「箱舟の聖母」バックナンバー
2003年2月9日号No.138

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 聖シャーベル修道会
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2003年2月9日号 No.138

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 3.メッセージによせて
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.編集後記

----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
2003年2月4日
全ての私の友人たちとミッションの人々へ

 マリア様の勝利が本日をもってはじまりました。今日の午後3時、法廷に
おいてジェームスは全ての嫌疑を晴らしました。そして、彼に対する訴えは
棄却されました。どうか感謝の祈りをささげてください。

 イエズスとマリアはたたえられますように。

 リトル・ペブル
 ウィリアム・カム


----------------------------------------------------------------
2.マリア様からリトル・ペブルへ、聖体拝領後、聖堂で与えられた
  メッセージ
  − 2002年11月26日 No.617 その(2) −
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
聖母から合衆国の幻視者、神の「リトル・アロウ」に与えられたメッセージ
2002年12月1日
--------------------------------

 …… 前号からの続き ……

 私の子らよ、あなたたちの母、私と同様に、私の神なる息子は何年にもわ
たり数えきれないほど多く、苦しみと、あなたたち一人一人に担うようにと
与えられている十字架の価値について語ってきています。あなたたち一人一
人はこの時代の中でずっともちこたえていけるよう必要な恩寵と賜物を豊か
に与えられています。真っ先にすべきことは成聖の恩恵を持っている状態で
私の神なる息子をご聖体において拝領することです。そして第2は絶え間な
い献身的な祈りの生活です。

 私の子らよ、この時期に私たちが選んだ幻視者たち、ヴィジョンを見るも
のたち、ボイスボックスたちが世界中で何を体験し経験しているかを考えて
みれば、その時あなたたちは私がこれをもって言わんとしていることが何か
がわかるでしょう? 容易にわかるのではありませんか? どれほどの分裂、
異端、うそ、ざんげん、そして迫害をあなたたちは見てきていますか? そ
れを私はいちいち言わなければなりませんか? 混乱がいっぱいで、群れは
散りぢりになってしまっています! 私のレムナントの子らは世界中で散り
ぢりばらばらになって小さなたくさんの集団になっています。あなたたちの
「地上の代理者」教皇が打たれ、教会が偽者によって分裂させられるとき、
レムナントにはさらなる分裂がおこるでしょう! これは平和の新しい時代、
そして私たちの2つのみ心の統治が始まるまでは、主要な問題となることで
しょう。

 私の息子「リトル・ペブル」は、彼に対してなされている告発にもかかわ
らず彼の召命に忠実であり続けています! 早晩、まず彼が彼に対する嫌疑
をはらす時、これは明らかになります。しかし世界が信じるためにはこれで
は不十分なので、それで彼を通して見ることができるもうひとつのさらなる
しるしが与えられるでしょう。私たちがどんなに多くのしるしを与えても、
それでもまだ多くの人を納得させるには決して十分ではないでしょう! 全
ての悪と悪人どもが取り除かれ、底なしの地獄に投げ込まれる最後の清めの
時まで、それでもまだ混乱がいっぱいでしょう。

 私の子らよ、勇気を出しなさい。絶え間ない、頻繁な祈りのうちに私の汚
れなき御心の近くにずっと留まっていなさい。私の小さなものたちよ、今あ
なたたちから私が最も望んでいるのは、子供の小さな心をもって信頼し、愛
する、小さな子らであり続けることです。どうか他人を裁いたり批判したり
せずに、謙遜な、愛し、信頼する子らでい続けて下さい。目にする出来事の
ために絶望したり、希望を失ったり、内的な平和をかき乱されてはなりませ
ん! 私の汚れなき御心と私の神なる息子イエズスの聖心に信頼しなさい! 
私たちのもとに来て、私たちのみ心をあなたたちの小さな心を大きく開いて
求めなさい。そうすればあなたたちは平和、よろこび、そして私たちの愛の
恩寵でみたされるでしょう。もしあなたたちがこれを行なうならば、疑い、
混乱、傷、そして痛みは征服され、恩寵と喜びにとってかわられるでしょう!
あなたたちへの彼の愛とあわれみのこれらの果てしない無限の贈り物と宝物
のゆえに、父と子と聖霊の神をたたえ、賛美するのを忘れないようにしなさ
い。私の小さいものたちよ! あわれみ深くあり、愛し、ゆるしなさい。そ
うすればあなたたちもあわれみを示してもらえ、ゆるしてもらえます! ま
だ時はあります。私の子らよ、そしてその時間を賢く使いなさい! あなた
たちがまだ出来るうちに和解しなさい! 毎日償いを実行しなさい。あなた
の一日をそっくりそのまま、あなたの全ての犠牲、誘惑、困難、そして十字
架を私の汚れなき御心にささげなさい! 

 あなたたちを愛している御父と私の神なる息子は、あわれみと偉大な恩寵
を豊かに注ぎ続けて下さっています。あなたたちにはほとんど残されていな
い時間を無駄にするのをやめなさい! まもなくこれはかわり、御父の、神
の憤りの杯からの流出になるでしょう! 私は世界中の私の子らの全てに、
私の愛と祝福を注ぎ続けるでしょう。父と子と聖霊との御名によって、ア−
メン! 


