「箱舟の聖母」バックナンバー
2002年11月17日号No.126

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 聖シャーベル修道会
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2002年11月17日号 No.126

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.カナダの幻視者イエロー・リリーに与えられたメッセージ
 2.メッセージによせて
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記

----------------------------------------------------------------
1.主から与えられたメッセージ
  カナダの幻視者 − イエロー・リリー へ
  2002年11月7日
----------------------------------------------------------------
リトル・ペブル:
 私のためにイエズスにこの質問をして下さい。

 イエズスよ、あなたは私が無罪潔白なのを御存知ですが、人々は私が有罪
で刑務所へ行くべきだと考えています。人々はこれが私の分け前だと考えて
います。同様に人々は私が誤謬におちいっていると考えています。なぜなら
教会が私を非難しており、そして私が今、教会を告訴しようとしているとお
り、教会に異議を申し立てたからです。あなたは私の心を御存知です。私が
もし間違っているのなら、そう私におっしゃって下さい。

あなたの息子
「リトル・ペブル」

--------------------------------
主:
 私のエレーヌよ、どうかウィリアム − 私のウィリアム − に私は彼
と共にいると伝えておくれ。彼の分け前とは私の教会、私の第一の住まいの
正統な相続であると! どうか彼に伝えておくれ、私のみ神として彼の無罪
潔白を知っており、そして無罪潔白は彼自身を守ると! ウィリアム − 
来たるべき私のペトロ、ペトロの永遠の座につく私のペトロ、我らは2つの
理由であらゆる敗北の外観を与えねばならない。

■ それは人間の空想の飛躍を証明する。それは神の健全で決して誤らない
  判断を証明する。

■ 我らは自然的にも超自然的にもカモフラージュとなるよう敗北の外観を
  与えねばならない。

 お前は中傷されることはない。しかしちょうどお前の主がそうであったよ
うに、あらゆるその外観を与えられねばならない。「小石」よ、私のミッショ
ンは十字架刑によって死ぬことはなかった、それは始まりの初めであった! 

 愛にしがみつけ! 麦打ち場は暴力的な場所である。しかし、結局よいも
のだけが残る。私はおまえのうしろに、ただ堅固な足でもってついてゆきた
い。愛の真のものよ! 

 私のエレーヌよ、どうか私の「小石」に伝えておくれ。私は彼と共にいる。
そして彼にキスすることに決して疲れはしないと。そして今や彼は、ただマ
リアのみにおとる「神の歓喜」であると! 信じよ! 私は真実を語る!

 私のエレーヌよ、私の「小石」に伝えよ。彼の心の全面に私の名「イエズ
ス」が書き込まれているのと同様に、そこに「無罪潔白」と書き込まれてい
ると! 

 私の平和が、イエズスのメッセンジャーを含めて皆にあるように! 勝利
はすでに私たちのものなのだ。なぜなら、その瞬間は計画されており、そし
てあらゆる速さと全ての愛をもって実現に近づきつつあるからだ! 

【確認のサイン】
The Little Pebble


----------------------------------------------------------------
2.メッセージによせて
----------------------------------------------------------------
 皆さんは、まだ洗礼を受けていないと思いますが、マリア様に自分自身を
奉献できますし、そうすべきです。外にあらわれる奉献のしるしとして箱舟
の聖母のメダイを首からさげ、ロザリオの祈りを毎日おささげするのですが、
マリア様のすすめに聞き従うこと、マリア様を信頼し、愛し、希望をかける
ことを内的に実行することが奉献の本質です。そしてあなたのマリア様への
奉献を、あなたの外的な生活にも、内的な精神生活にも反映させ、あなたの
存在すべてにゆきわたらせるために、今から私が書くことを、忘れずに実行
してくださいね。これを知らないと、奉献はうわすべりして形だけに終わっ
てしまいかねませんから。

