「箱舟の聖母」バックナンバー
2002年7月7日号No.108

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 聖シャーベル修道会
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2002年7月7日号 No.108

  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%7%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
◆今週号の目次

 1.永遠の御父からリトル・エンジェルナイトに与えられたメッセージ 
 2.メッセージによせて
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記

----------------------------------------------------------------
1.永遠の御父からリトル・エンジェルナイトに与えられたメッセージ
  − 2002年5月5日  日曜日 午前6時 −
----------------------------------------------------------------
(オーストラリア在住のニュージーランド人の幻視者)

リトル・エンジェルナイト:
 父と子と聖霊との御名によって †。 永遠の御父が空の高いところで、
私の前に立っておられ、御父は右手に木で作られたように見える長い杖を
持っていらっしゃり、それはこの世のどんな木の幹よりも太いにちがいあり
ません。永遠の御父は左手をあげ、御父の左手からは地球にそそぐ金の光が
輝きでます。多くの、多くの、多くの天使たちがいて、彼らが、永遠の御父
の背後に見え、彼らはあたかも永遠の御父の背後にたなびくケープかのよう
に見えます。それは天使でできたケープです。皆で列を作っていて、皆が完
ぺきに並んでいます。永遠の御父は大きな白いガウンを着ていらっしゃり、
その天使たちは金の装いです。永遠の御父は御子、私たちの主、イエズス・
キリストと同じくらいの若さに見えます。御父は美しい輝く青い瞳をしてい
らっしゃり、もちろん御父とともに天の守護の天使たちがいます。主が御父
の右手にいらっしゃり、左手には天の女王である私たちの祝された御母がい
らっしゃり、その直前に人の姿として聖霊が現れてきます。両手はわきにお
ろし、手のひらを私たちの方に向けていらっしゃいます。聖霊は全地球を見
ていらっしゃり、そして微笑んでいらっしゃいます。永遠の御父は右手に
持っていらっしゃった杖を聖霊にお渡しになり、聖霊はそれを両手で頭上に
持ち上げます。木でつくられているように見えるこの美しい長い杖は、金の
笏に変わり、この金の笏の内部に白熱した激しく光り輝く白い光があります。
金の笏の内部にあるこの美しい輝いているものを、聖三位一体が手に持ち、
三つのペルソナは、それを彼らがすべての彼らの美しい子らを終わりの時に
導かせるために選んだ一人の霊魂の中におきます。この霊魂とは、私たちの
兄弟のリトル・ペブルで、彼は謙遜に頭をたれます。そして彼がそうすると、
聖三位一体は彼を祝福します †、†、†。

 永遠の御父は両手を上に、彼の王国に向けてお立ちになります。聖霊が
永遠の御父の左手に移動なさいます。主は御父の右手に移動なさいます。そ
していまだに聖三位一体の前にひざまずき、三つのペルソナの中央にいるの
は私たちの兄弟のリトル・ペブルです。聖三位一体はそれぞれ右手を挙げ、
彼らのすべての忠実な子らを祝福します。父と子と聖霊、そして3つのペル
ソナが彼らの最も忠実な子らすべてを祝福するとき、いらしている天使たち
聖人たちも同じようになさいます。皆が頭をたれ、皆が聖三位一体が並んで
いらっしゃる列よりも一段低いと思われる列に立ちます。永遠の御父は右手
をあげます。父と子と聖霊との御名によって †。

