「箱舟の聖母」バックナンバー
2002年12月1日号No.128

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 聖シャーベル修道会
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2002年12月1日号 No.128

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 2.メッセージによせて
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記

----------------------------------------------------------------
1.午後9時、ティアクの聖心共同体の聖堂でリトル・ペブルに
  与えられたメッセージ
  − No.473 1995年4月21日(金曜日) −
----------------------------------------------------------------
リトル・ペブル:
 聖櫃から白い十字架が出てきて聖堂を通り抜けています。白い十字架の周
りには金の縁があり、すべてが白熱しています。ここには多くの天使がいま
す。白い十字架の中心部に扉が見え始め、扉は広く開いていきます。十字架
は更に大きくなります。大量の光が聖櫃から、十字架から出て、私たちの方
に来ています。光は十字架内で更に明るくなっています。今、聖主イエズス
が見えます。彼は白い十字架から出て祭壇の方に歩を進められます。

 イエズスはバーガンディ色(暗紅色)の衣服をお召しになり、御像のよう
に見えます。彼は御自分の周りをご覧になっておられます。彼が右手をお挙
げになると、そこに御傷が見え、御傷から、そして聖心から大量の光線が出
ているのが見えます。聖主の隣に2位の天使がいます。1位は右、もう1位
は左にいます。この2位の天使の胸には、アルファ、オメガと刻まれた金の
環があります。この天使たちは美しい金の翼を持っています。イエズスは右
手をお挙げになります。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。

聖主:
 わが愛する息子、聖にして母なる教会のための永遠の救いの甘美なる岩よ。
リトル・バルトロメオ、終わりの時の使徒よ。弟子エドワード、ここにいる
いとしいプリンセスたちと子供たち、全世界のすべての共同体のすべての子
供たちよ、今晩は。今宵、私は子供たちを勇気づけるために来た。特に来る
べき日々に、子供達が至聖なる聖心に向かう道、カルワリオに、聖化に向か
う道を歩むのを強めるべく、堅忍の恵み、理解の恵み、至聖なる御母の御心
からのすべての徳をもたらすために、至聖なる御母とともにこの共同体に来
て、あなたたちを訪れた。

リトル・ペブル:
 祭壇上に多くの美しい花々、様々な種類の花々が成長しているのが見えま
す。聖主は御手を外に広げられ、御血の滴りが花びらに落ちているのが見え
ます。イエズスは微笑んでおられます。

聖主:
 甘美なる子供たちよ、この花々はあなたたち甘美なる霊魂を表している。
各々の花は異なっており、その花々が恵みと尊い血によって養われるなら、
美と栄光とを神にもたらす。甘美なる子供たちよ、これらの残り少ない日々、
私の言葉によく注意し、私が遣わす者に注意深く耳を傾けなさい。彼らは私
の名によって話すのである。私の至聖なる聖心に信頼し、平和に留まりなさ
い。あなたたちが通らなければならない道は、私が至聖なる御母とともに通っ
た道と同じ道なのだ。

 甘美なる子供達よ、浄化の生をどのように生きるか、至聖なる御母の諸徳
をどのように実践するかを、あなたたちは学ぶであろう。それゆえ、まもな
くこの世界に到来する楽園の王国に入るであろう。私の来臨は近いからであ
る。甘美なる子供たちよ、喜びなさい。私はあなたたちとともにおり、そし
て私の声に耳を傾けるすべての子供たちとともに留まるからである。皆を強
め、私の言葉に忠実に留まるように、今宵あなたたちに私の聖心と、最も尊
き御母の御心とを与える。皆を祝福する。聖父と聖子と聖霊との御名により
て。アーメン。

 甘美なる子供たちよ、来るべき日々、私があなたたちとともにいることを
知っておきなさい。あなたたちは私の声を聞き、その意味を理解するであろ
う。私と至聖なる御母が送る恵みに心を開きなさい。そして、私の十字架を
最後まで担うことを恐れてはならない。

 おやすみの接吻を送る。明日になったら至聖なる御母とともに来て、天に
まします御父からの多くの接吻と恵みをあなたたちに注ごう。聖父と聖子と
聖霊との御名によりて。アーメン。


