「箱舟の聖母」バックナンバー
2002年11月10日号No.125

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 聖シャーベル修道会
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2002年11月10日号 No.125

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.リトル・ペブルからの書簡
 2.メッセージによせて
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記

----------------------------------------------------------------
1.リトル・ペブルからの書簡 − 1995年4月11日 −
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
なぜ霊魂は弱くなるのか?
試練 − 浄化 − 希望
1995年4月11日
--------------------------------
親愛なる善意の方々へ
今日、私は悲しみと希望の光を皆さんと分かち合いたいと思います。

 数週間前、カナダのラブニールの汚れなき御心と聖マリー・ルイ・ド・モ
ンフォール修道会の修道女であり、神秘家、聖痕者でもあるソーンブッシュ
は、新しい修道会設立での修道生活への神の召命を棄ててしまった霊魂のこ
とを聞いて落胆していました。これは、天からの多くのミッションにおいて
よく見受けられる状況です。彼女は私に手紙をよこして、なぜそうなるのか
聖母に尋ねて欲しいと言ってきました。

 以下のものは個人のプライバシーを守るために氏名は伏せてなされた質問
です。これは、皆さんの霊魂を啓発し、勇気を与え、世と肉と悪魔の誘惑が
心に入らないようにして、あなたを養う神の御旨に希望と信頼に生き、皆さ
んの召命を全うするのに必要な全ての恵みを皆さんに与えると思います。

 聖母からリトル・ペブルに答られたソーンブッシュの質問と、ソーンブッ
シュヘの聖ティモシーからの幾つかの答があります。聖ティモシーはソーン
ブッシュの守護の天使です。

神の祝福がありますように。
リトル・ペブル


--------------------------------
ソーンプッシュからの手紙
1995年4月3日
--------------------------------
親愛なるリトル・ペブル様

 あなたに挨拶します。あなたのご支援と祈りに感謝します。あなたが昨日、
何度か来てくださった時、私は気づいていました。どうか私のために聖メノ
ロウティスに感謝して下さい。

 できることなら、私たちがとても難しい、あることを理解できるように、
いくつかの質問を(天に)たずねていただけませんか。あなたがとても苦し
んでおられること、双子のお子様のどちらも(健康が)すぐれないことは存
じています。本当にもうすぐ、すべてがよくなることを希望し、祈ります。

 私はベッティーナのために「バイロケーションのベビーシッター」になれ
るように祈りましょう。

 あなたがしてくださったすべてに、本当に感謝します。祈りと苦しみのう
ちに一致しています。

ソーンブッシュ

神の祝福があなたにありますように。
聖ティモシーにも頼むことにします。


--------------------------------
ソーンブッシュから聖母への手紙
1995年4月3日
--------------------------------
ソーンブッシュ:
 甘美なる守護の天使聖ティモシー、どうぞこの手紙を愛する聖なるお母様、
優しい元后に差し上げてください。

「私は、私に求められるすべての苦しみをお母様に捧げ、聖主の将来の代理
者、巡礼の教皇様、ブレ神父様、そしてすべての聖職者を特別な方法で祝福
してくださるようお願いします。私は神の聖なる御旨から来るものをすべて
お受けします。私の心と自由,意志をお母様に差し出します。もはやお母様
を見ることが許されない苦しみを、すべての弱い霊魂を助けるために、お母
様に捧げます。この必要の時に、私の嘆願を聞いてください。

 最も親愛なるお母様、なぜ共同体にいる霊魂が弱くなり、進歩しないのか
私には全く分かりません。親愛なるお母様は、「お母様の選ばれた子供たち」
と呼ばれる霊魂は、すでに共同体に住んでいる霊魂よりも強くなるでしょう
とおっしゃったことがありますが、呼ばれた霊魂は住んでいる者よりも弱い
ように見えます。

 Aさんは去って行きました。Bさんは奥様とともに暮らすために5月に戻っ
ていきます。Cさんはオーストラリアに帰ります。親愛なるお母様、こんな
にも多くの霊魂、お母様の選ばれた霊魂が、心の扉を閉じ、時には神の御旨
に扉を閉じるのを見て、私の心はとても苦しんでいます。

