「箱舟の聖母」バックナンバー
2002年6月2日号No.103

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 聖シャーベル修道会
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2002年6月2日号 No.103

  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%6%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ 
 3.メッセージによせて
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.編集後記

----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
 リトル・ペブルさんご自身から「ペトルス・ロマーヌス ザ ラストポー
プ」という彼の著作全四巻の翻訳、出版許可と日本語版の版権をいただきま
した。5月31日の「全ての恵みの仲介者」の聖母の祝日より、翻訳作業に
とりかかりました。


----------------------------------------------------------------
2.天からの、そして天の僕リトル・ペブルからの最重要の指示
  − No.510 1996年3月2日 その(2) −
----------------------------------------------------------------
 …… 前号の続き ……

--------------------------------
ナウラの全出現聖堂、聖シャーベルの祈りの家でリトル・ペブルに与えられ
たメッセージ
1996年3月2日
--------------------------------
リトル・ペブル:
 しばらく前から白い十字架が現れていました。聖バラキエルが、いつもの
ように3度、十字のしるしをしました。聖ミカエルは十字架の右に立ってい
ます。とても大きいです。聖ミカエルは剣を祭壇の中に置きました。白い十
字架の背後に、とても大きな雲のように見えるものがあります。それは巨大
な雷雨で、いまにも轟きだしそうです。雷雨は空全体にゆっくりと広がって
います。聖バラキエルの隣に聖サクラメッスギュスが見えます。聖メノロウ
ティスと聖センティミンタリウス、そして他のとても美しい天使が見えます。
その天使は今日見たのですが、とても背が高いです。6つの翼を持ち、頭の
回りに多くの星があって、その上を十字架が浮遊しています。この天使が誰
なのか分かりませんが、今日初めて見ました。とても大きな天使で、微笑み、
聖メノロウティスと聖サクラメッスギュスの間に立っています。

 今、白い十字架が開いていきます。ベールの向こう、生命の他の面の彼方
を見ているようです。戸口は今、開いています。2つのとても大きなドアが
あり、その中に十字架があります。さて聖櫃に向かって下る光の階段が形成
され始めました。とても美しい光がこの道から発しています。光は広がり、
さらに美しい光を形成しているように見えます。白い十字架の上空にしるし
が見えます。白い十字架から、戸口を通って、多くの天使が来るのが見えま
す。その天使たちはロープのような長いリボンを持ち、2列を組んでいます。
天使たちは歌っています。

 白い十字架を通って、純金製の美しい馬車が来るのが見えます。聖主イエ
ズスは馬車に立ち、天使たちが馬車を引っ張っています。美しい翼を持つ、
純白の美しい白馬もいます。白馬は馬車の前にいて、主を私たちの方へお連
れするように見えます。イエズスの後ろに、さらに多くの多くの天使、とて
も美しい天使が見えます。この大半の天使が4つの翼を持っています。どの
階級なのか分かりませんが、天使たちはとても美しい。どの天使も頭上に茨
の冠が浮いています。茨の冠はそれぞれ異なる色をしており、あるものは赤
あるものは茶色、白、金、緑です。

 聖主は今、近づかれ、白馬は飛び去ります。白馬は、聖主が立っておられ
たコーチ(大型4輪馬車)から離れたように見えます。コーチはとても美し
い色、リボン、花で飾られています。さらに多くの天使が白い十字架から出
てきて、聖主のコーチを取り囲むように何列もの列を組み、聖主が滑り降り
てこられるのに備えて半円形を形成しています。主に礼をするように、天使
たちは体をかがめています。翼を交差させ、他の天使の翼に自分の翼を重ね
て、聖主がその上を歩けるように道を形成しています。とても美しい。

 イエズスはとても堂々としておられます。3つの先端のある冠をかぶり、
どの先端にも十字架があります。先端の間には百合の花、フランスの君主の
象徴があります。イエズスは微笑んでおられます。とても美しいです。たっ
た今気付いたのですが、聖主が頭を下げられたところ、その冠の中に茨の冠
があり、私のものととてもよく似た、この茨の冠の茨の上に小さな白いバラ
があります。イエズスは微笑まれ、うなずいておられます。イエズスは天使
の翼の上を歩んでおられます。天使の翼は綿毛で覆われているように見えま
す。聖ミカエルの翼に触ったときと同じ感触です。小さなアヒルの綿毛のよ
うです。とても美しい。

 聖主は今、聖櫃の方に来られ、先ほど記述した、この美しい天使の額には
名前が書かれています。その名前は数週間前に聖主が私の額に書いたものと
同じです。その名はギリシャ語で書かれており、その天使はキリストの代理
者の天使であると聖主はおっしゃいます。私が代理者になるとき、その天使
は私の天使となります。

