「箱舟の聖母」バックナンバー
2002年12月8日号No.129

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 聖シャーベル修道会
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2002年12月8日号 No.129
        ( 無原罪の聖母の大祝日 )

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.リトル・ペブルからオーストラリア首相に宛てた手紙
 2.メッセージによせて
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記

----------------------------------------------------------------
1.リトル・ペブルからオーストラリア首相に宛てた手紙
----------------------------------------------------------------
次の指示は神の御母からのもので、オーストラリアの首相ジョン・ハワード
氏に、首相の内閣ホームページを通して送り届けられました。

--------------------------------
2002年11月29日
現地時間PM5:20
ジョン・ハワード氏へ
--------------------------------
 首相閣下、私は、私たちの愛する救い主イエズスの御名によって、あなた
に挨拶いたします。

 私は、私たちの聖なるおとめマリアからあなたに宛てられたこれらの指示
を、あなたに送ります。なぜならば、オーストラリアが、この国に影を落と
しているいくつかの脅威のために、大きな緊張と困難に投げ込まれる時が近
づいているからです。

 テロリズムは自由主義世界に対する全世界的な攻撃です。

 およそ20年前に、リトル・ペブルへのマリア様のご出現を通して、彼女
がオーストラリアにおいでになったとき、オーストラリアに自国の軍事力を
再建させるために、オーストラリア本土へのインドネシアと中国からの攻撃
を警告なさったことを、権力ある人々に思い出させることをマリア様は望ん
でおられます。

 再び、私たちの聖母は、侵略が近づいたので準備するようにおっしゃって
います。

 次に、テロリストたちはいくつかの方法で攻撃するでしょう。
 1.ジャーヴィス湾 − 原子炉を
 2.オペラハウス  − 土台の下を
 3.ハーバーブリッジ − Pilongs に
 4.トンネル
 5.ワラガンバ・ダム
 6.スノーウィマウンテンの水力発電システムと水路
 7.シドニー国際空港 − 飛行機か船か鉄道を用いて

 この国の中には多くの敵がいます。ハワード首相、あなたもまた、移動す
るのに警戒しなければいけません。聖母はあなたに、彼女の母としての祝福
を送っています。

 あなたはまたイラクとの戦争がおこることに気づいていなければなりませ
ん。イラクと他のアラブ諸国がイスラエルを攻撃するので、この戦争は世界
大戦へと燃え広がります。この戦争はヨーロッパに広がります。中国もまた、
自由主義世界を攻撃します。あなたはニュージーランドとのあなたのつなが
りを強化するべきです。

神の預言者
リトル・ペブル
ウィリアム・カム


----------------------------------------------------------------
2.メッセージによせて
----------------------------------------------------------------
 あなたはマリア様に会いました。信仰するとはどういうことかを、マリア
様からその御生涯を手本として教えていただくことが今はできるのです。
信仰の基本は、自分の意志を脱ぎ捨てて、神の意志を、マリア様の意志をま
とうことです。このことを言い表すのに「我意を殺す」とか「意志を殺す」
とか「自分に死ぬ」とか言います。あなたが自分と神様のおつきあいをふり
かえって見るなら、自分の望みを神様に押しつけていることに気がつくはず
です。

 マリア様は神様のお望みをご自身に押しつけました。そうです。あなたの
信仰は基本において間違っているのです。これは重大なあやまりで、このま
までは本当の信仰にいたることができません。本当の信仰にいたった人は、
神様からも、人間からも何の報いも求めることがありません。神に対する奉
仕の中に自分自身の満足を求めず、隣人に対する奉仕の中に自分自身の利益
を求めません。ひたすら純粋な愛によって奉仕します。先に言った「我意」
「自分の意志」「自分」という言葉には、自分の利益を意識してか無意識に
か必ず求めている「清くない望み」という意味があります。

 誰でも最初は自分自身の利益のために神を愛する「やとわれ人」のような
愛から出発します。この愛を純潔に、ひたすら神を愛し、神の名の栄光と賛
美しか念願しない、我を捨て去った愛にまで清めていくことが、究極的なあ
なたに対する神の望みで、あなたはその神の望みを自分に押しつけてまこと
の信仰を得るのです。

 そのためにあなたはマリア様に手をひかれ、一歩一歩前進し、何度倒れて
もマリア様に助け起こされては歩き続けなければならないのです。この道を
あなたは自分の力ではたった一歩すら進めません。すなわち、マリア様から
の恵みがあってはじめて清さの階段を上がっていけるのです。マリア様は完
全な清さです。そして清める方です。マリア様の清さがあなたの心に入いる
ように、どうかマリア様にもっと近づき、マリア様を愛し、マリア様と語り
あってくださいね。あなたの言葉をマリア様は聞きたくって待っていますよ。


----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1993年8月13日
リトル・ペブルに(抜粋)

 甘美なる子供たちよ、神から遠く離れている者にさえ永遠の御父は憐れみ
深いのです。もしそうでないのなら、あなたたちが今日ここにいることはな
いでしょう。神はあなたたちに値する以上の多くの年月を与えてこられまし
た。子供たちよ、従順でありなさい。そして私の声に耳を傾けなさい。私は
子供たちの心の荒野の中で叫んでいます。多くの子供たちの心は空虚で石の
ようです。このような子供たちにさえ私は言いたいのです。「彼らは自分た
ちが何をしているのか知らず、自分に対して、あるいは他人に対してどのよ
うな害を与えているのかを気づいていません。しかし、いつの日にか全ての
ことが神の御前で責任を問われるのです。」

 私の言葉をよく聞きなさい。まもなく私の言葉は終わり、懲罰が − 今
もあるのですが − 世界中の多くの国々に降るからです。間もなく多くの
地震が起こり、多くの国々に死と破壊がもたらされ、多くの子供たちを私た
ちから取り去るでしょう。そのため、私はあなたたちの天の母として、神で
あるわが子イエズスが王として、メシアとして人類の支配者として来られる
のに備えるようにと警告しているのです。イエズスだけが全ての王なのです。
他に神はありません。あなたたちの生活からルシファーを追い出しなさい。


----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------
「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は12月15日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Jean-Marie S.  Kolbe-Marie A.
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%




[HOME] [戻る]