「マリア様への奉仕」にすべてをかけるべきなのです。



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1994年2月5日
リトル・ペブルに(抜粋)

 甘美なる子供たちよ、神があなたたちに与えてくださった全ての贈り物、
特に信仰の贈り物、希望の贈り物、堅忍の贈り物に対して神に感謝しなさい。
甘美なる子供たちよ、試練の時はあなたたちと共にあり、あなたたち皆が浄
められるまで試練は増し、強まるでしょう。その結果あなたたちは反キリス
ト、悪魔とその大群との戦いで剣を携えることができるでしょう。

 甘美なる子供たち、私たちはあなたたちを神であるわが息子イエズスの終
わりの時のための兵士として準備しています。あなたたちは英雄、三位一体
の神とわが汚れなき御心に栄光を与え、聖にして母なる教会に勝利をもたら
し、教会を新しい時代 − 全ての時代の全ての子供たちに平和と幸福が与
えられる時代へとつれて行く終末の聖人と呼ばれています。

 甘美なる子供たちよ、このため私と神である息子、そして聖人たちと天使
たちはあなたたちが新しい時代に入るのを助けるために、こんなにもしばし
ば世に来ているのです。あなたたちにとって今は理解するのが困難なことは
分かっています。しかし、甘美なる子供たちよ、論理的な道は特にこの時に
あっては新しい時代の道ではありません。なぜなら、人類は神の御計画を理
解しないでしょうから。神の道は人の道とは違うからです。ですから、今の
時は全ての子供たちに信仰による真の従順が必要です。今あなたたちはロザ
リオを手に取り、唇と心とにイエズスを置き、目を天から離さず、人類に対
する永遠の御父の御旨に信頼して歩まなければなりません。甘美なる子供た
ち、このようにしてあなたたちは準備されるのです。到来する年に人類に明
らかにされる最も驚くべきことに対してさえも。



----------------------------------------------------------------
5.編集後記
----------------------------------------------------------------
「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は6月1日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Jean-Marie S.  Kolbe-Marie A.
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%5%%




[HOME] [戻る]