「箱舟の聖母」バックナンバー
2002年8月4日号No.112

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 聖シャーベル修道会
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2002年8月4日号 No.112

  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
◆今週号の目次

 1.リトル・ペブルとエンジェルナイトにマリア様から与えられた
   メッセージ No.615 −その(2)−
 2.メッセージによせて
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記

----------------------------------------------------------------
1.リトル・ペブルとエンジェルナイトにマリア様から与えられたメッセージ
  2002年7月13日 償いの日 ローザミスティカの聖母の祝日
  No.615 − その(2) −
----------------------------------------------------------------
同じくエンジェルローズ、ライラックフラワー、ゴールデンロッドに私たち
の主とマリア様から与えられたメッセージ

 …… 前号の続き ……

エンジェルナイト:
 父と子と聖霊との御名によって、アーメン。私たちの祝された母はここに
いるすべての人を見下ろしていらっしゃり、そして微笑みます。聖母はここ
にいる多くのご自分の子らを喜んでいらっしゃいます。聖母は彼らが忠実で
あり続けていること、彼らがご自分と彼女の息子への愛を彼らの身近な人と
分かち合っていることを喜んでいらっしゃいます。聖母は一位の大きな天使
に前に進み出るようにとゆっくり合図をなさっています。この天使は透きと
おった衣装箱を運んでいて、それをこの天使は私たちの兄弟、リトル・ペブ
ルの前に降ろします。この衣装箱の中には天からの衣服があり、その衣服は
パパ様の衣服にとてもよく似ています。それらはすべて白い衣で、衣のはし
が金で縁どられていて、そしてこれらの衣服の上には一本のオリーブの枝が
置いてあります。その天使は今、リトル・ペブルの前にひざまずき、彼を聖
三位一体、父、子、聖霊によって祝福します。私たちにあてて聖母は話すお
つもりです。

聖母:
 私の美しい子らよ、あなたたちがこれほど多くここにいるのを見て私は喜
んでいます。この時期にあなたたちの多くが、真理に従うことは難しいと分
かってきているということを私は知っています。あなたたちの十字架を担う
こと、あなたたちの上に置かれてきた重荷に対処することが難しいことだと、
あなたたちの多くがわかってきています。この時期があなたたちにとって困
難だということを私は知っています。しかし過去のすべての時代のように、
あなたたちの奉献と祈りに対する献身、そして私の息子と私をこんなにもあ
なたたちが大変愛しているという事実を通して、あなたたちは、あなたたち
の上に置かれてきた全てのことにきっと打ち勝ちます。私の恵みの霊魂たち
の多くが、この時期、この世で直面しているものごとに対処するのが格別に
困難であることがわかってきています。私はあなたたちの問題を理解してい
ます、私の子らよ。私はあなたたちの心の中にある、その苦痛、その悲しみ
を理解しています。私が理解できないのは、私の子らよ、なぜあなたたちが
私の息子と私に目を上げないのかということです。というのは、私たちは過
去に何度もあなたたちの全てのことにおいて助けてきているからです。あな
たたちはこれを心の奥底ではわかっています。私の子らよ。あなたたちは、
もし頼めば、私たちが何事であれ、きっとあなたたちを助けるとわかってい
ます。世界中のすべての私の子らを助けるために、あなたたち皆にさせるべ
き多くのことを私たちの永遠の父はお持ちになっておられます。今、そして
最後の時代のために、私はあなたたちにお願いします。真理の道を歩きなさ
い。私たちの永遠の父の御言葉に従いなさい。そしてあなたたちが求められ
てきたことは何でも行いなさい。

