「箱舟の聖母」バックナンバー
2003年1月5日号No.133

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 聖シャーベル修道会
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2003年1月5日号 No.133

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 2.メッセージによせて
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記

----------------------------------------------------------------
1.償いの日に聖堂でリトル・ペブルとローズ・リリーに
  マリア様から与えられたメッセージ
  − 2002年12月13日 No.618 −
----------------------------------------------------------------
他の幻視者たちにも、永遠の御父によって与えられたメッセージ

リトル・ペブル:
 ロザリオの初めから長時間、中空に白い十字架がずっとかかっていました。
その十字架の左側には聖バラキエルがいて、私に私の印を与えてくれました。
その十字架の上には月があり、私は月がまるで嘆き悲しんでいるように感じ
ます。なぜなら月が血のように赤いからです。半旗になってなびくオースト
ラリアの国旗が掲げられた一本の旗ざおが、その十字架からずっと左側の離
れたところにあります。群青色の暗いひとつの陰が空にあり、そして聖ミカ
エルが、切っ先を上に向けて剣を両手に持ち、空の1/4を占めて、その十
字架の右側にいます。2千年前のギリシャかローマスタイルの兜を彼はかぶっ
ていて、彼の鎧は金色で、彼の皮ひものサンダルも同様に金色です。聖ミカ
エルは打ちかかろうと身構えています。

 サーベル、またはアラビアのスタイルの刃が湾曲した剣が、何千も無数に
ぎっちりと切っ先を外側に向け、2列に並べられているために道を形づくっ
て、その十字架から聖櫃までのびてきています。たいへんしばしば見るよう
に、ドアのように今その十字架は開き、開口部からは火がついている霧が流
れてきてサーベルの上を動いていきます。ビロードのような光の筋です。

 キリスト信者の助けの聖母の装いで、今、十字架から聖母がご出現になり
ます。聖ミカエルとたいへんよく似た装いのたくさんの天使の兵士、または
戦士が聖母のうしろにいます。彼らは一人一人、十字架がついた剣を持って
います。彼らもまた、切っ先を上に向け、彼らの剣を両手で持っています。
その天使たちの多くを従え、聖櫃に向かい素早く聖母がすべっていらっしゃ
り、今、聖堂の中に入ってこられます。今回は赤ちゃんのイエズスを聖母は
連れていらっしゃいません。オーストラリアの国旗に似ていると私にわかる
長いケープを聖母は肩のまわりからたらしておられます。

 聖歌隊の中でやるようにグループ別になって半円型に聖母のまわりに天使
たちは集まります。聖母は笏を持っていませんが、右手に聖なるロザリオを
持っておられます。まるで一人一人の霊魂に個々に挨拶し、それを個人的に
語っておられるかのように聖母のまなざしが私たちの上を注意深く移動する
ので、彼女は少し悲しそうに見えます。アメジストのように見える紫色の石
のロザリオの十字架像を、今、聖母は手にとって主のご像にキスします。

聖母:
 父と子と聖霊との御名によって、ア−メン。私はあなたに挨拶します。私
の最愛の息子、私の「神の愛のリトル・ペブル」よ。私は挨拶します、私た
ちが「リトル・ヨハネ」と呼ぶことにした私の司祭なる息子よ。私は挨拶し
ます。神の領地、レムナント・チャーチであるここにいる恵まれた私の全て
の子らよ、そして世界中の全ての神の子らよ!

 世界中でたくさんのことがあなたたちに、私の前回の訪問以来おこってき
ています。聖書と世界中の出現地で語られた艱難が今や私たちの子らのまさ
に心を巻き込みつつあります。しかし、私の甘美な子らよ、これはこの世の
大艱難のただ始まりでしかありません。来たる数週間と数ヶ月、来年、たく
さんのことが起ころうとしています。

 人間が恵みに対して自分の心を閉ざしてしまい、そして第一に自分の霊魂
の、そして次に人類自身の破壊への道を選んでしまったために、永遠の御父
が人類に対して非常に怒っておられるということを全ての男性、女性、子供
たちが認識するでしょう。私の愛する息子よ、あなたが告げられたことは
本当です。私の神なる息子イエズスの祝日に − シドニーの市内で − 
オーストラリアの人々への大規模な攻撃によってこの国の安全保障を解体す
ることをそのテロリストたちは望んでいます。これは三位一体の神への、ま
た世の救い主を信じる人々への侮辱です。

