「箱舟の聖母」バックナンバー
2003年4月20日号No.148

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 聖シャーベル修道会
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2003年4月20日号 No.148

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%4%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 3.メッセージによせて
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.編集後記

----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合 
----------------------------------------------------------------
【第8章】

 あなたが「超楽観主義者」になりたいならば、神の全き善さのおかげで
「すべてうまくいっていること」、「今後もすべてうまくいくこと」、「悪
いことは何ひとつ起こらないこと」を、真理として受け入れますね。という
ことは、起こることは、あなたにとってすべてよいことなのですから、もう
誰も、何をも恐れてはいけません。恐れるなら、まだ、神の全き善さを疑っ
ていることになります。

 人を、そして人がもたらすもの恐れるとは、例えば、相手が悪い人かも…、
敵かも……、いやな人間かも……、損害や迷惑をかける人かも……、相手に
だまされるかも……、裏切られるかも……、傷つけられるかも……、利用さ
れるかも……、悪口を言われるかも……、笑いものにされるかも……、軽蔑
されるかも……、などなど、という恐れです。この恐れのせいで、特に日本
人である皆さんは、人を信じることができないし、心を開くことができない
し、すぐに、しかも、しょっちゅう人に反感を抱くのです。しかし、超楽観
主義者になるべきあなたは、人を信じようという意志でもって、人を疑おう
という今までの意志を追い出してください。今までのあなたの行動が人に対
して閉鎖的なので、あなたは、あなたの内面に持っているものを人に見せる
ことも、与えることもしていません。あなたは心を開くという行為をし、あ
なたがいつも人に心を開いている状態になるまで、それを行い続けてくださ
い。あなたの感覚が、人に対する反感をほんの少しでも抱くなら、直ちにそ
の不必要ないわれのない反感を自分で否定し、自分の感覚性を抑えるように
その都度戦ってください。誰に対しても反感を抱かなくなるまで戦い続けて
ください。こうしてあなたは理性、意志、行為、感覚を同時に変化させてゆ
きます。これが全人格的な変化となるのです。動物徳においても、徳は繰り
返し実践し、習慣になるまで続けることで定着するのです。

 ところで、マリア様が望んでおられる「一致」の基礎になっているものは、
実は自然徳のレベルの徳で、それは、友情と話し合いと公平な愛の3つです。
自然徳の土台である動物徳の「人を信じる」、「人に心を開いている」、
「人に反感を決して抱かない」という3つは、この順でそれぞれ「友情」、
「話し合い」、「公平な愛」に直結していくのです。それを説明しましょう。


----------------------------------------------------------------
2.全出現の聖堂でリトル・ペブルに与えられたメッセージ
  − No.499 1995年11月1日 諸聖人の祝日 −
----------------------------------------------------------------
(このメッセージはミサの後、12時30分に始まり午後2時に終った)

リトル・ペブル:
 ミサの終わりに私の守護天使メノローティスが聖母とともに現れ、幻視が
与えられるので祭壇の方を見るようにおっしゃいました。私はそれを描写す
ることになっていました。

 白い十字架が現れました。聖ミカエルもです。彼は剣を祭壇に向けて投げ
られました。彼の盾の「しるし」が見えます。彼は戦士の服で、それは白と
金の服です。「しるし」は聖櫃の上にも見えます。それは非常に明るくなり
ました。聖母はミサ後、十字架が現れる前に消えて行かれました。白い十字
架から光の扇が発して、それは聖堂で花開いているバラの茂みを伴った「道」
を形成しています。それぞれの茂みの間に天使たちがおられます。聖櫃の上
に明るく輝く金の十字架が見えます。とても明るい光がこの十字架から発し
て私を優しく照らしています。

 今聖母が見えます。栄光のうちに光の「道」を降りて来られます。光の球
の上に立っておられます。聖母の後方には数多くの諸天使、諸聖人がおられ
ます。聖母は威厳に満ちた服装をしておられます。御頭の上には輝く12の
星があります。聖母は光の上に立っておられ、御足の下には緑色の蛇が見え
ます。聖母はその頭を左足で踏まれ、そこには御傷があり、それは私の傷と
似ています。

 私の左足にある傷は今輝いています。聖母の御傷のうちには白い十字架が
あり、私の傷のうちにもあります。この十字架は光を放って輝き、その光は
蛇の目を射て眩ませています。今「しるし」が聖母の上に現れました。十字
架が聖母の御胸に現れました。そこには主が釘付けにされておられ、主は生
きておられるように見えます。聖母は御腕を伸ばされました。聖母は御手に
二つの巻物を持っておられます。右の御手にお持ちの巻物にはロザリオが巻
きつけられています。輪がその巻物をとめています。聖母の左手には金色の
リボンが巻かれたもう一つの巻物があり、およそ6インチ程の十字架像が結
びつけられています。聖母は微笑んでおられます。

