「箱舟の聖母」バックナンバー
2003年4月27日号No.149

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 聖シャーベル修道会
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2003年4月27日号 No.149

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%4%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 3.メッセージによせて
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.編集後記

----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合 
----------------------------------------------------------------
【第9章】

「いつまでも絶えることなく、友達でいよう」という歌詞で始まる歌を知っ
ていますか? 2番は「信じあう喜びを、大切にしよう」という歌詞です。
旧約聖書なら、ダビデとヨナタン(ジョナサン)の固く信じあった友情が
有名です。日本人には「走れメロス」という小説がよく知られていますね。
この小説が描くのも、メロスと彼の親友とが固く信じあった姿です。マリア
様の望んでおられる一致の基礎としての友情は、気が合うとか、共通点が多
いとか、趣味が同じとか、互いにひかれるとか、そういったことに立脚した
ものとはまったく違います。それは信じあうことに立脚します。ですから信
じようという意志が、友情という自然徳の第一歩なのです。

 またマリア様の望んでおられる一致の基礎としての「話し合い」は、表面
的なものではありません。相手に自分の真の姿、本心、正直な考えを見せ、
伝えること、いわば自分自身を与える行為としての話し合いです。あなたの
心が閉じているなら、これは不可能です。あなたが心を開くという行為をす
ることが、本当の話し合いができるという自然徳の第一歩です。

 そしてまた、マリア様の望んでおられる一致の基礎としての「公平な愛」
は、博愛主義のような思想的なものに立脚するのではありません。あなたが
感覚による判断に支配されないように、自分の感覚性を抑制する、内面での
努力に立脚します。誰かを敵視したり、嫌悪感を持ったり、危険視したりさ
せる自分の感覚性を抑制し、誰に対しても反感を抱かないようになることが、
公平な愛という自然徳の第一歩です。

 これらに第一歩という言葉を使うのは、これらがなければ始まらないこと
示すとともに、一足飛びでは目的の自然徳は身につかないことを示していま
す。なぜならあなたのうちには友情、話し合い、公平な愛を身につけること
を妨げてしまう多くの悪徳が存在しているからです。次に、それを説明しま
しょう。


----------------------------------------------------------------
2.全出現の聖堂、聖シャーベルの祈りの家で与えられたメッセージ
  − No.502 1995年11月2日 −
----------------------------------------------------------------
リトル・ペブル:
 白い十字架が空のとても高い所にありますが、それは普通よりもずっと大
きいです。聖ミカエルが剣を祭壇へ投げられました。そして、聖シャーベル
の絵の隣に立っておられる聖バラキエルが、お持ちの白い十字架で私たち皆
を祝福なさいました。白い十字架の横木のすぐ上に、横木の方を向いている
二つの剣があります。私はその理由を知りません。それは非常に明るく輝い
ており、十字架から聖堂に向かって多くの光が発しています。多くの天使が
白い十字架を取り囲んでいます。聖堂の中にも数多くの天使がいます。彼ら
は翼の先を重ね合わせることでとても大きなトンネルを形成し始めました。
それは空の白い十字架まで伸びています。

 今、白い十字架からイエズスが来られるのが見えます。主は木の十字架に
釘付けになっておられます。しかし生きておられます。天使たちは主が釘付
けになっている十字架を持って、ゆっくりと天使たちのトンネルを通って主
を運んで行きます。今、聖母の御姿が見えます。聖母も十字架上におられま
す! 私はこれまでこのような聖母を決して見たことがありません! 聖母
は完全な服装をしておられ、主の場合と同じような仕方で十字架に釘付けに
されておられます。ただ一つの違いは、聖母は十字架に固定されている小さ
な棚の上にお立ちになっているということです。今、主の左側に白い十字架
を通って来られた教皇聖下の御姿を見ることができます。聖下も木の十字架
上におられます。「しるし」が見えます。