--------------------------------
1995年4月22日、土曜日
午後6時30分、聖堂で与えられたメッセージ
--------------------------------
リトル・ペブル:
 十字架から聖母に向けて大量の光線が出ています。聖ミカエルは白い十字
架の後ろに立っており、聖櫃があるところに剣を置きました。祭壇の上に杖
があり、聖母はその杖の真上を漂っておられます。

 聖母は美しいロザリオを持っておられます。ロザリオは聖母の手から、あ
たかも手の傷から出ているようです。とても大きな15連のロザリオです。
磔刑像がカリスの真下、イエズスがおられるところにあります。御聖体の表
面に聖主の御顔が見えます。聖母は祈っておられます。聖母は手は天に挙げ
ておられます。ロザリオがカリスと御聖体の周りを取り巻き、ロザリオの珠
の代わりに美しいバラができ始めています。聖母は右手を挙げ、十字のしる
しをなさいます。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。

聖母:
 汚れなき御心の愛するホワイト・ロック(白い岩)、いとしい司祭なるリ
トル・バルトロメオ、ここに私の前に集まったすべての甘美なる子供たちよ、
御聖体にまします私の息子とともに、あなたたちに挨拶します。至高なる
御者の御旨を理解するのを助けるために、今宵、神の玉座から多くの恵みを
あなたたちに持ってまいりました。あなたたちは皆、聖性に呼ばれています。
神である私の息子、イエズスの尊き御血によって聖化されるように呼ばれて
います。甘美なる子供たちよ、神である私の息子の十字架をよく心に留めて
おきなさい。あなたたちが慰め、力、あなたたちの生涯に必要な全てを見出
すのは、この十字架の内なのです。

--------------------------------
あなたたちは皆、真理の証をするように呼ばれています。あなたたちの多く
は、神に栄光を帰し、自分の霊魂とあなたたちが愛する人々の霊魂に救いを
もたらすために大きな試練を味わうでしょう。
--------------------------------
 甘美なる子供たちよ、今週は、あなたたちの生涯に対する神の強い御旨に
ついて黙想する時です。皆は真理の証をするように呼ばれています。あなた
たちの多くは神である私の息子イエズスに栄光を帰し、自分の霊魂とあなた
たちが愛する人々の霊魂に救いをもたらすために大きな試練を味わうでしょ
う。今日、教えられるすべてのことを心深くにとめておきなさい。これらの
教えは神である私の息子から来るものだからです。耳のある者は耳を開きな
さい。神があなたたちに望んでおられる多くのことを理解するのを助けるた
めに、多くの恵みが与えられているのですから。甘美なる子供たちよ、あな
たたちを愛しています。あなたたちの霊魂を強める拠り所として、神である
私の息子イエズスの聖心を与えます。

 神である私の息子をしばしば受けなさい。御聖体のうちにだけではなく、
告解の恵みのうちにも。告解の秘蹟はあなたたちを強め、十字架を担うのを
助けるからです。甘美なる子供たちよ、あなたたちを愛しています。あなた
たちが神である私の息子の聖心に入るのを助けるために、扉を広く開けてい
ます。イエズスを通して祝福を送ります。聖父と聖子と聖霊との御名により
て。アーメン。

 甘美なる子供たちよ、あなたたちは皆、罪人であることを、よく心にとめ
ておきなさい。神の御言葉に忠実であるために、あなたたちは皆、神からの
恵みが必要です。愛の珠を祈りなさい。この祈りを通して多くの恵みが与え
られるからです。そして、私はあなたたちとともにいることを、すべてが失
われたと見えるときでさえ、ともにいることを知っておきなさい。私はあな
たたちの天の母なのですから。リトル・ボーイ・ブルーに接吻を送ります。
来るべき年々、リトル・ボーイ・ブルーには多くが求められるでしょう。
若木は成長し、神である私の息子イエズスのために、特に私がリトル・ロッ
クに、そして聖シャーベル修道会に与えたこの使命のために実を結ぶでしょ
う。子供たちよ、皆を祝福します。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。
アーメン。
(祈りが続けられる)