 イエズスは今、天使の翼から聖堂内のここの聖櫃の上へと歩まれます。主
の御頭は御像の連なりの最後尾、それよりも若干高いところにあります。ご
覧になっておられます。イエズス様の青い御目の奥深くまで見ることができ
ます。イエズスの御目は海のように、いや海というよりも空のように、青く、
とても美しい。とても美しいです。

 聖主は腕を広げられます。実に美しい。御傷のとても深いところまで見え
ます。足の御傷もです。しかし白い光が聖櫃の上に立っており、それは綿毛
の星のようです。聖主の両足の間、御足の回り一帯に小さなバラが成長して
います。主の足の回りの小さなバラの格子のようです。とても美しい。様々
な色のバラ、とても小さなバラがあります。

 聖主の右手に突然、ロザリオが現れました。赤い珠のロザリオです。微笑
まれ、おっしゃいます。「貴き御血のロザリオである」と。そのロザリオは
とても美しいです。珠は単に何等かの物質でできているというのではなく、
血そのもののように見えます。説明するのはとても困難です。しかし、どの
ように説明したらよいのか分かりませんが、実際に血の珠のようなのです。

 聖主の右手から御血が珠の中に入っていくのが見えます。聖主は今、この
珠を聖なる天使に手渡されます。その天使は跪き、このすべての珠に優しく
接吻します。すべての天使が跪きます。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。
アーメン。

聖主:
 愛する息子、受難の花、真理の岩、リトル・ペトロよ、あなたに挨拶する。
リトル・バルトロメオ、忠実な使徒よ、あなたに挨拶する。ここにいる全て
の甘美なる弟子、クイーン、来たるべき新しい世代の未来のクイーン、愛す
るプリンセス、バロネスたちに挨拶する。恵みの霊魂、ここ私の前に集まっ
た、そして世界中にいる全てのいとしい子供たちに挨拶する。

 今日私はとりわけ愛する息子、甘美なる「神的愛の天使」と天は彼を呼ぶ
未来の教皇のために来た。過去何日かの間、至聖なる御母は、あなたと世界
中の甘美なる子らの多くの心を悩ませてきた幾つもの重要な問題についてあ
なたを指導してきた。愛する息子よ。私はあなたの心のうちにある苦悶をよ
く理解している、愛する息子よ、神の御旨と完全性を理解することがいかに
難しいことであるか私はよく知っている。人間は、神がどのようにして多く
の教えを世にもたらしているのかを理解しようとしているが、なお彼らの神
を理解してはいない。愛する息子よ、そして愛する子らよ。あなたがたは、
人間である。あなたがたが「ベール」を乗り越えたときに初めて、神をその
ありのままの姿と叡智において完全に理解するようになるだろう。

--------------------------------
神は全てを越えている! 神にとって時間は存在しない! それゆえ、預言
的な言葉が与えられた時、神においては時間というものは存在しない。千年
は一日でありうるし、一日は千年でありうる。
--------------------------------
 至聖なる御母があなたに説明したように − そしてこの説明をあなたは
全ての子らと共有するであろう、彼らを慰めるために − 神は全てを越え
ており、神の道は全く人の道とは違う。神にとって時間は存在しないのだ、
甘美なる子らよ、それゆえ預言的な言葉が与えられた時、神においては時間
というものは存在しない − 千年は一日でありうるし、一日は千年であり
うる。私はたとえ話しであなたがたに話しているのではない、甘美なる子ら
よ、むしろ神にとって重要な全ては霊魂の救いなのだということを理解する
のを助けるために話すのである。それゆえ神が啓示する全ては、それが過去
においてのものであれ、現在においてであれ、未来においてであれ、霊魂の
救いのために益となるように霊魂を教化するためのものである。

 神の計画は完全である、甘美なる子らよ、あなたがたはしかるべき時が来
るまではそれを理解しないだろう。それゆえ神の現存の前で常に従順であり
続けなさい。そして、理解できないし、できないであろうことは単純に受け
入れなさい。なぜなら、神は論理的ではないからだ、甘美なる子らよ。いか
なる法も神を拘束しない。法は人間のために作られたものである。存在する
全ての法は、それが感覚を統治するものであれ、心を統治するものであれ、
生活を統治するものであれ、聖性を統治するものであれ、世界あるいは宇宙、
あるいは霊的世界を統治するものであれ、これら全ての法は人間の利益のた
めのものである!

