「箱舟の聖母」バックナンバー
2002年8月18日号No.113

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 聖シャーベル修道会
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2002年8月18日号 No.113

  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
◆今週号の目次

 1.リトル・ペブルとエンジェルナイトにマリア様から与えられた
   メッセージ No.615 −その(3)−
 2.メッセージによせて
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記

----------------------------------------------------------------
1.リトル・ペブルとエンジェルナイトにマリア様から与えられたメッセージ
  2002年7月13日 償いの日 ローザミスティカの聖母の祝日
  No.615 − その(3) −
----------------------------------------------------------------
同じくエンジェルローズ、ライラックフラワー、ゴールデンロッドに私たち
の主とマリア様から与えられたメッセージ

 …… 前号の続き ……

ライラックフラワー:
 聖母は私に頭を軽くさげ、そしておっしゃいました。「ありがとう!」 
聖母は十字架の前に再びひざまづきました。そして十字架にかかっていらっ
しゃるイエズスが十字架から降りてきて、聖母と一緒になりました。ちょう
ど私たちの主がエンジェルローズかゴールデンロッドにお話しなさるところ
かもしれないので私は黙っていましょう。

主:
 私はお前にあいさつを送る。私の最愛の娘、エンジェルローズ、私の神秘
的聖心の守り手よ! 私はお前に挨拶を送る。私の兄弟、神の愛のリトル・
ペブルよ。そしてお前に、私の司祭なる息子、リトルバルトロメオよ。そし
てここ、私の前に集まった、そして世界中にいるすべての私の恵みの子らよ。

 私の甘美な子らよ、この日、私はお前たちに私のすべての神秘家と恵みの
子らが、私の小さな兄弟、愛の「岩」の後ろに団結し、列につくことが必要
であると再確認させるためにやってきた。私はこの呼びかけをお前たち一人
一人に、個人的にも公にも多くの機会に行ってきている。言われてきたよう
に、今、時が変わる。これが私の最後の呼びかけだ。私のレムナントは粉々
にされている。神秘的教会は粉々にされている。子らよ、前に進み出て、愛
の「岩」のそばで強固な集団を形成するのはお前たちの義務だ。お前たち一
人一人が神に運命付けられている。お前たちの一人一人が並外れた恩寵を与
えられてきている。おいで。さあ、今。呼んでいるのは私だ。十字架にかけ
られているあなたたちのイエズスだ。

 準備しなければならないことは山ほどあり、まだ成し遂げてられていない
仕事がたくさんある。私の子らよ、書かれてきたことのすべては実現するだ
ろう。私の子らよ、お前たちにとって今、団結し、列につくことが必要なの
だ。私の呼びかけに服従しないものたちはわきに置かれるからだ。私の子ら
よ。私はお前たちが以前から何度もこれを聞いてきていると知っている。私
の子らよ。この日が選ばれたのだ。ローザ・ミスティカのタイトルのもとの
私の母の祝日が。なぜなら彼女は教会を表しているからだ。今、前に進み出
て一致せよ! お前たちの間の違いを、お前たち一人一人がわきにおけ。自
分自身をわきにおけ。真理と正義の旗に続け。お前たちの前を行く模範は、
お前たちの兄弟である「岩」である。従順と服従のうちに彼の後に続け。な
ぜなら彼は私の父の恩寵を持っているからだ。彼はこの地上で私のレムナン
トチャーチを導くために選ばれたものだ。

 お前たちの霊魂を準備せよ。私の子らよ! しばしば秘蹟を訪問せよ。自
分自身を清めよ。自分の心を清めよ。そうすればお前たちは私のは業を行え
るだろう。いまだにたくさんの隠されたままのことがあり、いたずらに過ぎ
てしまうんたくさんのことがある。なぜなら私の子らが彼らへの呼びかけに
対して忠実でなかったからだ。これらの恩寵と祝福は一つの特別なカリスで
集めて入れられていて、そのカリスは私の忠実な者たちに与えられるのだ。