 聖母の周りに半円をなして新しい12使徒が来ました。「リトル・ペトロ」
は聖母の右に跪き、白いチュニクと赤いケープを着ています。「リトル・ヨ
ハネ」は聖母の左にいて同じく跪き、赤いチュニクと金のケープを着ていま
す。皆「しるし」を持っています。「リトル・ペトロ」の隣に「リトル・バ
ルトロメオ」が見えます.「リトル・ルカ」は「リトル・ヨハネ」の隣にい
ます。彼は12使徒の一人ではありませんが、12使徒の後ろにいるのです。
私はこれまで彼を見たことがありません。聖母は巻物を「リトル・ペトロ」
と「リトル・ヨハネ」にお渡しになります。

聖母:
 私があなたに告げたことを繰り返しなさい、愛する息子よ。私はあなたを
祝福します、真理の「岩」、「リトル・ペトロ」、私の神なる息子の未来の
代理者よ。あなたに挨拶します、「リトル・ヨハネ」、「真理の鷲」。あな
たたちに挨拶します、「リトル・バルトロメオ」、「リトル・ルカ」。あな
たたちに挨拶します、終末の時代の使徒、弟子たちよ。私は全ての未来の
クイーン、プリンセス、天にまします御父の選ばれた全ての者に挨拶します。
御父は御子と私のうちに住まわれる神の霊と一つにして同じ神であられ、私
は神秘的な娘として聖三位のうちに住んでいます。私は天のエルサレム、
地上における神の教会の従順な婢です。私は三位一体の神のうちにあなたた
ちを祝福します。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 今日、私は「黙示録の元后にして神秘的なバラ」として来ました。私が
「リトル・ペトロ」と「リトル・ヨハネ」に与えた巻物は、神なる息子イエ
ズスの将来の教会の力です。彼らは教会の新しい使徒たちと弟子たちに助け
られて、神なる息子の地上の家を特別な仕方で再建する柱です。

 地上の神秘的教会は、一つの聖なる清き教会である体として一致しなけれ
ばなりません。それは選ばれた柱と新しい使徒たちの指導のもとに、「現在
の」地上での教皇ヨハネ・パウロ2世の権威のもとに、そして将来には教皇
ペトロ2世の権威のもとに統治されます。ペトロ2世とは神的愛の「リトル・
ペブル」に他なりません。

--------------------------------
邪悪なる者の謀計(はかりごと)と罠が打ち砕かれ、真理が広まるのには多
くが一致にかかっています。
--------------------------------
 私は全ての子らが一致し、「光のチーム」として共に働くように呼びかけ
ます。あなたたちが一致するなら、真の教会は一致し、聖にして母なる教会
のための多くの実が結ばれ、聖なる教皇は彼の使徒的位階制とともに、地上
の全ての様々なミッションに対する承認と支持と励ましを与えることができ
るようになるからです。神の偉大な計画を信じ確認するために、各ミッショ
ンはこの一致に至らなければなりません。共に働きなさい、神的なる真理の
「戦士たち」よ。落胆してはなりません。一つの「真理の軍団」として共に
前進しなさい。邪悪な者の謀計と罠が打ち砕かれ、真理が広まるためには多
くがこの一致にかかっているのです。

 甘美なる子らよ。互いの違いと弱さを脇へ置いて共に働きなさい。教会が
新しい夜明けへと、信仰の英雄の新しい光へと立ち上がることができますよ
うに。神に向かって「はい」と言うことを恐れてはなりません。赦しを請う
ことを恐れてはなりません。意見が違うからといってともに働くことを恐れ
てはなりません。そうでなく、真の一致の橋を築きなさい。

--------------------------------
論理は脇へ置かなければなりません。祈りが神の計画の真理を理解し認識す
ることを助けるでしょう。
--------------------------------
 今や選ばれた子供たちは神の計画の真理を認識する時です。たとえ論理的
思考ゆえにそれを理解していないとしても。理屈は脇へ置かなければなりま
せん。人間的理解は脇へ置かれなければなりません。甘美なる子らよ、理解
するために祈りなさい。