 他にもたくさんの十字架が白い十字架を通って現れ始めました。まず最初
に私は私自身を見ます。それは聖母の右に移動しました。次はソーンブッ
シュです。これは教皇聖下の左に移動しました。それらの下には多くの多く
の他の霊魂がいて、木の十字架にかかっています。そして、とても奇妙なこ
とに、これら全ての十字架は多色の虹を作り始めました − 互いに混じり
あいながら。今、聖ペトロ大聖堂が見えます。それは十字架にかかっている
全ての人々の下に浮かんでいます。御血がイエズスから聖母へと、そして
イエズスから教皇聖下へと流れていきます。そして聖母から − それは
非常に特別なことですが − 御血は神秘的教会の全てのメンバーへ、十字
架上の全ての霊魂へも流れていきます。

 聖ペトロ大聖堂のドームを突き抜けて、どこからともなく現れたふたつの
大理石の大きな柱が見えます。それは上に押し上っています。ひとつは主に
向けて上昇し、もう一つは聖母に向けて上昇しています。最初のものはもう
一つの柱よりも大きいです。大理石には修道会の名前が刻まれています。全
ての小さな十字架の下に、柱のように積み上げられた小さないくつものレン
ガが見えます。聖霊が突然、鳩の形でイエズスの聖心より御出現になりまし
た。くちばしに金の糸を持っておられます。それを持って聖霊はイエズスの
内を通り過ぎ、それから聖母、そして残りのメンバー全ての内を通り過ぎて、
この霊魂たちに通された金の糸によって編み出された模様のようなものを作
られます。起こっていることを適切に表現することは非常に困難です。糸は
二つの柱に巻きつけられ、二つの柱は非常に明るく輝き始めました。

 この光景は今まったく消え去りました。そして聖センチミンタリウスが彼
の絵の隣に立っておられます。彼は混乱しないようにと言われました。白い
十字架が再び現れました。非常に明るく輝いています。聖ミカエルが白い十
字架の後ろにおられます。彼の剣は祭壇の中にあります。聖センチミンタリ
ウスと聖バラキエルも祭壇のうちに剣を置かれます。白い十字架から金の光
に乗られて聖母が非常にすばやくおいでになるのが見えます。金の光の縁の
周りは非常に明るい白です。それは「道」のようです。それは聖櫃へと向
かっています。金と白の光の「道」です。

 聖母は右手に主の聖心をお持ちになって、数多くの天使と共に降りて来ら
れます。聖心には茨の冠と、聖母の右手に握られているロザリオの一部が巻
きつけられています。聖母は今、聖堂の中に入って来られました。非常に
威厳に満ちた御様子です。しかし、泣いておられたかのように見えます。
御目は今しがた泣いていた人の目のようにとても赤く見えるからです。今、
小さな涙の滴が頬を流れ落ちるのが見えました。

 聖母は美しく、しかし珍しい冠を被っておられます。それは金でできてお
り、先端部の全てには心臓の形があります。冠の上には美しい星があり、そ
れはとても明るく輝いています。美しい金のチュニクを着ておられ、明るい
青のベールをしておられます。そのベールは縁にそって美しい刺繍が施され、
足元にまで達しています。今微笑んでおられます。そして聖母に従ってきた
多くの多くの天使が聖母の周りに半円を形成します。聖母は今イエズスの
聖心に接吻なさいました。また、御胸に汚れなき御心が見えます。聖母は
十字架の印をなさいました。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。

--------------------------------
わが神なる息子と共に教会のために重い十字架を担っている全ての子らは、
教会と世に対する目に見える印となるでしょう。
--------------------------------
聖母:
 あなたに挨拶します、大切な息子、神的愛の「リトル・ペブル」、「リト
ル・ペトロ」、神なる息子の地上の家の未来の教皇よ。また、あなたがたに
挨拶します、「リトル・バルトロメオ」、「リトル・ヨハネ」、小さき娘
ノラ、「リトル・グレイン」、ここに私の前に集まった全ての美しき「花」。
甘美なる子らよ、そして世界中にいる全ての子供たちよ、あなたたちに挨拶
を送ります。私は神なる息子イエズスの聖心を通じて皆に挨拶します。

