「箱舟の聖母」バックナンバー
2003年1月12日号No.134

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 聖シャーベル修道会
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2003年1月12日号 No.134

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 2.メッセージによせて
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記

----------------------------------------------------------------
1.償いの日に聖堂でリトル・ペブルとローズ・リリーに
  マリア様から与えられたメッセージ
  − 2002年12月13日 No.618 その(2) −
----------------------------------------------------------------
他の幻視者たちにも、永遠の御父によって与えられたメッセージ

 …… 前号からの続き ……

聖母:
 あなたに: 私の最愛の息子よ、聖にして母なる教会のための将来の私の
小さな教皇よ。私と私の神なる息子へ心を上げなさい。あなたの大勝利は近
いからです。というのは、長年にわたってずっとあなたに敵対してきた多く
の人々、彼らは私の汚れなき御心におけるあなたの大勝利を目撃し、やって
きて許しを願うでしょうから。次の数年間にあなたの人生に多くの事がおこ
るでしょう。私の愛する息子よ、そして私の神なる息子と私があなたに約束
したとおり、あなたの霊魂は喜びが満ちあふれるでしょう。私たちの羊を導
きなさい。そして私たちの汚れない2つのみ心の牧草地に彼らを連れておい
でなさい。私はあなたを祝福します。息子よ。父と子と聖霊との御名によっ
て、ア−メン。

 私の甘美な使徒、「リトル・バルトロメオ」よ、私の司祭なる息子よ。今
からのち、あなたは「リトル・ヨハネ」として知られることになりました。
なぜなら私たちの2つのみ心からあなたはこの報いを得たからです。「2本
の柱」よ、私の「リトル・ペトロ」と「リトル・ヨハネ」よ、私はあなたた
ちを祝福します。父と子と聖霊との御名によって、ア−メン。

リトル・ペブル:
 私はだまっていましょう。なぜなら、マリア様は他の人たちを見ていらっ
しゃるからです。

ローズ・リリー:
 朝ミサの時からずっと白い十字架が宇宙にかかっているのを私は見ていま
す。地球へ、そしてこの共同体へと白いバラのシャワーが降るのが白い十字
架の下にずっと見えています。いくつかの赤いバラと一輪の黒いバラもまた
ずっと私に見えています。私は今、その黒いバラを祭壇のふもと、聖櫃の前
方に見ています。

 白い十字架の前にリトル・ペブルがひざまづいているのが見えます。そし
て一条の光線が白い十字架からリトル・ペブルに向かって射し、彼のひたい
の中に入ります。ここにいる2人の霊魂に一条の光線が入っていくのも私は
見ます。中心の上に聖霊がいらっしゃる一本の茶色の十字架が見えます。こ
の十字架は「エンジェル・ローズ」の上にあり、そして今、2人の霊魂の上
に2つの黒い十字架があります。

 白い十字架から光線が射した時、鳩のお姿の聖霊がいて、光とともにリト
ル・ペブルに入りました。その同じ光線が、聖霊の現存とともに「エンジェ
ル・ナイト」と「ローズ・リリー」のひたいにも個別に入りました。そして
この光は大きくなり、とうとう三本の光線すべてが合わさってひとつになり
ました。

 私は黙示録の時であると告げられていました。

 白い十字架が開き、そして数台の戦車が出てきてリトル・ペブルを囲み、
これらの戦車は金色の光線を発しています。今、リトル・ペブルはこの金色
の光線に完全に巻き込まれてしまいました。

 私はひとつの奇跡を見ています。私はリトル・ペブルが一本の杖を持って
いるのを見ます。それは白い杖です。あたり一帯が火なのが見えます。生き
ているものは何も見えません。まさに炎だけを見ます。この杖からリトル・
ペブルを覆う光が出ていて、それは急に大きくなり、そして火は消えてゆき
ます。