--------------------------------
磔刑は、私が地上を歩いていた間に説いたこと全てに対する全面的な矛盾で
あった。そして、子らにとって全ては闇に見えた。しかし、私が死者の中か
ら復活し、わが霊が皆の上に下った時、全ては明らかになったのである。
--------------------------------
 甘美なる子らよ、人間としてこれらのことは理解することが困難であると
いうことを私は知っている。それはまた、使徒たち、弟子達にとっても困難
であったのだ、私が人類のために十字架に釘付けにされようとして前進して
いたときに。甘美なる子らよ、磔刑は、私が地上を歩いていた間に説いたこ
と全てに対する全面的な矛盾であった。そして、使徒たち、弟子たち、子ら
にとって全ては闇に見えた。しかし、私が死者の中から復活し、わが霊が皆
の上に下った時、全ては明らかになった。そして、子らは喜び、神の完全な
御旨と御計画を理解するために照らされたのである。それゆえ、甘美なる子
らよ、愛する息子よ、心を煩わせるな。時とともに理解するだろう、わが愛
とわが子らへの無限の憐れみによって、私と御母が人類に告げてきた全ての
ことは成し遂げられるであろう。わが復活が、御父の御計画を成就したのと
ちょうど同じように。

 私たちが天から与えた全ての指示は神的な目的をもっている、甘美なる子
らよ。あなたがたがなすべきことはその目的を理解することではなく、信仰
を持ち、それを受け入れることである。そして、あなたがたが信頼の道を歩
み続ける限り、信じ堅忍し続けるために必要な全ての力を受け取るだろう。
そして御父はあなたがたの心を照らすために私たちの霊をあなたがたに下す
であろう。全てのことはその適切な時と場所とを持っているのだ、愛する子
らよ。たとえ全てが失われたように見えようとも、まさしくその瞬間におい
て、全ては勝ち取られ見出されるからだ!

 御母と私は群れを決して見捨てない。私たちはあなたを決して見捨てない。
愛する息子よ、御母が告げたように、あなたは予定されており、私が王国の
健を与えたのはあなたであるからだ、ちょうど聖ペトロに対してそうしたよ
うに。私はあなたに私とともに飲む杯を与える。あなたは既に、このことを
知っている、愛する息子よ。あなたはそれを最後の一滴まで飲みほさなけれ
ばならない。あなたは堅忍するだろう。私はわが言葉を与えたからである。
私はあなたのうちに生きているのだから。愛する息子よ、時が来れば、世は
そのことを知るだろう。あなたはわが群れを闇から光へと導くからである。
それゆえ、平安でありなさい。

--------------------------------
私は愛の父ではないのか? 私はあなたがたに私自身を与えなかったか? 
私はあなたがたを忘れたことがあったか? 全ての瞬間を、それが最期であ
るかのように生きなさい。もし私があなたがたの霊魂を迎えに来るとしたら、
私と共に楽園に来るだろうか?
--------------------------------
 人生の答えを求めている全ての子らへ向けて言う。私によく聞き従いなさ
い。もう何年もの間、私は世界中で説教してきた。真福八端を生きなさい、
甘美なる子らよ。聖徳のうちに生きなさい。この地上の報いを求めず、楽園
と御父の栄光を求めて。私は愛の父ではないのか? 私はあなたがたに私自
身を与えなかったか? 私はあなたがたを忘れたことがあったか? 全ての
瞬間を、それが最期であるかのように生きなさい。これらの言葉をよく考え
なさい、愛する子らよ。それらは何を真に意味するのか? 人生を完全に生
きるとはどういうことか? もし私があなたがたの霊魂を迎えに来るとした
ら、私と共に楽園に来るだろうか? あなたがたはそこに答えを持っている、
愛する子らよ。

 私はみなに場所を用意している。私は皆のために死んだのだから! わが
王国には場所がある。御父によって創造されたあなたがた各人のための栄光
に満ちた場所が。そして、私は約束した。わが言葉に忠実であり続けるなら
ば、全てはあなたがたに与えられるであろう。私はあなたがたを完徳の生活
へと呼んだ。私はこう言わなかったか、「天の御父が完全であるように、完
全な者であれ」と? 確かにあなたがたは罪人であるが、しかしそれでも、
完全になるように呼ばれているのだ。それゆえ毎日、天にまします御父へ栄
光をもたらすように、生活を完全に生きなさい。善き業のうちに霊魂を聖化
しなさい。

--------------------------------
私はあなたがたをこの共同体の生活へと呼んだ。霊魂を聖化し、他の霊魂た
ちを教化し、彼らが私のもとに来るようになるように、そして、来たるべき
聖なるニューエラの王国へ向けてあなたがたを準備するために。
--------------------------------
 私は今あなたがたを共同体の生活へと呼んだ。それはなぜか、あなたがた
は考えてみたか、甘美なる子らよ? 私はあなたがたの肉体を救うために、
あなたがたを呼んだのか? 私はあなたがたが世から逃避するために、この
世から呼び出したのか? 違う、甘美なる子らよ! 私はあなたがたの霊魂
を聖化するために、他の霊魂たちを教化するために、そして彼らが私のもと
に来るようになるために、そして堅忍し、わが言葉に忠実であり続ける子ら
のために用意されている来たるべき聖なるニューエラの王国へ向けてあなた
がたを準備するために、この生活へ − 共同体の生活へ呼んだのだ。