 このタベ、私は「リトル・ペブル」に深遠な意味のある光景を見せました。
教会は十字架につけられているからです。小さき息子がこのタベ描写したこ
とは、子らよ、あなたがたが今直面しようとしている時代についての一つの
示唆を与えるものです。地上の神秘的教会は、その「カルワリオ」を通過す
るでしょう。私の神なる息子と共に教会のために重い十字架を担っている全
ての子らは、教会と世に対する目に見える印となるでしょう。それは、数多
くの印が人類に与えられる時が迫っているからです。最初に警告として。
第二に慰めとして。第三に罪人の回心のために、信仰に対する艱難のこの長
い年月の間に離れ迷ってしまった多くの者たちを群れへと連れ戻すためです。

 私の神なる息子は、数多くの印が、今、神の御言葉を告白する者たちを通
して彼らの肉体と霊魂に与えられることをお望みです。とりわけ、聖にして
母なる教会の子ら何名かの目に見える聖痕によってです。子らにとって、な
ぜ神なる息子が子らの霊魂の内に受難を再び生きつつあるのかを理解するこ
とは重要です。それは人類が弱くなってしまったからです。彼らは信じない
でしょう、見ない限りは。そして、いくらかの者は見ても信じないでしょう!
神なる息子が地上を歩かれた時そうだったように、今度もまたそうなるで
しょう。キリストは、彼の栄光のため、罪人の救いのために捧げられた霊魂
の内に、地上を歩いておられるのです。

--------------------------------
神が大いなる印や不思議を与えられるとき、弱い者や悪い者を回心へと導く
ために、懲罰が伴うでしょう。
--------------------------------
 甘美なる子らよ、信仰へと立ち帰らせ、あるいは強める印のみならず、印
と共に十字架がもたらされる時代へと入りつつあります。この十字架は世の
子らのために自らを捧げる霊魂だけのためのものではありません。むしろ、
弱くなっている者のため、神を否定している者のためです。神は他の御怒り
の印をお示しになるでしょう。それは、神が大いなる印や不思議を与えられ
るとき、弱い者や悪い者を回心に導くために懲罰がそれに伴うからです。そ
れゆえ甘美なる子らよ、今宵告げることをよく考えなさい。

 あなたがたのうちの多くは堅忍のうちに待ち続けてきました。神が約束さ
れたいろいろなしるしを通して、神が自らを人類にお示しになるのを待ち続
けてきました。あなたがたの祈りは聞き入れられています。けれども祈りな
さい、甘美なる子らよ、多くの心が、とりわけ権威ある地位についている聖
にして母なる教会の多くの者たちの心が開かれるように。彼らが古のファリ
サイ人や最高法院のようにならないように。主の来臨前の人々が決して見た
ことがなかったような奇跡や印、不思議を主がもたらしたにもかかわらず、
キリストを断罪した権威ある地位の者のようにならないように。教会に神の
言葉を聞かせ、彼らの心をそれに開かせなさい。そして、人類が信仰の弱さ
によって盲目であり続けないように過去の出来事から学びなさい。今はまた、
私の娘ソーンブッシュにとって非常に重要な時期でもあります。彼女は今
「受難の眠り」に入っています。しばらくその状態に留まるでしょう。教会
を助けるため、キリストの代理者を助けるため、愛のリトル・ペブルを助け
るため、二つの修道会を助けるためです。それゆえ彼女のために祈ってくだ
さい、甘美なる子らよ。また、この十字架と受難を共にしている愛のリトル・
ペブルのためにも祈りなさい。そして非常にまもなく、教化と聖化のために
あなたがたはこのことの証人となるでしょう。私たちが呼んだ者たちは他に
も数多くいます。彼らは生涯を、自己の全てを罪人のためのいけにえとして
捧げています。彼らのために祈りなさい!

