「箱舟の聖母」バックナンバー
2003年2月16日号No.139

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 聖シャーベル修道会
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2003年2月16日号 No.139

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 2.メッセージによせて
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記

----------------------------------------------------------------
1.マリア様からリトル・ペブルへ、聖体拝領後、聖堂で与えられた
  メッセージ
  − 2002年11月26日 No.617 その(3) −
----------------------------------------------------------------

 …… 前号からの続き ……

--------------------------------
主からホワイトワリアーに与えられたメッセージ
2002年11月29日 聖堂にて
--------------------------------
主:
 父と子と聖霊との御名によって、ア−メン。私はお前に挨拶を送る。私の
最愛の配偶者、「一致した2つのみ心のホワイトワリアー」よ! 私は私の
最愛の息子、私たちの「神の愛のリトル・ペブル」の質問に喜んで答える。

 私の最愛の息子へ。私はおまえに挨拶を送り、お前を祝福する。父と子と
聖霊との御名によって、ア−メン。私の甘美な汚れない母は暗い色の服をま
とっていた。それは時が手遅れになり、司教叙階の機会を逸するのが迫って
いるからである。私の聖なる母はお前をある特別な方法で準備している。な
ぜならお前と私の甘美な子らを準備するために多くの大きな変化が用意され
ているからだ。

 聖母がヴェールの一部でお前の頭を覆われたその行為は、お前によってあ
らわされているレムナント、つまり真珠である新しい教会が、光の内にいな
い豚の群れの破壊的な意図からその方法で保護されていることを象徴してい
る。私の最愛の息子よ、真理は彼らの目から隠されている。額にした十字架
のしるしは、教会がお前の管理に委ねられるだろうことと、お前によって、
そしてお前を通して偉大な大きさのいくつもの奇跡がなされるだろうことを
示す。お前は地上の私の教会を保ち、固める要となる。きらめく金色の粉は、
聖霊からお前に授けられる光の賜物である驚くべき恩寵を表している。お前
の苦しみの時はすぐに終わる。そしておまえは私の民を牧し、彼らを私の羊
小屋の中に集める。

 お前 − 私の光と謙遜の小さな息子 − は私の「新しい教会」の心臓
であり、その鼓動はまるで打ち鳴らされるドラムのようにこの地球の隅々に
まで響きわたるだろう。自らの心を開く善意の者たちはこの鼓動に応え、そ
の源の方に引き寄せられるだろう。お前は豊作のように霊魂たちを今だかつ
てないほどに集め、私の納屋はあふれるほどにいっぱいになるだろう。お前
は池に投げ込まれた小石のようなものである。波紋は水の上を広がって行き、
遠くの地にまで及び、私の小さな者たちに身の回りを整理し、自分自身を清
め、自分たちのまことの牧者についてゆく時がきたと警告するだろう。

 私の最愛の息子よ。お前はすばらしい時代に生きている! お前は何と恵
まれており、お前は何と私たちの一致した2つのみ心に愛されていることか。
お前は大いなる苦痛と恥辱をこうむってきた、愛する息子よ。そしてお前の
報いは限りないだろう。なぜなら私は永遠にお前に報いるからだ。

 おまえは私の「白い小石」。私の天使的牧者 − 来ようとしている私の
純粋なまじりけのない教会の白い十字架だ。お前は中心、核、私の教会を照
らすであろう光の内的な源だ。それによって私の小さい者たちは光を見、そ
の光線に従い、お前の側に来る。

 私の最愛の息子、地上の私の教会の将来の教皇へ: 心配するな。なぜな
ら私たちの愛する息子 − リトル・バルトロメオはすぐに司教に叙階され
るからだ。なぜならそれは私の聖なる御旨だからだ。シュナイダー司教のた
めに祈れ。なぜなら恐れが彼をつかんでしまっているからだ。意志決定のた
めに彼に与えられた時はとても短い。彼は恐れを脇において、信仰のうちに
水の上を歩かなければならない。もし彼が更に長くしりごみしているなら、
彼は沈み始め、忠実さを失うであろう。私は呼んでいる。そして彼は応えね
ばならない! 心配するな。私が約束したように全ては起こる。私の「神の
愛の小さな天使」よ。お前の準備を進めよ。恐れるな。そして私のリトル・
バルトロメオに準備するように告げよ。なぜなら非常に近い将来、全てが起
こるのだから。

 私はお前を非常に深く愛している。私の「愛のリトル・ペブル」よ。そし
て全ての光と恩寵の源である私のみ心の中にお前を置いている。私はお前を
祝福する。私の甘美な息子よ。父と子と聖霊との御名によって、ア−メン。

 私の小さなホワイトワリアーへ。平和でいよ、私の子よ。私がお前の中で
語るように促す真理の言葉を話し続けよ。そのあとでお前の中に残る平和に
よって、お前はお前が私の聖なる御旨を行なったことがわかるだろう。私は
今、お前を祝福する。私の甘美な配偶者よ。父と子と聖霊との御名によって、
ア−メン。


----------------------------------------------------------------
2.メッセージによせて
----------------------------------------------------------------
 マリア様は暗闇のときにそなえて準備しなさいと繰り返しおっしゃいます。
それはあなたの愛が未完成だからです。信仰をささえるのは愛です。愛が弱
ければ信仰はぐらつき、疑いはじめ、倒れます。

