「箱舟の聖母」バックナンバー
2002年7月21日号No.110

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 聖シャーベル修道会
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2002年7月21日号 No.110

  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%7%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.重要な公式声明
 2.聖なるローマ・カトリック使徒教会の教父たちへのアピール
 3.メッセージによせて
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.編集後記

----------------------------------------------------------------
1.重要な公式声明
  − 2002年7月10日 −
----------------------------------------------------------------
巨大な激変は近い

警告

ヨハネの黙示録16-18

神の怒りの第7の杯

 私は、偉大な者にも小さい者にも告げます!  どうぞ、私が告げることに
注意してください。それは世界が非常に危険な時に近づいているからです。

彗星の接近

 これらは、全てが近いということを知るために、捜すためのサインです。

1.2つの非常に大きな国家は、戦争に備えて準備するでしょう。

2.ローマ教皇は、ローマを離れます。人々は彼を捜すでしょう、そして彼
 が死んだと主張するでしょう。それから、新しい教皇が選出されるでしょ
 う。(その時、あなたは銀行からお金を引き出すべきです。)

3.株式市場は崩壊するでしょう。それは金融恐慌を引き起こすでしょう。

4.白い十字架が7日間、空で見られるでしょう。太陽に爆発があるでしょ
 う。

5.政府とメディアは、近づいてくる彗星について公けに知らせるでしょう。

6.その彗星が地球を打つ48時間前に(訳注:空中携挙によって)何百万
 もの人々が姿を消すでしょう。

7.彗星が近づくとその尾が地球を取り巻くでしょう。そして白い霧が地球
 を包むでしょう。その彗星は大洋に激突し、地球を打つでしょう。巨大な
 地震が発生するでしょう。そして海水が隆起し、島々と大陸の大部分を覆
 いつくすでしょう。世界人口の4分の1が死ぬでしょう。しかしながら、
 人類は生き残り、そして人類は霊魂を照らされるでしょう。


 都市に居住している人々は田舎に行き、そこで家または避難所に入るべき
です。オーストラリア:  クイーンズランド、オーストラリア西部、北の
領域、オーストラリア南部、及び、タスマニアは沈むでしょう。

 あなたが最初の出来事について聞くとき、それが移動する時です。ウォロ
ンゴングに住む人々は、離れる必要があるでしょう。海岸の地域に沿って住
む人々と同様に、シドニー、及び、ニューカッスルに住む人々も同じく疎開
する必要があるでしょう。

 あなたが白い十字架を見るとき、− 神の方へ向きを変えなさい。

 あなたがどこにいるにしても、7日間のための水、食物、暖かい衣類を蓄
えなさい。

 これを読んだカトリック教徒へ。あなたの家に祝別されたロウソク(訳注:
100%ミツロウ製のロウソクをカトリック司祭に祝別してもらう)を蓄え
なさい。そして告解しにいきなさい。すべての動力は止まるでしょう − 
機械は機能しないでしょう。

 更に多くの情報は、私たちのウェブサイトを読んでください。

 私は全ての人々のために祈ります。神の御保護がをあなたたちの上にあり
ますように。

 神の祝福を。

ウィリアム・カム
「リトル・ペブル」

2002年7月10日


----------------------------------------------------------------
2.聖なるローマ・カトリック使徒教会の教父たちへのアピール
  − 2002年7月1日 −
----------------------------------------------------------------
 リトル・ペブルからのこの手紙は、全世界のカトリック司教たちにあてら
れたものです。これは支援を求めるアピールです。

 この手紙を読む一般信徒へ − どうかこの手紙を、あなたの地域のカト
リック司教に、私のために転送してください。私は真心込めて、あなたの祈
りと支えに感謝します。神があなたを祝福してくださいますように。

ウィリアム・カム
リトル・ペブル

--------------------------------
聖なるローマ・カトリック使徒教会の教父たちへのアピール
私たちの愛する救い主イエズス・キリストのいと貴き御血の祝日
2002年7月1日
--------------------------------
親愛なる、私たちの教父の信仰の保護者たち − 
拝啓、閣下、猊下、

 私、皆様の卑しい臣下、そして神の従僕は、皆様にむけて、− そして全
く心を開きつつ、書いております。それは神が皆様にご自分の「群れ」を救
い、保護する重大な責任を任せてこられたからで、私は神が同様に私にもあ
る特別な職務を任せてこられたと誓って申します。それはすなわち神の神的
目的と御言葉をすべての神の民に説明することです。