 甘美なる子らよ。まもなく教会暦においてイエズスが「お生まれになる」
時に入ろうとしています。降誕節についてよく考えなさい。わが神なる息子
が世の中にお生まれになった神秘について考えなさい。なぜイエズスが人類
のために地上に来られたのかについて黙想するために時を費やしなさい。
甘美なる子らよ、イエズスの誕生、この偉大なる祭日が生活において近づき
つつある時に、時間を怠惰に過ごしてはなりません。多くの者が救い主の
誕生の真の意味を忘れて、この祭日を世俗的な性質の祝いとして祝っていま
す。わが神なる息子の死と復活の祝いについても同様です。

 今や平和が支配していると世は信じています。全ては平穏であるように見
えます。世界や各国の指導者によって多くの条約が締結されてきているから
です。しかし人類は、短い時間の間にこの世俗的な平和は憎しみへ、死へ、
そして数多くの霊魂の破壊へと消滅していくということをほとんど理解して
いません!

--------------------------------
私の神なる息子の地上の家の指導者である司教、枢機卿が話すことは用心し
て聞きなさい。ローマから来るもの全てがヨハネ・パウロ2世からきている
わけではないからです!
--------------------------------
 私が告げることを良く考えなさい、甘美なる子らよ。神の印が生活にもた
らされれば、怒れる神の印も共にもたらされるのです。まもなく神なる息子
や私、そして聖人や天使の涙を流す数多くの像のことを耳にするでしょう。
悲しみの涙、いけにえの血、希望の油を流す像のことです。そうなったら
甘美なる子らよ、艱難があなたがたと教会に降りかかることを知りなさい!
ペトロに忠実であり続けなさい。キリストの代理者から離れてはなりません。
教会のうちに、私の神なる息子の地上の家に堅く留まり続けなさい。神なる
息子の地上の家の指導者である司教、枢機卿が話すことは用心して聞きなさ
い。識別し、賢明でありなさい。真理の言葉に忠実でありなさい。なぜなら、
ローマから来るもの、司教、枢機卿から来るもの全てがヨハネ・パウロ2世
から来ているわけではないからです。

 それゆえ注意しなさい。よく聞きなさい。時の中の時は既にあなたがたの
上にあります。甘美なる子らよ、信仰を学ばなければなりません。信仰を守
るためには信仰を知らなければならないからです。甘美なる子らよ、キリス
トの代理者は、これまで薄められ取り除かれてきた多くの教えを明確にする
ために全教会に向けて話すことを望んでいます。聖なる教皇は教父たちの
信仰を再確認するでしょう。それゆえよく聞きなさい。真の従順とは何かを
学びなさい。真理に従うか誤謬に陥るかはこの従順いかんによります。

 教会が感染している多くの異端は偽りの従順によってもたらされたのです。
そのことから学びなさい。たとえ時間は今非常に素早く進みつつあるとして
も、あなたがたは時間を持っています。聖書には次のように言われています。
「キリストは人類のために時を縮められる。さもなければ誰が救われるであ
ろう?」 メッセージを再読しなさい、甘美なる子らよ。これに時間を費や
すことは今非常に重要です。自分自身の望みや必要、自分自身の楽しみを追
い求める時間を減らしなさい。信仰を知り、信仰のうちに堅忍と剛毅の聖寵
を求めて祈ることに時間を使いなさい。私たちが多くの多くの聖人を与えて
きたのはこのためです。この聖人たちはあなたがたと同じく生きていました。
しかし彼らは「御言葉」に真に従ったがゆえに聖人となったのです。わが神
なる息子の聖心、そして私の御心は、常に避難所、力となるでしょう。私た
ちの聖心は分離しえないからです。