 今共同体で生活している霊魂は、あまりにも数少ないと感じるかもしれな
い。それはその通りである。しかし甘美なる子らよ、あなたがたは理解する
ことも悟ることもできないかもしれないが、時が来れば共同体生活は教会全
体と全地上を包み込むであろう。聖なるニューエラにおいてはそのようにな
り、その完全さにおいてもそうなる。将来について思い煩ってはならない。
神の怒りについて思い煩ってはならない。「時の終わり」や預言されている
全てのことについて思い煩ってはならない。なぜなら、このことは必ず来る
ことだからだ。わが御言葉は文字通り成就されなければならない。もしそう
でないとしたら、わが言葉は神の言葉ではないことになる。私は救いを約束
した。私は希望と喜びと平和を約束した。それゆえ、わが言葉を聞きなさい。

--------------------------------
罪人の救いに関することで無駄なものは何もないのだ、甘美な子らよ。全て
は神的な時計のうちにその時を持っており、それは天の御父だけが御存じで
ある。それゆえ落胆してはならない。
--------------------------------
 甘美なる息子たち、娘たちよ、時々全て希望がないようにあなたがたが感
じるということを私は知っている。けれども私は言う。勇気を失ってはなら
ない。命があるところには常に希望もある。人間的な言葉で言えば、「時の
終わり」がやってきたということを考えるということさえも、人間にとって
全てはばかげたことであるように見えるだろう。それでも神は人間が神に従
うことを求められるのであり、人間が何度も世界を建て直すことを求められ
るのである。わが御母、わが潔き御母は、このことを小さき息子「小さき岩」
によく説明した。そしてあなたがたはまもなくそのことについて知るだろう!

 罪人の救いに関することで無駄なものは何もないのだ、甘美なる子らよ。
全ては神的な時計のうちにその時を持っており、それは天の御父だけが御存
じである。それゆえ、信頼と希望のうちに心を挙げなさい。落胆してはなら
ない。私、神の子でさえもゲッセマネの園で大いなる試煉を通過しなければ
ならなかったのだ。その理由は、甘美なる子らよ、あなたがたに道を示すた
め、そして、あなたがたに人間の弱さを示すためであった。常に希望はある。
天におられるわが御父によって誰も希望を失うことはできない。ただあなた
がた自身が失望の誘惑に屈してしまわないかぎり。そしてなお、わが御父は
御手をあなたがたに差し伸べられる。だから思い煩うな、私が約束した全て
のことは成就する。

--------------------------------
わが子らは喜ぶであろう。私の復活に使徒たちが喜んだように。真理が知ら
れる時、あなたがた全てに「復活」があるであろう。そして、あなたがたの
喜びはわが再臨まで共に残るであろう。
--------------------------------
 ここにいる、世界中にいる全ての子らは喜ぶであろう。私の復活に使徒た
ちが喜んだように。あなたがた全てに「復活」がある − 世の終わりにで
はなく、非常に近いうちに真理が全ての心に知られる時に。あなたがたは喜
ぶであろう。そして、喜びは再臨まで共に残るであろう。このことを私は厳
かに約束する。それゆえ今十字架を取りなさい、甘美なる子らよ。私に従い
なさい。神秘体 − 教会 − のために私が与えているこの十字架によっ
て多くの霊魂が救われるであろう。

 あなたに言う、大切な「岩」よ。あなたは今非常に深遠な仕方でわが受難
を生きている。そして、短いうちにこれは深まるであろう。私があなたを遣
わしたのだということを皆が信じるようになるために。御父が私を遣わされ
たように、私はあなたを、そして、あなたのような人々を世界中に遣わす。
散らされた羊たちを集めるために。多くの印が人間に与えられるであろう。
そして「正義の太陽」とは誰かを知るようになるだろう。御母と私は、この
ことについて、神秘的なバラ「ソーンブッシュ」にも話すであろう。

 いったんこの指示が与えられたら、あなたはそれをあなたに啓示された全
てと共に公表しなければならない、愛する息子よ。私は後に、至聖なる御母
を通して、なされるべきことについてあなたに指導するだろう。ここ数日間
に与えられた全ての言葉は、残りの教会、カルワリオを経験しなければなら
ない教会のわが子らを強めるであろう。あなたがたは皆わが愛のいけにえで
ある!