 お前たち、私の子らを除くすべての者に下る天罰は非常に厳しいであろう。
お前たちの兄弟、「岩」の話を聞けば、お前たちのほとんどの者にとって、
お前たちがほとんど準備していないということが明白になる。私の子らよ。
お前たちの安全と、お前たちと一緒になるだろう人々の安全のために、必要
なすべてを成し遂げるよう働きつつ日々を過ごせ。しかしまず第一に、私の
子らよ、お前たちの心と霊魂を準備せよ。私の母のロザリオによって自分自
身を強めよ。私の子らよ。私は今、お前たちを強め、元気づけるため、そし
てお前たちに堅忍の恵みを与えるために、お前たち一人一人を私の尊い血に
浸す。清められよ。お前たちは立つのだ! 父と子と聖霊との御名によって、
アーメン。

エンジェルローズ:
 イエズスは私に彼がゴールデン・ロッドを通して話したいと皆さんに告げ
るように求めました。

主、
 私はお前にあいさつを送る。私の聖心の最愛の浄配、私のゴールデン・ロッ
ドよ! 私はもう一度お前にあいさつを送る。私の真理の「岩」、私の神の
愛のリトル・ペブルよ! 私はお前にあいさつを送る、私の司祭なる息子
「リトルバルトロメオ」よ。そして私はもう一度お前たちにあいさつを送る。
ここに、そして世界中にいる私の恵みの子らよ!

 お前たちは今日、私の聖なる母に伴われている。聖にして母なる教会の聖
人を見ている。お前たちは私の小さなフランシスコとお前たちの最近列聖さ
れた聖ピオを見ている。私の子らよ、これらの聖人と私の「岩」の生涯は大
変似ている。私のフランシスコに私は言った。「行け、そして私の教会を再
建せよ!」と。そうぢて彼は進んで行き、フランシスコ修道会を生み出すと
いう花をつけ、そしてこの花は、多くの世紀を通して教会を香りで満たして
きた。もう一度、この時代の私のリトル・フランシスコへの命令を下した。
「行け、そして私の教会を再建せよ!」。そして「神秘的教会の長」である
彼は、長年にわたり働き、この任務を遂行してきている。彼の修道会を彼は
立てた! 私の命令は、このような方法で全世界に香り、浸透し、聖にして
母なる教会の両手の中に霊魂たちを帰らせるように運命付けられている。こ
れが彼の保護の聖人、聖フランシスコの足跡をたどる彼の任務だ。そしてお
前たちは聖ピオを見た。最愛のパードレ・ピオ、サンジョバンニロトンドの
謙遜な修道士、最近聖人たちの一覧表に昇った彼を。彼の生涯には、甘美な
子らよ、同じく私の「岩」との相似がある。それは受けたすべての私の体の
傷によってだ。お前たちのパードレ・ピオの場合、彼は隠れた場所に左遷さ
れた。彼のまさに身内から誤解され、追放された。これが私の小さな「岩」
にも再び起こっているのをお前たちは見ている。しかし、お前たちが見ての
通り、多くの変化が起こり、そして今、全世界で私の小さな息子は歓呼され
ている。彼は聖にして母なる教会の偉大な聖人である。

 多くの変化が私の子らよ、非常に素早く起こる。あるものはもう少し長く
かかる。しかしお前たちは、母なる教会の聖なる男たちの三頭政治を、また
は聖なる三角形を目にしている。私の子らよ、お前たちが聞いてきた通りに、
この地球にたくさんのことが降りかかろうとしている。そしてお前たちは来
る日も来る日も、恐ろしい悲劇と激変、死と苦しみ、人間の生命に対する恐
ろしいひどい攻撃を見る。罪のない人々がいわゆる「真理の殉教者」という
道を誤ったものから虐殺される。それはそうではない。この死と破壊を引き
起こすのは人間の心に浸透した悪なのだ。もっと起こるだろう。ますます起
こるだろう。