--------------------------------
今日が新しい時の始まりの日です。終わりの時です。なぜなら私たちは今、
私たちの永遠の父の掌中にあるからです。御父はあなたたちに大変忍耐深く
なさってきました。御父はたくさんの警告を送ってこられました。御父はあ
なたたちが望んだやり方で生きるのを許してきました。今、その時が終わり
ました!
--------------------------------
 今日が、私の美しい子らよ、新しい時の始まりの日です。それ自体をあな
たたちが知ることになる「終わりの時」の始まりです。なぜなら私たちは今、
私たちの永遠の父の掌中にあるからです。御父はあなたたちに大変忍耐深く
なさってきました。私の子らよ。御父はたくさんの警告を送ってこられまし
た。御父はあなたたちが望んだやり方で生きるのを許してきました。今、そ
の時が終わりました! 私たちの永遠の父はあなたたち皆に、私の美しい子
らよ、ご自分の方へ向きを変えるように求めていらっしゃいます。御父の御
言葉に従いなさい。御父があなたたちに求めてきていることには何であれ従
いなさい。なぜなら、今や時は非常に短く、そして私の息子はすぐにあなた
たちのもとに下っていって、全ての人を裁くからです。私の美しい「聖衣の
息子」よ、私はあなたを祝福します。父と子と聖霊との御名によって、アー
メン。あなたは私にこんなにも何度もあなたの愛を示してきてくれました。
それで今、私はあなた、私の息子に天にいるすべてのものがあなたに対して
持っている愛を示しましょう。あなたは今、新しい役割を持ち、教会の方針
に多くの私の子らを導くでしょう。私はあなたの忠実さに感謝します。私の
息子よ。そして私はあなたの心に私の御心からのバラを置き、そしてあなた
を祝福します。父と子と聖霊との御名によって、アーメン。

エンジェルナイト:
 聖母はゆっくりと後ろに下がります。けれども、ほんの少しだけです。聖
ミカエルが聖母の方を見ます。そしてマリア様は、彼に進み出るようにと合
図なさいます。聖ミカエルはずっと両手で頭上に持っていた大きな剣を上げ
ます。そしてその剣の切っ先から金色の光が現れます。そしてこの光は天に
向かって急速に昇って行きます。聖ミカエルは今、その剣を私たちの前にお
きます。聖ミカエルは私たちの方を見ます。彼の顔の表情は怒りの表情、失
望の表情です。彼がすべての人に分からせたいことは、聖母が彼にそうする
ようにと求めるやいなや、彼が地球に下り、私たちに真理と正義の真の意味
を教えるだろうということです。聖ミカエルは右手を挙げ、ここにいる皆と
世界中の人々皆を祝福します。父と子と聖霊との御名によって、アーメン。
聖ミカエルは、今、聖母の右側にゆっくりと戻ります。父と子と聖霊との御
名によって、アーメン。

ライラックフラワー:
 聖母は私たちの前にローザミスティカの聖母として立っていらっしゃいま
す。リトル・ペブルによって描写されたように、聖母の胸の上のバラは目立
つ色あいです。マリア様はロザリオを手に持っていて、そして十字架上の私
たちの主にキスします。

聖母:
 父と子と聖霊との御名によって、アーメン。挨拶と平和をあなたたちに、
私の子 − もう一度 − 私の「岩」に、私の選ばれた使徒「リトルバル
トロメオ」に、そしてここにいる、そして世界中のすべての私の子らに送り
ます。今日、私は私の「岩」と私の「エンジェルナイト」に話しました。そ
してあなたたちは黙想するのに十分な言葉を受けました。どうか私の子らよ、
お願いです。お願いですから、堅忍してください。なぜならすぐに多くのこ
とが起こるからです。私の子「ライラックフラワー」よ。あなたはこの前の
日曜日の朝、幻視を与えられ、それはあなたの心にいまだに生き生きとして
います。私はあなたに見た事を繰り返すよう望みます。私の子よ。