 なぜ、人々は、すでに答えが分かっているのに、お母様や天にたずねるの
でしょう。なぜ、お母様が望んでおられるようにしないのでしょう。お母様
は人々の堅忍の結果をご存じなのに、なぜ、すべての善と真の正義のうちに
お答えになるのですか。なぜ、Dさんはどこの共同体に行くべきかとたずね、
お母様はご自分の家に来るようにとお話しになったのですか。ここで暮らす
ことはとても尊い贈りものですが、しかし今やDさんはまったく変わってし
まい、ここで暮らすことを望んでいないのです。

 どうぞ私たちが理解できるように助けてください。私たちにはっきりとし
た指示を与えてください。今、弱っている霊魂を強めてください。お母様が
私たちにくださったすべてのことに対して、また私たちが、ここ、お母様の
家で暮らせることを私はとても感謝しています。お母様の苦しみ悲しむ御心
と一致します。弱い霊魂を強めるために強くある全ての会員と一致します。
どうぞ、会員を強めてください。

 お望みでしたら、修母アストリッドとブレ神父に特別の祝福と慰めをお与
えください。お母さま、愛しています。私の心の全てを挙げて、真の従順に
より、常にお母様の望みと神の御旨を果たすことを望みます。」

あなたの小さなソーンブッシュ


--------------------------------
リトル・ペブルからソーンブッシュヘの秘密の手紙
1995年4月4日
--------------------------------
 今日、ソーンブッシュが聖なる御母にあてた手紙を送ってきました。聖体
拝領後、聖母が「無原罪の御宿り」として御出現になりました。聖母ととも
に聖ティモシー、聖メノロウティス、聖サクラメッサギュスがいました。聖
母が「あなたはそこに何を持っているのですか」とおっしゃいました。私は
「ソーンブッシュからの手紙です」と答えました。聖母は微笑まれました。
私が聖体のうちのイエズス様を受けたとき、聖ティモシーと天使たちが、あ
たかも奉献のときのように跪いているのに気づきました。聖母は後で私に短
くお話しになると告げられ、秘蹟のうちにイエズス様を受けたのだから、感
謝を続けるようにとおっしゃいました。

 ブレ神父の最後の祝福の後、聖母はソーンブッシュの手紙を手に取られま
した。そして聖母の手のうちに茨の冠が現れました。茨の冠にはバラ、ユリ、
ヒナギク、その他の花々が混ざり、絡み合っていました。聖母がおっしゃい
ました。「これは私たちの清らかな娘、ソーンブッシュのためのものです」。
ひとつの美しい赤いバラが冠を横ぎっていますが、茨の冠はキラキラと輝い
ているように見えました。


--------------------------------
ソーンブッシュに宛てた、聖母からリトル・ペブルヘの手紙
1995年4月4日
--------------------------------
聖母:
 尊い受難の花、ソーンブッシュ、あなたの清らかな意向の愛する行為に感
謝します。甘美なる子よ、奉献された子供たちのうちに、なぜ与えられた恵
み、自分たちに提供された恵みを軽く考える者がいるのかを理解することは
とても困難です。甘美なる子よ、これは、「呼ばれる者は多いが、選ばれる
者は少ない。」との救い主の神の御言葉の成就なのです。

 子よ、まさにこの理由のために、私達はあなたや選ばれし岩のような霊魂、
すなわち何も取っておかずに全てを神に捧げ、神の御怒りをなだめるために、
また特別の恵みを放り出す霊魂の償いをするために全てを与える霊魂を選ん
だのです。

 私の汚れなき御心の甘美なる清らかな百合よ、あなたが、あなたの母の願
いと思いを知り、理解できるように、私はあなたを、過去、現在、未来のあ
なたの人生を私の汚れなき御心の奥深くに置きました。だから、あなたは私
の喜びと悲しみが分かるでしょう。あなたが献げた全てのもの、これから献
げる全てのものは、今、形成されつつある聖なる修道会で聖なる生活を生き
るために呼ばれる霊魂のために、価値ある恵みに変わるでしょう。

 甘美なる娘よ、なぜ霊魂が私の「恵みのオアシス」を去るのか、あなたに
理解してほしいと思います。それは、これらの霊魂は、神から呼ばれたので
すが、悪魔、世、肉の様々な誘惑によって弱くなってしまったからです。こ
れらの子供たちの多くは、邪悪な者の襲撃に備えて自分たちを強める十分な
祈りをしなかったので、危うくなり、弱くなってしまいました。これらの子
供たちは自分の霊魂を失ったのではありませんが、彼らが呼ばれていた最高
の聖性を失い、その代り彼らには低位の威厳が与えられました。

