「箱舟の聖母」バックナンバー
2003年2月2日号No.137

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 聖シャーベル修道会
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2003年2月2日号 No.137

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 2.メッセージによせて
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記

----------------------------------------------------------------
1.マリア様からリトル・ペブルへ、聖体拝領後、聖堂で与えられた
  メッセージ
  − 2002年11月26日 No.617 その(1) −
----------------------------------------------------------------
リトル・ペブル:
 今日、聖体拝領後、聖母がいらっしゃいました。ファチマの聖母のご像か
ら出てきて、私の後ろをついていらっしゃいました。彼女は私に、これから
私に話したいから祈るようにおっしゃいました。

 聖体拝領後の祈りのあとでマリア様は私にとても近寄られました。聖母は
銀灰色の長いマンティラをまとっておられました。聖母は、そのマンティラ
の一部を私の頭にかぶせ、私の頭に両手をのせて、そして祈り始めました。
聖母は私の額に十字をしるし、そして私が神の特別な恵みであり、教会と世
界への贈り物であるとおっしゃいました。ある「偉大なしるし」が私をとお
して、私のまわりに与えられ、全ての人がそれによってびっくり仰天するで
しょう。マリア様は私の勝利がとてもとても近いとおっしゃいました。

 マリア様はそれから私を祝福なさいました。聖母が私を祝福すると、火花
のような金の粉が私の上にふり、そして私の全身を通過しました。それから
ひとつの巨大な白い十字架が私の中にあらわれました。

聖母:
 父と子と聖霊との御名によって、ア−メン。

リトル・ペブル:
 それからマリア様は、私がシュナイダー司教と連絡をとり、彼に今オース
トラリアにブロサード神父を司教に叙階しに来ることが聖母のご要求だと告
げるようにとおっしゃいました。マリア様は彼がご自分を信頼すべきで、全
ての問題と気がかりをわきにおくように、なぜなら司教叙階が行なわれたあ
とに神がそれら全てを処理なさるからとおっしゃいました。彼が応えないな
ら、別の人が神の計画を成就するために立てられるでしょう。

 マリア様はそれから彼を祝福なさいました。

聖母:
 父と子と聖霊との御名によって、ア−メン。

リトル・ペブル:
 マリア様は私をもまた祝福し、そして私が恐れるべきではない、なぜなら
このしるしは死とは何の関係もなく、そうではなく「偉大なしるし」が与え
られ、イエズスとマリア様が常に私とともにいらっしゃるだろうとおっしゃ
いました。

聖母:
 父と子と聖霊との御名によって、ア−メン。

--------------------------------

リトル・ペブルは前述のメッセージが何を意味するのか聞いてほしいと幾人
かの幻視者にお願いしました。以下はその答えのうちの3つです。

--------------------------------
聖母から合衆国の幻視者、神の「リトル・アロウ」に与えられたメッセージ
2002年12月1日
--------------------------------
リトル・アロウ:
 祈りの間に、マリア様に私の答えを与えてくださるかどうか尋ねていると、
聖母はファチマの聖母のお姿でお現れになりました。聖母のガウンはすべて
純白で、精巧な金の刺繍をほどこしたマンティラをかぶっていらっしゃいま
した。聖母がかむっていらっしゃる冠はとても大きく、銀でできていて非常
に重そうなものでした。私はしばしば思うのですが、それはあんなにも大き
いのにどうやって聖母の頭にのっかっているのだろうと不思議です!

 聖母が私の上に浮いておられる時、ある銀の輝くもの、または火花がちょ
うど聖母から落ちてきました。それはとても美しく、そしてこれらの銀の火
花はあらゆるものに落ちてきて、そこらぢゅうに留まります! 聖母はほほ
えんでおられ、私に話しはじめ、こうおっしゃいます。

聖母:
 父と子と聖霊との御名によって、ア−メン。

 私の小さいものよ、私はあなたにこれから話します。そしてこれは世界へ
のメッセージとなるでしょう。私の子らよ、この大艱難の時代の毎日、世界
中で起こっている出来事をあなたたちは今見ていることで、それはあなたた
ちにとって非常に明白だったはずです! 今が大いなる試練、苦難、動乱の
時代です! あなたたち選ばれたものも免れてはいません。なぜなら、あな
たたち皆の一人一人の上に闇の力が、ますます増える力と数をもって集中し、
くだってきているからです。ねたましさと飢えた貪欲さをもって。なぜなら、
あなたたちの上に天からこんなにも多くの偉大な恩寵と賜物が雨のように浴
びせられているからです。

 あなたたち一人一人が今、この程度またはあの程度と、多少はこれを、あ
なたたち一人一人皆に必要なこの大いなる試練と清めを体験しつつあります。
ある人々は他の人々よりももっと! あなたたちが更に多くの祝福を受けて
いるなら、それだけあなたたちに対する闇の力による攻撃はより大きくなる
でしょう。邪悪なものは、あなたたち多くのものの中で優位になることが不
可能だったので、彼は容易に攻撃でき、あやつることができ、あなたたちに
対抗させて用いることができる人々をとらえようとすることでしょう! あ
なたたちの大多数のものにとって、これはあなたたちの愛する人々と家族た
ちを意味するのです! これらの苦難と苦痛のこの大いなる痛みと苦しみは、
非常にたくさんのものを絶望に導くでしょう! 

