「箱舟の聖母」バックナンバー
2002年10月20日号No.122

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 聖シャーベル修道会
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2002年10月20日号 No.122

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 2.メッセージによせて
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記

----------------------------------------------------------------
1.全出現の聖堂で聖母からリトル・ペブルに与えられたメッセージ
  − No.470 1995年3月13日(その1) −
----------------------------------------------------------------
リトル・ペブル:
 聖体が祭壇の上にあります − それはおよそ直径7〜8フィートです。
そして白い十字架が空高くにあります。聖体の前には二位の天使が跪いてい
ます。そして、他にも多くの天使がおられます。聖サクラメッギュス、聖バ
ラキエル、聖メノローティス、聖ゲントルメーレ、聖センチミンタリウス 
− 修道会の守護天使たち − そしてアシジの聖フランシスコがおられま
す。聖フランシスコはここ1ヵ月程の間、毎日私に御出現になっています。
聖ミカエルはとても空高くに立っておられます。彼は剣を見せておられます。
それはとても大きく、太陽の光の中で輝いています。彼は今剣を投げられま
した。そして、それは着地しました − 今回は祭壇にではなく、その前に
着地しました。ただ柄の部分だけが床の上に見えています。

 聖体は扉のように開きます − 二つの大きな扉のように − そして白
い十字架と聖体の間に大いなる光が走り、それは両者の間に道を形成します。
今私は数多くの天使たちが光のトンネルのようなものを形作っているのを見
ることができます。十字架から聖体にかけて、翼に翼を連ねてこのトンネル
を形成しています。中心の光が開かれ、聖主と聖母と聖ヨゼフの白と紫色の
御召し物の御姿が見えます。チュニックが白で、ケープが紫です。皆様はと
ても素早く降りて来られます。滑り台のような美しい光の上を。そしてとて
も近くまで来られました。聖家族が降りて来られるにつれて、トンネルを形
成している天使は彼らの翼を扇のように広げます。それは実に美しい。数多
くの天使がいます。

 イエズス、マリア、ヨゼフは大きなホスチアを通って入って来られました。
そして皆様は、イエズスとマリアが一年前に私に約束なさった「しるし」を
持っておられます。しかし私がそれを見るようになったのは3月の初めから
です。私は「印」がどのようなものか描写することを許されていません。ル
シファーによってそれが真似されることを避けるためです。天の皆様は御出
現になる時、この「印」を持っておられます。イエズスは聖櫃の上に立って
おられ、非常に威厳に満ちた御姿です。そこにあった聖体は消えてしまいま
した.聖母はイエズスの右側におられます.聖ヨゼフは左におられます。主
の至聖なる聖心、聖母の汚れなき御心、聖ヨゼフの清き御心が見えます。聖
ヨゼフの御心からは三本のユリが生えています。それは本当に美しい。イエ
ズス、マリア、ヨゼフは微笑んでおられ、それらを見ておられます。

 主は茨の冠を被っておられます。しかし刺からは血が滴ってはいません。
それらはただ主の御頭の上に載っているだけだからです。聖ヨゼフも冠を被っ
ておられます。それはユリでできています。聖母はバラの冠を被っておられ
ます。皆様はまだ微笑んでおられます。今、主は聖母と聖ヨゼフと共に、わ
れわれを祝福なさいます。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。

聖主:
 愛する牧者よ、われらが愛の「白い石」よ、私はあなたに挨拶する。甘美
なる息子「リトル・バルトロメオ」よ、私はあなたに挨拶する。小さき子供
「リトル・ボーイ・ブルー」、愛する娘「リトル・グレイン」よ。私は世界
中にいる全ての新しい使徒たち、弟子たち、ダビデの王族に、そしてここ私
の前に集まったそして世界各国にいる全ての愛する子供たちに挨拶する。

 私は至聖なる御母と愛する養父聖ヨゼフと共に、この時期のための非常に
特別な恩寵を世界にもたらすために来た。なぜなら今、子供達の多くは自ら
をわれわれと一致させながら重い十字架を担っているからである。わが御父
があなた方のために用意されたこれらの十字架は、甘美なる子供達よ、非常
に貴重なものである。見よ、人類の救いのための十字架を!