 かわいい小さな少女よ、共同体の中で子供たちが弱くなるのは、子供たち
の「はい」が真の「はい」ではなく、また召し出しの徳を生きるよりは、む
しろ自分たちの人間的な弱さに生活を任せてしまうからです。

 子よ、私の言葉を信じるすべての子は選ばれており、神の聖にして完全な
御旨を果たすために必要な恵みを受けています。しかし、今は人間的な論理、
人間的な理解を脇に置かなければならない特別な時です。このため、肉の弱
さと人の知性が優先すると、霊魂は混乱してしまいます。

 甘美なる子よ、神の選ばれた霊魂はどの霊魂よりも強くなることを確信し
なさい。しかし、自由意志があること、神は人の自由意志には干渉なさらな
いことを忘れてはなりません。甘美なる娘よ、勇気を出しなさい。呼ばれた
けれども人間的な弱さに道を譲った者は共同体を去り、今は聖なる天使によっ
て準備されている強いメンバーに道を譲りますが、真で聖なる忠実の精神の
うちに真に神を愛し、神に仕える、神の選ばれし子供たちは堅忍するでしょ
うから。

 召命に、そして呼び出しに従わない霊魂は、いつの日にか自分たちのした
ことを見て自責の念にとらわれるでしょう。ひとたび修道会が聖なる母、真
の教会に認可されたなら、このことが生じるでしょう。これは、ミッション
を去った全世界のすべての霊魂に生じるでしょう。彼らは真の道を歩むよう
に戻ってくるでしょうが、以前彼らに与えられた恵みが再び彼らに与えられ
ることはないでしょう。彼らは約束された聖なる時代に入らないのですから、
彼らに残された地上の生を、彼らは苦行と償いで過ごすでしょう。なぜなら、
神の憐れみと寛大さによって多くが与えられましたが、多くが拒絶されたか
らです。多くの恵みを拒んだ多くのすベての霊魂のために祈りなさい。

 多くを持っていた者に対する神の御言葉がもう一度成就することも、あな
たは知るべきです。すなわち、多くが取り去られ、既に多く持っている者に
与えられました。なぜなら神に忠実であったので、より多くが与えられたの
です。少ししか持っていなかった者からも取り上げられ、多く持っている者
に与えられました。ですから、甘美な子よ、神の恵みを拒む者の恵みを、神
は信じる者、忠実な者にお与えになるでしょう。

 小さな少女よ、あなたの心が苦しんでいることは知っています。平和であ
りなさい。神は正義であり、善そのものであられるのですから。神は霊魂に
聖となるあらゆる機会をお与えになります。このために、恵みの門が開かれ
ています。このために、私は多くの質問に答えています。ですから、審判の
日、どの霊魂も神が恵みを注いでくださらなかったと言うことはできません。
最も甘美なる愛の子よ、まさにこのために私は心を開いているので、すべて
の人が神の無限の愛と恵みを得ることができるのですよ。

 そうです、子供たちがあきらめ、恵みを放り出すのを見る時、私たちの汚
れなき御心は傷つきます。しかし、忘れてはなりません。たとえ、後になっ
て多くの者がご自分を拒むことをご存知だったとしても、神は清らかな愛か
ら生命を創造なさったのです。自分たちの姿に似せて子供を創造する父と母
のように。たとえ、その子が親を愛さないようになるかもしれないと知って
いても、養育と愛と指導を与えれば、自分たちの後に従い、神を愛し、神に
仕えるようになるとの希望をもって、父と母はその子を創造するでしょう。

 ですから平和に留まり、私が理解していることを知っておきなさい。あな
たや将来の代理者、そしてその他多くの者が神に仕えるために信頼し、信じ、
愛するとき、私たちの分かちがたき御心は慰められます。あなたたちがその
ようにするなら、神のより大いなる栄光と地上のすべての霊魂の利益のため
に、一人ひとりに大きな報酬と祝福がもたらされます。

 甘美なる娘よ、時がたてば、あなたと、そしてかわいい子供たちは至高な
る神の全能を理解するでしょう。神の御言葉に忠実に留まるすべての者に約
束しているように、あなたにも約束します。あなたは最後まで堅忍し、善意
のすべての霊魂に喜びがあふれるでしょう。