 反キリストの時は近いのです。黙示録の成就の時は近いのです。今、共に
立ち上がりなさい。そうすれば強くなって前進するでしょう。私はあなたた
ちに、ヨハネ・パウロ2世のもとの一人の指導者を送りました。それは「清
き岩」、「リトル・ペブル」、ヨハネ・パウロ2世が私たちのところに来た
後にペトロ2世となる者です。これは非常に近いのです! 私はまた「リト
ル・ヨハネ」を遣わしました。彼は「リトル・ペテロ」の援助者です。この
二人の柱が光の子らに一致をもたらすのを助けるでしょう。

--------------------------------
一致した強力な「真理の軍団」においてのみ、教会と世は反キリストと戦い、
来たるべき非常に困難な時期に打ち勝つために導かれ、強められるのです。
--------------------------------
 私はまたあなたたちに世の光となるべき他の使徒たちを送りました。けれ
ども、彼らが一つのチームとして一致しない限り、彼らは光となることはで
きません。地上の戦闘の教会のための一致と助けは、粉々になった神秘的教
会のうちにはないからです。一致した強力な「真理の軍団」においてのみ、
教会と世は反キリストと戦い、来たるべき非常に困難な時期に打ち勝つため
に導かれ、強められることができるのです。

 まもなく私は「リトル・ヨハネ」を助けるために「リトル・ルカ」を遣わ
すでしょう。この時代のための二人の福音史家は、来たるべき教会のために
多くの指示を受け取るでしょう。同様に、私は「リトル・ペトロ」に強力な
助けとなる二人の神秘家を遣わしましょう。それによって、教会と世で始まっ
ている大いなる混乱の間、教会の将来の「帆船」は神秘的教会と地上の戦闘
の教会を導くのに十分な導きを得るでしょう。

リトル・ペブル:
 聖母は私に、見るようにおっしゃいました。「リトル・ペトロ」の隣に
「ソーンブッシュ」を、彼女の隣に12人のクイーンと72人のプリンセス
とが見えます。皆は各人を互いに結びつける特別なロザリオを持っています。
「ソーンブッシュ」は左手を私の方へ差し伸べました。ロザリオは彼女の手
と私を結びました。もう一方の側に「リトル・ヨハネ」の後ろに弟子たちの
姿が見えます。彼らもまた互いに結びつけるロザリオを持っています。一人
の弟子がその手を「リトル・ヨハネ」の肩に置きました。「リトル・ペトロ」
と「リトル・ヨハネ」の両者は聖母の御手の方へ手を伸ばしています。そし
て神秘的な光が二人の使徒を聖母に結びつけます。この光は今聖母の手から
使徒へ向けて発して、それから結びつけられた皆に達します。光は今、他の
使徒たち弟子たちへと達し、更に使徒たちの後ろにいる数多くの神秘家たち
へと達します。

 天使たちは今、各人の上に立ち、光の「ドーム」を置きます。そして彼ら
の上に数多くの花を置きます。それが今、虹を形作りました。聖母は今非常
に明るく輝かれ、虹の頂点へと向けてゆっくりと上昇され始めました。素晴
らしい教会が今虹の上に形作られました。

 今、聖三位一体が三角形の光のうちに来られ、聖母の方へと向かわれるの
が見えます。聖母の御胸にある生きた十字架像は聖母の御胸から離れて三位
一体に加わります。聖母は今、三角形のうちにイエズスの下におられます。
聖霊は祈っておられる聖母の上に浮かんでおられます。

 今、7位の大天使が聖なる光の三角 − 聖なる三位一体 − の上に現
れました。一番上におられる聖ミカエルは剣をお持ちです。他の天使たちは
封印をお持ちです。聖母は再び降りて来られ、私たちを祝福なさいます。

聖母:
 聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。

リトル・ペプル:
 聖三位一体も同じようになさいます。私は再び「しるし」を見ることがで
きます。今、聖母は私に書くことをお望みになりました。

聖母:
 貴き甘美なる子らよ。もう一度私は、祈り、堅忍するように呼びかけます。
「時の中の時」は今です。多くの自然の乱れが今地上に来ようとしています。
正義の天使たちは神の命令を待っています。絶えず祈りなさい。そうすれば
地上の教会が神の御計画を悟るようになるのです。一つの大懲罰が地上に近
づいています。準備していなさい。子供たちよ、目を覚ましていなさい。
本当にあなたたちは、何が急速に近づきつつあるのかを知らないからです。
まもなく人間は恐怖と神への畏れのうちに立ち尽くすでしょう。