 私はこれを、ある意味では、神の御言葉が皆さんに命令として与えられた
のと似た方法で告げられました。神はおっしゃいました。「全ての民に私の
言葉を説教しなさい……父と子と聖霊との御名によって、ア−メン」と。

 1982年、ペトロの座を − そして使徒として神の奉仕職を共に担っ
ている全ての人々を治めていらっしゃる神は、ご自分の最も祝された母マリ
アを通して、ご自分の全能のご意志とご要求をご自分の民に届けるために私
のもとにいらっしゃいました。アブラハムがそうだったように、私は新しい
名を与えられました。− そしてその名はリトル・ペブルでした。15才の
時、私は毎日聖体拝領するようになりました。私は今52才です。

 私たちの聖母が初めて私のもとにおいでになったその時から、私は聖母が
与えて下さった多くの指導にずっと従順であり続けています。私は公的出現
を受ける前に、教区において長い間とても活動的なカトリック教徒であり続
けました。それで私は皆に良く知られていました。私は幾人かの司祭と共に
働いていました。− 特にその中の一人、レオ・スティブンス神父様は皆か
ら非常に愛された優れた人でした。

 1984年の5月に、聖母は私に、私の教区の司教であるウィリアム・ム
レイ司教様のもとに行くように指示なさいました。私はその時までに受けて
いた3つのメッセージ全てをその司教様に手渡しました。それらが彼にとっ
て調査を開始するのに十分な証拠となることを私は期待していました。

 1984年11月にムレイ司教様は、私に会いに来るようにと求めました。
そして私は彼と30分くらい話しました。彼はその3つのメッセージは神学
者たちによって調べられた。そして何の超自然的な特性もその中に見出せな
かったと言いました。彼はまた、天はご自分の子らに舌で聖体拝領するよう
に呼びかけることは決してない。なぜならそれは今の教会の規範に反してい
るからだと断言しました。− そしてまさにこの理由で、それらのメッセー
ジは神からのものであるはずがないと主張しました。

 彼は私にメッセージを配布することをやめるように命令し、そして、もし
私がやめなかったら1984年の12月2日に、人々に私と関係をもつこと
を禁止する公けの通知を出すと脅迫しました。彼の行為は教会法に詳述され
ているような調査という性質のものではないということに基づいて、私は彼
が指示したように行なうことをお断りしました。

 1985年4月に、聖母は私をパパ様に会うようにとローマに送りました。
どうやってそれを成し遂げるのかの確信もないまま、私はローマに行きまし
た。− そして到着後7日以内に、私はパパ様に会い、そして彼に彼の私的
ミサに来るように招かれました。私は彼に助けを求めました。教皇聖下は、
自分は、私が誰であるか知っているとおっしゃり、私がローマにいる間に、
再度、彼にお会いする許可を私に下さいました。不幸にも、その会合が行な
われるのを、一人の秘書が妨げました。その時以来、一般謁見において7回、
教皇聖下の前に出ました。私のローマ訪問の目的は、アピールを提出するこ
とによって、助けを求めることでした。

 1986年に、私は4部門から − そして司祭、修道女、修道士、家族、
および独身者の俗人からなる修道会を創立しました。この修道会に結ばれた
祈りのグループを編成する外部会員もまた存在します。この修道会は聖シャー
ベル修道会と呼ばれ、それは奉献生活の新しい形式です。
(”Vita Consecrata”− 教皇ヨハネ・パウロ2世 − 1996年) 

 私は最初のローマへの訪問の後に続いて、無数のアピールをローマへ −
様々な団体、枢機卿、司教たちを通して − 教会調査を、この修道会と私
が行なっている仕事の認可のために開始するように出してきました。しかし
ながら、私のミッションが様々な教区の司教に紹介されると、彼らはそれを
ムレイ司教閣下の司教教書のゆえに非難するのが常です。ウィリアム・ムレ
イ司教はまた、調査を開始することも、彼が既にそれをしたと主張して拒絶
しました。

