「箱舟の聖母」バックナンバー
2002年11月24日号No.127

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 聖シャーベル修道会
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2002年11月24日号 No.127

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 2.メッセージによせて
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記

----------------------------------------------------------------
1.聖木曜日、全御出現聖堂でリトル・ペブルに与えられたメッセージ
  − No.472 1995年4月13日 −
----------------------------------------------------------------
リトル・ペブル:
 天使たちはすでにここにいます。多くの天使がご聖体を取り囲んでいます。
丘の上に3つの十字架が見えます。真ん中の十字架は白です。どの十字架に
も体は掛かっていません。白い十字架は成長し、とても大きくなりました。
聖センティミンタリウスと同じく、聖サクラメッサギュスと聖メノロウティ
スも見えるようになりました。カルワリオの白い十字架から一条の白い十字
架が聖堂の方に来ます。照明された街路に似た美しい光です。さて、白い十
字架 − 今、開いています − を通して、純白の装いの多くの天使が見
えます。天使たちはしゅろの枝を持ち、光の道の両側に整列しています。

 聖ミカエルが白い十字架の後ろにいます。とても背が高いです。聖ミカエ
ルは剣を白い光の上に置きます。十字架を通って、さらに多くの天使が来て
います。天使に続いて、古の12使徒が行列してくるのが見えます。新12
使徒も前進してきます。私の後ろ、祭壇のある所に、金のとても大きなテー
ブルが見えます。テーブルの上に、杯あるいはカリスでしょうか、それとプ
レートがあります。どれも金でできています。新旧の使徒たちは半円形になっ
てテーブルの周りに座っています。十字架の光を通って、さらに多くの天使
が来ています。

 イエズス様とマリア様がともに白い光の上を来られるのが見えます。十字
架から聖堂の方へ降りて来られます。お二方の後ろに多くの天使たちと何人
かの聖人がいます。聖母と主はそれぞれ片手にしゅろの枝を持ち、もう片方
の手で茨の冠を持っておられます。一方の冠には小さな白いバラがあり、も
う一方の冠には小さなピンクのバラがついています。とても小さなバラです。

 イエズス様もマリア様も聖堂内に入って来られ、この聖堂よりも大きなテー
ブルから1メートルほど離れたところにいらっしゃいます。聖堂は拡張され、
大きくなり、すべての天使と聖人たちがゆったりと入れるようになりました。
聖母は主の右におられ、聖なる御母の右には聖ペトロがいます。聖主の左に
はリトル・ペトロ、その左にリトル・ヨハネ、そして左隣にリトル・バルト
ロメオがいます。イエズス様とマリア様はここにいる一人ひとりをご覧になっ
ておられます。

 剣で刺し貫かれた至聖なる聖心が今、聖主の白いチュニックの上に現れま
した。チュニックには御受難の道具が茶色で描かれています。聖母の汚れな
き御心が聖母の胸の前に現れました。御心の周りには茨の冠と7つの短剣が
あります。御心の周りには、紫の石でできたロザリオもあります。聖シャー
ベル修道会の天使、聖センティミンタリウスがイエズス様とマリア様から冠
を受け取ります。汚れなき御心修道会の守護の天使、聖センティリウスが主
の左、リトル・ペトロの後ろに来て、イエズス様とマリア様からしゅろの枝
を受け取るのが見えます。イエズス様もマリア様も微笑んでおられます。聖
なる御母の右に聖ティモテが、聖主の左に聖メノロウティスが見えます。聖
センティミンタリウスが、ソーンブッシュの守護の天使、聖ティモテにピン
クのバラのついた茨の冠を、そして聖メノロウティスに白いバラのついた茨
の冠を手渡します。ここにある2本のしゅろの枝はリトル・ヨハネとリトル・
バルトロメオのためのものです。

 大天使聖ガブリエルが白い十字架を通って速やかに、イエズス様とマリア
様のところに来ました。聖ガブリエルはお二方の前で跪き、頭を垂れていま
す。聖ガブリエルは金の表紙の一冊の本を持っています。その本の表紙には
アルファとオメガの2つの文字が書かれています。聖ガブリエルはその本を
イエズス様とマリア様に差し出します。お二方とも本の上に手を置かれます。
突然、剣がイエズス様とマリア様の手を、そして本を刺し貫きます。イエズ
ス様とマリア様から光が流れ出て、テーブルに座っている使徒たちを貫通し
ます。