リトル・ペブル:
 主は後方の大きな白い十字架を指差しておられます。白い十字架の中には
もう一つの木でできた十字架があります。十字架の縁は金でふちどられてい
ます。

--------------------------------
あなた方は浄化され、鍛えられ、試されている。十字架はより重くなるだろ
う。なぜならあなた方は救い主である私に倣わなければならないからである。
--------------------------------
聖主:
 贖いの十字架はあなた方各人皆に差し出されている。甘美なる子らよ、あ
なた方は私に続かなければならないからだ。天にましますわが父と共にある
ことを求める者は、カルワリオの道を歩まなければならない。あなた方の多
くは今、この聖化の道にある。浄化され、鍛えられ、試されながら。あなた
方は理解しなければならない、甘美なる子らよ。

 これはあなた方が歩まなければならない道なのである。あなた方の多くに
とって十字架は重くなるだろう。なぜなら、あなた方はあなた方の救い主で
ある私に倣わなければならないからである。あなた方は世の「光」とならな
ければならない。

 私が地上を歩いていた時の、あなた方への私の言葉を覚えておきなさい。
「あなた方の『光』を輝かせなさい。」この『光』を物置の中やテーブルの
下に隠してはならない。そうではなく、あなた方が贖い主に従う者であるこ
とを人類に見せなさい。わが甘美なる子供達よ、このことは神の聖なる御旨
を受け入れることにおいて、私があなた方を愛したように兄弟姉妹を愛する
ことにおいて、寛容で忍耐強く高潔であることにおいて達成される。

 あなた方は、なすこと語ること全てにおいてキリストのようにならなけれ
ばならない、甘美なる子らよ。なぜなら人類はあなた方が世のやり方に従っ
て人間的種族の一員となるならば − 別の言葉で言えば、人間主義者とな
るならば − 人類はあなた方に従わないであろうから。

 注意深くあれ。世の快楽に誘惑されてはならない、わが甘美なる子供たち
よ。とりわけ、大いなる聖性へと呼ばれているわが子らは。光となれ、光の
うちに生きよ、なぜならあなた方はわが霊にしてわが永遠の御父の霊の「光」
に属する者であるからだ。わが受難をあなた方の内に住まわせよ。あなた方
が救われるのは、受難 − 磔刑によってであるということをあなた方に思
い起こさせるために。

--------------------------------
教会と世はあなた方を十字架につけるであろう。真の謙遜のうちに、わが言
葉に対して素直で従順でありなさい。
--------------------------------
 教会と世はあなた方を十字架につけるであろう、わが甘美なる子らよ。私
に属する者全てを。しかし恐れるな、私はあなた方と共にいるのだから。私
はあなた方に、あなた方の心の慰めとしてわが至聖なる御母を与えた。彼女
の呼びかけに対して従順でありなさい、わが母の言葉は私の言葉であるから
だ。そしてわが言葉は彼女の言葉である。われわれは分離しえないのだ、わ
が甘美なる子らよ。

 真の謙遜のうちに、わが言葉に対して素直で従順であったわが養父聖ヨゼ
フの良き手本に従いなさい。私は従うべき模範となる多くの偉大な聖人達を
教会と世に与えた。彼らによく耳を傾けなさい、わが甘美なる子らよ。そう
すればあなた方は真にこの世界におけるもう一人のキリスト − もう一人
のマリアとなるだろう。

