「箱舟の聖母」バックナンバー
2003年3月30日号No.145

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 聖シャーベル修道会
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2003年3月30日号 No.145

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 3.メッセージによせて
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.編集後記

----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合 
----------------------------------------------------------------
【第5章】

 日本人である皆さんは、特に、人を信じません。「人を見れば泥棒と思え」
という言葉のとおり、猜疑心に満ちています。それは恐れからくるもので、
相手が自分に損害を与えるのではないか、迷惑をこうむるのではないかとい
う考えを持っているのです。

 また皆さんは、同様に神の全き善さを信じません。「さわらぬ神にたたり
なし」という言葉があることに、それがよく表れています。「神様が与えて
くださるあらゆる瞬間のすべての出来事は、私の益となる最高のもの、最善
のものである」という真理をだれも信じていません。一日に数回、月に数回、
またはたまに助けて下さる神というのが、日本のキリスト教信者のイメージ
している神であり、また、何らかの信仰を神仏に対して持っている日本人の
信仰の実態です。これでは信じているというより、信じていないのです。
疑っているのですから。

 もしあなたが言われもなく誰かに疑われたなら、どういう気持ちになりま
すか? あなたはそれを、侮辱と感じるはずです。人を信じないということ
は相手を侮辱することです。日本人は皆、悪魔的悲観主義に非常に毒されて
います。無意識のうちに互いに疑いあうことで、互いに侮辱しあっています。
侮辱しあいながらでは、愛しあうことはできません。一致することもできま
せん。

 夫婦の間の関係を例にとって考えたならよく分かるでしょう。「お前を信
じないよ」と言われるか、言わないにしても、そういう本心を見せられるこ
とがあったなら、心の一致は不可能になりますよね。それは大変な侮辱なの
で、一緒に暮らすことが耐えがたくなってしまうはずです。そんな夫婦は何
と不幸なことでしょう。

 あなた自身も超楽観主義者にならないかぎり、人を疑い、相手を侮辱し続
けます。人に損害を与えられる恐れ、信じれば裏切られるという恐れにとら
われているからです。そして、そういう人はまた、神に対しても全く同じこ
とをしてしまいます。今まで見てきたように、希望の徳による超楽観主義は、
愛と信仰の土台でもあるため、すべての徳の土台なのです。聖ヨゼフや幼き
イエズスの聖テレジアのように、ここから始めない限り、徳を築きあげよう
と努力しても、砂の上に建てた家のように、大水や、大風や、地震で、つま
り試練にあうと、あなたが築いたと思っている徳の建物は、いとも簡単に崩
れ去ってしまいます。反対に、ここから始める人は、固い岩盤を土台として
家を建てる人であり、どんな試練にも耐え抜く建物を作ることができます。


----------------------------------------------------------------
2.カナダのベツレヘム・コミュニティにてリトル・ペブルに与えられた
  メッセージ
  − No.490 1995年8月9日(午後3時) −
----------------------------------------------------------------
リトル・ペブル:
 白い十字架が既に − 祈りの途中に − 出現しています。それは非常
に明るく輝いており、まっすぐ空に届いています。十字架から私たちの方へ
向けて射して来る美しい光の線 − 明るい光の「道」があります。私は今、
十字架の後ろに聖ミカエルがおられるのが見えます。聖ミカエルはこの聖地
に剣を置かれました。

 十字架から明るい光の上を通って数多くの天使が私たちの方へ来られます。
私は聖バラキエルと聖サクラメッサギュス、聖メノローティス、聖センチミ
ンタリウスを見ることができます。いずれの方も非常に明るく輝いておられ
ます。天使は表敬の護衛を形成するために今この建物に飛んで来られます。