永遠の御父:
 お前はなぜ聖三位一体が極めて強力なのか分かるか、私の息子よ? お前
はなぜ聖三位一体が最も美しいか分かるか、私の息子よ? それは単純な理
由なのだ。聖三位一体は一致している、分けることができない、ひとつのも
のとして動く、聖三位一体には三つの独立したペルソナがあるが、私たちは
ひとつのものとしてあり、ひとつのものとして常にあり続ける。一様である
こと、私の息子よ、明確なリーダーシップ、そして最も重要な相互における
力、それらが聖三位一体をそれほど強力にしているものであり、聖三位一体
を最も美しいもの、最も愛すべきもの、最も大切にすべきもの、そして最も
畏れるべきものである。このきずな、私の息子よ、この強さ、この力、この
愛、この一致はまた、お前たち私の忠実な子らの間にも見ることができる筈
だ。それは不可能ではない。それはまさに達成できるものである。私はお前
たちが創造されるより以前にすでに土台を置いた。お前たちが今なさねばな
らないことのすべては、私の教会、私の最後の言葉であるそれに基づいてい
る。私がお前たちの前に置いたこの土台の上に私の預言を実現させよう。私
の忠実な子らであるお前たち皆がこれを達成することができる。それは不可
能ではない。私がお前たちのために定めたこの道を歩くのは難しくない。

 お前たちは実にしばしば私に、自分の心をあなたに与えましたと言う。お
前たちは実にしばしば私に、自分があなたをどれほど愛しているかを言う。
お前たちは私の許しを願い続ける。私はそれをお前たちに与え、お前たちを
導き、お前たちにもちろん私はお前たちを愛し、常に愛し続けると示した。
しかし、私はお前たちにすべてを与え、お前たちにすべての愛を示し、お前
たちの前にすべてを差し出した後に、お前たちは、私がお前たちのためにと
望んで創造したものから逃げ去ってゆくようではないか。

 自分自身を私に100%与えた上で、私の御旨を成し遂げる鍵とは、お前
たちが自分自身を100%私に与えると決めた私の忠実な子らすべてと一致
することだ。

 これを疑いもなく行ってきた、そして毎日そう行い続けている一人の霊魂
とは、私の息子リトル・ペブルだ。彼の言葉に心を留めよ、私の子らよ。な
ぜなら彼の言葉は直接私から出ているからだ。リトル・ペブルがなすことは
すべて私から出る。それは私の指導でなされ、私の祝福とともになされる。
私のリトル・ペブルによってなされ、お前たち私の子らが理解できないそれ
らの事柄はなぜかというと、お前たちがそれを理解することになっていない
からだ。もしそうであったなら、つまりお前たちが私の計画の何たるかを完
全に理解できたら…、今何かがなされる必要などなく、お前たちが私の御旨
を果たそうとし成し遂げる必要もないに違いない。というのは、もしお前た
ちが私の御旨をそっくりそのまま知ったなら、そのときお前たちは、私とと
もに私の王国にいるはずなのだから。
 
 私の息子リトル・ペブルに一致を示して続けてきたお前たち全ての者へ、
私はお前たちをいまも永遠にも、至聖なる三位一体、父と子と聖霊によって
祝福する †。

 私はお前たち忠実な私の子らへ言う。この時点で、お前たちの道からつま
ずいて去ってはならない。聖三位一体は常にお前たちとともにあり、聖三位
一体は永遠に結びあっており、分かたれることのないもの、最も強力なもの
が常にお前たちとともにいることを理解しながら、信仰において強くあり続
け、この道を歩き続けよ。これをいつもたずさえよ。私の子らよ、これを自
分の心に置け。そうすればお前たちは、私がお前たちの前に置いたいかなる
ものをも成し遂げることができるだろう。お前たちが神の力と愛を知るとき、
お前たちの重荷は軽くなり、お前たちの苦痛と苦しみは最小になる。そして
お前たちが聖三位一体の力と愛を感じるなら、お前たちが私の御旨を行うの
をなにも阻止することはできない、私の子らよ。お前たちを嘲笑い、お前た
ちをこきおろす者たちは私によって地上に置かれている。私がそこに彼らを
置いているのだ。

 もしお前たちが私が何者であるかがもっとよく理解できたなら、もしお前
たちがたいへんしばしば私に話すその愛をお前たちが調べたなら、お前たち
はそうしたら私を見いだすだろう。お前たちの父、すべての王の中の王、お
前たちが見るすべてのもの、感じる、聞くすべてのものの創造主を。そして
もしお前たちが聖三位一体のしもべになるとは何たるかを、天にいるすべて
の者のしもべになるとは何たるかを理解できたなら、そのとき、人はお前た
ちにまさる所は少しもない、人はお前たちが何をなそうが阻止できない、人
は私が創造したものを打ち破ることはできない。なぜなら私は、お前たちを
破壊しようと望み、お前たちが私と天いるすべてのものに対してもっている
愛を破壊しようと望む、その彼をもまた創造したのだから。