 神の愛の尊い花よ、あなたを祝福します。†。全てを捧げたEさんを祝福
します。†。甘美なるバラのリトル・ヨハネとバーニングブッシュを祝福し
ます。†、†。神の聖なる御旨の成就を切望しているすべての者を、特別の
方法で祝福します。†。キリストの代理者に祝福を送ります。†。その後継
者にも祝福を送ります。†。共同体と、後で共同体に来るすべての人々を祝
福します。†。

 私の元后の祝福を、神の聖なる使者、聖ティモシーと聖メノロウティスを
通して、そして両使者に贈ります。平和でありなさい。†。

あなたの愛する母、マリア

 慰めが来ると知っていなさい。


--------------------------------
聖ティモシーからソーンブッシュヘのメッセージ
1995年4月3日
--------------------------------
聖ティモシー:
 私が守護する甘美なる霊魂、ソーンブッシュ、心を乱さないようにしなさ
い。神が霊魂にお与えになった自由意志を理解することは困難であることは
分かっています。彼らは人であり、たやすく弱くなるからです。

 ソーンブッシュよ、神の完全な御旨に真で誠の「はい」を与えることをた
めらったり、拒んだりするとき、霊魂は極めて変わりやすくなり、弱くなり、
堅忍できなくなります。心の扉を閉ざすと、恵みを受けることにも扉を閉ざ
してしまうからです。このことを理解するのは困難ですが、真実です。

 あなたが挙げた霊魂は皆、心の扉を閉ざしてしまい、盲目になりました。
いとしい霊魂よ、悲しいことに、彼らはそのことを悟ってはいません。彼ら
がそのようになったのは、邪悪な者が、彼ら自身の意志によって、恐れ、躊
躇、ごまかし、不忠実、真実を受け入れること、あるいは知ることへの恐れ
の暗いベールをかけたからです。これらの霊魂は、自分にとって喜ばしい場
合にだけ神の御旨を果たすという、彼ら自身の自由意志の犠牲者となりまし
た。祈り、多くの犠牲と償いにより、希望があるのですが、この希望は霊魂
の意志と決定とにかかっています。

 天と地、すべての国々の元后は霊魂のために質問に答えることを最も喜ん
でおられます。すべての者の母であられるからです。元后がすべてを、一人
ひとりの霊魂を御存じなのは本当です。しかし、もう一度、霊魂の自由意志
を認めておられるのです。

 霊魂が始めから、完全に自分自身を捨て、真の「はい」を言うならば、最
後まで堅忍するのに必要なすべての恵みを得ます。半分しか「はい」と言わ
ない者は半分の恵みしか受けません。真ではない「はい」を言う者は、恵み
を受けはするが、試練、困難、障害に出会うと、堅忍できず、勇気を失って
しまいます。恵み(の物差し)は霊魂の真の信仰によります。そして真の信
仰(の物差し)は、より多くの恵みを受けるために心がどれほど開かれるか
で決まります。

 いとしい霊魂よ、天の元后はリトル・ホワイト・ロックを通して、さらに
説明なさるでしょう。そして特別の祝福を多くお与えになるでしょう。

 これらすべての霊魂に、彼らの守護の天使と一致して、天使の祝福を送り
ます。†、†。あなたを、私が守護しているいとしい霊魂を祝福します。†。

 さらに多くの霊魂が遣わされるでしょう。天の約束は残るでしょう。しか
し、すべては霊魂の自由意志と、彼らの周りの霊魂の真で誠の証しにかかっ
ています。


----------------------------------------------------------------
2.メッセージによせて
----------------------------------------------------------------
 あなたは「私が悪いことをするのは、あの人が悪いからだ」としばしば考
えたりしていませんか? あなた以外の人、環境、事情が、あなたに罪を強
制するのならそのとおりでしょうが、強制されるなどというケースはまずな
いはずです。それらはあなたへの試しとなっているだけで、あなたがそれに
打ち勝って徳を証明し、徳を強固にするようにと神様が許されたことなので
す。ですからあなたは試練と戦い、勝たなければなりません。試練を言いわ
けにして自己正当化をするなら、あなたは謙遜の徳をいつまでたっても身に
つけることはできないでしょう。なぜなら人は試練の時、本当の自分を認識
できるからです。神様もそうやって、人が自分の弱さ、罪深さを再認識する
のを願って試練を許されています。