--------------------------------
一つの大懲罰が地上に近づいています。まもなく地は震えるでしょう。そし
て数多くの命が失われるでしょう。目を覚ましていなさい。準備していなさ
い。まもなく人間は恐怖と神への畏れのうちに立ち尽くすでしょう。
--------------------------------
 まもなく地は震えるでしょう。そして多くの命が失われるでしょう! こ
れは地上に近づいている小さな警告にすぎません。それ故、神の御言葉に注
意しなさい。「カエデの葉」、カナダであなたたちが見たことは、来ること
の小さな兆候にすぎません。この不穏な状況は路上で争いが見られるように
なるまで続くでしょう。邪悪な者が無秩序状態と死、そして,恐怖を私たち
の子らにもたらそうとしているからです。

--------------------------------
世界は戦争、病気、悲しみと苦い涙に満ち溢れるでしょう。私たちの子らが
目覚め、真の信仰と謙遜をもって従わない限り、世界は至る所で死体の墓場
と化すでしょう。
--------------------------------
 祈りなさい、甘美なる子らよ。世界は戦争、病気、悲しみと苦い涙に満ち
溢れるでしょう。私たちの子らが目覚め、真の信仰と謙遜をもって従わない
かぎり、世界は至る所で死体の墓場と化すでしょう。

 私の子供たちが今生きている時代の深刻さを理解するために、まもなく
一つの「しるし」が与えられます。わが子らが、私たちの子供たち全てが神
の真理の道を歩むようになるように、教会も聖なる教皇を通して「しるし」
を受け取るでしょう。

 祈りなさい、子らよ、祈りなさい。この最も悲しい年の終わりの前に災害
が世を打つことのないように。聖なる教皇のために祈りなさい。来年には彼
を待ちうけている大いなる試練は頂点に達するでしょう。枢機卿、司教、
司祭、修道者のために祈りなさい。大いなる試練と苦しみの来年には、大き
な決断が彼らに求められるでしょう。聖にして母なる教会の全ての子供たち
のために祈りなさい、信仰は危機的で、彼らもまた決断しなければならない
のです。

--------------------------------
「リトル・ペブル」のために祈りなさい。彼は極度の反対という非常に重い
十字架を担っているからです。来年、彼の十字架は増し加わるでしょう。彼
は多くの者にとって「真理と希望」のしるしとなるでしょう。
--------------------------------
 未来の教皇、小さきペトロ2世、神的愛の「リトル・ペブル」のために祈
りなさい。彼もまた極度の反対という非常に重い十字架を担っているからで
す。来年、彼の十字架は増し加わるでしょう。けれども、彼は多くの者に
とって「真理と希望」のしるしとなるでしょう。未来の使徒、弟子、クイー
ン、プリンセス、教会の神秘家たちのために祈りなさい。彼らもまた霊魂に
とって甚大な艱難の年となる来年には、多くを求められるからです。世界の
指導者たちのために祈りなさい。世界の諸問題に対する答えが戦争にならな
いように。世界の全ての子らのために祈りなさい。邪悪なことをする者たち
によって彼らが誤って導かれることのないように。一致のために祈り、祈り
なさい、愛する子らよ。新しい創設のために祈りなさい。世界と教会のため
の新しい修道会のためにです。それらが来年、花開くように。私は全ての
大切な子らに、汚れなき御心の呼びかけに注意を払い、来て私に従うように
呼びかけています。私は黙示録の婦人です。私はあなたたちを、生ける水で
ある神なる息子イエズスの緑の牧場へと、真理の聖なるニューエラヘと導く
でしょう!

 私は皆を祝福します。甘美なる子らよ。あなたたち各人に12人の聖人を
導き手、守護者、保護者とし、神的真理の道において助けるために送ります。
あなたたちは教会と世を包むであろう大いなる深刻な棄教と闇の時の導きと
して、天使と聖人のあらゆる助けが必要なのです。

リトル・ペブル:
 私は今数多くの天使、聖人が聖母の後ろから来られて、多くのバラやその
他の花を世界中に分配しているのを見ることができます。聖なる元后は私た
ちを祝福なさいます†。聖三位一体は全ての天使、聖人と共に私たちを祝福
なさいます†。

 聖母は今私の方に来られて私の頭に金の冠を置かれました。それには羽が
ついています − 純白で明るく輝いています − バラや宝石と一緒に。

聖母:
 この冠は子らに、聖三位一体があなたに与えられた特別な聖寵を示すため
のものです。私はあなたを祝福します。聖三位一体のうちに、聖三位一体に
よって†。私はもう一度子供たち皆を祝福します†。愛深き母にして「黙示
録の元后」†

リトル・ペブル:
 今全ては消えました。(私の膝にある傷は非常に痛みました)