 何度も何度も一生懸命トライしている私の美しい霊魂たち。しかしお前た
ちはいとも簡単に落ちる。あたかも私がお前たちのために定めた道が、薄い
紙でできている道で、もしお前たちが強く踏みしめすぎたなら、突き抜けて
落ちてしまうかのようではないか。それは違う。私の子らよ、そうではない
のだ。私がお前たちのために定めたこの道は、お前たちが強く踏みしめれば
踏みしめるほど、この道自体がより強くなるのだ。すべての天にいるものを
別にすれば、お前たちを助ける唯一のものとは、お前達自身がお互いに一致
しあうことだ。お互いの中に愛と力を見いだせ。お互いに教えあえ、お互い
に導き、導かれよ。

 お前たちのまわり中に模範がある、私の子らよ。これらの模範は、お前た
ちの前に目的があって置かれているのだ。これらの霊魂から学べ。これらの
霊魂から教われ、そして交互にこれらの霊魂を導き、導かれよ。それは不可
能ではない。それはなし得ないことではない。お前たちにはそれができるの
だ、私の子らよ。

 最も重要なことだ。私の息子、リトル・ペブルと一致せよ。私の真のそし
て美しいその息子に従うことによって、私と天にいるすべての者に対するお
前の愛を示せ。

 私の息子に忠誠を誓うことを望まないと決めてしまったものたちよ、お前
たち全員に私はこれを尋ねよう。私のその息子に忠誠を誓わない立場にお前
たちがいるのは一体どうしてなのか? はじめに、お前たちはここに置かれ
た。なぜなら私がお前たちをここにいさせたからだ。お前たちは私の息子リ
トル・ペブルからまさにこのポイントまで引き上げられ、導かれてきた。そ
して、どういうわけかお前たちは、私がお前たち自身の両手の中に創造した
ものを取り去ることができると考えた。お前たちは、私と天にいる者全員が、
私の最も美しい、最も力強い、最も愛している子らに、別の人に従うように
頼もうと、あっという間に私の忠実な子らのための私の計画を変えてしまっ
たなどと本気で考えているのか?

 私がお前たちに投げ与えた私の預言を成就するため、私の子らが2千年
以上も話してきた私の預言を成就するために、地上に私が置いた人物はたっ
た一人しかいない。

 彼は私の、最後の教会を担うであろう者、彼は終わりまでへと、私の最も
忠実な者たちを導くであろう者だ。そしてお前たちは、私がお前たち以外の
者に与えて役割をあえて奪うのだな。

 私がそれを許すだろうなどと、いったい何がお前たちに考えさせるのか?
もしお前たちが神に対する畏れをいまだに知らないというのなら、その前に
私はお前たちにそれをそっくりそのままに見させよう。なぜなら、私の息子
イエズスは、この地球に手を下し、災害、混乱、そして彼がこの世に生まれ
た地における戦争さえももたらしたのだ。

 聖霊は私の息子、お前たちの教皇に忠実な者たちの間に、その現存を感じ
させてきた。そして今や、私の番だ。

 私 − 在りて在るものが、私の現存を感じさせよう。この地上でお前た
ちがどんなに自分が高貴だと思っていても、どんなに自分が力強いと思って
いても、私は在りて在るものだと、すべてのものに現そう。自分が天国にい
るとでも思っているものすべて、自分が他の人間より上だと思っているもの
すべて、お前たちを私にまっすぐ向かわせよう。なぜなら私は、私の最も忠
実な子らに、私の言葉を与えようと試み続けてきたからだ。そうすればお前
たちは理解するだろう。そうすれば私がお前たちに与えてきたものを受け、
そしてお前たちはこの地上で平等なのだと悟る。つまりお前たちは他の誰よ
りも高貴ではなく、お前たちは同じなのだと。

