「箱舟の聖母」バックナンバー
2003年1月19日号No.135

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 聖シャーベル修道会
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2003年1月19日号 No.135

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 2.メッセージによせて
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記

----------------------------------------------------------------
1.マリア様からリトル・ペブルに深夜12時15分に彼の家で、
  そして後で聖堂で与えられたメッセージ

  − 2003年1月1日元旦 No.619 その(1) −
----------------------------------------------------------------
リトル・ペブル:
 家で家族と友人たちとロザリオを唱えていると、深夜12時15分に幼児
イエズスがやって来られ、私たちを祝福し、この新しい年にはご自分の聖な
る母マリアの汚れなき御心と、その大勝利を見て改心して真理を受け入れる
悪人たちに対する私の大勝利を見るでしょうと言いました。

 そこにいた3才の小さな女の子が赤ちゃんのイエズスを見て言いました。
「天国がここにあるよ!」 その子の母親は、その子がテーブルの上の赤ちゃ
んのイエズスのご像をさして言っていると思いましたが、その小さな女の子
は言いました。「ちがうのマミー、あそこの赤ちゃんのイエズスなの!」 
イエズスはその時、私と皆を2003年のために祝福してくださいました。

 それからその朝遅く11時のミサで、聖体拝領の後、まずマリア様が私に
向かって両腕を広げていらっしゃいました。マリア様の後ろには、マリア様
より少し高く、両腕を広げて立っているイエズスがおられました。そして私
たちの主の後ろには、同じく両腕を広げて永遠の御父がおられ、その間ずっ
と聖霊が皆の上におられました。そして皆の後ろには巨大な白い十字架があ
りました。その十字架の右側には聖フランシスコがいて、その十字架の左側
には聖シャーベルがいました。彼らの後ろには黙示録の四人の騎手がいて、
間には七位の大天使がいました。三位一体はマリア様を通して私を祝福して
くださいました。聖母は「全ての恵みの仲介者」「共贖者」として来られま
した。

聖母:
 私はあなたに挨拶します。私の汚れなき御心の最愛の「岩」よ。父と子と
聖霊との御名によって、ア−メン。

 新しい年が始まりました。人類に残されたごくわずかな、来たるこれらの
数ヶ月間において起ころうとしていることへの、信仰と希望の道がしかれて
います。私たちはこの年を「神の、神的み言葉の成就の年」と呼びます。
あなたたちが生きているこの時は、黙示録の中で言われている大艱難のまっ
ただなかなのです。「そして天にひとつのしるしがあらわれた。一人の婦人
が星々をまとい、12の星の冠をかぶり、月の上に立っていた。そして別の
しるしがあらわれた。一匹の竜が彼女に向かって立った」 これが今、世界
中で荒れ狂っている対立です。二つの軍隊が戦っています。ひとつは天から
の軍隊で、もうひとつは地獄からの軍隊です。

 大いなる、そして恐ろしい大警告、そしてそれに続くハルマゲドンの最終
戦争で全てが成就するようにと、永遠の御父の神的定めの7つの天使として
のいくつかの最も厳しい決定がなされ、世界の人々の間に置かれようとして
います。

 この始まった年には、私の最愛の息子 − 私たちの「神の愛のリトル・
ペブル」 − は自分自身と自分の周囲の人の人生はもちろんのこと、多く
の霊魂たちの人生が大きく変わることを見るでしょう。重い天罰のさなかに、
世界中にあなたの天の母、私におけるあなたの大勝利の鐘が鳴り響くでしょ
う。私たちの聖なる教皇の治世は、人類にはそう見える「終わり」になるで
しょう。そして彼の「終わり」には人類を仰天させるひとつの大きな啓示が
あるでしょう。

 2003年を毎日、私の聖なるロザリオを祈る年にしなさい。そうすれば、
あなたと全ての善意の霊魂たちはご聖体における私の神なる息子イエズスの
もとへ導かれ、そして真の唯一のメシアとしての私の神なる息子イエズスの
真理が信じられ、理解され、受け入れられるでしょう。

 愛する子らよ、聖にして母なる教会によって「全ての恵みの仲介者」と
「共贖者」としての私のドグマが宣言されるようにと祈りなさい。そうなれ
ば贖いの時代は封じられ − 「終わりの時」に関しては − 成就され、
そして神的慰め主である聖霊の黄金時代が、私の神なる息子イエズスから私
の汚れなき御心を通して約束されていた平和と幸福を、長く待って疲れてい
る私の子らに与えられるでしょう。ですから祈りなさい甘美な子らよ、祈り
なさい。なぜならあなたたちは送った一生の全てを説明するようにと、神か
ら呼ばれるその時がいつかを知らないのですから。

忠実なレムナントの全ての人々へ: 大いに喜びなさい。なぜならあなたた
ちの大勝利は近いからです。それで全ての者は今年を、多くの霊魂が照らし
を受ける年、多くの人が真の羊の群れに戻ってくる年、道に迷っていた多く
の人 − あなたたちの愛する人々や友人たちが、痛悔の心をもって戻って
くる年として知ります。

 いくつもの大戦争とたくさんの天災、それは天からのものさえあるでしょ
う。神からの、そしてだまそうとして神の猿まねをする邪悪なものからのた
くさんの超自然的表示があるでしょう。ですから用心し、警戒していなさい。
知っておきなさい、甘美な子らよ。2人の「偉大」な男性が暗殺されてしまっ
たら、世界が戦争になるでしょう。