--------------------------------
マリア様から「ローズ・リリー」に与えられたメッセージ
2002年11月28日
--------------------------------
ローズ・リリー:
 マリア様を通して私は内的に理解しました。初めに地球が創造されていた
時、天使が天から金の粉をまきながら地球を通り過ぎました。この粉は神の
恩寵と祝福のしるしでした。新しい時代の誕生の時においてリトル・ペブル
の上に与えられた恩寵と祝福のしるしとして彼の上にまかれた金の粉はそれ
と同じものです。

 マリア様がお召しになっていたマンティラはライトグレーでした。そのマ
ンティラの下、一方の側に教皇様がいらっしゃいます。そしてもう一方の側
が、それによってマリア様からリトル・ペブルが覆われた方の側です。この
ヴィジョンは古い教会の死と、新しい教会の誕生を象徴しています。リトル・
ペブルが感じた死は、教皇様を通しての古い教会の死を象徴していて、この
時にリトル・ペブルが教皇様と結ばれていることを表わします。なぜなら、
教皇と預言者がひとつのものになるでしょうから。

「偉大なしるし」とは教会と世界のためです。それは暗闇の時に、真理へと
神の子らを呼び集める灯台の光のようなものでしょう。そのしるしは触知で
きるものと触知できないものです。世界中にいくつものしるしがあるでしょ
う。そして、全てがリトル・ペブルを通しての神の奇跡と連結されているで
しょう。神の子らが群れをなしてやってくるでしょう。この時期、戦争は世
界中で続いているでしょう。マリア様がお話しになります。

聖母:
 父と子と聖霊との御名によって、ア−メン。(三回)

 すぐにリトル・ペブルは再び旅行することになります。これは神と、この
世の神の子らのための神のご計画の成就のために最も重要なものです。平和
がこの共同体の私の子らの間に戻ってくるでしょう。そしてこの平和によっ
て、多くの人々の間に力と決意が新たに生まれるでしょう。

ローズ・リリー:
 私はヴィジョンのうちに、小さな鳩たちがこの共同体全体の上にいて、こ
の共同体の真ん中の上空に巨大な白い十字架があるのを見ています。

聖母:
 教会はリトル・ペブルを通してのいくつもの奇跡を見るでしょうが、その
崩壊へと続く道を行き続けるでしょう。多くの者がやってくるでしょうが、
それより多くの者がやって来ないでしょう。歴史のいかなる時にもなかった
悲しみが人類に降るでしょう。これらの試練の間に光の子らは神の聖霊、光
の聖霊に満たされ、世界中の多くのご出現は忠実と真理の旗のもとに一致す
るでしょう。霊的にも物質的にも自分自身をよく準備しなさい。

 全ての預言が成就するので、リトル・ペブルの生活において多くの変化が
起こるでしょう。リトル・ペブルに手渡された「三重の契約」は、あなたた
ちが生きている時代を表しています。子らよ、なぜならそれなしには救いが
失われてしまうでしょうから。いにしえの時代、ノア、アブラハム、そして
モーゼがその道を準備し、神の民を約束の地へと導きました。そして今、リ
トル・ペブルを通してこの約束は成就するでしょう。「三重の契約」の中に
人類の救いがあります。ノアを通して神は残りの信仰者を破滅から連れ出し
ました。モーゼの杖、モーゼを通して神は約束の地へと民を導く彼の旅の
途中で多くの奇跡を行いました。そして「生命の種」がそこから出て、新し
い世代が生まれるでしょう。

 子らよ、神の奥義は無限で、人間の理解力を超えるものですが、神の愛と
あわれみによるのです。もうすぐ私たちの司祭なる息子は司教に叙階される
でしょう。そして私の子らへのこの恩寵によって、この修道会とこの共同体
は発展するでしょう。私の子らの間に多くの変化が起こるでしょう。それは
リトル・ペブルを彼の将来の役割において支えることでしょう。もう一人別
の長上が選出され、この霊魂は私の司祭なる息子と家族の部門の長上を彼ら
の任務の遂行において支えるでしょう。なぜならリトル・ペブルが前進する
につれ、私の司祭なる息子とヴィトの責任が重くなっていくからです。

 今はこれで終わりですよ、「ローズ・リリー」。私の近くに留まっていな
さい。これからの日々において、私たちのリトル・ペブルと特に彼の家族を
愛し、支えなさい。しばしば告解に行き、もっと祈るのですよ。私はあなた
を愛し、あなたを祝福します。私の小さなものよ。父と子と聖霊との御名に
よって、ア−メン。

 私は「愛のリトル・ペブル」にキスをひとつ送ります。父と子と聖霊との
御名によって、ア−メン。私はこの共同体の子らを祝福します。父と子と
聖霊との御名によって、ア−メン。†