 徳というものは、どんな状況においても実践すべきもので、それができて
はじめて徳が身についたと言えるのです。平和で順調に物事が運ぶ時、また
はあなたが望むように人が反応しているとき、自分はかなり善い人間だと錯
覚します。だからこそ、そうでない状況がなければ、あなたは傲慢になって
しまうのです。あなたがマリア様の望む悔い改めを実践したいなら、試練が
来るのを大喜びしてください。そしていっさい自己弁護、自己正当化なしに、
悪い自分の姿を見つめ、へりくだるのです。試練のない時の自分を基準に自
己評価している人は、もうそれだけで傲慢の悪徳におちいっていて、しかも
男らしくない卑怯者です。試練に負けて罪を犯す時の自分を基準に自己評価
している人は、謙遜と誠実の徳をすでに身につけています。

 これを読むあなたはきっと自己の認識の基準を後者の方に切り替えてくれ
るでしょうね。そしてあなたが試練を最大限に生かすために、試練のさなか
でもっとマリア様の名を呼び、助けを切に願わなければなりません。悪魔は
あなたが罪におちいるのを望んで試練にかけますが、その時こそ逆にマリア
様への信頼と愛にあふれて、マリア様の胸にすがりつくチャンスです。いつ
もこうしてくださいね。そうするなら、悪魔があなたをマリア様から離れさ
せようとあなたにかける試練が、かえってあなたをますますマリア様に近づ
かせ、悪魔の計画はこっぱみじんになってしまいます。試練の時、「マリア
様! マリア様! マリア様!」と絶えず心で叫び続けるなら、あなたは罪
を犯さないでしょう。


----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1993年6月5日
リトル・ペブルに(抜粋)

 甘美なる子供たちよ、私はあなたたちの祈りが必要です! 世界は神から
より一層離れて行っています。あなたたちの祈りがいま緊急に必要です! 
その他のことは脇へ置いておかねばなりません! なぜなら、祈りがなかっ
たならば、世界はすでに審判の宣告を受けているからです!

 地上の大いなる権力者たちは既に、キリスト教を滅ぼそうと計画を立てて
います。西側 − まだ迫害なしにキリストの言葉を公に宣言することがで
きる自由諸国 − を侵略し、善いもの、有益なるものを全て滅ぼす計画を
立てています。

 教皇は今、彼を囲む者たちの手でひどく苦しんでいます。甘美なる子供た
ちよ、天の私たちが求めてきた全てのことを、今年の末までに成し遂げるこ
とができるように、教皇はあなたたちの祈りを必要としています。

 つねに祈りなさい! 霊魂の救いのため、聖にして母なる教会のために祈
りの不寝番が必要です! なぜなら、教会は暗闇の中に入ってしまっている
からであり、わが汚れなき御心への信心が今なお行なわれている幾つかの場
所を除き、地上における神であるわが子の家の中ではもはや、神であるわが
子の光が見られないからです! 子供たちの多くの者が、世界が今日どれほ
どただならぬ状況にあるのか、人類がどれほど由々しき事態にあり、大変な
危険にあるのかを理解していません! 悪魔はすでに地上における神である
わが子の家の中で、子供たちと世界の指導者たちの多くの者の心の中で、自
分の地位を揺るぎないものとしました。

 甘美なる子供たちよ、私は何度もロシアの大いなる「過ち」について話し
てきました。私が話したこの「過ち」とは何でしょうか。甘美なる子供たち
よ、それは無神論です。無神論は神を知りませんが、自己、憎しみ、真理の
迫害を知っています。西側は悪魔によって盲目にされてしまいました。西側
は平和を約束されたからです。しかし、甘美なる子供たちよ、悪魔と契約を
結ぶことや、平和を期待することはできません! 戦争は罪に対する解答な
のです! 全自由諸国はまもなく降伏させられ、子供達の多くの者が見捨て
られ、餓死するでしょう。私と神であるわが子イエズスは、この最後の年々
にこれほどにもしばしば世界を訪れ、手遅れにならないうちに心を開き、私
たちに耳を傾けるようにと人類に告げているのです!


----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------
「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は11月17日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Jean-Marie S.  Kolbe-Marie A.
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%




[HOME] [戻る]