 本のカバーに白い小羊が浮かび上がりました。聖ガブリエルが脇へ寄り、
大天使聖ラファエルが、本の脇にあるテーブルの上に杖を置きます。剣はイ
エズス様とマリア様の手から消えてしまいました。お二方は微笑んでおられ
ます。主は祝されし御母の額に接吻なさいます。聖なる御母はイエズス様の
至聖なる聖心に接吻なさいます。お二方は私たちを祝福なさいます。聖父と
聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。

聖主:
 愛する岩、地上における私の家の将来の代理者よ、いとしい使徒と弟子た
ち、私の前に集まったすべての甘美なる子供たち、そして全世界の甘美なる
子供たちよ、私、イエズス・キリスト、生ける神の子は、あなたたちに多く
の恵みをもたらし、間近に迫った私の再臨に備えてあなたたちを準備するた
め、今日、尊い御母、無原罪のマリア、使徒たち、天の住人とともに来た!

 小さき息子が述べたことは黙示録の成就の準備である。私はすべての国々、
私たちの子供たち、私の名前を知らない子供たちにさえ、私のテーブルに来
て、私を食するように、私の体を食べ、私の血を飲むようにと招くからであ
る。今日、あなたたちは、私が人類のために御父に捧げた犠牲 − 最初の
ミサの記念を祝っている! 全世界の子供たちに霊魂の準備をさせなさい。
なぜなら私は、人間として謙遜のうちに小さな子供として来た最初のときの
ようにではなく、大いなる栄光と力と威厳のうちに来るからである。

--------------------------------
怠惰のうちに、また、この世と肉の追求のために、あなたたちの時間を浪費
してはならない! 私の受難と至聖なる御母の悲しみについて黙想しなさい。
--------------------------------
 すべての者が、私があなたたちのために命を与えた、この聖週間の日々に
ついて黙想するように呼ばれている。甘美なる子供たちよ、怠惰のうちに、
また、この世と肉の追求のために時間を浪費してはならない! あなたたち
自身の内に入り、私の受難と至聖なる御母の悲しみについて黙想しなさい。
教会とこの世は、私がかつて体験したように、そして今もなお地上における
私の神秘体のうちに体験しているように、私と同じ受難を体験する! 反省
の時は今。熟考の時は今である。私に従うか、それとも、間もなく自分の名
で世に来て、善いもの、有益なものすべてを破壊する者に従うのか、熟慮す
る時である。

 御母と私は何世紀にも渡り、子供たちに準備させるため、多くの言葉をキ
リスト教圏を通して話してきた。私の来臨に備えさせるだけではなく、来る
べき年々に世界を支配する反キリストとして来る私に敵対する者、サタンの
到来に対しても備えさせるためでもあった。甘美なる子供達よ、これは重大
なことなのである。あなたたちの多くはこれが何を意味するのか理解してい
ない。私が死んだ時、そして私が復活するまでの時、すなわち私の死に起因
する闇、子供たちの苦境、多くの者の心における怖れについてよく考えなさ
い。「頭」が殺され、「体」は不具にされた。これと同じことが地上におけ
る私の家で起きるのだ。「頭」は殺され、「体」から切り離されるであろう。

--------------------------------
体、すなわち教会は傷つき、裂かれ、十字架につけられ、多くの部分に分け
られる。空虚と闇があるであろう。滅びの子が世に入り、人類を支配するだ
ろう。
--------------------------------
 体、すなわち教会は傷つき、裂かれ、十字架につけられ、多くの部分に分
けられる。教会と世界に空虚があるだろう。世の隅々にまで闇が入り込み、
滅びの子が世に入り、人類を支配するであろう! それゆえ、甘美なる子供
達よ、今は、速やかにそして予告なしに、あなたたちに来る時に備えて準備
する時である。その時、人類はサタンと罪の力によって奴隷化されるのだ。
しかし、恐れてはならない。私は世の光なのだから! 至聖なる御母を通し
て、私は人類を自らの愚かさから救うために来る。あなたたちが今、生きて
いる一日一日を最期の日であるかのように生きなさい。あなたたちは、いつ
私が来るのか、あなたたちを裁くために、天にまします御父の玉座の御前に
あなたたちの霊魂を連れていくために私が来る時を知らないのだから。