 ここから私は私の国ニュージーランドを見ています。そしてノースアイラ
ンドの中心に大規模な爆発が見えます。

 今、白い十字架は完全に開ききっていて、私は天国が見えます。白い十字
架の背後に天軍が見え、そしてマリア様が見えます。マリア様はクリーム色
のドレスをまとっていらっしゃり、このドレスのすそにはいくつもの宝石が
あります。ひとつひとつの宝石はマリア様の娘の一人一人を表わしています。

 マリア様は私に話そうとなさいます。私は私の印をお願いしました。

聖母:
 父と子と聖霊との御名によって、ア−メン。(三回)

 私はあなたに挨拶します、「ローズ・リリー」よ。私は挨拶します。ここ
にいるすべての私の子らよ。私の子らよ、あなたたちにとって私の「リトル・
ペブル」のそばで私を、そしてあなたたちと全ての私の子らのための恩寵を
受けることは、ひとつの特権です。今後は、これはまれな恩寵となるでしょ
う。なぜなら私の息子はより大きな試練、人類のためのより大きな責任の道
に置かれることになっているのですから。

 ひとつの影があなたたちの上に落ちています。子らよ、あなたたちは黙示
録の時代に生きています。あなたたちは自分自身を物質的にも霊的にも準備
しなければなりません。

 私の子らに多くの変化が来ようとしています。わかっていますね、子らよ、
「忠実と真理」の旗のもとに、私の選ばれた息子「リトル・ペブル」のもと
に立っていなさい。私の呼びかけに応えてくれたことを、ローズ・リリー、
あなたに感謝します。私はあなたたち、子らと、全ての私の子らを祝福しま
す。父と子と聖霊との御名によって、ア−メン。

(永遠の御父が今、「エンジェル・ローズ」に話します)

永遠の御父:
 私はお前に挨拶を送る。私の最愛の娘「私のみ心のエンジェル・ローズ」
よ! 私はお前に挨拶を送る。私の息子「神の愛の岩」よ! そして私は
お前たちに挨拶を送る。私の「リトル・ヨハネ」と私の前、ここに集まった
全てのこれらの霊魂たちよ。

 この日私の子らよ、私は選ばれた者たちの心に、私の御旨を実現するため
に私が手ずから選んだこれらの者に話すためにやってきた。私が祝福し十分
な豊富な恩寵にあずからせた、この世を神秘家、幻視者、恵みの霊魂として
歩いている人々に、私は話すために来た。

 私の子らよ、この日お前たちに示されたヴィジョンは、お前たちの前に私
が置いた道の上を歩くためのお前たちへの明瞭なしるしだ。お前たちの両手
を鋤に置く、すなわち私が与え、各々に割り当てた務めに手をつける時が今
なのだ。収穫は、私の子らよ、始まっている。お前たちのタラントの決済は
今なのだ。お前たちの多くの多くの者が危険な道、すなわち暗愚な道、お前
たちの神を引きつけない道を歩いている。そうだ。お前たちは来て、自分自
身を私のものと宣言せよ。お前たちはお前たちの恩寵をまるでとるにたらぬ
ものかのようにまわりに投げ散らかした。私の選んだ息子「神の愛のリトル・
ペブル」のうしろにある狭い道を歩くのは、私の子らよ、今なのだ。

 皆にとって各々に与えられた恩寵の重要性と意味を理解するべき時は今だ。
なぜならためらう者は、私が与えた全てをあっという間に失ってしまうから
だ。この恩寵ははぎとられ、私の御旨を成し遂げることを快く同意し、熱望
する者たちに与えられる。これは、私の子らよ、この世の幻視者たち、恵み
の霊魂たちへの呼びかけである。お前たちの父、全ての預言者たちの父、世
界中の全ての神秘家と幻視者たちの父、私の息子「神の愛のリトル・ペブル」
のうしろに来て一致せよ。自分自身を脇に置け。お前たちの心を空にせよ。
私の子らよ、聖でないもの、良くないものを全て出して、この狭い道にあな
たたちを導かない全てのものを出してそれを空にせよ。私がお前たちにいて
ほしいところにお前たちを連れていくために、私がもう一度お前たちを満た
し、私の光でお前たちを新しくできるようにお前たちを無にせよ。

