「箱舟の聖母」バックナンバー
2002年6月30日号No.107

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 聖シャーベル修道会
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2002年6月30日号 No.107

  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%6%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ 
 3.メッセージによせて
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.編集後記

----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
 6月16日、オーストラリア・ウォロンゴング教区のピーター・W・イン
グハム司教様はリトル・ペブルに反対する命令を出しました。
 http://www.shoal.net.au/~mwoa/documents/decree_bishop_ingham_16june2002.html

 6月25日、リトル・ペブルはこの不正な命令について、教会に対して3
度目の控訴を行いました。リトル・ペブルは可能な人々に、これを教皇ヨハ
ネ・パウロ2世と教理聖省のラッツィンガー枢機卿様に訴えてほしいと求め
ています。
 http://www.shoal.net.au/~mwoa/documents/third_appeal_lp_22june2002.html

 6月27日、リトル・ペブルは近々起こる地球規模の大災害について、特
にオーストラリアとニュージーランドの人々に向けて公式声明を出しました。
注目すべき点は、長い間預言されてきた彗星よって起こる大災害は、決して
キャンセルされたわけではないこと、特に人々が預言に対して無関心になっ
ているので、今迄と違って非常に短期間のうちに実現する可能性が高くなっ
ていること、オーストラリアとニュージーランドで沈まずに残る地域のマッ
プが示されたことです。
 http://www.shoal.net.au/~mwoa/press_releases/press_release_27_june_2002.html


----------------------------------------------------------------
2.マリア様からリトル・ペブルに与えられたメッセージ
  − 2002年5月18日 No.614 その(3) −
----------------------------------------------------------------
同じく永遠の御父からエンジェルローズ、ライラックフラワー、ゴールデン
ロッドに与えられたメッセージ

箱舟の聖母、私たちの母マリア、キリスト信者の助けの祝日 − リトル・
ペブルへのマリア様のご出現20周年の記念日 − 償いの日


 …… 前号の続き ……


永遠の御父:
 私はお前にあいさつを送る。私の最愛の娘、私の御心のバラ、私のゴール
デン・ロッドよ! 私はあいさつを送る、私の真理の岩、私のリトル・ペブ
ルよ。私はあいさつを送る、私の司祭たち、忠実で真実なものよ。あいさつ
を送る、ここにいるすべての私の恵みの霊魂の子らよ。そして世界中のすべ
ての私の真の子らよ!

 私、お前たちの父がこの日、お前たちの心に話してきている。私の最愛の
子らよ、お前たちと世界中の多くの子らにとって困難な時代だ。私はお前た
ちの心に、父がその最愛の子らに話すように話してきている。私の最愛の小
さなものたちよ、父というものは、彼の子の誕生の瞬間から、訓練し、監督
し、指導し、罰し、彼の人生に備えて準備するのではないのか。そしてその
通りに私もお前たちに行う。なぜならば、お前たちは私の子らであり、そし
て私がお前たちに存在を与えたのだから。

 私の小さな子らよ: 私はお前たちを私のために創造した。私はお前たち
を地獄に行くために創造したのではない。私はお前たちを私のもとに来るた
めに創造した。お前たちの定めは天において私とともにいることである。私
はお前たちにそこにいてほしい。しかし私のもとに来る準備をするのはお前
たち次第だ。私は知っている。時はお前たち多くの者のために引き伸ばされ
ており、そしてお前たちは迷う。「いつこれが終わりになるのか? いつ私
たちは約束の地に至るのか? いつすべてが成就するのか? と。しかし、
私の愛しいものたちよ、私は神だ。そしてお前たちは限りある人間だ。そし
て私は神的上智だ! お前たちの父は、お前たちを彼のやり方で、彼の時間
で、しかしいつも彼の愛をもって扱う。