 甘美なる子供たちよ、私の受難の時は、あなたたちが自分の生活について
深く考察する時である。なぜなら、すべてはあなたたちが何をするか、どの
ようにそれをするのか、愛をもって為すかどうかにかかっているからだ。あ
なたたちには自由意志があるからである。

--------------------------------
人間は平和ではなく、戦争の準備をしている。人類が私を救い主、王、すべ
ての国の支配者として宣言するまで平和は来ない。
--------------------------------
 私の王国に至る道は私の十字架である。甘美なる子供たちよ、天にいるす
べての霊魂は、無垢の者も、また地上では悪であったが死の前に悔い改めた
者も、十字架によって天国に値するものとなったのである。人類の時は尽き
ようとしているが、人類にはまだ悔い改める時間がある。子供たちにはまだ、
至高なる御者の御旨を理解する時間がある。私を信じ、私の言葉に信仰を置
き、信頼して私に従う時間がある。人類は平和ではなく、戦争の準備をして
いる。甘美なる子供たちよ、多くの文書に署名が為されているが、それらは
単に文書でしかない。平和のためには何の意味もない。人類が私を救い主、
王、すべての国とすべての心の支配者として宣言するまで、心にも地上にも
平和は来ない。けれども、人類はサタンと来る反キリストの影響と力によっ
て、この世と生活を支配している。人類は弱い。しかし私は人類に悔い改め、
自らの弱さを認め、贖いの必要を理解するという御父からの恵みを、至聖な
る御母を通して与える。

 私は憐れみ、愛、思いやりの神である。子供たちが私のもとに戻り、私の
言葉に忠実に留まることを切望している。甘美なる子供たちよ、砂の上に家
を建ててはならない。私の言葉である真理の岩の上に建てなさい。

--------------------------------
あなたたちが知っている世界の終わりはもうすぐである。私の栄光ある地上
への来臨は速やかに来る。自分自身の準備をしなさい。
--------------------------------
 時の中の時は今である。あなたたちが知っている世界の終わりはもうすぐ
である。私の栄光ある地上への来臨は速やかに来る。それゆえ自分自身を準
備しなさい。あなたたちが今日心に精神に思い描く宴会は、私の招きの宴会
である。私はすべての男、女、子供が私のテーブルに来て、私とともに食し、
天にまします御父を礼拝することを求めている。この招きはすべての霊魂に
向けられている。しかし、多くの者が呼ばれており、今後も呼ばれるであろ
うが、私の言葉を受け入れるために選ばれる者は少ない。ごく少数の者しか
私の言葉を、また来るべき誘惑、この世と肉と悪魔の誘惑、論理の誘惑、知
性の誘惑、力とこの世の栄光と名誉の誘惑に備えて、私が至聖なる御母に与
えた言葉を聞こうとしないからである。甘美なる子供たちよ、誘惑されては
ならない。あなたたちには言葉が、真理が、光があるのだから。私は真理、
光、人類の命である。私を信じる者はすべてを持っているのだ。

--------------------------------
他人の弱さに惑わされてはならない。むしろ自分の弱さを見つめなさい。赦
しを求めなさい。
--------------------------------
 私は光の子供たちを一致と真理と私の言葉に対する忠実さに呼んでいる。
吹く風に揺れてはならない。堅く留まりなさい。他人の弱さに惑わされては
ならない。むしろ自分自身と自分の弱さを見つめなさい。赦しを求めなさい。
あなたたちの罪に対する私の赦しによって、あなたたちを強めるために私が
与えた赦しの秘跡によって、自分自身を強めなさい。甘美なる子供たちよ、
しばしば私を受けなさい。私はあなたたちを強める。