 お前たちの多くが私の「岩」について、そして私の「岩」のために甘美な
言葉で − 蜜がしたたる言葉で話し合う。これらの言葉は、私の子らよ、
無意味だ。今、進み出よ、お前たちの父は命令する。進み出よ。お前たち
自身を清めよ。告解の秘蹟でお前たち自身を清めよ。自分自身をふさわしく
準備せよ、私の子らよ。なぜなら罪の意識の喪失は世界中で破滅的だからだ。

 私の娘マリア、汚れなきものは、彼女の神なる息子を、よい準備をせずに
拝領しにくる選ばれた者たちのことで慰めようもないほどに泣いている。お
前たちの時間としてこの地球に残されているこれらのわずかな瞬間は、お前
たちが決めて選ぶためである。なぜならお前たちの神の手はすでにおちてい
るからだ。大いなる試練が、大いなる苦しみが、大いなる迫害が来るだろう。
これらを、私の子らよ、お前たちはお前たちの心と精神、肉体と霊魂に経験
するだろう。これは私の御旨だ。来なさい。今、来なさい。そしてお前たち
の父「神の愛の岩」の後ろに立て。来て、お前たちの神の愛の岩とともに立
て。なぜなら黙示録の中に与えられている全ての実現がなしとげられるため
の全ての準備が今や整ったからだ。これは私の最後の呼びかけだ。お前たち
の父、私に耳をかたむけよ。自分自身を清め、来なさい。私の「リトル・ヨ
ハネ」の中に、お前たちの前にひとつの偉大なしるしが立てられている。彼
は純潔、謙遜、そして尊厳の模範だ。私の子らよ。なぜなら彼は徳の道をた
どっており、彼は神に忠実で従順であり、「岩」のそばに立っているからだ。
進み出よ。私の子らよ。彼にお前たちを、お前たちの父の近くに連れて行き、
お前たちを助けることができるようにせよ。私の最愛の「私のみ心のバラ」
よ、これがお前に私が言いたかったことの全てだ。そして私はお前に、私の
子よ、私の呼びかけに応えていることに感謝する。そして私は堅忍と力のた
めの祝福をもってここにいる、そして世界中の一人一人を祝福する。起きよ、
私の子らよ、起きよ! 父と子と聖霊との御名によって、ア−メン。

(永遠の御父は今「ゴールデン・ロッド」に話す)

永遠の御父:
 私はお前に挨拶を送る、私のみ心の最愛の娘にして私の神なる息子イエズ
スの花嫁、私の「ゴールデン・ロッド」よ! 私はお前に挨拶を送る、私の
「神の真理の岩」よ。そして私はお前に挨拶を送る、私の小さな「愛の使徒」
私の「リトル・ヨハネ」よ。そして私はお前たちに挨拶を送る、ここにいる
私の恵まれた子らよ、そして世界中の私の子らよ。なぜなら私の心にあるこ
とを、ここと世界中で私はお前たちに話したいからだ。

 私、お前たちの父が今日語っている。そして私の子らに彼らの信仰の欠如、
彼らの徳の欠如によって降りかかることについて再び私は話す。私の子らよ、
今日お前たちは分岐点に立っている。命と救いの分岐点と、死と破滅の分岐
点だ。