リトル・ペプル:
 今、珠を持っておられた天使がカリスを受け取り、カリスの中にも珠を置
かれました。今、主の脇腹に − 主の右脇に − 御胸の傷を見ることが
できます。それはとても大きいです。主は美しい白の服を御召しです。今、
血痕が主の脇腹から服へと現れてきました。今、天使はカリスを主の脇腹の
下に置き、御血はカリスの中に滴っています。それは主の脇腹から出て非常
に明るく輝いています。そして、私の中にある聖なる物は非常に明るく輝き
始めました。それはまるで私の中に竜巻が起こっているかのようです。私は
その意味を知りません。

 今、聖なる物は私の中から出て主の中に入りました。そして尊き御血が聖
なる物を、これらの珠の形に包みました。今、聖なる物は私の中に戻ってき
ました。私はよく分かりません。主はただ微笑んでおられます。そして今、
御血はカリスの中に滴るのを止めました。イエズスは今カリスを取られ、御
血をご覧になり、カリスの上に祈られ、天を見上げられます。

 聖母が雲を通って、そして白い十字架を通って非常に素早く来られるのが
見えます。聖母は美しい白の御召し物で赤いマンティラをつけておられます。
聖母は今入って来られ、主の足下に跪かれます。祭壇の上、天使の隣です。
聖母はイエズスを見上げられ、イエズスの足下まで頭を下げられ、御足にと
ても優しく接吻なさいます。そして再び主を見上げられます。今、横から汚
れなき御心を見ることができます。主のいとも麗しき聖心も見ることができ
ます。

 イエズスはとても優しく御母をご覧になっています。主は聖母にカリスを
渡されました。聖母は何滴か血の涙を流され、これらもカリスの中に入りま
した。聖母は既に立っておられる主と共にお立ちになり、お二人は私の方へ
滑るように近づいて来られます − とても近くに − お二人は私にカリ
スを示されました。カリスの中に私は − 金の文字で尊き御血の上に浮い
ている − 「リトル・ペトロ」の名前の文字を見ることができます。イエ
ズスとマリアは私に、この杯を受けるかどうかお尋ねになりました。「はい、
愛するイエズス様、マリア様、お望みのままに。」イエズスとアリアは微笑
まれました。

聖主:
 このカリスによりて愛する息子よ、多くの心が神の完全な御旨を理解する
ために開かれるであろう。このことに関しては、まもなくあなたが治めるこ
とになる私たちの群れの利益のために、あなたに多くのことが啓示されるで
あろう。

リトル・ペブル:
 イエズスとマリアはマンティラあるいはケープを私の上に置かれ、私は全
くお二人の中に引き入れられてしまったように感じます。イエズスとマリア
の上に漂っておられる鳩のお姿の聖霊と永遠の御父をも見ることができます。
私たちの間に巨大な十字架が − 茶色の十字架が − 成長しつつあるの
が見えます。茶色の十字架の中に白い十字架が見えます。永遠の御父はこの
十字架を持ち上げられました。今、永遠の御父と聖霊は行ってしまわれまし
た。イエズスとマリアは元の場所に戻られました。

聖主:
 今、私たちはあなたを祝福する、愛する息子、私たちの汚れなき聖心にと
りて大切な者よ。父と子と聖霊との御名によりて。そして世界中にいるわが
子らの全てに、全ての恵みの仲介者である至聖なる御母を通して、私は三位
一体の神からの強力な祝福を贈る。父と子と聖霊との御名によりて。

--------------------------------
わが受難について、そしてあらゆることにおいて私と一致している聖母の受
難についてしばしば黙想しなさい。御母と私は、御父において、そして聖霊
において一つだからである。私たちは彼女の中に住む、彼女が私たちの中に
住まうように。
--------------------------------
 聖なるロザリオを祈ることを覚えておきなさい、愛する子らよ。そしてな
おいっそう、この四旬節の時の間に秘蹟を受けることを覚えておきなさい。
わが受難について、そしてあらゆることにおいて私と一致していたし、今も
一致している聖母の受難についてしばしば黙想しなさい。御母と私は、わが
御父において、そして聖霊において一つだからである。私たちは彼女の中に
住む、彼女が私たちの中に住まうように。それゆえ、愛する子らよ、あなた
がたの弱さについて、どのようにして自分を完全な者とし、神の真理の道に
従うことができるかについて黙想し、よく考えなさい。あなたがたは私に従
うように呼ばれている。皆、聖性に呼ばれている。聖性は、甘美なる子らよ、
誰の手にも届かないものではない。地上のあらゆる男、女、子供は、聖性に
到達することができるのだ。お互いのために祈りなさい。互いに仕え合いな
さい。わが言葉に忠実でありなさい。代理者ヨハネ・パウロのために祈りな
さい。彼もまた私の受難を担っている。「リトル・ペトロ」のために、そし
てわが名を証しするように呼ばれている全ての者のために祈りなさい。彼ら
の多くがあなたがたのためにわが受難を苦しんでいる。聖にして母なる教会
のために祈りなさい。御父と私が霊において一つであるように、教会が私に
おいて一つであるように。