 御母と私がしばしば、あなたたちに過去のメッセージを読むように、神の
御言葉を読むように、聖人たちの生涯を読むようにと話すのには理由がある。
これは、あなたたちの魂の食物である。この食物はあなたたちを強め、至高
なる御者の御旨に従うという徳をあなたたちに与える。もし、誰かが弱さの
うちに私から離れるとすれば、自分自身を責めるべきなのだ。責めるべきは
至聖なる御母の地上における使命や、私たちが与える言葉ではなく、むしろ
弱い子供たち自身である。他人を裁く前に自分自身と、秤とを裁きなさい。
そうすれば、甘美なる子供たちよ、あなたたちは裁いてはならず、私に裁き
を任せることを理解できるだろう。私はあなたたちの生涯の最期の時に、あ
なたたちの、そして彼らの裁きとなるのだから。

 光の甘美なる子供たちよ、復活は近い。祈り、奉献、犠牲、あなたたちの
罪と世の罪の償いをもって堅忍しなさい。今、子供たちには多くが与えられ
ている。私が地上に戻って来る前のこの時代には特に、多くの光と理解とが
与えられているのだ。

 甘美なる尊い子供たち、御父と私と私たちの霊に象って創造された者たち
よ、あなたたちを愛している。あなたたちは私たちのために、清らかな愛に
よって創造された。甘美なる子供たちよ、私たちは三位一体である。あなた
たちは私たちに似せて創造されたのだから、私たちの名に栄光を帰し、あな
たたちの霊魂を救うという特別の恵みと徳をあなたたちに分け与える。

 私の代理者、ヨハネ・パウロ2世のために祈りなさい。ヨハネ・パウロ2
世も教会の殉教者、精神と真理における信仰の殉教者なのだから。ヨハネ・
パウロ2世の言葉に耳を傾けなさい。ヨハネ・パウロ2世に聞くものは私に
聞くのである。ヨハネ・パウロ2世を非難する者は私を非難するのである。
そのような者たちは自分自身の非難を見い出すであろう。それゆえ祈りなさ
い。枢機卿、司教、司祭、修道者のために祈りなさい。聖にして母なる教会
のために祈りなさい。教会を離れた子供たちが、私の霊の光を受けるように
祈りなさい。

 聖週間のこの時、聖木曜日のこの大祝日にあたり、私の至聖なる聖心をあ
なたたちに与える。常に私に一致しているいと貴き御母の御心をあなたたち
に与える。私が御母のうちにあり、御母が私のうちにおられるので、私と御
母はひとつなのだから。そして、私と御母は、あなたたちの救いに必要な恵
みをあなたたちに与え、あなたたちの心には喜びがもたらされるであろう。
至聖なる御母とともに、ここにいるすべての甘美なる子供たち、そして全世
界のすべての甘美なる子供たちを祝福する。聖父と聖子と聖霊との御名によ
りて。アーメン。

リトル・ペブル:
 さて、カルワリオに十字架がもう2つ見えます。盗賊は十字架につけられ
ておりません。一方の十字架にソーンブッシュ、他方の十字架にリトル・ペ
トロがつけられています。主は聖なる御母の左で、白い十字架に掛かってお
られます。イエズス様とマリア様が持っておられた茨の冠は十字架上の2人
の霊魂の頭にあります。そして、2人の後ろには多くの十字架があります。
主の御血が十字架上の人々の頭に落ちています。祝されし乙女マリアが白い
十字架の下に行かれます。ヨハネ・パウロ2世がマリア様とともにおられま
す。天使と聖人は皆、沈黙のうちに跪いています。十字架の背後がとても暗
くなっていくのが見えます。白い十字架は主の後ろで血のように赤くなりま
した。月がはっきりと見えます。真っ赤な月です。

 十字架の後ろにローマの聖ペトロ大聖堂が見えます。ドームに大きな亀裂
が入り、聖ミカエルの剣がドームの中に置かれています。ドームから火が上
がっています。血も流れ出ています。ドームの背後で爆発が起きています。
きのこ雲が出来ています。核弾頭が爆発したかのようです。「間もなく」と
いう文字が上空に浮かび上がりました。