--------------------------------
1995年4月29日、土曜日
午後5時、ダイニングルームで与えられたメッセージ
--------------------------------
リトル・ペブル:
 聖堂から大量の光が出て、この建物の方に流れてきています。およそ12
フィート幅の、実に美しい、輝く白い水平の、細い一条の光線です。祈りの
間、私は天使たちを見ていました。聖サクラメッサギュス、聖バラキエル、
聖メノロウティスがうなずき、御出現の開始を示していました。聖ミカエル
はこの建物の上に立ち、建物の中央に剣を入れます。これによって、すべて
の否定的なもの、すなわち悪魔を追い出すように見えます。聖櫃からイエズ
スが出て、光の道を滑り降りて来られます。イエズスとともに聖母がおられ
ます。聖霊がこの建物の上空におられます。聖霊から多くの光の炎が出て
人々の上に落ちています。人々の頭上に、1〜2インチほどの小さな炎が見
えます。竜巻のように見えるものが生じて、空へ上がっていくように見えま
す。イエズスもマリアも中にお入りになり、この建物の中央に立っていらっ
しゃいます。イエズスとマリアの足元には小さな赤ちゃんと、12ヶ月から
2歳ぐらいの子供たちが大勢います。大半の子が手に小さな十字架をつけて
います。イエズスとマリアは子供たちをご覧になっています。

 イエズスは黄色のチュニックを着ておられます。聖母は明るいピンクの
チュニックを着て、爪先まで届く美しい青のマンティラを被っておられます。
子供たちが聖母の外套あるいはマンティラでしょうか、その下に集まってい
るのが見えます。聖母は微笑んでおられます。同じことが聖主にも起きてい
ます。イエズスも聖母も、地上から2メートルほどのところにある美しい白
の光の雲の上に立っておられます。イエズスの聖心と聖母の御心がはっきり
と見えます。聖霊が聖心と御心の上に降って来られ、美しい十字架を形づく
られました。イエズスとマリアが十字のしるしをなさいます。聖父と聖子と
聖霊との御名によりて。アーメン。

聖主:
 愛する息子、地上における私の家の将来の代理者、愛のリトル・ペブルよ、
愛する使徒バルトロメオ、弟子エドワード、クリストファー、そしてすべて
の甘美なる子供達、プリンセスたちよ、清らかなる御母を通して、私の至聖
なる聖心をもってあなたたちに挨拶する。聖なる御母がお与えになった道に
あなたたちが従うのを助けるため、今日、完全(完徳)の恵みを多く持って
来た。それゆえ、あなたたちは天国に至る道、地球の創造の時からあなたた
ちのために用意されているニューエラに至る道を堅忍して歩むことであろう。

--------------------------------
愚かなことを追い求めたり、怠惰のうちに時間を浪貧してはならない。永遠
の御父の御計画を成就するために、あなたたちのエネルギーを用いなさい。
--------------------------------
 甘美なる子供たちよ、あなたたちがいる今の時は、極めて貴重なのである。
愚かなことを追い求めたり、怠惰のうちに時間を浪費してはならない。永遠
の御父があなたたちの前に置かれた御計画を成就するために、あなたたちの
エネルギーと善意を用いなさい。子供たちを誤りと偽りから守り保護するた
めに、全世界の共同体に私は多くの霊魂を立てる。甘美なる子供達よ、成聖
の道は容易ではない。しかし、聖なる御母の御助けがあれば、あなたたちは
皆、天にまします御父の王国と、私の言葉に忠実に留まる子供たちに約束さ
れている聖なるニューエラを得ることができる。

 あなたたちを清め、強めるために、至聖なる御母の汚れなき御心を通して、
私の至聖なる聖心を与える。甘美なる子供たちよ、来るべき年々、あなたた
ちの生活に多くの変化があるであろう。なぜなら、私に従う者は自分を否定
しなければならないからである。十字架を取り、忍耐し、寛容でありなさい。
そうすれば、あなたたちには不足することがなく、聖化と永遠の救いのため
の私の恵みと、天にまします御父からの多くの賜物とで満たされることを
約束する。