 今宵、私はまだ神の怒りについて話していない。むしろ神の憐れみについ
て話した。それゆえ憐れみを求めなさい。赦しを求めなさい。救いの時は今
である。今がその時である。懲罰は速やかに訪れるだろう。甘美なる子らよ。
祈り堅忍しなさい。私はあなたがたを愛している、愛する子らよ、私はあな
たがたに至聖なる聖心を差し出す。この聖心を避難所としなさい。私はあな
たがたを見棄てない。平安であり続けなさい。私があなたがたを愛している
ということを知りなさい。

 御母がこれから小さき息子に個人的に話す。私は私を待っている他の子ら
の所へ行く。あなたがたをわが受難のうちに抱擁する。愛する子らよ、皆を
祝福する。聖父と聖子と聖霊との御名によりて。平安があるように。

リトル・ペブル:
 今イエズスは聖母の方を向かれ、聖母のいとも清き御心に接吻なさいまし
た。そして今、ゆっくりと空の白い十字架の方へと動いて行かれます。主を
乗せていた乗り物は行ってしまったからです。今イエズスは手を振ります。
手を振られるのをこれまで見たことがありません。イエズスは微笑まれます。

 たった今、私は主が冠を聖櫃に残して行かれたことに気づきました。これ
まで気づきませんでした。茨の冠も中にあります。イエズスは白い十字架を
通って行ってしまわれました。聖母は今、更に近づいて来られ、聖櫃の上に
お立ちになりました。聖母は皆にしばらく祈りを続けるようにおっしゃいま
した。

 聖母は微笑んでおられます。先ほどと同じく聖櫃の上に立っておられます。
そこには茨と共に冠があります − 主の冠と共に。聖母は周囲をご覧にな
りました。聖母は私に幾つかの指示をお与えになりました。聖母は今美しい
ロザリオを取り出されました。それは以前に見た尊き御血のロザリオにとて
もよく似ています。そして、十字架像に接吻なさいました。

聖母:
 聖父と聖子と聖霊との御名によりて。大切な息子、汚れなき御心の真理の
「永遠の岩」、ここに私の前に集まった、そして世界中にいる全ての甘美な
る子供たちよ。私は今宵、わが神なる息子の御言葉に付け加えるつもりはあ
りません。私は、イエズスがお話しになった主題について多くのことを既に
話したからです。

 小さき「白き岩」は、彼の心の内にある全てを、すべての子らに説明する
でしょう。私が天の母として心の内に持っていることを、来たるべきこと、
各々の霊魂に期待されていることについて、世界中の子らがよく理解するこ
とができるようにです。

 甘美なる子らよ、多くの者が幻滅し、堅忍することは難しいと考えている
ことを知っています。それは、あなたがたが今は人間には理解できないこと
を理解しようとしているためです。それは今ではなく、来たるべき時に理解
されるでしょう。今のところは信仰のうちに歩むように求めます。ちょうど
「リトル・ペトロ」、「愛のリトル・ペブル」がそのように歩む模範を示し
ているように。

--------------------------------
リトル・ペブルに委ねられたミッションが堅忍してきたのは、リトル・ペブ
ルのこの大いなる信仰によってなのです。彼は、わが神なる息子イエズスを
除いては、どのような人よりも迫害されていますが、彼は勝利するでしょう。
--------------------------------
 私たちが「リトル・ペトロ」をニューエラの「リトル・アブラハム」と呼
ぶのは偶然ではありません。アブラハムは信仰の子でした。「リトル・ペト
ロ」も同様です。あなたがたは彼の模範に従わなければなりません。彼に委
ねられたミッションが堅忍し、正義の道を前進して来たのは、この小さき霊
魂の大いなる信仰によってなのです。彼は、わが神なる息子イエズスを除い
ては、どのような人よりも迫害されていますが、勝利するでしょう。なぜで
しょうか? なぜなら、彼は真理のために「終末の時」のための戦士として
立ち上がるからです。真理のために立ち上がる全ての子らは、汚れなき御心
によって勝利するでしょう。

 日々を数えてはなりません、甘美なる子らよ。神なる息子が仰せられたよ
うに、神にとっては時間は存在しないからです。しかし、神は印を与えられ
ます。神はあなたがたが歩まねばならない道を与えられます。あなたがたは
心の中で何が正しいことかを知っています。世のために真理を否定してはな
りません。あるいは友人のため、体面を保つために真理を否定してはなりま
せん。そうではなく、堅忍しなさい。私が「小さき岩」に約束したこと、私
が皆に約束したこと、神なる息子が世界中で啓示してこられた全てのことは、
神によって定められたしかるべき時に成就されるでしょう。なすべきことを
知るためには十分な時間と十分な印があるでしょう。勝利はあなたがたのも
のとなるでしょう。喜びは霊魂に満ち溢れるでしょう。

