「箱舟の聖母」バックナンバー
2003年1月26日号No.136

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 聖シャーベル修道会
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2003年1月26日号 No.136

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 2.メッセージによせて
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記

----------------------------------------------------------------
1.マリア様からリトル・ペブルに深夜12時15分に彼の家で、
  そして後で聖堂で与えられたメッセージ
  − 2003年1月1日元旦 No.619 その(2) −
----------------------------------------------------------------
 …… 前号からの続き ……

--------------------------------
永遠の御父から「エンジェル・ローズ」に与えられたメッセージ
2003年1月2日
--------------------------------
永遠の御父:
 私はお前たちに挨拶を送る。私の最愛の「私のみ心のエンジェル・ローズ」
よ。そして私はお前の父の呼びかけに応えていることを私の子よ、お前に感
謝する。

 私の甘美な「私のみ心のバラよ」、来たる日々に重要となる多くの物事に
ついてお前に話すためにこの日、私はやって来た。私の娘よ、これらの問題
は、ただ私の聖なる修道会にのみではなく、全世界に影響を及ぼすだろう。
私たちは今、2003年に入ってきたので、私の汚れなき娘の大警告まで
今や時は長くない。− そして、その時の短さのために、その時までに起こ
らねばならない多くの多くのことが起こるのだ。この世の多くの子ら − 
そして私の共同体にいる子らさえ眠りこけている。彼らは「時の末期」をわ
かっていない。そればかりか、これらの最後の瞬間においてでさえ自分のこ
と、自分の必要、自分の欲しいものだけを考えている。安心せよ、私の娘よ。
彼らが望み、追い求めるようになってしまった全てのものは、まさに彼らの
足元からすぐに一掃される。なぜなら、まもなく彼らが望んでいたものは、
彼らのぜいたくと喜びの日々は、全て一掃され、彼らのまわりに増大してき
ている恐怖と戦争が、彼らの日々を満たすからである。

 私の子よ、この事実でお前は「時の末期」に気づいてさえいる。お前達の
神を嘲るためにこの世を歩きまわっている彼は、たいへん忙しく働いている。
もしお前が目を覚ましているなら、彼の仕事が発展してきていて、騙すため
の彼の道が、過ぎ行く一日一日ごとにますます広くなってきているのがはっ
きりとわかる。この来たる年に多くの混乱と騒動をもたらそうと企んでいる
のは、私の子よ、それは彼だ。しかし覚えておけ、完全にコントロールする
のはお前たちの父、私だ。私が災害の出来事がどの場所で、そしていつ起こ
るかを決定する唯一のものだ。だから私の子らよ、お前たちの日を進んでゆ
く時、私が命の与え主、そしてそれを取り去る者、私が起こるいっさいのこ
との初めであり、終わりであり、そして最後に勝利をおさめるのは私だとい
うことを確信していよ。

 私の「バラ」に関しては、お前は世界中でたくさんのことが繰り広げられ
ようとしているのがわかっている。これらの起ころうとしている出来事は、
私の「神の愛の岩」の動きと彼がする決定に直接結び付けられようとしてい
る。なぜなら私の息子を裁き、迫害する側にあるだろう人々を、私が彼らを
そのとき裁き、苦しませるであろうからだ。私はこれを壮大なスケールでお
こなうだろう。それはこの世の人々が、私が彼に立ち向かう全ての者どもか
ら、私の息子を守るのだと明瞭に理解するようにだ。だからお前はわかった
だろう、彼は真に彼ら自身の運命の創造者だ。彼らの運命は、彼らの父の
御旨に直接連結されている。そして私が全ての人の裁き手なのだ。私の子よ、
私の岩が自分たちの行動と自分たちの策略に屈服するのを望んでいる者ども
がたくさんいる。しかし私はお前に言う、私の子よ、彼らは彼らが知ってい
る力よりもっと偉大な力を相手にしており、そして私の岩が全てに勝つのだ。
− なぜなら、これが私の子よ、私の御旨だからだ。