 オーストラリアの政府と人々は警告されなければなりません。そしてこの
時期に彼らの上にたれこめているその脅威を軽く受け止めてはなりません。
オーストラリアとこの世界の安全保障は重大な危機に瀕しています。なぜな
ら人類が祈りに立ち戻り、三位一体の神を傷つける数多くの罪の償いに立ち
戻らないかぎり、人類にとってこの来たる年とその翌年は破滅的でしょうか
ら。選ばれた者からもこれらの多くの罪は犯されました。彼らは罪の結果を
理解する恵みを受けているので、彼らはサタンから、肉とこの世から与えら
れる誘惑を投げ捨てるべきだった人々です。それにもかかわらず彼らは、た
だ彼らの霊魂と彼らが愛している人々の霊魂とを破壊することのみを望んで
いる邪悪なものの影響と力に誘惑されながら、めくらになったまま先へ進ん
でゆきます。いまだに私の神なる息子を住まわせている聖櫃、その多くが取
り除かれていきつつあることで、私の神なる息子がその内側から取り除かれ
るでしょうから聖にして母なる教会は廃墟となるでしょう。私たちの教皇ヨ
ハネ・パウロ2世は取り除かれ、すべての私たちの子らは喪に服することで
しょう、というのは彼らは偉大な恵みの時は終わりになり、国々には神の大
いなる怒りが感じられるということを知るからです。

 ですから祈りなさい、私の甘美な子らよ。なぜならいったん牧者が打たれ
てしまえば、皆が散り散りになり、分裂は私の神なる息子によって聖ペトロ
と使徒たちを通して土台がおかれて以来の最高点に達するのですから。現教
皇ヨハネ・パウロ2世と、大艱難の最中に教会を統治するであろうあなたた
ちの将来の教皇、私たちの「神の愛のリトル・ペブル」のもとで、私たちの
レムナントの子らは一致し続け、協力し合うことを続けなければなりません。
甘美な子らよ、砂時計は空になっています。清算の時は間近です。あなたた
ちの生活の向きをぐるっと変え、徳と真理の生活に向かいなさい。そしてあ
なたたちの人生を、あたかもこれがこの世での自分の最後の瞬間であるかの
ように生きなさい。こうするならば、あなたたちは決して誘惑におちいらな
いでしょう。かえって、そのかわりに神の王国のための偉大な収穫を得るで
しょう。

 堅忍しなさい、警戒しつつ祈りなさい。そして聖にして母なる教会の教導
権を通してあなたたちに与えられたこれらの教えの上にしっかり立っていな
さい。そして自分の信仰を表わすことを恐れてはなりません。国を打ちのめ
している多くの火事と干ばつを通して、ここ自分の国のオーストラリアにお
いてでさえ、私の甘美な子らよ、すでにあなたたちは世界中におろされた神
の罰する手を見ているのです。けれども甘美な子らよ、火事は終わっていま
せん。ずっとひどいいくつもの火事が起こるでしょう。そしてその後、国土
のいたるところを大規模に水没させる大洪水が起こるでしょう。あなたたち
の家に伝染病が侵入するでしょう! これら全てはまさに私たちの子らへの、
彼らが光の道を捨て、闇を求めたことへの警告です。全てが失われる前に、
甘美な子らよ、今、闇から出ておいでなさい。大戦争がその実現を待ってい
るところです。この戦争は「戦争の中の戦争」となります。私の甘美な子ら
よ、なぜなら、それは多くの土地に大破壊をもたらすでしょうから。ですか
ら私の神なる息子の方に向き直って、彼のあわれみとゆるしを求めなさい。
特に自分に与えられた多くの賜物を浪費してしまった高い位についている
権力ある人々、中でも聖にして母なる教会内の人々はそうしなさい。

 私は今日、悲しんでいる母としてやってきました。なぜなら私の目には流
血と悲しみしか見えないからです。すべてその理由は、人類が耳をかさず、
彼らの誤りから学ばないからです。世界にとって時は短いです。ですからさ
さげ、そして祈りなさい。しかし自分の道を失わないでください。この道と
は希望におけるあなたたちの信仰です。なぜなら私の汚れなき御心の大勝利
は近いからです。ですから私たちのレムナントの子らの大勝利も、聖にして
母なる教会の中に近づいています。

 甘美な子らよ、「キリスト」をクリスマスへもう一度返しなさい。人類に
救いが与えられたこの偉大な祝日に、あなたたちの心の中で私の神なる息子
が君臨できるようにさせなさい。ここにいる、また世界中にいるあなたたち
皆に、私とあいての祝福を私は送ります。父と子と聖霊との御名によって、
ア−メン。