 私の霊魂たちの命を奪う意志決定をするすべてのものへ。これらの霊魂は
私とともにいる。お前たちの闘争によって死ぬこれらの罪なき美しい子らは
私とともにいる。

 これらの闘争を、その結果を知りつつ起こすものたちへ。私はお前たちに
これを言う。お前たちは私の王国に居場所はない。そして私の息子リトル・
ペブルに一致を示さないすべてのものに、お前たちも同様に私の王国に居場
所はない。なぜなら私はお前たちを、過去において神を無視してきたものを
扱ったのと同様に扱うからだ。私の言葉を無視したものは見離され、彼らは
見捨てられた。私の子らよ、彼らは私の御旨を成し遂げる必要はもはやなく
なった。それは私が彼らを見離したからだ。私は、私の息子リトル・ペブル
との間に平和と一致を求めようとしないお前たちをそのように見離すだろう。
なぜなら私には、私が終わりの時に、私の霊魂たちを導かせると定めたその
彼に従うのを望まない者どものために使う時間はないからだ。

 もしお前たちが私の息子リトル・ペブルから歩み去っていくなら、お前た
ちが私から歩み去っていくのだ。もしお前たちが私のリトル・ペブルの言葉
を無視するなら、その時お前たちは私の言葉を無視するのだ。もしお前たち
が私のリトル・ペブルに反対するなら、お前たちは私に反対するのだ。もし
お前たちが私に反対すれば、お前たちは聖三位一体に反対する。そしてもし
お前たちが聖三位一体に反対するなら、お前たちはその時見捨てられ、そし
て私の王国にお前たちの場所はないであろう。

(私的なメッセージ。省略)

 私の美しい子らへ。私の家にお前たちが居続けてきたのを見て私はうれし
い。この方向を歩み続けよ。私の美しい子らよ。私の息子たちよ、私の娘た
ちよ。私は今、これをお前たちに過去において言ったと同様に言う。お前た
ちの最悪の敵をまるでお前達自身であるかのように愛せよ。お前たちが他人
に取り扱ってもらいたいように、お前達は彼らを取り扱え。お前たちが他人
にしてもらいたいように、お前たちは彼らにしてあげよ。お前たち自身に罪
がないのでない限り、お前たちはそこに立って彼らに罪人だと言うことはで
きない。物事は理由があってなされている。もし彼らがお前たちに対して正
しいと思われないなら、彼らにお前たちを悩ますことを許すな。なぜなら私
は悪をただすだろうし、私は罪人を裁くだろうし、そして私は私が決めた人
を誰であれ天に入らせるだろうから。

 お前たち私の子らは、他人を裁く権利を持っていない。しかし、お前たち
私の子らは互いに愛しあい、私に対して持っているのと同じ愛、お前たちが
お前たちの美しい御母と天のすべてのものに対して持っているのと同じ愛を
示す権利をこそ持っている。私はお前たちに言う。私の共同体に住む私の子
らよ。私の息子、お前たちの兄弟、先生、父である私の岩に従え。なぜなら
彼がお前たちを終わりの時に導くのだから。

 それが私の御旨だ。お前たち私の美しい子ら皆を私は愛している。そして
三位一体を通してお前たちを祝福する †。

リトル・エンジェルナイト:
 永遠の御父は右手をあげ、私が初めに見た美しい金色の光がもう一度右手
から現れます。御父は地球を見おろし、ほほ笑み、そして彼の子ら皆を祝福
します †。アーメン。

J.M.J


----------------------------------------------------------------
2.メッセージによせて
----------------------------------------------------------------
 修道者のように生きるとは、いつもより多くの功徳を集める方を選ぶこと
を、日常のすべての場面で実践することです。それは人間的な好みから言え
ば、より辛い方を選ぶことになります。これをローマ・カトリック使徒教会
の用語でいえば、自己放棄、または自分に死ぬと言います。マリア様から多
くの人が「私の方のマントの下においでなさい」と呼ばれます。また呼ばれ
た人には皆、何らかの使命が与えられています。しかし、ほとんどの人がそ
の使命を途中で放り出して、マリア様のマントの下から去っていきます。多
くの場合、本人は気づかないうちにそうしてしまうのです。あなたがそうな
らないためには、修道者のように生き、絶えず自分の好み、わがままを踏み
にじっていく必要があります。そうすれば安全です。