 …… 次号に続く ……


----------------------------------------------------------------
3.メッセージによせて
----------------------------------------------------------------
 苦しみは好きですか、嫌いですか? イエズス様とマリア様にこの質問を
したら、苦しみは好きとお答えになるでしょう。イエズス様とマリア様は苦
しみの価値をご存知ですから。みなさんが苦しみが嫌いなのは、ひとつは苦
しみの価値を理解していないからでしょう。

 罪によって無限の愛である神様に反逆した私たちは、無限の苦しみという
罰を受ける身でした。この無限の苦しみを代わりに受けてくださったのがイ
エズス様とマリア様です。それで私たちは無限の苦しみから救われました。
救いは苦しみによってしか得られないのです。あなたが今日も犯す罪、全人
類が今日も犯す罪、そのすべての罪は苦しみによってしか消すことができな
いのです。神様のために、あなたと隣人の霊魂のために善を望むのは愛です
が、苦しまずに愛する時、そこに実りはありません。神様を喜ばし、神の名
の栄光と賛美となる行ないは霊魂を救うことなので、霊魂が救われないかぎ
りその愛は不毛です。苦しみつつ愛するとき、はじめて愛は、自分と隣人の
霊魂の救いを通して、神様のためになる実りをつけるのです。

 あなたが自分が罪深い人間だとまだ気がつかないなら、自分は苦しみが好
きだろうか、嫌いだろうか考えてごらんなさい。イエズス様とマリア様への
愛による一致の道に一歩でも進んだ霊魂は、苦しみに対する愛を神様から注
がれ、あらゆる苦難、不法、恥辱を、死ぬまで喜んで耐え忍ぶ心がまえがで
きはじめています。どんな苦しみも避けたくって、苦しみを与える人を感謝
をもって恩人と考えられないなら、あなたは自分の人生から苦しみをなくす
ことだけを目的に生きている自愛心にみちた功利主義者です。つまり自分と
自分の利益しか愛せず、神や隣人を愛しているようにたとえ見えても、実際
は自己満足を求めているにすぎない偽善者です。

 時々誘惑に負けて大きな罪を犯してしまう人は、逆に謙遜にへりくだって
神におわびをし、罪ほろぼしをしようと自発的に苦しみをささげるものです
が、あらゆる苦しみを嫌い逃避する人は自分しか愛さないので、神や隣人の
ためではなく、自分のために神と隣人を愛するまねをして、自分を善人だと
思いこみます。この状態は、時々大きな罪を犯しては痛悔する人よりも、愛
のないごうまんな、根っこから罪に染まりきった危険な状態です。

 これでも苦しみは嫌いですか? 苦しみを嫌うこと自体が神の御旨に反す
る罪です。神様は私たちにマリア様と一致して苦しみつつ愛するように呼び
かけていらっしゃるのですから。自愛心にみちた自分がわかったなら、マリ
ア様に悲しみつつ嘆きましょう。「お母さん、苦しみを愛させてください。
自愛心を消してください」と。マリア様はその言葉をまっているのです。そ
して取り次ぎの全能の力であなたの願いをかなえてくださいます。


----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1993年10月2日
リトル・ペブルに(抜粋)

 今や私たちの子らの心のうちにおける変化の時です。世の回心の時です。
わが甘美なる子らよ、私は今、全ての国においてわが言葉が聞かれ、耳を傾
けられるようになるために多くの霊魂たちを立てつつあります。わが甘美な
る子らよ、わが使徒たちのために祈りなさい。ローマの私たちの聖なる代理
者のために祈りなさい。なぜなら彼は多くの試練と苦しみを経験しつつある
からです。あなたたちの未来の教皇、われらが愛のリトル・ペブルのために
祈りなさい、なぜなら、彼もまたわが神なる息子イエズスの十字架を担って
いるからです。あなたたちの兄弟姉妹、私たちの全ての子供たちのために祈
りなさい、とりわけ闇のうちにいる者たちのために、彼らが神に立ち帰るこ
とができるように。わが甘美なる子らよ、ヨーロッパで起きる出来事に注意
していなさい、なぜなら、まもなく多くの流血が起きるでしょうから。

 反キリストの力はまもなくその頂点に達するでしょう。それは私たちの子
らの祈り次第です。あなたたちが祈れば祈る程、彼の力は彼の時が来るまで
より小さいものになるのです。わが甘美なる子らよ、私はあなたたちを愛し
ています、そして私はあなたたちにわが汚れなき御心を憐れな罪人の避難所
として与えます。甘美なる子らよ、私は今、子供たち全てに向けて天への道
を歩むあなたたちを助けるために、天の偉大なる諸聖人の多くを遣わしてい
ます。彼らのことを忘れてはなりません。あなたたちの聖なる天使たちのこ
とを忘れてはなりません。彼らはつねにあなたたちの必要を知っているから
です。わが甘美なる子らよ、今や真剣な時です。ゲームのための時ではあり
ません。なぜなら、そのようなことのためには時はあまりに短過ぎるからで
す。私はあなたたちを愛しています。そして、わがマントをあなたたちの上
に置きます。


----------------------------------------------------------------
5.編集後記
----------------------------------------------------------------
「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は2月16日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Jean-Marie S.  Kolbe-Marie A.
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%9%%




[HOME] [戻る]