 わかるか、甘美な子らよ、私は完全な父だ。私は忍耐強い。私は寛大だ。
私は寛容だ。お前たちは寛容であることを学ばねばならない。お前達は柔和
で謙遜であることを学ばねばならない。お前たちは徳を学び、そして実践し
なければならない。これらはお前たちの天国への道標だ。これらは私の玉座
へのお前たちの入場券だ。お前たちは自分の道のりをかせがねばならない。
しかしわかっているだろう、私の甘美な子らよ。よい父として私は手をとっ
てお前たちを導いている。もし、お前たちが素直で私の指導に応えるなら、
お前たちは最高の成聖に非常に素早く昇りつめるだろう。なぜなら、お前た
ちに告げる、甘美な子らよ、この修道会の私の特権に扱った子らよ。そして
その連合体よ。お前たちはレムナントだ。お前たちは偉大な建物がその上に
建てられるだろう一握りの者だ。しかしお前たちは強固な土台であらねばな
らない。お前たちは堅く、安定していなければならない。お前たちは頑丈な
集団でなければならない。お前たちは善徳を実践するにおいては、私の最愛
の娘を仰がねばならない。これらは言葉ではない、愛する子らよ。これは行
動を必要とするのだ。そしてお前たちの黙想において、これらの善徳をひと
つ、またひとつと取り上げ、それらをお前たちの心の中に、そしてお前たち
の意志の中に入れよ。

 私の息子へ。私の神なる息子、心の柔和、謙遜な者、その彼に続け。この
ごろ邪悪な者はのたうちまわり、あちこちをしっぽでもってはじき、ここそ
こを打ち、不和と不一致と妨害と不調和と激論を引き起こしている。私の甘
美な子らよ、私が話した通りに、お前たちは自分の心を調べねばならない。
お前たちの心を清めよ。お前たちの心をまことに清めよ。私は忍耐深い。私
は聞く気のある耳に、受け入れる耳に指示を与えている。お前たちは皆、私
の子らであるが、お前たちはひとつにならねばならない。お前たちはこの聖
なる聖シャーベル修道会が天においていかに尊ばれているかを見、そしてお
前たちの軍隊から来た聖なる者たちの一致と荘厳さは、この地上の領域にい
るお前たちに勝利を収め、苦しみ、戦うひとつの家族のように、彼らと一致
団結し、結び合わされるように霊感を与えたはずだ。私の甘美な子らよ、私
がお前たちに求めるものは一致だ。そしてお前たちは終わりの時の私の預言
者に自分を導かせよ。何度も彼はお前たちに指示と神感を与えている。彼の
声に聞き従え。なぜならそれは私の声だから! 彼の助言を心に留めよ。な
ぜならそれは私の助言だから! 彼の方を見よ。なぜなら私が話している諸
徳を示している。

 私の甘美な子らよ、お前たちが今日いるところにいるということは、大変
に恵まれており、非常な特権だ! そして私はお前たちに言っておく。邪悪
な者が獲物求めてうろつくのは、小さな霊魂たちを狙っているのではない。
いや、長年にわたり忠実であり続けているものたちを狙っているのだ。彼は
土台石を狙って追い求めている。だから私の甘美な子らよ、お前たちは善徳、
慈愛、謙遜によってのみ前進することができる。お前たちは、お前を助ける
ために天使たちと聖人たちを持っている。お前たちは、お前たちの父の手を
持っている。お前たちの母を持っている。私の神なる息子と私たちの聖霊を
持っている。

 今日、私の娘をお前たちの心に緊密な彼女のタイトルにおいてたたえる、
大変な祝祭がお前たちの間に、そして天の者たちの間に行われている。聖母
はお前たちのための箱舟だ。甘美な子らよ。そこに入って避難せよ。そうす
ればお前たちは天国へと救われるだろう。そして明日、私の甘美な子らよ、
明日は復活祭の季節の終わりの日、教会の偉大な祝日、聖霊が、お前たちの
父とお前たちの救い主の聖霊が教会の上に下る。聖霊に祈れ、彼のたまもの
を、彼の実を祈り求めよ。そして彼を愛のうちに受けるよう、お前たちの心
を開け。聖霊は慰め主であり、お前たちの霊魂を聖化するお方である。

 私の最愛の子らへ。今、お前たちを励まそう。立ち去ってはいけない。私
の言葉をお前たちの耳からこぼしてはいけない。私は愛している父として、
お前たちの心に今求める。私たちの言葉をとって前進せよ。なぜならその時
は遠くない。そして見せたビジョンは成就するだろう。

 私の岩へ。私の息子よ、私はおまえを愛している。お前は私の聖心の真珠
だ!