■ 1989年12月に、ザイールのモケ・モツリ司教閣下は、彼の教区の
 ために私たちの仕事を認可しました。

■ 1992年6月にトゥク大司教の後継者の司教たちの一人、パリのミゲ
 司教閣下は、聖シャーベルの祈りのグループとこのミッションを認可しま
 した。
 
■ 1992年11月に、インドのエルナクラム大司教区のアントニー・パ
 ディヤラ枢機卿は、私たちの仕事を支援しました。

■ 1994年4月に、マロン典礼のレバノンのナッセル・スフェイル枢機
 卿教父は、私たちの祈りのグループに彼の公けの認可を与えました。

■ 1994年1月に、レバノンのベイルートのギリシャ・メルキート典礼
 のハビブ・バッカ司教は、同様に聖シャーベルの祈りのグループに認可を
 与えました。

■ 同じく1994年にマロン典礼のレバノンのアラドのフランシス・ネメ・
 バイッサリ司教は彼の認可を与えました。

■ 1998年7月に、ベネズエラのメリダのバルタザル・エンリケ・ポル
 ラス大司教は、シスター・マリア・ロドリゲスを通して私たちの仕事を支
 援しました。

■ 1999年5月に、トゥク大司教の後継者、ドイツのシュナイダー司教
 は、この修道会を認可しました。

■ 1999年9月に、フィリピンのマニラのシン枢機卿は、彼の教区内に
 あるこの修道会を認可しました。

■ 1999年に、ナイジェリアのフレデリック・エツォウ−ンザビ−バム
 ングワビ枢機卿とムランドゥ・マイイ司教は聖シャーベル修道会の仕事を
 認可しました。

■ 2001年5月に、アンティポロのグンゴン司教は彼の教区内で、この
 修道会が設立されるのを認可しました。


 これらの方々と他の多くの方々が、ウィリアム・ムレイ司教と、彼の後任
者、フィリップ・ウィルソン司教閣下から手紙を受け取るまで、私たちを快
く助けて下さっていました。− こうしてその人たちに彼らは私たちのミッ
ションのサポートから手を引かせました。


■ 1998年9月11日に、新任の司教フィリップ・ウィルソン閣下は、
 公式の調査が行なわれると告知しました。

■ 1999年9月27日に、− 1年後ですが − 調査をすることのな
 いまま、ウィルソン司教閣下は私たちに反対する「法令」を出し、私たち
 に閉鎖せよと求めました。

■ 1999年9月30日に、私はローマとウィルソン司教に上告しました。

■ 2000年の5月に、フィリップ・ウィルソン司教は、私の上告を調査
 するための委員会の開会が間近だとメディアに通知しました。

■ 【注意】: 私の「上告」は完全に無視されてしまいました。

■ 2000年8月7日に、一人の教会法学者が私の弁護人として指定され
 ました。− これを私が要求した後にです。

■ 2000年10月21日、委員会は私を呼んで、そこで私は二人の教会
 法学者の委員から質問されました。− 一人は私の弁護人でした。そして
 書記が二人いました。私の霊的指導者で聴罪司祭のマルコム・ブロサード
 神父は、発言できない証人としてそこにいました。これらの詳細の全ては
 私たちのホームページで見ることができます。


 私の「上告」は認められるどころか、単にほったらかされました。私は以
下のことを指摘したいと思います。教会の代表者として、いっさい誰も私の
共同体に来ていません。そして共同体の証言者からの聴取をそのたった一人
からも教会からの人物誰一人も行なっていないばかりか、証言、証拠の全て
をもいっさい考慮していません。私の「上告」が聞かれず、ローマにも送ら
れなかったので、私は2001年1月に私の弁護人のアドヴァイスによって、
さらなる「上告」をしました。


■ 2001年の7月に、私たちの教区に新任の司教が任命されました −
 ピーター・インガム閣下です。そして2002年6月16日に、インガム
 司教もまた、私たちに反対する「法令」を出しました。私の調査はそれで
 もまだなされませんでした。

■ 2002年6月22日、私はローマとウォロンゴング教区に、私の3回
 目の「上告」を提出しました。


 親愛なる教会の教父の皆様、これが長たらしい手紙だとはわかっています
が、私は皆様の支援を必要としています。私は真理と正義には奉仕しなけれ
ばならないと信じています。私は皆様に訴えます。皆様が持つ権能を通して、
全ての人が神の御業からまことに益せられるために調査を開始してください。

 私の信念は以下の通りです。地獄は決して教会に勝つことはないでしょう。
そして神の「闘士」が真理と正義のために戦うために進み出るでしょう。私
は神のあわれみと、神の教会がわについています。聖フランシスコ、そして
新しく修道会をたてた全ての創立者が、一人の枢機卿または王が、彼らを救
いに現れるまでは、最初は非難を受け、あるいは認可されませんでした。私
は希望のうちに生き、祈っています。

【参考資料】 聖シャーベル修道会は現在、160ヶ国に様々な形態で存在
 しています。共同体が30あり、30,000の祈りのグループ、50人
 の司祭、600人の修道女、300人の修道士、1,000人の信徒会員、
 500,000人の支持者がいます。私たちはバーソロミュー・シュナイ
 ダー司教によって創立された隠遁のフランシスコ会(Congregation of
 Franciscan Hermitage)と連合しています。