 私の言葉に忠実であり、私の招きに従順でありなさい。私は羊を見守り、
羊が道に迷うのを許さない、良い羊飼いなのだから。それゆえ、祈りなさい。
至聖なる御母とともに祈りなさい。あなたたちは御母とともにいることに
よって、世間、肉、悪魔の誘惑から守られるからである。あなたたちは私の
ものであり、私のものは私を知っている。いとしい子供達よ、至聖なる御母
とともに、あなたたちを祝福する。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。
アーメン。

リトル・ペブル:
 聖母はイエズスをご覧になり、聖心に接吻なさいます。聖母は少し滑り降
りて来られ、御母のマンティラはここにいるすべての人々の上に、とても美
しくマントのように広がりました。御母のマンティラは急に大きくなったの
で、多くの天使がマンティラを支えています。多くのバラと花々が空から落
ちています。花々は私たちの上に、大地に落ち、新芽が出ています。多くの
小さな花々が大地から、そして私達から芽生え、成長し、様々な種類の花々
をつけています。

 大人の間に小さな子供たち、赤ちゃんたちも見えます。その子供たちはあ
たかも、これらの花々の間で成長しているかのようです。守護の天使が教え
てくれます。「彼らはニューエラの子供たちです」と。

 聖母は微笑んでおられます。聖母は汚れなき御心から美しいバラを取り出
されます。天使たちの一位、聖モンタリウスがこのバラを取ります。聖母は
この天使に、バラを聖堂に持って行くようにとお話しになります。バラは
祭壇のあるところに植えられます。そのバラから、とても大きな聖堂が出て
くるのが見えます。そのバラから他にも大きな建物がいくつか出てくるのが
見えます。とても珍しいことです。

 聖母は微笑んでおられます。聖母は十字架のしるしをなさいます。聖父と
聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。

--------------------------------
いとしい子供たちよ、あなたたちに与えられる恵みは、お互いへの忍耐、愛、
寛容をもって育みなさい。
--------------------------------
聖母:
 尊き息子、汚れなき御心のホワイト・ペブルよ、ここに、私と神である私
の息子の前に集まった尊い子供たちよ、イエズスの聖心とともに、あなたた
ちに挨拶します。過去数日間、神である私の息子と私とに与えてくれた愛の
奉献に感謝します。私たちは成し遂げられたすべてのことに対し、とても喜
んでいます。神の霊、私の浄配である聖霊から来る愛の炎が、あなたたちの
心に来られ、神である私の息子の栄光に対して多くの心を開いてくださった
からです。いとしい子供たちよ、あなたたちに与えられる恵みは、お互いへ
の忍耐、愛、寛容をもって育みなさい。注意深く互いに耳を傾けなさい。心
を閉じてはなりません。私のうちにまします神の霊に心を開きなさい。いさ
かいの時、心配の時には聖なるロザリオを祈りなさい。ロザリオは子供たち
の心と精神に巣食う悪の影響をすべて取り払うからです。

 甘美なる子供たちよ、あなたたちはまず、自分自身に克たねばなりません。
まず自分自身に克つなら、三位一体の神からの恵みが心に溢れるでしょう。
そして、体の弱さは三位一体の神の諸徳に変わるでしょう。

 神である私の息子と私からの接吻をあなたたちに送り、私たちの愛をもっ
て抱きしめます。甘美なる子供たちよ、皆を祝福します。聖父と聖子と聖霊
との御名によりて。アーメン。

 今は祈りを続けなさい。神である私の息子と私は、これらの祈りを永遠の
御父の玉座に持っていきますから。今日、私は煉獄から多くの霊魂を、その
うちの多くがあなたたち皆に関係する霊魂なのですが、その霊魂たちを解放
したいと望んでいます。

リトル・ペブル:
 私はリトル・ヨハネ、ソーンブッシュ、アストリッド修母を見ました。彼
らもしばらく前に聖母とともに来て、私たち皆に挨拶を送りました。聖母と
聖主は、神父が私たちに最後の祝福を与えるようにと合図しておられます。

(ブルサード神父がラテン語で祝福を与える)

 イエズスとマリアが十字架のしるしをなさいます。聖父と聖子と聖霊との
御名によりて。アーメン。

 聖ミカエルが再び建物内に入って来ました。聖ミカエルがこんなにも小さ
くなるのを見ることは、しばしばあることではありません。聖ミカエルは多
くの天使、この共同体の守護の天使とともに、イエズス、マリアの後ろに
立っています。天使たちも十字架のしるしをします。聖父と聖子と聖霊との
御名によりて。アーメン。