リトル・ペブル:
 聖母の御心が御胸から離れてイエズスの聖心へと移動するのが見えます。
それらは一つになりました。聖霊が二つの聖心の上におられます。

--------------------------------
来年に向けてよく準備しなさい。それは本当に艱難の年となるからです。祈
ることを決して止めてはなりません!
--------------------------------
聖母:
 勇気を持ちなさい、甘美なる子らよ。恐れないでください。天が約束した
ように、主を愛し仕えようとする全ての者には多くの素晴らしい賜が用意さ
れているからです。来年に向けてよく準備しなさい。それは本当に艱難の年
となります。祈ることを決して止めてはなりません。できれば祈りを増やし
なさい。あなたがたはまだ祈りの力を悟っていません、甘美なる子らよ。求
めなさい、そうすれば与えられるでしょう。尋ねなさい、そうすれば見出す
でしょう。わが神なる息子の聖心の戸を叩きなさい、そうすれば戸は開かれ
るでしょう。そして心は聖寵、知識、愛で満たされるでしょう。聖なる教皇
のために祈りなさい、甘美なる子らよ。彼の道は刻々ますます困難になりつ
つあります。彼の終わりは非常に近いのです。しかし彼は、私たちが彼を
天国へ連れて行く前に多くのことを成し遂げなければならないのです。

 甘美なる子、ノラよ、あなたがわが神なる息子の家「オリーブの園」に来
たことを嬉しく思います。あなたがた今養われつつあるのは神なる息子に
よってです。甘美なる子よ、あなたの心が重いことを知っています。しかし、
思い煩ってはなりません。私たちが神の神聖なる御計画について学ばせるた
め、あなたを強めるためにここへ遣わしたからです。

 わが娘よ、本当にあなたに言います。あなたのミッションはまだ完全には
始まっていません。聖ペトロと共に、心と歩みにおいて、「真理の水」の上
に「信仰の行い」をしなさい。そうすれば故郷にある「リトル・ナザレト」
に戻るとき、特別な光が心に与えられるでしょう。

 私のマントであなたとイギリスの全ての子ら、そして世界中の全ての子ら
を包みます。そして、神なる息子イエズスと共に、あなたを祝福します、わ
が娘よ。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 私はここにいる、そして世界中にいる皆を祝福します − わが神なる
息子の聖心を通して聖心によって − そして私たちのうちに住まわれる
聖霊の力によって。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。
(ラテン語で)

リトル・ペブル:
 聖母は微笑み、二つみ心を差し出されてそこにお立ちになっておられます。
そして、これらのみ心から私たち皆に向けて莫大な光が発しています。

 聖母は御腕を広げられました。聖母の左袖のところに数多くの小さな赤い
心があるのに気づきました。それらには小さな十字架がついています。たっ
た今私の守護の天使は、彼らは犠牲の霊魂だと言われました。それはとても
美しく見えます。それは聖母が今とても嬉しそうに微笑んでいらっしゃるか
らばかりではありません。

 天から聖堂の中に落ちて来るバラが見えます。その香りを極めてはっきり
と嗅ぐことすらできます。それは非常にたくさんあります。聖なる天使たち
がそれを投げているのだと思います。あたり一面がバラで満ちています。美
しい眺めです! 聖母の御足の下には聖ベルナデッタの柩に似たガラスの柩
があります。しかし、この柩の中には「ソーンブッシュ」がおり、彼女はと
ても聖ベルナデッタに似ています。彼女は眠っているのでとても平和そうに
見えます。柩の中にはバラを含む数多くの種類の花があります。「ソーン
ブッシュ」は眠ってはいますが、今微笑んでいます。どのようにかは聞かな
いでください。聖母も「ソーンブッシュ」の上に十字架の印をなさりながら
微笑み続けておられます。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 「ソーンブッシュ」と柩は今消え去りました。聖母が誰か他の人を通じて
お話しになることを望まれるかどうかを知るために待つことにします。しば
らく黙っていましょう。

 聖母の光は非常に力強く聖堂全体を満たしています。聖母は他の幻視者た
ちに内的にお話しになるつもりであるとおっしゃいました。今私に個人的に
お話しになります。祈りを続けましょう。私は聖母に、この机の上の全ての
品々を祝福してくださるようにお願いします。