 例を挙げてみましょう。イエズスは人の上に立って権力をふるうものにな
らないで、人に仕えるものになるように命じています。これは人間の自然の
好みに反することです。しかしこの命令を文字通り実行しなければ、やがて
あなたはマリア様のマントの下から去って行くことになります。同様にイエ
ズスは敵を愛し、迫害する者のために祈れと命令しました。これを実行しな
ければ立ち去ることになります。人を裁くな、人の悪口陰口を言うなと命令
しました。これを厳密に日々実行しなければ立ち去ることになります。世間
の人が生きる生き方とは全く違うことがわかりますね。世間の精神を捨てる
ことが、マリア様に応えるためには必要なのです。そうしない人はマリア様
に従い抜くことはできないのです。

 あなたにとって何十年も生きて染み付いた世間の精神を捨てるのは、たや
すいことではありません。自分の力では決してできませんから、この戦いを
マリア様によりすがって戦ってください。世間の精神を捨てよう、修道者の
精神を持とうと、その意志を持ち続け、実生活の場面では、マリア様だった
らどうするかを思いめぐらしてみるのです。より高潔で理想的なことを選ぶ
なら、マリア様は大喜びしてあなたをますます強めてくださいます。マリア
様はあなたを速やかに大きな聖性に至らせてくださるでしょう。


----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
聖シャーベルからの警告 1993年1月13日
リトル・ペブルに(抜粋)

 私は今日ここへ来たのは、あなたたちに挨拶するためであり、また、あな
たたちが私たちの国レバノンのために捧げてくれた多くの祈りに対して感謝
を伝えるためである。今他の権力と他の信仰に支配されているこのキリスト
教国のために祈るのは、あなたにとって重要なことです。まもなく、この小
さな国に再び騒動が起こるだろう。ルシフェルがキリスト教を滅ぼそうと
思っているからだ。だからレバノンの守護者でありマロン派の信仰の守護者
である私、聖シャーペルはキリスト教が私たちの母国で力を持ち続けるよう、
またルシフェルがこの土地から追い出されるよう熱心に祈ることを私たちの
子供たちすべてにお願いする。

 聖心と汚れなき御心の勝利は間近だ。レバノンはこの汚れなき御心の勝利
にとても重要な役割を果たしている。私は私の娘、ジョージュット・ハーブ
が私たちの聖母の声を聞き、神の母に敬意を捧げるためにここに帰って来る
よう祈ることを私の子供たちに願う。この聖なる場所で神の母の声を聞き、
神の声を謙虚に受け入れることは、全ての幻視者にとって必要なことなのだ。

 私はまた私たちの娘テレサが光を受けてここに帰って来るよう祈ることを、
この国オーストラリアの子供達、とりわけイタリアのコミュニティの人々に
願う。神の御母はテレサがここで子供たちを指導することを望んでおられる。

 私のかわいい子供たちよ、すべての預言者と神秘家のために祈りなさい。
彼らは今大きな試練を受けているのですから。ルシフェルは聖なるものすべ
てを分裂させることを望んでいる。ルシフェルはこの世の聖人たちに打ち勝
つことを願っている。

 いとしい子供達、聖にして母なる教会の聖なるロザリオを取り上げて戦い
なさい。キリストと元后、童貞マリア、「無原罪の御宿り」のために精一杯
戦いなさい。ルシフェルを今追い払わなければならない。なぜならルシフェ
ルは聖にして母なる教会のふところ深くに居座り、すべてを貪り食おうとし
ているのだから。


----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------
「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。でき
るなら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお
持ちでしたらお寄せ下さい。
 
 次回は7月14日頃、発行を予定しています。

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%7%%




[HOME] [戻る]