 …… 次号に続く ……


----------------------------------------------------------------
2.メッセージによせて
----------------------------------------------------------------
 永遠とは、時が終わりなく続くという意味ではありません。永遠とは、時
がないのです。つまり永遠不変であって、神様は不変なお方です。神様は、
時間の中で存在をはじめるマリア様を、天地万物の創造以前から知っておら
れ、所有しておられ、よろこび楽しんでおられるのです。神がご自分の愛を
注ぎ、それを少しも減らすことなく愛し返す唯一の被造物。神の最高傑作、
イエズス様と一致してあがないの無限の功徳をつむお方。その功徳を神様は、
いつも現在のものとして見ておられるのです。神様にあるのは現在だけです
から。

 それで全人類は、アダムとエワから世の終わりまでの一人にいたるまで、
マリア様を通してイエズス様によって救っていただくのです。言いかえれば、
マリア様がつんだ功徳は、神であるイエズス様の功徳に合わせられ、全ての
時代の人類に、時をこえて恩恵をもたらすのです。400年前のキリシタン
時代、日本人は宣教師に「私のご先祖様の救いはどうなるのですか?」とし
ばしば質問しました。宣教師たちは「あなたがローマ・カトリックの教えを
信じ、功徳をつむなら、あなたの功徳を前もって見ていらっしゃる神様は、
それをご先祖様たちの救いに役立てていたのだから、安心して彼らのために
祈り、功徳をつみなさい」と教えました。

 今私たちがつむ功徳は、イエズスの十字架によるあがないの時、その功徳
に一致させられています。こうして私たちのつむ功徳は、共にあがなってく
ださったイエズスとマリア様の功徳に時をこえて合わせられ、それから全時
代の助けを必要とする人々のために時をこえて及ぼされ、彼らのために使わ
れました。そして使われており、そして将来使われるのです。私たちはイエ
ズスとマリア様の協力者として全人類のために時をこえて働けるのですよ。
何とすばらしいことでしょう。特にご先祖様たちのために、そして子々孫々
のために。私たちにとっての今を利用できるのです。

 永遠の意味がわかるはずもない私たちは、とにかくマリア様に信頼し、マ
リア様とともに働くことに集中しましょう。今日を悔いあらためつつマリア
様とともに生きること。それを一日一日くりかえし積み重ねればよいのです。
単純でしょう。マリア様を愛し、信頼し、希望をかけることだけに没頭し、
明日を思いわずらわないなんて。マリア様にすべての心配をゆだねてしまい
ましょう。


----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1993年8月31日
リトル・ペブルに(抜粋)

 わが子よ、そして子供たちよ、あなた方は、わが息子イエズスの再臨の前
の終末の時代に生きているということを悟らなければなりません。わが子供
たちよ、私はあなた方に、あなた方のあらゆる行動において思慮深くあるよ
うに、そして良く祈り、神に信頼を置くように求めます。

 わが子よ、そして子供たちよ、ルシファーと彼の邪悪な霊たちの時は頂点
に達しており、彼はあなた方から信仰を奪い去ろうとしています。それで私
はわが息子を連れて来たのです。あなた方に強い信仰を植えるため、神に聞
き従わせるため、神に従順ならしめるために。わが子供たちよ、あなた方は
大いなる懲罰に備えて準備していなければなりません。私はあなた方の母で
あり、私はあなた方にわが愛の息子リトル・ペブルに聞き従うように求めま
す。アーメン。私はあなた方を愛しており、あなた方を祝福します。聖父と
聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 わが子、ローズ・ペタルよ、わが愛の息子リトル・ペブルには大いなる罠
が待ち構えています。彼らの計画は今や準備されており、罠は母なる教会か
ら、司教たち、枢機卿たち、司祭たちからもたらされるでしょう。邪悪なる
者は既に彼らの中に入ったのです。彼らはまた教皇ヨハネ・パウロ2世にも
反対しています。彼らはわが愛の息子リトル・ペブルの叙階を妨げるために、
できるだけ早い時期に教皇を取り除いてしまうことを望んでいます。

 私はわが息子リトル・ペブルに、教会の指導者達は非常に辛辣に彼に反対
しているということを理解してほしいと思います。わが息子イエズスの教会
の内で選ばれた多くの子らの心をルシファーは毒してしまったのです。それ
ゆえ私はわが愛の息子リトル・ペブルに、今後、防護的手段と安全策をこう
ずるように求めます。アーメン。私はあなた方を祝福します。聖父と聖子と
聖霊との御名によりて。アーメン。


----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------
「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は1月12日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Jean-Marie S.  Kolbe-Marie A.
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%5%%




[HOME] [戻る]