 私の娘よ、私の「岩」を攻撃し − 不正な手段でひそかにその名を傷つ
けようとしている人々に注意を払え、そして見守れ。それは、すぐに彼らの
人生は修羅場と化すからだ。私の娘よ、これは彼ら自身の手で、彼ら自身の
人生で、そして彼ら自身の詐欺の行ないで作り出したことだ。私の清い聖な
る息子に対抗し手に入れたいかなる価をも超える価を彼らは支払うのだ。な
ぜなら思い出せ。お前たちの行ないは、よい行ないも悪い行ないも自分に
100倍となって返されるからだ。

 注意深くあれ。私の娘よ。なぜならたくさんのことがお前に求められるか
らだ。お前の神秘的生活は、私の娘よ、今や発展してきており − 変化が
素早くおこるだろう。なぜなら私の息子は、彼の横にお前がいることを必要
とするだろうから。お前の父に全てをささげ続けよ。なぜなら私はお前をと
ても愛しており、お前に求められている全てのことを素早く達成させるため
に、今やお前の全ての動きひとつひとつを導いているのだから。

 行け、私の娘よ。私の聖なる家族に関するお前の命令を、私の息子に伝え
に。なぜなら時は今や終わり、決定が下されねばならないからだ。なぜなら
もしお前が私の味方でないなら、お前は私に敵対しているのだから。そして
私は私の道に、そして私の聖なる息子「神の愛のリトル・ペブル」の道に立
ちはだかる全てのものを一掃するだろう。私の娘よ、注意深くあれ。そして
警戒せよ。それはこの時期に多くのことが素早く繰り広げられるからだ。

 私の息子、私の「愛の岩」へ。これらの大いなる試練の日々に、彼の心を
慰めるために私は強力な祝福を送る。父と子と聖霊との御名によって、ア−
メン。そしてお前に、私の娘よ、私は「力」の祝福を送る。なぜなら来たる
日々にお前はたくさん必要とするからだ。私はお前にキスし、私の娘よ、
お前を私のみ心に抱きしめる。父と子と聖霊との御名によって、ア−メン。


----------------------------------------------------------------
2.メッセージによせて
----------------------------------------------------------------
 異性の体を注目してはいけません。異性に体を注目させてもいけません。
なぜなら、それ自体が罪であり、また人に多くの罪を犯させることだからで
す。日本のほとんどの女子高生は足を見せています。また、スラックス姿に
ならない女性は今やいないでしょう。体の線や胸のかたちをかくす服装を神
様は命じていらっしゃいますが、家の内外でそれを実行している人は、特に
女性は、日本人のなかにいるでしょうか。神様は女性にロングスカートとつ
つしみ深い、体をゆったりとおおう服を着るように命じていますが、修道女
の服装ですらスカート丈が短くなり、体に密着する方向に変わってきていま
す。2000年間、神に身を捧げた女性たちが守ってきた服装が、なぜこの
40年間の女性たちに限って守れないのでしょうか? 日本では明治時代ま
で守ってきたつつしみが、なぜそれ以後、そして特に今の女性が守れないの
でしょうか?

 あなたが女性なら「これが罪だとは思いません」と言うにちがいありませ
ん。そうです。今の世代は罪の感覚が狂い、罪の意識を失い、もはや罪など
存在しない、何をやってもかまわないと考える世代です。罪とは、神に対し
て「いいえ」と言い、神の望みに従わないことです。神の存在を認めないか、
神の望みなど知る気がない人にとって、つまりほとんどの日本人にとって神
の命令とは存在しないも同じなのです。この状態はすでに風俗の女性と霊魂
においては変わりません。マリア・ワルトルタの著作で、風俗の女性を打ち
のめそうとしたペトロを止め、イエズスが言います。「汚れた服はくしゃく
しゃにせずに洗うべきです。あの女の肉体がその汚れた服です。女の霊魂は
その肉体に汚されているのです。女の心と肉体を清めるために、私たちは祈
るほかありません」。イエズスの言葉の「あの女」という言葉を「日本女性」
とおきかえて読んでも、今はそれがふさわしいでしょう。私たちはロザリオ
の祈りをマリア様にささげて、汚れた服を洗ってくださるよう、自分のため
と全ての日本人、特に女性のために祈るべきです。