 信仰を失ってはなりません。そうではなく主に希望しなさい。そのために
いつも覚えているのですよ、「神が全てをコントロールしているのだ」と。
これもまた知っておきなさい、愛する子らよ。まもなく、すべての人の心を
支配しようと望む邪悪なものが自分自身を表わします。そして彼は天からの
戦士、聖ミカエルによって化けの皮をはがされるでしょう。

 どうかあなたたちの教皇ヨハネ・パウロ2世のために祈りなさい − そ
して彼の真の後継者、私たちの「神の愛のリトル・ペブル」のために祈りな
さい。一致するようにと全ての子らのために祈りなさい。

 あなたたち皆を愛していますよ、甘美な光の子らよ。− そして私の母と
してのキスを三位一体の神を通して送ります。父と子と聖霊との御名によっ
て、ア−メン。

リトル・ペブル:
 白い十字架の形で三位一体がマリア様を通して彼らの祝福を送ってくださ
いました。

 …… 次号に続く ……


----------------------------------------------------------------
2.メッセージによせて
----------------------------------------------------------------
 たとえあなたがどんなに罪にまみれていても、マリア様があなたに向ける
お顔は同情と共感にあふれています。あなたはマリア様のお顔をどのように
思い描きますか? あなたに思い描いてもらいたいマリア様のお顔がひとつ
あります。それは十字架の道行きの途中、倒れた御子にかけより、御子と見
つめあった時のマリア様のお顔です。御子の顔はそこしれぬ苦しみと悲しみ
をたたえ、同時に愛する母への同情と共感にみち、マリア様の顔もまったく
同じでした。

 御子はご自分の姿がマリア様を苦しめ、マリア様にとっての最も残酷なご
うもんとなっているので、ますます苦しみました。マリア様も御子を慰めた
かったのにそれができないばかりか、逆に御子の苦しみが増すのを見、さら
に深く苦しまれました。御子イエズスの顔は、打ち傷、刺し傷、切り傷、す
り傷におおわれ、はれあがり、むらさき色になり、血と汗と涙にまみれ、た
んやつば、汚物で汚され、ひげはひきぬかれ、ほこりと土がその上に付着し、
愛する者にとって見るに忍びないみじめな状態でした。それを布でふいてさ
しあげたのが聖ベロニカでした。残酷に荒れ狂うユダヤ人たちのまっただ中
で、ただ一人イエズスに公然と愛と尊敬をささげたこの勇気はいったいどこ
からでたのでしょうか。それはイエズスの苦しみと悲しみへの同情と共感で
した。イエズスを慰めるためなら自分はどうなったってかまわない。どんな
犠牲もいとわない。そう聖ベロニカは考えたのです。

 あなたにマリア様のあの時のお顔を思い描いてもらいたいのは、あなたの
心にそのお顔が同じ考えを起こさせることができるからなのです。あなたは
マリア様の無限の苦しみと悲しみに同情と共感をいだかずにはいられなくな
ります。そして何とかしてマリア様を慰めてさしあげたいという思いがつのっ
て、そのためには自分はどうなってもかまわない。どんな犠牲もいとわない
という勇気がわいてきます。この勇気こそ、愛が感情でしかない人と、真の
行為としての愛を実践する英雄的な人とのわかれめなのです。勇気の徳をこ
のように愛と結合させてこそ、人は本当に愛することができるのです。それ
であなたは悲しみ苦しむマリア様のお顔を特に愛し、信心してください。
本当に今、マリア様はあの時のように、全世界の死、全教会の死を目にして
血の涙を流しておられるのですから。


----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
イエズス様からの警告 1993年9月8日
リトル・ペブルに(抜粋)

 世は更に遠く闇の中へ進み、わが至聖なる聖心から離れ去っている。多く
の子供たちは地獄に堕ちている。なぜなら、誰も彼らのために祈らないから
である。彼らはわが御母がファティマに行かれた時、彼女の言葉に耳を傾け
なかったからである。聖なるロザリオをとりなさい、わが甘美なる子供たち、
真理の武器を、なぜなら教会はこの祈りを通して救われるであろうから。
教会の中と今日の世界には多くの罪がある。このゆえに天におられる御父の
御手は愛する者を懲らしめられるであろう。時は短い、わが甘美なる子供た
ちよ、あなたたちの審判者として私が世に来るまで。あなたたちのなすこと、
言うことに注意しなさい。わが言葉に忠実でありなさい。

 反キリストは近い。彼はわが教会を破壊することを欲しており、全ての子
供たちを − 光の子供たちさえも彼の王国である地獄に連れ去ろうと欲し
ている。多くのわが子供たちは盲目になってしまった。彼らは邪悪なるもの
によって誘惑されたからである。肉の誘惑、世の誘惑、力の誘惑によって。
忠実でありなさい、子供たちよ、そして祈り、償いをしなさい。わが至聖な
る御母を愛しなさい。彼女は天と地の女王なのだから。彼女の力は天におい
て、地において、地下において見られるであろう。なぜなら彼女は人類の母
であり、黙示録の婦人であるからだ。祈りなさい、甘美なる子供たち、わが
代理者のために。


----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------
「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は1月26日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Jean-Marie S.  Kolbe-Marie A.
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%9%%




[HOME] [戻る]