 私は今、聖母が十字架を通って出て来られるのが見えます。十字架は非常
に明るく輝いており純白です。多くの天使がおそばについています。聖母は
聖シャーベル修道会の修道服をお召しになっています。そして、非常に速く
私たちの方へ来られます。聖母の後方に聖ヨゼフと聖シャーベルが見えます。
聖シャーベルも修道服を着ておられますが、聖ヨゼフは美しいクリーム色の
チュニックを着ておられ、緑のケープをはおっておられます。聖ヨゼフは今
聖母の右側に行かれます。聖シャーベルは左側に。

 聖母、聖ヨゼフ、聖シャーベルは今この部屋の中におられます。壁にある
十字架像の所におられます。聖母の御頭の上には花で編まれた美しい冠があ
り、また上方には星があります。聖ヨゼフは杖をお持ちです。木の杖です。
そこからユリが生え出ています。聖シャーベルは金色の表紙の本をお持ちで
す。聖母は微笑まれ、司祭の方々をご覧になるときはとてもお喜びのご様子
です。聖母は汚れなき御心から一輪のバラをお取りになり、また別のバラを
お取りになり、更にもう一つのバラ − 三つの金のバラを取り出されまし
た。聖母はバラに接吻なさり、それを聖シャーベルにお与えになりました。
聖シャーベルは今司祭の方々のほうへ行かれ、バラを司祭の方々の魂の内へ
置かれます。そして、聖シャーベルは各人のところへ行って各人を祝福なさ
います。聖シャーベルは素早く聖母の隣に戻られました。

 聖母はとてもお幸せそうです。聖母の御召し物の横に、私は美しいロザリ
オを見ることができます。聖母はロザリオの十字架像をお取りになり − 
それは15連のロザリオです − イエズスに接吻なさいます。

聖母:
 聖父と聖子と聖霊の御名によりて。アーメン。

 私の愛する息子、愛のリトル・ペブルよ、私の愛する司祭なる息子たち、
そしてここに私の前に集まった全ての甘美なる子らよ。私は汚れなき御心か
らあなたたちに挨拶し、「リトル・ベツレヘム」へ歓迎します。大いなる喜
びと共に、私は子らに、私の神なる息子イエズスからの多くの聖寵を届けに
来ました。堅忍の聖寵、慰め、力づける聖寵を。この来たるべき日々におい
て、私は神なる息子と共にしばしばあなたたちのもとへ訪れるでしょう。神
なる息子があなたたちに歩むことを望んでおられる道を見出すことを助ける
ために。勇気を出しなさい、甘美なる子らよ、神があなたたちを愛しておら
れることを知りなさい。

 多くの聖寵があなたたちに与えられるのは、汚れなき御心を通してです。
聖寵を受け取るために心を開きなさい。あなたたちは自由意志を持っている
からです。神は決して御旨を強制することはありません。甘美なる子らよ、
あなたたちは選ぶ自由を持っているのです。いつもと同じく、私は世界中を
旅して、子らに聖なるロザリオを祈るようにお願いしています。

 この祈りを通して、神の霊によって力づけられ照らされるのです。祈りな
さい、甘美なる子らよ。聖にして母なる教会のために祈りなさい。教会はそ
の構成員において弱くなっています。彼らが教皇に聞き従わないからです。
彼らは私の勧告の言葉を聞こうとしません。教会のために祈り、犠牲をしな
さい。世界は大いなる危険のうちにあり、非常に祈りを必要としています。

 そして私の前に集まっている子ら、そして聖シャーベル修道会と汚れなき
御心の修道会の全ての子らに言います。私はあなたたち皆を真の奉献の生活
へと呼びます。心の依託、留保なく神なる息子の御旨へ自分自身を委ねるこ
とへと呼びます。恐れてはなりません、甘美なる子らよ。神なる息子はあな
たたちを見捨てることはありません。あなたたちには今多くの聖寵が差し出
されています。

 私はあなたたちを愛しています、甘美なる子らよ。私は汚れなき御心を
避難所として与えます。私は、私が主の内に住まう如く、私の内に住まわれ
る神なる御子イエズスを通して祝福します。聖父と聖子と聖霊との御名によ
りて。アーメン。