 そして今、すべてが消えてしまいました。聖母が戻ってこられ、聖櫃の上
に立っておられます。純白の装いではなく、「聖母、平和の元后」として、
メジュゴリエでご出現になる時のようにです。聖母は祈りを続けるようにおっ
しゃいます。私に私的にお話しになるからです。

(祈りが続けられる)

 さて聖母は汚れなき御心の周りにあるロザリオをお取りになります。短剣
と茨の冠は消えてしまいましたが、汚れなき御心はまだ見えます。聖母は、
十字架のイエズス様に接吻なさいました。聖父と聖子と聖霊との御名により
て。アーメン。

聖母:
 汚れなき私の御心の小さな白い岩、甘美なる息子リトル・バルトロメオ、
いとしい娘リトル・グレイン、ここ私の前に集まったすべての甘美なる子供
たち、そして全世界の甘美なる子供たちよ、あなたたちに挨拶します。私、
あなたたちの天の母、元后は今日、この聖週間のために、神である私の息子
からの特別の恵みを持って来ました。

--------------------------------
あなたたちの前に置かれている誘惑に乱されてはなりません。堅く、強く、
留まりなさい。あなたたちは皆、多くの恵みを受けているのですから。
--------------------------------
 甘美なる子供たちよ、あなたたちが知る必要のあることはすべて、神であ
る私の息子イエズスがすでにあなたたちに話しましたから、私が付け加える
ことはありませんが、至高なる御者の御言葉に忠実であるようにと、あなた
たちに言いましょう。あなたたちの心のすべてをもって、精神のすべてをもっ
て、意志のすべてをもって、あなたたちの神を愛し、仕えなさい。そして、
あなたたちの前に置かれている誘惑に乱されてはなりません。堅く、強く、
留まりなさい。あなたたちは皆、多くの恵みとしるし、霊魂と体のしるしを
受けているのですから。甘美なる子供たちよ、信仰のうちに前進しなさい。
愛の珠を取り、堅忍しなさい。甘美なる子供たちよ堅忍すれば、報いは多い
のですよ。

 神である私の息子と私があなたたちに告げたすべてのこと、私たちがあな
たたちに約束したことは、あなたたちに与えられるでしょう。この聖週間の
ために、あなたたち皆に祝福を送ります。神である私の息子の受難をよく心
に留めておきなさい。そして互いに祈り合いなさい。愛し合い、仕え合いな
さい。汚れなき私の御心と神である私の息子イエズスの聖心から、あなたた
ちに接吻を送ります。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 リトル・グレインよ、神である私の息子の御旨を理解できるように、ここ
数日にわたり、あなたに更なる指示を与えましょう。娘よ、勇気を出しなさ
い。そして、神があなたのために持っておられる計画に従いなさい。すべて
の神秘家、幻視者、ボイスボックス、使徒、弟子、クイーン、プリンセス、
バロネス(女男爵)、全世界の特権を与えられたすべての子供たちを祝福し
ます。神に捧げられた共同体のすべての子供たちよ、この聖なる時節にあた
り、あなたたち皆を祝福します。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アー
メン。

リトル・ペブル:
 神父が私達に最後の司祭祝福を与えるようにと、聖母は望んでおられます。

(祝福が与えられる)

 そして聖母と聖ミカエル、ここにおられるすべての天使と聖人方が、復活
祭の祝福を私たちにお与えになるでしょう。その祝福はこの時にあたり、私
たちに特別の恵みをもたらすでしょう。そして、私たちは天使をもう一位、
いただきます。なぜなら、13日だからです。その天使は私たちが堅忍する
のを助けてくれます。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 聖母は空へ、いつもの色に戻った白い十字架の方へもどって行かれます。
天使を除いて、すべてが消えてしまいました。聖母が天使とともに白い十字
架を通り抜けられるので、私たちはサルベ・レジナを歌いましょう。

(サルベ・レジナが歌われる)