--------------------------------
教会は闇の内にある。多くの者が教えを歪め、神の家における涜聖と非道を
引き起こしている。
--------------------------------
 地上のわが家である教会は、闇の内にある。私はまもなく鞭を持って下り、
至聖なる御母を愛さず、真理に仕えない全ての者を追い出すであろう。多く
の者が私の教えを歪め、神の家における涜聖と非道を引き起こしているから
だ。人類にとって時は短い。永遠の御父 − 天にまします私の父 − は
今、世を懲罰しておられる。そしてこれらの懲罰は増加するであろう。「い
と高き所にホザンナ、ほむべきかな、主の名によりて来たる者」と人類が言
うまでは。

 世は真に闇の内にあり、真理に属する者を窒息させようとしている。世は
私を知らないし、私を知ろうとも望まない。しかし彼らは私を知るであろう。
甘美なる子らよ、なぜなら「時の時」とは今だからである。黙示録の頁は速
やかにめくられている。人類への私の再臨は近い、そして世界は震えるであ
ろう。そして彼らは彼らの神である「刺し貫かれた御者」を見るであろう。

 恐れるな、甘美なる子らよ、私は世界中に遣わした聖なる天使たちによっ
てあなた方に「しるしをつけた」からである。私に属する者は私を知り、そ
して私は私の羊を知っている。私は彼らを見捨てないであろう。私は良い羊
飼いだからである。

--------------------------------
罪によって、暴君たちによって、独裁者たちによって、人類は奴隷化される
であろう。多くの者がルシファーを拝むであろう。疑いによって弱くなった
者は信仰を失い落ちるであろう。
--------------------------------
 多くの変化が世にもたらされるだろう、甘美なる子らよ。そのほとんどは
良いものではないであろう。人類は罪によって、暴君たちによって、独裁者
たちによって人類は奴隷化されるであろうから − 神を拝まず、この世の
君であるルシファーを拝む多くの者たちによって。今はルシファーの時であ
る、甘美なる子らよ。われわれは彼に子らに対する大いなる力を与えた。こ
れはあなた方の魂の善のためである。あなた方を試すため、あなた方が本当
に信じているかどうか、世界に訪れようとしている聖なるニューエラにおけ
るメシアの来臨を、私と至聖なる御母が何年にも渡って与えてきた指示を、
本当に信じているかどうかを見るために。皆は今、試され、ふるいにかけら
れている。

 浄められ強められた者は残るであろう。疑いによって弱くなった者は信仰
を失い、落ちるであろう。しかし、聖にして母なる教会の杉の木となるよう
呼ばれている者たちは、荒れ狂う嵐に対してさえもしっかりと立つであろう。
なぜなら、私は世の光であり、真理を養護し「クリスチャン」の名にふさわ
しく生きる霊魂を強めるからだ。甘美なる子供たちよ、あなた方は世のうち
に生きなければならないが、世に属する者となってはならない。あなた方に
差し出される誘いに、肉の誘惑に、屈してはならない。

 ルシファーは自分の時間が非常に短いことを知っている。私から子らを引
き離すために、子らが何千もの方法で誘惑されているのはこのためである。
祈りを忘れてはならない − 天が教会に与えた多くの祈りを。それらを正
しく捧げなさい、甘美なる子らよ。まもなく勝利は天のものとなるであろう。
喜びはあなた方の魂に溢れるであろう。そして、この喜びは決して取り去ら
れることはないであろう。

 十字架が最も困難であったように − 私にとってのみならず、わが至聖
なる御母、そしてしっかりと立ち続けた者たちにとっても − わが復活が
訪れた時、喜びは魂に溢れた。それはまた、あなた方のものとなるであろう、
甘美なる子らよ。信仰と真理のうちに、わが言葉に従順でありなさい。至聖
なる御母を信頼しなさい。世界は救われるために彼女に与えられている。あ
なたがたは彼女を助けなければならない。