 イエズスとマリアは速やかに聖堂へ、聖櫃内へと進まれ、消えてしまわれ
ました。聖ミカエルと天使達は残っています。私たちは祈りを続けましょう。


----------------------------------------------------------------
2.メッセージによせて
----------------------------------------------------------------
 皆さんは聖書を読んだことはないかもしれませんが、貧しい馬小屋でマリ
ア様がイエズス様を産んだお話しと、十字架刑にイエズス様が処せられたお
話しは聞いていると思います。それでイエズス様とマリア様をしいたげられ
た弱い人のように見てはいませんか。それは大きな誤解です。一瞬先に何が
起こるかさえ知らない私たちと、イエズス様、マリア様を同じように見てい
るのではありませんか。

 イエズス様は神としての知識によって、マリア様は無原罪の特権による傷
のない理性によって、あがないの業にともなうお二人の苦しみをあらかじめ
御存知でした。知っていながら御父の命令を果たすために、いけにえとなる
ために駆けていったのです。どんな労苦もどんな屈辱もいとわなかったし、
世の終わりにいたるまでの人々の忘恩と、それを大恩だとも認識しない無知
も意に介しませんでした。ユダヤ人の迫害、嘲笑、侮辱、人民の非難と叫び
を前にしてもたじろぎませんでした。これほど強い人がいったいどこにいる
でしょうか。イエズス様とマリア様は、御父が戦場に送りこんだまことの
戦士、まことの英雄で、お二人は悪魔から、その奴隷となっている全人類を
たったお二人で奪い取り、解放したのです。

 この世にこれ以上ない強いお方に皆さんは共に戦うように呼ばれています。
皆さんは自分の弱さのために恐れる必要はありません。あなたがイエズス様
とマリア様に従うなら、お二人があなたを守るのですから。

 はっきり言っておきます。マリア様は地獄の全ての悪魔をたったひとにら
みするだけで敗走させてしまうお方です。あなたはマリア様を信頼しはじめ、
そして信頼しぬくことが必要です。マリア様へのあなたの信頼の強さが、こ
の戦いにおけるあなたの強さなのですから。


----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1993年8月13日
リトル・ペブルに(抜粋)

 「神の神秘」について、特に神であるわが子イエズスの受難について黙想
しなさい。なぜなら、あなたたち全ては、神秘的な方法によって、神である
わが子と私とに一致して、同じ受難を体験するからです。間もなく来る灰か
らあなたたちが「復活」し、教会が「復活」するのはこの道だけなのです。

 大分裂が近づいています。多くの枢機卿や司教が私の神の子の地上の家か
ら自らを引き離すでしょう。多くの者が私の神の子と、地上におけるわが子
の代理者に従うことを望んでいないからです。そして、この不服従のために
教会と世界とに荒廃があるでしょう。教会は神の神的な恵みによって支えら
れています。同じように世界もそうなのです。この恵みがなければ人類は今
より更に深く堕ちるでしょう。ルシファーが天の最も高い所から堕ちたよう
に、人類も地獄の深みに堕ちるでしょう。

 甘美なる子供たちよ、今は重大な時です。人類に時間はごくわずかしか残
されていません。今でさえ「熊」、ロシアの白い「熊」は無垢な者を虐殺す
る準備、西側を侵略する準備をしています。ファチマの私の出現の時、ロシ
アが教会と世界に誤謬を広めるとあなたたちは警告されました。あなたたち
はこれが見えないほどに盲目なのですか。聖職位階のほとんどの者が悪魔に
よって導かれ、真理に対して盲目になっていると話すのは悲しいことです。
でも私は彼らの救いを求めていますし、彼らが神であるわが子から光を受け
ることを望んでいます。そして、甘美なる子供たちよ、このことはあなたた
ちの祈りと犠牲によってのみ成し遂げることができるのです。


----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------
「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は12月8日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Jean-Marie S.  Kolbe-Marie A.
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%




[HOME] [戻る]