 私の子らよ、お前たちはいくつものしるしを見なかったのか? お前たち
はいくつもの天罰を感じなかったのか? 天の苦痛をお前たちは感じなかっ
たのか? お前たちの聖なる母の両目から雨のようにお前たちの中に降り注
ぐ涙と血の涙をお前たちは見なかったのか? 私の神なる息子のみ心を取り
囲む茨の冠をお前たちは見なかったのか? 甘美な子らよ、なぜゆえにこれ
はそうなのか? 人間の人間に対する残酷さだ。人間の、彼らの神に対する
愛の欠如だ。人間の勝手気ままにふるまいたいという熱望だ。お前達は犯罪
と悲劇に全地球が巻き込まれているのを見ていないのか? 多くの国での反
乱、ごまかし、うそ、だまし、攻撃を見てないのか? 邪悪なものの全策略
を見ていないのか? 邪悪なものとは、この世界を彼だけが支配することを
望み、お前たちが滅ぶのを見たいと望むもののことだ。

 私の子らよ、艱難はお前たちの上にあり、お前たちはそれを無視して楽し
そうに歩きまわっている。なぜならお前たちは自分自身の楽しみと自分自身
の望みだけを見ているからだ。しかし潮はお前たちに至っている。そしてす
ぐに、全ての男性、女性、そして子供たちは空から降ってくる恐怖に触れら
れるだろう。私の手は世界の罪深い者たちに下ろうとしている。多くの、多
くの者が、罪のない人は罪のある人とともに苦しむだろう。なぜなら「時の
中の時」は今だからだ。

 いくつもの戦争と、いくつもの戦争のうわさがあるだろう。そして各々の
男性と彼の家は苦しむだろう。私の選ばれた者よ、お前たちは多くを、多く
のタラントを与えられてきた。お前たちは増やしたのか? お前たちは自分
のタラントを増やしたか? それともそれらを土の中に埋めたのか? お前
たちの多くが怠惰なしもべだ。

 自分自身をまっすぐにし、立ち上がり、自分の心の中のかすを取り除き、
そしてそれを恩寵と徳とに交換する時は今なのだ。お前たちの霊魂を清めよ。
自分の霊魂を清めよ − 汚点も罪もない純粋な愛によって私の神なる息子
のもとに来なさい。聖なる祭壇にふさわしくない状態で近づくな。

 お前たちの多くが完全に恩寵を無視している。お前たち恵みの霊魂の多く
が完全に恩寵を無視している。そのような恩寵を浪費するな。なぜならお前
たちがそれを持たぬ時がやってくるのだから。

 子らよ、お前たちに私は言う、お前たちの兄弟姉妹を愛をもって見よ。お
前たちの兄弟姉妹の心の中を見て、そこに私の神なる息子の顔を見よ。そし
てお前たちの兄弟姉妹にお前たちの愛を与え、尊敬せよ。お前たち、私のレ
ムナント・チャーチの子らよ、お前たち私の選ばれた者である子らよ。お前
たちは徳において最高に秀でたものであるべきだった。お前たちはより高い
段階にいるべきだった。最も高い段階にいるべきだった。なぜならお前達は
こんなにたくさんのものを、そして非常に多くの恩寵を与えられたのだから。

 聖徳を求めよ、甘美な子らよ! 聖徳を求めよ。そしてお前達の人生のあ
らゆる瞬間にそれらを実践せよ。私の娘を見よ。私の聖なる娘を見よ。彼女
の謙遜と彼女の愛徳を! 謙遜を求めよ、愛徳を求めよ。そうすればお前達
は他の徳もまた求めるだろう。私の聖なる娘の方を向け! 私の神なる息子、
心の柔和、謙遜な彼の方を向け、そして彼に従え。なぜなら彼は「真理と命
の道」だからだ。

 お前たちは今、分岐点にいる。そして世界はすぐに混乱におちいるだろう。
そして来年のこの時期、通り過ぎたものがお前たちの霊魂を苦しませるだろ
う。私はお前たちに言う。選ばれた子らに、この世の子らに。お前たちのラ
ンプに火をつけ、準備せよ。準備しなかった怠け者で無分別な乙女たちのよ
うであってはならない。今、自分自身を準備せよ − あらゆる点で。しか
し最初にお前たちの神と和解し、お前たちの霊魂を清めよ。そしてお前たち
の隣人と仲良くせよ。なぜならこれをお前たちが行なう時、お前たちは霊的
生活において向上し、彼の子らが互いに、そして自分の神と仲良くするのを
見たいと願っているお前たちの御父のみ心を喜ばせるからだ。