--------------------------------
新しい世代の血統は、今やプリンセスやクイーンたちの多くによって生み出
されるであろう。多くの者が驚愕する。なぜなら多くの受胎が奇蹟的にすら
起こるであろうから。
--------------------------------
 勝利は既に天に鳴り響いている。「小さきアブラハム」− 愛の「リトル・
ペブル」によって導かれた聖なる時代のための来たるべき新しい世代の誕生
によって。新しい世代の血統は今や世界中にいるプリンセスやクイーンたち
の多くによって生み出されるであろう。わが霊にしてわが御父の霊の力によっ
て彼らは創造されるだろう。終末が訪れたということを世が知るようになる
ために。そして、それは三位一体の神の栄光のための、そして、天と地の祝
されし者たちのための聖なるニューエラの始まりとなるであろう。多くの者
が驚愕する。なぜなら、多くの受胎が奇跡的にすら起こるであろうから。天
におられるわが父の栄光のため、地上のわが子供たちのために。

 聖書の言葉をよく読みなさい、わが甘美なる子らよ。そしてわれわれの霊
に祈りなさい。そうすれば、あなたがたはその中にある奥義を理解するであ
ろう。第6の封印はまもなく開かれる。そして、人類は神の力と栄光と知恵
に驚いて立ちつくすであろう。あなた方は真理の武器を与えられている。そ
れをうまく使いなさい。至聖なるロザリオがこの武器である。世は救われ得
るのだ。あなた方がそれを祈るならば、わが甘美なる子らよ。

--------------------------------
更に二つの病気が来るであろう。一つは肝臓の、もう一つは肺の病気である。
死は速やかであろう!
--------------------------------
 甘美なる御母は、わが言葉を配るために世界中を旅行し続けるだろう。神
の怒りが子供たちの心の中に入る前に、人類が十分に警告を受けるように。
世は今、多くの病気が世界に広まっており、多くの死を引き起こしているの
を目にしている。来たるべき年において、更に二つの病気が来るであろう。
ひとつは肝臓の、もう一つは肺の病気である。死は速やかであろう! 黙示
録に書かれている全てのことは今や成就しつつあり、人類は神が神であるこ
と、そして私の再臨は近いことを知るであろう。

 私はあなた方を愛している、甘美なる子らよ、そしてあなた方にわが至聖
なる御母とわが養父の清き御心を差し出す − 聖ヨゼフの清き御心を。天
の元后にしばしば祈りなさい。聖にして母なる教会の保護者聖ヨゼフにしば
しば祈りなさい。彼らはあなた方を強め、わが言葉に従順であるように助け
るであろう。

 そしてあなた、聖にして母なる教会のための甘美なる清き救いの「岩」よ。
あなたには十字架の賜物 − わが十字架が与えられている。平和であり続
けなさい、そして私があなたと共におり、あなたの中におり、邪悪なる者に
よって虜にされた多くの魂たちを解放するために、私があなたを通して働く
であろうことを知っておきなさい。

--------------------------------
天からのミッションは厳しい試練のうちにある。全てが失われたように見え
る時が来るだろう。しかし、まさにその瞬間に全てが勝ち取られるであろう。
--------------------------------
 未来の使徒たち、弟子たち、クイーンたち、プリンセスたち、バロニスた
ちへ、神秘家たち、幻視者たち、恵みの霊魂たち、愛と神の慈悲の使徒たち
− そして魂のうちに贖いのしるしを帯びている全ての甘美なる子供たちへ。
勝利は天と共に、そしてあなた方とともにある。永遠の御父があなた方のた
めに用意された十字架を担うのを助けるため、あなた方はいと高き所からの
恩寵に満たされるであろう。勇敢な戦士となれ、そして最期まで良き戦いを
戦え。

 なぜなら最期にはわれわれの清き聖心は勝利し、私が約束した全てのこと
はあなた方に与えられるであろうから。天からのミッションにおいて、周囲
に進歩が見られない時に思い煩ってはならない。なせなら今、天からのミッ
ションは厳しい試練の内にあるからだ。そして、全て失われてしまうように
見える時さえもが来るだろう。しかし、まさにその瞬間に全てが勝ち取られ
るであろう。