 愛する息子たち、娘たちよ、うなだれていてはなりません。あなたがたに
は喜ぶべき数多くのことがあります。喜びなさい。神はあなたがたを真理を
証しするためにお呼びになったのです。あなたがたは、わが神なる息子が地
上を歩いたときを過ごした霊魂たちのように、数少ない者たちの間に数えら
れているのだということを喜びなさい。使徒たち、弟子達、神の子らは試練
を経験しなければなりませんでした、ちょうどあなたがたが今そうであるよ
うに。けれども彼らにとってそれは短い間でした。あなたがたにとって、そ
れはずっと長くなっています。なぜだと思いますか、愛する子供たち。それ
は、あなたがたへの報いがずっと大きいからです。あなたがたは「終末の時」
の真理の戦士だからです。神があなたがたをこの時代に生きるように選ばれ
たのです。あなたがたは諸天において星のように光り輝かなければならない
からです。そして、地に漂う地獄の悪臭によって地を覆っている闇を、あな
たがたの霊魂の輝きによって追い払わなければならないからです。

--------------------------------
喜びなさい、あなたがたは何百万もの霊魂の中から選ばれたのです。これら
の聖寵を脇へ投げやってはなりません。十字架を取り、最後までわが神なる
息子イエズスに従いなさい − 命を捧げるまで。
--------------------------------
 ですから喜びなさい。あなたがたは何百万もの霊魂の中から選ばれたから
です。これらの聖寵を脇へ投げやってはなりません。十字架を取り、最後ま
でわが神なる息子イエズスに従いなさい − イエズスのために命を捧げる
まで。祈りのうちに目覚めていなさい。言い訳をせずに祈りなさい。犠牲を
捧げ、償いをしなさい。真理の戦士となりなさい。今、この地上にある各々
の霊魂は、過去の世代の聖人たちに似た者となるように呼ばれています。数
多くの聖人が地上に遣わされて来たのはこのためです。彼らの精神があなた
がたの霊魂に留まり、永遠なる御方、神に栄光を帰し、多くの霊魂たちが救
われるために、彼らのような者となるためです。

--------------------------------
あなたがたの多くは印を待っています。印はもたらされるでしょう。けれど
も、むしろ真理の印を生きなさい。神があなたがたに対して忍耐強くあられ
るように、忍耐強くありなさい。非常に短い時間のうちに全ては成就される
からです。
--------------------------------
 時は短いのです、愛する子らよ。これは本当のことです。私が時が短いと
いうとき、そこには何も不可解なことはありません。あなたがたの多くは、
愛する者たちにあなたがたがやっていることが真に神からのものであるとい
うことを納得させることができるように印を待っています。この印はもたら
されるでしょう。けれども、むしろ真理の印を生きなさい。神があなたがた
に対して忍耐強くあられるように、忍耐強くありなさい。時は神に委ねなさ
い。神の御旨に従って、非常に短い時間のうちに全ては成就されるからです。

 それゆえ、生活において、三位一体の神の御計画について欲求不満を起こ
すことにエネルギーを浪費してはなりません。そうではなく聖性のため、愛
する人々の聖性のために働きなさい。あなたがた自身が望んでいるように、
彼ら皆が神の御国を受け継ぐことができるように。懸命に働きなさい。全て
を犠牲にしなさい。神が期待なさること全てが成就されるように。浪費する
時間はありません、甘美なる子らよ。怠けていてはなりません。神の栄光と
罪人の救いのために懸命に働きなさい。

 今日、この夕べ、あなたがたを三位一体の神からの多くの聖寵によって、
汚れなき御心を通して祝福します。第一に、堅忍するように、第二に、神が
与えられることに満足し、それを感謝するように。第三に、生活が平和であ
るように − 自分自身について平和であり、兄弟姉妹とも平和であるよう
に − 天にまします御父にして私の御父に栄光を帰するために、生きなけ
ればならない諸徳によって皆が実を結ぶように。皆を祝福します。父と子と
聖霊との御名によりて。平安がありますように。

リトル・ペブル:
 聖母は今「リトル・バルトロメオ」の方をご覧になり、うなずかれました。
聖母は今、神父様に私たちのために祝福をすることをお望みです。

ブロサード神父:(ラテン語)
 全能の神、父と子と聖霊が汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

リトル・ペブル:
 聖母は今この美しい冠を天使からお取りになり、それを私にくださいまし
た。それはまた中に茨の冠があります。これは「リトル・ペトロ」の冠であ
ると、最後の教皇の冠であると説明なさいました。この冠の中には、24の
王国のための24の鍵があると説明なさいました。

聖母:
 あなたを祝福します、愛する息子、未来の教皇よ。父と子と聖霊との御名
によりて。アーメン。

リトル・ペブル:
 聖母は白い十字架へと向けてゆっくりと後退して行かれます。そしてここ
にいる天使たちと共に、もう一度私たちを祝福なさいます。

聖母:
 父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

リトル・ペブル:
 聖母は先ほど、聖堂にあるバラについて説明なさいました。それはイエズ
スと聖母によって祝福されており、尊き御血の滴がこれらのバラの中に流れ
込みました。そのバラは、性的に虐待された女性や子供のためのものです。
このバラの花びらによって、これらの女性や女の子たちは癒されると聖母は
おっしゃいました。それは非常に特別な聖母からの贈り物です。