 私の最愛の司祭である息子たち、私のリトル・バルトロメオと私のリトル・
マタイ。私の岩の柱たち、そして支えへ。私はお前たちを愛している、私の
息子たちよ。私は非常にお前たちを愛している。

 そして私のリーダーと長上たちへ。お前たちは大変に苦しんでいる。しか
し知っておけ、愛する息子たちよ。お前たちの忠実さに対する報いは、天に
おいて偉大なものであろう。私のもとにおいで。私の子らよ! 私のもとに
おいで、お前たちの父のもとへ。そうすれば私は私の両腕でお前たちを抱き
しめるだろう。私はお前たちを愛している、甘美な子らよ。私はアルファで
ありオメガだ。初めであり終わりだ。お前たちの創造主であり、お前たちの
霊魂が最も愛するものだ。

 私はお前たちを祝福しよう、私の甘美な子らよ。来つつある時に備えて、
お前たちを強めるため、徳の道において堅忍するようにと私の手の力を持っ
てもう一度。そしてお前たちの父は完全な愛をもってお前たちを愛している
ということを知っておけ。私はお前たちを祝福する。私の甘美な子らよ。父
と子と聖霊との御名によって、アーメン。

ライラックフラワー:
 永遠の御父は、私がこれを言うのをお望みです。

永遠の御父:
 私の甘美な子らよ。お前たちに準備するようにと望む。なぜなら、今日、
お前たちに与えられたものはただの始まりにすぎない。さらに多くが来よう
としている。しかし忘れるな。天のお前たちの父はいつもお前たちとともに
あり、私はお前たちがになえないようなものをお前たちに与えるつもりなど
ない。しかし、非常に重要なことは、お前たちが清められ、聖化されること
なのだ。

ライラックフラワー:
 ありがとうございます。

リトル・ペブル:
 ブロサード神父様がをオカンポ神父様とともに、皆さんを祝福します。そ
して2人を通して聖シャーベルが祝福を与えます。

ブロサード神父とオカンポ神父:
 全能の神、父と子と聖霊が汝らを祝福し給わんことを、アーメン。

リトル・ペブル:
 ロザリオの最後の一連をささげましょう。聖母の天と地の女王として戴冠
です。


--------------------------------
ローズリリーにご出現の間、マリア様から与えられたメッセージ
--------------------------------
ローズリリー:
 ビジョンの中で7位の大天使たちが、それぞれ明るく輝いて、すばらしい
服と宝石を身につけているのが見えます。リトル・ペブルが語っている白い
十字架が見えます。そして今、箱舟の聖母がご出現になります。聖母は前へ
と滑ってこられ、聖母の胸から聖堂内のある恵みの霊魂たちへとさす光線が
でています。マリア様の手に箱舟が見えます。ちょうど現れた荒れた海の上
に、聖母は箱舟をおろします。そして私がその箱舟が波にもてあそばれてい
るのを見つめていると、遠くに巨大な黒い波があり、一時的に止まっていま
す! 私はまた、その箱舟がひっくり返るように思えたとき、その最も危な
い瞬間に、マリア様によって優しく抱かれていて、支えられ、保護され、沈
まないようにされたのを見ました。

 マリア様の両側に、リトル・ペブルとヨハネ・パウロ2世教皇が見えます。
めいめいの下に2本の白い柱が見えます。それらの上には冠とミトラ(司教
冠)があります。ヴィジョンの別の部分では、マリア様の3人の娘が見えま
す。マリア様があたりを見回し、待っていらっしゃるのが見えます。