 愛する司祭なる息子たちへ言います。真理の武器を取りなさい、甘美なる
息子たちよ。神なる御子の光のうちに立ち上がりなさい。あなたたちは聖に
して正義なる全てのことを擁護し、真理を証しするように呼ばれています。
教皇ヨハネ・パウロ2世を擁護し、聖にして母なる教会の真の教えを擁護し
なさい。真理を擁護することで非常に迫害されるでしょう。ですから、汚れ
なき御心のうちに避難しなさい。私は真にあなたたちの母です。

 為すべきことは多くあります、甘美なる息子たちよ。収穫は大きいのです。
多くの霊魂が真理を求めていますが、彼らは従う牧者を持っていません。あ
なたたちは私の羊である彼らを、神なる御子のもとへ導く私の牧者となるで
しょう。勇気を出しなさい。私は共にいます。私は祝福します。愛する息子
たちよ、汚れなき御心の愛する息子たちよ。聖父と聖子と聖霊との御名によ
りて。アーメン。

リトル・ペブル:
 聖ヨゼフと聖シャーベルも十字架の印をなさいます。

聖ヨゼフと聖シャーベル:
 聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。

聖母:
 私が小さき息子と話している間、祈りを続けなさい、愛する子らよ。

リトル・ペブル:
 聖母は三人の司祭の方々に人々を祝福するようお望みです。

三人の司祭:
 全能の神、父と子と聖霊が汝らを祝福し給わんことを。アーメン。
 (ラテン語で)

聖母:
 私はあなたたちに感謝します、甘美なる子らよ。私の神秘的「ひまわり」
から接吻を贈ります。勇気を出しなさい、娘たちよ。私はあなたたちを神な
る息子へと導きます。私は今、皆を祝福します。聖父と聖子と聖霊との御名
によりて。アーメン。

リトル・ペブル:
 聖母は素早く、多くの天使たちと聖ヨゼフ、聖シャーベルと共に空の白い
十字架へと帰って行かれます。聖歌を歌いましょう。

(聖歌が歌われる)


----------------------------------------------------------------
3.メッセージによせて
----------------------------------------------------------------
 お母さんが大好きで、お母さんの喜びを自分の喜びにしている子は、お母
さんを困らせたり苦しめたりしないようにしています。それとは逆に、お母
さんが困ろうが、苦しもうが、全くおかまいなしに自分の我を通そうとだだ
をこねまくる子がいます。そんな子はまだ3つ4つの年であっても、確かに
自分自身を愛していて、お母さんのことなど愛してはいません。見ていると
お母さんがかわいそうでなりません。まるでその子の奴隷のようです。

 さて、罪には思いによるものと行ないによるものとがあります。思いによ
る罪を説明するには、だだをこねるまくる子を例にとるのがわかりやすいと
思います。もっとジュースが飲みたいとか、まだ公園で遊んでいたいとか、
その子の肉体や感覚を喜ばせる何かに心を奪われ、「ダメですよ」という
お母さんに対する反感を抱くことが、思いによる罪にたとえられます。お母
さんに対する思いやりがすでに失われてしまっていますから、愛されない
お母さんはそれによって苦しみます。その子は反抗してから聞き分けて従っ
たとしましょう。行なわなかったわけです。しかしお母さんをもう苦しめて
しまっています。