私の甘美な子らよ: 私の神なる息子の降誕の記念の時期がお前たちにやっ
てきている。この時期にお前達の心の中に、彼と私の聖なる娘のために部屋
を準備するように私はお前たちに要求する。お前たちの心を清め、彼が入り、
その中に入り込めるように彼に部屋を整えよ。この聖なる時期を汚すために
悪の全ての方法を邪悪なものが犯すのは今だ。何が来ようと、お前たちの愛
を私の幼児である息子に集中させ、そして祈れ、甘美な子らよ。絶え間なく
祈れ。なぜならお前たちが決して知らない、あるいは永遠に再び知ることの
ないような、そんな喜びと至福をお前たちにもたらしつつ、天が開き、聖な
る時代が降ってくるその時まで、二度とこれらの時は来ないからだ。

 お前たちの手を今、鋤に置け! 自分を捨て、前進せよ。私の「岩」と共
に立て! いつも彼と共に立て、なぜなら恵みのラインと救いの道を、お前
たちはその場所でたどっていくからだ。

 私の子らよ、お前たちの父はお前たちを限りなく愛しており、彼は彼の子
らが良い子になり、彼に聞き従うよう求めている。なぜなら彼は懲らしめた
いのではなく、従順で優しい子を持ちたいからだ。

 甘美な子らよ、私はお前たちを愛している。お前たちの父を失望させるな。
今、強くあり続けよ。徳において強くあり続けよ。私がお前たちに準備した
道をゆけ。なぜならお前たちの父は、彼の両腕を大きく広げてお前たちを待っ
ているからだ。そして今日、私はお前たちに私の祝福、彼の子らに対する父
の祝福、私の愛の祝福を与える。父と子と聖霊との御名によって、ア−メン。

ブロサード神父:
 全能の神、父と子と聖霊が汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


----------------------------------------------------------------
2.メッセージによせて
----------------------------------------------------------------
 イエズス様が地上で生活なさった時とまったく同じく、おん体、おん血、
ご霊魂、ご神性をもってこの世に今もいらっしゃるのは、ローマ・カトリッ
ク使徒教会の聖体の秘蹟においてです。あなたがローマ・カトリック使徒教
会の神父様から洗礼を受けるチャンスが得られずに死ぬのなら、パンの形色
のもとにイエズス様を食しまつることはないでしょうが、あなたが洗礼を望
み、マリア様のあわれみに最後までよりすがり、罪を痛悔しつつ死をむかえ
るなら、「望みの洗礼」という方法でイエズス様のおん血で罪を洗い清めら
れ、霊的にイエズス様のおん血を飲み、おん肉を食べ、つまりイエズス様を
食しまつり、永遠の生命をいただきます。イエズス様に永遠の生命があり、
誰でも永遠の生命にあずかるには、イエズス様のおん血を飲み、おん肉を食
べなければなりません。こうして天国に迎えられる人は皆、必ず洗礼を受け、
イエズス様のおん血を飲み、おん肉を食べ、天国に入るのです。

 イエズス様には人性と神性がありますが、私たちには人性しかありません。
私たちが救われる、つまり永遠の生命を得るとは、人性と神性をもつイエズ
ス様とひとつに一致し、イエズス様の神性にあずかることなのです。そして
その方法を神様であるイエズスご自身がお決めになりました。イエズス様の
おん血で私たちの罪を洗い清める洗礼と、イエズス様と一致させひとつにす
るおん血を飲み、おん肉を食べることによってです。イエズス様を食しまつ
ることで、霊魂は神の中にあり、神は霊魂の中にあるという一致がもたらさ
れます。一致という言葉を超える一致をどう表現しましょう。「愛は愛する
ものと同化させるので、相互の愛によって、そして神のかぎりないへりくだ
りによって、神は人となり、神のかぎりないご好意によって人は神になる」、
このように伝統的に表現されてきました。