 私はあなた方を愛している、甘美なる子らよ、そしてあなた方にわが至聖
なる御母の汚れなき御心と聖ヨゼフの清き御心を通して、三位一体の神から
の祝福を与える。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。

リトル・ペプル:
 主の聖心から突然、美しい木の十字架が生え出てきました。それは単にそ
こから生え出ているのです! 主はこの小さな十字架を手に取られました。
そしてそれは更に大きくなります。完全な大きさの十字架になり、主の御前
に立ちました! 聖母は右手をこの十字架に置かれました。聖ヨゼフは左手
を置かれました。主は両手を十字架の頂上に置かれました。聖霊が主の至聖
なる聖心から現れ、十字架の中心部に留まられました。イエズス、マリア、
ヨゼフの聖心は十字架の方へ、聖霊の下へ移動します。そして、三つの聖心
と聖霊を取り巻く清い光の輪が現れました。

聖主:
 見よ、愛する光の子よ、救いの十字架を。わが十字架、人類のための贖い
の十字架を。これがあなたへの私の贈り物である。永遠の御父と光の霊から
の、至聖なる御母と聖ヨゼフからの贈り物である。私はあなたを祝福する。
わが息子よ。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。アーメン。

リトル・ペブル:
 主の後ろには虹があります。それはカナダヘと向けて続いています。私は
ラブニールのグロットを見ることができます。虹はそこに達しています。そ
この洞窟の窪みにある聖母の御像が生きておられるようになりました。聖母
はここからグロットへ行かれ、そこでソーンブッシュがメッセージを受けま
す。そこにはまた聖ベルナデッタの御像があります − また、それも生き
ておられるようになりました!

 私はソーンブッシュが聖母の御前に跪き、聖母が何かおっしゃっているの
を見ることができますが、それがどのようなことなのかは知りません。私は
諸々の花を見ています − とりわけユリを − それらは聖ベルナデッタ
の御像が立っている土台の周りに生えています。そこにも泉があります −
井戸の中に − しかし、それはまだ吹き出し始めていません。

 今、水は本当に高くまで吹き出し始め、そして座席がある所に流れ落ち始
めました。私はグロットの内側に美しい石を見ます。それには美しい十字架
がはめ込まれています。そして、この十字架に伴う素晴らしい香りを私は味
わうことができます。

 聖母はとても熱心にソーンブッシュにお話しになっています。彼女は聖母
に先月の13日以来お目にかかっていないということを注記しておくべきで
す − 特別な償いとして − しかし、彼女はすぐに聖母にもっとしばし
ばお目にかかるようになるでしょう。ここ数日間、彼女は聖主にお目にかか
り、そしてまた、ほんのわずかの間だけですが、聖母のイメージを見ました。

 二つの大理石の柱が立ちました。一つはここ、主の後ろに。その一番上に
は聖体があります。もう一つはラブニールに。その一番上には聖母が御立ち
になっています。虹は二つの柱を結びました。そして、柱の間に私はこれま
で何度も見たことのある大きな船を見ることができます。それは、聖ヨハネ・
ボスコに与えられた幻視で見られたものです。

 聖母はこの光景をご覧になっておられます。それは消えました。そして、
聖母は今、再びここにおられる主と共におられます。聖母は私をご覧になっ
ていますが、美しい雲に乗ってリトル・グレインの方へ移動して行かれます。
彼女を通して聖母が話されるかどうか、静かにしていることにしましょう。

 …… 次号に続く ……


----------------------------------------------------------------
2.メッセージによせて
----------------------------------------------------------------
 90%の人が地獄に行っており、しかも人類が滅びようとしているのに、
マリア様のご要求はロザリオの祈りです。「本当にそれだけでいいの?」と
あなたは驚いているのではありませんか?