----------------------------------------------------------------
2.メッセージによせて
----------------------------------------------------------------
 日本人には母なるマリア様が、父なる神様に行くためにまず必要です。母
なるマリア様がいないと、父なる神様を理解できないのは本当のことです。
マリア様は慈悲です。日本人の頭は論理よりも情緒のほうにずっと傾いてい
るので、慈悲は各自それぞれに何となくあいまいにであっても、受けとめる
ことができます。そして慈悲の観点から正義を見ると、神の正義が真に理解
できます。いきなり神の正義を理解しようとしても、こわくなって逃げ出す
でしょう。間違った理解をしているからです。

 では慈悲の観点から見てみましょう。父が子を罰する時、父の心は罰せら
れる子よりも苦しんでいます。この父の苦しみ痛みが、父の父たるところで
す。この心がなければ父とは言えません。日本人が一般にしているように、
神を「たたる神」として恐れのうちに見ることがあっては決してなりません。
しかし、慈悲そのものであるマリア様が、霊魂に慈悲とは何かを伝え教えな
いなら、神において正義と慈悲は結合していると言われても、誰がその意味
をさとることができるでしょうか。

 マリア様はさとらせてくださいます。本当に父は、母が子らを弁護するこ
とを心から望んでいて、それは子らを愛していて、裁きたくないからなのだ
と。おお、全人類が母なるマリア様のもとに行くなら、子らを愛し、裁きた
くない父はどんなに喜ぶことでしょう! しかし人類のほとんど、そして今
のカトリック信者のほとんどが母なるマリア様を拒否しているのです。正義
をいやいやながら行使しなければならない父の苦しみ、痛みはいかばかりで
しょう!

 それで皆さんはもうわかったでしょう。母なるマリア様に連れられて私た
ちが父なる神様のもとに行くという神様の定めは論理的だということが。皆
さん、誰が何と言っても確信をもってマリア様を通して神様のもとにいきま
しょう。


----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1993年8月13日
リトル・ペブルに(抜粋)

 数年内に神であるわが子イエズスは天の大軍とともに戻って来られ、ルシ
ファーと全ての堕天使を打ち負かし、現在、教会内部と世とにおいて多くの
者をそそのかして神であるわが子から引き離している反キリストに従う全て
の者を地獄に投げ入れるでしょう。

 ご覧なさい、甘美なる子供達よ。目を開けなさい。耳を開きなさい。悪魔
はあなたたちの生活に入り込んでいます。世界は更に神から離れていきます。
そのため罪に値する者となっていきます。あなたたちの周りを見てご覧なさ
い。世界はどれほど邪悪になっているか。人類は罪を正常なものとしてしま
いました。人類は肉と悪魔と世の道に従い、ほとんど誰も神であるわが子に
戻って来ないほどまでに、楽しみと快楽を求めているのに、神に対して何の
罪も犯してはいないのだと信じています。

 神はあなたたちに与えられた平和や楽しみ、喜びを否定はしません。しか
し人類は、神が創造され、あなたたちに自由に与えられた全てのものを教会
さえも誤用しています。神であるわが子イエズスが二千年前にユダヤの最高
会議に渡されたように、教会はルシファーに渡されてしまいました。同じよ
うにキリストの「神秘体」も神であるわが子のように死刑の宣告を受け、十
字架につけられるでしょう。甘美なる子供たちよ、このことが理解できませ
ん。あなたたちは眠りこけて、現在の世のことにあまりに忙しすぎて、罪と
は何であるか、偽りとは何であるか、邪悪とは何であるかということさえ認
識できないのです。

 世界はノアの時代、ソドムとゴモラの時よりもはるかに悪いのです。私は
このことを何度となく話してきました。聖にして母なる教会のためにキリス
トの代理者のために、愛のリトル・ペブルのために、幻視者たちのために、
祈りを願うとき、根拠のないままに、あるいは何の目的もなしに頼んでいる
のではありません。甘美なる子供たちよ、全ては祈り次第だからです。祈り
がなければ世界は滅びます。今、世界を支えているのは祈りだけなのです。


----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------
「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は12月1日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Jean-Marie S.  Kolbe-Marie A.
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%4%%




[HOME] [戻る]