 私の子らよ、世界中いたるところとあなたたちの日々の生活の中で、この
攻撃と大いなる激動があるこの時期の間中、どれほどあなたたちが警戒し、
そして特に絶えず祈るようにしなければならないと私はこんなにも数多くあ
なたたちに警告を与えてきました! 今は小麦からもみがらをふるいわける
のと同様に清めの時です! 神の小羊、私の息子の血の中で大いなる試練、
そして清めのこの時期を通過して清められるものの数はわずかでしょう! 

 …… 次号に続く ……


----------------------------------------------------------------
2.メッセージによせて
----------------------------------------------------------------
 バチカン大聖堂の入口を入ると右手にミケランジェロ作のピエタがありま
す。御子のなきがらをだいてなげく御母の大理石像です。心を打つ悲しみを
見、誰もがだまります。愛するものの死は、この世で最も悲しいことですね。
しかしピエタのマリア様は御子の「私は3日目に復活する」という言葉を信
じて、御子の復活を早めようと、氷のように冷たくなった御子を自分の体温
であたため、傷まみれの御子を涙で洗いながら、信仰、希望、愛を人間的な
現実にさからって奮いおこすマリア様の姿でもあります。この姿を見てくだ
さい。これは私たちに、愛するものの死んだ霊魂をあなたの愛のぬくもりと
涙、あなたの模範と祈り、神に対するあなたの信仰と希望と愛で生きかえら
せなさいと呼びかけています。

 90%が地獄に行ってしまっている人類史上最も罪深いこの世代をマリア
様は何とか一人でも多く救おうと、あなたに家族の救霊の使命を与えていま
す。つまりあなたがメッセージと出会い、リトル・ペブルさんとロザリオを
知ったのは、あなたに家族全員を救わせるためでもあるのです。あなた一人
だけの救いのためだけではありません。それでマリア様は約束してくださっ
ています。あなたがリトル・ペブルさんに忠実でありつづけ、毎日ロザリオ
をささげるならば、マリア様があなたの家族全員を救いますと。

 あなたの家族はあなたの信仰をあざ笑い、妨害し、禁じるかもしれません。
冷淡で、関心を示さず、うるさがるかもしれません。あからさまにメッセー
ジや信仰やマリア様をののしるかもしれません。そういった現実にさからっ
て、あなたは「家族全員を救います」とおっしゃったマリア様の約束を信じ
て、信仰、希望、愛をますますふるいおこし、家族の良い模範となり、家族
の救いを心の涙をもって祈り求め、家族の霊魂が生き返るように努力しなけ
ればなりません。残された時はわずかです。あなた自身の死、あなたの家族
の死がやってくる前に、あなた自身の霊魂の死、あなたの家族の霊魂の死を
なげき悲しみましょう。

 この世代の生き方は、悪徳と罪の実践です。神と隣人に対する愛の拒否で
す。自己の利益のみの追求です。救い主としてのイエズスも、母としてのマ
リア様も信じない不信仰です。それらが霊魂を殺し、皆、死んだ霊魂を体に
住まわせています。あなたが死んでいる自分や家族の霊魂を泣き悲しむ時、
あなたの涙となげきは、マリア様の心を同情でたまらなくさせ、マリア様を
かけよらせます。あなたは涙のうちに頼めばよいのです。「私を、家族を、
助けてください」と。子どもが泣くとき、母の心にはあわれみの大波がおし
よせます。まして神的母性愛をもつマリア様はどれほどあわれんでくださる
ことでしょう。マリア様はあなたを抱き上げ、胸に抱きしめ、イエズス様に
言ってくださるのです。「かわいそうなこの子の願いを聞いてあげなさい」
と。


----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1993年10月2日
リトル・ペブルに(抜粋)

 世界は永遠の御父によって与えられた多くの聖寵を投げやってしまいまし
た。闇が今、地を包んでいます。地上におけるわが神なる息子の家において
さえも。サタンの煙が地上の教会の懐の中にあります。わが子らのほとんど、
とりわけ高位(ヒエラルキー)の者たちと司祭職にある者たちは闇のうちに
います。そして彼らは聖霊が彼らを新しい道、新しい生活へと照らし導いて
くださったと信じています。

 地上におけるわが神なる息子の家において説かれているこの生活は、わが
神なる息子の福音にそった生活ではなく、むしろサタンの囁きに従う生活で
す。なぜなら、わが子らの全ては、ごくわずかな者たちを除いては、あっち
へ行ったり、こっちへ行ったりして走り回っており、そうして彼らは生活と
この世において真理と平和を見出したと信じているからです。しかし、わが
甘美なる子らよ、これは真理からかけ離れています、なぜなら、あなたたち
の多くの者はサタンによって盲目にされ、今やあなたたちの目と心には覆い
がかけられてしまっているからです。この故にあなたたちは私たちが世界中
において、預言者と幻視者を通して与えてきたわが神なる息子と私、そして
諸聖人と諸天使の言葉を拒絶しているのです。

 わが甘美なる子らよ、神の御言葉を拒絶してはなりません、なぜなら今や
神の正義は世界の上にあるからです。多くの懲罰が人類に下されるのをあな
たたちは見るでしょう。そして、あなたたちは聞くでしょう。なぜなら邪悪
なる者があなたたちに対して彼の意のままに振る舞うことを永遠の御父が御
許しになられるからです。わが甘美なる子らよ、祈り、そして償いをしなさ
い。神に対して償いをしなさい。なぜならこの時期における人類への懲罰は
それほど厳しいものではなく、穏やかなものであるからです。でもまもなく、
人類は蒔いたものを刈り入れ、涙と流血と共に神へ戻るでしょう。


----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------
「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は2月9日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Jean-Marie S.  Kolbe-Marie A.
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%




[HOME] [戻る]