 リトル・ペブルが、全員の霊魂のためのたぐいまれな恩寵について話して
いる間、小さい金のバラが現れるのが見え、これらのバラが聖堂内の霊魂た
ちの心に入るのが見えます。そしてひとつひとつのバラには、一つのシンボ
ルがついています。金のバラで、その上に一つの星があるものを見ます。他
には、その上に半月があるものを見ます。さらにもうひとつの、小さな金の
バラのつぼみに囲まれたものをみます。一人の霊魂がバラを持っていて、手
の中でそれを回しています。そしてさらに3つの大きいバラが現れ、マリア
様の3人の娘に与えられます。それからさらに多くのバラが現れ、それぞれ
が象徴的な意味を持っています。マリア様は私に近づきます。

聖母:
 †、†、†。私はあなたに挨拶します。私のリトルローズリリーよ。私は
ここにいる皆に挨拶します。私は、私の善意の子らを「忠実と真実」の旗の
下に、私たちの選んだ息子を、そして地上最後の教皇、リトル・ペブルのも
とに真理の戦いを続けるようにと励ますためにきました。

 あなたたちは皆、たくさんの苦しみに遭うでしょう。しかし、間近の勝利
は甘美な味わいとなり、霊魂を満たし、たくさんの喜びにあなたたちの心
はあふれることでしょう。あなたたちは私の残った真実です。そこからひと
つのを清らかな光の種が現れるでしょう。一粒が全地を神の全善、神の栄光
で再び満たすことでしょう。私達のリトル・ペブルに与えられた役割は特異
な恩寵で、人類へのたまもので、それは過去において失われたものを立て直
すことでしょう。彼の時が近づいています。そうとき彼は神の民を、大嵐が
猛烈な力でふきまくる暗黒の時の間、ずっと導くことでしょう。そしてもし、
あなたたちが神の真の光の中を歩きさえすれば、あなたたちは生き残ること
でしょう。愛のリトル・ペブルのために祈りなさい。地上のキリストの代理
者のために祈りなさい。その2人がすばやく神の御旨を成し遂げるようにと。

 私はあなたたち皆を祝福します。父と子と聖霊との御名によって、アーメ
ン。私は、あなた、ローズリリーを祝福します。さようなら。


--------------------------------
ご出現の間に「ジェントルジャイアント」に与えられたビジョン
--------------------------------
 ロザリオの初めから、空の高い所に白い十字架が見えました。その十字架
の横に立っている聖ミカエルが、彼の剣を竜に突き刺していました。十字架
の中央からくる大きな光線が道を形成しました。

 聖シャーベル、聖センティミンタリウス、そして他の多くの天使がいまし
た。「箱舟の聖母、私たちの母マリア、キリスト信者の助け」と赤ちゃんの
イエズスもまたいらっしゃいました。マリア様は青いマントと白い服を着て
いました。

 私はリトル・ペブルの両側にふたりの神父様が見えませんでした。しかし
二人のいる場所に二人の別の人が見えました。後からは私の天使が、これら
の二人の人は聖バルトメオと聖マタイだったと教えてくれました。彼らはリ
トル・ペブルを保護しているように見えました。


----------------------------------------------------------------
3.メッセージによせて
----------------------------------------------------------------
 皆さんは他の宗教を信じているかもしれません。家の宗教に従っているか
もしれません。二つ以上の宗教を同時に信じている人も、いろんな宗教の気
に入ったところを寄せ集めて自分なりの信仰を独自に持っている人も多いこ
とでしょう。

 神様は大警告の直後に、生き残っている人類が一時的に皆、ローマ・カト
リック使徒教会を唯一の真理として認める状態に強制的にします。この短い
平和は半年から一年半で、ルシフェルであるロード・マイトレーヤによって
破壊されます。その後、自分を神と宣言するロード・マイトレーヤに従うか、
マリア様に従うか、すなわち世界統一宗教に属するか、リトル・ペブルさん
に率いられたレムナントチャーチに属するかの2つだけになり、マリア様に
従う人だけが最後に救われます。