 それはつまり、あなたに起こることはみな、例外なく、マリア様の手から
敬意をもって受け取るということです。マリア様は、あなたの奉献を受け入
れ、あなたをご自分のものとしました。あなたのことは、いっさいあなたの
霊的善になるよう完璧にはからいます。ですからあなたに起こるすべては、
極端な場合、迫害、拷問、殉教さえも、マリア様が愛をこめて、あなたのた
めになるようにとくださるのです。あなたにとってつらいこと、いやな人、
試練や病気、死による別離さえも、それがあなたにとって最高のものごとだ
から、マリア様が手ずからあなたにお与えになるのです。この確信をもって、
与えてくださるマリア様の配慮に敬意をもって、すべてをマリア様の手から
いただければ、すべてが喜びとなり、あらゆることを楽しめます。こうして
あなたのマリア様への奉献は実を結び、あなたはマリア様がそう呼ばれてい
るように、「さいわいな者」となるのです。

 あなたは常にマリア様のなすがままになり、マリア様の胸にやすらい、そ
の恵みの母乳をいつも飲み、満ち足りています。今から奉献しようとする人
は、忘れずに最初からこれを守ってくださいね。すでに奉献していて、この
ことを知らなかった人は、やり直すつもりで始めてください。あなたの奉献
は真実なものとなるでしょう。


----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
イエズス様からの警告 1993年7月3日
リトル・ペブルに(抜粋)

 わが敵は、わが信仰の子供たちに大混乱を引き起こしながら、世界中で暴
れ回っている! お前たちの不変の意志をもって、祈りをもって、秘蹟を受
けることによってサタンと戦いなさい! 鎧として護身のために準秘蹟を身
につけなさい! だから甘美なる子供たちよ、三位一体の神の御計画を理解
する時は今なのだ。

 …… 中略 ……

 地上の子供たちへ。わが声をよく聞きなさい。人類の時は短いのだから。
まもなく恐怖が子供たちの心を襲うであろう。祈りの不足のために、懲罰の
流れをくい止める者はほとんどいないからである。子供たちよ、注意して
ニュースを見ていなさい。まもなくポーランドで、スロバキア諸国で、そし
て「暴君」がイスラエルヘの猛攻撃を準備している中東で多くの困難と社会
不安が生じるであろう。甘美なる子供たちよ、西側に注意していなさい。
「熊」すなわちロシアは西側の助けを得て自由諸国に空前無比の攻撃を計画
しており、まもなくアメリカ合衆国の指導の下にフリーメーソンとオカルト
の力によって、世界統一政府が樹立されるのだ!

 甘美なる子供たちよ、絶えず祈りなさい。今はそれが緊急の問題である!
わが現存の前で祈ることにうんざりしてはいけない。時々、私はいとしい子
供たちの不平を聞いている。しかし私はお前たち皆から犠牲を求める。お前
たちは自分の罪に対してだけではなく、地上の全ての罪に対しても償いをし
なければならないからだ。わが再臨の時は近い。私は速やかに来て人類を裁
くであろう。お前たちには、まだ罪から離れるための時間がある。わが至聖
なる御母が何世紀にも渡ってお前たちに与えて来た聖なるロザリオを今、取
りなさい。

 モンゴルの人々のために祈りなさい。モンゴルには今、多くの苦難がある
のだから。しかしその苦しみは世界には隠されている。まもなく災害が日本
列島を打ち、瓦礫の中で多くの人々が滅びるであろう! 眠りこけている子
供たちの目を覚ますために、まもなく大警告が世に来る! 甘美なる子供達
よ、今や多くの世間的な楽しみや娯楽に費やすための時はない。ほんの数年
のうちに私は戻って来るのだから。

 わが羊を集めるために世界を旅しておられる、わが至聖なる御母と共に祈
りなさい。悪魔から、そして世の誘惑から子供たちを護りなさい。いとしい
両親たち、教師たち、地上におけるわが家の指導者たちよ、もっとよく子供
たちを躾けなさい。子供たちよ、子供たちよ、今、準備しないのであれば、
お前たちはどうやって「平和の統治」に入れるであろうか! 受け入れられ
る時は今であって明日ではない! 私が来てお前たちを呼ぶ時がいつなのか、
誰も知らないからである!


----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------
「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は11月24日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Jean-Marie S.  Kolbe-Marie A.
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%7%%




[HOME] [戻る]