ライラックフラワー:
 はい、おかあさん! 私は十字架の上に三位一体の現存を見ました。永遠
の父はその頂に、そしてイエズスは十字架にかかっていて、御父と御子の間
に一羽のハトの姿で聖霊がいらっしゃりました。十字架の足元には、黒い服
で、黒いロザリオを手に持った聖母が見えました。聖母は祈りに深く没入し
ておられ、お召しになっている服はちょうど、聖母が悲しんでいらっしゃる
という印でした。聖母が血の涙と水の涙を流していらっしゃるのが見え、そ
して一位の特別な天使が一枚の特別な皿を持ってやってきて、その中に彼は
マリア様の血の涙とあわれみの涙を集めました。まだマリア様は祈りに深く
没入しておられ、そしてその天使は、マリア様の血の涙とあわれみの涙を多
くの場所 − 特に神のあわれみを本当に必要とする人々の上にふりかけつ
つ、巡って行きました。それから私はその天使が同じことをするために煉獄
の入り口に向かうのを見ました。それがその幻視のおしまいでした。私は別
の幻視で世界中に多くの出来事が起こっているところを見ました。強力な嵐、
地震、火山の噴火、たくさんの火災、またいたるところでの、特に中東での
戦争を。ヨーロッパでは経済状況のせいで人々がパニックになっています。
私は中国、アメリカ合衆国、ロシアが核爆弾を準備しているのを見ました。
爆発したその爆弾の影響を目撃し、聞くという恩寵を私は与えられました。
それらはほとんど私の聴覚を破壊するほどでした。それから私は、いまだに
深く祈りに没入し、いまだに血とあわれみの涙を流していらっしゃる聖母の
元に戻りました。右の方からリトル・ペブルがやってくるのがみました。彼
はとても悲しんでいて、彼は肩を落としています。彼が聖母の方に歩いてい
る間、彼は泣いていました。それからリトル・ペブルは三位一体の神を礼拝
するために聖母の右側にひざまずきました。しばらくして彼もまた祈りに深
く没入しました。それは全能の神への祈りです。聖母は身体を伸ばし、立ち
上がりました。そしてリトル・ペブルも同じようにしました。彼は聖母の肩
に腕を回していて、2人は非常に一致していました。聖母はリトル・ペブル
に何かをささやきました。「すべてはうまく統御されています。私の最愛の
者よ。すべてはうまく統御されています」。すなわち神の御手の中にありま
す。それで幻視が終わりました。聖パードレ・ピオ、聖フランシスコ、リト
ル・ペブルがみな一緒にいるのが見えます。彼らは私たちの主のご受難を苦
しむある特別な場所にいました。彼らの両手、両足、両脇腹に鞭打ちの傷跡
が見えます。同様に顔面にもです。そして茨の冠が見えます。彼らは全身か
ら出血しています。私はこの意味が分かりません。私はただ見たままを繰り
返しています。私が言わなければならないのはこれだけだと思います。甘美
な御母よ。聖母は今、再び私を通して話そうとなさっています。

聖母:
 私の最愛の娘よ、あなたはよくやりました。あなたに見せたのは将来のた
めのものです。特に将来の出来事です。それらは遠くはありません。もう一
度私はこの世界の私の子らに嘆願します。どうか祈り、祈り、祈りなさい!
もっと犠牲をささげなさい。私の甘美な子らよ、なぜならそれはとても必要
だからです。なぜ私が血と水とあわれみの涙を流して十字架の足元で泣くの
でしょう? それは私が、何が起こるのかを知っているからです。私の甘美
な子らよ。私は何が起こるのかを知っています。私は非常に何度もあなたた
ちに警告し、あなたたちに準備するようにと言ってきました。どうか自分の
霊魂のために、そう行ってください。私は、自分の霊魂を秘蹟によって清め
るようにとあなたたちにお願いします。私はあなたたちをこんなにも大変愛
しているのです。私の甘美な子らよ。一人一人の霊魂を救うためにできるこ
となら私は何でもします。なぜなら私はあなたたちを非常に愛しているから
です。私の「岩」へ、私はあなたに知ってほしいのです。私の最愛の浄配よ、
私のあなたへの愛は永遠に続きます。私が苦しみ、そしてあなたが苦しみ、
そして勝利が訪れるでしょう。私はあなたたちを祝福します、私の甘美な子
らよ。父と子と聖霊との御名によって、アーメン。

 …… 次号に続く ……


----------------------------------------------------------------
2.メッセージによせて
----------------------------------------------------------------
 メッセージでは、助けを求めなさいという言葉が本当に頻繁に出てきます。
あなたが助けを求めることが、助けを得るためには絶対不可欠だからです。
では、私たちは一日中、何でもない些細なことにまで天の方々の助けを求め
るべきなのでしょうか? はい。そのとおりなのです。