 私はお前たちに今告げる。お前たちは自分の霊魂を準備せよ。お前たちの
霊魂を準備せよ! 聖なる秘蹟にあずかれ。私の聖なるいけにえにおいで。
聖なるミサにおいで。私はそこでお前たちを待っている。聖なる告解室の中
で自分自身を清めよ。自分自身を清めよ、甘美な子らよ、私はお前たちに告
げたのだから。この聖なる秘蹟は悲しいことに無視されている。私がそこで
お前たちを待っているのがお前たちは分からないのか? そこで私たちが顔
と顔あわせてあうということがお前たちは分からないのか? お前達の重荷
を取り去り、お前たちのためにお前たちの霊魂を清め、お前たちが善と成聖
に堅忍できるよう、お前たちを強めるために私が待っているのがお前たちは
分からないのか? 甘美な子らよ、私がお前たちを待ってるというのに、な
ぜお前たちは来ないのか? 小さな子供たちをつれておいで。彼らをつれて
おいで。私は彼らを善徳において助けるのだから。彼らに愛と許しを与える
ために私はそこにいるのだ。お前達のパードレ・ピオは告解室の聖人と歓呼
されている。多くの年月、彼は、病気をいやし、傷に包帯を巻き、あわれな
霊魂たちの心配をなだめるために待った。多くの多くの年月、彼は告解室に
座った。そして今、彼は告解室の聖人として世界中に知られている。

 私の聖人たちの生涯を読め、甘美な子らよ! 彼らの善徳を読め。彼らの
聖にして母なる教会に対する愛を読め。そして彼らの善徳を吸収せよ。今、
時間を無駄にするな。時間は欠くことのできないものだ。それはお前たちに
とってなくなろうとしている。くだらない楽しみを追い求めて、お前たちの
時間を過ごしてはならぬ。そうではなく、私のもとにおいで。聖櫃の中の私
のもとにおいで。私はここでお前たちを待っている。やって来つつある嵐に
耐えることができるように、今、自分自身を強めよ。私を呼び、祈れ。私の
聖なる母を呼び、祈れ。そして聖人たちを呼び、祈れ。なぜなら私たちはお
前たちを助けようと待ち構えているのだから。しかし、お前たちは聖人たち
に祈らなければならない。私の甘美な子らよ、そしてお前たちは私たちに祈
らなければならない。私たちのひとつになった聖心は、お前たちを見捨ては
しない。私はお前たちを愛している、私の最愛の子らよ! 善と善徳におい
て堅忍せよ。そして私から学べ。なぜなら私は心の柔和、謙遜なものだから
だ。小さな違いをわきに置いておけ。一致団結せよ。そしてお前たちの神の
愛のリトル・ペブルを支えよ。そうするならお前たちを彼は「黄金の入口」
を通って緑のそして豊かな、お前たちが決して知ることのなかった幸福と喜
びを得るだろう地に導くだろう。今日、この日、神秘的なバラである私の聖
なる母の記念日に、私はお前たちに私の司祭的祝福、愛と堅忍の祝福を、お
前たちが安全に故国に帰れるように与える。私はお前たちを祝福する、甘美
な子らよ。父と子と聖霊との御名によって、アーメン。

ライラック・フラワー:
 私たちの主が彼の「ゴールデン・ロッド」に話している間に、私はこれを
繰り返すようにと頼まれました。

 私は永遠の御父が誰かを待っていらっしゃるのを見ました。そしてこの誰
かが、司教としての盛装で、杖を持ってやってきています。彼は非常にゆっ
くりと永遠の御父の方へ歩いてきています。私はそれがブロサード神父様だ
と気がつきました。永遠の御父まであと2〜3歩のところで、彼は御父の前
にひれふしました。彼は自分のミトラ(司教冠)を脱ぎ、それを胸の前に持っ
て運び、永遠の御父を見ました。永遠の御父は彼に微笑み、彼を3度祝福し、
そしておっしゃいました。