 女性であるマリア様がメッセージで何度もおっしゃっています。この世に
性的罪がはんらんしている原因は女性にある。女性がつつしみぶかくなれば、
男性もこの性的罪から守られると。楽園で悪魔は女をまず罪におとしいれ、
女によって男に性的罪を犯させました。今、ルシフェルとその手下どもは、
全人類を手に入れるためにまず女をだらくさせることに成功し、女によって
男をだらくさせています。腐敗した女ではなく、清さの源であるマリア様を
見つめ、マリア様を第一の愛の対象とするとき、私たちは悪魔が広めている
淫猥(いんわい)の精神から清められ、罪の感覚と罪の意識にめざめ、清さ
のために戦うことができるようになります。すべての鍵はマリア様にありま
す。私たちはマリア様を愛し、マリア様が愛されるように祈りと模範によっ
て光となりましょう。


----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
ルシフェルの自白 1993年9月29日
リトル・ペブルに(抜粋)

ルシフェル:
 お前たち − マリアのものであるわれらの敵ども − を破壊させるべ
く私が舞台裏で活動している一方で、今私はお前たちによって耳を傾けられ
ている − 私が欺きたいと欲している、そのお前たちが − しかし幻視
者を通じて。われわれはこれらの被造物を嫌悪する。われわれは、これらの
われらの敵どもを嫌悪する。われわれは常に彼らをつけ狙っており、生ける
神がおられなかったならば − 私はこのことをもう一度言わなければなら
ない − われわれは彼ら全部を殺すことができたであろう。そして彼らの
うちの誰もお前たちの間に生きてはいないであろう。これが、あらゆる幻視
者を殺すため、彼らがわれわれに対抗して使われ続けることのないように、
彼らを肉体的に殺すために行なわれたわれわれの会合において、われわれの
下した判断である。しかし、われわれはそれをなしえないが故に、われわれ
は彼らに対する策略と陰謀を計画した。

 私は笑うことができる、笑うことができる。ウガンダのテレサは私のもの
だという時に。私は笑うことができる、しかしローズ・ペタルよ − 気を
つけていろ。お前、ケニアのローズ・ペタルよ − 気をつけろ。お前、
ジェームズ・ニギギ・チェギよ − 気をつけろよ。そして私はお前に言う、
リトル・ぺブルよ − 気をつけていろ、われわれはお前が、われわれの
計画に反対する教皇となろうとしているのを知っている。そして、われわれ
はすでにリトル・ペブル、未来のペテロ2世を破滅させるために教会内部で
策略を進めつつある。私はこれらのことを言うように強いられるが、私は
それを言いたくない。われわれはお前の死を計画中である − ペテロ2世
よ。われわれはお前に対して計画を進めつつある……(原文欠落)……恐ろ
しい!

 ああ歴史の主が! 幻視者を通じてわれわれを破滅させた! それ故、わ
れわれの望みは世界中の幻視者を殺すことだ。機会が訪れれば、われわれは
殺すことができ、そしてわれわれはそれを準備している。われわれは彼らを
殺すことを望んでいる。ただ大天使聖ミカエルと聖母、イエズスの母の圧倒
的な力のために − 私はこのことを言うように強いられる − われわれ
は幻視者を殺すことができないでいる。私はお前たちに次のことを言う。私
はカザローリの所有者であり、偽りのローマ・カトリック教会 − われわ
れは、われわれ自身をそう呼ぶ − において、私を助けるであろう他の
枢機卿たちの所有者である。そうだ、私は彼らの大多数に、自分は真のカト
リックであると思い込ませるであろう − 現実には偽りのカトリックであ
るにも関わらず。

 真のカトリックとは − 私はお前たちに言うように要求されている、
ああ、分かった、いいだろう、私は言うことを承諾せねばならない。真のカ
トリックとは、イエズスの再臨に至るまで、それはまもなくであるが − 
私はむしろお前たち皆に、それが遠い先のことであると信じさせたい。おお、
私は自分に最も都合の悪いことをやっている − 私は言わなければならな
い。真のカトリックとは、真の信仰と愛の一致のうちにヨハネ・パウロ2世
のもとにある者たち、そしてイエズスが来臨するまでの第二のペテロである
リトル・ぺブルのもとにあるであろう者たちである。


----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------
「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は2月2日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Jean-Marie S.  Kolbe-Marie A.
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%6%%




[HOME] [戻る]