 聖母は今なお十字架に向けて移動しておられます。微笑んでおられます。
たくさん投げキスをなさいます。それはとても美しい。投げキスをなさると、
小さなキスは小さな赤いハートに変わり、私たちに向けて鼓動し続けます。
聖母は祈りを続けるようにおっしゃいました。

 …… 次号に続く ……


----------------------------------------------------------------
3.メッセージによせて
----------------------------------------------------------------
 天国の天使、聖人たちの幸福は、神を所有することにあります。彼らは幸
福の源である神様を自分のものにしているのです。なんと素晴らしいことで
しょう。私たちは、まだこの世にいながら、神を所有する幸福を味わえない
ものでしょうか。

 神は清い心のその真ん中にご自分を置く人によって所有されます。マリア
様を見てください。完全に清い心のその真ん中に神を絶えず置いていたので、
マリア様の心は三位一体の住み家、天国でした。ですから私たちもマリア様
を見習うことによって、この世から神を所有しはじめることができるのです。

 清い心は悔い改めによって得られるのです。自分の邪欲と戦いましょう。
肉欲、物欲、金銭欲、名誉欲、自己顕示欲などと忍耐強く戦い続けるのです。
失敗したら、マリア様にすがって何度でも立ち上がっては続けてください。
そしてマリア様がなさったように心の真ん中に神を置くとは、神のことをい
つも第一にすることです。神の望みを何よりも優先し、神を何よりも大切に
することです。神が喜ぶように生きることしか興味がないほどに神のために
生きることです。

 こう努力するならば、まだまだ神様にふさわしくない段階であっても、マ
リア様は私たちの望みを神様に伝えてくださいます。神様はマリア様の願い
を決して拒みません。私たちにマリア様を通して神様がご自分を与え、所有
させてくださるのです。こうして私たちはこの世で内的に幸福なものとされ、
外的なあらゆる不幸にも打ち負かされることがなくなります。外的で、つか
の間の、はかない、この世的な幸福を求めるならば、幸福の源である神をこ
の世でも、永遠においても失って不幸になります。ですから悔い改めでくだ
さいね。


----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
イエズス様からの警告 1992年9月13日
リトル・ペブルに(抜粋)

 しかし、私は憐れみと共感の神である。今私はお前たちの神としてやって
来たのであり、お前たちの神として言う。「お前たちの罪から離れ、私のも
とに来なさい。わが子らよ、私はお前たちを拒絶しない。私は憐れみ、共感、
愛、赦しの神だからである。お前たちの罪から離れなさい。来なさい、そう
すればお前たちを赦そう。お前たちにはまだ時間がある。まったき闇の中に
いる者たちにはこう言おう。まどろみから起き、主にして救い主、生ける神
の子イエズス・キリストに耳を傾けよ。ルチフェルを退けよ。もうルチフェ
ルに耳を傾けてはならない。私のもとに来るのだ。私は柔和で謙遜な心の持
ち主なのだから。

 − 中略 −

 私は今、われらの岩、われらの愛のリトル・ペブルに害を与えようと計画
している者たちに言おう。お前たちがリトル・ペブルとリトル・ベブルを愛
している者たちに害を与えようと準備しているのに、リトル・ベブルの神と
して私が沈黙をし、何もしないでいると考えているのか。リトル・ペブルの
髪の毛一本さえ触れられることなく、また乱暴されることもない。なぜなら
リトル・ペブルは間もなく地上におけるわが教皇となるからである。そして
リトル・ペブルが愛する者はわが子供たちなのだ。それゆえ警告する。サタ
ンのシナゴーグから離れ、わが聖心の懐の中に入りなさい。お前たちにはま
だ時間があるのだ。

 ルチフェルはわれらの子供たちの心に恐れを入れ込むことによって勝利を
収めたと信じている。しかし私はルチフェルおよびルチフェルに従う者たち
言おう。お前たちは災い、呪われよ! お前たちが望んでいる悪を生み出す
ための時間は僅かしかない。ルチフェルとその軍団、および「獣の印」を印
された全ての者に対して勝利するわが至聖なる母の栄光が間もなく到来する。
なぜならわが至聖なる母であるその婦人は全ての悪に対して、全てのときに
勝利を得るからである。このことをよく覚えておくのだ。


----------------------------------------------------------------
5.編集後記
----------------------------------------------------------------
「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。でき
るなら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお
持ちでしたらお寄せ下さい。
 
 次回は6月9日頃、発行を予定しています。

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%




[HOME] [戻る]