 今、強制的にではなく、自発的にマリア様に従えば、あなたは信仰の功徳
を積むことになります。ただしマリア様のメッセージを信じ、ローマ・カト
リック使徒教会の教えを唯一の真理として認めるということは、それ以外の
すべての宗教の教義を捨て去ることを、まず行わなければなりません。次に
ローマ・カトリック使徒教会の教えは、100あれば100全部信じなけれ
ばなりません。これができますか? マリア様はあなたが信仰による功徳を
つみ、偉大な報いを得ることができるよう、強制的ではなく、自発的にそう
するようにと願っています。輪廻転生、因果応報、吉凶、占い、気、たたり、
さわり、etc。これらはみな真理ではありません。マリア様が信じるよう
にとおっしゃるローマ・カトリック使徒教会の教えと、これらを混ぜ合わせ
ることは信仰に反する罪で、罪を犯せば恵みは受けられません。どうか皆さ
ん、マリア様を絶対的に信じてください。絶対的に信じてこそ、マリア様の
子供として絶対的に保護され、安全に天国に導かれるのです。


----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1992年1月13日
リトル・ペブルに(抜粋)

 世界が大きな悲しみに溢れている時は、いつも世界に罪が溢れています。
人類の苦悩を引き起こすのは、世界中の私たちの子供の罪です。あなたたち
に懲罰を与えるのは、私の聖なる息子イエズスの御意志ではありません、私
のかわいい子らよ。今日あなたたちは苦しんでいますが、あなたが苦しむの
を見るのも、イエズスの御意志ではありません。教会の中に、また世界中に
苦難を引き起こすのは、人間の自由意志です。当然ルシフェルは手を貸しま
すから、人類は神とともにある永遠の命から引き離されるでしょう。

 …… 中略 ……

 戦争の惨禍は、これから世界中で益々大きくなってくるでしょう。多くの
母親たち、父親たちは戦場へ行く子供たちのために多くの涙を流すでしょう。
そして、私のかわいい子よ、それは何のためでしょう。何のためでもありま
せん。私の子供が私の声を聞き、私の言うことに従うのを拒否してきたから
です。私のかわいい子供たち、戦争だけでなく、あらゆる不幸、偶然でない
事故が起こるでしょう。私のかわいい子供たち、沢山の飛行機が落ちるのは
事故ではありません。事故はルシフェルが起こしているのです。地球上で起
こっている多くの噴火もまたルシフェルが起こしているのです。永遠の聖父
はルシフェルがあなたたちに懲罰を与えることを許していらっしゃるのです
から。

 しかし、私の子供たち、このことはよく知っておきなさい。ルシフェルは
あなたの救いを願っているのではなく、あなたの霊魂の破滅を願っているの
です。ルシフェルはあなたを神から引き離し、様々な誘惑をあなたの肉体だ
けでなく、霊魂や、知性にしかけます。奉仕したくないというルシフェルの
叫びは、おごりに満ちた私たちの多くの子供の叫びと同じなのですから。で
すから注意しなさい、私のかわいい子よ。この悪党があなたを正義と善の道
から引き離すのを許してはいけません。私の手にしっかりとつかまり、神の
御前で愛と平和のうちに一緒に歩みましょう。そして、全力で、全ての意志、
希望、心の救いをもって神を礼拝しなさい。

 「戦い」は今起こっています。この「戦い」はあなたの霊魂のためです。
長年にわたって私があなたに言ってきた言葉と、それがもたらす利益をよく
覚えておきなさい。私の言葉を肝に銘じておきなさい。私の言葉についてよ
く考え、それを実らせなさい。神の栄光とあなたたちの救いのために。私が
あなたに約束してきたことはすべて満たされ、あなたがただ願いさえすれば、
自由に与えられるのです。


----------------------------------------------------------------
5.編集後記
----------------------------------------------------------------
「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。でき
るなら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお
持ちでしたらお寄せ下さい。
 
 次回は7月7日頃、発行を予定しています。

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%




[HOME] [戻る]