 「私は何か偉大なことをしなくてはならないのではないだろうか?」と考
える人も多いことでしょう。偉大で、難しくて、複雑で、目立つこと、そう
いう何かをするなら悪魔に打ち勝てると、そうあなたも思いませんか? し
かしロザリオの祈りは謙遜で、簡単で、単純で、人に知られない祈りです。
何かをしたという誇らしい気持ちは生まれません。自分が働いたという実感
がないのももっともです。働いたのはあなたではなくってマリア様ですから。

 マリア様に働いていただく、この戦い方しかないということを理解してく
ださい。あなたは弱いのです。赤子の手をひねるようなものという言葉があ
りますね。悪魔にとってあなたをたたきつぶすのも、あなたの業をみずのあ
わにしてしまうのも、朝めし前の仕事です。悪魔が手も足も出ずに敗北する
相手は、ただマリア様なのです。マリア様はあなたのため、全人類のために
ますます活躍したいのです。

 神様は人間を無理やり救うことはせず、自由意志にまかせます。ロボット
ではなく、動物でもなく、自由意志をもって神か悪魔かを選ばせるためです。
それで、マリア様に取次ぎの全能の力と悪魔を征服する力を与えながら、そ
のマリア様が働かれるために私たちのロザリオの祈りを条件とし、私たちに
決定権を与えています。そして、ロザリオの祈りを愛するか愛さないかは、
本当の信仰か偽の信仰かの試金石となっています。

 自分の感覚・理性・行動に信頼を置く人は、それにたよっているだけで、
信仰は実はもっていません。神様のやり方に「なぜですか?」「私はそうは
思いません」「もっと良い方法で行います」と言う人は、神を信用するので
はなく自分を信用しているのです。こういう人々が「価値がない」とするロ
ザリオという手段だからこそ、神様はこの祈りを使うべき手段に指定したの
です。

 あなたの人間的な思いを悔い改めてください。神の思いに全面的にゆずる
ことこそ信仰であり、その真の信仰が功徳なのですから。


----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
イエズス様からの警告 1993年5月1日
リトル・ペブルに(抜粋)

 甘美なる子供たちよ、世界はまもなく戦争になるであろう。アメリカ合衆
国は自らを敵に売り渡してしまった! 指導者たちは警告され、彼らのため
に祈りが捧げられなければならない! 甘美なる子供たちよ、世界政治にお
いて、見る、そして聞くことは全て真実の半面でしかない。耳を満足させる
ために、今、平和の時代に生きていることを信じさせるために、多くのこと
がごまかされている! 合衆国大統領は警告されるべきだ! 大統領は子供
たちのためではなく、敵と共に働いている! 大統領のために祈りなさい!
毒蛇たちから離れるよう大統領に告げなさい! 毒蛇たちは、アメリカ合衆
国と自由世界の権力と支配を手に入れるために、まもなく大統領を取り除く
であろう!

 甘美なる子供たちよ、ロシアとの「協定」は誤りである。ロシアに送られ
た救援は見当違いなのだ。ロシアは平和を望んではおらず、最終的には世界
を支配するため、「世界統一政府」の実現のための力を得るために西側を利
用しているのだ! 西側からロシアに送られた全ての資金は、もうすぐ西側
に対立するために用いられるであろう! 甘美なる子供たちよ、西側からの
資金は、飢えと貧困に苦しんでいる人々のためにではなく、西側を隷属化す
るための兵器を製造するために使われている!