 あなたが、自己愛にとらわれるやいなや、あなたの神と隣人に対する愛は
失われます。この瞬間、すでに思いの罪は犯されてしまい、あなたの心の中
で罪を望み、善徳に反感を持っているのです。みだらな空想、復讐の思い、
うそをつきたいと思うこと、ぜいたくにあこがれること、怒りや憎しみを心
に持つこと、これらは行ないに移さなくとも、罪を禁じていらっしゃる神と、
自分自身のように愛さなくてはいけない隣人とへの愛を失った状態なのです。
だったら私は罪を犯しまくっているんだ。そう気がついてくれたなら嬉しい
です。人間は絶えず罪を犯している汚れた存在です。神であるイエズス様の
前に一人で進み出ることなど考えることすらできません。それで神様は私た
ちにマリア様を与えて、まずマリア様のもとに行くようにとお定めになりま
した。私たちがマリア様のもとに行くと、マリア様は私たちをイエズス様の
もとに連れて行きます。イエズス様は私たちを拒むことができません。どん
なに罪深くってもです。イエズス様はマリア様を喜ばせたいので、マリア様
に断ることはしないのです。イエズス様もお母さんが大好きで、お母さんの
喜びを自分の喜びとしている子なのですから。


----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
永遠の御父からの警告 1993年12月31日
リトル・ペブルに(抜粋)

 子供たちよ、なぜ、お前たちは私のこの愛を拒むのか。私は被造物からも
愛を拒まれるほどに荒々しい神であろうか。私は憐れみをかけなかっただろ
うか。甘美なる子供たち、なぜ、わが愛する娘マリアを見捨てるのか。なぜ、
わが愛する娘マリアに聞かないのか。私が生と死とに対して、人類に対して、
世界に対して、力を持っていることを信じないのか。甘美なる子供たち、私
がお前たちを私の敵でありお前たちの敵であるサタンに渡したとでも信じて
いるのか。ルシファーが彼の神でありお前たちの神である私よりも強いとで
も信じているのか。

 世界は暗闇のうちにある。罪のうちに深く沈んでいる。ルシファーは神の
創造物を滅ぼすことで神に挑戦しようとしている。私はルシファーに時を与
えた。しかし、ルシファーの時は短い。甘美なる子供たち、お前たちの時も
また短いのだ。お前たちの生き方を反省せよ。この世の出来事、あるいは
預言されたことの成否に煩わされてはならない。なぜなら、お前たちの神と
して私が話したことは、最後の一字一句まで成就するのだから。時は私のも
のではないのか。私はお前たちの神ではないのか。甘美なる子供たち、ルシ
ファーが今、人類に荒廃をもたらしてはいるが、私は全てを支配している。
ルシファーが人類に荒廃をもたらすのは私が許したからである。それによっ
て子供たちが清められることを私が望んだからである。子供たちの多くは清
められ、懲罰を受けねばならない。なぜなら、神の掟、神の愛、神の赦し、
神の憐れみを忘れてしまったからである。

 懲罰は日毎に世界に降っている。しかし、子供たちの多くはこれらの懲罰
が異常なものではなく、通常のものだと信じ、懲罰が降っていることを否定
する。しかし、甘美なる子供たち、自分たちの周りを眺めれば、今、地球を
悩ましている様々のあらゆる懲罰を見るであろう。その懲罰は物質界の破壊
だけではなく、お前たちが見るように、むしろ霊魂の滅びなのである。どれ
ほど多くの霊魂が御言葉に渇きつつも、御言葉を受け取ることができないこ
とであろうか。毎日どれほど多くの霊魂が殺されているか。どれほど多くの
光の子供たちが迫害され、追い払われていることか。− 私からさえも。

 地上におけるわが家の崩壊が全ての懲罰の中で最大のものである。なぜな
ら、真理が葬られ、投げ捨てられ、わが家と子供たちの心に異端が溢れてい
るからである。どれほど多くの無実の者が誤って導かれていることか。どれ
ほど多くの子供たちが盲目のうちに霊魂を病んで地上を歩いていることか。
どれほど多くの肉体が今、世界で流行っている多くの病気に罹っていること
か。これらは人の罪のもたらす結果にすぎない。人類はこれらが懲罰である
こと、地震や洪水よりも大きな懲罰であることを忘れている。


----------------------------------------------------------------
5.編集後記
----------------------------------------------------------------
「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は4月6日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Jean-Marie S.  Kolbe-Marie A.
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%




[HOME] [戻る]