----------------------------------------------------------------
3.メッセージによせて
----------------------------------------------------------------
 お母さんというものが、子供にどれほどつくしているかは驚くばかりです。
食べ物がないときは、自分が食べなくても、子供には食べさせようとします。
子供に危険が迫ると、自分の身を犠牲にしても子供を守ろうとします。夜、
昼、絶えず子供のことに気を配り、気も体も休まる間もなくっても、なお喜
んで世話しています。いったい何がこの原動力になっているのでしょう。
動物なら本能でしょうが、霊魂のある人間は、それよりも愛です。愛が原動
力となるとき、人間は喜びをもって日々の十字架を担うことができるのです。

 あなたの生活で今、何%くらいが愛を原動力としての活動ですか? 損得
勘定から、または義務だから、またはよく思われたくて、そして使命感から
とか、愛以外の原動力で活動する時間がほとんどなはずです。それに対して
マリア様はご生涯の間、100%すべての時間、愛を原動力としていました。
しかも偉大な愛をもってです。マリア様は理論的、観念的な愛で神と隣人を
愛したのではありません。聖徳をもって、神への、または隣人の霊・肉両方
への奉仕を持って愛したのです。これをあなたは模倣するようにマリア様に
招かれています。

 愛をすべての活動の原動力とするようにやってみてごらんなさい。喜びが
増え、ストレスが減ります。いやいやながら強いられてやるのはストレスの
もとで、不平不満がこうじます。同じことをやるにしても、愛が原動力であ
れば、あなたのこの世での幸福感はより大きく、後の世の永遠の幸福をより
大きなものとする功徳もつめるのです。たとえばつまらないこと、無意味な
こと、成功の見込みがありそうもないことをやらなければならないとしま
しょう。愛を原動力とするなら、それを神と隣人のためにささげて、大変価
値ある、功徳豊かな行為に変えることができるのです。自分の自由に使える
時間があるときも、愛を原動力とするなら、自分ひとりの楽しみに使うより、
一緒に隣人を喜ばせるように使うことでしょう。こうして周囲の愛をも発展
させ、あなたはまわりを神の愛の影響のもとに変えていく人になるのです。

 そんなふうに一日中、神や隣人を愛するのなんて、疲れきってつぶれてし
まうと恐れるのですか? いいえ、愛することを恐れてはいけません。愛す
れば、愛するほど、お母さんたちのように疲れ知らずの霊魂になれるのです。
「お母さんのためにやるからね。見ててね」、そう言ってはマリア様の喜ぶ
顔を楽しみにしつつ、あれもこれもささげていきましょう。


----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1994年1月1日
リトル・ペブルに(抜粋)

 いとしき子らよ、あなたたちは栄光の時代を生きています。それは旧約の
預言者たち、古き、そして新しき聖人たちに望まれていたものでした。いと
しき子らよ、神なる息子の証人となり、輝かしい力と畏敬の中、彼の「再臨」
に備えることができるとは、あなたたちは何という特権を持っているので
しょう。だから、いとしき子らよ、今世界に、そして神なる息子の地上の家
にある悪しき力からあなたたちを護るために、多くの天使の軍団を連れて来
ていますから、どうか恐れないでください。

 ルシファーと彼の悪霊たちは政府の中、あらゆる権力の場、そして神なる
息子の地上の家にも潜んでいます。なぜなら、今は彼の時だからです。今は
暗黒の時代ですが、私の神なる息子イエズスを通して、私の汚れなき御心を
通して、希望の光はまだ輝いています。全ては失われたかのように見えるか
もしれませんが、わがいとしき子らよ、少なくとも世界の多くの人々には
そう見えるかも知れませんが、そうではありません。今、地上を覆っている
大きな闇の中で、私たちの汚れなきみ心はまもなく勝利し、わが子供たちの
心から闇は取り除かれ、光が彼らの心にあふれ、三位一体の神の善性を理解
する恵みを受けるからです。

 わがいとしき子らよ、まもなくわが神の子にして救い主であるイエズスが
再臨して彼の民を集め、「平和統治」に向けて勝利の行進をするでしょう。
信仰を強く持ち続けたわが子らのために用意された新しい時代です。

 わが子らにとって、来たるこの時こそ試練の時です。あなたたちの信仰が
試され、真実が試される時だからです。準備を整えなさい。ロザリオを手に。
神の子イエズスを心に。なぜなら、あなたがたは皆、真実、信仰の真実に対
する証しを求められているからです。


----------------------------------------------------------------
5.編集後記
----------------------------------------------------------------
「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は4月27日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Jean-Marie S.  Kolbe-Marie A.
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%




[HOME] [戻る]