 甘美なる子供たち、指導者たちのために祈りなさい。敵のために祈りなさ
い。甘美なる子供たちよ、権威の座にある者の中には、ルシファーのために
働いている者が多くいる。このことを理解しない者がいるが、しかし多くの
者がルシファーのために働いている。ルシファーが砕かれ、現在暗闇の中に
いる多くの者が「光」を受けるようになるのは、至聖なるロザリオの祈りに
よってなのである。

 甘美なる子供たちよ、現状での見込みがどうであろうと、勝利はつねに私
と共にある。たとえ神の御子に対する信仰を宣言する者が地上に一人しかい
ないとしても、生ける神の御子である私がともにいるのであるから、その者
は多数の者に対して勝利を得るであろう! 甘美なる子供たちよ、誰が私に
反して立てるというのか? 誰が神の力と権威を持っているのか? 甘美な
る子供たちよ、ルシファーでさえも持ってはいないのである。ルシファーが
なすことは、神がルシファーに許すことだけなのだから。そして同じことが
人類にも当てはまる。永遠の御父は、今のところ人類に許可を与えておられ
るが、しかし、それも終わりが来る。まもなく御父は、人類の傲慢と思いあ
がりの故に世を打たれるであろう!


----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------
【JAOTML:投稿からの転載です】

ロザリオの祈りを称揚 − 教皇選出24周年記念日に
(2002.10.16)

 教皇ヨハネ・パウロ2世は、16日、教皇選出から24周年を迎えられた。

 教皇ヨハネ・パウロ1世帰天後行なわれたコンクラーベ(教皇選挙)で、
ポーランドのクラクフ大司教であったカロル・ボイティーワ枢機卿が、第264
代目のローマ教皇に選出され、ヨハネ・パウロ2世を名乗ったのは、この日
からちょうど24年前の1978年10月16日のこと。

 今年の選出記念日は、水曜恒例の一般謁見の日にあたり、教皇はバチカン
に集った多くの教会関係者・信者らと共にこの日を祝った。

 24年という教皇在位期間は、初代教皇の聖ペトロを除き、カトリック教会
の歴史上4番目に長いもの。ちなみに1番長い在位期間は福者ピオ9世の31
年と7ヵ月。

 この記念すべき謁見の中で、教皇は新しい使徒的書簡「ロザリウム・ヴィ
ルジニス・マリエ」(おとめマリアのロザリオの祈りについて)を公布され、
人々の見守る中その書簡に署名された。

 同書簡は、聖母マリアと共にイエズスの生涯の出来事とその神秘を黙想す
るロザリオの祈りを現代の信仰生活にさらに深く取り入れるよう信者に招き
ながら、伝統的な3つの神秘の黙想(喜びの神秘、苦しみの神秘、栄光の神
秘)にさらにもう一つの神秘「光の神秘」を加えることを提案している。

 また、教皇は、今年2002年10月から来年2003年10月までの1年間を「ロザ
リオの年」とされることを会場で発表された。

 会場には、「ロザリオの聖母巡礼聖堂」で有名な南イタリア・ポンペイか
ら千5百人の巡礼団が訪れ、カトリック教会の伝統ある信心業、ロザリオの
祈りに新たな光をあてるこの書簡と記念年発表の喜びを分かち合った。

 教皇は、信者らの祈りをとおしての日頃の精神的支援に心からの感謝を述
べられ、参加者らに祝福をおくられた。

http://www.vatican.va/holy_father/john_paul_ii/apost_letters/documents/
hf_jp-ii_apl_20021016_rosarium-virginis-mariae_en.html

(1) His baptism in the Jordan,

(2) His self-manifestation at the wedding of Cana,

(3) His proclamation of the Kingdom of God, with his call to
  conversion,

(4) His transfiguration, and finally,

(5) His institution of the Eucharist, as the sacramental
  expression of the paschal mystery.

水曜と土曜と日曜に栄光の玄義が黙想されるが、土曜はマリアの曜日である
から、マリアの存在がクローズアップされる喜びの玄義が黙想されるのがい
いだろう、そうすれば空いた木曜日に'mysteries of light.'が黙想される、
と教皇は書いているという。……

( Johnさん、投稿ありがとうございました! )
--------------------------------

「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。でき
るなら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお
持ちでしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は10月27日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Jean-Marie S.  Kolbe-Marie A.
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%




[HOME] [戻る]