 このようなことを地上において例にとることができるものはありませんが、
マリア様は唯一の例外です。神はマリア様のうちに住み、マリア様は神の中
に住んでいらっしゃいます。聖霊はマリア様と一致し、マリア様のご生涯は
地上における聖霊のご生涯とも言えるものなので、聖コルベ神父様は、マリ
ア様を「神である聖霊が人となったようなお方」と定義しました。もちろん
マリア様と聖霊は別々のペルソナですから、唯一、子としてのペルソナをも
つイエズス様の受肉とは違うことですが……。

 つまり、聖体の秘蹟の効果を理解し、確信したいなら、マリア様を見なさ
い。これが結論です。そして三位一体の神とマリア様は永遠の一致のうちに
あり、けっして切り離せないのですから、マリア様のいるところに神様がい
て、神様がいるところにマリア様がいるのです。それでご聖体の秘蹟のうち
にいらっしゃるイエズス様のうちにもマリア様がいます。私たちはご聖体の
聖母というみ名でマリア様をたたえましょう。


----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1993年9月3日
リトル・ペブルに(抜粋)

 神であるわが子イエズスの第二の来臨は近いのですよ。自分自身を準備し
なさい。家族の者たちに準備させなさい。甘美なる子供たちよ、絶えず祈り
なさい。特にわが至聖なるロザリオを祈りなさい。ロザリオはあなたたちの
武器であり、力なのですから。ここに集まった全ての子供たちは信仰の試み
を受けるでしょう。私の光を世にもたらす全ての子供たちが、神であるわが
子イエズスの十字架を担わねばならないのと同じように。甘美なる子供たち
よ、あなたたちが勝利を収めるのは、私の光と共に、そして神であるわが子
の十字架とともになのです。

 ケニアのいとしい子供たちよ、神であるわが子はアフリカの子供たちが神
であるわが子に従い、勝利を得て楽園に入るようにさせるために光の軍隊を
立てる計画をあなたたちのために持っておられます。信仰を護るため、子供
たちの中に多くの殉教者が出るでしょう。しかし勇気を出しなさい。あなた
たちを導く多くの偉大な霊魂をあなたたちに遣わしますから。私は神である
わが子イエズスの御言葉を広める火のような司祭たちを、あなたたちのもと
へ遣わしましょう。

 ケニアの子供たちは祈らなければなりません。あなたたちの国に平和が留
まるように、あなたたちの指導者のために祈りなさい。邪悪な者は強力で、
あなたたちが長年に渡って享受している平和を破壊しようと望んでいるので
すから。アフリカの他の国々のために祈りなさい。反キリストがあなたたち
を神であるわが子イエズスから取り去ろうと望んでいるので、多くの国々に
多くの動乱が訪れるでしょうから。

 …… 中略 ……

 いとしい子供たちよ、一つに一致しなさい。アフリカの国々を越えて一つ
に一致しなさい。そしてヨーロッパ、そしてアジアの子供たちと一致しなさ
い、将来の世界の教会が成功するために。いとしい子供たちよ、あなたたち
の助けがなければ、あなたたちの間に一致がなければ、教会の中に神の御計
画を欲する霊魂は全く存在しないことでありましょう。なぜなら、あなたた
ちが一人で留まる時、ルシフェルはあなたたちを滅ぼすからです。あなたた
ちはこの四日間、多くの祝福をいただきました。多くの回心がありました。
多くの癒しがありました。そして何よりもあなたたち一人ひとりの信仰を強
めるために、人間のどのような精神をも恐れず、人間のどのような価値をも
恐れず、何にもまして神とその御言葉とを畏れるために多くのことがなされ
ました。


----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------
「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は1月19日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Jean-Marie S.  Kolbe-Marie A.
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%




[HOME] [戻る]