(祈りが続けられる)

 聖母は私に多くの事柄についてお話しになりました。私は今夜はどのよう
な称号のもとに来られたのですかと聖母にお尋ねしました。聖母は「バラの
王国におけるバラの元后」として来られたとおっしゃいました。この王国は
私の知るところでは天の新しいエルサレムにある王国で、そこにある数多く
の王国のうちの一つです。

 聖母はお持ちになっていたロザリオをお取りになり、ノラの方向へ行かれ、
ロザリオを彼女に掛けられました。そして再び全てのバラを祝福なさいまし
た。新しく生まれる子らのために、彼らが世の「光」となるように、彼女ら
に非常に「顕著な」聖寵が与えられました。それは特別な祝福です。聖母と
主は二つのみ心を通してロザリオを祝福なさいました。ここにある全ての
品々はイエズスとマリア両方の祝福を受けました。聖母はまたブロウサード
神父様の十字架をお求めになり − それには既に数多くの聖寵が与えられ
ていますが − それに識別の特別な聖寵を授けられました。聖ミカエルも
それを祝福なさいました。加えて、聖センチミンタリウス、聖サクラメッサ
ギュス、聖ベネディクトが一瞬の間に、その十字架を祝福するためにその中
に飛び込みました。彼らがぱっと現れてばっと消えるその様子が私は好きで
す。

 聖母は私に二つのみ心をくださり、それらを私の霊魂の内に置かれました。
私は聖遺物を持っています。恐らくそれは適切な言い方ではないでしょう。
それは本物の物質的な聖霊の羽で、聖母がおよそ二年前に私にくださったも
のです。私がヨーロッパに行った時、初めてそれは私に物質的に与えられま
した。聖母はそれについて何度かソーンブッシュに話されました。「ヘッジ
ローズ」にもです。これは鳩の姿の聖霊の本当の一部分なのです。私はそれ
を銀のロケットに入れて持っています。いつかそれを皆さんにお見せしま
しょう。私はそれを聖母に捧げ返しました。聖霊は二つのみ心から出て来ら
れてロケットの上にお立ちになりました。

 聖母は神父様にうなずかれて、最後の祝福をするようにお望みになりまし
た。全能の神、聖父と聖子と聖霊の祝福が皆の上にあるように。アーメン。
(ラテン語で)

聖母:
 祝福を皆に、わが神なる息子イエズスによって贈ります。とりわけ使徒、
弟子、未来のクイーン、プリンセス、バロネスたち、全ての真理の戦士たち
に、聖心の修道会に、聖シャーベル修道会に、汚れなき御心の修道会に贈り
ます。そして、この祝福を全ての新しい創設に贈ります。皆を堅忍のうちに
強めるために。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 甘美なる子らよ、祈りを続けなさい、それらは今本当に人類のために必要
とされています。


----------------------------------------------------------------
3.メッセージによせて
----------------------------------------------------------------
 まだ今のところ、あなたは他の宗教に属しているでしょうし、それは仏教
か神道だと思いますが、いずれにせよ、あなたの宗教には「修行」というも
のがあるはずです。ローマカトリック使徒教会にも、もちろん修行がありま
す。その修行では認識すべきことがまずあります。ひとつは自分があらゆる
罰を受けるに値する罪人だということです。無限の善である神を数々の罪で
侮辱した自分が、無限の罰で永遠に罰せられて当然だということです。しか
しあなたを神様は永遠の幸福に招いています。いったいあなたが受けるべき
無限の罰はどこにいったのでしょうか。あなたの身代わりになってイエズス
様とマリア様がそれを受けたのです。これがあなたに対する神の「いつくし
み」の最たるものです。