 皆様の御好意とお祈りに感謝申し上げます。大きな期待と希望をもって待
ちつつ、私は神の従順なしもべであり続けます。

[サイン]
ウィリアム・カム
モデレーター/創立者 [またリトル・ペブルとして知られています]


----------------------------------------------------------------
3.メッセージによせて
----------------------------------------------------------------
 イエズス様は罪人に対して限りなく優しいのです。自分を罪人だと認め、
へりくだってゆるしを願う人は、イエズス様にあたたかく迎え入れられます。
しかしイエズス様は偽善者には厳しいのです。良い人間のふりをする愛のな
い人間が偽善者です。なぜなら愛がなくても良い人間のふりができる人は、
厳しく指摘する以外、自分の罪深さに気づいて悔い改めるそのきっかけさえ
も持ち得ないからです。その厳しさは、彼らが救われるようにとふるう愛の
ムチです。

 ところで自分に愛があるのかないのか、どうしたらわかるのでしょうか。
誰にでもあてはまる識別の仕方があります。侮辱された時、その人がとる行
動でわかるのです。隣人愛をまことに身にまとっている人は、人々から受け
る侮辱に対して、忍耐をもって応えます。議論しません。あたかも祝福され
たかのように、喜びと平和を心の中に保ちます。これにひきかえ、隣人愛を
まとっているようにたとえ見えても、その実、愛のない人は、すぐ不忍耐に
おちいり、侮辱に対して言葉を返します。黙ってゆるすことができません。

 あなたの日常をふりかえってみて下さい。まわりの人すべてに対して、例
外なく忍耐深いですか? そうであるなら、あなたには真の愛があります。
それ以外の人は、自分の愛のなさを認めましょう。せめてマリア様の前では
良い人間のふりなどせずに、愛の足りなさを悲しみをこめて打ち明けましょ
う。「私はまだまだダメです。愛がないので、お母さん、私に隣人愛を下さ
い」と申し上げてください。こうしてマリア様のふところに身をかくすなら、
偽善者に対する神の厳しい愛のムチによって気づかされるのでなく、お母さ
んらしいやり方で、マリア様が愛することを教えて下さいます。それはあな
たのためにマリア様が悲しみの涙を流していて、あなたがそれを祈りのうち
に感じようとする時、よく行なわれます。心から「僕は悪い子です」と認め、
誰よりも劣った者と自覚しつつ、愛と忍耐と謙遜の行いをこつこつと積み重
ねて行きましょう。


----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
イエズス様からの警告 1993年2月24日
リトル・ペブルに(抜粋)

 甘美なる子供たちよ、今やカルワリオを体験しているわが代理者、教皇ヨ
ハネ・パウロ2世のために祈りなさい。ヨハネ・パウロ2世が地上における
わが家を導く時は、あと僅かしかない。ヨハネ・パウロ2世がロシアを、わ
が至聖なる御母の汚れなき御心に奉献するための力と勇気とを受けるよう祈
りなさい。極めて緊急なのである。たとえ人類がロシアはもはや敵ではない
と信じていてもだ! 私はお前たちに言う。甘美なる子供たちよ、そのこと
は間違った考えである。ロシアは依然として反キリストの「座」であり、ロ
シア、そしてロシアと一致する多くの国々は、教会と世界に誤謬を広め続け
るであろう。これは奉献がなされるまで続くであろう。甘美なる子供たちよ、
わが代理者が忠実な全ての司教と共に、今すぐロシアを奉献するよう祈りな
さい。ロシアは、まもなく西側に侵入し、進軍していく国々の多くを破壊す
るであろう。

 私が今こんなにも大量の血を流しているのは、このためである。権威ある
立場のわが子供たちは、手遅れになるまで私に、あるいはわが至聖なる御母
に耳を傾けないからだ! 多くの生命が失われるが、それは全て子供たちが
耳を傾けないからである! お前たちのために、もう一度十字架に釘づけら
れているお前たちの救い主に耳を傾けよ。人類が耳を傾け、天からの警告に
気をつけるようになるまで、私は何度十字架に釘づけられねばならないのか?


----------------------------------------------------------------
5.編集後記
----------------------------------------------------------------
「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。でき
るなら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお
持ちでしたらお寄せ下さい。
 
 次回は7月28日頃、発行を予定しています。

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%




[HOME] [戻る]