 イエズス様が自らすすんで捕らえられ、残酷な拷問にあい、十字架をになっ
て、その上で亡くなられた時、男たちのほとんどが信仰がゆらいで逃げ、か
くれ、イエズスの弟子や使徒であることをかくしたり、否定したりしました。
彼らは男だから自分は強いと思いこんでいました。信仰においても十分に強
いという自己評価をしていました。しかしイエズスへの愛が弱かったので、
暗闇のとき、もろくも信仰を失ったのです。女たちはずっと愛において完成
されていました。忠実に従ってゆく愛、頭だけでなく感情だけでなく実際の
奉仕をもって仕える愛、イエズスへの愛のためにすべてをささげたい、すべ
てを失ってもよいという寛大で大胆な愛、その愛が信仰を支え、最後までイ
エズスに従うことを可能にしたのです。

 私たちにとって暗闇のときとは、リトル・ペブルさんを支持するがために
徹底的に虐げられ、命の危険にさらされる時です。脅迫によって恐怖におそ
われます。愛が恐れによって消されてしまうか、愛が恐れを消してしまうか、
愛と恐れの戦いの時です。もしあなたの愛が完成されているなら、愛は死よ
りも強く、何ものも恐れません。マリア様を考えてみてください。マリア様
が恐れて御子を見捨てたり、疑ったりすることがありえるでしょうか。考え
られません。マリア様は全身全霊をこめて、33年間イエズスを愛してこら
れました。マリア様においてイエズスを愛さない部分など何もないのです。
心のすべて、思いのすべて、精神のすべて、霊魂のすべてがイエズスへの愛
なのです。

 あなたにはまだイエズス様、マリア様よりも大切にしているものがたくさ
んありますね。それを失うと予想するとき恐怖にかられるのですから、イエ
ズス様やマリア様よりも大切なものが多ければ多いほど恐れにより多くとら
われるのです。あなたがイエズス様やマリア様を捨てても守りたいものがあ
るならば、あなたは確実に倒れます。暗闇の時とは、誘惑の時でもあるから
です。この極端な試練の時、あなたが立っていられるように、犠牲的愛をマ
リア様に学びましょう。それは「私はどうなってもかまいません。私の命も
何もかもとりあげてください。私はただあなたを喜ばせ、慰められたらそれ
で幸せです」と心から真実に言える愛です。そしてあなたはこれをまずマリ
ア様に言うとともに、毎日自発的に苦しむことを、その言葉の証しとしてさ
さげ、愛を鍛え、完成に近づけてください。


----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
イエズス様からの警告 1993年10月7日
リトル・ペブルに(抜粋)

聖主:
 鍵を受けよ! 今日お前に鍵を手渡す。黙示録への鍵、底なしの穴への鍵。
わが至聖なる御母、汚れなきマリアの力によって、あなたは反キリストとい
う人物のうちにあって高い玉座に座しているルチフェルおよびその軍団を投
げ捨てる力を得るであろう。私が宇宙の王として再臨する前の与えられたと
きに、ルチフェル、反キリストおよびその軍団を地獄に投げ入れる力をあな
たの神である私の手を通して、わが御母マリアの清く汚れなき御心を通して
あなたに与える。これはあなたがキリストの代理者として、ヨハネ・パウロ
2世の足跡に従って行くために与えられた力を人類が理解するようにと今、
明らかにされた秘密である。わが息子よ、そして子供たちよ、あなたたちを
祝福する。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 さて、いとしい子供たちよ、あなたたちに一つの神秘を啓示しよう。わが
愛する御母、元后はかかとでサタンを砕く御方である。このかかとはわが愛
する息子、われらの愛のリトル・ペブルである。リトル・ペブルは黙示録に
記されているわが至聖なる御母と同じように印と傷を受けている。このかか
とによってサタンは砕かれ、底なしの穴に投げ入れられる。そして、リトル・
ペブル、いとしい息子よ、あなたはこの穴を開ける鍵を持っており、童貞マ
リアの力によってサタンを投げ落とすのである。これは今、解き明かされた
神秘である。なぜなら何千年にも渡る殉教者の血と、聖人たちの祈りと犠牲
によって、リトル・ペブルが祝されし童貞マリアの取次を介して三位一体の
神からこれらの聖寵を得るからである。

 勝利が手に与えられるのは、この日、わが至聖なる御母と御母の聖なるロ
ザリオの祝日である。そしてこの国、日本の回心にとってもとても重要な日
である。わがいとしい息子よ、この国に回心がもたらされるのは、あなたに
よってである。そして、わが愛する日本によって世界までもが私に立ち帰る
であろう。人類の利益のためにこの国の聖なる殉教者の墓で、またわが至聖
なる御母の聖地で大いなる驚異を示すからである。神の母 − あなたたち
の母であり、また私の母である − は、この国にかかとを置かれた。この
かかととは、わが息子、聖にして母なる教会の将来の代理者、われらの愛の
リトル・ペブル、地上におけるわが教会の神的愛の天使である。そして、い
としい息子、娘たちよ、あなたたちはこの大いなる聖寵の証人である。わが
至聖なる聖心と人類のために受けた聖なる傷からあなたたちを祝福する。
聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。


----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------
「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は2月23日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Jean-Marie S.  Kolbe-Marie A.
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%6%%




[HOME] [戻る]