 ふたつめがこの神のいつくしみ深さの認識です。この二つの認識を両方と
もマリア様のひざの上で、マリア様の胸に抱かれつつ、マリア様とお話しし
ながら、自分一人でではなく、マリア様とともに深めるのです。そして、あ
なたの我意、つまり本来のあなたの傾きは、完全に悪に傾いており、罪の行
ないと悪徳を好んでいるので、神様の助けがなければ、罪と悪徳しか行えな
いということを認識し、絶えず神に反抗する自分の我意を殺し、滅すことに
力を注ぐことです。

 やさしい言葉で言えば、自分を喜ばせることを行なうかわりに、マリア様
が喜ぶことを行なうのです。自分の利益を思わずに、マリア様の利益を思う
のです。自分の好みを捨て、マリア様の好みにゆずるのです。自分の意志を
実行せずに、マリア様の意志を実行するのです。すなわち、マリア様があな
たの立場だったら、思い、話し、行なうと考えられることを、あなたがマリ
ア様の代理として行なうのです。イエズス様とマリア様はあなたの代理とし
て、無限の罰の苦しみを受けて下さったではありませんか! このいつくし
みを深く認識するなら、感謝に燃えて、喜んでイエズス様とマリア様の代理
を務めることができますよね!

 あなたは日常のさまざまの場面で、マリア様ならどのように対処なさるか、
ロザリオをささげつつ、黙想してください。マリア様はあなたの霊魂を照ら
し、インスピレーションで答えを与えてくださいます。こうしてあなたは
修行の認識の面においても、修行の実践の面においても必ずマリア様を相談
相手して、マリア様に導いていただくのです。洗礼を受けていなくても、
メッセージを読んだあなたは、今からこの修行を始めてくださいね。


----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1994年1月1日
リトル・ペブルに(抜粋)

 今、世界中の多くの人々がイエズスは神の子ではないと主張しています。
わがいとしき子らよ、あなたがたはこれを護らなければなりません。ローマ
の聖なる代理者は、このような時が来るのをよく知っていました。彼は今、
母なる教会を擁護するための文書を準備しています。知ってのとおり、天に
もかつて、良き天使たちと弱き天使たちの間に大きな戦いがありました。こ
れは純粋な知性による霊的な戦いでした。今、これは私たちの子らに与えら
れています。多くの祈りを伴う純粋な信仰と、真実に対する従順によって
のみ、わが子らは護るべきものが何であるかを知ることができるでしょう。
「岩」とともに、ヨハネ・パウロ2世とともに堅く留まりなさい。彼のみが
不可謬だからです。

 私の神の子の地上の家における分裂は、ますます激しいものになります。
ルシファーは信仰の物質的形跡さえ破壊しようと望んでいるからです。永遠
なる御父は彼に時を与えられました。だから、わがいとしき子供たちよ、世
界中の「小さき者」を強めるために、あなたがたの祈りを私は必要としてい
ます。戦いは霊の戦いです。あなたがたは自らの理解をはるかに超えた力に
よって、権天使たちと共に戦っているのです。だから準秘蹟を忘れないよう
に。これらがあなたがたを護ります。

 ローマの教皇のために祈ってください。最後の時に向かって立ち上がった
使徒と弟子たちのために祈ってください。わが神の子イエズスが今、地上に
築きあげようとしている新しい君主政治のために祈りなさい。真理の軍隊を
率いるであろうフランス国王のために祈りなさい。子供たちはまもなく、
反キリストとの戦いを見るでしょう。ですから十分、心して、そして祈りな
さい。

 わがいとしき子らよ、あなたがたが過去12か月間にくぐった試練は、こ
の後12か月間で更に厳しいものになるでしょう。だから祈りに心し、新し
い教義のために祈りなさい。なぜなら、それは聖にして母なる教会のために
重要だからです。全ての恵みの「仲介者」、「共贖者」の教義です。


----------------------------------------------------------------
5.編集後記
----------------------------------------------------------------
「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は5月4日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Jean-Marie S.  Kolbe-Marie A.
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%7%%




[HOME] [戻る]