 これは自分で何でも出来ると考える自負心を捨て去ることを意味していま
す。この自負心は、自尊心、うぬぼれ、傲慢の根です。策略をめぐらす人は、
この罪に深く染まっています。自分の力と才能に思い上がり、それをたのみ
に目的をとげようとしているからです。またそれは、自分の欲求が正しいも
のと決めつけ、神にそれを押しつけることでもあり、自分の理性を神よりも
上におく恐ろしい傲慢の行いです。

 皆さんは目に見えないイエズス様、マリア様、ヨゼフ様、天使たち、聖人
たちの絶え間ない助けをすでに受けていて、やっと今、真理にめぐり会えた
ところです。その真理の道を自分の力だけではただの1cmも前進できない
し、踏みとどまっていることすらできないと認めていますか? この自分で
は何も出来ないという弱さの自覚が、マリア様の子供の特徴なのです。母親
が近くにいることを始終確認しては安心している幼子をまねてみましょう。
やっていることは今迄と変わりませんが、始終イエズス様、マリア様、ヨゼ
フ様、天使たち、聖人たちにちらっと視線を送るのです。これはあなたに、
守られているという安らぎと、子供らしい大胆さをもたらします。まったく
マリア様に信頼し、逆に自分にはより頼まない人になってください。そうい
う人は絶対策略を用いません。いつも正々堂々と事を行ないます。それでい
て自分の弱さを謙遜に認めています。

 天の方々は皆、あなたの「助けてね」という言葉を心待ちにしています。
この言葉は恵みの水門を開きます。マリア様の勧めに従って、何をするにも
助けを求めましょうね。


----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
イエズス様からの警告 1993年3月6日
リトル・ペブルに(抜粋)

 あとどれほどの堕胎を見ることであろうか? すでに過去12か月の間に
3億の胎児が中絶されてきた。今後、どれほどの堕胎が行なわれるであろう
か? おお、愚かな人間、堕落し腹黒い者よ、お前たちが罪のない者を量る
ように、お前たちは永遠の聖父によって正義のうちに量られるのだ! わが
言葉を真面目に取れ、おお、愚かなる子供たちよ!

 聖にして母なる教会の全ての子供たちへ告げる。お前たちの兄弟姉妹のた
め、特に盲目になってしまった司祭であるわが息子たちのために償いをしな
さい! お前たちの多くの者は眠っており、無垢な者が霊において、真理に
おいて、肉体において虐殺されるのを許している。わが司祭である息子の多
くの者は、全てがうまくいっていると信じ、真理を確かめずに歩んでいる。

 権威ある者たちへ告げる。お前たちに与えられてきた権威は、天にましま
すわが聖父によるのである。お前たちは、この権威でもって何をしたのか?
お前たちは、至聖なる御母に捧げられた善い心を持つ霊魂を荒らしてしまっ
た! お前たちは羊を打ち散らし、無実な者を十字架につけた! お前たち
はどうなるであろうか? いとしい息子たちよ、注意せよ。まもなく、お前
たちは裁きの場で、わが聖父の御前に立つのだ! その時お前たちは私に何
というのか。お前たちの教えは、私の目に罪のないものとして映っていたで
あろうか? 私はお前たちにこう言おう。「お前たちを知らない」と。お前
たちが置いた重荷によって苦しんでいる光の子供たちを守れ。今お前たちを
縛っている罪の鎖を断ち切れ。ルシファーがお前たちの王になっているのだ。

 いとしい息子たち、ルシファーが脇へ投げ捨ててしまった至聖なるロザリ
オを祈り、清らかさ、信心深さ、神聖さを地上のわが家に取り戻せ。まもな
く、地上のわが家は、小さな部分に粉々に分割される。全ては愚かなる子供
たちのせいだ。お前たちはサタンがわが家に入るのを許した! お前たちは
一世紀も昔から、このことが到来するとの警告を受けていたが、あたかも、
そのことを知らないかのように歩き回っている! おお、お前たち、地上の
わが家の羊飼いたちは災い。お前たちのうち多くの者は、生まれない方が良
かった!


----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------
「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。でき
るなら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお
持ちでしたらお寄せ下さい。
 
 スタッフの都合により、次回8月11日はお休みさせていただきます。
次回「箱舟の聖母」No.113号は8月18日頃、発行を予定しています。

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%4%%




[HOME] [戻る]