永遠の御父:
 私はお前を祝福する、私の息子よ。父と子と聖霊との御名によって、アー
メン。(3回)

ブロサード神父:
 全能の神、父と子と聖霊が汝らを祝福し給わんことを、アーメン。(ラテ
ン語で)

 …… 次号に続く ……


----------------------------------------------------------------
2.メッセージによせて
----------------------------------------------------------------
 マリア・ワルトルタの著作をぜひ読んで下さいね。マリア様がそう願って
ます。その著作の中で愛の使徒・聖ヨハネと裏切り者の使徒・イスカリオテ
のユダとが、著しい対称をなしています。聖ヨハネはいつも満足していると
いう彼だけの特徴を見せます。暑さ、疲れ、飢え、渇き、荷物の重さ、いろ
いろなことに他の使徒たちはすぐ不満を言いますが、彼だけは違います。逆
にイスカリオテのユダは、いつも何かがしゃくにさわっています。心は不平
不満で一杯です。隣人に対しても聖ヨハネは、相手は自分よりも良い人だと
見て、いつも満足の目を注いでいます。逆にイスカリオテのユダは誰をも尊
敬しません。見せかけの尊敬は得意ですが、本当は自分の方が相手よりも良
いと思っているので、誰に対しても不満で、いつも隣人を批判します。

 皆さんは聖ヨハネのいつも満足しているところ、特に隣人を満足の目で見
ることをどう思いますか? 仮に自分がある人から不満を持たれ、いつも批
判の目で見られたら、あなたはその人を我慢できますか? それであなたは
隣人に対してそのようなことをしていませんか? その時、相手はもちろん
不幸ですが、あなた自身も不幸ではありませんか? 

 隣人を愛するということは、相手に幸せを、満足を、喜びを与えることで
す。これができない人は、聖ヨハネの何に対しても、誰に対しても満足する
という徳を持っていません。あなた自身も、隣人も幸せにするために、悔い
改めてくださいね。これはマリア様にならうことでもあります。マリア様は、
本当は私たちは罪人で悪い子でマリア様の悲しみの種でもあるというのに、
私たちのほんのわずかな善を見て、良い子よと呼び、満足を示して下さって
いるのですから、マリア様にそうしてもらっている私たちは、同じ事を隣人
に対しても行ないましょう。


----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1993年3月6日
リトル・ペブルに(抜粋)

 教会と世界とにおける指導力の欠如でさえも、人類に対する懲罰です。あ
なたたちが選んだように、あなたたちは受け取るからです。あなたたちが罪
の内に選べば、あなたたちを正しい道からそらせ、神から離れる所に導く者
を、あなたたちは受け取るのです!

 甘美なる子供たち、善良にして聖なる指導者たちのために、地上における
王国と、そして地上における神であるわが子の家を導くよう祈りなさい。あ
まりにも多くの指導者は、精神に属するよりは、むしろ地上に属しているの
で、英知のある指導者はほとんどいないからです。このため、世界は悪人に
よって罰せられています。ルシファーは既に勝ったと信じています! いと
しい子供たちよ、そのように見えるでしょう。しかし、まばたきする間に、
神であるわが子は、今は罪の内にある子供たちの多くをルシファーから救出
されるでしょう!

 甘美なる子供たちよ、全世界で勝利の叫び、真理の勝利、神であるわが子
の至聖なる聖心と、私の汚れなき御心の勝利が聞かれる時が来るところです。
ですから、神であるわが子によって自由にあなたたちに与えられた十字架を
取り、あなたたちが世の購いの業に与ることができることを感謝しなさい。
いとしい子供たちよ、私の愛の珠を取り、心を込めて至聖なるロザリオを祈
りなさい。


----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------
「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。でき
るなら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお
持ちでしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は8月25日頃、発行を予定しています。

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%




[HOME] [戻る]